山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
ブログを始めてからの山の記録一覧


【2016年】
1/3  幕山
    今年の登り初めは実家近くの梅の名所
    ちらほら咲いてました
    今年も安全な登山が出来ますように


1/10  西天狗岳
    唐沢鉱泉からの往復
    山頂は比較的穏やかな風で大展望!
    ピッケル持って雪山堪能


1/17  谷川岳(避難小屋まで)
     展望がイマイチでテンションDOWNだけど
     しっかりベーコンとウインナー焼きました
     あまった時間は天神平でソリ遊び^^


1/31  扇山
     雪の追悼登山
     中央道沿線沿いの大きな山で初めて雨氷にあう
     亡くなった友人からの贈り物だね~と皆で・・・


2/11-14 東北へ遠征 樹氷を見に行く山旅
 2/11  蔵王熊野岳
     2回目のリベンジ熊野岳!
     よっぽど冬は相性が悪いのか
     またもや展望なしの残念な結果に


 2/12  刈田岳
     リフトを使ってお手軽に樹氷群の中へ
     大快晴でスノーシュー活躍
     駐車場もタダでやっぱりスキテ!ライザ!


2/27  倉岳山・高畑山
     春の気配の秀麗富嶽9番山頂
     穴路沢林道終点より


3/5  鹿俣山
    上州武尊の展望の山
    スノーシューを付けて雪庇をみます
    今度はリフトで来ようかな たんばらより


3/20  三毳山
    関東にもこんなにカタクリが咲く場所があったんですね
    大切に守られています
    花を追っての登山開始!


3/26  高尾散歩
     あ~またまた悩ましい季節が
     今年も高尾でスミレのお勉強
     可愛らしさに男性も頬を緩めるはず!


4/9  大倉尾根 駒止茶屋の先まで
    長い距離と体力を付けたい時は大倉尾根
    スミレを見ながら今日はほどほどに・・・・


4/10  大山
    二日続けて丹沢へ
    下山後は大山とうふ味めぐりキャンペーン
    大山豆腐を堪能


4/16  鳴神山
     この山域は初めて
     アカヤシオ目当てがまさかのナルカミスミレか?
     地元のおじ様に教えてもらう 駒形登山口より


4/30-5/4 中国地方へ遠征
 5/1  三瓶山
     ぽこぽこした山が可愛い三瓶山ファミリーの山
     北の原登山口より


 5/2  伯耆大山
     中国地方の最高峰
     荒々しい地形と日本海を望む穏やかな山姿が魅力的
     いつかは大山 念願の山でした


 5/3  石見銀山
     山を越えて石見銀山の間歩へ
     銀山集落の跡を巡る歴史の道


5/14  妻籠宿・馬籠宿
     五街道の中山道
     風情を残す宿場を巡ります


5/15  恵那山
     前日はキャンプでステーキ!
     ずーっと急登の恵那山ですが
     イワウチワの満開が迎えてくれました
     山頂は噂通りの^^;広河原より往復


5/21  八間山
     シラネアオイの群落を楽しむ
     予想以上にお花が多かった八間山  
     下山後は四万温泉 積善館へ


5/22  岩櫃山
     今年のバースデイ登山は大河ブームにのって
     山頂へは絶壁の岩のぼりで!


5/29  高妻山
     登るならこの時期と決めていました
     展望も抜群 シラネアオイの道が続きます
     長丁場だけどまた訪れたい山


6/11  硫黄岳
     爆裂火口が迫力満点な硫黄岳
     桜平からは小屋がたくさん
     誘惑に負けてしまうわ~


9/3   牛奥ノ雁ヶ腹摺山
     3ヶ月ぶりの山歩き
     日本で一番長い名前の山に(略して牛がん)
     復帰のお山でした


9/9-10  黒部~雷鳥平~奥大日岳
       テントで温泉とビールの雷鳥平
       天候に恵まれた劔の眺望 奥大日岳へ
       その先も行ってみたい山並みでした


9/21  鏡平山荘
     ババーンと1Wの休みで北アルプスの奥地への予定が
     虚しくもずーっと雨・・・鏡平山荘まで
     悔しいので温泉三昧で豪遊 


10/7  大朝日岳
     東北の紅葉は美しい~今度は泊りで行きたいな
     日没までに帰ってこれるか?
     古寺鉱泉より往復


10/9  弥彦山
     山形~日本海側~新潟と巡った紅葉の旅
     最後は燕ラーメンとおやひこさま
     燕ラーメンもう一回食べたいー!


10/15  那須 姥ヶ平~南月山~白笹山
      有名な姥ヶ平の紅葉
      この時期は大賑わい
      今年の紅葉は~?・・・・沼原より


11/3-5 越後~北信の紅葉旅
 11/3   トレッキング湯沢Ⅰ
       ブナの紅葉と渓谷を楽しむ道
       立派なブナ林で感動です
       春も芽吹きも見ていたい
      
       下山後の越後の紅葉はこちらから
       美人林、棚田はこちらから


 11/5   斑尾高原トレッキング
       野沢温泉から斑尾高原へ
       オレンジのブナが美しい~冬の下見も兼ねて
       気になる信越トレイルも


11/13  尾白川渓谷~日向山
      ハイキング程度の歩きかと思いきや・・
      トラバース有りの滝めぐりと急坂の連続
      白砂と青空のコントラストは美しい
      市営駐車場より


11/26  赤城山・桜山公園
      例年より早い雪の訪れ
      大展望を楽しみながらのお鍋はサイコー
      ついつい食べ過ぎちゃう


12/10  笹子雁ヶ腹摺山
      秀麗富嶽のお山
      この下は笹子トンネル
      向こうは甲斐国
      笹子峠の駐車場より
      
      高川山
      もひとつ秀麗富嶽
      電車でのアクセスがよく山頂は大賑わい
      もちろん山頂では鍋で決まり
      初狩駅側の駐車場より
      

12/23-25  クリスマス休暇でスノーシュー
 12/24  縞枯山
       雪がなくて無理やりスノーシュー
       早くモコモコの雪で遊びたい
       ピラタスより

 12/25  車山
       今日は大展望
       日本の屋根がずら~っと見渡せます
       車山肩より



 





追記を閉じる▲

今日はどこの山に登ろうか・・・・
DSC_0395.jpg
ほら、、、ぜんぜん雪ないし~・・・・
今朝もバッチリ食べて
20161226_064725-COLLAGE.jpg

今日の天気はどうかしら・・・

外に出ないとわからんね

また温泉浸かってチェックアウトぎりぎりまでいるか、それとも出発するかで迷います

そう、迷いの原因は雪が無いから^^;

どこへ向かったらよいか・・・

協議の結果、とりあえず出発することにしました

美ヶ原の方へ向うも、遠いからやはり車山へ



車山の肩に駐車して

砂利道を登ります
縞枯山・車山 106


ここまでの道すがらも北アルプスの大展望が望めましたので、今日こそは展望の日!
縞枯山・車山 108


御嶽山も見えています
縞枯山・車山 110


ちょっと泥濘んだ箇所もありましたが、まだ凍ってたので大丈夫^^

帰りまで溶けないでほしけど・・・・(ドロドロになりそうな)



気象レーダーがでっかくなってきまして
縞枯山・車山 118


到着
縞枯山・車山 124



めちゃめちゃ綺麗に見えてます!
縞枯山・車山 128


その左は妙高・火打とか高妻山みたいだけど、、、うっすら雲でわからない・・
縞枯山・車山 129
見たかった・・・


縞枯山・車山 127



北アルプスが壁のように並んでいます
縞枯山・車山 133


こういう景色を見ると、やはり日本の屋根!という言葉が思い浮かんできます
縞枯山・車山 134


これは王ヶ頭 その後ろに白馬だけど、、、王ヶ頭で見えず
縞枯山・車山 131



八ヶ岳と南アルプスの間に富士山
縞枯山・車山 136
山座同定の表示があるんですが、、、だいぶズレてます^^;



中央アルプス
縞枯山・車山 137
あまり見る機会がない中ア
どれがどの山だか、、、ぼや~っとしかわからない(要修行)


今回お世話になった八ヶ岳
DSC_0393.jpg
蓼科山もまだ粉糖くらいの雪


またまた北アルプス
DSC_0395.jpg
左の乗鞍からずーっと続いておりまして、どこを切り取ったらよいか迷う


山頂の直ぐ下は車山のリフト

スキー客もこの展望を見にちらほら上がって来て展望を楽しんでいます


展望を楽しみ、風避けの為浅間山の方向を向いてお茶にしてから下山しました
(もちろん、、、ズボンの裾は見るも無残な状態に・・・Tさんのがね)


途中、蓼科でカレーのお店に寄って、ごはん


帰りは渋滞も無くスムーズに帰宅

最後の日に展望が望めたクリスマス休暇でした

おしまい



今日の一言:
スノーシューするぞー!




追記を閉じる▲

【2016/12/28 10:23】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
あら、ほんとに雪ないんだね。
今日は長男が蓼科山登ってるけど、なさそうだねwww
でも展望すばらしい~


hiro
ぜいぜいさま
年々、雪が無くなっていくような・・・
なんか降ってもパラパラ程度みたいで、ドカッと降ってほしいみたい(特にスキー場は困ってたわ)
27日も少し雨マークだったら蓼科山も降ったと思うけど、ちょっとの積雪だよね・・・・

山は登るだけじゃなくて、展望を楽しむのもいいよね~

コメントを閉じる▲
メリークリスマス
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

朝食もしっかりとって宿を出発

ペンションの場所はピラタスの駐車場からゲレンデを挟んだ裏手でした

ゲレンデ脇の駐車場を教えてもらい、ものの3分くらいで到着
(どうやら、この駐車場は蓼科ペンション村の関係者の駐車場らしい・・・)


朝からちびっ子達がスキーを楽しんでいます
そのゲレンデ末端を横切って


ギュウギュウ詰めのゴンドラで山頂駅へ
縞枯山・車山 019
下界は晴れっぽいけど、、山は雲の中


雪景色はいいんだけど・・・・
縞枯山・車山 020-COLLAGE
木道もブッシュも出ちゃってます^^;

でも雪景色は綺麗~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

↓雪をかぶったコメツガがクリスマスツリーを連想させる(ケーキの上に乗ってるモミの木だね)
縞枯山・車山 022-COLLAGE
周りの木々もサンゴのようです


ここではスノーシューを楽しめる雪の量では無いけど

せっかく持ってきたので、背負って歩くのも重いし・・・

履いて出発です!


天気もイマイチですが淡い期待をもちつつ
縞枯山・車山 028
ぜんぜん役に立ってないスノーシューを履いて^^;森の中へ



森林の中を緩やかに下って縞枯山荘
縞枯山・車山 032
時折、青空が出るんです


雨池との分岐から縞枯山へ

ここからは急登

スノーシューを外してアイゼンに切り替えたいところだけど・・・・

スノーシューで登り切ってみせる^^


スノーシューデビュー(自分の)というTさん
縞枯山・車山 033
モッサモサの雪じゃないので、しょんぼり


見上げるほどの坂が一直線に続きます
縞枯山・車山 036
スノーシューじゃきつい坂だけど、誰かが付けてくれたう回路をうまく使って

息を整えつつ・・・


私は無事に到着
縞枯山・車山 038



あれ?Tさんは?
縞枯山・車山 039
遅れて到着 どうやら爪が地面から浮いて相当苦労したらしい・・・ご苦労さま^^;


しばらく立ちながら休憩

展望台へ進みます

稜線はそれなりに風もあります

樹林帯の中がいい風除けでした

ゴロゴロ岩の展望台
縞枯山・車山 042
もう、風ヤダー!
残念ながら展望も無し


展望台から降りて登山道脇の森林の影でお昼にすることにしました
縞枯山・車山 041
この木々達が風よけ
今日のお昼はパンとラーメン(寒さのせいで写真を撮るのを忘れた・・・)
時折雪もチラチラ降ってきます
私の黒いズボンに雪が結晶の形のまま落ちてきました
キレイ・・・

寒いー”だのトイレ行きたいー!だの、なんだかんだ言いっておきながら、一時間も休憩しまして

出発

ここからは下りなのでスノーシューを外しました

アイゼンで楽ちん~♪゜・*:.。. .。.:*・♪


縞枯山と茶臼山の鞍部
茶臼山との鞍部縞枯山・車山 044
時間があったら茶臼まで行こうと思ってたけど、無理でした


縞枯現象の雪景色
縞枯山・車山 050
ようやく晴れてきました~^^(もう、遅いって!)


