山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
重かったワイン
10/26-27は塩尻のワイナリーフェスタに行ってきました。
今回の戦利品。持って帰ってくるのが重かった。。。
それと、りんご2個。


またまた電車の旅です。

またまた「あずさ」です。

一ケ月で2回も乗るなんて一生のうちであるかないか。と思ってしまいます。


台風の影響で電車が遅れて、あずさに乗り遅れてしまうんじゃないかと、ドキドキしましたが(その為に最寄駅の電車も一本早く乗って気合は十分です)

運よく傘をさすことなく予定通り塩尻に到着したのは9時半。


駅のロータリーにはでっかいワインの樽が4個。

ウエルカムワインだそうです^^

飲んでみると・・・・


あ、、五一の味だ^^;
毎度の五一
これはワイナリー巡りをした時の五一


城戸ワインもgetしたので、のんびりワイナリー巡りです。
今回はお山の友達、駒ちゃんとえみ丸さんと一緒です。

さ~!!のむぞー!




アルプス、井筒、JA、信濃、サントリー、メルシャン、五一・・・シャトルバスを使ってぐるぐるまわります。
ワイン籏2ワイン籏
試飲しまくりまして、飲みたいワイン、買いたいワインを決めました。
もう、この時点でワインでおなかいっぱい。。。。。


ここはサントリーで昔使ってた貯蔵庫です。
ワイン貯蔵
ワイナリーの説明も丁寧にしてくれました。


塩尻の桔梗が原全体がワインの完成を祝ってのお祭りです。





今宵は奈良井宿でお泊り 馬刺しがおいしかった~♪
奈良井の宿
部屋飲みで一本。と思ったけど、誰も飲めず^^;
早々に寝てしまいました。

翌朝、
一番の冷え込みだとか・・・
空気もひんやりを通りこして、私には真冬の寒さでした^^;
奈良井宿
紅葉も中腹まで下りてきて、色鮮やかな様子が目に入ってきました。

もうじき麓も紅葉です。


秋と冬支度の信州の旅でした。









追記を閉じる▲

【2013/10/30 18:16】 |
トラックバック(0) |

No title
ROCKY
何樽飲んできたんですか~??

  (〃^∇^)o_彡☆ ギャハハ


No title
hiro
ROCKYさま
一本くらいです!きっぱり。
だらだら飲むと飲んだ気になる~。。。

奈良井宿
K林@一休み
> 今宵は奈良井宿でお泊り
しぶい! てか、うらやま…駒ちゃんの手引き?

No title
hiro
K林さま
そうですよ。一日で帰ってくるのはもったいないですもんね。
木曽は紅葉がきれいでした。

No title
ぜいぜい
いいですね~ワイナリーフェスタ!
飲兵衛にはたまらんですね。
奈良井宿もなんだかいい雰囲気で、う~ん、うらやましいかも


No title
hiro
ぜいぜいさま
い~っぱい飲めると思ってたんだけど、1本分くらいしか飲めなかったと思う・・・しゅんi-195
でもよかったよ~♪来年もぜひ行きたい^^
ぜぜさんもどおですか?

奈良井の朝はしーんと静まりかえって、寒いけど、気持ちがいい空気でした。情緒がありますよね。

コメントを閉じる▲
今日は雪じゃなかったので、昨日より暖かい朝でした。

テントから顔を出すとすぐこの景色
朝日が穂高と槍に


なんとも贅沢な朝です。


この日も朝日がみれました。
今日も朝日が見れました
今日はしっかり4時に起床。あ~、、この天気が昨日の天気だったら・・・


6時半下山開始です。
朝日があたる常念岳
予定で13:56の松本発のあずさの指定を取っていたので、常念岳はキャンセルです。

出発に小屋で予約しておいた10:15の一ノ沢タクシーをめざして
また今度。常念。


また機会があれば来年もこの景色を!





