山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
お腹も心もいっぱい。

でも今日は関東へ帰らなきゃなりません。

まだ帰りたくない!

もっと高知の自然、四国の山で遊びたーい!
と、、、叫んでも、16:15の羽田行きに乗らなきゃいけないので、河童ちゃん、とちちゃん、和宏さんの案内で高知観光です。
竜馬のきゅうじつ

私達もりょーまの休日することにしました^^vこれは高知城のお堀にあったのぼり旗。


まずは桂浜~!
私は二回目
二度目の桂浜
水が澄んできれいでした。弓形の砂浜って雰囲気あっていいですよね。


石拾いの図
太平洋と戯れる
ここの海岸は遠浅ではないそうです。入ればすぐにドボンね離岸流で沖へ~あれ~(もちろん遊泳禁止)
波打ち際へ近寄った私達に
監視員のマイクの音が・・・「海に入らないで下さい」
あ、、言われちゃった。。。


次に高知城
ここは初!
高知市役所と県庁の隣にあります
高知城


天守閣からはいい眺め!
一瞬の静寂
しばし静寂

眠気を誘う風がそよそよ・・・・・Zzzzz(←”天守閣で寝てはいけません”と書いてあった)

この日も晴天。気温もぐんぐん上がって、高知の初夏の暑さを体験。

ここに登れば、海風がここちよく、そりゃ眠気も^^



そして、お昼は「ひろめ市場」で好きな物を食べて。
ビールもごくごく。。。(ロビンさんが運転してくれました。ありがとー!ねーちゃん!)
あ~、、また、ここも再訪したい。。。。詳しくはコレねhttp://www.hirome.co.jp/



レンタカーを返却して

高知空港へ

そして、最後の〆に


まだあります。


空港でビール乾杯!!
名前を思い出した!チャンバラ貝
これ、おいしかった。チャンバラ貝っていうそうです。皿鉢調理の中に入ってるやつかしら・・

他には
どろめ(生シラス 高知はどろめっていうのね)、
土佐天(高知は白身魚なんだって)
カツオのコロッケ(←初めてカツオのコロッケ食べた)


最後の名物
ホントに〆です鯖寿司ちゃん
鯖寿司  酢加減、塩加減が抜群!私の好みの味付け^^
(シャリはおにぎりの2/3くらいで相変わらず大きい)

最後はコレ↑で〆なきゃ、と河童ちゃん。

と、最後のお別れ、反省会をしていると



あれ~!!たいへん、離陸の30分まえ!

やーん。あともう二時間はここに居たいとロビンさん。

もっともです。


河童ちゃん、とちちゃん、和宏さんにお礼のありがとう!と、また再訪する!とご挨拶して、、、

バタバタとゲートを通過し搭乗口へ

お腹も気持ちもいっぱいにして飛行機の中の人となりました




日記の最後は総評、、としてお礼と気持ちを書いてますが、今回はその言葉すらちっぽけなものになってしまいそうなので、書くのはやめておきます。
今回の高知の山旅は、私の感じたその時々の思いをブログに綴ったつもりだからです。

でも、最後に言えるのは

また「高知へ」
また「四国の山へ」
また「仲間と!」

という思いが残りました。


おしまい。
IMG00179.jpg
高知の思い出 小夏ちゃん。



追記を閉じる▲

【2014/05/29 13:43】 |
トラックバック(0) |


ろび
そうそう ひろめ市場でロビンさんが飲まずに我慢・・・
ぶはー のみたかったす
あの貸しは今度たっぷりと(笑

チャンバラ貝とかドロメとか ひろちゃんはよく
名前を憶えてるなもし
さすがに若い!
んーーでも 誕生日で・・・なっちゃったけどね(爆

なんかクセになっちゃったね、あのトリオ
これからもブイブイ行こうねー 妹よ


hiro
ろびさま

>なんかクセになっちゃったね、あのトリオ

うんうん!!やっぱ妹がついてないと…
お姉さま達だけだと「あれだの、これだの。。。」名前が出てこないと困るでしょ^^だから食べ物の名前は覚えておかなきゃ(爆

>んーーでも 誕生日で・・・なっちゃったけどね(爆

一つ大人のおんなになったのだー。
今度はビール券、ロビさんにわたすだー。

また行きましょう^^


ぜいぜい
運転の上手なひろちゃん、ろびさんのおかげで、私は終始大名旅行でした。
ほんとにありがとね。
一人より二人、二人より三人、ほんとにいろいろと心強かったです。
ってか、ひろちゃん物覚えいいわあ。これからもこころ強い妹でいてね~
そして、また四国へ!だね。


