山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
バーバンクの朝は気持ちいい!
昨日はふかふかの快適ベッドだったのでぐっすり眠れて目覚めもよかった。

なので、朝からジョギングを!(ホテルのジムで)

久々のジョギングで、いい汗かきました。

ホテルの部屋から外を見ると、フリーウエイには朝の通勤渋滞
ホテルの窓から

そして、まぶしい光!

今日も一日めいっぱい遊ぶぞ!

なんたって滞在日数はあと二日。明日には帰国なんです。




手早くいつもの朝食を済ませ、今日は。。。。

ユニバーサルスタジオへ行っちゃいます!

その為にバーバンクに泊まったんですもの。ユニバーサルは目と鼻の先です。

ここバーバンクにはユニバーサルの他、ウォルト・ディズニー・カンパニー、ワーナー・ブラザーズの本社もあったりと実は娯楽産業がいっぱいな街なんです。


園内に入ると最初に向かったのはスタジオツアー


真下がスタジオツアーの施設(実際の映画ロケ地)その向こうにバーバンクの街並
スタジオツアーの前で


撮影現場では新たに建設中の街並を見たり・・・


お約束のジョーズ!^^とか
お約束のジョーズ
初代ジョーズだそうです。


飛行機の墜落シーンを撮影した場所 あ、、これ、見たことある映画かも?
飛行機墜落シーン
うわ~、、めっちゃリアルに出来てますな~・・・煙出てるし


そして
ヒッチコックのおにーさん!!
ヒッチコックのおにーさん
め、目がこわい~ このおにーさん、移動バスまで追っかけてくるんです~


あ、、私ってこんなんばっか写してるなぁ~・・^^;

それから地下鉄の爆破事件のやつとか(名前忘れた・・)、

スタジオツアー以外ではジュラシックパーク、バックドラフト・・・

あ、、ターミネーターの3Dショーも見た!
ターミネーター



その他いろいろ、水のショーもみた。
(名前忘れた^^;)
水しぶきがあがる~


10個くらいまわったかな。

と、めいっぱい遊びました。

施設はさすがハリウッドだよ~!



園内はやはり空いてました。たぶん。すいている部類だと思う(初めて来たから、比較できないけどね^^;)
園内の様子
待ち時間もなかったし・・



そして、びっくりしたのが何よりも中国人が多いこと!

園内の半分が中国人じゃないか?ってくらい。欧米人の方が少ないし、前も後ろも中国人!ってな感じでした。
(観光バスが何台もあったもんなー)




ユニバーサル、開園は10時。閉園は17:00とオフシーズンの時間帯で営業ですが、これくらいの時間が疲れなくていいかも^^;と思ったりします。
ハリウッドらしいオブジェ

夕日のあたるユニバーサルのオブジェをみて閉園ぎりぎりまでいました。
コレコレ!





そして、その後は車を飛ばし、アメリカ一日目の夜に来たグリフィス天文台に夕日を見にいきました。

残念ながら夕日は沈んでしまったけど最後の光に間に合った~^^
最後の夕日

二週間前、ここのグリフィス天文台からスタートしてフィニッシュもここ。

しっかり目に焼き付けました。


天文台を降り、その後向かったのがショッピングです。

な~んでも揃う「ターゲット」です。ここで、いろんな香辛料をたくさん買い、洋服も一枚お買い上げ。

食料品は何でも安いです。特に今回お目当てだった香辛料が安く量も多く手に入ったので大満足でした。日本は高いもんな~・・・・


お買いもので手間取ったわけではないけど。。。楽しい時の時間は早いものです。

時間もだいぶ遅くなったので、夕ごはん。

アメリカ最後の夜ですもん。最後の晩餐に何が食べたいか?・・・・・



ん~。。。




昨日は肉三昧だったし・・・・・




今日は別な物がいいな~・・・・




やっぱり~、、、、、





メキシカン!!!


ということで、メキシカンでテイクアウト。

タコス、ブリトー、トルティーヤ!もう、メキシカン全開です^^

は~、、この味、もうやめられまへん。

あ~、、これがまたアメリカの安いビールに合う!

もう、心に残す物は何もありませんでした。






日付変わって最終日  2/11(木)

フライト時間が13:00代なので、早々に荷物をパッキング。

LAXまでの移動時間、渋滞も考慮してホテルを出ます。が、

ちょっとしたアクシデントで空港到着もぎっりぎりの11:00^^;ほ~、、危なかった・・・・

30kgをこえる超ヘビー級スーツケースも無事預けられ、出国となりました。


機内ではもう、お腹一杯で食べられない。と思いつつもブロイラーのように、食べ続け。。。。

アメリカでの出来事を思い返します。

もしも、、、、もしもよ、、、、天気がよかったら!!!!!



☆雪が降らなかったらザイオンから山越えして行けたブライスキャニオン

☆西部劇の舞台となったモニュメントバレーで西部劇に浸り

☆今、下町のナポレオン「いいちこ」のCMでやっているアンテロープキャニオンで光と砂の造形美を楽しみ
うぅ・・・CM見るたびに今でも悔やまれる・・・・

☆一か所くらいは、国立公園の中のホテルに泊まる!



と、、こんな所も行ってみたかったし。。と思うわけなのです。
でも、これも天気のなせる業。
あきらめるしかないんですけどね。。。

アメリカにはそおそお行けないかもな・・・・
そんなことを考えいたので、帰りは行きより時間が短く感じました(実際は長いけど)








私の二週間のアメリカ旅行
夢のようでした。
実際、夏、冬と長期休暇が取れないので、二週間なんて長いお休みが、そもそも夢のようですもん。
それプラスアメリカですから、ダブルの夢でした。
私のいない間、職場の留守を守ってくれた後輩にはホント感謝です。

二週間の滞在ではアメリカの食事事情や実際に生活している方との交流で、普段の食生活から行政のことまで様々なことを学び、栄養分野に関しては大いに視野が広がりました。




こんな長い休暇は定年まで絶対取れない!なんて思っちゃいますが・・・

今度は別の国の食事事情を勉強しに行きたいと思いまーす(←と、言って休暇を取ろうと思います!)





