山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
山形から関東に南下しました
ここは霧降高原です

以前から霧降高原のスノーシューの話題があがっていたので行ってみることにしました

矢板から一時間ほど車を走らせる途中、霧降高原の斜面が見えています

ガスがかかったりして風が強そうですが、まあ太陽も出てますので良しとしよう・・・・


霧降高原レストハウスの駐車場です
蔵王~霧降高原 163
何台か車がポツポツと止まっていました

トイレを借りて、出発です

見えている山は丸山

黒い階段を登っていくと・・・・・
蔵王~霧降高原 166
こんな感じで案内板
階段は展望台までずーっと続いているみたい
そしてここはニッコウキスゲの群落地
咲く頃に来てみたいわ~^^



横を向くと遊歩道があります
蔵王~霧降高原 170
もちろん、モッコモコの雪で膝くらいまで埋もれます


スノーシューを付けて階段横の斜面を上がることにしました
蔵王~霧降高原 171
えー!!すごい斜面・・・上の方なんか、、かなり急じゃない?

けっこう踏み込まれた雪なので難なく歩けました
(最初はね^^;)


少し登ると展望が開けます
蔵王~霧降高原 174
真ん中は筑波山です その右側にスカイツリー!
先週に引き続きスカイツリーゲット!



だいぶ登ってきましたよ
左は高原山ですが、ガスが~・・・・
蔵王~霧降高原 175
あれ?・・・Tさんはスノーシュー外してる

ここまで来るとかなりの急坂です

立っているのも一苦労


だって、、この傾斜ですもん・・・
蔵王~霧降高原 176
地元の方でしょうか、、小さいスノーシューの人はスイスイと登っていきます


息を整えるのにも、階段から突き出た展望デッキの柵にしがみついての休憩ですよ
蔵王~霧降高原 178

あとひと登りで最終展望台です

スノーシューの歯を効かせながらゆっくり登ります


展望台到着
蔵王~霧降高原 179


案内板
蔵王~霧降高原 180
クリックで拡大します

太平洋が見えるってありますが。。。たしかに!
登っている途中にも見えてた気がした!


右の白い山は大山だそうです
蔵王~霧降高原 181
高原山のガスは取れない・・・


ここからは平らになりまして、鹿柵ゲートをくぐると


小丸山の山頂です
蔵王~霧降高原 183
何組かは先に進んでいきました


右側に丸山
蔵王~霧降高原 184
あの鞍部を通っていくのかな・・・登山道が見える


帰りの渋滞にはまるのも嫌なので、ここで折り返しです

来た道を戻ります

登ってきた斜面をスノーシューで降りるのは怖いので、と言ってヒップソリでも怖いので
(だって・・誰もやってないし・・・)


階段で・・・

ツボ足でこの階段をおります 階段の下に見えるのは東屋
蔵王~霧降高原 185
こりゃ~すんごい滑り台だわね・・・・・
手すりにしがみつきながら下山しました


斜面が割と楽になったところで、ヒップソリで東屋まで
(雪が固くてお尻痛かった


途中の東屋でご飯休憩
蔵王~霧降高原 187-COLLAGE
山形ウインナーと今日も芋煮


今ここです 駐車場と中間地点
蔵王~霧降高原 188
クリックで拡大します


このあとは道をそれて散策路を通ったりしながら下山

私は相変わらずヒップソリで滑ろうとしますが、、、ここまでくると斜面が緩やかで滑らず

銀シートがビリビリになるほどはしゃぎすぎまして、、お尻が痛くなりました
(100均銀シート買わなきゃ・・・もう買ったけど^^)


下まで降りてきて、駐車場の隣に本格的な滑り台があったので、、ちびっこ達としばしそこで遊びます




渋滞無しの時間に帰ってこれました



おしまい


霧降高原駐車場9:10―10:39小丸山―11:12東屋11:47―ソリ遊び12:57駐車場


追記を閉じる▲

【2017/02/16 09:26】 | 山の記録
トラックバック(0) |
今日はこの旅の本命
樹氷見物です!
ですが・・・・・


朝起きると、雪が降っていました
一晩、降っては止みの繰り返しだったようで


かみのやま温泉街も路面に雪が積もっていました
蔵王~霧降高原 106


とりあえず、淡い期待を持ちつつ昨年も行ったライザワールドへ

車で1Hくらい走ります(雪道なのでね)

山道にも雪がたくさん 除雪車もフル回転


ライザの駐車場は無料^^ステキー!ライザ!
蔵王~霧降高原 108
車の入はそこそこ 
こんな雪が降っている日でもスキーするんだね・・・
(こんな雪の日でも山に行くんだね^^;あたし達)

ライザのリフトを2本乗り継いでゲレンデの上に行きます

一本目~♪
蔵王~霧降高原 109
うわ~!!真っ白だよ


二本目~♪
蔵王~霧降高原 111
樹氷がお目見え


このくらいの視界だったら樹氷もわかるよね^^;

リフト一回券320円を2枚買って640円で樹氷を見れるなんて・・・(お隣のロープウエイの方は2600円くらいしたかな)

やっぱりステキーライザ!と思っていたのはここまで


リフトを降りてゲレンデとは別れていくと・・


この視界
蔵王~霧降高原 113
見えないって

まぁ去年も来ているので方角やら路の感じはわかっているので進みますが

こんな日に樹氷目当てで来ている人がいるのでしょうか・・・

と思いながら進んでいると単独の人と、何回かすれ違いました
(言葉を交わすことなく無言で通りすぎますが、お互いあんたも物好きねーと思っているに違いない!)


ゲレンデの少し上はあまり近くに樹氷はありませんが大きい樹も出てきました
蔵王~霧降高原 115
時折ガスの合間に明るくなるんですわ


樹氷UP
蔵王~霧降高原 119
風雪でガチガチに凍ってます


待ってー目を凝らせばうっすら樹氷見えるかしら?
蔵王~霧降高原 122
トレースはあるのですが、、、真っ白でどこがどこだか、わからん状態です


は~。。きついな。。。と思ったら避難小屋が見えてきた!
はょー入ろ入ろ
蔵王~霧降高原 125
鉄のポールが導いてくれてます


とりあえず避難小屋の中で休憩

私達と交代でグループが休憩を終えて出て行くところでした

内部で一息つく
蔵王~霧降高原 127-COLLAGE
1Fの右の窓から出入りします

風が凌げる分オアシスのよう(大げさですけどね^^;)



休憩を終えもう少し先の県境まで行ってみることにします

外に出ると更に風が強く視界が悪くなってきました


避難小屋の周りは御田ノ神園地で開けたところです
蔵王~霧降高原 130
ここら辺は樹氷がありません(遠くにあるのです)
たぶん歩いているのはエコーラインの道路の上


しばらく進み県境の看板発見
蔵王~霧降高原 131
赤丸の中にうっすら~


ここで限界
蔵王~霧降高原 132
見えないので引き返します


もう一回避難小屋に戻ると先客がいたので2Fでご飯をすることに
蔵王~霧降高原 133-COLLAGE
芋煮と玉こん♪と、、
昨日の余ったケーキ(潰れて無残なことになってましたが、、甘さが元気をくれました)


ちなみに、、、1Fの先客は中国系のアメリカ人と日本人
すっごく服装も軽装でレンタルスノーシューでした・・・・靴なんて普通のブーツと運動靴だし
ここまでよく来たな・・・という感じ
(あの二人下れたかしら帰りのリフトは乗れないし・・・風はビュービューだし)



避難小屋を後にすると更に視界が悪い・・・

鉄ポールが至近距離で付いているのですが、樹が邪魔して見えないこともしばしば

立ち止まってポールを確認しながら降りていきました

トレースなんてもう無いし、多少踏み固められた所が道かな?と確認できる程度でした
(踏み固められたと言っても、だいぶ埋まりますけどね)


ゲレンデ上の作業小屋が道端に見えたら安心です

ここで少し明るくなりました
蔵王~霧降高原 137
やっと樹氷が見える~^^


アオモリトドマツ で~ん!!
蔵王~霧降高原 141
これなんか当にモンスターだね
顔と手がついてる


ゲレンデトップ 
蔵王~霧降高原 142


ここからゲレンデの端を歩いて下山です


ゲレンデの端の森へGO~!
蔵王~霧降高原 144


でっかいね~
蔵王~霧降高原 145


樹氷の中を歩きます
蔵王~霧降高原 150


これは隣の樹と重なったアーチ型
蔵王~霧降高原 154


これも隣の木々と合わさって中に入れる空間が
蔵王~霧降高原 156


この先は樹氷も無くなってゲレンデの下りとなりましが、風が下から吹付けきつい下りだったので


ゲレンデの中の森へ避難

かなり急坂な斜面を降りてきました

ボードの跡でしょうか滑った後がありますが、降りられそうな場所を見つけながらの下山で

ゲレンデを降りるのに1時間くらいとかなり時間がかかりました

蔵王~霧降高原 159
ここも雪がモッフモフよ


ゲレンデのリフト乗り場に到着したのは15:30でした
(出発はたしか~10:30過ぎだったかな・・・・)


今年の山形の樹氷祭りもおしまいです

ちょっとしか見れなくて残念でした

去年はすごかったのに~→去年


この後はもう山形の晴れが見込めなさそう

南下して晴れマークの関東圏に入ることにしました


その前に・・・


山形の肉祭りも!!忘れずに
蔵王~霧降高原 161-COLLAGE
上はステーキとすき焼きのMIX丼
山形牛を堪能しまして(食の駅にて)


吹雪の山形道にのりました


つづく・・・・


追記を閉じる▲

【2017/02/15 08:55】 | 山の記録
トラックバック(0) |
今年もまた樹氷を見に山形へ
三年連続の樹氷見物です

茅ヶ崎を三時半頃出発
またまた寒波の週末です

東北道をひた走り、栃木に入ると雪が降ってきました

路面はシャーベット状(こわかったよ~)

安達太良SAで運転手交代(撃沈しました


山形道に入ると雪も本格的に深くなります
この光景も三回目
ここで雪の量がだいぶ変わるのを今年も感じます


予定通り9時には山形蔵王に到着

インターからすぐの西蔵王高原ラインに入りまして西蔵王牧場を目指し

ゲート前に車を止めます

5~6台でいっぱいだと思う
蔵王~霧降高原 001
先行者は仙台ナンバーの4人組
(うれしい~トレースを期待しちゃいます)



最初からスノーシューつけてスタート!
蔵王~霧降高原 002


牧場の中をてくてく
蔵王~霧降高原 003
ここは道路の上なのでしょうか・・・両際に杭がうってあります


小雪がチラチラ舞うグレーの世界
蔵王~霧降高原 007
でも今日のあたしはカラフルよん♪
ヒップソリを買いましたの


左側に入っていくと乳母神コースの分岐がありました(うがい場)
蔵王~霧降高原 012
でも乳母神コースには行きません(トレース無でした)
赤→の方の沢へ


ここから牧場を離れ山に入っていきます

左手は沢です
蔵王~霧降高原 014
こんな堤防を右から越えます(H26度産だそうです 書いてありました)


もう一つ堤防を越えたら平になっていました
ここで休憩していた先行者に追いつきます
私達も休憩


ここから山道が急になりました
蔵王~霧降高原 016
谷も深くなっています 雪も深い・・・・

まもなくすると先行者に追いつき、先を行くことになりました
(今まで楽させてもらいましたー)

踏み跡らしき窪みはあるものの、新雪なので難儀です
(Tさんがね・・・・私はまたまた楽させてもらいました)
蔵王~霧降高原 018
ちょっとスノーシューだときつい場所も

雪が更に深くなったら・・・・

前方に見えた?!
蔵王~霧降高原 020



おお~!着いたで~!
蔵王~霧降高原 022


さっそく滝壺の下へ
蔵王~霧降高原 024


Tさんは滝の左からアプローチ

私は右からアプローチするも

最後の2mが急で進めません
蔵王~霧降高原 025
あと少しで滝の裏に周れるのにー!↑あと2mを残して断念

ここはスノーシューを外してツボ足でよかった^^;

登れないーと急坂でジタバタしているとTさんが左ルートを開拓した模様

降りて私も左に階段を付けていきます

最後、滝が凍った上に雪がうっすら乗っているので怖いですがスノーシューの歯がよく効きました


登って滝の横
蔵王~霧降高原 028


滝の裏から上を見る^^
蔵王~霧降高原 029


天井から剣のように下がった氷柱
蔵王~霧降高原 031
ここまで鋭いのは初めて見たわ


お不動さまがいらっしゃいます
蔵王~霧降高原 034
氷瀑にまじって氷筍も見えていました

滝の裏から撮ってますが、ここの足場、2人もいればいっぱい

ましてスノーシューなんてデカ足なもんだから、身動きが取れなくて^^;


そうこうしているうちに、仙台の4人組も到着
蔵王~霧降高原 033

尻セードで滝を一回降りて交代します

このころには雪も止んで明るくなってきました

開拓したルートです
蔵王~霧降高原 040
しばらく休憩してもう一回挑戦^^


最後はコレ
蔵王~霧降高原 042
キャッホー!(←怪我するってばさ・・・)