hiro
ぜいぜいさま
ほんと、三人がそれぞれの役割を^^で楽しかったですね~。こちらこそ、ありがとうございます!

>ひろちゃん物覚えいいわあ

あ、、いや^^;食べ物はよく覚えているんです(趣味と実益を兼ねて^^;)
また絶対、行きましょう~!!


ありがとう~(*^ー^*)
とち
ひろちゃん
あっという間だったけれど、そりゃあ楽しい時間でした。
時々不思議~な感覚に襲われていましたが、いえいえ現実でしたもんね!
自然をまるごと楽しんで美味しいものを食べる。土佐の楽しみ方はこれに尽きると思います。
一緒にそのときを楽しめて嬉しかったなぁ。

決算も無事に終わり、人生初のタイ式マッサージで、全身の循環を良くしてもらったら、すんごい調子が良くなりました。
これ、癖になりそうです。
また一緒に遊ぼうねー。


hiro
とちちゃん
決算、お疲れ様!大変な時におじゃましちゃって申し訳なかったけど、、三人の日程が調度よくあったもんだから・・・
今度はとちちゃんの時間のある時に行くねー!

マッサージ、よいでしょ^^がんばったご褒美だもんね!私もたまに行くんだ~(あれ、ご褒美多すぎか^^;)

今回は今までにない、メンバーの組み合わせで新鮮でした^^
ほんと、このトリオ、癖になりそう^^V
とちちゃん、この次に会うのを楽しみにしてるね~☆

行ってらっしゃい(^0^)/
河童
 辺境の島に来てくれたこと
そしてこの島を故郷と思ってくれること
心の底から感謝しています。
 またすっと帰ってくるがやろ?
いつでもいつまでも
居場所を空けて待ちゆうきね d(^o^)

いったい?
K林@一休み
何がメインだったのか??
てか、すべてか…
(いや、たんにひがんでるだけですけど…)


hiro
河童さま
四国のこと、高知のこと私達が知らないこと、たくさん教えてもらって、、とても興味深かったですわ。特に四国の河童は関東の河童と違うのね~。猿板のあの子が何故黒いのかも。
高知は昔からの文化が根ずいたいい所。もっと、知りたくなりました(もちろん、食もね^^;)

>またすっと帰ってくるがやろ?

うん^^もちろん~☆
河童ちゃん、素敵な時間をありがとう。
まだまだ高知の余韻に浸っているhiroです。。。


hiro
K林さま
何がメインかって。。。
おっしゃる通り、全てですが、忘れないように、ダラダラと書いてみました。。

K林さんは四国の山へ行ったことがありますか。
車でのんびり旅もいいもんですよ~。四国は広いですから。


コメントを閉じる▲
避難小屋があるしらさ峠から石鎚山の登山口の土小屋へ移動
ここは土小屋駐車場(クリックで大きくなります)

霧も晴れてきた感じ!


ロビンさん、準備はいい~?出発するよ~。
語呂がいい1492m「いよのくに」ゴロがいい!
周りの山はまだ霧の中。もちろん、石鎚も。

なだらかな道をてくてく歩いていくと、登山道の脇にはスミレがいっぱい^^
菫ちゃん その2菫ちゃん その1

そしてミツバツツジも鮮やかな色!
これはミツバツツジちゃん

ワチガイソウもたくさんあってきれいだったな~
名前がわからない花


だんだんと日も照りだし、ほんわか新緑の中に包まれました
緑の中のほんわか道

徐々に上がっていくと木々の間から石鎚山が見えて、、

ちょっと登ると、ばばーんと、でっかく見えます。
ばばーんと石鎚山

おお~!!

