山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
またまた悩ましい季節がやってきました
日影沢 002
何が悩ましいかって?

そりゃ~まったくもってスミレの名前がわからないからデス!(きっぱり)
調べれば調べるほど・・・分からなくなり、混乱してしまいます
(混乱しすぎて、タチツボさえ???ってなるほどよ)
もう、スミレは一括りでいいか!(爆)と思いたくなるような一日でした

と、いうことで、高尾に散歩に出かけました

ホントは長野とか新潟とかの山に行きたかったけど、天気予報じゃそっち方面はまだまだ冬型

でも、いざ週末となると、晴れてるの!

なんだか、、もぅっ!って感じですが、仕方ありません




高尾はうちから30分
(あらら。。。高速のおかげで丹沢より近くなっちゃったよ)

駐車場についたのは1時半くらいか?

どこも満車なので一日最高限度額2000円の極楽湯の提携駐車場に止めました(お高い・・・・)


上まで歩くか?リフトか?の選択に・・・
そっこーでリフト!(480円)

出だしからダラダラの歩みです^^(まっ、もう午後だしね)


リフトの右土手にはスミレがたくさんありました
あ~ん、ちょっと遠くて、名前がわからな~い
なんて申しますが、近くで見てもわからんちんなのです^^;


リフトを降りて蛇滝の方へ向かいます

最初に見つけたスミレ①
日影沢 002
薄ピンクかわいい~


先に行くTさんも撮っております 
日影沢 004
あったよー!と、スミレで声をかけてくれるのでありがたい


薄ピンク②
日影沢 005
葉っぱが上のと似てる


これも薄ピンク 花の形は上とは違うような③
日影沢 011
葉っぱに斑が入ってる(ホントに斑なのか?それさえも・・・)


これ、もうちょっと薄紫だったんだけど・・・④
日影沢 012
タチツボかしら


蛇滝の下にはユリワサビがいっぱい
日影沢 014
調度、ユリワサビ全開!って感じでたくさんの群落がありました


日陰のくら~い場所で黄色に光る
日影沢 016
薄暗い地面にこの色は鮮やかでした
名前で損をしているような・・・・ヨゴレ


なんだか誰かに見られてる感でソワソワ・・・する

と、思ったら鳩
日影沢 017
近くに寄ると逃げるし、無視すると近くまで寄ってくるし


ハナネコノメはもう終わり・・・
日影沢 018
でも、でも、赤が付いてるのを見つけた^^

ハナネコノメも群落
日影沢 020


テクテク下っていくと
ニリンソウの花畑
日影沢 022
でもまたちょっと早いのよね・・・と去年も思ったっけ


このスミレもなんだろねー⑤
日影沢 024


スミレの名前が分からなくてモヤモヤと不完全燃焼で歩みを進めます

高尾JCTまで降りてきました
日影沢 028
梅はもうおしまい
かろうじて花がついてます
桜にバトンタッチ!


空き地の土手にはヒメオドリコソウ 
日影沢 030
外来種でどこにでもあるな・・・


初めて寄りました お豆腐や
日影沢 032
Tさんはおからドーナツをお買い上げ
納豆が欲しかった私ですが・・・持って歩くわけもいかず・・・・断念(もちろん、見ればお豆腐も買いたい)


日影沢に向けて車道をトコトコ
日影沢 033
スイセン、きれいだなー


民家の土手で⑥
日影沢 034


これは上のとは違うわよね⑦
日影沢 035
花の形が違うしね


日影沢の駐車場付近で
日影沢 036
一輪咲いてました キクザキイチゲ
去年も一輪だったよね


うわっ!また違うスミレが出てきた⑧
日影沢 037
とりあえず撮っとこ


上と似ていると言えば似ている⑨
日影沢 039
花の形が違うと言えば違う・・・



キャンプ場の駐車場でちょっと休憩

ネコネコシリーズの大親分はココにもいました

二匹の猫とジャレニャンコ



これから山頂かぁ?と相談しますが、山頂から下山する頃はもう5時をまわっていそう

薄暗い中を降りるのも花も見れないしで、、

そのまま来た道を帰ることにしました

もちろん、山頂へは行かず、駒木野から20号へ出てぐるっと

初めてこのルートを歩きました


けっこう歩いたな・・・コンクリ道

ちょっと疲れました


スミレの名前が分からなくてモヤモヤしたままのお散歩でした

でもこの時期、どこの山へ行ってもスミレがあるし・・・
(かわいいお花は見たいもんね)

