FC2ブログ

7/26(土)-27(日)北岳

山の記録
07 /28 2008
北岳へ行ってきました。

山の風景、花、雲、風。。。

すべてが夏山!!
7/26(土)
広河原6:55-大樺沢-二俣8:55-右俣コースと草すべりの分岐10:30-稜線10:50-肩の小屋11:25(ガッツリお昼)-北岳山頂12:50(休憩含む)

7/27(日)
肩の小屋5:00-草すべりコース-白根御池小屋6:35-広河原7:45(休憩含む)


5:10の芦安から出るバスに乗るべく車を走らせるが、駐車場に到着したのが15分前。

そして、夏山週末登山の大混雑で、第六駐車場という、急坂のと~くのほうまで行かないと停められず、5:10には乗れないとあきらめた。

仕度をし、バス停まで急坂を歩いて行くとバスに乗り切れなかった人たちが、まだ行列を作っている。ラッキー!

間に合った。

広河原に定刻の6:10到着。

ここでもトイレ渋滞。しかたなく並ぶ・・・

遅い出発だったからか、人の多さは気にならず、自分のペースでのんびり歩くことが出来た。
画像 007-1

大樺沢の水量は豪快で、水しぶきが霧となり、身体をつつみ、マイナスイオンの中をリラックスして歩く。
画像 008-1

途中、幾度か北岳が見えかくれし、今日はあのてっぺんまで行くのか~・・・・行けたらすごいよな!あたし!
と、いつも下から頂上が見えると、思うことは一緒である。
画像 013-1


二俣までは沢を何回か渡り、一回ザックを降ろして休憩した。
コロッケパンを一個を頂上に着くまでチョコチョコ食べ始めた。
膝の具合も今のところは問題ないようである。
画像 017-1


二俣には雪渓がちょびっと残っていたが、右俣コースへ行く為、100mくらいしか雪渓歩きがなかった。
画像 016-1

雪渓からの吹きおろしの風が天然クーラーである。
画像 020-1

雪渓を右手に上がったところに、仮設トイレが二つあった。
ありがたい^^。
実は前日、健康診断でバリウムを飲んでいた為、12時間前まで下剤を服用していたのである。
もし、バリウム出切らないままだったら、どうしよなんて思いが、帰宅するまで続いた。。。山に来て、そんな心配するなんて・・・アホらし・・登山での体調は万全に!である・・
画像 023-2

右俣コース、ここからどんどん高度があがる。

左手に北岳が迫ってきた。お花たちに包まれ歩く。
画像 029-1

案の定、眉間が痛くなる。高山病の一歩手前、私の場合、高度順応できていないと頭痛は眉間なのである。う~ん。こまった。

歩く速度を緩めて写真をとりながら歩く。やはり、ここは2500m地点。この数字はいつでもネック。
画像 025-1

アルピニストの野口健は高度順応のために、登ったり下がったりして身体を順応させるよな~、でもここは高度がぜんぜん違うし!第一、せっかく登ってきたのに、もったない~。。。と、くだらないことを思いながら、最初は樹林帯の中を歩き、それが終わると、カールのような地形に出た。
画像 035-1

そこにはミヤマキンバイ、キンポウゲの群落が広がっていた。
まるで、パラダイス^^
画像 036-1

上のほうには白くイチゲの群落も見える。
画像 051-1

振り返れば、鳳凰三山もどっしりかまえ、前を向けばお花畑である。
画像 041-1

頭痛もぶっとんだ。

このうえなく、満足^^

夏山に来たんだな~と実感。


でも、最高潮に暑い^^;

早く、稜線の風にふかれるのだー!

と稜線を眺めれば、まだまだ先は長く、うんざりである。
画像 046-1

でも、お花畑の中の道は写真とりまくりの、景色見まくりので忙しく、なんだかんだであっという間の時間。稜線から見る景色に胸躍らせて一生懸命歩く・・・・
画像 055-1



稜線に出るとまず、仙丈ヶ岳が目に飛び込んでくる。どうぞ、あたしを見てー!と言わんばかりの堂々たる山姿。この山、hiroが初めて3000m越えを果たした初めての山なのである。あの時は向こうから北岳を見ていたな~。。と当時のことを少し思い出した。15年も前のこと。
画像 060-1

甲斐駒は若干雲の中。恥ずかしがりやらしい。よし、お前を明日、見てやるぞ!

