山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
塩見岳の記録です。
三伏峠にテントを張っての往復。
雲がわいてますが向こうは間ノ岳
塩見岳から見る稜線がステキでした。
7/26 9:10駐車場―9:55登山口―11:00豊口山間のコル11:10―12:25豊口山分岐―12:55三伏峠

7/27 2:40三伏峠―3:50本谷山―6:00塩見小屋―7:00山頂(西峰 東峰)7:25―8:30塩見小屋―10:05本谷山10:15―11:05三伏山―11:15三伏峠12:05―14:10登山口―14:15バスで駐車場へ14:25


今年初のテントなので、テン場まで時間が短い塩見岳にしました。

今回もK林家との合同登山です(もう合宿の勢いだな)


今日も駐車場合戦からスタート。
ギリギリセーフの駐車場
運よく最後の一つのスペースに止められました。

林道のバスに乗りたかったけど、バス行っちゃった。

仕方がないので、林道を登山口まで歩きます。
たんたんと歩くよ林道を
夏の太陽がきびしい道でした。

登山口にあった案内
塩見の地形を勉強してから
岩の色が違うんだって。よし、見てこよう。



登山口からは、案の定・・・K林家はいつものようにぐいぐい登っていきます。
さあ、三伏峠へ出発

豊口山間のコルで休憩宣言しますが、K林家はまだ歩きたそう(だって休憩中もザック背負ったままだし)
どっかりザックを下して休憩
もちろん、私はザックを下してどかっと休憩。
梅干おにぎり食べちゃいます。


三伏峠の下では塩見さんがお目見え。
あれは?塩見じゃないか!
この時のうれしさといったら!
もう会えないかもしれないので、今日中にカメラにおさめます。
明日、天気が悪かったら見えないしー

今日も心臓バコバコいって、なんとか三伏峠に到着。
やっと着いたよ三伏峠

小屋です
三伏峠小屋です
テント トイレ込700円 水洗は200円だって。
350mlビール600円 アサヒとキリン


テン場です
比較的すいていた三伏峠のテン場
1張ずつテープで区分けされています。
ひな壇になってますが平らなので寝心地はよさそう・・・


お水をくみにいきます
明日はこれを左へ
お水は右 明日は左

それからお花畑行って
鹿柵に守られたお花畑
お花畑からは塩見が見え隠れ。
右を向けば烏帽子方面が見えました。


三伏沢からポンプアップされているお水くんで・・・(ここのお水はおいしかった~)

あとはテントでいつものようにダラダラです。お昼とも夕飯ともいえない食事。

飲んでつまんで、、

明日は9時間の歩きがあるからと最低でも4時にはここを出発しないと。

3時~3時半の出発にしよう。ということになり、

周りのテント組ともそんな話をして18時には寝袋の中に入りました。



夜中、風もなく静かなテン場。

寝返りをうつたびに起きます。

もうひと眠りしたいと思っていたら起こされます




2時。

え”---------------------っ!

早いよ~。泣きそう。3時半って・・・出発は3時半って言ったじゃん。

ごはんを食べようをすると、ごはん無で行動食持ってすぐに出発しようと言われます。

起きたてで頭が回らない中、出発の準備をします。

起床してから40分後にはくら~いガスの登山道を無言で歩いてました。


いつもはご飯をしっかり食べ、水分もしっかり摂って出発をするので、調子がくるいます(@@)

案の定、暗い夜道とまわりがガスという天気も合わさって足がすすまない状況でした。

何度、引き返そうか、、、、と思ったことか。

K林さんもガスに包まれたら塩見行っても。。という意見でその度、私の足が止まります。

それでも日の出まで歩こう。周りが明るくなるまで。。と決めて歩きます。

そして、荷物もK林家に預け私は空身^^←それだけ、テンション下がってました。

出発から2時間半は暗い樹林帯を歩きたので周りがどんな地形だったかわかりません。

次は塩見小屋まで。と自分で目標を決め歩くと塩見新道の分岐の下あたりで日の出になりました。

ここまで来たら小屋まであと少し。

目標は山頂に変わりました。

ということで、カメラはK林家のザックの中で、画像がありません^^;


今日初めての撮影は塩見小屋から
今日の初めてのカメラ撮影が塩見小屋

山頂へ向けてしゅっぱーつ!
朝日の中を塩見小屋から出発
↑K林さん、私のザック背負ってます。


山頂直下は岩岩で慎重に登ります。
ちょっと登って振り返ります ゴツゴツ岩
ぎえ~!!切れ落ちてる。
風も強く飛ばされそうでした。


そして、よじ登った先に山頂。西峰です。ばんざーい\(^^)/
塩見岳の山頂に到着
富士山がきれいでした。

最近見た富士山の中で一番美しいかも。

周りの山々を見た瞬間、疲れも吹き飛びました。

久々の達成感です。南の真ん中。

東峰へ移動して西峰側
東峰から西峰を見ます


風が強いので雲の流れが速く、見ていてあきませんが、寒くてすぐに手が悴みました。
風が強くて髪の毛逆立ってます
雲の向こうは間ノ岳    (撮影協力 K林さん)


下山途中からはしっかり雲が晴れ間ノ岳、農鳥のすばらしい眺めを。
少し下ってきたら雲がとれました。白峰三山
とくに間ノ岳の大きいこと!

こっちは甲斐駒さんと仙丈さん
甲斐駒さんと仙丈さん



下りの樹林帯では行きに暗かった道標を撮り
朝は暗くて取れなかった三伏山

ガスに包まれ、また三伏峠へ
ガスの中へと下山です。



三伏峠テン場でおにぎりを食べまして、テント撤収。

小屋に移ってトイレ行って、、さあ帰りましょ。

というところに、雨がざーっと(テント撤収に雨はやだー。5分早かったおかげで。ほっ。)


合羽を着て下山しますが、その後の雨はたいしたことはありませんでした。

登山口では止んでたし^^

そして、ラッキーなことに、バスがいる~!!!

もちろん、乗ります。

いや~、、なんともタイミングが良い山旅でした。

疲れたけど、天気がもってくれたおかげでテンションも多少は上がり無事行ってこれました。


帰りは松川町営 清流苑の温泉で汗を流し、帰宅。


繋がった圏央道。
中央道の渋滞が無ければ、一時間は短縮できました。
今後は曜日を検討だな^^;


追記を閉じる▲

【2014/07/30 14:27】 | 山の記録
トラックバック(0) |

ごめんな~
K林@一休み
例の先輩・後輩コンビが12時前から(音は大きくなかったけど)動き回っていて(星の写真撮ったり色々…)、寝るのあきらめました。続けてこちらがゴソゴソしたら、もっと周りに迷惑かけるのでさっさと出かけることにしちゃいました。我家では珍しくないけど、チョット唐突すぎたかも?

でも、結果として車の回収まで全てバッチリだったってことで機嫌直してくれる??
(次は、ゆったりできる天場で余裕を持って… (^.^; )


hiro
K林さま
うわ~2時起きはビックリでしたが、ザックを持ってもらったおかげで登頂できたと思います。
テン場、私にとっては北アルプスより静かでいいと思いました。
今度山の機会があれば私のペースで(^^ゞ



ぜいぜい
雲海の上の富士山、感動的ですね。
塩見は2日目の行程が結構ハードだから、なかなかにしんどいね。
テン場も雪山の時とは随分イメージがちがうね。
お花畑もいい感じ!


hiro
ぜいぜいさま
ぜぜさんの雪レポ見てったんですよ。
ぜぜ家はここを登ったんだ~雪。なんて考えながら歩いてました^^
二日目は長いのを承知してたんだけど、やっぱり長かった~。
今更ながら。。。山では食べないと元気がでませんね!


まきくま
頑張りましたねー。
あそこは長い。
帰りにもう一泊したいとこだね。
わたしは、こんどは三伏から南に行きたいなあ。
でも、アプローチ長すぎだよね。
いつになることやら。


hiro
まきくまさま
ボロボロになって帰ってきましたー。
そうそう、ロビさんたちと別れてまきさんが縦走していく姿。実は頂上ではテントを担ぎ上げたまきさんのガッツに感動してました^^
三伏以南ですか~。
これもガッツが要りそうな道ですね^^;
でも、見ると行きたくなります。。。


ろび
頂上からの富士山は想像以上に
近くて大きくてかっちょいいよね

2:40の出発、お疲れさんでした。
でも頑張った分 感動も大きいよね。
ニャンコ耳間を歩く時もワクワクしたしね。
塩見は本当に遠くて山深い感じします。
なんか読んでて私ももう一度登ったみたいでうれしかったよん


hiro
ろびさま
塩見からの富士山が想像以上にかっこよかったので二重の喜びだったんです^^
稜線あるくのって楽しいね。塩見から南に北に稜線が伸びてて…ここは南の真ん中じゃ~なんてね^^
私も自分のレポ、読み返してて。。。あれから5回は脳内登山してます^^;

コメントを閉じる▲

行ってきました。
もう、今回はリタイアするかと思った。きつかった~
山頂から富士山を見たら諦めずに行って良かった!と…

【2014/07/27 17:11】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ROCKY
(ノ゚O゚)ノ OH~~~!!
素晴らしい富士山ですね~
塩見 登頂 おめでとう!
いい山だよね・・・塩見
ボクも かなり好きな山で
みんなに1度は登るべきだと薦めている山なんだ。
塩見小屋に泊まったの?
よかったでしょう?


