山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
またまた風邪をひいてしまいました

でも土曜は天気がいい!

どっか行くー!山じゃなくても行くどー!と根性で治して(でもお喉がガラガラでしたが)

出かけてみました
伊勢崎ICから下道を走り、鳴神山の駒形登山口に着いたのは6時半ごろ?

最後の一台に止められました(ラッキー)
鳴神山 001
これよりあとは路肩駐車となります・・・


準備をして出発~♪

鳴神山といえば、アカヤシオ

今日はアカヤシオ目当てです
鳴神山 002
この道路を上がっていくと簡易トレイがありました
ありがたい^^


舗装を進んでいきます
鳴神山 003
周りはちょっとだけ緑が芽吹いています


よく道端で見かける花
鳴神山 004
名前わからないけど、調べたらキランソウというらしい


ここから本格的に登山道です
鳴神山 005


沢沿いの道にはまだ陽が入りません
鳴神山 006
緩やかな道が続きます


すぐにスミレが出てきました
鳴神山 010
タチツボスミレ


ん?エイザンスミレに似てるけど・・・・
鳴神山 011
葉っぱの切れ込みがいまいち・・・

ん~・・・と悩んであるきますが、これが最後に何かわかるのです

たくさんスミレが咲いているので、モヤモヤしながらの歩になりました


ニリンソウは蕾
鳴神山 016
この蕾の薄ピンクがかわいかったりするのよね~
ニリンソウも至るところで株になっています


しばらく行くと
お!休憩ポイント
鳴神山 019
切り株のベンチでありがたい^^

座った前は水場
鳴神山 020
これは地図には無いかな・・・飲めそうです(地元の人でしょうか・・・汲んで飲んでいました)


ここからちょっと急になりました

カタクリはもう終わり・・・
かろうじて、遅咲きが一輪・・・二輪

上を見上げるとアカヤシオがちらほら咲いています
鳴神山 023


ピンク発見!アケボノスミレでしょうか・・・・
鳴神山 021
もう、わからん・・・・


つづら折れの道を上がっていくと鹿避けの緑ネットがいくつもありました
鳴神山 024
レンゲショウマの育成中の張り紙がありました


尾根の肩の広場に到着
鳴神山 026


カッコウソウの案内があります
鳴神山 028
クリックで拡大(ちなみに今回のルートは赤→

なるほど
鳴神山と言えば、カッコウソウなのね
カッコウソウの名前は聞いたことがあったけど、こことは知らなんだ・・・・
地域限定植物はまたいつか・・・・


肩の広場の鳥居をくぐれば山頂は間近
鳴神山 030


よいしょっと岩を登り山頂です


桐生岳
鳴神山 031
周りには咲き終わったものや蕾の物などアカヤシオに囲まれています


こんな山が見えるそうです
鳴神山 038
この道標の後ろに薄い浅間山が見えるのよ
でも、もう消えそう・・・

関東平野もモヤの中で薄い


こちらは行く手の仁田岳方面
鳴神山 040
アカヤシオちらほら・・
その向こうは谷川方面ですよ 万太郎とかね


ちょいセマな山頂にはベンチがありまして(15人くらいで窮屈かな)

北側に座ってお茶します
鳴神山 041


更に右へ
鳴神山 042
こちらは結構見えています


もひとつ右へ 
鳴神山 043
男体山ファミリー

なかなかの展望です

人もあまり居ない時間だったので、ベンチも空いていました

コーヒー飲んで、パウンドケーキ食べて・・・


次はお隣の仁田岳へ向かいます

岩道を5分ほど下るとすぐ山頂
鳴神山 045
木々に囲まれて展望はありませんが

アカヤシオに囲まれます
鳴神山 047
まだ蕾が多いのでパッとはしません
地元の方でしょうか。。。来週あたりはいいのでは?と言っていました
(というこは来週は激混み!ってことね)


しばらく下ると第一展望台
鳴神山 051
赤城山が見えます
第一があるということは、第二もあり・・・

仁田岳から下りはアカヤシオが左右に出てきます
鳴神山 054


けっこう細い尾根なのでアカヤシオに気を取られていると
鳴神山 055
落っこちますぞ(←自分に言い聞かせ)


