山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
わたすげ、草紅葉、尾瀬オフ・・・・・
今回の尾瀬はこれで四回目になります。
ぜひ、尾瀬の水芭蕉を見てみたい!と思って行って来ました。
画像 047-2
仲良く寄り添う水芭蕉

鳩待峠7:50-横田代8:55-中原山9:30-アヤメ平9:45-分岐10:00-長沢新道-竜宮11:35-山の鼻13:25くらい?-鳩街峠14:15(いたるところで休憩含む、休憩大好き、大御馳走!)


自宅3:00出発、眠い、だるい。。。

でも今日は梅雨入り直前の貴重な晴れ間。
これを逃したら、後々絶対後悔する。と思い、眠い体にムチうって・・・


戸倉からバスに乗り換え、鳩待峠へ。相変らずの大混雑である。

鳩待峠ではえいじさんとバッタリ。
どうやら、同じ時刻に到着したバスが一緒だったらしい。

聞くと、今回の同行者は女性ではなく?男性。

それも、さわやかメンズのお二人さん。アヤメ平→尾瀬が原のルートだそうで、私たちも当初の予定(鳩待→山の鼻)を変更し、同じルートにする。(ちなみに、私のルート変更はさわやかメンズ君たちがいたからではありません!あしからず^^;)


小屋の裏手から登山道に入り、山道を進む。このルートは初めて通るルート。

しばらく行くと、雪がどんどん深くなり、木道も見え隠れする道となり、赤テープを頼りに雪の上を進みます。
画像 004-2



さらにどんどこ進むと、横田代。
画像 005-2



えいじさん御一行チームより、先に出発したのに、さすが、男性チーム。
横田代に着いた時には追い越されていました。

樹林帯の中はまだ雪があるけれど、原っぱには雪はありません。あとは、快適な木道歩きです。
途中から、至仏山も見え始め、静かな空間を独り占めします。
画像 013-2


ベンチに腰掛、鳥の声を聞いたり、他の人間の存在を感じない不思議な空間です。
セルフってみました。
画像 014-2


そして、次も。


ポーズをどうしていいかわからす・・・死んだふり。
お尻から失礼^^;
画像 015-2


さらに進むと、アヤメ平。ここは二回目。
画像 022-2
燧ケ岳と見る

周りにはちらほら、ショウジョウバカマ。やっとここも春になったようです。
画像 010-2


画像 025-2
アヤメ平と至仏山

画像 028-2
アヤメ平から燧ケ岳

アヤメ平からの分岐も赤テープを頼りに進みます。慎重に、雪を踏み抜かないように。
画像 032-2

冬眠から目覚めた熊さんもこんな雪の溶けかかった場所を歩くよね~?熊さんも踏み抜いたりするのかな?・・・しょーもないことを考えながら、静かな森を進んでいくと、原へ降りる急斜面になります。膝を痛めないように、段差には特に注意しました。ここからは、木々の若葉も生い茂り、ぶなの緑も見事!春爛漫!画像 033-2
といった風景でした。
足元にはスミレの花もちらほら画像 035-2


画像 036-2



平坦な木道が出てくるといよいよ、尾瀬が原で視界が広がりました。画像 037-2

竜宮に到着。
相変らずの人です。。ま、、私もその中の一人なんだけどね^^;
ちょこっと場所を移動して、お昼にしました。風がでてきて、少し肌寒い陽気でしたが、陽の光がでると暖かさを感じました。
画像 041-2
真後ろは燧ケ岳


食事終了後は尾瀬の散策です。

あるポイントに向かって・・・・
今回、ぜひ見てみたい場所があり、去年の尾瀬オフの時、横にいた熊さんが(友達のね^^;)

「ここがカメラマン達が集まる逆さ至仏と水芭蕉の場所だよ」と教えてくれました。

そう言われれば、よく、尾瀬のパンフとか、駅のポスターで見かける風景。

川と緑のバランスが絶妙なポイントでした。水芭蕉の時期ではなかったけれども、ここに、群落ができたら、さぞかしきれいだろうな~。。。自分の目で見てみたい!
と思っていた場所です。


そして、ようやく!
画像 042-2


風がでて、逆さ至仏は見えなかったけど、予想どおりの風景で、大満足^^
今回の目的を果たしたのでした。。。

さ~!目的も済んだし、かえりましょー!

相変らずの木道大渋滞ですが、木道をとことこ、下ばかり見てても・・・・

そういう時は湿原の遠~くを見て深呼吸をします。
そうすると、ちょっとしたイライラも抑えられ、自分の中に新しい風が吹き込んできた気分になります。

蛙の大合唱のBGMも、カッコーの鳴き声も(これがとくに眠気をさそうトーンなのです♪・・)のどかさにさらに輪をかけて癒しをあたえてくれました。
蛙ちゃん、声は聞こえども、姿は見えず、でした。

山の鼻付近ではこれまた水芭蕉の群落が遠くに見えて・・・
画像 046-2
最後の水芭蕉を堪能して、鳩待峠への登りを歩きはじめました。

今日の尾瀬はたくさんの知人が入山していたようでした。
この井出達に見覚えるのある方。。どこかですれ違っているかもしれませんね。


今回もまた、膝の調子をうかがって歩きましたが、タイツ+サポーターでガッツリ固定だったおかげか・・
日ごろの運動のおかげか?下りを慎重に段差をつけずゆっくり歩いたからか?痛くなることはありませんでした。
ただ、ふくらはぎが激!筋肉痛!この前の檜洞丸は筋肉痛にならなかったのに。。雪道のせいかしら?

念願の尾瀬の水芭蕉を見ることが出来て、なんて私は幸せだろう。と思いました。
山歩きを楽しむ、歌を楽しむ、自分の為に費やせるステキ時間が持てるということは、なんて贅沢なことだろうと思わずにはいられないのでした。

今度はキスゲ♪を目標に^^


追記を閉じる▲

鳩待峠7:50-横田代8:55-中原山9:30-アヤメ平9:45-分岐10:00-長沢新道-竜宮11:35-山の鼻13:25くらい?-鳩街峠14:15(いたるところで休憩含む、休憩大好き、大御馳走!)


自宅3:00出発、眠い、だるい。。。

でも今日は梅雨入り直前の貴重な晴れ間。
これを逃したら、後々絶対後悔する。と思い、眠い体にムチうって・・・


戸倉からバスに乗り換え、鳩待峠へ。相変らずの大混雑である。

鳩待峠ではえいじさんとバッタリ。
どうやら、同じ時刻に到着したバスが一緒だったらしい。

聞くと、今回の同行者は女性ではなく?男性。

それも、さわやかメンズのお二人さん。アヤメ平→尾瀬が原のルートだそうで、私たちも当初の予定(鳩待→山の鼻)を変更し、同じルートにする。(ちなみに、私のルート変更はさわやかメンズ君たちがいたからではありません!あしからず^^;)


小屋の裏手から登山道に入り、山道を進む。このルートは初めて通るルート。

しばらく行くと、雪がどんどん深くなり、木道も見え隠れする道となり、赤テープを頼りに雪の上を進みます。
画像 004-2



さらにどんどこ進むと、横田代。
画像 005-2



えいじさん御一行チームより、先に出発したのに、さすが、男性チーム。
横田代に着いた時には追い越されていました。

樹林帯の中はまだ雪があるけれど、原っぱには雪はありません。あとは、快適な木道歩きです。
途中から、至仏山も見え始め、静かな空間を独り占めします。
画像 013-2


ベンチに腰掛、鳥の声を聞いたり、他の人間の存在を感じない不思議な空間です。
セルフってみました。
画像 014-2


そして、次も。


ポーズをどうしていいかわからす・・・死んだふり。
お尻から失礼^^;
画像 015-2


さらに進むと、アヤメ平。ここは二回目。
画像 022-2
燧ケ岳と見る

周りにはちらほら、ショウジョウバカマ。やっとここも春になったようです。
画像 010-2


画像 025-2
アヤメ平と至仏山

画像 028-2
アヤメ平から燧ケ岳

アヤメ平からの分岐も赤テープを頼りに進みます。慎重に、雪を踏み抜かないように。
画像 032-2

冬眠から目覚めた熊さんもこんな雪の溶けかかった場所を歩くよね~?熊さんも踏み抜いたりするのかな?・・・しょーもないことを考えながら、静かな森を進んでいくと、原へ降りる急斜面になります。膝を痛めないように、段差には特に注意しました。ここからは、木々の若葉も生い茂り、ぶなの緑も見事!春爛漫!画像 033-2
といった風景でした。
足元にはスミレの花もちらほら画像 035-2


画像 036-2



平坦な木道が出てくるといよいよ、尾瀬が原で視界が広がりました。画像 037-2

竜宮に到着。
相変らずの人です。。ま、、私もその中の一人なんだけどね^^;
ちょこっと場所を移動して、お昼にしました。風がでてきて、少し肌寒い陽気でしたが、陽の光がでると暖かさを感じました。
画像 041-2
真後ろは燧ケ岳


食事終了後は尾瀬の散策です。

あるポイントに向かって・・・・
今回、ぜひ見てみたい場所があり、去年の尾瀬オフの時、横にいた熊さんが(友達のね^^;)

「ここがカメラマン達が集まる逆さ至仏と水芭蕉の場所だよ」と教えてくれました。

そう言われれば、よく、尾瀬のパンフとか、駅のポスターで見かける風景。

川と緑のバランスが絶妙なポイントでした。水芭蕉の時期ではなかったけれども、ここに、群落ができたら、さぞかしきれいだろうな~。。。自分の目で見てみたい!
と思っていた場所です。


そして、ようやく!
画像 042-2


風がでて、逆さ至仏は見えなかったけど、予想どおりの風景で、大満足^^
今回の目的を果たしたのでした。。。

さ~!目的も済んだし、かえりましょー!

相変らずの木道大渋滞ですが、木道をとことこ、下ばかり見てても・・・・

そういう時は湿原の遠~くを見て深呼吸をします。
そうすると、ちょっとしたイライラも抑えられ、自分の中に新しい風が吹き込んできた気分になります。

蛙の大合唱のBGMも、カッコーの鳴き声も(これがとくに眠気をさそうトーンなのです♪・・)のどかさにさらに輪をかけて癒しをあたえてくれました。
蛙ちゃん、声は聞こえども、姿は見えず、でした。

山の鼻付近ではこれまた水芭蕉の群落が遠くに見えて・・・
画像 046-2
最後の水芭蕉を堪能して、鳩待峠への登りを歩きはじめました。

今日の尾瀬はたくさんの知人が入山していたようでした。
この井出達に見覚えるのある方。。どこかですれ違っているかもしれませんね。


今回もまた、膝の調子をうかがって歩きましたが、タイツ+サポーターでガッツリ固定だったおかげか・・
日ごろの運動のおかげか?下りを慎重に段差をつけずゆっくり歩いたからか?痛くなることはありませんでした。
ただ、ふくらはぎが激!筋肉痛!この前の檜洞丸は筋肉痛にならなかったのに。。雪道のせいかしら?

念願の尾瀬の水芭蕉を見ることが出来て、なんて私は幸せだろう。と思いました。
山歩きを楽しむ、歌を楽しむ、自分の為に費やせるステキ時間が持てるということは、なんて贅沢なことだろうと思わずにはいられないのでした。

今度はキスゲ♪を目標に^^

【2008/06/04 12:57】 | 山の記録
トラックバック(0) |

No title
カモシカ
去年初めての尾瀬はキスゲ狙いでしたがさっぱりでした。
ミズバショウの頃の尾瀬はずっと憧れていますが、未だかなわず。
先を越されてしまいました。

上から5枚目!☆ヤマケイJOYのモデルみたいじゃん!!

6枚目は~~・・・・・・・。

No title
ROCKY
まだまだ 残雪が多いんだね~
さすがは・・・尾瀬!
6月とは思えないほど 空気が澄んで 眺望バッチリなんだね・・・尾瀬って。
さすがは・・・尾瀬!!

      おそるべし・・・・尾瀬!!!

一度 ボクも行かんと いかんなぁ・・・・。
でも・・・遠いな・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...
  でも・・・どげんかせんといかん!
                          (なんちゃって)


No title
たここ
水芭蕉はいつもたくさんでいいですよねぇ。
朝方のうちにアヤメ平は正解ですね、真っ青なお空だ。

次はキスゲですか。沼かな?
私はキスゲの前にワタスゲもいっちゃおうと思ってます^^

いいねー(^^b
まゆたたら
朝のアヤメ、最高ですねー。
長沢新道が不安で、尾瀬ヶ原はパスしちゃいました(^^;
でも、旬は尾瀬ヶ原だったなーとみなさんの写真を見ておもいました(^^)
>今度はキスゲ♪を目標に^^
わたしも!あーでも、ワタスゲのときもねらっちゃうかも♪
尾瀬、ほんといいよね!

カモシカさま
hiro
去年、キスゲの頃に行かれたんですね。私も、次はまだ見たことのない尾瀬のキスゲが見たいです^^
いろんなシーズンでこれだけの花がみれるのはありがたいですよね!水芭蕉。。。予想通りの景色が広がっていて、久々の感動をあじわいました!

>上から5枚目!☆ヤマケイJOYのモデルみたいじゃん!!
実は、大学の時、ヤマケイから電話かかってきて、「丹沢で読者モデルやって!」と頼まれましたが、その日の授業を休んだら出席日数足りなくて、単位を落とす授業だったので、行かれませんでしたv-409あ~、、普段の行いに気をつけよ!と思った瞬間でした^^;

ROCKYさま
hiro
やっぱ、一度は尾瀬ですわ!
あたしも、一昨年、初めて行ったんですが、、、
すごいぞ~!!尾瀬!!ビバ!尾瀬!
ってなくらい。。この日は調度、雨上がりで空気も澄んでいたんでしょうね。。青空が突き刺さるような色でね・・・
尾瀬で一泊して、ぐるぐる歩くと、満喫できますよ^^


たここさま
hiro
きれいでした~!!アヤメ平。
ここは青空が似合いますね^^。心洗われるようでしたよ。
ワタスゲもいいですね^^初めての尾瀬がワタスゲちゃんだったので、印象深いです。。
キスゲはやっぱ、沼ですか・・・・
キスゲのゴールデンルート、今度教えてくだされ~v-435

まゆたたら さま
hiro
一人だと、不安だよね。。。
でも、一人で行っちゃうとこがすごい!
あたしなんか、人通りのある登山道しか行けないもん^^;
熊さんとか、怖くない?尾瀬に入っちゃえばいいけど、それまでの林道なんか怖いよ~v-356熊鈴ってホント、効果があるのかな~?と思う今日、この頃^^;
あたしも今度は違うルートで行ってみよっと!まゆ太さんのルート、参考にさせてね^^


尾瀬かぁ~~
上松 B作
「オオゼイ」の方々が・・・

あかん、このネタ某blogで『座布団3枚』取られたわ・・・


v-12

上松 B作さま
hiro
>あかん、このネタ某blogで『座布団3枚』取られたわ・・・

座布団全部、取っちゃって!!(爆)
Bさん、尾瀬の景色にもコメください^^;

おぉ~~~~っつ!
上松 B作
山が!花が!!スリムになったhiroさんが!!!


手遅れですね・・・それでは私・・・これにて・・・

上松 B作
hiro
おそいっつーの!

最初から、
山が!花が!hiroさんが!(←これはまあ、いいけど・・・うふん、謙虚なあたし)

そおいっとけばいいものを!

ったく・・・・

>手遅れですね・・・それでは私・・・これにて・・・
逃げるな~!!こらっ、待て~!!v-355

バッタリでしたね。
えいじ
遅ればせながらのコメントです。
先週は、天気がよくって本当に良かったですね。
最初は予想以上に雪が多くてどぎまぎしましたが、意外と問題なく歩けましたね。ただ私は濡れた木道で3回も転んでしまいました。
アヤメ平付近でお二人の写真を撮りましたが、なかなか絵になっていたのではと自分で感心していました。
後半はご一緒できませんでしたが、またご一緒させて頂ければ幸いです。

えいじさま
hiro
もう、ほんとにどこに行っちゃったんだろ?
と思ってましたが、富士見でv-275でしたか!^^
そうそう・・・
写真って、だだっ広いところだと人も含めて撮ったほうがいい写真がとれますね!
私たちの存在もお役に立ったようで、光栄です!
雪も問題なくクリアーできて、水芭蕉もみれて、いい山日よりでしたね^^




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
去年初めての尾瀬はキスゲ狙いでしたがさっぱりでした。
ミズバショウの頃の尾瀬はずっと憧れていますが、未だかなわず。
先を越されてしまいました。

上から5枚目!☆ヤマケイJOYのモデルみたいじゃん!!

6枚目は~~・・・・・・・。
2008/06/04(Wed) 18:28 | URL  | カモシカ #-[ 編集]
No title
まだまだ 残雪が多いんだね~
さすがは・・・尾瀬!
6月とは思えないほど 空気が澄んで 眺望バッチリなんだね・・・尾瀬って。
さすがは・・・尾瀬!!

      おそるべし・・・・尾瀬!!!

一度 ボクも行かんと いかんなぁ・・・・。
でも・・・遠いな・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...
  でも・・・どげんかせんといかん!
                          (なんちゃって)
2008/06/04(Wed) 19:01 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
No title
水芭蕉はいつもたくさんでいいですよねぇ。
朝方のうちにアヤメ平は正解ですね、真っ青なお空だ。

次はキスゲですか。沼かな?
私はキスゲの前にワタスゲもいっちゃおうと思ってます^^
2008/06/04(Wed) 19:29 | URL  | たここ #USldnCAg[ 編集]
いいねー(^^b
朝のアヤメ、最高ですねー。
長沢新道が不安で、尾瀬ヶ原はパスしちゃいました(^^;
でも、旬は尾瀬ヶ原だったなーとみなさんの写真を見ておもいました(^^)
>今度はキスゲ♪を目標に^^
わたしも!あーでも、ワタスゲのときもねらっちゃうかも♪
尾瀬、ほんといいよね!
2008/06/04(Wed) 23:09 | URL  | まゆたたら #Uc1kfBME[ 編集]
カモシカさま
去年、キスゲの頃に行かれたんですね。私も、次はまだ見たことのない尾瀬のキスゲが見たいです^^
いろんなシーズンでこれだけの花がみれるのはありがたいですよね!水芭蕉。。。予想通りの景色が広がっていて、久々の感動をあじわいました!

>上から5枚目!☆ヤマケイJOYのモデルみたいじゃん!!
実は、大学の時、ヤマケイから電話かかってきて、「丹沢で読者モデルやって!」と頼まれましたが、その日の授業を休んだら出席日数足りなくて、単位を落とす授業だったので、行かれませんでしたv-409あ~、、普段の行いに気をつけよ!と思った瞬間でした^^;
2008/06/05(Thu) 10:48 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
ROCKYさま
やっぱ、一度は尾瀬ですわ!
あたしも、一昨年、初めて行ったんですが、、、
すごいぞ~!!尾瀬!!ビバ!尾瀬!
ってなくらい。。この日は調度、雨上がりで空気も澄んでいたんでしょうね。。青空が突き刺さるような色でね・・・
尾瀬で一泊して、ぐるぐる歩くと、満喫できますよ^^
2008/06/05(Thu) 10:53 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
たここさま
きれいでした~!!アヤメ平。
ここは青空が似合いますね^^。心洗われるようでしたよ。
ワタスゲもいいですね^^初めての尾瀬がワタスゲちゃんだったので、印象深いです。。
キスゲはやっぱ、沼ですか・・・・
キスゲのゴールデンルート、今度教えてくだされ~v-435
2008/06/05(Thu) 10:58 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
まゆたたら さま
一人だと、不安だよね。。。
でも、一人で行っちゃうとこがすごい!
あたしなんか、人通りのある登山道しか行けないもん^^;
熊さんとか、怖くない?尾瀬に入っちゃえばいいけど、それまでの林道なんか怖いよ~v-356熊鈴ってホント、効果があるのかな~?と思う今日、この頃^^;
あたしも今度は違うルートで行ってみよっと!まゆ太さんのルート、参考にさせてね^^
2008/06/05(Thu) 11:03 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
尾瀬かぁ~~
「オオゼイ」の方々が・・・

あかん、このネタ某blogで『座布団3枚』取られたわ・・・


v-12
2008/06/05(Thu) 22:38 | URL  | 上松 B作 #-[ 編集]
上松 B作さま
>あかん、このネタ某blogで『座布団3枚』取られたわ・・・

座布団全部、取っちゃって!!(爆)
Bさん、尾瀬の景色にもコメください^^;
2008/06/06(Fri) 09:14 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
おぉ~~~~っつ!
山が!花が!!スリムになったhiroさんが!!!


手遅れですね・・・それでは私・・・これにて・・・
2008/06/06(Fri) 23:37 | URL  | 上松 B作 #-[ 編集]
上松 B作
おそいっつーの!

最初から、
山が!花が!hiroさんが!(←これはまあ、いいけど・・・うふん、謙虚なあたし)

そおいっとけばいいものを!

ったく・・・・

>手遅れですね・・・それでは私・・・これにて・・・
逃げるな~!!こらっ、待て~!!v-355
2008/06/07(Sat) 01:34 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
バッタリでしたね。
遅ればせながらのコメントです。
先週は、天気がよくって本当に良かったですね。
最初は予想以上に雪が多くてどぎまぎしましたが、意外と問題なく歩けましたね。ただ私は濡れた木道で3回も転んでしまいました。
アヤメ平付近でお二人の写真を撮りましたが、なかなか絵になっていたのではと自分で感心していました。
後半はご一緒できませんでしたが、またご一緒させて頂ければ幸いです。
2008/06/07(Sat) 14:54 | URL  | えいじ #A59SijPM[ 編集]
えいじさま
もう、ほんとにどこに行っちゃったんだろ?
と思ってましたが、富士見でv-275でしたか!^^
そうそう・・・
写真って、だだっ広いところだと人も含めて撮ったほうがいい写真がとれますね!
私たちの存在もお役に立ったようで、光栄です!
雪も問題なくクリアーできて、水芭蕉もみれて、いい山日よりでしたね^^


2008/06/09(Mon) 09:50 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック