山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
秀麗富嶽の9番山頂 倉岳山と高畑山に行ってきました

ここは二つで一セットなんですね・・・9番
秀麗富嶽は中央線等の公共交通機関を使った方が便利

駐車場の心配もあるしで、車移動の私にとってはルート取りに悩むところ

でも今日も車で出発です

電車だったら北側の鳥沢駅とか梁川駅が便利みたい(縦走できるしね)


駐車場検索がイマイチだった為、多少不安はありましたが倉岳山・高畑山の南側から登ります

県道35の穴路沢から細~い民家に通じる道を入り民家を抜けるとすぐに杉林の林道になります

前から車が来たらアウトー!な砂利道(林業関係の道かな)
脇には側溝もあるし脱輪したらJAFも呼べなさそう・・・

林道はすぐ終わり、どん突きに車一台分の空き地を発見!

やっとこさUターンできるくらいのスペース
倉岳山・高畑山 002
コンパクトカーだったら2台はいけそう

ここから出発です


杉林に囲まれた沢沿いを渡渉すること数回
(しっかり赤テがありました)


あたりは杉林の中
倉岳山・高畑山 004
スギ花粉発射準備完了・・・な道


つづら折れに登っていくと雑木林 クヌギ、楢の木かな・・・実が落ちていました
倉岳山・高畑山 005
明るく気分よい道です

南斜面なので先日の雪も無し

そしてすぐに、穴路峠の十字路に到着
倉岳山・高畑山 006


右左、どっちから行こうか・・・
倉岳山・高畑山 007
ちょっと休憩していると右の倉岳山から2名下りてきました

この峠道、昔は鳥沢からの集落と秋山村を行き来していた峠道だったと看板に書かれていました


右の倉岳山からスタートします

左の北側斜面には雪が広範囲に渡って残っていました


ふた登りくらいすると平坦な道になりまして、この突き当たりが山頂
倉岳山・高畑山 008


到着~
倉岳山・高畑山 011
富士山も綺麗


綺麗なベンチもあります
倉岳山・高畑山 017
富士山が見えるように木は伐採されているのです


反対の北側はこの前登った扇山とか
倉岳山・高畑山 020クリックで拡大します


白くなった雲取山もみえました
倉岳山・高畑山 019
雲取山拡大


左を見ると大蔵高丸とハマイバ丸とかの大菩薩の方
倉岳山・高畑山 016クリックで拡大します

でも大菩薩がどれなのか、、わからない

木々の間から大月の街も見えていました


ベンチが日陰なので、富士山側の丸太があるところで少し休憩しまして、次に進むことにしました

テルモスの紅茶を飲んで・・・・

いつものように、「忘れ物な~し!」と指差し点検



穴路峠まで下りまして、高畑山へ


この縦走路、富士山を見ながら歩くんだったら、絶対倉岳山→高畑山、この順番だと思うけどな・・

でも木々が邪魔して富士山は望めませんでした


峠から少し登ったピークが天神山


縦走路にはこんな標識が至るところにあります
倉岳山・高畑山 021
セミがマイクを持って歌ってます
他にはカブト虫とクワガタを青虫・・・


最後、大きく登って
倉岳山・高畑山 023
つづら折れの道

平坦になるとすぐに・・・


高畑山の山頂です
倉岳山・高畑山 029
こっちは北側看板 木々があるので展望はイマイチ


南は富士山
DSC_0156.jpg
やっぱり伐採してあります


ここで大休止


今日のお昼はコレ(・・・まだ9時半過ぎだけどね^^;)
倉岳山・高畑山 032
他に、「しじみおにぎり」も食す


誰もいない山頂だったけど、鳥沢方面からポツポツと人が来まして通りすぎます


だいぶ陽も当たってきまして霜柱が溶け始めてきました


秀麗富嶽ではまったり2時間は過ごす!と言うTさん
倉岳山・高畑山 035
昼寝してますが・・・もう、かれこれ一時間半もココにいます


飽きてきました。あたし


催促して下山します


最初の下りから
倉岳山・高畑山 037
お隣の倉岳山が見えています

峠から各起点まで30~40分くらいで着いてしまうので、たいしたことは無いな。。なんて考えていましたが

へ~、、けっこう登ったんだ・・・


穴路峠より下山

朝は無風にちかかったのに、風が出てきました

杉林の中より雑木林の風通しの良い方が、より花粉を感じます・・・


林道終点の近くで
倉岳山・高畑山 039
80mで一号天然記念物だと言うので行ってみました

倉岳山・高畑山 038
杉林の中に巨木が一本

杉林になる前はたくさんの楢の木があったのでしょうか


おしまい


穴路沢林道終点7:00―7:41穴路峠7:50―8:14倉岳山8:35―8:53穴路峠―9:29高畑山11:04―11:28穴路峠―11:54林道終点


今日の一言:
指差し点検も虚しく・・・・
倉岳山にテルモス忘れたー!
丸太に立て掛けたのがいけなかった
山を汚してごめんなさい




時間もまだ早いので梅を見にいきました


都立小峰公園
倉岳山・高畑山 046
静か~^^
梅はあと一声で満開・・といったところでしょうか

久々にここら辺にきました(学生の頃はよく~^^)


