山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
谷川岳避難小屋まで行ってきました

今週末はどこもイマイチな天気

新潟も雪だし、展望は期待薄でしたが・・・
行く途中、土合駅のトイレを借ります
構内でSBしてるテントもありました
ここのトイレ、新しくなったって聞いたから寄ってみたんだけど
暖房付きの快適トイレ^^ 
(構内より快適かも!)

トイレの話は置いといて


谷川岳ロープウエイの立体駐車場に着いたのは7時くらい

始発ロープウエイは8時半だっていうのでしばらく仮眠することにしました

いい頃の時間に支度を開始して10分前くらいに6階の切符売り場へ向かうと、もうすでに長蛇の列

同行者のTさんは以前来たときも、この位並んでいたと申しますが、私はすっかり忘れていました
(後でブログを読み返してみたら・・・自分の時もそうでした)
http://yamabiyori.blog49.fc2.com/blog-entry-350.html

JAF割で100円引きのロープウエイ券を購入してスノボ、スキー客と一緒に天神平へ

登山客ツアーの団体さんがわんさかいましたが、団体さんよりも前に出発することができました(ほっ
2016117 谷川岳 002
ぞくぞくと登ってくる団体さん


見上げるほどの坂です
2016117 谷川岳 003
これ、下りは楽しそうだけどね・・・・(ここまでで既に汗だく


天神山まで登るのは結構な斜面なのでトラバースしたいのですが、ルートがわかりません

右へのトレースを辿って前の人に付いていくと、そのまた前のグループから、こっちは訓練の為に行くルートでーす

と声をかけられ少し引き返します

その隙に団体さんに抜かれます

急斜面で団体さんを抜くと

右へのトラバースはもう少し登った上にありました
2016117 谷川岳 005
ここはふかふか雪で膝上まで沈みます

団体さんは右トラバースの分岐で休憩中らしく・・・

ここからは静かな山歩きとなりました

でも谷川岳はガスの中
2016117 谷川岳 004
どよ~んとしています
天神平は多少青空が出ていたのでどうかな~と思いましたが、やはりこの時期の谷川岳
国境の壁はそう簡単には展望を見せてくれません・・・

でも時折後ろから陽がさすんです



道は天神山からのルート 天神尾根に合流しすると、天神山から下りてきたBCのスキー、スノボの人と会います

しばらく行くと熊穴沢の頭に着き展望が望めました
2016117 谷川岳 008
天神山

稜線が少しだけ見えていますが谷川岳は相変わず雲の中
2016117 谷川岳 010



尾根よりも一段下がったトラバース道は道幅が狭く、右側が谷なので神経を使います

木々も出ているので避けながら、バランスを取って歩きます
(ゴロンゴロン・・・と右斜面に落ちたな・・と思う跡がありました こりゃロープが無いと上がってこれないな・・・)
2016117 谷川岳 012
こんな傾斜を歩きます なんでまっちろなの


だんだん尾根に近づいてきました
2016117 谷川岳 017


尾根道に上がってルンルン気分です♪
2016117 谷川岳 022
風も無いから快適(撮影協力:Tさん)


避難小屋に到着
2016117 谷川岳 027
周りにはテント数張りと設営跡がありました


ザンゲ岩をUPしてみると
2016117 谷川岳 029
歩いてる歩いてる~^^

山頂を望みますがやはり雲の中でした

このまま登っても展望も無いし、なんだかヤル気が無くなったアタシ達

ということで、今日はここまで!
(ほんとはTさん、お腹が空いてたんだって)


西側斜面にはテント設営跡が数個ありました

私達も西側展望が望める斜面を固めて休憩することにしました
2016117 谷川岳 034
こんな景色を見ながら・・・


ベーコン焼いてウインナー焼いて・・・
2016117 谷川岳 0362016117 谷川岳 037
(このベーコン、一週間前の蓼科で買ったヤツ めっちゃんまっ!)