黒いカーテンの雲
縞枯山・車山 057


五辻まできました
縞枯山・車山 052


テクテク・・・・ようやく陽ざしだよ
縞枯山・車山 059


モノトーンからようやく脱出でやっとテンション
縞枯山・車山 061



あったか帽子を買ったので、、撮ってー
縞枯山・車山 064
自慢する


今日は天気もイマイチ、眺望も無しなので、私達でもどーぞ(爆)
DSC_0376-COLLAGE.jpg




雪ハイキング終了
縞枯山・車山 070


行とは違ってガラガラなゴンドラから
縞枯山・車山 072
下界は晴れてるのにね・・・


八ヶ岳も見えず終い
縞枯山・車山 071


10:33山頂駅―11:49縞枯山―12:19展望台―休憩―13:54鞍部―14:19五辻―15:00山頂駅


なんだか、雪が少なくて・・・・
やっぱり1月下旬以降じゃないと、、ダメなのかな。。。
2015.1/25のレポ
天気も日曜の方がいいとは分かっていたけど、いまいちでした
これはスノーシューのリベンジせにゃ~ならん!と。。
心の中でフツフツ・・・・(やっぱり、新潟とか北の方に行かないと・・・)



下山して蓼科温泉 親湯へ
温泉、お料理と堪能しまして
明日の作戦会議です
20161226_064544-COLLAGE.jpg


クリスマスなので、でっかいチキンが出ました
20161226_064621-COLLAGE.jpg


この雪の無い状況、、、、明日はどうしようか・・・
またゲレスキーか?!


追記を閉じる▲

【2016/12/27 08:58】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ROCKY
縞枯山周辺も雪が少ないね~
24日 ボクは北横と蓼科山と迷って 蓼科山に行ったんだけど
どっしにしても 雪が少なさ過ぎるよね・・・。
┓(´_`)┏


hiro
ROCKYさま
はい。。こんな感じの雪でした。
年を越さないとこの辺でのスノーシューは難しいみたいです。
でも天候と場所を合わせて考えるのにも限界がありますし、仕方がないですね。。。
もっさり雪をこの次に期待しましょう~

コメントを閉じる▲
スノーシューできるところは~・・
三連休をとりまして、スノーシューができる山を探しますが、相変わらず今シーズンも雪が無い・・・・

お天気も良くなきゃいけないし!
(北信あたりは雪があるかな~と検討をつけますがどうも、お天気がいまひとつだし)


無難なところで北八にしました


23日は移動です

時間があったらちょこっと散策したいな~と思ってましたが、八子ヶ峰もビーナスラインも雪が無い!

霧ヶ峰なんか草紅葉ですよ

まるで晩秋を思わせる風景でした



雪が無きゃ~・・スノーシューできないしー・・・

今日の宿泊まで時間があるので、ゲレンデスキーを楽しみます^^

案の定、調子にのってスピード出してすっ転んできました(腕痛い


早々に蓼科のペンションにチェックイン
縞枯山・車山 014
これね、部屋の窓から見える景色
茅野の街と中央アルプス


夕飯はチーズフォンデュもありました
20161226064419-COLLAGE.jpg


テラスからの景色が抜群なお宿
縞枯山・車山 001COLLAGE


いつもそうだけど、しっかり栄養をとって就寝Zzzz・・・

翌日につづく


追記を閉じる▲

【2016/12/26 13:35】 |
トラックバック(0) |


ROCKY
なんでこんなに雪がないんだろ~?
北日本は大雪のニュースなのに・・・
年明けの3連休 今シーズンも夏沢鉱泉なんだけど
今回も雪上車に乗れそうもないな・・・これじゃあ
┓(´_`)┏
hiro姫は 無事スノーシューハイクできたのかな?
続編が気になるところ・・・です。


hiro
ROCKYさま
年明けの三連休、もうすぐですね、、夏沢鉱泉は通年営業でしたっけ。楽しそうですね~そこまでにドカッと雪が降ればいいけど・・・
ビーナスラインの通行止め、雪が無いのに早いってば^^;

標高が高いところはそれなりに雪があるのかな・・とピラタスを選択しました^^
スノーシュー出来たかどうか?!は雪状況と共に後ほどお楽しみください(爆)


ぜいぜい
お料理豪華~おいしそう
素敵なペンションだね。うっすら雪がついているところもいいなあ。



hiro
ぜいぜいさま
お屋根の雪は前日の夜にちょっと降ったみたい
朝起きたらうっすらでした
お宿は蓼科のペンション村でドレミファンです
なんかドレミファドン!みたいだね^^
検索するといつも高評価なので気になっていたので泊まってみました
お風呂からも中央アルプスとか見えるんだよ

コメントを閉じる▲
9時に笹ガンから下山したので、もうひとつお手軽な秀麗富嶽に行くことにしました

同行者のTさんはもうすぐ、秀麗富嶽制覇らしい
あとどこじゃ?
国道20号を大月方面に向けて車ではしっていると、ぽつぽつと登山者が歩いています

笹子駅で降りた人達でしょう

あっちの山、こっちの山へ向けて今から登るのね


私達は高川山へ

最初はリニア側から登ろうと思っていたけど、駐車場が初狩側にあるらしい

この時間じゃ空いてないよね・・・ダメもとで行ってみました


初狩駅を越してお墓を横目に細い林道の悪路に入ります
(お墓まで来るだけでも大変な細い道でした)

初狩駅からの登山者も歩いていますが、ホントにこの先、駐車場があるのだろうか????

と心配になる細い砂利道を我慢して行くと


あったよ~ほっ
高川DSC_0333
たぶん3~4台でいっぱいな広さ  
軽ならもうちょっと止められそ

キレイなトイレ付がうれしい・・・


支度をして2回目の出発ー!

暗い針葉樹の森に入っていきます
ここは落ち葉がなくて歩きやすい


けれどすぐに広葉樹の森へ
高川DSC_0334
すぐに急登になりました


しばらく急坂を調子よく登っていると

分岐
高川DSC_0336
よくある男坂と女坂
もちろん男坂の方が急なのです
そして、なぜかいつも男坂と選んでしまう・・・


けっこう跳ばして歩いてしまいました

急な坂道にバテバテ
高川DSC_0337
何度も足が止まってしまいました


急な上り坂をおえるとちょっと平
高川DSC_0339
Tさんなぜにガッツポーズ?
私は足が進まなくて・・・

ここから最後のなだらかな登りなんだけど、、

もう、足が進みません

だいぶ足に疲労がたまっているのが自分でもわかります

こんなに疲れたのは久しぶりというか・・・・自分の体力の無さにショック


息も絶え絶えに山頂に到着
高川DSC_0340
山頂は団体さんで大賑わいでした

道標にも到達できず・・・・周りから見ているだけ


山頂から一段下がった岩に場所をどうにか見つけ、休憩にしました

景色も見たいけど、人が多いので、まずご飯にしよう~


うちも鍋パーティーの開始(いつも鍋だけどね)

師走のこの時期、どこのグループも忘年会山行なのね

私達から一段下に陣取っているオジ様グループは二種類の鍋でした^^
(上から覗けるのよん)


とりあえず、こっち向きで鍋準備
高川DSC_0341


いただきまっす
高川DSC_0346-COLLAGE
下:味噌とんこつ味(もやし、ニラ、豚肉、舞茸)
上:〆のきしめん&餅&入れ忘れたウインナー

鍋にはあれ?という組み合わせになっていますが、外で食べるのはなんでもおいし~!

例の如く景色そっちのけで食事をしていますと団体さんが山頂から去っていきますが、次の団体さんが到着^^;

どうやら、、、どこかの会の様子(帽子が同じ・・・)

総勢30人以上はいたかな・・・・

団体さんが去った山頂は静けさを取り戻しましたとさ



私達も食事を終えたので、ようやく景色を堪能することに
高川DSC_0345
おおー!リニア!今年2月に登った倉岳・高畑も!