次は高尾の木下沢梅林(こげさわばいりん)
DSC_0157.jpg
満開に近いのに、園内には入れません残念
園内開放日程が決まっているようです

下から見上げたり、林道を挟んで反対側の土手に登ったりで写真撮影

ここ、中央道の山間を抜けると一瞬だけ見える梅林
倉岳山・高畑山 056
いつも気になっていたけど、いいタイミングで来れて良かった~

白梅の中に紅梅がチラホラ

その加減がなんとも絶妙

春霞も合わさって全体的にモワッとするあたりが春の暖かさを感じました



そろそろ、、、雪もおしまい・・・・お花の時期^^


追記を閉じる▲

【2016/02/29 16:04】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
うちは山頂滞在時間短いよ~
もう少し暖かくなったらまったりだけどねえ。
中央線界隈は中々行かないけど、これからお花の時期いいだろうね。


ろび
中央線沿線の山 倉岳山と高畑山っていえば
セットですよねぇ
って、一人で登って どえらく道を間違えた覚えあり。
それにしても、あの界隈に車で出かけることって
思いつかなかったけど、それんりに駐車場が
あるんですね。へー 
里山風ののんびりしたポカポカ陽気の山ハイク
そんな季節になってきましたね、
ただし、花粉がぁぁぁv-12


hiro
ぜいぜいさま
私も滅多なことじゃ中央線沿線は行かないんだけども・・・近くの山も登っとこ的な感覚で困った時の秀麗富嶽…なのですわ。
そうそう、お花。スミレが綺麗なとこ行きたいんですよ。相変わらず名前はわからないけどね。


hiro
ろびさま
駅から登ると登山口までがわかりにくいのかな~、、間違えると心細いよね~。。

駐車場も半信半疑で行ったらあった!って感じで。ほとんどが電車組みのグループでした。

もうもう!!花粉、すごかったですよ。ここら界隈はうちの方よりもすごいね!ロビさんはもう少しお山、我慢かしら^^;

コメントを閉じる▲
山形を後にし、次は雪まつりへ向かいます
裏磐梯のホテルに着いたのは夜の7時半頃だったかな
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 265

夜の雪道運転には神経をつかうな・・・と思っていましたが、ホテルまでの道すがらには、ほとんど雪が無く
(・・・って私が運転したわけじゃないけど)

今年は雪が無いんだな~っと改めて感じました


ホテルは去年も泊まった裏磐梯ロイヤルホテル(素泊)

今年は平日なので、空いてるみたい

昨年は外国人観光客(中国人)でごったがえしていたのに



次の日、朝ごはんを食べに五色沼の方に行ってみました

ホテルからは道路を挟めばすぐ
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 162
トレース通りに歩いていくと



毘沙門沼の遊歩道にでました
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 164
磐梯山も見えるので、ここら辺でいいか・・・(真っ白は凍った毘沙門沼)


8時頃なのでまだ観光客も来ないはず!


遊歩道の脇が広くなっていたので、そこで朝ごはん
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 168
定番のチャーハン


米沢で調達した米沢牛入りウインナー
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 170


パンとスープでさっと済ませます
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 171


調度、駐車場に帰るとき、大勢の観光客とすれ違い、グッドタイミングでした♪



そこから会津若松を抜け

大石宿の雪まつりに向かいます

道路には「渋滞時は左へ寄って」の看板が3Km手前くらいからありました(そんなに混むのか?!)


10時半くらいなのにこの人出
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 174
思った以上に人がいました(駐車場も第2へまわされたし)


大内宿に入ると雪灯篭がたくさん並んでいます
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 172
夜は灯りが灯るのかな 
ん~・・・これはどうやって作るのかな・・マジマジと見てしまいます



まずは混まないうちに早めのお昼
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 175
大内宿のお蕎麦をいただきます あの、葱をかじりながらの蕎麦ですよ!