追記を閉じる▲

【2010/03/26 23:44】 |
トラックバック(0) |


輝子
バンクーバー!
いつかは行ってみたいところ!
と思ったらバーバンクじゃん(笑
おかしいと思ったんだ。
バンクーバー、カナダだし。

グリフィス天文台ってなんか記憶にある名前。
なんでだろ。

テイクアウトのメキシコ料理の画像が見たかった~
撮ってあったら今度見せてくださいな。

次はフランスの食糧事情を調査しに行ってください^^




hiro
輝子さま
バンクーバーとバーバンク、、、パッと見、似てるよね^^;
グリフィス天文台は最初の方のレポで書いたからじゃ?
メキシコ料理はサンディエゴ観光でちょろっと画像が出てますがテイクアウトのやつは実は撮ってないんですぅ~・・あたしとしたことが・・・・
>次はフランスの食糧事情を調査しに行ってください^^
実はGW明けにそんな計画もあるらしいけど・・・や、、休みがね^^;



輝子
> グリフィス天文台は最初の方のレポで書いたからじゃ?

いや、なんか別な記憶があるんだよね。
思い出せないけど。
映画かなんかかなあ。

> 実はGW明けにそんな計画もあるらしいけど・・・

それはいいチャンスだからなんとか都合して行ってくださいな。
フランス料理、おいしいよ。

ラストシーン
岐阜ペンギン
なぜだか『浜省』の ラストシーンが 思い出させる 景色が出てきた
今回のアメリカ旅は じぶんさがしの旅?
に 感じたのは 僕だけ?
深読みし過ぎですね(笑)


hiro
輝子さま
そうなんだ~。。過去の潜在的な記憶かな?天文分野では有名な天文台らしいですよ。
>フランス料理、おいしいよ。
うぅぅ・・・・
惹かれます~。。でも、、年休が~・・・


hiro
岐阜ペンギン さま
>なぜだか『浜省』の ラストシーンが
えっと・・^^;どんな曲でしたっけ?私、かなり浜省フリークだと思っていて、ライブがある時には数回出かけてるんですけど。。思い出せない~!!ぐやじ~^^
ラストショーなら知ってるんだけど^^;
そうそう、サンディエゴまでのフリーウエイが浜省ワールドの景色でしたよ!
アメリカでは自問自答しながらの旅でもあったので、半分あたってるかな^^

すいませんm(_ _)m
岐阜ペンギン
ラストショー!?
フリークではないので すいませんです
たしか『サンドキャッスル』だったっけ?
また これも 違うかな?アメリカでの車は アメ車?


ぜいぜい
いい旅行だったね~ぁ、お仕事だったんだよね、確か(爆
熱は下がったのかな?
思い出がいっぱい目に焼きついたことでしょうね。
ウエストコースト、ほんといっぱい音楽が浮かんでくるなあ。
ブルース・スプリングスティーンとかリンダ・ロンシュタットとかジャクソン・ブラウンとかあ~なつかしい。


hiro
岐阜ペンギン さま
>たしか『サンドキャッスル』だったっけ?
う~ん^^;ちょい違うかも。

アメリカでの車はヒュンダイですよ。やっすーいヒュンダイのセダン。もうシートが悪くて、お尻が痛かったです。



hiro
ぜいぜいさま
そうですよ~。。お仕事^^;い、イタイところを突かれてしまった^^;

>ブルース・スプリングスティーンとかリンダ・ロンシュタットとかジャクソン・ブラウンとかあ~なつかしい。
あ~、、リアルタイムじゃないけど^^;浜省が歌ってたから知ってる!!^^

熱はね~、、だいぶ出てこない日が多くなったけど突発的に出るんですよ~。。まったく困ったもんです。なので、病院で原因を検査中。こもまた消去法みたいな地道な方法で、やんなっちゃうんですけどね。。。

コメントを閉じる▲
フェニックスの郊外の朝は天気予報どおり、晴天でした。
今日はLAまで戻らなくてはなりません。

なんらかのトラブルに巻き込まれて飛行機に乗り遅れたら大変。

ということで、最後の二日間はLAに滞在しようと計画していたのです。

それにLAと言ったら?テーマパーク!

何ひとつ行ってないし(ユニバーサルは時間切れだったし^^;)

その時間もとりたいと思っていました。




ホテルからフリーウエイに乗り、フェニックスの町ってどんな?と思って周りを見ようと思ったけど、フリーウエイの壁が高くて、結局何にも見えず。。。。


ダウンタウンのビルが少しだけ見えただけ・・・

私の中のフェニックスの街は大きいだけで、な~んにも無い街^^;ということに結論が出ました(昨日のホテル探しと食事処探しで印象があまり良くない^^;)

あ、、あと、温暖な気候だってこと^^あったか~^^


さて、ルートはフェニックスの中心まで南下、それからルート10で西へ向かいます。

地図を見ると、な~んにもない荒野の中です。

またまた果てしなくまっすぐ。

一時間くらい走ると、砂漠の中に塀に覆われた住宅街がドーンと見えてきたり・・・

アメリカは車社会だから、車で一時間通勤なんて、なんてことない。

こんな田舎の町もフェニックスへの通勤圏内なのかな~・・・なんて思っちゃいます。

だんだんと建物もなくなり、ひたすら荒野。


またまた「ノーサービス100Km」の看板。

同じアリゾナでも、ここは南なので、サボテンも車中から見えます。
にょきにょきとサボテン


サボテン、アメリカで初めて見るかも。砂漠の中にポツンとインターがあったので、降りてみることに。

道路はフリーウエイを中心に左右に伸びていますが、この道がいったいどこへ繋がっているのか・・・・(←近くの。。といっても何十キロも離れた別の道路につながってらしいが・・)

広すぎて、これまた分かりません。ここにインターを作る理由があるのか?ってくらい^^
インター降りてもなんにもない。
インターを降りると砂利道で何もなし!


