山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
高森を4:30くらいに出発

登山口のある五ヶ所高原からは林道の細い道

しばらく行くと砂利道になり、駐車場には5時半くらいだったか?

先着に3台いましたが、まだガラ~んとした駐車場でした
まだまだこの時間、西の国は暗い

明るくなるまで車で待機

九州といえども、この時期の山の中はさぞかし冷えるんじゃないかと覚悟してましたが、いがいと暖かいので拍子抜け
(昨日の久住も風が無くて寒くなかったし^^)

それでも暖房をかけてしばしZzzz・・・・

6時半頃ようやく空が白々としてきたので、準備開始

遠くで鹿の鳴き声が聞こえています



トイレも行って

出発!
CIMG3234.jpg


林道の左は千間平への登り まっすぐは風穴コース


風穴コースを行きます


直ぐに林道から右の谷へ下りていきます

徒渉が2回くらい
CIMG3236.jpg

今度はその沢を登る感じになります


落葉の道をサクサク言わせながら気分よく歩いていきましたが
CIMG3239.jpg

だんだんと斜面も急になりロープやら梯子やら出てきました


あ~、、休憩したいな~・・と思ったころ、風穴に到着(スタートから一時間くらいでした)
CIMG3240.jpg
風穴の看板がありました


ハシゴを登ると
CIMG3242.jpg
この岩の下に風穴があり階段を降りると


中は真っ暗・・・
CIMG3243.jpg
風穴というからには中から風が吹いてくるのかなと思いきや・・・特に・・・


ちょっと休憩しまして先へ進みます

風穴の前後は大きな岩が周りにゴロゴロあり


ロープや岩をつかんでの登りになっていました
CIMG3247.jpg


ここを過ぎると、もうかなり急斜面です

立っているだけでも脹脛が伸びる~!そんなくらいの斜面です

なので休憩場所を探すにも・・・

休憩するスペースもなく(登山道一本って感じです)

どんどん登りつめるのでした

全体的に土が出ている所はぬかるんでいて滑りやすい道でした

なので精一杯で写真を撮る余裕無し・・・

この日、同行者のTさんは体調不良でテンションの様子でしたが。。。

それでもどんどん置いてかれます


息があがってぜいぜい、はあはあ言って登り

もう、限界!と思うこと数回・・・

ようやく尾根にでました
CIMG3248.jpg
尾根から見る景色(いまいち、何処がどこだかわかりませんが)

は~、、やっと足場がよくなった

上を見ると山頂でしょうか。。
CIMG3249.jpg
木々の間から見え隠れ

地図ではこの風穴コースは調度山頂に当たる感じで書いてありますが、実際はもっと南側の斜面に出まして、北の山頂を目指す感じになります



もう少しかも!

休憩なしで登っていきました

もちろん、ぜいぜい、はあはあ・・・・・


結局、ろくな休憩無で山頂まで来てしまいました

私にとって近年まれにみる記録です
(体力120%出し切った感じ 昨日の肉パワーでしょうか)



山頂には放心状態で到着
CIMG3250.jpg


先着が2名いましたが(北谷登山口からの人)すぐに下山していきまして、しばらくは私達だけの貸切でした
CIMG3255.jpg



山頂は雲海の上でした

風もなく穏やかです

昨日登った久住山が雲の上に見えています
CIMG3256.jpg

阿蘇山も
CIMG3257.jpg

一通り展望を楽しんだら

久住の方を向いて休憩しました

何か食べようかと思ったけど。。。案の定、食欲もなく・・・(パウンドケーキとTさんが阿蘇で買ったウインナーを食べたけど・・・)


シートに座ってしばらくは静けさを楽しみました・・・・
昨日の久住の賑わいとのギャップが大きい


しばらくすると何人か山頂に到着しました
たぶん、私達とは違うコースできたんだと思います


地元の方に山の名前を教えてもらったり(やはり、地方の山の名は地元の人に聞くに限る!神原からの人)
尾平と傾山
右下が尾平の登山口で遠くが傾山


真ん中に天狗岩
CIMG3260.jpg
その左に古祖母山だそうです


花を教えてもらったり・・・
アケボノツツジやオオヤマレンゲも咲くんですって(GW~6月にかけてがお花が次々に咲いてサイコーだとか)

一時間くらい展望を楽しみました




そろそろ下山です


下山路は国観峠方面へ
CIMG3276.jpg
これは山頂下にある九合目小屋への分岐

下山するとすぐにドロドロの道で注意が必要です

そして、ここの道は完全にオーバーユース

登山道がU字に抉られていました

穏やかな坂なのでハイキング気分で登れる道ですから利用人数も多いのでしょう


八合目にくると道はようやく穏やかになり
CIMG3278.jpg


国観峠にでました
CIMG3280.jpg


振り返ると祖母山山頂
CIMG3281.jpg
ここは遭難救助用の臨時のヘリポートと地図にありました だだっ広い


千間平コースは少しのUPDOWNで穏やかに下っていきます
CIMG3283.jpg

0.53Kmずつ標識がありましてリズムよく降りれます

ここまで来るとすれ違う登山者も多くなりました


しばらくして茶屋場と呼ばれる三県堺
CIMG3285.jpg
そう、祖母山は熊本県、大分県、宮崎県の3県にまたがる主峰なのです


茶屋馬から千間平まではほんとに平坦
CIMG3286.jpg
広々とした尾根を下っていきます


千間平に到着
CIMG3288.jpg
ここで少し休憩をとりまして


今まで西向きに歩いてきた道を南へ
駐車場まで降りていきます

途中、シカ達が尾根から私達をじーっと見ていました


最後、一合目を過ぎたとき、心配していた雨がポツリ
CIMG3290.jpg

部分的に降っていたようで、問題無しでした


朝はガラーンとしていた駐車場もこの時間にはいっぱいでした


北谷登山口7:00―7:50風穴7:57―8:57祖母山9:57―10:35国観峠―11:00茶屋場―11:13千間平11:22―12:01登山口




下山後の温泉は高森に戻って日帰り温泉施設 月廻り温泉(宿で割引券もらって¥300)


その後は 道の駅 久木野へ

道の駅にはモンベルあり、阿蘇のお土産あり、あか牛の館あり?!


もちろん、あか牛食べました

今日はもう帰らなくてはなりません

なので思い残すことが無いよう最後に食べたいものを・・・・
(いや~、、実はもう昨日からあか牛食べると決めていのだ)
CIMG3291.jpg
店内の席からはまたまた阿蘇が見えています

雨もなんとかもっている様子

この景色を見ながら・・・・

高森の名産 生揚げとあか牛達
CIMG3292.jpg
ヒレ、カルビ、ロース


最後はやっぱり肉で〆まして、おいしい旅となりました
は~、、、当分節制しなきゃ

おしまい






追記を閉じる▲

【2015/11/26 17:27】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
祖母山は行き損なっちゃったけど、険しいルートの方から行ったんだね。
高くないお山だけど、連なる感じがいいよね。
シメはやっぱりお肉だね!


hiro
ぜいぜいさま
祖母山はいろいろルートがありますが、阿蘇から一番近い登山口を選択してみました。
地元の方曰く・・・北谷登山口は一番楽に登れるコースだそうですが(たぶん国観峠経由)歩いた風穴コースはあまり歩かれてないコースでした。結構ふかふかっぽい。

山頂からは時間があれば歩けそうな尾根が繋がっていて紹介されました(地元の方のお話です^^;)


ゆたか
北谷から周られたんですね。私は神原から登りましたが、山頂から見渡す、久住、阿蘇、由布岳方面の山々がそれぞれどっしり存在感があって、景色見ながらハイテンションで時間を過ごしたのを思い出しました。いいお山ですよね(^^)
今度行く時は傾山から縦走してみたいな~て思ってます。美味しそうなお肉も(^^)いいですね♪


hiro
ゆたかさま
神原からでしたか~。それぞれの登山道で道の趣がだいぶ違うようですね。
そして山頂からの展望もバッチリだったんですね!
傾山方面を見たら、、、時間が許せば!という感じの稜線が見えてましたね。うんうん。わかるかわる^^歩きたくなるの!
次回はお肉とセットで^^;

コメントを閉じる▲
ホテルはやまなみハイウエイの脇にありまして、早朝から車がどんどん上がっていく音が聞こえていました

宿から牧の戸峠までは車で5分程度の場所ですが、駐車場が心配になってきます
宿の朝食を早々に済まして出発しました


牧の戸駐車場 阿蘇側から大分側の登山口を見たところ
CIMG3133.jpg
これはもうはじっこのほう
危うくいっぱいになるところでしたが、残り数台・・・に止めることができました ほっ


売店もありまして下山後に何を食べよっかなと、、今日もまたジャージーソフトかしら・・・
CIMG3135.jpg


九重連山の地図を見ると至る所に登山道が張り巡らされています

なかなか地形が複雑そうです

どんな地形なのか。。。

楽しみ~この目で確かめてみよう^^


それじゃ~

しゅっぱ~つ!!
CIMG3137.jpg


まずはコンクリの坂道を上がっていきますが、この坂がなかなか急で登り応えがあるんです

少し歩くだけでかなりの高度をかせげますので

第一展望所からは遠くに由布岳も見えました
CIMG3139.jpg


まだまだ続くコンクリの道
CIMG3140.jpg
次に着いた展望台の手前までコンクリでした
見えている尾根の上が展望台


展望台からはやっと久住山が見えてきます
CIMG3141.jpg
↓が山頂だそうです
・・・と近くにいた地元の方が言っていました

そしてこんな天気がいいのはラッキーだと


一息入れて沓掛山の小さな岩場を越えると平坦な道となりました

なだらかな広い尾根を歩いていきます

扇ヶ鼻分岐まで最後は少し登って
CIMG3151.jpg
右手の山が扇ヶ鼻


扇ヶ鼻分岐にでました
CIMG3156.jpg
見えてる山は星生山(ほっしょうさん)


皆が見ている先は登ってきた縦走路 
CIMG3157.jpg


ここで一息いれます
3~4週間ぶりの山歩きなので息があがってたいへん(体も重いし・・・)



分岐をすぎると西千里浜
CIMG3162-PANO.jpg
クリックで拡大します

星生山の真下にある湿地帯です


道は更に平坦になりましてスキップできる感じ(・・・しませんけどね)
CIMG3167.jpg
ギザギザが星生崎の岩場

久住山がかっこよく三角

あの鞍部まで行きます



星生先を左に見上げながら岩場を越えると避難小屋が見えてきました
CIMG3168.jpg
小さな窪地に建つ避難小屋(トイレ有り ありがたいことにペーパー付き)

避難小屋の窪地から一段上がると



久住分かれ
CIMG3169.jpg
左手は北千里浜へ下って行く道が分かれていました

ここまで風一つない穏やかな空気でしたが、ここからは風の通り道なのか、強い風が吹いてきました


三俣山と白い山肌は硫黄山 
CIMG3171.jpg
硫黄山からは白い噴煙が今もあがっています

その下に北千里浜がずっと広がっていました

どこかで見た光景・・・・

う~ん。。。。今年見た安達太良山の沼の平みたい(あそこも、風が強かった^^;)



久住分かれからの登山道は火山礫に覆われた道を登って行きまして
CIMG3177.jpg
中岳への分岐に到着



この道標の向こうは空池と呼ばれる大きな噴火口跡
CIMG3178.jpg
一瞬見ただけでは距離感がつかめない感じなんです


最後は傾らかに砂礫の斜面を登って
CIMG3182.jpg


右手を見ると(クリックで拡大)
CIMG3184.jpg
登ってきた道が見えて人も小さく見えています

北千里浜、三俣山、遠くに由布岳、天狗ヶ城から中岳・・・と見事な山姿が広がっていました


そして、山頂到着
CIMG3188.jpg
は~、、やっと着いた~(例によってバテバテです

山頂は人で大賑わいでした

やはり人気の山なんですね

危険な箇所はないし、登りやすいし(西千里浜じゃ、幼稚園児の集団がピクニックしてたし^^;)


山頂からは阿蘇も見えています
CIMG3190.jpg
この左には祖母山も見えていました

ちょっと雲が多くなったかな・・・

でもまだ視界は良好


山頂の下でお昼にしました

宿のプランのお弁当
CIMG3194.jpg
おにぎりの塩加減がGOOD!

宿でお弁当にしてもらって山で食べるのも新鮮



お昼を食べたら山頂より少し東側へ移動してみました


平らな地形でいい雰囲気♪(こっちでご飯にすればよかった~静かだし)
CIMG3208.jpg
左の三角が久住山


この平から見る景色
CIMG3205.jpg
左から天狗ヶ城と中岳、奥に大船山

湿原の原っぱの中に登山道があちこちに伸びていて歩いたら気持ちが良さそうです

中岳の向こうに法華院温泉と坊ガツルがあるんですね

ここで一泊すると充実しそうです(次回は!!^^)


名残惜しい~
CIMG3211.jpg


来た道を下山します


途中、小さな岩場で梯子なども整備された沓掛山に寄って
CIMG3212.jpg


沓掛山から縦走路を見ます
CIMG3214.jpg


登山口までもう少し
CIMG3215.jpg


牧の戸峠8:34―8:50展望台―9:44扇ヶ鼻分岐9:55―10:30久住分れ―10:52久住山11:35―13:13第一展望台―13:25牧の戸峠


下山後はもちろん、ジャージーソフト
今度はヨーグルト風味付きにしました
ヨーグルトのほどよい酸味が抜群においしく感じられました
九重山、また来る機会があったら、、
ぜひ法華院温泉!九重連山をぐるぐるしたい
ミヤマキリシマの時期に少しでもかかればいいな~



九重観光ホテルの温泉に寄って(入浴付きプランだった)

国道265で阿蘇の南側、高森へ移動




今日は高森で宿泊(素泊まり)
CIMG3217.jpg
ヤギが放し飼いのかわいいペンションです



チェックインしたら今日は阿蘇の名物を!
(もう下山途中から、今日は何食べよ、、何食べたいかな~なんて、ずーっと考えてたんだもん)


向かった先は
CIMG3224.jpg


阿蘇の展望が広がる長閑な高台のお店でした
CIMG3221-PANO.jpg
クリックで拡大します

店内からも
CIMG3228.jpg



もちろん阿蘇と言えば
CIMG3233.jpg
馬刺し(これ、もう一回食べたかった)
馬刺しの溶岩焼き
あか牛の溶岩焼き

あか牛!脂が甘く上品な味でした



お肉食べて、また明日の活力とします





つづく


追記を閉じる▲

【2015/11/25 14:39】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
お天気良くてよかったね~
私の時は台風襲来だったからさあ。。。
登山パック旅行になっていたの?
ひろちゃんそういうの見つけるのうまいからなあ。


hiro
ぜいぜいさま
朝の青空の様子から展望を期待していたので、ほんとラッキーでした^^
曇りがちだったけど、思ってた景色が見られてよかったわ~。次に来るときは~・・なんて想像が膨らむ

旅は飛行機+レンタカー+1泊付きってやつですよ
なので別で頼んだ九重ホテルに登山パックってあったのよ(お弁当、送迎付き、下山後の温泉付き)




コメントを閉じる▲
羽田8:45の便で熊本空港へ
瀬戸内海とブロッケンDSC_0300
瀬戸内海とブロッケン
飛行機でブロッケンって初めてかも!

九州の山には何回かチャレンジしようと思ったのですが、雨やら観光やらでなかなかお目当ての久住には登ることができず、今回やっと念願かなっての山登りになりました

初日は移動と観光です


空港でレンタカーを借りてまず向かったのは熊本城
CIMG3101.jpg

以前の九州はこちら→http://yamabiyori.blog49.fc2.com/blog-entry-386.html


天守閣より
CIMG3104.jpg
阿蘇方面です 雲と阿蘇の噴煙が混じった景色でした
九重連山は見えるのかしら・・・・


お昼はやっぱり熊本ラーメン
熊本ラーメンDSC_0301
熊本のモンベルで教えてもらった、店の前にある定食屋のラーメン たしか¥500?
2Fは「麻雀」とでっかく書いてあって、お店の名前がわからないけど、たぶん、、いや絶対地元の人しか来ないような店(横でおじさんがビール飲んでたし・・・・)

味はおいしい♪見た目と違ってあっさり、でもほどよくコクがあって優しいお味でした!(最後に空港のラーメンを食べたけど、、、業務っぽい味だったし)


お腹を満たしたところで、いよいよ阿蘇へ

ミルクロードから外輪山を登ると狐色の草原にでます

周りはジャージー牛の放牧地(あ、、ジャージーソフト食べなきゃ・・)


着いたのは「天空の道」
CIMG3107-PANO.jpg
クリックで拡大します

阿蘇の雄大なカルデラを眺めます


そして大観峰へも行って、ジャージーソフト^^
あっさりしていますが、ほどよく甘くて後味も良し!


大観峰から草原の「やまなみハイウエイ」に入り、明日の登山口である牧の戸峠まで標高をあげます



今日は温泉宿
牧の戸峠に近い牧の戸温泉 九重観光ホテル
CIMG3118.jpg
部屋からは九重連山の三俣山

大分は温泉天国 あちこちに温泉があるので景色と共に楽しめます


もちろん、食も!
CIMG3120.jpg
馬刺し~!豊後牛~!

お酒も!

この旅で食べたい物リストの中で二つ目を達成しました

あ~、、初日からこんな贅沢・・・・もったいないと思いつつも
連休の都合上、最終日宿泊にはできなかったので・・・ババーンといっちゃいました



温泉浸かって明日の登山に備えます

つづく


追記を閉じる▲

【2015/11/24 10:20】 |
トラックバック(0) |

いいですね!
えいじ
また、私もいってみたい。
ゆっくりできれば、もっと最高ですね!



ぜいぜい
ああ、私もまた九州行ってみたい~
美味しいものが多いよね、特に肉www


hiro
えいじさま
やはり!また行きたい候補地ですか。
ゆっくり行きたいですよね~。それもいい時期に。そして静かな時に^^;
九重連山、奥に行けば行くほど山がボコボコっとあって本州の地形とはやはり違うな~と。
火山帯の面白さもありますね。魅力の山なんですね~。


hiro
ぜいぜいさま
そうそう。肉。
何が何でも、肉。
山はもちろんのこと、この旅の第二の目的でもある肉。
もう、にくにく言っちゃって、、あたしったら。



コメントを閉じる▲

今日は久住山
古い火口もあったり、なんともダイナミックな地形でした!
遠くに由布岳も見えてます

今度は九重連山をゆっくりまわりたいなぁ
温泉からめて!

【2015/11/21 18:40】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ROCKY
温泉が恋しい季節になりました。
いいな ・・・( ̄。 ̄ )ボソ...


hiro
ROCKYさま
ここら辺は温泉に事欠きません
日帰り入浴も安い!
好みの温泉が選べます。
山で冷えきった体には温かさが身にしみました〜

コメントを閉じる▲

仕事やら、新潟やら、雨やら…で山登りお休み中でしたが、遠くまでやって来たので、明日登ろっかなと。

【2015/11/20 15:25】 |
トラックバック(0) |


ゆたか
こんばんは(^^)
どこ登るんですか?


hiro
ゆたかさま
久住山に行こうかと思ってます。
今日は温泉でのんびりです(^^)

阿蘇のカルデラは何度見てもいいですね!
ダイナミック!


ROCKY
さすらいのhiro姫
相変わらず山旅のエリアが広いなぁ・・・
尊敬しちゃいます。


ぜいぜい
お~はるばるですね~
やまなみハイウェイはいま紅葉なのかなあ
楽しんできてね!


hiro
ROCKYさま
またまたリベンジの山ですよ
もう、何回かよってんだか(^^;熊本
でも毎回、この山並みに感動です!


hiro
ぜいぜいさま
やまなみハイウェイ、紅葉はもう終わってました。
ぜぜさんみたいに、九重連山歩きたいな〜な山でした。次は絶対、法華院温泉からめてかな(^^)

コメントを閉じる▲

昨日は親戚の集まりで万座温泉お泊まり
今日は田舎で鮭とり
宝石みたいー!
もうジュル!


追記

万座温泉の後は上田城
2CIMG3093.jpg
来年の大河なので人もいっぱい
以前に来たときは閑散としていた記憶が・・・


銀杏の紅葉も真っ盛り
2CIMG3094.jpg


→小布施で栗ご飯
2CIMG3095.jpg
ここも人でいっぱいだ~
小布施の町おこしで有名なのが桝一酒造にいたセーラさんだよね。。。


→飯綱町の三水でリンゴ狩り
9月も研修でここら辺に来たし、こないだも・・・・
今年は飯綱町に来ることが多い?

妙高周りで田舎へ(妙高の辺りの紅葉がすんごかった!オレンジ色)

次の日の朝は鮭取り
毎年鮭が上がってくるのはみぞれが降り始める頃だそうで、でも今年は早い
こんな護岸工事されたコンクリの小さな川でも上がってくるのね
水深2cmくらいでも泳いで逃げる逃げる!なかなか掴まんないよ

温泉でダラダラ

次の日帰宅
渋滞もないのでスイスイでした


追記を閉じる▲

【2015/11/07 17:04】 |
トラックバック(0) |


ぜいぜい
鮭もか、鮭までも捕れるのか、か、か、か!


hiro
ぜいぜいさま
いつもだともっと遅いらしんだけど、運よく上がってきました。
今日も朝から7匹。とったどー!
すばしっこくてなかなか難しい…

コメントを閉じる▲