玄関を入ると土間には山女の塩焼き
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 181
いや~、、川魚好きなのよね・・・・食べたい


お茶請けで出てきたのが煮物と漬物
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 176
でっかい大根の漬物で食べごたえあり
そして、黄色は何?と思って、、、、
食後に食べたら
柿の漬物だったー!(甘い物と想像していただけにその衝撃たるや^^;・・・)


まだ空いてました
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 177
店内の様子


これは水そば
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 178
「大根卸&鰹節」 「くるみ」を別々の蕎麦湯に入れてそれに蕎麦つゆを入れて食べます


これは高遠そば
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 179
葱は、すくって、かじってと二役こなす

最初はネギが甘い感じだったけど、だんだん辛くなって・・・・
最後は胃もたれを
そして、その後の車内ではネギ臭っー

あ、、お蕎麦はおいしかったですよ
水がいい!
と~っても水がいいのが感じられました


天ぷらも頼んでみました
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 180
見えないけど、中心に揚げ饅頭が入ってます
その名のとおり、饅頭を天ぷらにしたもの
会津地方の来客や祭事にはつきものの家庭料理だそうです

おなかいっぱい
ヤマメの塩焼きを頼まなくてよかった

食べ終わった頃、お店も混んできたので早めに入って正解でした




食後の散策開始
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 182
大内宿は、会津城下と下野の国(日光今市)を結ぶ32里の区間の中で会津から2番目の宿駅として1640年ごろに整備された宿場町です
街道は会津西街道または南山通りと呼ばれ、 会津若松と日光今市を結ぶ重要な道でした
昭和56年4月18日 重要伝統的建造物群の指定を受けることに至りました
 
(大内宿観光協会より)


道の両側は茅葺き屋根
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 187
ほんとはもっと雪が多いのでしょうけど、この日も気温はぐんぐん上がり
地面もシャーベット状になっていました


このかまくらはでっかい!
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 185


入ってみました かまくら
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 186
椅子までこさえてあります


行きにも試飲したけど帰りにも・・・福島のお酒がずら~っと
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 189
宿場の入口にあったので、ついふらふら~っと行きと帰りに寄ってしまいました
旅の思い出に一本ご購入(すぐ飲んじゃうけどね)




大内宿を後にして少し走ると


塔のへつり
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 191
冬場は橋まで降りられない

大川羽鳥県立公園、大川ラインの一番の景勝地
なんと、百万年の歳月をかけて、浸食と風化を繰り返し見事な景観を創りました
初夏、藤の花と白い岩肌の織りなす眺めは、まさに一幅の名画となっております

(下郷町観光協会より)


岩肌一個一個に名前が付いてるんですって
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 193


ここら辺に来るのは初めて
いつか来ようと思ってたけど、大内宿と塔のへつりだけを見にくるのも・・・と思っていたので調度道すがらで好都合でした


初めて見る風景を車からじっくり眺め
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 198
偶然にも踏切で!
車両は二両でした(絶対一両だと思い込んでいたのに)
ここは「塔のへつり駅」

会津鉄道沿いに南下し、右手にはギザギザの七ヶ岳が見えています


栃木県へ入り
今日の宿は平家の落人伝説の里 湯西川温泉(2時前には到着)

かまくら祭りに行きます


宿からトコトコ歩いて「平家の里」にきました
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 201
かまくらが何基もあってその中でBBQできるそうです
ここでもふらふら~っと匂いの方へ・・・(近づくTさん)


湯西川温泉は多分10年ぶり
両親ときたっけ・・・(秋の紅葉も綺麗でした)


平家の里から更に歩いて


ミニかまくらの行列
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 204
これを見に来たんですよ~!!


川岸いっぱいのミニかまくらに点灯した景色は楽しみです
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 206
また夜もこよっと
それまで雨、降らないといいな~


宿に戻り、温泉であったまって・・・・

もう一度夜のかまくら祭りにくりだします
(どんだけかまくらが好きなんだ…って感じですが、メインは夜ですから!よる!)



いっぱい着込んで・・・




<さあ、行こうか>
「もったいない登山と申します」の井上ウッドさんが調度、この湯西川に来ていると聞いていたので、昼間も夜も探しながら歩きますが・・・
どうやら入れ違いだった様子
ウッドさん、元気にかまくらを作ってるかしら、、もったいない登山、今後も続けて下さい 楽しみにしてます^^



温泉街を歩いているとトトロ
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 207
良くできてる~


あ、


屋根の上にも^^
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 208
雪おろしついでに作ってみました感が満載な一品です


民家の軒先にも
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 209
ミニかまくら


ホテルの玄関だったか?
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 217
徐々に暗くなってローソクの明かりが灯ります



夜の「平家の里」
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 218


昼間とは断然違う雰囲気になってました
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 219
周りの大小のかまくらに灯りが入って雰囲気がいいのです


多分ここは雪解けすると川になっているのかな
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 224


もう完全に真っ暗
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 231



昼間のBBQかまくらも・・・閑散として
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 233
小腹が空いてきたので、この中でBBQやりたい・・・なんて一瞬思ったけど
もう営業終了



メインのミニかまくら会場へ
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 248
は~。。きれい・・・幻想的という言葉につきます
これは横から撮ったところ


橋に上がって
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 258
いや~・・ポスターみたい・・とは言いませんが^^;
いろいろ設定を変えて撮ってみます
かなり夢中になって、小一時間はこの会場にいたかしら