お花の中のTおっさん
鳴神山 057
細い尾根でカメラのレンズ交換
見ているこっちがヒヤヒヤ
お高いレンズがゴロンゴロンしますぞ


椚田峠まで下りてきました
鳴神山 059


ここもカッコウソウの案内
鳴神山 058
カッコウソウなら反対側から周回してもいいね


落ち葉の山道を下ると林道にあたります

林道もスミレがたくさんでした


今日一番の色の濃いスミレ
鳴神山 062
オカスミレかしら・・・


マルバスミレかな~
鳴神山 068


日当たりがよい道はニリンソウもパッと咲いています
鳴神山 070

コガネネコノメソウ
鳴神山 073



林道の斜面を地元のおじさんが撮影しています

スミレの群落です

ピンクの色合いが可愛らしいスミレでした
鳴神山 074

私が知っている数少ないスミレの名前を頭に浮かべますが、どれもピンときません

おじさんに名前を聞いてみました(←たぶん、スミレの名前がわかる人だと直感)

「ヒトツバエゾスミレ」だそうです
(エゾスミレは聞いたことあるけどなぁ~・・・・忘れないように、メモっときました)

エイザンスミレとも違うこのスミレは葉っぱが一枚

葉っぱの切れ込みはエイザンスミレの名残だそうです

そして、この白色が「ナルカミスミレ」だそうです

へぇ~・・・ご当地スミレがあるのか・・・

そんな中ひとつの白株を発見
鳴神山 077
でもこれはナルカミじゃないそうです

ナルカミは距も白だそうです
これはちょっとピンク入っているし

そして、茎の部分がナルカミは緑だそうです
これは茶色だし・・・

おじさん曰く、図鑑にも乗ってないんだぞーと

去年はたくさんあったのに、今年は無い!
出るか知らんが、まだ無い!そうです

鳴神山はこの時期、アカヤシオで賑わうけど、山頂まで行かず、この赤柴林道に通ってスミレを見ているそうです
スミレ探して50年って感じの年季だわ^^と思いました(50年かどうかはわかりませんが)
鳴神山 079

最初のスミレの名もこれなのね・・・と納得


なんだか今日はスッキリして駐車場に着きました
鳴神山 083
至る所にあったトウゴクサバノオ

登山口7:05―8:34肩の広場―8:42鳴神山9:20―9:40椚田峠―10:33登山口


午前中に下山なので、近くにある赤城南面千本桜を見に行きました(駐車場500円)

ソメイヨシノはもう終わりでしたが、かろうじて大島桜、ベニユタカという種類が咲いていました
鳴神山 085

すぐそばのソメイヨシノの並木道は咲いていたらすごいな~と思わせる大木でしたが
鳴神山 088
こちらの彩もほっこりする色です


お隣のクローネンベルグではスイセンが満開
鳴神山 091
今日は入場無料だそうです そのまま歩いて入れました


お昼を水沢うどんにして、次に向かったのは

3月に梅を見に行った箕輪梅林の近くの「みさと芝桜公園」(1人300円)

調度、芝桜がいい頃のようです
鳴神山 094
向こうの山は榛名山

関東の南だと、芝桜は人でごったがいする印象ですが、ここは人もあまりいなくてよかったです(時間的にいないのかな)

芝桜いろいろ・・・
鳴神山 107


春ですわ~:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・・*
鳴神山 117

おしまい


追記を閉じる▲

【2016/04/18 15:02】 | 山の記録
トラックバック(0) |

恐れ入りました…
K林@一休み
ついていけません…


hiro
K林さま
いやいや・・・気合はあるんですが、体が重くて思うように歩けませんてばi-201もう、K林さんと丹沢に行っていた頃のように歩けません(悲しい)
今年はシロヤシオを狙いたいと思います(ヒルなんてこわくないどー爆)
その頃は丹沢の新緑もいい頃なんですよね~


ぜいぜい
お~すごい花見ツアーじゃないですかあ。
とても風邪とは思えないよ~
変わったスミレがあるんですね、鳴神山ちょっと行ってみたい!


hiro
ぜいぜいさま
天気がいいとわかったら頑張っちゃって、一週間たっても風邪が治りませんわ。まだ鼻声で・・・自業自得ってやつです。(なので今週末はおやすみ】

いろいろご当地スミレがあるんですね。
もう、スミレは老後の楽しみにしとこうかな・・・と思ってるけど、その為に少し知らないとね^^;
今週末はアカヤシオ、もっと咲いてるって地元の人が言ってましたー

コメントを閉じる▲
今日は大山です
10年以上ぶりかも・・・・
大山だからゆっくりでいいかな・・なんて思って、のんきに構えていたら
大山の駐車場は混むよ~と同行者のTさんのお話

7時前には到着できるように出発します



第一駐車場は空きはまだありましたが、30分もしないうちに、たぶん埋まるでしょう・・・・な感じでした
(第一は¥1000-です)


準備をして出発~!

周りは桜が綺麗です

山にポツポツと調度見頃な感じ



大山はなんせ10年以上前なので記憶が曖昧でしたが

ケーブルカーまでの道を歩いている時、断片的に記憶がよみがえってきました^^;

ホント、10年一昔ですわ



女は黙って男坂!を進みます
2016410 大山 002
左が女坂 右が男坂


もちろん、男坂の方が急でして・・・
(前も男坂だったわ)

見上げるほどの階段で後ろに引っくり返りそう

一段がとっても高い^^;

でも雰囲気はいいのですよ♪

そんな階段を


それそれ~
2016410 大山 003



どんどん~
2016410 大山 004


・・・と元気よく登ったかは別として


登りきってやっと着いたかな・・・と思いきや



ふぇ~・・・まだあるの~?(階段・・・・・やっぱ女坂にしとけば・・)
2016410 大山 005


息も絶え絶えに最後の階段を登りきったら

一番近くのベンチにソッコーで腰掛けます


腰掛けたら、しばらく動けません

Tさんにカメラを渡し、撮ってー
2016410 大山 006


後ろには阿夫利神社
2016410 大山 008
(これは自分で撮ったわよ)

拝殿の右側には名水入口がありまして、中に入ると龍の口からお水が出ています

ん~・・・名水!


境内には
2016410 大山 009
富士山の岩を用いて造った五頭からなる大山獅子


ここまではケーブルカーで来れるので本格的な登山道はこの境内の左側から

表参道を進みます


単調な綴ら折れの道で所々にスミレもありました
2016410 大山 011
ナガバノスミレサイシン

でも全体的にお花少なめ・・・・まだ早いのかな


16丁目の分岐を過ぎしばらく行くと


富士山
2016410 大山 012
手前は表尾根でヤビツ峠の駐車場も見えていました


ヤビツからの道と合流するとやっと山頂がまじかに

最初の階段が相当効いてまして、かなり疲れました


しばらく休憩します
2016410 大山 014
今日もボケボケな景色で鮮明ではありません


相模湾 小田原方面を向いておにぎりタイム
2016410 大山 015
は~・・・・梅干しが体にしみる~


下山路は見晴台経由で

今度は湘南方面を見ながら、鼻水我慢しながらの下り(花粉なの)
2016410 大山 016
江の島も見えるけど、う~っすら


途中、見晴台のベンチで休憩します
2016410 大山 017
こちらは相模原方面が見えるのですが同じくう~っすら

そして、周りはヒノキ・・・・

くしゃみと鼻水



下社に着いて。。。


帰りはもちろん、コレ^^
2016410 大山 019
ケーブルカーでぴゅーっと下まで戻ってきました


下山すると「大山とうふ味めぐりキャンペーン」の旗

一品500円で食べられます

2件はしごしまして・・・

豆腐が入った料理を食べました
2016410 大山 023
とうふ白玉ぜんざい               とうふ・きのこカレー
豆腐グラタン                   豆乳仕立ての湯どうふ


おしまい


駐車場6:55―男坂―7:45阿夫利神社下社7:55―9:17山頂9:44―見晴経由(休憩)―下社11:12


追記を閉じる▲

【2016/04/12 13:21】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ROCKY
2日連荘?
すごいなぁ~

ちなみに・・・ボク 大山は登ったことないです。
レポート しmっかり拝見しました。

階段・・・手強そうだね。


ぜいぜい
大山寺って女坂の方だったっけ?
あそこも桜がきれいだったような。
大山山頂、こっちの景色もいいけど、
ちょっと鉄塔の方に回って、左手に入ると富士山のいい展望地だよ。
次回があったらどうぞ


hiro
ROCKYさま
そうです。二日続けて…
前日そこそこにしといて良かったわ

最初の階段から飛ばすと後がしんどいです

紅葉の時期と桜の時期はベストシーズンらしいので、ぜひぜひ観光も兼ねて・・大山豆腐も兼ねて^^


hiro
ぜいぜいさま
あ~。。。女坂の方を歩いたことがないので、わからないけど、そっちにあるんですね大山寺

山頂もそんなベストポジションがあったとは!
疲れて朦朧としてたので、、、もう散策する気もなく^^;

あれ?でも以前は富士山側でごはんを食べたような・・・・気も・・・


ろび
へーー 丹沢攻めな週末でしたんね。
そやそや、ヒルちゃんが出てくる前にいっとかないとだよね。

大山まだいったことないですー
こんな感じなのね。
高尾と違って いろんなコースがいっぱいあるわけじゃないのかな。
これだけ山に行ってるヒロっちが疲れた~っていうのだから
結構な登りなんだろな


hiro
ロビさま
そうですわ~丹沢はヒルが出る前にですわ~^^

ケーブルカー使えばお手軽だけどね
ちょいとトレーニングも兼ねてです

ちょっとどころじゃなくて、だいぶ体重が重くなったので、余計に階段がしんどいんですわ。
もう、減らさなきゃと思いつつ、三ヶ月もたってしまいまいました

たくさんのコースは無いけど、ファミリー登山向きな山です。登っている途中、親子3人にサクッと抜かれましたi-230

コメントを閉じる▲
2年ぶりに大倉尾根です
冬の間、短い距離しか歩いていなかったので、これからの山歩きが不安になり

大倉尾根へ行ってきました

時間は9時半出発

いつもの通り遅い出発ですが、これがまたのんびり、空いていて静かな大倉尾根を歩けるのです




大倉の駐車場についたら、あらビックリ!

いつもガラガラの駐車場が満車に近い

どうやら公園内でイベントがあるようです

運良く出る車がいましたので、下の駐車場に回されずに済みましたほっ


のんびりカメラ片手に歩いていきます

登山道に入るとスミレやらヤマルリソウがたくさんです


ヒゲマルバスミレ
ヒゲマルバスミレ大倉尾根 002
スミレ名前覚えなきゃ・・・・


ヒトリシズカはまだ小さいですが陽だまりに咲いていました
ヒトリシズカ409大倉尾根 007


ヤマルリソウ
ヤマルリソウ大倉尾根 008
この色好きです
あちこちに群落でした

・・・・・。
あ~、、以前、この時期に来たときもこの花がいっぱいあったな、、、と思い出す

この道もタチツボスミレがわんさか、両脇いっぱいに咲くはず・・・・


ナガバノスミレサイシン
ナガバノスミレサイシン大倉尾根 010
木陰にけっこうありました



観音茶屋到着
観音茶屋トイレ大倉尾根 013
ステキなウッドデッキとこの建物はトイレ!

2年も来ていないと変わるもんですね
中は確認していませんが、トイレがありました(¥100)


日向にタチツボ
409タチツボスミレ大倉尾根 017


ボッカの練習でしょうか・・・トレランも多くいました
ボッカと大倉尾根 016


ニョイスミレ
ニョイスミレ大倉尾根 021


写真を撮りながら歩いてるので、ちっとも進みません
(これがなかなかピントが合わなくて、時間がかかるのよ)



あら?

ここもトイレ増設!!
見晴らし茶屋トイレ大倉尾根 022
ここは2個もありました 見晴茶屋

周りは工事中らしい・・・・

これはこの次の駒止茶屋もトイレ増設か?
気になるところですが、それらしき物は見当たりませんでした


駒止茶屋を通過て大倉から4.3km地点で引き返し
km地点大倉尾根 023
ここでバイバーイ この下はぐぐっと下がって登り返して堀山の家

天気がよかったら花立まででも・・・とは思ってましたが、曇天なのでさっさっと帰ることに

往復8.6kmも歩けば、最初としては十分でしょ~
(これ以上歩いたら、翌日は体がボロボロでしょうから)


サクラを見ながらトコトコ引き返し・・・・
サクラちらほら大倉尾根 025
途中、おにぎり休憩をしまして下山しました


下界は晴れ

バスロータリーのチューリップがきれいでした
戸川公園はチューリップが見頃らしいです(帰りの車の中から見えた)
チューリップ大倉尾根 035
チューリップと言えば、GW富山平野・・・・またみたいなぁ~と思い出す


この辺の桜は今日で終わりかな・・・
水無川沿い大倉尾根 037
散り際ですが水無川沿いの桜並木は見事!



おしまい


大倉9:35―10:37見晴茶屋―11:14駒止茶屋―11:30引き返し4.3km地点―12:00おにぎり12:08―13:10大倉



今日の一言:
ほどよい疲れですんでよかった^^;


追記を閉じる▲

【2016/04/11 10:55】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
私も大倉尾根随分行ってないなあ。
大分様変わりした感じだね~
トイレがきれいだし。
スミレも結構咲いているね。
行けるとこまで、そういうのもありだよね。


hiro
ぜいぜいさま
そうなんですよ。トイレがぁ~きれいに~^^
大倉尾根の下の方はタチツボロードなので、この時期、結構好きです。GW前が一番咲くんですよね~

時間をずらすと静かだし、行けるところまでだったら早く帰れるし^^
(私はこの後、たまった家事ができて充実した一日でした)

コメントを閉じる▲