甲斐駒をバックに肩の小屋までスカイトレイル。
画像 064-1

画像 070-1


お昼前、小屋の前は空いていた。混雑を想像していただけに、ありゃ?拍子抜け。
画像 075-1

ベンチに腰を下ろし、右手に北岳を仰ぎつつ、おにぎりを食べる。

お腹にたまったら、いよいよ登頂開始。
画像 083-1

岩のガラガラしたところを上がり、少し行くと間ノ岳方面の稜線が見え、赤い屋根の北岳山荘がいいアクセント。
画像 091-1

おおー!ステキな稜線。

惚れました

家に帰って撮った写真を見ると、何枚も同じアングルの物がありました。

無意識に何枚も撮っていたようです。

岩ひばりの群れがさえずりながら飛び交う中を歩き、下を見ればイワベンケイが、もこもこ咲いています。
画像 105-1


そして、山頂。
画像 102-1

きちゃった

あまり、人はいない。ここでもベンチを独占。

長野側を向き(山梨側からは午後のガスが上がってきていた)おにぎりを食べる。

ぼけ~っとすごす。

ボケるだけボケていたら、後ろの登山道ではないところから二人組みの男性がひょっこり登場。

ヘルメットにぶっと~い束のロープを肩にかけ。このロープだけで、何キロもありそう^^;

バットレスを登ってきた方達。輝子さんもこんなんかな~と思いながら、お話を聞くと、昨日はビバークして・・・うんぬんかんぬん・・・・・(あとは岩のことなのでよくわからなかった)

一人の男性は59歳。とても若くみえる。

さすが、身体も鍛えいるようで、ステキな筋肉美。いいかも~^^


山頂を踏んだので、無償に下りたくなってきた。さっさと支度をして下山。
それでも、いつもの倍くらい山頂に居た時間は長い。

小屋まで、来た道を慎重に下る。
画像 115-1

途中、あのステキな稜線に後ろ髪引かれながら・・・・・
画像 112-1



その日の夕方、夕焼けは見られなかった。

厚いガスと雲に覆われ太陽は沈んでいったようである。
画像 118-1
中央アルプス方面の山々が幾重にも続き、中国の水墨画のようである(行ったことないけど・・)

晩はひどい稲光。雨は降らなかったが風が強かった。


AM2:00 稲光もおさまり、夜空は満点の星空だった。
ほんとうに、星が降ってくるような静かな静かな夜空だった。
星座盤の見方とか、星のこと教えてくれる人はいないかな~・・・・と思いながら、眺めていた。


明けて、ご来光を待つ。

ここは3000m。雲海の上。空が次第に紺色からピンクへと変わっていくこの静寂的な瞬間が好き。
山の寝起き?の瞬間。
画像 126-1

鳳凰のシルエットが美しく
画像 133-1


久々にご来光を見た。
画像 142-1


富士山も見れて
画像 140-1


仙丈の山肌に陽があたり
画像 146-1

昨日、雲に隠れていた甲斐駒も目を覚ました
画像 147-1


今日の予定は日の出を見てから下山である。ザックを背負い写真をとりまくる。

小屋の前はすごい人!どこから沸いてきたのか・・・・・という感じ。昨日の人の少なさは目の錯覚か?
画像 144-1

これ以上、心残りはない!というだけ景色を堪能し、写真を撮ったら下山開始。
画像 151-1

行程では3時間40分の道のり。

膝のことも考えてゆっくりめに下ろうと思い、休憩を含め4時間半を予定する。
そうすると、広河原発10:20のバスに余裕で間に合う^^

幸い、膝の調子はいい。痛くもかゆくもない。

そんなことを考え、遠くに見えていた中央アルプスともお別れ。稜線からはずれる。
画像 152-1

草すべりコースを行く。右俣コースよりもこの日はお花がなかったようです。
時期によって違うかもです。

ここが草すべりかな~っと思いながら急な坂を下ると、白根御池小屋のテン場が見えはじめました。
画像 162-1

膝の調子もすこぶる良い。

いつもより、若干足早になっている自分に気がつき、イカンイカン・・・調子にのると痛くなる。。と自分を戒める。まだ、半分も歩いてないのに。。。この先が心配。

と思う自分もいるが、あわよくば、一本前の8:00のバスに乗れるんではないか?と欲が出てくる。

どっちにしろ、御池小屋に着いた時間で判断しようと決める。

小屋に到着し、10分位休憩。
画像 164-1

時間を見ると、コースタイムより早いことに気がつく。

そうなると、俄然、やる気が沸いてくる。御池小屋から広河原までは1時間50分の道のり。

今、6:35。

8:00調度のバスだから、あと一時間半で下らなくてはならない。

いけるだろうか?・・・・




いっちゃう?
あたし。



やってみる?
あたし?


でも、急いで転んで怪我したら大変だよ・・・・・



そんな葛藤を繰り替えしているうちに、すでに足は小走り状態に下山道へ向かっていた。


微妙な時間に広河原に着くとバスの時間を2時間近く待たなければならない。

なんだか、賭け事のような気分で軽くジョグする。


走れるところは走り、危険なところはいつもの山歩きで。。。

ま、、普段のジョグの延長だ!と思うことにした。幸い、息は上がらない。

心配なのは膝だけ。


樹林帯の中をアップダウンし、最後の急な坂を降りる。

始終、時計を見て

「あ~、、まだ着かないのか・・・もう、間に合わないかもしれない。あせって怪我したら大変。やめとこ・・・・・・・」と、歩くこと数回。

「いや、、、いけそうだ!」
と無意識に小走りになること数回

こんな葛藤を続けながらのジョグ。

当然ながら、周りの景色をカメラにおさめる余裕も時間もなく、ひたすらジョグ。

登ってくる登山者に下から、どのくらいで登ってきました?なんて聞いて、この急登だったら、下りはこのくらいか~・・・・・

なんて考えながら山道をすすむ。

行きに通ったコースではないので、目標物がなく、時間の感覚もないまま、最後の大樺沢コースとの分岐に到着。


時間をみて、いける!!

ここでようやく確信に変わるが、広河原山荘まで25分という道のりがある。

時間帯としては微妙な時間だったが、とにかく走る!

平坦な道を走る。こんなに、長かったっけ?・・・・と思いながら・・・・

走ったおかげで10分くらいで広河原山荘に到着。

小屋の横をスルーし、あの吊橋に。。。

吊橋を見た瞬間、やっとジョグからウォーキングに変わり、間に合った~・・・の安堵感が沸いてきた。

結局、バス発車の15分に着くことが出来た。


バス停に着くと、二~三人しか人はいない。

息がぜいぜい、はぁはぁといった状態で、一人の男性に「バスの発券はまだですよね?」と開口一番尋ねた。

その後、ザックをおろし、帽子をとり、身だしなみを整えようと髪を触ると片方の髪をまとめていたゴムが見当たらない。

どうやら走っていて、するっと抜けたようである。

すごい、頭をしていたようだ。。。。

顔は汗だくだし、髪は片方だけバサバサだし、ちょっと危ない人っぽかったかも。。

どうりで、その男性、ちょっとひいていたような気がする^^;。。。。

まあいいか。


帰りのバスはゆったりで、北岳、農鳥を望みながらの車中。

楽しかった山行を思い出しながら、ウトウトとしてしまった。

一泊二日の盛りだくさんな山旅だった。




今回、キタダケソウに会えました。
ほんとに、偶然が重なった出来事から見つけられました。
こんな葉っぱの形、見たこと無い!
こんな繊細で繊維質?な花の表面を見たこと無い!
美しくもあり、かわいらしい・・・・

まるで、、○○○○さんのよう・・・・(あ、、やめとこ・・・)
画像 078-1






コメント

非公開コメント

北岳もいいなあ

hiroさんと同じご来光を、emiさん、はっしーさんと一緒に鳳凰で拝んでました。実は前日まで北岳と鳳凰とどっちにしようかと迷ってました。で、なんとなく楽ちんそうな鳳凰に決定!鳳凰から北岳眺めながら、ほーら、あんな急なとこ登れるかい!と言ってたんですよ。にしても、hiroさん、すごい健脚ですね!「ガラスの膝のhiro」かと思ってたら、イメージ変わっちったじゃないですか。(笑)

NO.2登頂 おめでとう!
今年は 雪が多いですね~
大樺沢の水量も多いみたいだし・・・・。
この時期でもキタダケソウ見れたなんて 今年はらっきーですよね。。。
いいなぁ・・・・。

このところ天気もいいし みなさん楽しそうな山行できて うらやましいっす・・。
(;¬_¬)。・・・
ボクは・・・とうぶん 山は諦め・・・です・・です。

    いいなぁ・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

おや!

北岳ですか~。
なんだか、雷鳥が見つかったそうなんですよ。
見かけませんでしたか~?(^^)

北 岳 草

まだ咲いてるんですね!! 
私も今年始めてみましたが、小さめのクシャクシャとした葉を含めて本当に可憐な花だと思いました。
ところで、下りをそんなに急いでどうすんの! また痛くなったりしたら本当にやばいよ、焦らずジックリですぞ!!
バスが間に合わなくても実は1Boxタイプのジャンボタクシーが適当に人を集めたら動くので大体OKなんですよん。運賃はバス代+100円だし、バスより早いしね。 って、今頃言っても遅いけか…

監督さま

そうでしたね~。。鳳凰だったんですね^^
こちらからも、シルエットがはっきり見えてましたよ!
う~ん。鳳凰からの視線をばんばん感じました(ウソ^^)

まだまだガラスの膝のhiroのイメージで~^^

それにしても、ご来光はきれいでしたね~・・・・v-398

ROCKYさま

NO2ときたら、次は・・・・・?^^
富士山?
でもな~。。自信ないし・・・・

キタダケソウ、これにはラッキーでしたv-354棚からぼたもちって感じです。
ROCKYさんはお盆くらいにはなんとかですか?
無理せず、じっくり治してくださいね。今は、じっとがまんの時ですよ・・・・

akemi さま

そうなんですかー!?雷鳥。
ぜんぜん知りませんでした。コメント見て知ったんですけど、北岳山荘付近らしいですね。
私のコースではそちらにいかなかったので見かけませんでしたが・・・・
akemiさん達の今年の夏は?^^
また、い~っぱい食べちゃうんですか~?(←これ、かなり、うらやましい・・・・)

K林さま

は、、走ちゃった^^;・・・・・
だってー!
行きの乗り合いタクシーがバスと同時刻にしか出ないって、言うんですもん。。。これって、帰りは当てはまらないのかな~・・・
でも、膝の調子はものすごくいいみたいです。帰宅してからも痛くないし・・・・やっぱり、ジョグのおかげみたいです。今度はもう少し、荷物を重たくしてみたいと思います・・・・あ、、、無理せず、じっくりやります^^

キタダケソウ、さすが固有種!って感じの植物でしたね~。。
今回この花に出会えて、、ほんとによかった!i-178

行ったことないので北岳行きたいなあ。
2番目に高い山だもんね。
ま、一番高い山には登ったけどさ。

鳳凰から見るととても登れなさそうに見えるけど、
危ないようなところはなくて、
体力勝負なのかな?

ボクの場合はアクセスが問題なんだよなあ・・・
でもいつの日か!

はっしーさま

私が歩いたコースは危険箇所はなかったよ。
八本歯の方は下りは通行しないで下さい・・・なんて言われてたみたいだけどね。

はっしーなら体力勝負ってほどでもないよ・・・
あたしだって、そんな辛くはなかったもんv-391
やっぱ、これもジョグのおかげかと思われる~。

>ま、一番高い山には登ったけどさ。
三週連続、期待してたのにさ!v-392

大樺沢の雪渓、解けたんだ?!
三連休はけっこうあったのに…

しかもキタダケソウあるし!
私は見れなかった・・・しょぼん・・・

う~ん。
とても良い日に伺えたようですね。
比較的短時間で登れるんで、毎度候補に入れるんですが、そっち方面は交通費が、ねぇ・・・。情
そんなこと言ったらどこにもいけないんですが。笑

僕も膝のためにジョギングをジョグジョグ始めてみようと思います。

良かったですね~

素晴らしいご来光ですねv-410
ぼくらも、ついこの間行ってきたばかりなので
懐かしく、そうそうこんな場所有ったなぁって思いながら
拝見しました。ありがとうございます。

31日1日と鳳凰三山から北岳を眺めました。
肩ノ小屋は確認できませんでしたが、大樺沢と
白根御池小屋は確認できて、嬉しかったです。

自分的には、北岳より鳳凰三山の上り下りの方が大変だったぁv-411

夏山のモデルですね。夏山満喫ですね!いいなぁ。
今年は花が遅めだったから、キタダケソウにも会えてよかったね。
>何枚も同じアングルの物がありました
私も同じく。
それだけ、感動してたってことだよ!
記録をひっくり返してみたら、北岳は12年前に登っていました。
バスに乗るのがめんどくさいんだよね。
今夏候補のひとつでした。(メインは恒例の北だけどね)

この日はお天気の様子見の自宅待機。これだけよかったのなら思い切って出かければよかったな。
出張もあったりで、29~30日の短い夏休みは終わったのでした。

輝子さま

仮設トイレのちょっと下までかな。。。雪があったのは・・・
私はそのまま右俣コースだったので、アイゼンなしでした・・・

キタダケソウ、、、輝子さんが行った時期は、まだまだたくさんあっただろうに・・・・もう!^^

井上ウッド さま

なんたってNO2のお山ですもん^^
いいですよ!
そちらからだと、ちょっと遠いですけどね・・来る価値は十分よかですよ!
膝ね。。
まずはゆるゆるウォーキングからどおですか?
ジョグ友、ウォーキング友になりましょう!

じもらーさま

お久しぶりですね^^
じもらーさんもキタダケソウ、たくさん見たのですよね。それも、群落で^^いいな~。。。
この花、可憐ですよね~、、見つけたときはお顔がほころんでしまいましたよ。。にや~って感じで(危ない人みたいだった)
そうそう、シルエットの朝日の鳳凰、ステキでしたよ~・・

カモシカさま

私も、こちらの方面の山に入るのは15年ぶりでした・・
昔は広河原まで車で入れたのにね。
今はメンドーです。ま、しょうがないですけどね・・・

最近お忙しいようですね・・
私もあまり山には行けませんが、今のペースの方が、いい気分転換になっていいかも^^
遠征費もかかるし・・・は~^^

北岳だけに・・・

ちょっと・・・

見に「キタダケ」・・・



それでは・・・わたし・・・これにて・・・(最近パターン化してきとるな・・・これ・・・)

上松 B作 さま

ちょっとー!
せっかくの山レポなのにぃ~!!i-278

なんか、他のコメントないんですか~!!

ほら、、
「キタダケソウ、、、まるで○○○○さんみたい~・・・」←ここ強調
とかさ!

hiroさん、北岳行ってきたんだねー。
しかも単独かな?おつかれさまでした~。
膝、ばっちりじゃーん。トレーニングの成果、出てますね。
この週末、結構いいお天気だったのですねー。
気持ちのいい朝を迎えられてよかったですね(^^)山歩きの醍醐味なり!

まゆ太さま

コメントありがとv-343
キタダケソウ見れちゃった^^
それだけでも大満足なのに、あの展望と天気ですもん♪
最高でした^^
最後は単独だから走れたのかな^^
膝の具合もいい感じで仕上がっていますよん。あとは、重た~い荷物だけかなi-229

白山、おつかれ~!!

hiro

ひろ’S Barへようこそ!
山と自然と温泉と!
おいしいものをこよなく愛す、管理栄養士の日記です。
日々健康!そして・・・
感動する景色にいっぱい出会いたいです!