この数のミニかまくらをメンテするのも大変でしょうけど、点灯も大変だよね

そして、気になるのが、かまくらの作り方

私の人生の中でこんな近くでマジマジとかまくらを見たり入ったりするのは初めてのような気がします
(過去の記憶はおいといて・・・)

四角と丸を作って組み合わせるのかな?とか、、しつこいくらいに考えてしまいました^^;
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 264
↑ミニ雪だるまとミニかまくら かわいい~^^


気に入ったのでもう一枚
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 266
*ちなみに、一番上の最初の画像もしつこくコレ


しつこいけど・・・作り方^^;
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 268
バケツに雪詰めて、パカッと空けて、上に雪載せて丸くして、後はくり抜くのかな・・・・(予想)


最後に見納め
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 272
寒いけど、温まる景色

湯西川のミニかまくら 良い物見せてもらいました☆
思った以上に良かったので、またかまくら祭り行きたいな(どこでもいいよ~と言ってみる)


宿で夕食
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 277
湯西川の名物「お狩場料理」


雪見風呂で温まり・・・
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 278
ぐっすりできましたZzzz・・・




翌朝、雨が降っていました お部屋から
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 279

モノトーンの世界も素敵です お部屋から
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 281


4日間の樹氷と雪まつりの旅はこれでおしまい
予定通り、行程をこなすことができました
運よく天気と日程があったようです
冬にしか味わうことのできない、見ることができないその土地の風情と香りはなんと良いものでしょうか
雪景色と祭りが一段と盛り上げてくれた旅でした



追記を閉じる▲

【2016/02/18 08:58】 |
トラックバック(0) |
朝起きると、青空が見えました
♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
このまま晴れててね~!と願いつつ・・・


朝からガッツリ!(あ~、、こりゃ帰ったらダイエットのやり直しだわ)
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷料理 039
朝から山菜うどんもあります
山形の日常で食べるお料理を昨晩と朝食で満喫しました



今日は蔵王ライザワールドから刈田岳を一応目指して樹氷群を堪能するコース

かみのやま温泉からは車で30分程で到着

駐車場は昨日の混雑がウソのように閑散としていました(まあ、平日だしね・・・)

ちなみに、ライザの駐車場は無料

なんといっても蔵王ロープウエイよりこっちのライザの方が樹氷群がすごい!

と、聞いていたもんだから期待は大なのです


そして、この晴天!
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 041
気分はもうUPですよ

空いてるからスキースノボ客も伸び伸び滑れるでしょうね
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 042
↑リフトより ホント人少なっ!


リフト2本乗り継ぎ(合わせて640円)上まで向かいますが、2本目の途中から樹氷がお目見えします
まだまだ未熟ですが、それでも見ごたえ十分!(やっぱ天気だよね天気・・・)

昨日の蔵王ロープウエイは上まで行かないと見れないけど、ここはお手軽リフトで見れる!

なんてステキなの~^^ライザ(駐車場もタダだし)←しつこい・・・でもポイント高いよね



リフト降り場に到着
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 043

リフトを降りて右にいきます(ゲレンデは更に右に折れます)
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 044
そこはもう、樹氷群の中

やっぱりステキ~ライザ!

これまで雪が少なかったせいか、未熟物ではありますが上に行けば大丈夫!と変な確信をもって
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 046


しばらく行くと
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷waido 052
(クリックで拡大します)

登山道は蛇行した蔵王エコーラインを横切ってまっすく進むような感じで上がってきます

なので車道に出るときはちょっと急斜面を登らなきゃいけないけど(これ帰りにはソリ遊びできそ)

スノーシューで十分登れます

全体的にはずっとなだらか

車道を一個一個超えるたびに標高も高くなるので、展望が開けてきます
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 059
これは道路を登ったとこから
後ろは吾妻連峰~飯豊~朝日~月山と大展望です


そして、風が無いので暑い

最高のコンデションに恵まれています
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 066
Tさんなんか、もう脱ぐ物がない~と腕まくり


平らな場所にでると
遠くに刈田岳の山頂神社が見え始めました
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 071
右のツンが山頂


避難小屋に到着です
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 076
前方は馬の背(あ~、、あれを超えなきゃならんのか・・・)



右手は綺麗な樹氷群
ここら辺から立派な木々が目立ちます
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 078

Tさんは右手の樹氷群の中に入っていきました
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 079
私は疲れるので下りで樹氷群の中に行ってみよう・・・・


その間、ゆっくり歩きながら振り返り
DSC_0117-PANO.jpg
(クリックで拡大します)


近くの樹氷を撮ったり
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 082
これはミニミニ樹氷150cmくらい


あら、、Tさんあんな方まで行っちゃった
DSC_0123.jpg
今年は雪が少なかったせいか、樹氷の育ちが悪いらしいけど、これでも十分


県境です
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 086

向こうは宮城県
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 087
ちょうどエコーライン道路の上にいます