皆で歓声を上げます。

ベンチが三か所くらいあってこんな感じでなだらかなんですけど・・
ベンチもあります 石鎚山


山頂を見る限りには直下が急にみえます^^;最後は急なのか?!

登山道は中腹を右側にトラバースして裏から登る感じ。

あそこを登るのかー・・・・

なんて思ったけど、案外楽に登れた感じ。楽しい仲間がいるからかな・・



ガスはどんどん晴れて右方向を見れば、、

あ、、瓶が森!
瓶が森

次回はあそこだな^^

左を見れば、幾重にも重なる山々が見え、山に囲まれているよ・・私。
石鎚山左の風景
なんて、言葉少なくなっちゃったりして。。

あ~。。こんないい天気に山登りができるなんて、最高の幸せかも。

これ以上の幸せってどこにあるのかしら、、(お酒か?)

こんな感じでなだらかな登山道を上がっていきます
石鎚山 こんな感じで登って行きます

いくつかこんな雪渓をトラバースして
雪渓が残っている石鎚山


着いたところは成就からの登山道の合流点。二の鎖。
ここで小休止。
二の鎖前

見上げるほどの絶壁に鎖ですよ^^;

あ、、人が登ってる。

ここで鎖コースを行くか巻道コースを行くかちょこっとだけ迷います。

鎖コースがちらっと頭をよぎりますが、、いやいや、巻道コースをまきまきします。

ロビさんは、はーい!鎖いくー。


巻道は愛媛の街並みと瀬戸内海を見ながら、じぐざくに登って、鎖道と合流。
瀬戸内海見える!
瀬戸内海見えたー!

調度、ロビンさんと同じ時間で会えました(あら?なんだか、ぜいぜいはあはあ言っちゃってますが^^;)
(後で聞いたら怖い思いをした所が一か所あったそうです)

そして、最後に山頂直下で石鎚桜がお出迎えみんなで山頂へ
山頂直下 石鎚桜




うわ~!!来ちゃったよ!

西日本の最高峰

あ、この景色は写真でよく見る風景だ!
石鎚山山頂から天狗を見る


みんな無言で夢中で写真を撮りまくります。
夢中になって写真を撮ってしまいます

そして

あっちの方向は何~?、こっちの方向の山は~?。

と河童ちゃんに聞きまくり。

自分で地図広げろよ!という感じでですが、聞いたほうが早い!

それだけ景色に夢中になっていたのかしら。。

四国の山のこと、石鎚山が脆くなっていてること。。。。いろいろ聞いて

無事に来れたことを感謝して
石鎚山の神社


満足いくまで景色を堪能したら・・・・・
何枚もあるよこの写真 石鎚
何枚も撮ってたよこの写真


しばらく、山頂に煮上げをするヘリコプターを見て、またまた景色をぼ~っと。
石鎚荷揚げのヘリ 


さ、、下山しよ。

下にいいお昼ポイントがあるから。と河童ちゃん。
こんな眺めの場所でお昼です
アケボノツツジが山の岩肌に咲いているのを見ながら。。。

ついて行ったその先には、、

「ああああーーーーっ!」

かずひろさん!!??

いるはずのない人が・・・・

かずひろさんは夜からの合流になると聞いていたから、ここにいることに、そりゃ~もう、びっくり!
(そういや、かずひろさんは~?の問いに河童ちゃんは、なんだか言葉を濁していたような・・・・)

もう、完全に夜から合流と信じきっていたので、思わぬハプニングに、うれしいやら、うれしいやら^^

河童マジックにしてやられました^^

そして、豪華なお昼まで用意していただき、、、、
天ぷらだよ!それも揚げたて^^
お山で天ぷらですよ!キスとこしあぶらとはちくとしいたけ。揚げたてですもん。

そして、花にら炒めとイタドリのお浸し^^
花にらとイタドリ

豆ごはんも炊いてもらっていました。

着いたとたんこのおもてなし。
丸くなって石鎚山

かずひろさんのおもてなしに、気持ちのほうが先にいっぱいになりました
(もちろん、いつもの通り、ひろはお腹もいっぱいに^^)