忘れちゃならん・・・・山頂道標
高川DSC_0348
1000mもないんだ・・・・


360度の大展望!
高川DSC_0349
中央線からも富士急からもアクセスできて、2時間以内に登ってこれるからお手軽だよね


さっき登った笹ガンだわ!
高川DSC_0352


右にいって


ハマイバ、大蔵高丸は行ったから、こっちの山もだいぶわかるようになった
高川DSC_0353


反対向きになって
高川DSC_0354
コーヒータイムして


ここはホントに景色がいい!富士山は毎日見ているからアレだけど、周りの山々!
こっちの景色は馴染みがないので、見ていて飽きません

都心のビル群もニョキニョキ見えたりしてほんといい日だ~^^




下山開始

帰りは女坂経由、沢コースで

玉子石っていうのがあるらしい・・・

駐車場に程近く

けっこうデッカイのです
高川DSC_0358
ツルンとしてます


初狩側駐車場9:58―男坂―10:57山頂12:45―女坂・沢コース玉子石―13:26駐車場

下山後早々に帰宅


おしまい


追記を閉じる▲

【2016/12/13 10:00】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
おひさ~
ひろちゃんたちは、この界隈結構行ってるね~
冬枯れの時って、空気が澄んでて展望が効いて、この時期その界隈はいいかもだね。


hiro
ぜいぜいさま
どもです~^^
中央線沿線の山って、圏央道が繋がる前は大変だったけど、繋がってから行きやすくなりました。馴染みがない山ばかりなので、新鮮です。
それに登るのにお手軽だしね←バテたけど^^;

冬のハイキングは展望がステキですよね~欲を言えば風が無かったらなおのこといい~

コメントを閉じる▲
笹子峠の駐車所に着いて・・・

カメラを忘れたことに気がつく(どーりでバッグが軽いはずだよ・・・)
なので、今日は頑張ってスマホで撮りました


このトンネルの手前に大月側の駐車場があります
笹子DSC_0307
ま、とめられても5~6台でしょうか
同時刻に2台一緒でした


笹子隧道の案内にはこう書かれています

甲州街道の一番の難所だった笹子峠
このトンネルが出来たのは昭和13年
昭和33年の新笹子トンネルが開通するまで山梨、遠くは長野辺りから東京への幹線道路として支えられていたそうです
登録有形文化財

てっぺんのアーチ型なんかいかにも、昭和初期って感じです
こりゃ、、峠マニアがいるわよ・・・・・(と思っていたら、帰りにホントにいたのよ)


駐車場からひと登り
笹子DSC_0310
朝日があたってきました  あったか~^^


ここがほんとの、笹子峠
笹子DSC_0311
甲府盆地からの風が吹き抜けていきます
昔の人もここに立ったのでしょうね・・・・


標識に従って右へ進みます

ここからは尾根道

甲府側からの冷たい風が吹き付けます

今日は寒波だっていうから・・北風を覚悟!

道は尾根を通りますが、若干、東よりなのかな

あれが、、笹ガンかしら?
笹子DSC_0312


途中切れたった尾根も
笹子DSC_0313


しばらくして、新道と尾根道に別れます

もちろん、新道で^;
尾根道は寒そうだから


あったか~新道 ずーっとトラバース
笹子DSC_0314
葉っぱが積もってワッサワサいってます


途中鉄塔がありまして、富士山も見えてきました
笹子DSC_0315


尾根道と合流し急坂を登ったら


山頂です
笹子DSC_0316


富士山どこ?どこ?      (右の三角が黒岳かな)
笹子DSC_0322
木々に覆われた山頂でした
(あれ?秀麗富嶽って・・・・富士山の眺めがいいはずじゃ・・・・?)


米沢山とお坊山も木々に隠れ
笹子DSC_0326



白峰三山は方面は登ってきた登山道なので視界が開ける
笹子DSC_0327
うわ!風が強そ!


猫の額ほどの狭い山頂でちょっと休憩
先客がお鍋パーティーしてました(まだ8時だけど朝ごはんかしら^^;)


展望の無い中で休憩


撮ってー!撮ってー!
笹子DSC_0323
まだ早いって!


おさまり
笹子DSC_0324


私達の後に来た人はお坊山方面へ向かっていきました

山座同定も木々が邪魔してできないので、下山です


帰りもあったかフサフサ登山道で
笹子DSC_0330


笹子峠への最後の道がこれまた急!

鎖もロープもあるよ
笹子DSC_0331
本日の一番の核心部でした



おしまい



笹子峠(大月側の駐車場)6:50―7:55笹子雁ヶ腹摺山8:20―9:08駐車場


追記を閉じる▲

【2016/12/12 10:22】 | 山の記録
トラックバック(0) |