仙台組もエアーボードみたいなので谷の斜面で滑って遊んでいます

後着は地元の方でしょうか(山形弁でしたので)おじ様二人組

おじ様二人組曰く、今年は滝が小さいと

もっと大きくなると言っていました


しばらく休憩して下山

下りは早い!早い!15分くらいで乳母神コースとの分岐まで降りてきました
(行きは50分くらいかかったのにぃ


帰りは牧場の中を突っ切ります
蔵王~霧降高原 053
晴れてきて山形市内の街が見えてます


振り向くと新雪が木々を覆っていました
蔵王~霧降高原 056

お昼休憩して(今日はコンビニパン)
牧場の急斜面を探して~^^;


滑り台づくりです

《新雪の滑り台のつくり方》
①急斜面を探す
②スノーシューで小刻みにルート付け
*必ず、直線にルートをつけること!(少しでも曲がると後々引っかかって滑らなくなる)
③お尻の大きい人が滑る(圧雪して更に滑るようにする)
④何回か滑って完成させる

何回か作っているけど、、、ルートから外れて横に曲がって滑らなくなったり・・・と難しいのです^^;


やっぱり、ルートが曲がってるし・・・・
蔵王~霧降高原 062
せっかく買ったヒップソリも数回しか使わず
いつもの銀マットで(だってこっちの方が滑るんだもん)


滑る~
蔵王~霧降高原 059
あーた。。。これじゃ横溝正史の世界だわ^^;


どんどん距離が伸びていき・・・・
蔵王~霧降高原 065
豆粒・・・・


散々汗を掻いたので帰ることにします

遊んだ牧場の雪原
蔵王~霧降高原 075
後ろは瀧山


陽も出てきて雪原とモノトーン
蔵王~霧降高原 076
こういう景色も好きです


新雪を踏んで帰ります
蔵王~霧降高原 077


お疲れ様でしたー
蔵王~霧降高原 078


西蔵王牧場ゲート9:30―10:05うがい場―堤防休憩―10:56大滝11:30―11:46うがい場―11:55牧場の中で休憩12:55―13:10駐車場ゲート


この後は蔵王のメインストリートでお土産やら明日の食材調達して

かみのやま温泉に向かいました


お部屋からは蔵王の山並み
雲の中に熊野岳 瀧山はもっと左かな・・・
蔵王~霧降高原 080-COLLAGE

二年続けてかみのやま温泉


メタケイ酸も豊富で美肌の湯です

調度お風呂から上がったら雲も取れて山並みがはっきりしてきました
蔵王~霧降高原 087


お月様もまん丸
蔵王~霧降高原 092
樹氷のライトアップが始まったようです
山頂駅にも灯がともりました


今日はTさんの誕生会も兼ねて
蔵王~霧降高原 094-COLLAGE
美味しかったです


さて、、明日の天気はどうでしょうか・・・・・・
おやすみなさいZzzz・・爆睡



後日、帰宅して母にかみのやま温泉に泊まったよ~と話したら、昔、職場の旅行で母も、かみのやま温泉に行ったことを聞きました。いいお風呂だったわよ~・・・と(たぶんバブルの頃だな・・・サクランボ狩りだったらしい)
旅館の名前まで覚えていて、、、なんと、偶然にも同じ旅館に泊まったみたい
年数は違えど、こんな遠方で偶然にも同じ所に泊まるなんて・・・ちょっと驚きでした^^


追記を閉じる▲

【2017/02/14 10:31】 | 山の記録
トラックバック(0) |
今日は山友と一年ぶりの山行です
ご近所のりえちゃん、都内のAさんと一緒に明神ヶ岳に行ってきました


大雄山駅で車できたAさんに拾ってもらい(私達は電車でここまで)

今日は金次郎の芝刈りコースであがります


人家を抜けると急に車一台が通れるほどの狭い道になり、砂利道を何百m程だったかな

進むと・・・・

林道のゲート前が駐車場でした

3台でいっぱいな感じ
2017 明神ヶ岳 001
路肩に置く感じだね

今日は平日なので、一台も止まっていませんでした


準備をしてしゅっぱーつ!
2017 明神ヶ岳 002
100mくらい進むと


右側に登山道の取り付きがあります
2017 明神ヶ岳 003


道標がかわいい^^富士山の形だよ
2017 明神ヶ岳 004
檜の林へ突入~


看板その一
2017 明神ヶ岳 005
こんな感じの林の尾根を上がっていきます

だいぶ歩いた感じがありますが(ほんとは30分くらいなのにね^^;)

まだ次の目的地に着きません

周囲の景色も代わり映えせず飽きてきました


何回もGPSで現在地を確認して^^;

やっと林道にあたりました
2017 明神ヶ岳 006

ここは見晴台
2017 明神ヶ岳 007
ベンチがあるのでさっそく休憩


ホントに見晴らしがよかった
2017 明神ヶ岳 009
ババーンと丹沢


相模湾もババーン
2017明神ヶ岳 012
江ノ島も見える~

都心のビル群も見えていて
よ~く見るとスカイツリー?
2017 明神ヶ岳 011
スカイツリーだよね?

おやつを食べながら休憩してると根っこが生えそう^^;


先に進みます
2017 明神ヶ岳 014
林道を登っていくとまた登山道の取り付き
遠くに車が見えてるのは林道の作業車でした


檜の林の尾根をまたずーっと登ります

それが終わると雑木林

コゲラが木を渡っていきました

右に見える道了尊からの尾根が木々に見え隠れしています
(去年行ったからまだ記憶に新しい・・・)



笹が周りを覆ってくると

さすがに、、、もう。。。。

たいくつー!

展望が望めないし景色に飽きてきた(最近堪え性がなくて)
2017 明神ヶ岳 015-COLLAGE
こんな道標があるけど、私達のペース配分と全然違うため、意味を成していませんの
(タランコタランコ歩いているので遅いのですわ)

地面は落ち葉の下に雪があり凍っている様子の所もありましたがほんの数十メートルでした


道が傾らかになったら・・・・
2017 明神ヶ岳 017

尾根道についたー!!
2017明神ヶ岳 018
やった~^^(やっと違う景色になったよ)


早速展望を
2017 明神ヶ岳 019
おお~!!大涌谷、相変わらずモクモクしてるね~!


行先には富士山!
2017 明神ヶ岳 020
今日も凛々しいね~☆彡


さて。。ここまで足元を汚さずに来れましたが・・・・

さすがに尾根道はそうはいきません

泥道を耕すように一歩一歩進みました
(いや~。。坂道なんかすべるのよ~)


危険地帯を脱出^^
2017 明神ヶ岳 023


山頂到着
2017 明神ヶ岳 024
まあ。。。山頂も同じ泥状態だけどね^^;


富士山はともかく・・・・
2017 明神ヶ岳 025
右肩に南アルプスがー!


よ~く見ると甲斐駒とかも見えちゃってるんじゃない?
2017 明神ヶ岳 030
クリックで拡大します


そして更に右に目をうつすと
2017 明神ヶ岳 026


これこれ!
2017 明神ヶ岳 033
これはなんだ?北アルプスかしら・・・・
どなたか。。。教えてください。方角的に北か?
周りのおじさん登山者は北だと、もーしておりましたが・・



左には今日は駿河湾もちょこっと見えてました!
2017 明神ヶ岳 028
明神ヶ岳も相模湾と駿河湾が見える山だったのですね~


小一時間ほど、泥に囲まれた場所でお昼ごはん

私は大涌谷の方面を向きながらAさんと

りえちゃんはベンチが空いたと言ってベンチで

以前は風が強かったけど、、

今日は無風で暖かい^^陽射しに温もりを感じる♪

大涌谷のモクモクを見ながら
あ~。。。白濁の温泉にまた入りたいわ~とぼーっと




休憩を終えて


またねー!と
2017 明神ヶ岳 035


危険地帯へ突入~!(山頂も危険地帯だったけどね^^;)
2017 明神ヶ岳 037
下りで泥で滑るのってめっちゃ怖い


ぎゃーぎゃー言いながら下ってます
16466228_747451112086211_776099981_o.jpg
もう、どこ歩けばいいのよっ



見晴台で休憩してから林に入るともう薄暗い
2017 明神ヶ岳 040
Aさん猛ダッシュ?タバコか?


最後は顔を洗ってfinish!
2017 明神ヶ岳 041
駐車した路肩スペースには私達の車だけでした
ポツン・・・

おしまい


二宮金次郎芝刈路
駐車場9:00―9:55見晴台10:05―11:33尾根分岐―11:57山頂12:58―14:30駐車場


今日の一言:
帰って自宅から見た明神ヶ岳は雲一つないクッキリなシルエットでした
いつもは風で散ってしまう大涌谷のガスも噴煙のように縦に真っ直ぐ上がっていて・・・
風が無い、いい日だったんだな~と思いました


追記を閉じる▲

【2017/02/06 13:39】 | 山の記録
トラックバック(0) |


K林@一休み
> これはなんだ?北アルプスかしら・・・・
赤岳…




hiro
K林さま
やっぱり!最初は八ヶ岳と思っていたんですけど、周りのグループのおじさま達が北アだと^^;方角的に北だわ・・と言ってたので、、、
自分の感を信じるべきでした^^
ありがとうございます。

コメントを閉じる▲