お腹も気持ちもいっぱいに、山の景色の思い出もしっかりしまって、下山です。

やっぱりかわいい色だわ~ アケボノツツジ
アケボノツツジ 石鎚山


最後の石鎚山の見納めをして。
最後の見納め 石鎚山
山肌いっぱいのアケボノツツジも見納めして。

土小屋7:40―第1ベンチ8:30―第2ベンチ8:50―二の鎖10:00―山頂11:00―土小屋15:00




ここから高知の市街へ移動です。

途中、お風呂でさっぱりして、向かった先は
いい味だしてます。きたじ
働く大人の寄合所。響きがすき^^


そして、ここで、最後の合流

とちちゃ~ん!!

お仕事を早々に切り上げたとちちゃんと久々の?再会^^

お山に一緒に行けなかった分、会った時から、うれしさがはちきれんばかり!

そして、こんなおいしい高知の地の食材が揃えば。。。
天然のうなぎとあゆ
天然アユですよ!向こう側は天然ウナギですよ。
こんなの食べたことない!どれも味が濃いんです。鰻の脂がおいしい~。鮎の香がいい~♪


お酒もすすみますって!


そして、私のビックリはまだまだ続きました。

昨夜、避難小屋で誕生日を迎えた私に「天然アユの骨酒」がぁ~

もう、これにはオドロキ!!もう、うれしさ、通り越して、踊りだしたいくらい^^
5匹も泳いでいます 鮎
だって、5匹も泳いでるんだもん。

おりがたや~
一気のみ爆(By 河童ちゃんが撮ってくれた)
満面の笑みで頂いちゃいました^^
もうね、お酒を通り越して、スープだよ、スープ!ごくごく・・・・・・


まだまだお料理は続きます
かつおの刺身 ぶあつーい
カツオの分厚いこと!もうお口の中でとろけます。お刺身。


いわしのお寿司
うるめいわし
シャリが関東の1.5倍はあるかな。これも口の中でとろけて、あっという間にお腹の中へ・・・・


きた~!!!!!
ぴかぴかに光ってます。かつお
なんてきれいな色なんでしょう~^^土佐ルビーですよ。
私のこの旅の目的、石鎚山とカツオ。
この二つの目的が達成された瞬間でした(爆)

これ、生のニンニクと食べるんです。塩とカツオとニンニクと。。。

なんたって、カツオが絶品。もう、関東じゃ食べれん。。。どうしてくれるー!(爆)

大きいカツオがゴロンと入った
鰹巻
カツオ巻


最後の〆は
〆のだし茶漬け
だし茶漬け!
ずるずるっと、お腹におさまりました^^V

あ、やば、書いてる瞬間に生ツバゴックンだって。


山にも登れて、仲間にも祝ってもらって、おいしいものと、お酒と。。。。

あ~、、ブログのサブタイトルと一緒!

これだよ、コレー!



河童ちゃん、とちちゃん、和宏さん、ロビンさん、ぜいぜいさん、きたじの大将、おかみさん。

みなさま、幸せな時間をありがとう。


この晩はニンニクとカツオの風味が心地よい眠りを誘いましたとさ。。。。


追記を閉じる▲

【2014/05/27 11:03】 | 山の記録
トラックバック(0) |


食う寝る@副業中
こりゃ最高の旅だったね
おもてなしは最高、石鎚山も快晴で、かずひろさんのサプライズ!
そんで「きたじ」で鮎酒か~!
おめでとさん^^
うらやましか~


ROCKY
凄いなあ・・・・
いい天気に当たりましたね。
いいな~
ボクもいつかは行ってみたい山です。
テレビとかで いろいろ石鎚山のこと観るけど・・・・
やっぱ 登った人のレポートは 楽しさが伝わってくるねー。
いつかは・・・行くぞーッ!!  ボクも
(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!


hiro
食う寝るさま
山登りの快晴だったこと!
この上ない、天気でした。しあわせ^^

高知の方のおもてなし、しっかり心に受け止めておかなければいけませんね、いえいえ、忘れることなんて、できませんって。


ぜいぜい
石槌山、ほんとかっこよかったね~
本物見れた~って感激と山頂に立った感激と!
土佐グルメはもう言うに及ばずだね。
なんて美味しいんだろううって、あの味を求めてまたいきたくなっちゃうね。
土佐のおもてなし、深く心に刻んだいい旅でした。


hiro
ROCKYさま
剣山もよかったけど、石鎚山の形がかっこいいこと!
土小屋からの道のりは急な登りもなくて、短時間であの景色が見れました。私たちはおしゃべりしながらだから、もっと早く登れるはず^^;
山頂からの有名な景色をぜひ、見て下さい。
そして、高知の美味しい物も忘れずに^^


hiro
ぜいぜいさま
アケボノツツジのいい時期に登れたよね~。
ほんと、花とのコラボは山登りに無なくてはならない存在になってます^^
ぜぜさんは剣~三嶺も、含めてめっちゃ豪華版!!天候に恵まれて、美味し物にも恵まれて、、

>あの味を求めてまたいきたくなっちゃうね。

毎日写真見てるよ(食べ物の^^;)
お口が高知を恋しがってるかも。

コメントを閉じる▲
行ってきました。石鎚山へ!

行ってきました。高知の旅。
今回は長年温めていた石鎚山に登る計画を実現することができました。

前回は、5年くらい前だったでしょうか、、松山からの旅は雨で登ることができず。

でも、今回は3日間全部晴天!やっと登ることができました!


そして、この旅は1人ではありません^^

山友達のロビンさん、ぜいぜいさんと四国入り。

あれよあれよと、とんとん拍子に計画は進み、この日を迎えたのでした(いや~、、、日程が決まってからはホント早かったですね)


そして、3人が四国入りするのはそれぞれ、バラバラ・・・

ぜいぜいさんが三嶺まで縦走するのに先発入り。そしてロビンさんが21日高松入り、ひろが22日松山入り。

なんとも、かんとも、、、待ち合わせは、大丈夫かな。。。という心配は最後までつきませんでしたが。。。。

22日、瀬戸大橋やしまなみ海道を飛行機から見おろし、晴天の中を無事松山空港に降り立ったのでした。
しまなみ海道


高松でレンタカーを借りたロビンさん、ぜいぜいさんのグッドタイミングなお迎えで松山空港を出発、途中、道後温泉で食事、久万高原経由、石鎚スカイラインで土小屋へ向かいます。


そして、ここでも待ち合わせ。

高知の友達、河童ちゃん!
来たよー!
待ってたよー!
この2つの会話で十分な瞬間でした。
うれしさ全開!
そう、今回の計画は河童ちゃん無くしては成り立たない山旅だったのです^^(←日焼けしたサングラス姿は、ちょい悪河童になってましたが^^)



土屋小屋から尾根伝いに少し走り、しらさ峠に車を止めます
しらさ山荘

ここから森の中へ5分ほど・・・・

今日のお泊まりは「しらさ避難小屋」
りっぱなしらさ避難小屋

とてもきれいな小屋です(新しいの^^)

そして、そして、、お楽しみ~!!
河童ちゃんが仕込んでくれたお鍋で楽しい宴会のはじまり。
うまかった鍋
お醤油もおいしいし、豆腐もおいしい^^山菜のみずも入ってるんだよ~

こっちはぜぜさんが作ってくれたアスパラソテー
アスパラ入りソテー

そりゃ~楽しくて、お酒も進みます。笑ったわらった。。お腹から笑ったのって、、何年ぶりだろ。
円卓を囲んで
こんなステキな円卓を囲めば話も大きくなり^^

途中のスーパーで仕入れたワインもあっという間になくなり・・・・

もう一本買ってくれば良かったねと話します(結果的に次の日になって、やっぱ、あれは1本で正解だったね^^;と)

危うく、次の日の「石鎚山」登山がお隣の「瓶が森」に変更になりそうでした(あぶないあぶない・・・・)

飲んだら登るな。飲むなら登るな。は私の教訓(←今までに痛い目に合ってます。登れないこと多数・・)



外はだーれもいない、しーんと静まりかえった四国の山の中。

みんなで「やっほー!」とか歌をうたっちゃったり^^(こんな大声を出したのも何年ぶりだろ)
山の中の動物達もさぞや、びっくりしたことでしょう^^



22:00早々に就寝。

夜中、雨がざーっと2回ほど。

明日の登山は大丈夫だろうか。。。

晴れの予報だったけど、天気予報変わっちゃったのかな。。。明日の石鎚山。。どうなるんだろう。。Zzzz…




空が白々としてきたころ、、表のドアがバタンと聞こえて、「ザッ、ザッ・・・」と砂利を踏む音がしました。

な、なに?・・・・・・

なんの音?。。。

こ、怖い、、、私達の他に誰かいる?

怖くて目が開けられ~ん(><)

ま、、河童ちゃんがいるから大丈夫か。。。

と思いながら、眠気に勝てなくてまたZzzz・・・・


この出来事を起きた時に聞いてみると、、、あの足音は○○○さんの足音と判明。何をしていたかはナイショ。
な~んだ。。。。ほっ。(あえて書きませんが、私の覚書ということで)


小屋のまわりは一面のガスで朝を迎えました。

ほんとに晴れるのー?

河童ちゃんが言います。
晴れる!

今日の活力の元、河童ちゃん特製の卵雑炊で出発します!!!
卵おじや
朝はやっぱり、おじや派のひろです。


登山編に続きます。


追記を閉じる▲

【2014/05/26 18:35】 | 山の記録
トラックバック(0) |

あざーっすw
ちょい悪河童
 高い旅費を使い貴重な休暇で
この辺境の島へ来て頂いただけで感謝ですよ。
そんな関東の仲間のお陰で
また一生ものの思い出が増えました。
 ありがとうございます(^o^)


ろび
あざーっすw

早いなぁ 私はまだ写真ポツポツ整理中(爆
あっと私の写真も届いたかな

ヒロちゃんを松山空港でヒロった時
なんかね、すごい興奮しまくり千代子
だって各自の都合で徐々に仲間が合流してくる旅ってかっちょいーよね おとなーv-218だよね

んでね しらさ小屋の外を歩く足音って
実は・・・怖いけど、もしかしてアレじゃない?
ぜぜさんがよく聞く・・・ほらっ
だ、だって誰も外なんか・・あああ? 俺か(爆

今回の旅のスタイル 癖になりそーで怖いワン
そんときゃーヨロシク

お疲れさんです
GP
登山編 宴会編 って続くんでしょうねぇ~
レポ待っておりますよ

関東から飛行機だと あっという間なのかな?
こちらから自家用車でノンストップ6時間でした

3日間真晴れ 3人娘?は晴れ女なんですね ガス子なんて過去の事ですね

ども~
ぜいぜい
ひろちゃんUPはや~
楽しかった思い出よみがえるね。
気心知れた仲間同士のお山ってなんて愉快なんだろうね~
歌ったり、笑ったり心の底から楽しかったよ~
また、次回よろしくね~


hiro
ちょい悪河童さま
あ~、、名前変わっちゃった。
だってー!サングラスして日に焼けて、いかにも・・・という感じだったんだもん。ゆるじてーi-229でも、ぜぜさんと話してたんだけど、あれ?ちょいとかっこよくない?なんて話してたんだよ(ちょい悪河童^^)

>また一生ものの思い出が増えました。

いえいえ、、それはこちらのセリフですがな~。
この仲間に出会えたこと、感謝です☆


hiro
ロビさま
たのしかったよー。写真も届いてますよ~見れてますよ~。
私も毎日写真見ながら思い出してるの。
あ~、あの時、ロビンさんが小屋の外で○○とか(爆)
山とおいしいものと、仲間と。。。
これ以上にない旅だったよね。あとは、あたしの隣にいる人が。。ごにょごにょ。。。。

日程さえ合えば、徐々に合流、みんなで帰宅。これ、いいね!
こちらこそ、またよろしくお願いします^^


hiro
GPさま
松山までは1:15くらい。高知からは1Hくらい。
近いですね。車だとなかなか、、移動で一日かかるしね。そちらからも飛行機がでているんでは?

