山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
今回は時間がな~い!!

でも、山歩きした~い!ってなわけで、、、

アクセスに超~便利な高尾山に行ってきました。

縦走しようと思ったけど、そんな時間はなく。。。
20070326232553.jpg
朝の高尾山玄関口


歩行時間3時間!の山歩き
まったりなので、やっぱり、コレで上がることに^^;
(↑ダイエットはどーしたー!)
20070326232603.jpg



食う寝るさんと来ると必ず、ケーブルカーなのよね~。。。


ケーブルカーを降り、今回も吊り橋ルート進みます。

スミレちゃん発見。
20070326232631.jpg



ほどなく進んで、分岐です。
今回は日影沢方面に行ってみました。
20070326232644.jpg


せっかくケーブルカーで登ってきたのに、高尾山の反対側へドンドコおります。

二つ目のスミレちゃん見っけ!
20070326232654.jpg


そして、林道に突き当たりました。
20070326232704.jpg

日影沢林道
20070326232720.jpg



そして、林道をぼけぼけと。。。。歩いて、、、、(あれ?どこかで聞いたフレーズ?)
20070326232756.jpg


お花を探しながら・・・・
20070326232733.jpg



周りにはニリンソウの葉っぱがたくさんありました。



お!!つぼみ、発見。
20070326232744.jpg

まだ、早いですね~。


そして、標識がない、こんな建物の所から、山道に入り
20070326232820.jpg



高尾山の山頂付近に出るであろうと予測して登ります。


30分程つづら折れの道をあち~と言いながら歩き、
20070326232833.jpg


もうちょっとで稜線?
20070326232844.jpg





出た場所は高尾山の直下でした^^
20070326232859.jpg




山頂へ向かい景色をみると、今日は暖かく、山々も春霞の中でした。
20070326232909.jpg


こういう春霞の幾重にも重なった山々は、水墨画みたいで情緒があります。
一句詠いたくなりますね。。。(作れないけど・・)


大山、丹沢、蛭ヶ岳、大室山等・・・・確認。



山頂で休憩をして、今日はびわ滝コースで下山

途中、びわ滝では修行?の声が響き渡り。。。
20070326232920.jpg



舗装道に出ると、今朝登ってきたケーブルカーの土手の下を通ります。
20070326232931.jpg



この土手、スミレちゃんの群生地でした^^

ケーブルカーに乗らないと見れません^^;

道路からは少し遠目でわかりませんが、ケーブルカーから見たときは、「すご~い!!」の一言!

こんなにたくさんのスミレちゃんは見たことありません^^

高尾の中で一等賞でしょう!!(←他をあまり知らないので大きな声じゃ言えませんが^^;)






そして、高尾に来たら、お蕎麦!
20070326232943.jpg



ということで、食しました。


えっと、、、、、なんていう、蕎麦屋だったかな?・・・・


感想は、う~ん・・・・・でした。

蕎麦の風味も味もありませんでした^^;

そして、なによりも、固い・・・・・・。こしがある。じゃなくて・・・・

もう1分茹でてほしかった・・・・

ってなところでしょうか・・・・



ということで、大忙しの午前中でしたが(この後は実家へ帰省)初めてのコースも行けたし(日影沢方面?)
まずまずの山歩きでした。

ダイエットはまだまだ遠い、土曜の午前中でした。。。。。







追記を閉じる▲
まったりなので、やっぱり、コレで上がることに^^;
(↑ダイエットはどーしたー!)
20070326232603.jpg



食う寝るさんと来ると必ず、ケーブルカーなのよね~。。。


ケーブルカーを降り、今回も吊り橋ルート進みます。

スミレちゃん発見。
20070326232631.jpg



ほどなく進んで、分岐です。
今回は日影沢方面に行ってみました。
20070326232644.jpg


せっかくケーブルカーで登ってきたのに、高尾山の反対側へドンドコおります。

二つ目のスミレちゃん見っけ!
20070326232654.jpg


そして、林道に突き当たりました。
20070326232704.jpg

日影沢林道
20070326232720.jpg



そして、林道をぼけぼけと。。。。歩いて、、、、(あれ?どこかで聞いたフレーズ?)
20070326232756.jpg


お花を探しながら・・・・
20070326232733.jpg



周りにはニリンソウの葉っぱがたくさんありました。



お!!つぼみ、発見。
20070326232744.jpg

まだ、早いですね~。


そして、標識がない、こんな建物の所から、山道に入り
20070326232820.jpg



高尾山の山頂付近に出るであろうと予測して登ります。


30分程つづら折れの道をあち~と言いながら歩き、
20070326232833.jpg


もうちょっとで稜線?
20070326232844.jpg





出た場所は高尾山の直下でした^^
20070326232859.jpg




山頂へ向かい景色をみると、今日は暖かく、山々も春霞の中でした。
20070326232909.jpg


こういう春霞の幾重にも重なった山々は、水墨画みたいで情緒があります。
一句詠いたくなりますね。。。(作れないけど・・)