このサボテンの形って私の中では一番メキシコっぽいイメージでした。
アリゾナ産のサボテン

またフリーウエイに戻り、しばらく走ります。



お昼になってお腹もすいたので、フリーウエイからおりて食事タイムです。
アリゾナの看板

たしか、またハンバーガー。ジャックインザボックスだったと思う。

アリゾナの最後の街 クオーツサイト(このルート10沿いは街があまりない。道端にはトレーラーハウスで生活している人やトタン屋根の小屋みたいな家の風景がたくさん見られました)

バイバイ アリゾナです。


州堺付近の最後の山を越え、下りにさしかかると、カリフォルニア州の最初の大きな街が広がり、その広がりに、アリゾナのさっきの街とは大違いだな~と思いました。
カリフォルニア州が見えた!

コロラド河を境に州越えです。
コロラド河
グランドキャニオンとつながっているコロラド河


やったー!戻ってきた^^
この看板見てうれしくなった

なんだか、懐かしいような。。ほっとしたような。。。。

無事にカリフィルニアに戻ってきた。ここまで来たら、何かあってもなんとかなる。という気がありました。


州堺には検問所があり、そこをスルー。(たぶんトラックをチェックするための機関だと思う。乗用車はどこも行っていいよーの合図でした)

また、ひたすら走り、途中オレンジ畑も見え
オレンジ畑~!


ルート10から比較的近い、パームスプリングスの街に行きました。
パームスプリングスに入ってきました

友人曰く、スパリゾート地で街並がキレイとか?パームというからには、ヤシ?がたくさんあるのか?

ということなので、確かめにきました。

街の中心に入ってくると、ほんと、ヤシの木たくさん・・・

街路樹にヤシの木が使われていて・・・・
街路樹がヤシの木

一本だと、そうでもないけど、一直線に並んでるのは、きれい^^

こんなヤシの木もありました。
腰みのをつけたヤシの木
枯れた葉っぱが腰みのみたい^^

緑が多く綺麗な街並でした。

スパ?は結局一軒しか見当たらず^^;お高い会員制みたいなの・・・・(もちろん行きません)


ここで、現金が乏しくなったので、換金する為に銀行に行きますが、こっちに口座がないと、換金できないとのこと。
ええー!バンク オブ アメリカなのにぃ~・・・

ここで口座を開かない?っておばさんにススメられるが、こっちにあってもしょうがない。

お断りする。


街の中を走っていると、空港付近にショッピングモールを発見。

買い物することに^^LAでもできるけど、ついつい時間があるとね^^;

全米一?安い衣料品店ROSSへ。(質もそれなりだけど^^;)

今回、ここにはまだ行ってなかったので、どのくらいの安さ?なのか調査です。

友人曰く、日本の「ファッションセンター・しまむら」なみの値段らしい。

店内に入ると、そのとおり!安い!カットソーなんかは7$~だし、ワンピースなんかも20$くらい(それもケバケバしいやつ)

でも、サイズの表示なんかがすごくアバウト。洋服によってMだかSだか区別がつかない物もあり。

製法はまあまあかな。生地は割合いいものを使ってるみたい。
と、観察し、変なものは買わないぞー!と思いつつも。。。



でっかいカートの中にはカットソーが8枚とジョグ用のズボン1枚がしっかり入っていました^^

友人は、特大スーツケースを買ってました(爆)・・・・


ここで、ひとつ勉強になったこと。

私のカードはJCBなので、アメリカではあまり使えない!と聞いていたけど、そんなことはありませんでした。

表示がなくてもしっかり使えました(あ、、ガソリンスタンドは別ね)

店員さんが端末に、手動で入力をしなきゃいけないらしいけど、その操作がメンドーらしく、使えない・・・って言うみたい(そういうとこがアメリカっぽいと思っちゃいます^^)

なので、使えない。。。と言われたら、しっかり「JCB-!」と伝えるとシブシブやってくれます。

ほーら!やっぱり、使えた^^



そんなにいっぱいの買い物をするつもりじゃなかったけど、トランク満載に荷物をつんで(友人のスーツケースのせい^^)LAへ直行です。
いたるろころに咲いていた花
モールの駐車場に咲いていた花


店を出てルート10に戻る時・・・

山の上までいっぱいの風力発電!
風力発電

最初はすっごい!いっぱい!きれー!なんて思っていたけど、こんだけいっぱいあると・・・・


なんか、不思議な世界でした。

こんなん大量は初めてじゃー!



パームスプリングスを出たあたりから、空は曇りから雨へ。。。。


LA近郊に来たときは本降りに!

というか、、、

集中豪雨でした。

ワイパーも追いつかず、前も見えないくらい。

LA全体が水はけが悪く、水路も整っていないので、フリーウエイがすぐ冠水します(フリーウエイに排水溝なんて見なかったし・・LAは雨が少ないから設備が整ってないんだと・・・)

そして、案の定渋滞です。



とろとろ・・・・ダウンタウン過ぎ、宿に決めていたバーバンクのホテルにやっと到着。


このホテル、ベッドはふかふかだし、枕は硬いのと柔らかいので計4つもついてるし^^

冷蔵庫も完備!これでビールが冷え冷え^^(アメリカのモーテルには冷蔵庫がほとんどありません)

それに今回は、高層階に宿泊です!

おおー!今日は奮発ジャー!

バーバンクの町が一望でした^^


チェックインの後はお土産の買出し。

近くのトレーディージョーズ(有機食品を扱ってる店)の駐車場からは雨上りのきれいな虹と
ニジだ!

後ろを向くと真赤に燃えた夕焼けが見えました。
夕焼けだ!

夕焼けの色もさすがアメリカ。ハンパない!火事のようだよ^^;



そしてその後の夕食は昨日のリベンジです。

もう、食べなきゃ気が済まない、肉三昧です!

羊に牛にじゃがいも!これぞ、アメリカっていう食材です。
羊!牛!
左が羊、右が牛 家畜三昧です

羊は比較対象がないけど、牛はほんとに肉肉しいというか、肉のニオイがします。そのニオイがまた、スパイスになって料理全体のうま味が増すんです。どちらかと言えば、日本の肉は、さらっとした印象でパンチが無い気が(ハンバーガーも同じです)

じゃが芋も、その場で皮を剥いて揚げているらしい。じゃが芋も日本の物より、味が濃いです。

もう、満足。思い残すことは無い夕食となりました。。。。


明日へつづく・・・・













追記を閉じる▲

【2010/03/23 12:42】 |
トラックバック(0) |


輝子
肉の描写読んでたらよだれが出てきました^^;
肉肉しい肉とやらを食べてみたいもんです。

アメリカは農業大国だから野菜もおいしそーだよね。
あ、でも、農薬とかがんがん使ってるのか?
味が濃いジャガイモのフライドポテト食べたいーーー


hiro
輝子さま
ハンバーガーとか肉を食べる時、いつも
「輝子=肉」のイメージが思い返されました。それだけ、私の中では輝子さんには肉のイメージがしみついているということですね。

野菜はですね~、、、全般的においしくありません。
味は大味だし、人参なんかも味がしないし、白菜とかごぼうとか、大根とかもないし・・・無いと食べたくなるんですがね。。
でも、じゃがいもは別。帰国して日本のスカスカのフライドポテトを食べたけど、なんだ?こりゃ?の感覚になちゃいました。


ぜいぜい
へえ、いもはおいしいんだね。やっぱり土地があんまり肥沃じゃないのかな、それで生野菜がおいしくないのかも。
アメリカは野菜が高いんだってね。それで低所得者は買えなくて、安いジャンクフードや冷凍食品ばっか食べてて、メタボになって血管疾病で亡くなる人が増えてるんだって。なんか、新鮮な野菜が買えないなんて病んでるよね。
日本人でよかったよ。


hiro
ぜいぜいさま
そうなんです。サラダと言えばロメインレタスばっかりだし・・・食事と言えばファーストフードのジャンクで済ますし、だからサプリの国!っていうのがよ~くわかりました。病院では栄養管理が日本より進んでいるけど、そもそも食事のバリエーションが少ないから、それだけ臨床栄養に力が注げるんだね。日本は見た目や味に繊細な文化だからアメリカの病院の食事は食べられない^^;と思っちゃいました。。
あ~・・・・
日本に生れて幸せだー。。

コメントを閉じる▲
ウイリアムズの朝は曇りでした。

ルート66の街からこんにちは。
旅も10日目にさしかかると、さすがに着替えがなくなりますので、朝からコインランドリーへ直行です(昨晩に見つけておいた)

モーテルに戻り、急いで荷物をパッキング。

グランドキャニオンを目指します!


が、、、先に、



お土産ショップを見て、ビジターセンターによって、道路状況や資料を確認。

グランドキャニオンへの道は除雪完了のことでした。

なんせ、ここから北へまだ100Kmも行くんですから、雪の情報は大切です(←今回はしっかり学習した)

ビジターセンターには、さすが世界のグランドキャニオン。日本語パンフレットもおかれてあり、便利でした。



ガスを入れて出発です。
ウイリアムズの朝
↑ガスを入れたコンビニ


今回、目指すのはサウスリムです(ノースリムは冬季閉鎖)

グランドキャニオンまでの道はこれまた、高原風な道。

植生もコロコロ変わりました。

こんな風景だったり、
短い草木の風景


こんな景色だったり。
モミの木みたいなのが植わってた


またまた、はてしなく まっすぐ・・・・



途中、お昼には早かったけど、マックでビックマックを買い(観光地価格だった)時間がないので車内で食べながら、国立公園のゲートをくぐりました。

グランドキャニオンにはいくつか見るポイントがありますが、全部が離れているので、車で移動です。

夏はシャトルバスでの移動だそうです。


駐車場からまっさきに、渓谷が見えるところへ直行!
駐車場は雪かきが終わったところでした。
駐車場の向こうは崖です
この向こうが崖です^^;

はやく、はやくぅ~と足早に崖方面に行くと・・・・



雪をかぶったグランドキャニオン
「おお~!!!!!」
雪がちょっとのグランドキャニオン


拡大して
「おお~!!!!!」
拡大すると・・・

左を向いて
「おおお~!!!!!」
左の方を向くと・・

もう、その言葉しかありませんでした。


カメラにも収まりきれないし、180度以上渓谷です。

ザイオン渓谷は下からだけど、グランドキャニオンは上から見るんです。

あまりに、遠すぎて、大きすぎて、これまた距離感がわかりません。

肉眼では人の姿は発見できないでしょう(双眼鏡でやっと谷底の建物が発見できるくらい・・)

トレッキングルートが所々に線のようにあるのがわかりました。


ちゃんと、案内板もあります。
案内板
ひとつひとつの頂に名前がついてるんですね~。。。
○○寺院とか^^;


縞々模様の地層はチョコ生地を練りこんだパンのようだな~。。
バームクーヘンだよ~
バームクーヘンのチョコバージョンにも見える^^

その上に、白い粉糖をふりまいたような雪。

また、食べ物の発想になってしまいましたが、それだけスケールが大きくて、距離感がわからない!ってことです(←無理やりな、いいわけに聞こえますが・・・)


国立公園内にはホテルも点在し、古い建物は保存し、それをホテルにしている宿泊施設もありました。
建物

他には食べ物やさん、レストラン、医療機関、キャンプ地、銀行・・一通りそろっています。


次のポイントに行くと、今度は、コロラド河がみえました。
コロラド河が見えた~!

拡大すると、こんな感じ
土の色が水にしみ出て赤い水です
クローズUP!

冬なので、観光客もまばらで、静かでなーんにも音が聞こえません。
しばしの静寂でした。


今考えると、今回の旅のメインイベントだった場所が晴れてくれてよかった~と思います。

これが、雨、雪だったらねぇ~・・渓谷は全然見えないし、何しに100Kmも来たのよ~って感じですもん。
ほんと、安堵しましたよ^^



また、いつか訪れる機会があるかしら?・・・・グランドキャニオン

と思いながら、車に乗り込みました。






ウイリアムズに戻って、フリーウエイで東に移動(ここも少し、雪交じりでした)


フラッグスタッフを過ぎ、今度はウォールナットキャニオンです。
ウォールナットキャニオンの全景なんです
写真で見ても何?って感じの画像ですが、渓谷です。
下方面に河が流れています(画像よりももっと下)

大昔の人は外的から身を守る為、雨風をしのぐため、渓谷の途中の壁に穴?を掘ってそこで、生活していたという遺跡の跡です。
振り返るとこんな壁
ぽこぽこ穴があいているのが、住居跡

渓谷の上にはビジターセンターと展望台。

そこを渓谷の中腹まで降りて行きました(冬季閉鎖の箇所がある)
途中の道はこんな感じ
こんな道が続いていますが、雪の為、行き止まり。



渓谷には私達とメタボのおっちゃんグループの二組だけ。
もちろん、メタボなおっちゃん達は私達が降りた半分も行かない所で引き換えして行きました。
かなり階段が多かったですもん。


周りには観光客はだ~れもいませんでした。

ここはマイナーな場所なのか?






この先の行程も考えて移動です。

今日はフェニックスまで行くのですから。

フラッグスタッフに戻り、ここからはルート17で南下。

渓谷沿いの道をどんどん高度を下げて下って行きます。

今までの雪の中の高原地帯から脱出です。

標高的にはあの岩のてっぺんくらいから下ってきました。
こんなん高い所からおりてきました



途中セドナに立ち寄ります。

セドナに近づくにつれ、だんだんとその赤い土がよくわかるようになりました。

セドナロックと呼ばれる赤い岩。
イメージ石 セドナロック

地球のパワースポットだそうで、私もちょっとパワーをもらいに・・・
セドナパワーよ~やせたまえ~・・
↑一応、全身でパワーをもらってる図です


これがセドナのメインストリート。
お店通り
自然の風景を損なわないように、赤土メインの色で統一された街づくりです。

ちょっと小じゃれた観光地でした。

芸術家さん達が多い街なんですって。

そんな街中をぶらぶら・・・・買い物。

ジュエリーショップでお店の人に、「セドナのパワーがある石ってどれのこと?」って聞くと、

「赤い石」だと言う。

要するに、セドナ全体がパワーがある街ってことみたいです。

ペンダントには小さいセドナロックがついていました。

記念にひとつ購入し街を後にしました。


セドナにはたくさんの見どころが多いみたいです(ツアーもありました)

街の雰囲気も、のんびり滞在するにはもってこいな感じです。

今回は滞在約、1時間半でしたが、またぜひ、ここに来たいと思った場所の一つです(ステキな彼とね・・・←これを書かなきゃ・・・^^;)


セドナを夕方出発。

ルート89をコットンウッドの街へ。ガス補給。

そこからルート260でルート17へ戻り、南下。

フェニックスへ向けてどんどん南下します。

それと同時にどんどん高度も下がります。

中央道みたいな山の中の道でした。

山を越えここまでくると、もう、雪の心配はいりませんでした。

ひたすら、南下です。もう、あたりは真っ暗です。

その時、ふと空を見上げると、星空がちらちら見えて・・・・
一番近くのサービスエリアにより、星空を眺めました。

日本で見るより、多くの星が見えました。

アメリカに来て初めての星空でした。




さて、今宵の宿は?と探しながら走りますが、なかなか看板が出てきません。

出来れば明日の日程も考慮してフェニックスまで行きたいんです。


ポツポツと町の明かりが増え、そろそろ出てくるんじゃないかしら?看板。

と思っていたら、看板はなくなり、ネオンキラキラ・・・・そこそこの大きな町に入っちゃいました^^;


道も二車線から三車線へ、、、カープールなんか出てきちゃって、渋滞もある大きな町に突入。


町に入ると、フリーウエイのホテルの看板はもう出てきません。自力で探さなきゃ行けないけど、これがまた大変。

ホテルのネオンを見つけたー!

と思ったら、出口を行き過ぎた^^;とか・・・

出口から出ても、日本と違う交通事情なので、なかなかたどり着けず・・・とか。

30分以上は探し続け。。。ホテルの金額交渉で何件か回っているうちに、午後9時を過ぎていました。
フェニックスの町、なかなかお高い。



そして、食事。これにも参りました。

ぐるぐる探し回ったけど、、私たちの宿泊施設の周には何にもない!フェニックスは大きい町だと思うんだけどな~・・・ここまで何も無いとは・・・・

お店が無いもの苦労したけど、探したお店が、みんな午後10時で閉店で入れず・・・(LAでは考えられない!)


仕方がなく、カーナビで検索した「デニーズ」へ。

ここは24時間営業だもんね。

友人曰くアメリカのデニーズはまずいそうで。。。。そのまずさの体験もいいかもね~

なんて言ってましたが、案の定、そうでした^^;

ちなみに、ステーキを頼んだのですが×でした。これにチップなんて払いたくない!っていう評価です。

もう、これは明日にリベンジしなきゃ気がすみません!!

それと、もうアメリカのデニーズには二度と行かない。

そう二つのことを心に誓い、ホテルに戻るのでした・・・

でも、今日はグランドキャニオンも見たし、セドナも見たし、、まっ・・いっか!!

と、心満たされる気分が何倍にも膨らむ一日だったのです。

明日へつづく・・・・











追記を閉じる▲

【2010/03/19 16:45】 |
トラックバック(0) |


輝子
アメリカにもデニーズがあるんだ!

じゃなくって…

グランドキャニオン!
いつかは行ってみたいとこの一つですね~
ここって登れるの?


ROCKY
そうかぁ!
アメリカにもデニーズがあるんだ!
φ(..)メモメモ

セドナロックの前でYMCA踊ってきたんだぁ?
(踊ってる写真・・いいね♪)
   (*’-’*)アハハ♪


hiro
輝子さま
デニーズってもともとアメリカのもんなんだって。私も聞いて、へ~、、そうなんだ~って感じでした。

グランドキャニオン登るには?^^
下に行くだけでもたいへんらしい。
サウスリムからだと何百キロも移動して降りるらしいですよ。。
てっぺんに登れるのか?それらしいルートは出てませんでしたが、土がめっちゃもろいことだけ、わかりました・・・


hiro
ROCKYさま
そうなんです。デニーズあるんです。あと、セブンイレブンも(あ、、あたりまえか^^;)
で、、
踊ってるんじゃなくて^^;
セドナパワーを全身で浴びてるんです。
万歳でもありませんよ^^

コメントを閉じる▲
シダーシティーの朝は曇りでした。
昨晩は雪が降らなかったのか?

路面には雪がありませんでした。
部屋の前にはプール
モーテルの部屋の扉を開ければ、寒々しい、プールでした。




こうなれば、ラッキー!

ユタ州のシダーシティーから脱出です。

ネバタ州ラスベガスへ戻ることになりました。

最後の望みをかけて・・・・

アリゾナのグランドキャニオンへ向かうのです。

ちなみに、今回の宿は全米のチェーン店モーテル。
ホテルです



ルート15、最初はこんな雪景色の中でしたが
雪ですよ

ひたすら西へ行くと
だんだんと天気も良くなってきました。
晴れた~!

久々に見る青空って気がしました。

途中、こんな岩の間をぬうように走る部分もあって・・・
岩と岩の間

この道は行きは雨と霧で何も見えなかったところ。
岩岩の間を縫うように進むと、山道も終わり。
平野にでました。


天気がよいので、どこまでもまっすぐ。
その景色を楽しめました。
空が広いんです

こんなしましま模様な山も
ほーらシマシマ・・・・

ラスベガスまで一直線。

アクセル踏むのがつらくなるから、オートクルーズ機能って、ほんと便利。
日本だといらないけどね。




ラスベガスでケンタッキーのお昼を食べまして(今回は日本に進出しているファーストフード店は、ほぼ制覇しました^^)ガスも入れまして(朝からすでに300kmは走っている)

ルート93をキングマンの街まで南下です。


途中、少し山道になりミード湖で展望を楽しみました。
ちょっと干上がったミード湖

ミード湖はアメリカ最大級の人造湖だそうで、ルート93上にフーバーダムというダムがあります。
ミード湖

このダムもかなり立派!

ミード湖とフーバーダムの紹介はこちらから


ここを越えると、また、荒野が続きます。


「100Km先までノーサービス」の看板。

地図を見ると、小さな街はあるけど、インターからは離れていて、ほんとに人、住んでるの?って感じの道でした。

ラスベガスからキングマンまでは160Kmくらいでしょうか。。な、、ながい。

天気はめまぐるしく変わり、雨が降ることもあれば、太陽もパっと顔を出すような天気でした。




やっとキングマン着きまして、またガスです^^;

人も車も休憩をとりまして、


今度はルート40を東へ移動です。まだまだ先は長いです。
ルート66
この道路は途中「ルート66」と重なる部分があるようで、案内の看板にも「TO 66」の文字があります。


ここも、かなりの山岳道路でした。
日本でいうと、高原道路みたいな感じです(ビーナスラインのような風景。でも、道はまっすぐ)

街もちょこちょこありますが、大きくありません。

この道路沿いは牧畜が多く、いたるところで牛さんが草を食べていました。



でも、景色を堪能していたのも束の間・・・・

だんだんと空は曇り、、、雨もパラパラ・・・・

道もどんどん標高を上げます。周りも雪景色。

みぞれが降ってきました。

さらに進むと、雪^^;


またまた、、、なんか、いやな予感^^;


でも、安心なことに、対向車は普通のセダンタイプも走っていて、この先は大丈夫なんだ~と、ちょっと胸をなでおろし・・・^^

峠を越えれば、大丈夫。という思いがあったので(期待ともいう)そのまま進みました。


が、







雪は降り続き、二車線の路面の路肩が真っ白になったころ。。。
見て!マッシロ!
ぎゃー!走れるところがこんだけ?!



完全にシャーベット&雪で一車線が通行不可になってしましました。

その唯一残りの一車線もアスファルトが出てるところを探しなら走る感じ。

そして、除雪車も発見。

「あちゃ~。。。やっぱ、この先も降ってるんだ。。どうしよ・・・」

と思ったけど、フリーウエイを降りる街も無いし・・・・



4駆の車は私の横をスイスイ走っていたので、今回の車選び、セダンタイプの選択に少し後悔・・・・

そんな不安の中、ウイリアムズに着く最後の峠の手前で


「もう、ダメでしょー。降りよ」


ということになり(看板にモーテルの案内も見つけた)フリーウエイを降りようとしますが、今後は降りる道が真っ白で、降りられません~(泣)

ど、、どーなっちゃうの?これ?

雪が降り始めたあたりから、周りは暗く、私の不安はMAXでした。

が、とりあえず、進むしかありません。

やはり、そのままウイリアムズまで行くことになりました。


ノロノロ、、ドキドキ、す、、すべる~!!と走ること30分くらいでしょうか・・・


ようやく目的の街が見え、ウイリアムズのフリーウエイを降りる道は比較的交通量が多いからか、アスファルトが見えて降りることができました。

ほっ^^

街の中も除雪がすすんでいるのか、比較的雪がなくて、、、

ほっ^^


ウイリアムズは「ルート66」の町。
ウイリアムズのメインストリート
メインストリートです

フリーウエイからすぐに、このメインストリートがあります。


グランドキャニオンの玄関口でもあるこの街、街は小さいけど、メインストリートにはルート66にちなんだ店がたくさんあり、赤や青いネオンが見えました。さすが、観光地です。
ここも!
ここも「66」皮製品等が安価で売っています

夏なら、たくさんの観光客が訪れるのでようけど、今は真冬の厳冬期。時季外れなだけに、混雑もなく今宵の宿もすんなり決まりました。
いたるところにルート66
ここにも「66」 ちなみに、↑ここには泊ってません。もっと、ちがうところ^^;



モーテルの部屋へ入ると・・・・



「う”っ・・・・・」

すごい臭い。

同行者がスモーカーなので、今日は喫煙OKな部屋にしたんです。

そしたら、すっごい臭い!なにこれ?っていうくらいの悪臭。

煙草の煙のニオイと、アメリカの部屋の独特なニオイ(どのホテルでもこんなニオイがした)

それが混じって、食べ物が腐ったニオイと言えば、想像がつくでしょうか・・・・

^^;がまん。がまん。さすがに友人も、これは~。。と思ったのか、

もう部屋の窓は寒いのにあけっぱ。暖房ガンガンです(外は雪ですもんね~)



荷物を置き、近くのスーパーへ買出し、今日は遅いのでテイクアウトの夕食です。

テイクアウトした「タコベル」のメキシカンとビールで乾杯。

部屋のニオイが×でも、食べれるもんですね~。。

とりあえず、宿についた安堵と満腹で満たされました。





今日も天気予報を見ながら明日の予定を決めます。

どうやら、明日は天気が回復しそう。

でも、グランドキャニオンへの道は雪がどうだろうか?

行ってみるだけ行って、もしだめだったら、南下して、フェニックスへ行こうと計画。

この道がまた山で心配だけど、その先の天気は良い。

フェニックスとウイリアムズとでは気温が10℃違う。今、ウイリアムズは-3℃。

路肩もジャーベットだったし、明日の朝が心配。


今日はまる一日、移動の日。

700Kmは走った。時計の針を一時間先にしたり、戻したりと・・・

アメリカの広さを改めて実感した一日だった。


明日へつづく・・・



















追記を閉じる▲

【2010/03/04 11:20】 |
トラックバック(0) |

可哀想になってきた('-^*)
岐阜ペンギン
誰も コメしないね~
現実(日本)と かけ離れているからか?
僕自身 さっぱり イメージ湧かない
住む世界が違いすぎ
恥ずかしながら 今時
ひこーき乗ったこと無し


上松 B作
あかん、ワテ反対車線走ってまいそうや・・・


hiro
岐阜ペンギン さま
私も今までかけ離れた世界でしたけど、めっちゃ近くなりましたよ。行けば、どってことないのです。百聞は・・・ってこのことか、、って今回の旅で思いました。。


hiro
上松 B作 さま
私だって、念仏のように右、みぎ、ミギ。。と唱えて走ってましたよ。
交差点なんかは、日本のルールとは違うので、ルールに慣れるまで大変でしたけどね^^;


ROCKY
う~ん・・・
もう10日間も更新なしだけど・・・
仕事忙しいのかな???
    ・・・なんちゃって
     (*’-’*)アハハ♪

続きを 待ってまーす♪


hiro
ROCKYさま
更新したいのはヤマヤマなんですけど、
先週一週間、原因不明の熱で出勤できず・・・
病院にいっても原因不明で、今も熱と闘っておりまする。
ずーっと休んでても仕事がたまる一方なので、解熱剤飲みながら、本日、久々の出勤ですよー。もう、やんなっちゃう。
は~、、薬切れの時間だ^^;

そうでしたか
岐阜ペンギン
おだいじに…
働き過ぎだから 神様が 休めって 言っているんでしょう!?


hiro
岐阜ぺんぎんさま
ありがとうございます。
いや~、、、もう十分休んだので、そろそろ復活しないとです^^年休も次年度に残したいし^^(←切実な願い)

げん、
ヨシ
 原因不明ってのが厄介ですね。たた…、なんでもないです(笑) おまじない、送ります。 なむだいしへんじょうこんごう(南無大師遍照金剛)


hiro
ヨシさん
ナムナム・・ありがとうございます。
でも、まだ良くならないんですが・・・
も、、もうすこし、でっかいパワーで送っていただけません?(爆)^^

コメントを閉じる▲
ネバタ州のラスバガスからルート15を東へ。

アリゾナ州のバージンリバーに泊まった朝、今日はその名のバージンリバーの川沿いをまた北上。

ユタ州のセントジョージに着く頃は雪が舞い始めていました。
昨日の長距離運転に多少疲れが残ったので、今日の出発は少し遅らせて10:00くらいだったか?

途中、フリーウエイをおり、ショッピングモールでお昼をとりました。

もちろん、メキシカン^^

ガスも満タンにして、今日はザイオン国立公園へ向かいます。

ルート15をセントジョージからはずれまして、ザイオンキャニオンへ向かいますがずーっと雨です。
ザイオン1
ここの地形もおもしろく、雨風で浸食された地形が遠くに霞んで見えていました。

あ~、、雨で残念。天気がよかったら、もっとくっきり見えてたのに。。

移動距離はこれまた何十キロもあるので、曇ったり、雨が降ったりの天気した。
ザイオン2

その雨の中、ザイオン国立公園の入口の町、スプリングデールに着いたのは午後2時くらい。

ここはちょっといい感じのリゾート地でした。

広大な敷地にホテル、モーテルが点在し、建物が土の色に合わせて美観を損なわない作りになっていました。

ガソリンスタンド、お土産ショッピング、コンビニ、スーパー。一通りそろっています。

国立公園のゲート入口で料金を支払、車で中へ入ります。
ザイオン5

夏は一般車の通行は禁止ですが、冬はOKです。




壮大なスケールでバージン川渓谷に沿ってそそり立つ大岩壁がザイオン国立公園の特徴です。

道はその渓谷沿いにあり、下から眺めるように進みます。


が、、



雨です。ちょっと霧も出てます(泣)
ザイオン3

ニッサンのXトレイルのCMで「ザイオンの壁を駆け下りろ!」ってのがあったけど、とてもそんな壮大な気分にはなれない、CMのイメージとはかけ離れた景色でした。

雨だもんな~・・・・


それでも、ザイオンの壁を見たときは、もう、そのケタはずれに高い壁に「うわーっ!」とか「すっごーい!」とか、そんな言葉しか出ず・・
ザイオン7

下から見上げてお口あんぐりでした^^;

岩のてっぺんには雪。
ザイオン4

それもそのはず、てっぺんは標高2000mくらい。

これまた、距離感がわかりません。

渓谷を上から見下ろすのではなく、下から見上げるのもザイオンの特徴。

上から見るルートもありますが、これまたぐるっと回って入口はべつの方面からのアプローチになるそうです。

トレッキングなどのルートもありまして(もちろん、こんな岩壁ですもん。クライミングも?)お土産ショップには靴や、ザック、水分補給のボトル等おいてありました。



国立公園は行き止まりなので、また来た道を引き返して、次の目的地に移動です。
ザイオン6
行き止まり付近には半分に割れたような岩も・・・




時間は夕方4時半すぎ。あたりはうす暗い感じです。

ここから、山越え。ルート9を向けて東へ行く計画です。

だんだんと標高が上り、雨が雪に。

さっきの岩の先端より、完全に上になりました。ということは2000m。


路肩にも雪が積もってます。
ザイオン8
ブレブレですけど、、除雪したあとも。。


対向車は4駆か、でっかいピックアップトラックで数台、すれ違うのみ。

セダンタイプの車は対向車にはありません(今回のレンタカーはヒュンダイでした)

車道はだんだん雪が積もってシャーベット状に。

なんか、すんごく、イヤな予感^^;


そんな車と路面の状況を見て、「先に、進めるかな~・・」

「もうじき、峠後えなんだけど・・・」なんて写真を撮り話ながら進むけど、ホントはすごく、怖かった。

あたりはだんだん暗くなるし、雪はひどくなるし。

と、峠をこえたあたりから、路面がいよいよ怪しくなって・・・・・

これは、、ちょっと・・・・・

動くに動けなくなったらどーしよ!ということになりまして。先に進むのを断念。

来た道をまた引き返し、スプリングデールに戻りました。



スーパーの駐車場にて、これからの予定を作戦会議。

まだ、諦めたわけではありません!グランドサークルの旅。


ルート15を北上し、もう一つ別のルートで行こう。ということになりました。

そう決まったからには膳は急げです。

そのスーパーで毎度のヨーグルトの買出しをして(観光地価格で高かった 1個100円)

ルート15に戻りました(スプリングデールから60Kmはある)

そして、フリーウエイを北上。

北に行くということは雪も降りやすいってこと。

わかっちゃ~いるけど、諦めきれないので、先を進みます。

案の定、山越えフリーウエイの路肩には雪がびっしり。

周りの風景も本格的な雪景色になっていました。

近くに、モーテルや食べ物があるインターはあるけど、こんなところで下りたら、雪で動けなくなりそうだし、大きな町まで行った方が安全と考え、あとはもう進むのみです!

この先、雪と天気と路面は大丈夫だろうか?

そのことばかり考えて、やっともう一つのルートの分岐点の街、シーダーシティに到着でした。

フリーウエイを降りると、街の路面は除雪がされていて大丈夫そうです。

スダッドレスタイヤが無いらしく、雪が降ると、朝一ですぐに除雪が入るそうです。そういうところはアメリカ。さすが、車社会です。感心。

今宵の宿が決まり、ビールとピザで乾杯をしたのが9時をまわっていました。



さて今回の旅、毎日の日課となったのが、ヨーグルトの購入とガソリンスタンド(朝晩二回は入れてました)と、TVの天気予報。

たくさんのチャンネルがあるアメリカのTV。

その中で唯一英語がわかるのが、天気予報の番組。その専用チャンネルを(ずーっと繰り返し、天気予報をやっている)ホテルに着いて、ビールを飲みながら毎日情報収集です。

明日からの予報もチェックすると、シダーシティとグランドサークルの方面は雪、、、曇りの予報。

その後、月曜までこんな感じの天気だとわかりました。

それもそのはず。。。。

アメリカ全土、寒波の到来でした。東部では大雪の模様がニュースで流れ。。。

もしかしたら、明日、このシダーシティから出られないで、停滞かも?!という状況でした。

そうなれば、予定変更です。悪天にはかないませんし、グランドサークルどころじゃありません。

この先の予定を諦めざる負えません。

明日の朝の天候を見てラスベガス方面に戻るか、決めることになりました。

今日は、雪にドキドキさせられた一日となりました。

明日につづく・・・



追記を閉じる▲

【2010/03/02 11:08】 |
トラックバック(0) |


ぜいぜい
ザイオンって聞くと映画マトリックスを思い出してしまうぜいぜいです。
ここの景色はインディアンが良く似合う???
雪ではらはらどきどきの旅でしたね。続きも緊張!!!


hiro
ぜいぜいさま
マトリックス、一個めしか見てなくて、、よくわかんないんですが、ザイオンの名が出てくるんですね。調べてみます。
>ここの景色はインディアンが良く似合う???
そうなのー!
ホントはもっとインディアンぽいところに行きたいと思ってたんだけど、雪で断念です。


コメントを閉じる▲