ガス子?え??何のこと?(爆)


hiro
ぜいぜいさま
よく笑った3日間でした~。
ぜぜさんは三嶺への縦走も含めて、すごい旅だったね。三嶺縦走、行きたいけど、ぜぜさんの話聞いたら一人で行けんi-241そちらの話も待ってますよ~。
また行きたいね~☆

コメントを閉じる▲
今年のGW後半
年休をとりまして、恒例行事になった新潟の親戚のところへ
山菜の時期です(山菜採りは私有地で!)


もうすでに、私が行った時は「うど」は終わり

それでも残雪の中から次々と「こごみ」が芽をだして周りの山々は新芽の萌木色とみずみずしい緑とでそれは美しい風景でした
IMG00133.jpg


残雪の麓にはカタクリの群生が至る所に
IMG00131.jpg


キクザキイチゲも
IMG00134.jpg


こっちはちょっと薄い水色
IMG00130.jpg
お花たち、かわいい^^


周りを散策しまして、叔父さんに山菜やら土地の事などいろいろ教えてもらいました



う~ん、この風景はいつ見てもいいわ。残雪の山。
IMG00122.jpg
自分が生まれ育った土地ではないけど、この山の風景に癒されます
静かな山のひとときでした


山を下りて麓から
IMG00138.jpg
周辺の田んぼには水がはってありました
田植えの準備です
今年もおいしいお米がとれますように(お酒もね^^)






追記を閉じる▲

【2014/05/08 10:06】 |
トラックバック(0) |


ぜいぜい
もうひろちゃんの新潟はパラダイスだね~うらやましか~
私も乗鞍の帰りに、コゴミ、コシアブラ、行者にんにくいっぱい買って帰りましたよ~
山菜天ぷら最高だよね。


ろび
まったくだ~
うあらやまし~ うらめし~

キクザキイチゲって実際見たことないかも。
カタクリにキクザキイチゲに 新潟は山菜も
何もかもそろってるよねー 米も酒もだ!
んでさ、あの残雪の山の写真って どの山が写ってるの?
右前に人が入っててとっても良い写真だと思われます、うん


hiro
ぜいぜいさま
パラダイス。。なんていい言葉なんでしょ~♪
そう、ほんとに目にやさしい景色なんですよね。
目でみてよし。食べてよし。春山の幸を堪能できて幸せです。
もちろん、山菜天ぷら!これを食べなきゃ、春の始まりはむかえられません^^


hiro
ろびさま
あの山は鉾が岳と権現岳と大沢岳とコの字型に連なったやまなんです。
http://www.pref.niigata.lg.jp/itoigawa_kikaku/1220292197607.html
で、ここの麓は新潟でも隠れたブランド米の産地なんですよ^^お酒もおいしいわけだー。
写真は左から母、その従妹、母の弟で山を眺めております。
キクザキイチゲ、白もあったよー。


ろび
すごーっ
おそるべし 
鉾が岳と権現岳と大沢岳のコの字の世界
・・・あと10歳若かったら・・・(爆

遠くから美味しいお米のオニギリをかじり
美味しいお酒をなめなめ眺めるも良し ^^


hiro
ろびさま
コの字の世界、、初めて聞いたぞ^^

>・・・あと10歳若かったら・・・(爆
この続きが聞きたいっ!

そうそう、その写真は林道からなの。
ここの道端で叔父さん達はお昼に鍋やったりするんだってー。いいよね~。

コメントを閉じる▲