刈田リフトの建物が見えました
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 088


遠くに支柱も
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 089
登りは支柱左の↑の坂をあがりました

けっこうしんどそう・・・

と思ってたら、かなりしんどかった^^;

途中風も出てきました

馬の背は風が強いかな・・

ぜいぜい・・・はあはあ・・・・
早くつかないかな・・・・それだけを思って


バテバテになり馬の背に到着
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 090
馬の背のポールのところまで行って

左は熊野岳への道
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 091

刈田岳は右へ
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 093
見えている建物はレストハウス(夏はここまで楽々車できたっけ・・・)


ここから山頂まではもう少し

徐々にお釜が見え始めます


鳥居も立派になって
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 095
二倍以上の太さだわ

山頂到着
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 097


神社裏手にまわると
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 101

絶景!
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 102
南蔵王方面


遠くに吾妻連山
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 105
去年は西大嶺の樹氷を満喫したっけ・・・
そっちも育ってるかな?


飯豊連峰
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 106

飯豊~朝日連峰
DSC_0125.jpg
平野を眼下にした山の連なりがなんとも!
言葉にできないほど見事です

ずーっと見ていたいけど、風が強い^^;



あ、、忘れちゃならない
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 112
真っ白なお釜と熊野岳


熊野岳に登っていく人もおりまして人のツブツブがたくさんいました
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 116
(クリックで拡大します)




神社の影でちょこっと休憩して
下山します

馬の背から下がると風がピタッと無くなりました


朝日連峰を見ながら楽チンな下りです
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 123
足元気にせずに、ずーっと山に見とれちゃって、途中でハッとなるのよね・・・
足元、足元


全体的にここの斜面はだだっ広い!
トレース外れているけど、今日は視界があるから大丈夫


帰りは支柱の下を通りそのまま樹氷の中へ突入
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 126-PANO(クリックで拡大します)
ここは雪の形状がホイップクリームを泡立てた感じに波打ってましたぞ
方向を確認して歩いていきます
(樹氷に夢中になっちゃうと、いつの間にか囲まれちゃって方向わかんなくなるのよね)



しばらく進み今日のお昼処は道路の上!
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 131
宮城県の県境看板前で


ウインナーとチーズとワインと・・・・^^♪゜・*:.。. .。.:*・♪
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 133


風も無いし、こんな景色を見ながら、ぽかぽか陽気の中でのランチは最高です
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 134
(横でTさんはラーメン食べてた・・・)



一時間程ゆっくりしてまた樹氷の中へ
DSC_0130.jpg


12月の雪に降りが少なかったせいか・・・多少ツンツンと枝が出ていますが
DSC_0132.jpg
モコモコした群落に和みます


誰も足跡をつけていない樹氷の中
DSC_0134.jpg


やっぱり楽しい~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
DSC_0136.jpg
(あ~、、楽しいけど、日焼けも気になるのよね・・・と心の声)


誰かさんの足跡
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 142


どこまでも続く・・
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 144


私達も最後に足跡を残して
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 141
ほんと、音がバフバフ言ってましたよ


刈田岳バイバイとなります
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 154


周りの樹氷群ともお別れ
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 153


ちびっこくなってきた樹氷
DSC_0141.jpg
あの下はもうゲレンデが間近


道路を横断して下る場所はソリ遊び^^


下りのリフトは使えないのでゲレンデ脇を歩いていきます
(後で調べたら森を抜けるスノーシュールートがライザのパンフに載ってた・・・)

平日のゲレンデ上部は人がいないので、滑りたい放題だけど
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 155
滑りすぎて止まらないので怖い^^;(いや、マジでスピード出るから止まるのに大変よ)

十二分に楽しんだ山行でした
ライザ、やっぱりいいわ~
もう山頂なんか行かなくていいよって感じ

山形樹氷ありがとう~!
晴天もありがとう~!


ライザワールドリフト終点10:20―10:46避難小屋―11:46刈田岳12:05―12:39県境付近13:42―14:58ゲレンデ下




樹氷を堪能した後は米沢へ

去年も寄った上杉城史苑でお土産を買って(この日は上杉雪灯篭まつりで灯篭がたくさんありました)


米沢ラーメンを食べ
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 160
ラーメン ど~ん!澄んだスープの旨みがしみわたる~^^(カツオかな)


裏磐梯へ向かいました


続く・・・


追記を閉じる▲

【2016/02/16 16:06】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ROCKY
樹氷って やっぱりキレイだね。
青空の下だと 最高だね。


hiro
ROCKYさま
樹氷と青空はセットですね
もう~天気が悪いと、写真を撮ってもどこに樹氷があるんだか・・・
やっぱり、山は青空の下じゃなきゃ・・・・^^
この日は気温も上がって春の山の陽気でした


ぜいぜい
すご~い!
やっぱお山は晴天だよね~
私もライザ行きたい~


hiro
ぜいぜいさま
ロープウエイの方が木が大きいからビッグモンスターだけど、、、
やっぱライザよかったです
すごく得した気分♪


まだまだ樹氷のチャンスはあるから、ぜひぜひ~晴れを狙ってね^^


コメントを閉じる▲
昨年に引き続き、蔵王です
昨年は天気が悪く樹氷すら目を凝らさないと見えない状況

残念な敗退となりました(そのかわりに西大嶺はすんごかったもんね)

今年こそは!と意気込んで蔵王を2日間楽しむ計画をたてました


茅ヶ崎を朝3:30過ぎに出発

都内を抜けずに圏央道でそのまま東北道へ(繋がったから楽です)

途中仮眠を取ること一回


山形蔵王ICには8:30くらいか?



既に蔵王ロープウエイはスキースノボ客でごったがいしてます(駐車場1000円)

それでも係員の誘導で樹氷観光客と登山客は前方へ移動させられまして、チケット購入から30分くらい待ったでしょうか
(往復JAF割2340円)

ようやくギュウギュウ詰めのロープウエイの中の人になりました


なんだか、、、山頂は雲の中なんだよね~^^;

午後から晴れるという淡~い期待を持ちつつ、ロープウエイ2本を乗り継ぎまして、山頂駅に降り立ちます
(下界は晴れなんだけどね)



さて樹氷は・・・

昨年より小ぶり

そしてまたもやガス

視界は50mくらいあるので、去年よりはマシだけどね^^;(去年なんか1mの視界も無かったもんね)

何人か地蔵岳の坂を上がっているのが見えます

私達もロープを超えて出発しました



それでも視界は良くないけど、トレースバッチリなので坂を登っていくと

地蔵岳
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 001
ご覧の通り何も見えない

数人山頂を踏んでいましたが、皆ここで引き返して行きました


山頂より先はトレースはありませんでした(まだ朝早いからか?!)

行けるところまで行ってダメなら引き返すということで進みます

夏道らしいものが見えたので進んでいくと、どうも西側へ行ってしまう様子

尾根沿い、もしくは東側に行きたいのに・・・

もう一回地蔵の山頂へ戻ります


山頂では単独の登山者が私達が付けたトレースを進んで行きました

二人目の登山者も進んで行きました

ちょっと様子を見て私達も進んでいきます

やはり、前の登山者も東側に修正しています

しばらく行くと尾根沿いのポールが見えてきました(ほっ

どうやらそこが地蔵岳をトラバースするルートと合流する場所だったのか


ここからは木が5~10mくらい毎に立っているのでそれを追っかければ大丈夫

そして、しっかり踏み固められているので安心

鞍部は風が強く完全防備ですすみます

ワサ小屋跡は標識だけなので、わかりません


避難小屋へ向かう分岐では直登コースを選択(避難小屋ルートへは木のポールが有 直登コースには無)

単独者のスノーシュー跡がありました

きつい登りと風に耐え、ようやく・・・

山頂
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 003
あらら・・

やっぱりガス
つまんない・・・何も見えない山頂でした


これ、熊野神社なんだけどね
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 005
この雪壁の向こうが凹みになっていて、その中で少し休憩

天候の回復は午後も見込めないと思い早々に下山しました


来た道を引き返します

また木のポールを追っかけ鞍部の平坦な道を歩いていると何組かのグループとすれ違います

視界がない道をまた黙々と歩き続けます

もう、、早く帰りたい・・・テンションダウンで最悪な気分でした

風は強いし、視界は無いし、なんでこんな日に登ってんのー!


と、思っていた時

地蔵の手前でちょっと空が明るくなりました
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 009
うわっ!うわっ!


樹氷群が見えてきたー!♪O(≧∇≦)O♪
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 011


ちょっとUPで
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 012
見えている黒のツブツブは人
山頂駅の地蔵尊の周りに人がいっぱい


このまま晴れるのか?!と思いきや、やはり、一瞬の出来事だったようです



またポールを追って歩くといつの間にか地蔵岳の山頂

あれ?最初からポールを追っていけばよかったのか?いやいや、、、山頂では見つけられなかったし・・と疑問に思いながら地蔵岳を後にしました(まぁ帰りはトレースたくさんあったからね。。。)



なんだか不完全燃焼

樹氷もあまり見られなかったし。。つまらないので、山頂駅まではトレースを外れて樹氷の中を歩きました
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 019
ここまでくれば、山頂駅は目と鼻の先なので迷う心配無し


ちょっと小ぶりな樹氷に抱きつき
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 025
ナデナデしてみます


モリモリした樹氷の中を歩いて
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 029
こっちの方が楽し~^^天気が悪くても楽しいのだ


楽しさも束の間
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 034
この吹きだまりを超えれば終了


山頂駅10:55―11:10地蔵岳(ウロウロして)11:35―12:27熊野岳12:45―14:00山頂駅


去年の樹氷
http://yamabiyori.blog49.fc2.com/blog-entry-560.html

夏の熊野岳
http://yamabiyori.blog49.fc2.com/blog-entry-513.html




今日の宿は「かみのやま温泉」
ホントは蔵王温泉に宿を取りたかったけど、どこも満室だったのよね・・
DSC_0108.jpg
午後から天気回復な蔵王山頂を期待していましたが、夕方もしっかり山頂には雲がありました
これで諦めがつく(もし、晴れてたら、くやじー)



米沢牛や芋煮をはじめとする山形の「ごっつぉう」
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷料理 036
うんうん、、、北国の味はおいしいな~^^
もう、樹氷の不完全燃焼を温泉とおいしいものにぶつける・・・


これも忘れずに・・
DSC_0110.jpg
かみのやま温泉の夜は更けていくのでした




明日は晴れの予報

明日こそは!明日こそは!

晴れの樹氷群を歩きたい!


追記を閉じる▲

【2016/02/15 10:18】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ROCKY
たっぷりの雪景色ですね~
今年は 蔵王も雪が少ないの?
それとも 例年並みなのかな?

フカフカの雪の上を歩きたいよ~


ぜいぜい
なんかニュースで樹氷が崩壊して樹氷祭り延期とかいっていたような。。。

一時でも見えてよかったね。


hiro
ROCKYさま
雪が降らないこっちから行けば、そりゃ~もう^^
たっぷり感満載ですよ。

でもやっぱり、去年より雪少ないです
車道も雪無かったし・・・

関東を抜けるとフッカフカの雪ですので・・・
温泉とセットで^^どうぞ~


hiro
ぜいぜいさま
え~!!壊れちゃったの~?この日までは寒い感じだったけど(天気も悪いから)
次の日が暑くて・・・
そのせいで壊れちゃったのかな
確かに去年のような大きいのは無かったし・・
枝もツンツンだったからね
あの暑さじゃ~・・ね。

山頂駅の周りの雪景色、初めて見ることができました


コメントを閉じる▲
今日は大勢で賑やか登山です
賑やか・・・でも登っている最中は無口^^;
ゆっくり歩きますが、息があがって
DSC_1043.jpg
今回は昨年山で亡くなった友人の追悼登山です
その友人の山繋がり、職場の方が集まりました


前日の降雪で大丈夫か?!車は・・・と思いながら、大月カントリークラブの北側の駐車場までドキドキしながらの運転

案の定、路肩の駐車場は雪で埋まっていましたが、運良く、反対側登山口より100m程離れた場所に雪が無い空き地がありました(ほっ


雨が降っていないのに、かなりの雨が・・・

と、思ったら、木々についた霧氷が溶け出して、雨のように降っていました

レインウエアの下を履き、フードを被っての出発です
扇山 001
登山口までトコトコ・・・


登山口には「扇山管理委員会」?と書いた建物
扇山 002


左にはトイレ
扇山 003
確認していませんが使えたようです


出発です
扇山 004
霧氷の雨が落ちてくる杉の樹林帯の中へ


所々、雪がある道をしばらく行くとベンチ
ここで息を整えます
ゆっくり歩いているのに、だいぶ暑い・・・


ちょっと行くと水場
扇山 009
たくさん出ていました


樹林帯の中の雨はけっこうな本降りですフードにボタボタ音を立てて当たります

雨に混じって、氷も落ちてきます
その氷を見ると細長く枝の形
空洞になっていました(ストローみたいの)
こんな氷の形は初めてです


黙々と下を向いているので景色はあまり見ませんでしたが、木々の間から富士山
扇山 011


またまたしばらく行くと分岐
扇山 012


いつしかあたりは落葉樹の森になっていました

足を止めると、カラカラ・・・・と木々からは水滴ではなく、氷が落ちる音がしてなんとも綺麗な音

霧氷の中を進みます
扇山 013
これは振り返って・・・


気温があがって周りは水蒸気に包まれます
扇山 014
もや~っと幻想的


やっと稜線にでました 大久保のコル
扇山 015


左を向けば百蔵山からの縦走路
扇山 017
こっちは雪が多い
以前、百蔵山とセットで扇山を歩こうとしたけど、扇山への大きな登りを見て早々に断念したのよね・・・
(は~、、今日来られてよかった^^)


山頂への稜線は穏やか
扇山 019
ステキな世界を進みます


お!見えた!
扇山 020



到着
扇山 024
山頂は開けていました
先着者が2~3組みでしょうか。。。人もまばら



残念ながら富士山は雲の中に見え隠れ
扇山 025


皆ベンチで休憩

私は100均銀シートで休憩
DSC_1041.jpg
今回は甘酒を作りましたー


山頂は陽射しがいっぱいで、風も無く暖かでした

着ていたアウターを脱ぎ、濡れた服を乾かします(太陽の陽があったかい^^)