ぜいぜい
おつかれ~


hiro
ROCKYさま
三伏峠にテントで行ってきました。
次の日、山頂まで往復。そして、下山コースです。
山頂からの南アルプスのオールスター達はすばらしかった~。いいですね^^塩見。


hiro
ぜいぜいさま
疲れた~。
12時間の長丁場、人生で2回目かも。
体もボロボロで今日はお休み~^^


ろび
三伏峠にテントか
翌日塩見登って 一気に帰るってコース?
私達もやりましたよ。
長かった~ 
とくに帰りの鳥倉林道の登山口から駐車場まで!
いやいや 三伏峠からがずーっと長かった。

ちかれるよね。 本当にお疲れ様
って まだ HIROは若いもんな ダイジョブやわ


hiro
ろびさま
疲れたらもう一泊三伏で、と思ってたけど…
もちろん、ろびさんのレポも見てったじょ^^
私は帰りのバスが運よく来まして…^^V

久々のテントで三伏までの歩きならって考えてたけど、、甘かった~

コメントを閉じる▲
早池峰山に登ってきました。

神楽とワインの里です。

まだまだお花にまみれますよ~。

7/4~5は仕事で仙台から石巻、女川、陸前高田、大船渡をまわっておりました。

5(土)夕方、一ノ関で解散になったので、手配していたレンタカーに乗り、花巻のホテルをめざします。

登山靴と洋服一式をザックに詰め込み、花巻のホテルには宅急便で送ってあったので、チェックインと同時に荷物を受け取り、山に行く準備はすっかり整いました。

あとは、翌朝起きるだけ!出張の疲れもあってか、、、夜9時前には寝てしまいました。


3:30起床

4:15出発 ナビにルート入れたのに、遠回りルートを進んでいて4km地点で引き返します。
よかったよー気が付いて・・(20kmも遠回りするとこだった)


この時期、早池峰山には車両の交通規制があるので、岳駐車場に停めます。5:10(実際には「岳」という始発バスより一個上のバス停でした)

5:30の始発シャトルバスに乗れました。順調順調。
河原の坊で大部分の人が下車していきました。


私は小田越からの往復登山です。

6:00登山開始
登山口からしゅっぱーつ!

最初はマイズルソウが咲くアオモリトドマツやコメツガの樹林帯を歩きます
森林限界まで3個はあったクマドラム
熊さんがいるんですね。ドラム缶が樹林帯を抜けるまでに3~4個ありました。
もちろん、おもいっきり全部叩いて行きます(あ、、ちょっと凹んだかな)
登山口にはけっこうな人がいたと思うんだけど、山の中に入ると静か。
すぐに、一人になってしまいました。


樹林帯を抜けると蛇紋岩の岩岩登りが始まります。
?森林限界を抜けて山頂がみえた!案外近い
途中見上げると、あれが山頂かな?・・・と思わせる風景が見えました。
(でも、ほんとの山頂は隠れてまだ見えない。。。)

ここら辺から岩と岩の間にお花たちが出てきました。
ここら辺から岩と岩の間にお花が。。
お花を守る為に、登山道には全部ロープが張られています。
ミヤマオダマキは山頂までずーっと咲いていました。


振り返ると道を挟んだ南側の薬師岳が立派に見えてきまして、小田越の青い屋根も見えてきました。
振り返ればどどーんと薬師岳と小田越の青い屋根
展望がいいと、なんだか速足になって心臓がバコバコ・・・

そして、早くもお目当てのお姫様が登場!
ハヤチネウスユキソウも出てきました
よ~く見ると白いベールをまとったよう。
思ってたより大きい。直径3cmくらいあるかな。

徐々に登って行くとお花畑のはじまり~
ハヤチネウスユキソウのお花畑です
エーデルワイスが咲くアルプスってこんなん感じなのかな・・・・
と思いながら登ります

こっちはミヤマオダマキとハヤチネウスユキソウのお花畑だし^^
こっちはミヤマオダマキとハヤチネウスユキソウのお花畑


蛇紋岩の坂は滑る・・・・急なので手を使って慎重に
花もあるけど、蛇紋岩が急なの
もう、ぜいぜい言ってます

お花を見ながらもくもくと登っていると山頂だと思っていた場所に到着
山頂だと思ってた場所は五合目でした。まだ上がある~。しかも遠い
山頂だと思っていた場所は5合目でした。
見上げるとまだまだ山頂はずーっと上のはるか彼方だ~。

行程では山頂まで2時間半となっているけど、、、、

時間通りに行けるかしら?・・・

花の写真もバシバシ撮っているから、相当時間が・・・・

すっごい不安になりましたが、タイムリミットまでがんばります。せっかくここまで来たのに、、山頂からの景色も見たいし。

そのバシバシ撮ったお花たち ミヤマシオガマ たくさんありました
ミヤマシオガマ

5合目にあったチシマフウロ
チシマフウロ
みんな違う方向を向いてますが・・・

キバナノコマノツメ
キバナノコマノツメ


5合目からは石ころの緩やかな道
五合目からはだらだら平坦な道
このまま山頂に連れてって^^;だらだら・・・


上部に行くと急な斜面になりましたが
山頂の避難小屋の赤い屋根が見え、ゴールが見えるうれしさに元気になります
~!元気百倍!山頂の赤い屋根が見えた
↓のところに赤い屋根がぁ~・・・・

やっとここまで来たか~。。。とちょっと安堵します。
ズーム!
山頂の避難小屋が見えた!ズーム!
あ、、人が立ってる


足元のオダマキさんを見て、息をととのえ・・・・
足元のオダマキチャンに癒されて。。。。


上の見えない鉄の梯子を2本越え
上が見えない鉄梯子を2本登ります
さらに大きな岩がゴロゴロした斜面を登り、

剣ヶ峰の分岐に着きました。ここを左。
やっと分岐のお田植え場


ここからは平たんな道~♪
あとは平坦な道~赤い屋根も見える

御田植場と言われるその場所にはいくつもの花畑の群落もありました
木道とカラマツソウ

イワカガミ
ここにはイワカガミと木道
こないだも見たな・・・・


早池峰山の北側の登山口、門馬からの分岐を見たら
門馬からの分岐をみたら


山頂に到着~♪7:45
着きましたー。早池峰山の避難小屋
えー!計画してたより、だいぶ早い!だいぶどころか、えらく早い!1時間45分で来ちゃったよ。
予定では8:30着なのに。
おかしい。。。私がこんな早く歩けるわけない・・・
なんだか、狐につままれた気分。



とりあえず記念撮影しますか~
久々に登場しますか
撮影協力 近くにいたおじさん

おじさんは河原の坊ルートで来たようすが、思ったよりお花が無かった様子。
小田越はたくさんあったと伝えると、楽しみにしている返事でした。

河原の坊のルート方面に行くと
遠くに岩手山がシルエットになっていました。
うっすらとみえるんですよ、岩手山が・・・・


山頂にもたくさんの花。
ミヤマアヅマギク
山頂の花は踏まれてしまうことが多いのにね。
石の脇にモコモコ咲いていました。ミヤマアヅマギク。オダマキさんもいました。


雲海の向こうに遠野方面の山でしょうか、幾重にも重なっていました。
薬師岳と遠野の山方面
私もこの景色を見ておやつを食べます


とにかく、人もまばらで静かなんですよ・・・
山頂はこんな感じですいてました。しずか~
しーん・・・・


8:05下山開始
来た道のお田植え場をまた通ってかえります
来た道の御田植場方面に向かって


またこの景色を見ながら
またこのけしきを 見て帰りましょ。
帰りましょ


行きと同じ付近でイワヒバリのさえずりが聞こえます
イワヒバリがこれでもかー。と縄張り宣言
おらの場所だー♪と大々的に宣言
静かな山に響く鳥の声は私にっとてはマイナスイオンと同じ効果です。


悔いが残らないように、お花鑑賞、撮影をしまして、小田越に到着したのは9:30.
登山口の小田越に到着

運よくバスが調度良い時間に来まして(予定より1時間前のバスに乗れた)9:42

早く駐車場に行ける~!なんて思っていましたが、河原の坊でバスのすれ違い待ちで30分待たせれ、結局はほぼ、計画した通りの時間でした。




さて、登山を終えた私はそのまま大迫町にあるエーデルワインによります。

重いけど、ワイン2本購入。リースリング♪2本ならザックに入りそう^^
シャトー大迫
早池峰山麓に広がるブドウ畑から収穫されたワインです。岩手産100%
生産者ごとに(ブドウ畑ごと)醸造されたワインが購入できます。


東和の道の駅にある温泉施設で汗を流し(ここは炭酸泉で源泉かけ流しでよかた!気泡が肌にプチプチつくの)
http://www.towa-spa.co.jp/
空いてたし~^^

そのまま東和インターから高速にのりまして、途中 前沢牛を横目に、、、(高いから買わない)


東北は交通量が少ないから短時間で遠くまで行ける分、時間に余裕ができたみたいです。
一ノ関でレンタカーを返却、予定より1時間も早く新幹線に乗れました。
一本早いのはE5系だった
一本早い新幹線はE5系だった・・・
ホームで早速乾杯ビール。新幹線の中でワイン・・・そしてZzzzz・・・・




東北はなかなか行けない場所だから。。もう一泊したいところですが、仕事もあるので、、、、この辺がいっぱいいっぱいかな。
自分で立てたタイムテーブルをこなしただけの慌ただしい山登りになってしまいましたが、公共の交通機関と仕事を絡めてなので、仕方がないか。
まあ無事に帰ってこられたので良しとします。
今度はゆっくり、早池峰神楽かな。。
楽しみは残しておいた方がまた訪れる機会があるかも。


6:00小田越―7:45山頂8:05―9:30小田越


追記を閉じる▲

【2014/07/07 16:29】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
花盛りですね~
早池峰山って東北のお山では結構急峻?ってイメージだけど、
花咲くたおやかな稜線だね。
予定より早く歩けちゃうとうれしいよね。
仕事がらみでも楽しみをみつけて、このこの遊び上手やね~



hiro
ぜいぜいさま
一ノ関から花巻まではけっこうあるけど、無理しても行ってよかったよ~。
こんなに花があるとは思わなかったです^^
山はなだらかな場所が多いかな。子供もたくさん登ってたしね。
ほんとはもっと東北の山にも行きたいんだけどね・・・なかなか・・

ええなぁ~
K林@一休み
仕事で出張、ついでに山登り…
まさに理想の職場環境ですな♪♪

早池峰はちょっと遠いのと短い花の季節が相まってなかなか行けません…

で、同じ蛇紋岩上に咲いても、早池峰の(ハヤチネ)ウスユキソウは大きくて至仏山の(ホソバヒナ)ウスユキソウは小さいし、見た目もかなり違いますね。面白いです…


hiro
K林さま

>まさに理想の職場環境ですな♪♪

いいえ!(きっぱり)
仕事で休みが一日潰れてますから(泣)代休もなしです。厳し。
木金出張がよかった。そしたら土日遊べるのに。

K林さんなら、車で来れるのでは?
山の下から山頂まで幅広く花が咲いているので、時期は長いと思います。

ハヤチネウスユキソウのボリューム感、見て下さい。大きいよ。


ろび
わぁ お天気をあてたねー 
うん 素晴らしいね 早池峰
朝早くにレンタカーげっとが難しいから
一関から走ったのね。お疲れ様でした。

でも凄いペースで歩いたんだね。
独りだとついつい飛ばしちゃうよね。
振り返った薬師のドーンとした姿や
お花があっちこっちに現れる景色や
早池峰なんて優しい名前なのに案外なゴツゴツだったり
あーー懐かしいな。 いいやな 東北の山
出張をうまく使って まだまだ東北攻められるんちゃう?


hiro
ろびさま
天気がよくてほんと、登ったかいがあった!
ペース、早いでしょ?でも、いつものもっさり歩きでもくもくと登ったんだけどね。
そんな中のエーデルワイスお花畑、えがったわ~^^
予想以上でした。
もちろん、山並みもね^^

東北の人、優しくていろんなところで助けられた旅でした(道の駅があまりに広いんで、トイレの場所がわからず、せっぱつまってた時や・・・)

ロビさんのレポも参考に行程を考えました^^V

コメントを閉じる▲

今日は早池峰山に登ってきました!
岩手出張と休暇を使用して。
登って良かった!たくさんの花が見れました。
まずはこの子。白いベールを着たお姫様です♪お花畑になってました。

【2014/07/06 15:57】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ROCKY
(ノ゚O゚)ノ OH~~~!!
えぇ~でるわぁぁいす♪

ウスユキソウって いいよね~


ろび
ぬおぉーー 早池峰!!
出張使ってうまいことやってるなー

ハヤチネウスユキソウだぁ
また行きたいな! 早池峰
レポ待ってるっすぅ~


hiro
ROCKYさま
そう、エーデルワイスですよ♪
思ったより大きかったです。
直径3cmはある!

スイスとかのお花畑ってこんな感じかな~と思わせる風景でした。


hiro
ろびさま
ロビさんのレポも参考にして行ったですよ!
初夏から秋までいろんな花が咲くんですね。早池峰山。
固有種のハヤチネウスユキソウ見たさの狙い山旅でした^^

コメントを閉じる▲