メモ:
穂高駅-中房温泉 1700円
燕山荘、常念岳 テント 600円×2
水 共に1L200円
常念小屋 タクシー呼び代 100円
一ノ沢-ほりで~ゆ~ タクシー4400円
ほりで~ゆ~-穂高駅 タクシー2700円


追記を閉じる▲

【2013/10/20 19:44】 | 山の記録
トラックバック(0) |

No title
ROCKY
うぁ~!
思いっきり 北アを満喫ですなぁ・・・
やっぱり 北ア いいなぁ~♪

2泊3日の山行はhiro 姫も久しぶりでは?
お疲れ~らいす♪ (⌒^⌒)b


No title
hiro
ROCKYさま
最後の最後になって北満喫です^^;
二泊三日、、そういやひさしぶり。ずっと一泊二日だ~。
二泊三日くらいだと予備日を取らないと。と思うのでどうしても行きにくくなってしまいます。。
今回は電車で贅沢してきました~。もう、飲めませーんv-275

やっぱり良いなぁ!
K林@一休み
3日間、初日もほどほどで、晴れて良かったですねぇ!
このコース、崩れれば最悪(多分歩かないけど)、晴れれば最高!! 

合戦尾根が数珠つなぎでもテント張れたんだぁ! 近頃(北・南で)テントスペースに苦労してるので(北岳はひどかった…)。

朝、テントから顔を出して見る景色が良いと、それだけで縦走の目的を達成したような気になります!!

No title
hiro
K林さま
数珠つなぎ、若者のほとんどが小屋泊だったみたいです。
そして、テン泊者は大天荘まで行くんでしょうね。私達がついたころはまだまだ場所に余裕がありました。
初日は雪が降ってどうなるか?と思いましたけどね。
晴れてよかったです。

コメントを閉じる▲
6時に出発ね。

なんて言ってたのに、結局7時半に出発です。
だいぶ日が昇った燕岳
やばいな~。。。私達の足取りじゃ、今日中に常念岳に往復出来ない時間です。

りえちゃんは燕山も常念も初めてだというので、この機会にぜひ。と思っていたけど、、この時間だと今回の行程では常念はかなり厳しそうです。

などなど考えながら燕山荘を後にしました。
裏銀座も雪化粧
すっかり陽も登って裏銀座の雪化粧がきれいに見えます。


また、だらだらと写真タイム。
槍に向かって歩け歩け。
とりあえず、槍に向かって歩け歩けです。


切通岩まではきつい登りもほとんどなく歩きやすい道ですがなんだか今日はザックが肩にくいこんで痛い、重い・・・
それに、西からの風が冷たく日陰は寒い・・・
暖かそうな安曇野
あ~、、安曇野は穏やかで暖かそう。
稜線を西に東に巻いて歩きます(東側を歩いてる時は暑い^^;)


大天井岳へ向かって・・・・
大天井へむかって
斜めにトラバースして登る登山道に人がいるのが見える・・・・
まだまだ遠い。


そして、今回一番つらかった、、この大天井への登り。
りえちゃんが私に聞きます。
ひろさんはつらい登りの時に何を考えて登ってますか・・
私はね~「千里の道のりも一歩から」
って唱えてのぼってる^^;とりあえず、半歩でも足を延ばすことかしら・・

なんて一著前のことを言ってみたけど実はこの登りですっかりバテてしまってペース配分もめちゃくちゃ。。。
息もすぐ上がってしまいました。
たぶん、栄養補給してなかったからだと山荘に着いて思いました。
大天井への上りはきつかった
慰めは振り返ったこの景色。だんだん標高が上がっていくのが感じられてがんばろう!って気になります。。



ようやく山荘に到着。
山荘でパンを食べて大休止です。。。りえちゃんもかなりきつかった様子です。
「大天井岳の山頂はもういいかな。。」なんて言ってるので、せっかく来たのにー!ここは真ん中だからどっちから来ても遠いんだよ。もう、二度と来れないかも。と叱咤激励しまして^^;往復20分。



私も最初は稜線から見る景色と大差ないと思っていたので、この景色を見た時にはもう、感激!!
大天井岳からの眺め

そして歩いてきた道のりもはっきりと見えて
大天井岳、いってみたら、サイコーだった
昨日の燕山が曇っていたので山頂からの眺めは格別でした。


大天井岳、行ってみたらサイコーでした^^



ようやく半分くらい来たかしら。
大天荘からの眺め
大天荘前からこれから行く尾根を眺めます。穏やかで歩きやすそうな道です。


今度は穂高を横目に見ながら
穂高を横目に
ずーっと青空で縦走日和です。


踏み固められた平な道が東天井岳まで続きそこからぐっと下りになって
東天井岳付近より
ハイマツの中を下ってまた踏み固められた平行な道。
歩きやすいんだけど、どこまで続くのか・・・
だいぶ
人があんなに小さく見える・・・



りえちゃんが、テン場はまだかまだか・・・と。
常念は見えてるけど、横通岳からの最後の下りになかなか到達しない遠い道のりでした。



常念小屋に着いたのは14:10。この時点で山頂往復はもう無に決定。
予定の時間に出発出来てたら可能だったのね。



テン場で食料を減らす為に食べて飲んでだらだら・・・・・・
夕日を見ながらビールビールで締めくくった一日でした。
常念小屋からのシルエット


追記を閉じる▲

【2013/10/20 17:18】 | 山の記録
トラックバック(0) |

大天井・常念
K林@一休み
良い写真ばかりですねぇ!

大天井山頂は絶対行くべき、確かに行きにくい場所ですからね。常念は蝶と絡ませて次回…手ごろだし でも、できれば7:30じゃなくて4時過ぎには歩き出そうぜい…と蛇足ながら

で、「食料を減らす為に食べて飲んでだらだら・・・・」これこれ…良いなぁ!  

No title
hiro
K林さま
こちらにもコメントありがとうございます。
良い景色が見れたのは晴れたおかげです。
大天井はもう、いいかな、、なんてりえちゃんが言うもんだから、あと10分じゃん!と言って^^;連れて行きました。
常念はまた今度らしいです。
>4時?
この時期は無理だな~。。まだ暗いし・・・

No title
ぜいぜい
大天井岳の登りはほんときついよね~
私は雪着きの直登だったからほんとに怖かった。。。

女二人テント山行、いいね~
この稜線は景色がよくって楽しいよね。


hiro
ぜいぜいさま
ぜせさん、冬に行ってたよね。
レポ、覚えてます。
あの直登はスゴいね。こわいわ~
でも大天井からの眺めは格別でした。行ってよかったよ~
女二人のテン泊、相方さんが広いテント購入でテントデビューの予定でしたが間に合わす…私のせっまーいテントですごしました(^^;

コメントを閉じる▲
三連休は表銀座縦走でした。
金曜は早々に仕事を切り上げ、17時に自宅出発。

今回は電車の旅です。

八王子であずさに乗り換え、松本で「終着~まつもと~」のアナウンスを聞くと、そりゃ~もう、気分UP

終着~♪なんて言葉を聞くのはとても新鮮で、なんとまあ旅情を掻き立てること!

あずさの中で散々晩酌をしましていい気分のまま穂高の宿についたのは21時半すぎ。


今回の山旅はご近所の山友達、りえちゃんと一緒でテン泊です。


翌朝、5時。
バスに乗るために穂高駅へ。5時の出発に合わせてか”ムーンライト信州”がホームに滑り込んできました。

車内は灯りが煌々とついています。これは寝られんねと穂高に前泊したのは正解だったね。と。(ムーンライトの手段も候補だった。でも席が無かった)



10/12
6:25中房温泉-9:58合戦小屋-11:05燕山荘(燕岳往復)

10/13
7:35燕山荘-9:45切通岩 喜作レリーフ-10:30大天荘(大天井岳往復)11:30-14:10常念小屋

10/14
6:40常念小屋-9:52一ノ沢


合戦尾根は三連休の為か大賑わいです。

もちろん、登山渋滞も。

もう、20代の若者の多いこと多いこと!若者はどんどん歩くので私達が渋滞の原因か?というほど数珠つなぎ状態です。


ようやく渋滞がほぐれてきたのは合戦小屋を過ぎてから。

どんより曇った肌寒い中を小屋目指して黙々と歩きます。

この尾根は何度登ったことか。。。。


葉っぱを落としたナナカマドの実が鮮やかに赤々と生っていました。


テントを設営して寒いので中で休憩していると、ぽつぽつと雨が降ってきました。

その音がやがて、パチパチ・・という音に変わりあられに。。

今日中に燕岳まで往復することにしていたけど、寒いし、雪だしでテントの中で待機です。
テン場に到着した図
どんより雪雲。でも安曇野の下界は見えてる。
今日はビールという気になれません。
持参した日本酒500mlがあっという間になくなります。

この日は4時ごろに雪も止んだので、燕岳に往復しました。

夜はホッカイロ総動員です。しんしんと冷えたテント泊でした。

もう、これ以上寒いのは耐えられないな・・・。


翌朝、4時に起床6時に出発ね。なんてりえちゃんと相談してたけど、案の定、寒くて起きられません。

シュラフの中でうだうだ・・・外からの声で天気がいいのはわかるんだけど。

意を決して外へ。せっかっくなので、朝日も見ないと^^;
有明山の向こうから朝日
有明山の向こうに朝日。天気も良くこのままいけば良い縦走になるような予感。


槍もうっすら雪化粧です。
うっすら雪景色のテン場
早く支度をして出発しなければ!


追記を閉じる▲

【2013/10/20 15:26】 | 山の記録
トラックバック(0) |
赤城山から次の目的地に移動してきました。

明日は越後駒ヶ岳です。

これまた私の念願だった山で、以前、八海山からの眺めた時の印象があまりに強いものだったので、いつかは!と思っていたのでした。
シルバーラインを通り銀山平から細い山道を進むと枝折峠の登山口。

駐車場合戦がすごいと各方面のレポには書いてあったので(トイレはあるが、水がないとか・・・)早めに駐車場に着いて大正解。

天気もよく天の川までばっちり。明日の展望が期待できる予感の中、就寝しました。


この行程は長丁場なのでいつもより気合がはいります。。
ほんとにかなり気合をいれました。。気持ちだけは^^;

その気合をいれた行程
5:18枝折峠-5:56明神峠-5:18休憩5:23-6:50道行山-7:18休憩7:28-7:41小倉山-8:23百草ノ池-9:03前駒9:20-9:45駒ノ小屋9:50-10:13山頂

10:45山頂-11:00駒ノ小屋11:12-11:34前駒-11:56百草ノ池-12:27小倉山-12:38休憩12:41-13:14道行山-14:05明神峠-14:30枝折峠


枝折峠から歩きだすとすぐに銀山平方面、会津駒方面でしょうか。
朝日が上がります。
雲が山から滝のようにこぼれています。何回見ても幻想的な風景です。
朝日があがる瞬間
道はずっと尾根沿いを歩きます。


朝日があたってくると進む方面もよくわかり、だいぶ距離があることがわかります。
まだまだ遠い越駒
どっしりとした山姿。
あ~きれだな~。。あの肩のへんがステキ^^

道はよく整備されており、木道、階段等、新しいものばかりです。
現在も整備されているようです。
この日も荷揚げのヘリが何度も往復していました。


樹林の中に入るものの、この気候からか、暑くもなく、寒くもなく。。。
秋の風がここちよい快適な山歩きです。

前駒まで登ると標高が高くなりましてナナカマドの実が重たいほど実っていました。

もうじきここも本格的な秋です。


ようやく小屋につきました。息を整えて山頂へ向かいます。
小屋前より山頂
あ、ここのトイレ、帰りによったけど、自転車のペダルを漕ぐやつよ。


振り返ると飯豊連峰や荒沢岳、只見湖がみえました。
稜線より振り返って
なんとも空がきれいです。


燧ケ岳も!猫耳だからよくわかる^^
燧ケ岳も見える



稜線に目をやればうっすらと黄色?・・・早く稜線に出て向こうの景色が見たい!
緑から黄色にかわる



稜線に出ると八海山!
その向こうに、妙高・火打山。
そして、そのまた向こうに白馬!
今日はなんて澄んだ空気なのかしら・・
目の前に八海山


右へ向けば山頂。左へ向けば中ノ岳の分岐地点
赤だ!
この木だけ早めの秋



山頂からは巻機山の向こうにうっすらと富士山も見えて、360度ぐるっとたくさんの山がみえました。
稲狩りが終わった魚沼
稲刈りが終わった魚沼の平野を見ながら秋本番を感じる山行でした。



天気がよすぎちゃって^^;帰りの道は汗だくでした。
急斜面もすくなく、ほぼ平な道をもくもくと・・・

秋の日は柔らかですが、14時をすぎるといっそう陽も細くなる気がしてなんだか寂しくなるのです。
その中を歩くものまた秋の山行の楽しみでもあるんですけどね。


追記を閉じる▲

【2013/10/06 15:29】 | 山の記録
トラックバック(0) |

良いね~
岐阜ぺんぎん
しっかし良い天気だね~

真夏の暑さと違って気持ち良いですよね

最近の僕は 以前にも増してピークに拘らない遊山にはまっております
10月5日~7日は 山小屋の手伝いでしたよ

No title
ろび
懐かしいなぁ~
また行きたくなってきた。

登山口から結構遠くに見えて力が抜けた記憶が(笑
でもさ、草原みたいなのびやかな感じ
向う側の八海山の眺めや遠い山々の眺め
頂上から小屋を見下ろす感じ
ぜーんぶ素敵だよね。