当分、不完全燃焼の山行が続くのでしょうか


そろそろ、本格的に長い山道も歩かないと体力的に心配です


追記を閉じる▲

【2016/03/28 11:53】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ROCKY
高尾のすみれに異常に詳しい高校時代の同級生がいて
何度も現地で教えてもらうんだけど・・・
まったくおぼえられません・・・┓(´_`)┏


hiro
ROCKYさま
あら~、、、そうでしたか~でも、スミレ先生がいるのはいいですね~
私はだいたい名前の検討はついてますが、確定できないです。違った種類かな~?と思ったら写真を撮って家で調べるようにしていますが・・・
側弁に毛有り?なし?だけで、分からなくて大騒ぎしてますよ(@@)
違いが分かる女になりたい^^;


ぜいぜい
>混乱しすぎて、タチツボさえ???

ここワロタ、でも気持ちはわかる。
もしや違うってだんだん疑心暗鬼になっちゃうんだよね~

写真のスミレたちは結構特徴がでてるから、調べればわかりそう。
4種類?


hiro
ぜいぜいさま
うん。4種類くらいだと思うんですが・・・・
画像の葉っぱが不鮮明だから、自分でも今となっては識別ができなく^^;
①~③はフイリヒナスミレ
④タチツボ
⑤アオイ
⑥ニオイタチツボ
⑦タチツボ
⑧⑨ん~・・・・・・
なんて考えてたんだけど

せっかく覚えるのに、スミレの時期が終わって一年経つと忘れてるんですわ


コメントを閉じる▲
みかも山のカタクリを見に行ってきました
みかも山 048
先週は風邪で4日間も寝込んでしまいました

熱が下がったと思ったら今度は咳の嵐

みかも山も少し歩いてはコンコンコン・・・・ぜぃぜぃ・・・と

そして四日間も布団の中にいれば足腰も弱って

そんなに歩いてないのに脹脛が筋肉痛です

筋繊維ボロボロって感じ


それではみかも山のカタクリをどぞ↓



毎度渋滞しそうな関越道を早朝に通過、東北道の佐野藤岡ICにつきました
(これまでの経験上、鶴ヶ島JCTを5時~5時半に通過すれば、バッチリ^^v)

あまりの早朝すぎて、みかも山公園の駐車場はどこも閉門(6時前だったからね)

北口の駐車場が空いてたので止めることにします(500円)他の駐車場はタダみたい


朝早いからまだお花は咲いてないよ~・・・と同行者のTさんに言うと、ぐるっと廻って時間調整すれば咲いてるよ・・・と
みかも山 001
この建物の隣が駐車場 ここから出発です


ちょっと歩くと水芭蕉が咲いていました
みかも山 003
今シーズン初!

さらに進みゲートの扉を開けると
みかも山 006
両脇にカタクリの群生地が広がります

が、、

朝はショボクレ
みかも山 007みかも山 008



とりあえすここは素通りして帰って来たときに撮影会をすることに
みかも山 011
思いのほか、アヅマイチゲが多いので開いた時が楽しみです^^


ここから青竜ヶ岳に向けて坂をぐんぐん上がっていきます

足元にはスミレの葉がたくさんありましたが花はまだみたいです

ゆっくり歩いて咳が出ないようにと・・・
でもぐるじ~・・・・咳も出て疲れました
(ホントは北横のロープウエイでまた展望でも楽しもう案もあったけど、そっちにしなくてよかったわ)



アンテナ塔のある山頂です
みかも山 013
霞んでいてモヤ~ッとしています (ちなみにこれは西向き)

花粉も朝から凄いです


ぐぐっと登ってきたので、こんどはぐぐっと下ります

延々と下っていきます

これは最後、ここを登るのか。。。と思うと憂鬱ですが、病み上がりのいい運動だと思って


下った先には車道 これを突っ切ります
みかも山 015
ご近所さんの朝の散歩コースらしい
犬の散歩コースでもあるらしい


振り返って、、、だと思う(道に変化がないので方向もちょっと記憶が曖昧)
みかも山 016
右のポコが青竜ヶ岳


ちょっと登って中岳山頂
みかも山 019
ベンチが2個
展望も無かったのでこの先のパラグライダーの発着場所へ行きます



ここでおやつ休憩
みかも山 020
これ東向きだけど、やっぱりモヤ~っとして不明瞭
とにかく花粉がすごいのよ!