大山、丹沢、蛭ヶ岳、大室山等・・・・確認。



山頂で休憩をして、今日はびわ滝コースで下山

途中、びわ滝では修行?の声が響き渡り。。。
20070326232920.jpg



舗装道に出ると、今朝登ってきたケーブルカーの土手の下を通ります。
20070326232931.jpg



この土手、スミレちゃんの群生地でした^^

ケーブルカーに乗らないと見れません^^;

道路からは少し遠目でわかりませんが、ケーブルカーから見たときは、「すご~い!!」の一言!

こんなにたくさんのスミレちゃんは見たことありません^^

高尾の中で一等賞でしょう!!(←他をあまり知らないので大きな声じゃ言えませんが^^;)






そして、高尾に来たら、お蕎麦!
20070326232943.jpg



ということで、食しました。


えっと、、、、、なんていう、蕎麦屋だったかな?・・・・


感想は、う~ん・・・・・でした。

蕎麦の風味も味もありませんでした^^;

そして、なによりも、固い・・・・・・。こしがある。じゃなくて・・・・

もう1分茹でてほしかった・・・・

ってなところでしょうか・・・・



ということで、大忙しの午前中でしたが(この後は実家へ帰省)初めてのコースも行けたし(日影沢方面?)
まずまずの山歩きでした。

ダイエットはまだまだ遠い、土曜の午前中でした。。。。。






【2007/03/27 16:50】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ROCKY
高尾・・・
未だ 行った事ないトコだけど・・・
今年は ボクも行くつもりです!
ハイネケンのおねーさまに会いに・・・
(*’-’*)エヘヘ♪
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパ―イ



hiro
ROCKY さま
>ハイネケンのおねーさまに会いに・・・
まずは↑これからですか^^;
高尾は春、秋、冬?が歩くにはいいシーズンでしょうね
そして、夏はビアv-275
あれ?春夏秋冬、どの季節をとってもいいのか~^^;

へへっ!
食う寝るさんだ-す
30.000のキリ番GETしました。
なんかください(笑)←懐かしいフレ-ズ(^_-)-☆


ロビン
高尾でケーブルつかうなんぞ・・・
↑ダイエットはどーしたー!ですが・・・
まぁ、ケーブル直下にスミレちゃんの群集を
発見したのなら・・・まぁ いかったなり

そのうち ロビ毛  ロビ家にも来てねv-398


まきくま@お仕事
高尾いちばんのすみれちゃんなの???
見逃した~ なにげに、hiroさんもヒナスミレゲットしてるしなあ。わたしだけみつけられんかったなあ。


カモシカ
ショートでも山歩きできると幸せですね!
おまけにスミレがいっぱいときたらたまりません。
この日は京都でした。曇りのち雨。当初帰りがてら伊吹山を狙っていましたが、車窓から見てもザンザン降りの雨模様でした。


hiro
食う寝るさんだーすさま
みなさまがグルグル@@まわしてくれたおかげで^^30000ですよ。一年でこんなに人がきてくれたんだな~v-398と思って・・・うれし~な~。



ロビンさま
高尾でケーブルなんてね~、、、、ほんと!ダメダメですって!v-393
食う寝るさんをシカッて下さい。やつはいつでも、ケーブルです・・・・

次回のロビン邸、ずぅぇったい!行きますー!



まきくまさま
ケーブルカーの土手の所は足の踏み場もないくらいのスミレの群生地ですぞ!(びっくりv-405
これはケーブルに乗らないと見れませんねー。じっくり見れないのが、残念ですが・・・・

ヒナスミレちゃんて言うの?知らなかった(スミレの勉強しますv-390)でも得した気分v-345



カモシカさま
この日はこちらも、どんより・・・v-277でしたが、雨はなんとかもちました。。。
せっかくの京都でしたのにね~。。
ぶらり旅が京都ってすごいです。
私なんか、気構えしちゃいますよ^^;

京都ですか~・・・・・いいですね~・・・・・
京都か~・・・・・・・





まゆ太
日影沢方面、行ってみたいんだよなー
hiroさんたちが丹沢見てるころ、わたしはあそこ歩いたたんだなー(笑 あの日は春霞だったけど、丹沢の稜線は最後までしっかりみえていて、思ったよりお天気よかったですものねー。

1つ目のスミレはタチツボ、2つ目は、ヒナスミレ。ニリンソウの上の白い小さなはなは、ユリワサビかな?(たけさん、あってるー?)

それにしても、時間ないけど、おそばは食べるのね・・・(爆

ま、そばがメインだし?
akemi
インチキできるところはインチキでもいいかも~?(笑)
うちの師匠は、標高2,500mまではアプローチなので
そこまで車では入れるならそうする!!
と仰ってました。
アプローチで終わる山の方が多いと思うんだけどなぁ。(^_^;)


hiro
まゆ太さま
そっかー!その日だったね!丹沢!
私も、そろそろがっつり歩かなきゃ!と思ってますよ。あ~、、丹沢かもーん!
おお、そしてスミレちゃんのお名前もしっかり覚えているではないかー!!v-405勉強の賜物だね^^
>それにしても、時間ないけど、おそばは食べるのね・・・(爆
ああ、この後の予定が立てこんでてね~、ここで、食べないと食えん~!!で、どーしても!^^食べちゃいました^^(思いっきり言い訳)



akemiさま
私も遠くへ行ったら使えるものは使います^^
だって、時間もないしね~^^;
食う寝るさんは一回くらい下から登った事あるのかな?記憶にナッシングー!
私は学生の時の体育の授業で城山ダム~大垂水~高尾山まで縦走した記憶がありますー。キツカッタ・・・・



木曽駒
やっぱ、高尾山いいよねぇ~~。
翌日のお天気がもう少しよければ。。。。

でも、やっぱケーブルカー利用だったと思うよ。
だって、食う寝るさんが一緒だったし。。。

今回のお江戸はhiro姫に逢えなくて、残念でした。
でもまだまだ機会はいっぱいあるからね!

また一緒に飲もうねお山登ろうね。(ははは。。。)

お久しぶりです。
焼鳥大魔王
いいですね高尾山。
今度行ってみます。


hiro
木曽駒さま
>だって、食う寝るさんが一緒だったし。。。
あはは・・・やっぱ、そおですよね^^誰と行っても食う寝るさんがいる限り、ケーブルカーですね^^;

例のビア、木曽駒さんと一緒。私の人生の中で、一番、すんごい高いv-61ビールとなりました^^



焼鳥大魔王さま
コメント、ありがとうございます^^
こちらこそー!ご無沙汰しちゃって^^;
ちょっと環境が変わって平日になかなか、お邪魔することが難しくなってしまいました。。。

高尾の魅力、あまりよく伝えられませんが、このレポを見て、お出かけになるきっかけとなっているのでしたら、うれしいです^^
ポイントはケーブルカーです^^;


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
高尾・・・
未だ 行った事ないトコだけど・・・
今年は ボクも行くつもりです!
ハイネケンのおねーさまに会いに・・・
(*’-’*)エヘヘ♪
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパ―イ
2007/03/27(Tue) 20:43 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
ROCKY さま
>ハイネケンのおねーさまに会いに・・・
まずは↑これからですか^^;
高尾は春、秋、冬?が歩くにはいいシーズンでしょうね
そして、夏はビアv-275
あれ?春夏秋冬、どの季節をとってもいいのか~^^;
2007/03/28(Wed) 18:55 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
へへっ!
30.000のキリ番GETしました。
なんかください(笑)←懐かしいフレ-ズ(^_-)-☆
2007/03/28(Wed) 22:26 | URL  | 食う寝るさんだ-す #EBUSheBA[ 編集]
高尾でケーブルつかうなんぞ・・・
↑ダイエットはどーしたー!ですが・・・
まぁ、ケーブル直下にスミレちゃんの群集を
発見したのなら・・・まぁ いかったなり

そのうち ロビ毛  ロビ家にも来てねv-398
2007/03/28(Wed) 22:53 | URL  | ロビン #qIFa0De.[ 編集]
高尾いちばんのすみれちゃんなの???
見逃した~ なにげに、hiroさんもヒナスミレゲットしてるしなあ。わたしだけみつけられんかったなあ。
2007/03/28(Wed) 23:34 | URL  | まきくま@お仕事 #E5Upi6Fk[ 編集]
ショートでも山歩きできると幸せですね!
おまけにスミレがいっぱいときたらたまりません。
この日は京都でした。曇りのち雨。当初帰りがてら伊吹山を狙っていましたが、車窓から見てもザンザン降りの雨模様でした。
2007/03/29(Thu) 01:08 | URL  | カモシカ #-[ 編集]
食う寝るさんだーすさま
みなさまがグルグル@@まわしてくれたおかげで^^30000ですよ。一年でこんなに人がきてくれたんだな~v-398と思って・・・うれし~な~。



ロビンさま
高尾でケーブルなんてね~、、、、ほんと!ダメダメですって!v-393
食う寝るさんをシカッて下さい。やつはいつでも、ケーブルです・・・・

次回のロビン邸、ずぅぇったい!行きますー!