そうそう、小屋まで戻ったところでMさんが
頂上にペットボトル忘れて取りに戻っていくトボトボ後姿。
一緒に付き合わなかった自分が情けなかった思い出
よみがえりまする~

No title
hiro
岐阜ぺんぎんさま
そう、すごい天気が良かったのですよ。
富士山まで見えちゃったもんだから・・・・
小屋の人が年に3回くらいしか富士山は見えない。と言ってたのに、次の日も見えたんだって。それって貴重な年3回がこの時期?^^
山頂に行かないと向こうの景色が見えないので私はやっぱり山頂を踏みたい派かな。。めったに行けない山だとなおさらです。

No title
hiro
ろびさま
もちろん!!ロビ様のレポで予習したんだから^^ばっちりさ!トボトボ事件もね^^;

もうね、ほんと、山頂までの尾根が見えるのi-229
行けるの?って思ったよ。
でもね、あの越駒様の肩を見たらぴゅーっと飛んで行って抱きつきたくなる気分で歩いてたら思いのほか、あっという間。
魚沼の平野を見下ろす山頂からの風景は清々しい気分をいっそう盛り上げてくれました。

こんにちは
友遊クラブ
今日のブログランキング見て訪問しました。
”お隣さんなのでご挨拶よろしくお願いします”

コメントを閉じる▲
くろびやま
赤城山の主峰はくろびやま
この週末はご近所の山友達のりえちゃんと一緒に山旅へでかけました。

本命はこの次の日の山行ですが、調度道すがらだったもので足慣らしのために登ってきました。

朝、6時に自宅を出て、赤城山の麓では通行止めの道に行こうとしたりで^^;大沼の湖畔、おのこ駐車場についたのは10時半。

駐車場を出発したのは10:55。赤城神社の前を通り過ぎ、、りえちゃんと、ここは最後にお参りしよう!と^^(良縁祈願)

最初は湖畔からぐぐっと急登です。

少しのぼると猫岩付近より大沼と神社がみえます。
大沼
観光では何回も訪れている赤城でしが、山に登るのは初めて。

途中、地元の人と思われるご夫婦やお孫さんとおじいちゃん、多くの人でにぎわっていましたが、みんなけっこう早くて健脚です。

稜線にでて左へ行くと山頂。

お弁当を広げる人、休憩する人、景色を眺める人。

山頂は木々が茂っていてあまり展望はありません。

稜線を戻り駒が岳の方へ縦走します。

稜線からは前橋の市街やその向こうに関東平野、そして、、

あ、、富士山も。うーっすらと。

展望を楽しみながらのてくてく歩き。



下山中 くろびやま
くろびやまから降りてきた道。
関東ふれあいの道だそうです。

このカルデラをみると赤城山は火山だと実感。
小沼
小沼もよく見えました。その向こうに栃木方面の街でしょうか・・

湖畔へ向けて下山。

早々に神社に駆け込み、お参り^^

温泉で汗を流して・・・・


明日の山へ向けて出発です


おのこ駐車場10:55-湖畔登山口11:10-猫岩11:26-12:23くろび山12:30-大ダルミ12:58-駒ヶ岳13:09-おのこ駐車場13:53





追記を閉じる▲

【2013/10/02 23:18】 | 山の記録
トラックバック(0) |

良いね~
岐阜ぺんぎん
僕は未踏の山です
そっち方面はなかなか

神社前の駐車場で車中泊した事有りますが

なかなか良い山ですね 皆さんの所覗いていると行きたい山が増えますね

No title
hiro
岐阜ぺんぎんさま
私も麓までは行ったことがあったんです。
キャンプしたり、散策したりと・・
でも登ったことが無かった。。。

カルデラの地形はやっぱり上から見る方が眺めが良くていいですね。お手軽でたくさんの人が歩いていました。何かの機会にぜひ。。

コメントを閉じる▲