この先、ほんのちょっとで三毳神社があります
みかも山 021


三毳神社のその先は、朝立ち寄った道の駅「みかも」
みかも山 022
この下が南口の駐車場みたいです


ここで折り返し来た道を戻りました


中岳まで戻り、東口のかたくりの園へ向かいます


今回歩いたルート 地図は「みかも山公園より」
file0013.gif


中岳を降りていくと
みかも山 025


東向なので、お花もお目覚めです
みかも山 031


スイセンの葉の中にカタクリ
みかも山 032

時間は8時半過ぎ

東口の駐車場が開門したようです

たくさんの人が登ってきました


更に下って東口の駐車場の近くには野草園
みかも山 039
アズマイチゲとか咲いているんだけど・・・・


キクザキイチゲもありました
みかも山 038


湿性自然植物園のベンチで休憩
みかも山 040
座禅草もちらほら・・・


ここから青竜ヶ岳に向けての登りです

頑張ってイッキに登りました(咳をしながら^^;)

山頂で一息ついて

北口のカタクリ園へ降りていきます


咲いてた~^^
みかも山 045

北側斜面にもようやく陽が差し込んできたようです


アズマイチゲも綺麗に咲いていました
みかも山 050


白い花って・・やっぱりメルヘンの世界だな~・・・
みかも山 051


白とピンクと・・・・
みかも山 056
林の中に広がります


午後になれば更に華やかになるでしょうね
みかも山 066


北口駐車場6:22―7:00青竜ヶ岳―7:41中岳―7:46パラグライダー発着7:58―8:45湿性植物園8:57―9:27青竜ヶ岳9:35―10:09駐車場






ちょっと早いけど、お昼ごはん

せっかく佐野に来たからね

佐野ラーメン
(私、佐野ラーメンは初めて 高速のSAでしか食べたことが無かったもんで)

塩ラーメン
DSC_0163.jpg


醤油のチャーシューメン
DSC_0162.jpg

佐野ラーメンのMAPを片手に探しますが、、、それには載っていないお店に入店
青竹打ちの平麺「おお竹」
不揃いな麺がまさに手打ちそのもの!
スープも透き通って優しいお味^^
大満足でした^^また食べたい味です



食後はアウトレットでお買い物


そして、群馬に移動します

高速があると便利だわ

群馬の三大梅林を満喫しました

箕郷梅林
みかも山 069


もう、梅は終盤だけど
みかも山 079
枝先はまだまだ 蕾って好きなのよね。。プクッとした感じが^^


あたり一面梅林です
みかも山 086
山肌一面って感じでした



榛名梅林
みかも山 087
バックは榛名山


梅干も忘れずにお買い上げ
みかも山 094
美味しそうだったので思わずパクリ・・・(右上に隙間が・・・・お土産なのにね

移動中の景色は至るところに梅の木

土地に隙あらば梅!って感じでした


最後は秋間梅林
みかも山 099
この頃にはもう陽も傾きかけ
お店もお客も帰り支度でした


三つの梅園、中でも榛名梅林は梅林の中でシート敷いてゆっくりできそう^^
群馬に梅林が多い印象が無く、梅園の名前も聞いたことが無かったので私としては新たな名所を発見した一日でした
お手軽ハイキングだと観光もプラスできてお得^^




追記を閉じる▲

【2016/03/22 19:05】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
お花畑を巡る旅ってかんじだね~
三毳山は一度行ったきりだったけど
3月下旬でまだ咲いてなかったなあ。
今年はやっぱりお花が早いね。


hiro
ぜいぜいさま
遅ればせながら・・・私もみかも山デビューをはたしました^^
なかなか遠くの低山は歩く機会がないので、お花巡りとのセットならGOですわ
関東でこれだけの群落はすごいですね
毎年いいお花を咲かせてもらいたいものです

やっぱ、今年もお花は早いんですね・・・・のんびりしてられない(爆)

コメントを閉じる▲
鹿俣山です
鹿俣山 053

お花か。。。雪か・・・・・迷う季節ではありますが・・・
もう少しスノーシューがしたいのです
天気は晴れの予報

早朝の関越道はいつも以上に混んでいました
(いまにも渋滞が起こりそうな感じ)

久々の休日の晴れだもんね。みんなスキーに行くよね・・・


空が白み始め、周りの景色が見え始めると、ガスが立ち込めていました

あらら。。。天気はどうなっちゃうのかしら・・・と思いましたが

今日は気温が上がる予報

陽が上ればこの水蒸気も消えるでしょう!
(と、勝手な判断)



たんばらのスキー場の駐車場には7時着

駐車場の誘導係にこっちゃ来いと手招きされ、運良くリゾートセンターの前に案内されました(土日は1000円)

まだ営業前なのに、どんどん車が入ってきます(リフトは8:00から)
(登山客なんでいませんてー)


このところ、リフトやら、ロープウエイやらで楽をしていたので今日は下から歩いて登ります

リフトを乗り継ぐと鹿俣山まで30分とかからないようですし、それじゃつまらないのでね・・



まずはゲレンデ横の林道をてくてく・・・・
鹿俣山 002
右手の土手の上にはペンションが立っています


この道、ゲレンデの様に整備されていました
鹿俣山 003
シマシマ 今日一番のりで踏み跡をつけます


右手はキャンプ場でしょうか。。。
鹿俣山 005
朝日が上がってきました



ここは第一リフトの終点 レストハウスがあるところ ここまでは非常に傾らかな斜面
鹿俣山 006
見えているのは第三リフト



ここでスノーシューをつけまして、ブナの森に突入

ひろ~い^^あれ?
鹿俣山 010
と、おもったら、ここはまだゲレンデでした
人もまだいないので、ゲレンデを歩く・・・


振り返るとリフトが動いていて・・・
鹿俣山 012
谷川岳と仙ノ倉へ続く稜線☆彡
その屏風のような稜線に圧倒されます

おお~!!!と、テンションUP!

天気もよく視界も抜群^^


ほどなくして第三リフトの終点地点
鹿俣山 018
この先は林の中に入るのだけど。。。
この坂をみて、これホントに登るの?と・・・・

意地悪そうな尾根だったので、ゲレンデを歩きたい感が満々^^


第三リフト終点のおじ様にルートを聞きに行くと
鹿俣山 019
わざわざ案内してくれました ありがとうございます^^

この右上がシャクナゲ平だそうです
おじさん、「シャクナゲはもう芽が出てますよー」だって
やっぱりこの尾根を上がるのね・・・


夏道の標識はありますが、この時期はあってないような物
鹿俣山 022
雪の状態と相談して自分の行きたい方向に修正します

少しゲレンデを歩いて、登れそうなところからトラバースして登っていきました


これ、登ってきた斜面
鹿俣山 023
下はゲレンデ


ここからの尾根の登りはきつかったけど


登りきった平な場所がステキ!!
鹿俣山 025
でっかいブナに囲まれました
ブナと同化したTさん 青のヒップソリが目印
(いや~、この木はデカかった)


疲れた~・・・このデカブナの下で休憩
鹿俣山 029





ここから登ることしばし・・・・
シャクナゲ平から一旦降りるルートが急で迂回が必要・・・

とネットで調べていたので、迂回しなきゃ・・・と思っていたけど、、


思っていたけど



着いちゃった



シャクナゲ平(もぅ・・あれほど、予習してきたのに)
鹿俣山 035
平坦な雪の先はもうドボン尾根がきれた感じの場所
誰も降りてないみたい・・・・踏み跡無しでした

とても私には降りれそうになかったので、迂回ルートを探しますが、右斜面は谷のトラバースで×

結局、少し戻ってゲレンデに降ります
(迂回トレースを探したんだけど、、、踏み跡も無かったな~・・・)



これ、ゲレンデに出て迂回して振り返ったところ 
鹿俣山 039
このこんもり山がシャクナゲ平  →がゲレンデから迂回してきたルート


ここまで来ると鹿俣山の稜線がすぐそこに見えます
鹿俣山 040
そして、第二リフトトップもすぐ左にあります



急でしたわ・・・
鹿俣山 044
直下はスノーシューだとキツイ

もう、雪も重いのですよ

トレース通りに歩いて最後は斜めに稜線に出ます
鹿俣山 045


稜線到着
鹿俣山 046


稜線からの展望
鹿俣山 047
たんばら湖と駐車場も見えました


右へいきます
鹿俣山 049
坂を2個ほど登り


ここ急だった~・・・ヒップっそりの跡でツルリン
鹿俣山 050
(下りはヘッピリ腰でした スノーシューじゃなくてアイゼンで下った方が良かった・・・)


登りきって山頂です
鹿俣山 051
たぶん、本日一番だな


ちょっと先まで行ってみました
鹿俣山 066
上州武尊の展望です


手前の稜線の雪庇UP
鹿俣山 063
今にも溢れんばかりの雪

この先のピークまで行ってもよかったのですが稜線だし、休憩できそうな場所もなさそうなので・・・
武尊も見たし、山頂へ戻ります


山頂万歳の図
鹿俣山 075
↑スノーシューつけてますが、ほぼ用を成しません


山頂で写真を撮っていると5~6人のグループが到着
リフトで楽々だそうで
この先、行ける所まで進むそうです(この次は先まで進むんだったら体力温存してリフトでもいいかも)


山頂が空いたので
鹿俣山 078
南を向いて 地図を見ながら寝そべります どれが、どの山かしらん・・・


北側は木々に覆われて展望がありませんが

その木々の間から上越国境の山がチラチラ見えるんです

チラ見せはもう、我慢なりません。。。


ランチはあの屏風のような稜線を見ながら食べるー!と私 
鹿俣山 081
が、、、ここは稜線の上で場所がイマイチ・・・


景色は抜群なのにね
鹿俣山 082



結局、稜線を下り、第四リフトの上の稜線が途切れるところまで行って、ここで落ち着きます
鹿俣山 087
あ~、、やっぱチラ見せだ
(カッコよくスノーシューを立てますが、用を成すのはブナの林の中だけ・・・それもあまり沈まない^^;)

ゲレンデがすぐ後ろなので、うるさいくらいBGM付きの環境♪


今日は白湯うどん
鹿俣山 088
きしめん2玉は重かったぜぃ
野菜たっぷりサイコーのランチになりました

食べていると、だんだん山が霞んできます

ブナ平を抜けて下山しようと思ったけど、上空も雲が所々に出てきました


下りはゲレンデの中の森を通って
ゲレンデもまたいだりして
鹿俣山 090
駐車場に到着しました


たぶん、こんな感じで歩いたとおもう。。。
1img03.jpg
地図はたんばらスキーパークより


駐車場7:43―第三リフト始(レストハウス)8:16―8:55大きいブナ9:01―9:21シャクナゲ平―10:04山頂10:43―11:15第四リフト上ランチ12:25―12:57レストハウス13:16駐車場




帰りは川場の道の駅で買い物

これ、ライブ山賊焼き 500-
鹿俣山 092
ベーコンとハムに埋まってるけど、、、ウインナーが5本も入ってかなりお得な商品
お味も抜群です 16:00までの販売
ビール欲しっ


おしまい





追記を閉じる▲

【2016/03/08 08:55】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
ここって標高の割には意外と雪が多いんだよね。
ブナの雪原はやっぱいいね~
でもってライブ山賊焼き、今度買ってみよう!


hiro
ぜいぜいさま
ここのブナは大きいですね。私もブナ林は好きです。芽吹きもきれいですよね。
雪が軽ければもっとよかったけど。またいつかに期待ですわ。
山賊焼き、ぜひ試してみて下さい(^^)
一つをシェアで十分な量!これにビール…(*^^*)


コメントを閉じる▲