そして食後のお茶していると


団体さんも到着 尾根のところ歩いてます
2016117 谷川岳 032


一時間くらいのんびりして帰りました

せっかくなので天神山に登って下山することに

ちょっとなんだけど、最後の登りがこれまたキツイ・・・

山頂に到着し振り返ると

ずーっと見えていなかった谷川岳が見えていました
2016117 谷川岳 038PANO
クリックで拡大します パノ

グレー一色ですが、しっかり見えていまして

万太郎への稜線にしばらく見とれてしまいます


遠くには笠ヶ岳と至仏山
2016117 谷川岳 043

赤城山、上州武尊も見えていました


天神山では雪訓団体さんの間をすり抜け

あの急斜面を下山です

右手はスキーコースなので(まだ閉鎖中らしですが)

遊ぶことができず。。。

なんか不完全燃焼・・ということで

ほぼ下り終えた緩やかな斜面のところで
2016117 谷川岳 045
やりますよ!

全長10mくらいのコースを二人でせっせと作り
2016117 谷川岳 047
大変喜んでおります あたし

もちろんこの方も
2016117 谷川岳 049
けっこう立派な滑り台が出来上がったので、この後に来た人が遊ぶでしょう・・・

と思っていたら、ロープウエイの駅建物に入る時にちらっと見たら、後ろの団体さんがやはり!使用していました^^

ソリ遊びに1時間以上も費やしていました(やはりこれが一番楽しいのか?!)

おしまい

天神平9:30―10:50避難小屋12:00―12:40天神山―14:00ロープウエイの中



今日の一言:今度はどこで滑り台をつくろっかな


追記を閉じる▲

【2016/01/18 23:12】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
谷川岳は中々お天気に恵まれないよね。
うちが行った時は奇跡的な晴天で周りの展望がかっちょよかったよ~
最初の登りがキツイよね。あと、避難小屋手前のトラバースが私もやだったよ。
雪山は行けるとこまでが頂上でいいと思うほんと。
下りも結構体力使うからね。


hiro
ぜいぜいさま
そうそう、雪山は行けるとこまで!
ぜぜ家のような青空見たかったんだけどね。この時期の新潟は晴れることないから仕方ないですね。これも運です。山頂が見えないと、途端にヤル気が^^;

最初の登り、ゲレンデだから仕方ないけど、夏道もこうだっけi-230ぜんぜん覚えてなかったです。キッツ~
今回、一番体力使ったのが、ヒップそりって言うのは大きな声じゃ言えない
アウター通り越して雪だらけになるほど遊びました^^;

コメントを閉じる▲
唐沢鉱泉までの道は途中から砂利道
日陰には雪がのって凍結状態の部分がありました
ここまでの道すがら、左右の林間には雪がまったくありません
雪が少ないとは聞きますが・・・
ここまで少ないとは


唐沢鉱泉の駐車場に着いたのは7時すぎ

駐車場は残り2台のスペースでした
(後は路駐でしょうか・・・)
登山口に近い坂の上の駐車場に止めた人達はぞくぞくと出発していきました

私達も準備をして出発です
西天狗岳 001
でも上を見ると雲がかかって、イマイチな天気


唐沢鉱泉の前を過ぎ
西天狗岳 002
前日宿泊した方でしょうか ここからの出発も多い様子でした


橋を渡って樹林帯に入っていきます
西天狗岳 004


登山道はちょこちょこ雪が出てきたり消えたりな道

凍った雪の上に土がのっている状態

しっかり雪があると登りやすいんですがまだら雪に神経を使います


一時間ほど歩いて分岐に到着
西天狗岳 005
尾根に出たらすーっと風が吹いてきました
ちょっと休憩しまして・・・


ここから尾根をぐんぐん上がっていきます

路面はさっきと一緒な感じ 
多少雪が出てきたかな・・・
西天狗岳 007
まだノーアイゼンで大丈夫^^(←でもホントは付けたいと思っていた)


霧氷地帯に突入~
西天狗岳 008
きれいだわ~

森林限界の山も綺麗だけど、、、
樹林帯の霧氷とか、モコモコ雪が付く木々もいいな~と思います
むしろ、そっちの方が好きかも


もくもくと歩くこと一時間ほど・・・
やった~^^展望が見え始めてきました
西天狗岳 013
ここは第一展望台の手前
左の山頂部にはまだ雲がかかっていました
ガスも多く風が強そう(><)
私もあの中に突入か・・・

できるだけ風は避けたい
今回の選択も風が極力無い場所はどこだ~と
(↑まったく無いのがベストですがね森林限界でそれは皆無でしょう)


なんとも贅沢な眺めです
南アルプス、中央アルプス その右に御嶽山でしょうか・・・
西天狗岳 017-PANO
クリックで拡大します


やはり稜線は風が多少あり、すぐにオーバージャケットを着ます


ここからはいくらか平坦になりました

第一展望台
西天狗岳 021
ちょっと登山道も広くなっていましてここでアイゼンを付けました(たしか・・)


森林の中のアップダウンを繰り返し


第二展望台
西天狗岳 022
だいぶ山頂が近づいてきました
中腹を登る人のカラフルなジャケットが見えています

調度、雲も無い!思ったほど風も無い!



森林の中を鞍部までぐぐっと下って

いよいよ最後の登りです
西天狗岳 025
雪の中に岩がちょこちょこ出ている急登です


やはりここは多少風が強く吹くときもありました
でも厳しいという感じではありません
(キビシイのは体力の方・・・)


中腹くらいまできて振り返ると
西天狗岳 026
北斜面だけ霧氷地帯 ふたつのピークは第一、第二展望台でしょうか
この尾根を登ってきました
周りの山には雪が無い あるのはスキー場の部分だけ



かな~りキツイ・・・
地面にピッケルを差してぜいぜい、はあはあ・・・息を整え整え
西天狗岳 029
ゆっくりゆっくり進みまして(これ山頂直下くらい)
いい加減、やんなった・・・と思った頃


到着~!
西天狗岳 034
やっと着いたよ~

山頂には10人以上いたと思う 賑わっていました
皆、道標をバックに思い思いの格好で記念撮影をしています

しばらく写真を撮ったり景色を眺めたりして


どっかり座って休憩です
西天狗岳 036
多少風が避けられそう・・・(いや・・・風で吹きだまりの雪が舞って・・・)

お茶とおやつにしまして(パンと紅茶と煮玉子と)


ちょっとカッコつけちゃいます
西天狗岳 037
久しぶりに・・
題名「東天狗に行くどー!」(行かないけど)

ホントは東に行って周回する予定だったけど、、下山する予定時間に遅れそうだったので今回は往復となりました
(往復ったって、結構時間はかかるよ)


遠く浅間山と外輪山
西天狗岳 039
あ~。。。あっちも雪無いね 多少シマシマが見えるか?!
その向こうは北アルプス


蓼科山と北横、縞枯山、茶臼そして白駒池
西天狗岳 040


雲もガスもすっかり晴れて
西天狗岳 044
おやつを終える頃には人も数人になっていました

もっと風が厳しいと思っていた山頂
実際には私の許容範囲でほっとしました(風速5m/s位の穏やかさ)


下山も慎重に・・・
むしろ、山頂直下の岩の下りの方が風が強いんじゃないか?と思うくらいでした


最後の展望台でアイゼンを脱いで


2回ほどコケながら凍った道を下山です
周りのオジサマ達も豪快にすっ転んでおりました
西天狗岳 050
こんな道を下ってきました(これは登山口付近)


最後の沢
西天狗岳 051
沢の水も凍っていますが、溶けている場所もありました


さ!!
温泉じゃ~!!

おしまい

登山口7:47―8:39分岐8:46―9:39最初の展望9:51―9:55第一展望台―10:28第二展望台―11:29山頂12:09―12:45第二展望台12:50―13:18第一展望台―14:05分岐14:15―14:55登山口
(至る所で休憩あり)



今日は蓼科温泉の親湯ホテルに宿泊
今、長野県はふるさと割のおかげでお得に泊まることができます
西天狗岳 057


翌日は縞枯山とか散策なんて・・・と思っていましたが、天気が今ひとつ良くない
寒波で強風の予報

そして、肝心な雪も・・・少なっ


なのでビーナスラインへドライブ

途中の富士見台で
西天狗岳 063
富士見台。。。と言いつつ、中央アルプスを撮ってみる^^
あ、、もちろん、富士山はスラリとしたいつものお姿

蓼科山からず~っと八ヶ岳まで山頂は雲の中


八島ヶ原湿原へ来ました
西天狗岳 064-PANO
クリックで拡大します

ココからは道路も冬期閉鎖

な~んにも無い冬枯れの湿原です

雪もありません

こんな所に人が来るのか?と思いきや、、先着車が2台ほど

私達が散策を終えて車に戻るころ、車もちらほら入ってきました


戻って車山肩
西天狗岳 068
登っていく人がちらほら・・・
(ここでやっと空いているトイレを発見!バイオトイレ 冬季はどこも閉鎖なのよね・・・ はぁ~。。空いててよかった)


今日は風が強く寒いです・・・



ビーナスラインを下りて蓼科で昼食
西天狗岳 070

渋滞を避けて帰宅しました


追記を閉じる▲

【2016/01/12 22:41】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
西天狗の登りってキツイよね~
私も途中でへこたれそうだったよ~
今年は雪が少なくてどうなのな雰囲気だけど、これから降るんでしょうかね。。。


ろび
ふーむ 西天狗から降りたことはあるけど
登りには使ったことないわ。
確かに枝に掴まりながらな急降下だったような

今年もバリバリとばしてるなー
実は年末、城山でチラリ
おぉー おぉー あれが噂の○○かぁーと
近くに寄って挨拶しようかと思いましたが
私も会社の後輩つれてましたんで、我慢すました。
残念ーーーーーー やっぱ声かければいかったなり

今年もよろしく♪


hiro
ぜいぜいさま
去年と比べてもだいぶ雪が少なかったです 八ヶ岳

降るのかな~。。またドカ雪だったりして・・・(←宿の人が言ってたの)
ぜぜ家の雪があるとこセレクトいいですね。参考にします。

西天狗の最後の登りの前に、すんごい下り坂があるんだもん。ここで心が萎えますがな~・・・でした。


hiro
ろびさま
え~!!えー!えー!
声かけてくれればよかったのに~!
会いたかったよ~
結構人がいたから、知ってる人居ないかな・・・なんて周りを見渡したのに、気付かなかった~。ぐやじい・・見られてたのねん^^

こちらこそ、今年もよろしくお願いします
また、山旅しましょう~✩



ROCKY
唐沢鉱泉からむ無雪期に2度ほど登ったことがあるけど(岩登りの印象が強いな)
冬も登れるんだ・・・・
例年 唐沢鉱泉と桜平との分岐の所から
通行止めになっているから 冬は登る人いないと思ってました。
唐沢鉱泉 なんか小奇麗になってるような気がするけど気のせいかな?・・・どうなんだろう?

今度 冬にこのコース登ってみようっと!


西天狗は風が弱かったのかなぁ?
それとも やっぱり時間帯で 弱くなったのかなぁ・・・?


hiro
ROCKYさま
小屋が営業していると、そこまでの道はある程度除雪するから通行可能じゃないかしら。11日で唐沢鉱泉も終了だから、、、それ以降は・・・自力で行ってねって感じでしょうか。
小屋も建て替えがあったみたいですよ。

西天狗の最後の登りが岩でした。。あとは樹林帯の尾根って感じ。
風は・・・たぶん時間帯で違ったんだと思います。
樹林帯の中で山頂付近を見たとき、、ガスが渦のように巻いてたもん。あれは、、風が強いな・・と。その後ガスが取れてきました。

コメントを閉じる▲
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

今年の年末年始はといいますと・・・

去年の年末年始は休んだので、今年は出勤してみようかと・・・

元旦も午前中まで仕事しまして

そして初売りセールへ行って帰省しました\(^o^)/

二日は近所の神社に初詣して休養の1日

三日は午後から近所の幕山へ出かけてみました
幕山DSC_0072
スタートは幕山梅林から
この梅林、比較的新しく、20年くらい前かしら、、
ススキの山を耕して小さな梅の木が植えられていったのを今も覚えています
小学生の時は学校の遠足で行った山でもあります


小学生が遠足で使える山なので山頂までは大人の足で一時間程

でもその当時は梅林も無く道も整備されていなかったと思うので、いきなりの急登だったような気がするんだけど・・・


登山道は梅林の散策コースを抜けて登っていきます
幕山DSC_0074あら~、、白梅がもう咲いている
この一本だけ咲いていました
白梅はいい香り♪



紅梅は何本か咲いていました
幕山DSC_0075
下の人達は岩登りの人


こんな感じで段々畑の梅の中を歩いていきます
幕山DSC_0076



しばらく行くと幕岩
幕山DSC_0077
幕山の山の由来はこの岩が舞台の幕のように見えたらだそうです
(駐車場の看板に書いてあった)

もう、登るところが無いんじゃないか?というくらい岩登りの練習の人が多かったです

幕山DSC_0078
岩の直下まで行ってしばらく見学していましたが
岩に張り付いたままで、なかなか登ってくれません



梅林最高地点を過ぎるとこんな道
幕山DSC_0080
梅林よりも整備されているんじゃないか?と思うくらい歩きやすいお散歩コースとなります

山はずっとつづら折れの道なので登りやすい感じです(山自体がかなり急斜面ですからね)


小学校の遠足で登っていたその頃は幕山は山全体がハゲ山でして^^;
(いや~。。ホントにハゲ山って呼ばれてたんだから・・・)
山頂直下付近にある大きな木だけが目立つ山でした
そこの頃から比べると山の様子も一変しています
今はこの通り、周りの草木も生い茂る山(もう、ハゲと呼ばせない~)


しばらく行くと
幕山DSC_0081
真鶴半島


またつづら折れで、最後の最後までつづら折れで


山頂到着
幕山DSC_0083
登る途中は何人かとすれ違いましたが、午後の時間だからでしょうか
だーれもいません


こっちの真鶴半島を向いて休憩
幕山DSC_0084


反対側を向くと箱根の山
幕山DSC_0089
静かな山頂なんだけど椿ラインがすぐ側なのでバイク音が聞こえてきます



山頂は茅に囲まれていますが、こんな感じで周りを狩ってくれています
幕山DSC_0088
そして桜の木が一本(左のね)
咲く頃はいいでしょうね~・・・


以上!山頂終了^^

他、な~んにも撮るものもが無いので・・・
幕山DSC_0090
熊本お菓子と熊モンのシート(100均) 撮ってみる

この年始はあたたかく、、、
風はありますが冷たさが感じられません
穏やか
こんな正月はめずらしいな~なんて考えながら、ボケっとすごします



今回は自艦水の方へは周回せず、そのまま来た道を下山
結局、山頂に居た時は誰も来なくて下山時に2~3人、近所の人?っぽい人が登ってきました


下山してもまだたくさんの人が岩に取り付いていました
幕山DSC_0091


おしまい

駐車場12:40―13:35山頂14:00―14:35駐車場


近所の山のおじさん曰く
幕岩は年中賑わっているけど、山頂にはあまり人は行かないみたい
そして、元旦の初日の出もココはよかったと教えてもらいました(5~6人しか山頂には居なかったって)

これから梅の時期だからここには近づかないけど・・・(えらい混むしね)

もし湯河原梅林に行かれるのなら・・・
夕方がおすすめ(それも4時半すぎ)
この頃になると渋滞も無く駐車場も空くでしょう~





追記を閉じる▲

【2016/01/03 23:29】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ROCKY
おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

海抜625mの山頂は 広そうで 芝生で
ちょっとした公園広場みたいなのかな?
凧あげしたら 面白そうだね・・・・。
あっ! 今の時代は・・・ドローンか。


hiro
ROCKYさま
そうなんですよ。山頂はちょっと広め
電線ないから凧でもドローンでもなんでもOK!あ、、でも周りは山ばっかだから、画像的にどうか・・・^^;

今年もよろしくお願いします✩


ぜいぜい
おは~今年もよろしくね~
うちは3日に1ヶ月ぶり初山だったよ~
久しぶりすぎて2日間腿が筋肉痛だったよ~

もう梅が咲き出したんだね、今年も暖冬でお花が早いね。
また1年、楽しいお山をね!


hiro
ぜいぜいさま
新年のご挨拶をいただきましてありがとうございまいました。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします^^

新年はゆるーいお山からスタートでした(ゆるすぎか?)ぜぜ家とは対照的なお山です。
この日は暖かく~・・・お正月の寒さじゃなかったような。梅も早いかもですね。

ぜぜ家のスタートはこれまたすごい!筋肉痛に現れましたね!^^

コメントを閉じる▲