一時間ほどおやつタイム
2220160131231841793.jpg




下山途中、氷の重みで垂れ下がった枝を撮ってみました
扇山 031
氷にコーティングされた枝

霧氷だと思っていたら、「雨氷」と言うらしいですね

落葉樹の枝などに付いた水滴が凍る幻想的な雨氷現象が観察された
甲府地方気象台によると、雨氷現象は冷え込みが厳しい時に濃い霧が発生すると起きる。富士北麓(ほくろく)では冬に数回見られる現象だという
   ~朝日新聞より~

だそうです

私は雨氷なんて初めての体験でした


緩やかな斜面を下って
扇山 036


杉の樹林帯に入ったら雨氷は溶けている様子

水滴はあまり降ってはきませんでした

フードも外したので。。。

行きに全く気がつかなかった「山の神」
扇山 038
帰りに気がつきました

おしまい

登山口10:25―水場11:04―11:32分岐―11:58大久保のコル―12:10山頂13:10―14:02山の神―14:30登山口(休憩も含む)




今日の一言
この日はブログを書いて10年!
月日の流れは早いものです☆彡


追記を閉じる▲

【2016/02/02 12:30】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
扇山も中々いいお山だね~
私も日曜に霧ヶ峰で雨氷見たんだよ。
すんごいきれいだったよね。


hiro
ぜいぜいさま
扇山、中央道からよく見る山姿の立派なお山に登ってみたかったので、ちょうど良い機会でした。
そんなに時間もかからなくて山頂は広いから快適だし^^雪があるから尚更雰囲気よくて。お隣の百蔵山と同じような感じでした。

ぜぜ家は霧ヶ峰でしたか~。少しは雪は積もったかしら(一月の時はぜんぜんでしたので・・・)
この時の雨氷は至るところで見れたんですね~

コメントを閉じる▲
冬休みで沖縄に行ってきました\(^o^)/
出発の前日まで寒波の影響が沖縄にもあったそうです

亜熱帯なのに雪が降ったとニュースでやっていました

せっかく寒い本州を脱出してあったか~い沖縄に行ったのに、雪じゃ、、、

なんの為に沖縄まで行ったのか!

と、心配にもなりましたが、飛行機を降り立ったとたん、そんな心配はいりませんでした

今日から暖かくなったとのこと・・

一日目よりも二日目、二日目よりも三日目と、ぐんぐん気温は上がって最終日には25度まで

暖かいを通り越してあっつ!!

体の芯から温まってきました




二泊三日の覚書

一日目
座喜味城~残波岬~お菓子御殿~琉球村

座喜味城
29 沖縄 009

残波岬
29 沖縄 023

ホテルの部屋より
29 沖縄 038


二日目
万座毛~美ら海水族館~フクギ並木~今帰仁城~古宇利島~ナゴパイナップル

万座毛
29 沖縄 043

美ら海水族館
29 沖縄 059

フクギ並木
29 沖縄 083

今帰仁城
29 沖縄 092

カンヒザクラ(寒緋桜)
29 沖縄 099

古宇利島より古宇利大橋と屋我地島
29 沖縄 109


三日目
首里城~斎場御嶽(せーふぁうたき)~玉泉洞

首里城
29 沖縄 122

斎場御嶽より久高島
29 沖縄 131



今回は世界遺産を中心にレンタカーで廻ってみました

今度は北部でゆっくり、のんびりしてもいいかな

やっぱり沖縄は冬がいい~✩

本州に戻ってきたら体の芯から冷えてしまいました


今回は食べ物画像は無し

ん~。。。やはり沖縄の食べ物(味?なのか。。。)は口に合わないみたいで

どうも食欲がそそりません(あ、、もずくは大好き)

最後、那覇空港で食べた日本蕎麦(どこにでもある‘そじ坊‘の蕎麦つゆ)にほっとしたのが自分でもおかしい^^;

世界遺産を見てもわかるように、琉球王国の歴史と文化を考えれば気候も含めて食文化は違うものね

言葉と法律が本州と同じだけで、沖縄という名の別の国だなと改めて感じる今回の旅でした


追記を閉じる▲

【2016/02/01 21:58】 |
トラックバック(0) |


ぜいぜい
こっちで震えていたその頃に、あっつあつだったんだね~
うらやまだよ


hiro
ぜいぜいさま
今回は「鄙びた宿で雪見の露天風呂orあったいところ」
という親の希望でした。
結局、あったかい場所へ、、ということで沖縄になり・・・
冬の沖縄の暖かさを(暑さ?)を満喫してきましたよ。
年中こんな気候だと植物もすくすく育つわけだ!と納得・・・


コメントを閉じる▲