まきくまさま
ケーブルカーの土手の所は足の踏み場もないくらいのスミレの群生地ですぞ!(びっくりv-405
これはケーブルに乗らないと見れませんねー。じっくり見れないのが、残念ですが・・・・

ヒナスミレちゃんて言うの?知らなかった(スミレの勉強しますv-390)でも得した気分v-345



カモシカさま
この日はこちらも、どんより・・・v-277でしたが、雨はなんとかもちました。。。
せっかくの京都でしたのにね~。。
ぶらり旅が京都ってすごいです。
私なんか、気構えしちゃいますよ^^;

京都ですか~・・・・・いいですね~・・・・・
京都か~・・・・・・・


2007/03/29(Thu) 09:54 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
日影沢方面、行ってみたいんだよなー
hiroさんたちが丹沢見てるころ、わたしはあそこ歩いたたんだなー(笑 あの日は春霞だったけど、丹沢の稜線は最後までしっかりみえていて、思ったよりお天気よかったですものねー。

1つ目のスミレはタチツボ、2つ目は、ヒナスミレ。ニリンソウの上の白い小さなはなは、ユリワサビかな?(たけさん、あってるー?)

それにしても、時間ないけど、おそばは食べるのね・・・(爆
2007/03/29(Thu) 12:38 | URL  | まゆ太 #Uc1kfBME[ 編集]
ま、そばがメインだし?
インチキできるところはインチキでもいいかも~?(笑)
うちの師匠は、標高2,500mまではアプローチなので
そこまで車では入れるならそうする!!
と仰ってました。
アプローチで終わる山の方が多いと思うんだけどなぁ。(^_^;)
2007/03/30(Fri) 09:22 | URL  | akemi #vXeIqmFk[ 編集]
まゆ太さま
そっかー!その日だったね!丹沢!
私も、そろそろがっつり歩かなきゃ!と思ってますよ。あ~、、丹沢かもーん!
おお、そしてスミレちゃんのお名前もしっかり覚えているではないかー!!v-405勉強の賜物だね^^
>それにしても、時間ないけど、おそばは食べるのね・・・(爆
ああ、この後の予定が立てこんでてね~、ここで、食べないと食えん~!!で、どーしても!^^食べちゃいました^^(思いっきり言い訳)



akemiさま
私も遠くへ行ったら使えるものは使います^^
だって、時間もないしね~^^;
食う寝るさんは一回くらい下から登った事あるのかな?記憶にナッシングー!
私は学生の時の体育の授業で城山ダム~大垂水~高尾山まで縦走した記憶がありますー。キツカッタ・・・・
2007/03/30(Fri) 12:49 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
やっぱ、高尾山いいよねぇ~~。
翌日のお天気がもう少しよければ。。。。

でも、やっぱケーブルカー利用だったと思うよ。
だって、食う寝るさんが一緒だったし。。。

今回のお江戸はhiro姫に逢えなくて、残念でした。
でもまだまだ機会はいっぱいあるからね!

また一緒に飲もうねお山登ろうね。(ははは。。。)
2007/03/30(Fri) 22:49 | URL  | 木曽駒 #6wH.DH8I[ 編集]
お久しぶりです。
いいですね高尾山。
今度行ってみます。
2007/04/02(Mon) 00:50 | URL  | 焼鳥大魔王 #-[ 編集]
木曽駒さま
>だって、食う寝るさんが一緒だったし。。。
あはは・・・やっぱ、そおですよね^^誰と行っても食う寝るさんがいる限り、ケーブルカーですね^^;

例のビア、木曽駒さんと一緒。私の人生の中で、一番、すんごい高いv-61ビールとなりました^^



焼鳥大魔王さま
コメント、ありがとうございます^^
こちらこそー!ご無沙汰しちゃって^^;
ちょっと環境が変わって平日になかなか、お邪魔することが難しくなってしまいました。。。

高尾の魅力、あまりよく伝えられませんが、このレポを見て、お出かけになるきっかけとなっているのでしたら、うれしいです^^
ポイントはケーブルカーです^^;
2007/04/02(Mon) 14:02 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック