山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
天気になるのだろうか・・・・・?


そんな思いで車を甲府方面へ走らせる。

甲府に着くと、じゃーじゃーのどしゃぶり。

イッキにテンションダウンしてしまった。
もう~!実家に帰っちゃおうか?途中のサービスエリアで、しばし考え込む。
でもでも、せっかく来たし、登山口の駐車場まででも、行ってみよう!

そこで登るか否か、、決定しよう!


観音平駐車場7:25―遊歩道―展望台7:45―雲海8:10―押手川8:35―編笠山9:30―青年小屋10:00―権現小屋11:10―権現岳11:20―青年小屋12:35―押手川13:35―雲海14:00―駐車場14:35(休憩含む)


結局、登った。
駐車場に到着すると、雲は厚いが、雨は降っていない。

駐車場はもう、満車状態なので、路肩につける。
準備の間も続々と、車が到着する。

登山口から雲海へイッキに登ろうと思っていたが、いきなりのルートミス。

遊歩道と書かれた方面へ足が行ってしまった。
このルートは展望台を経て雲海で本来の登山道と合流するが、地図上のコースタイムを見ると、一時間ちかく、余計に歩くことになる。

どおりで、一人も登山客がいないわけだ^^;

静かな静かな山道。

画像 004-2
展望台

雲も、ちょっとだけとれてきた。
画像 009-2
甲斐駒が見えたと・・・・思う。。たぶん。セルフ撮り

人がいないので、静かなんですよ。
私が今日朝一で通った登山客だと思う。
だって、顔に、くもの巣がいっぱいかかるんだもん^^;

画像 010-2

こんな斜面をのんびり登っていると、テン泊者の単独男性とすれ違う。

ほ^^

これで、くもの巣にはひっかからないぞ^^


きのこも生えてる。モコモコでかわいい。マッシュルームみたい。
画像 012-2


そして、雲海で登山道と合流。

賑やかな登山道となります。

何組か追い越し、調子よく、歩けます。

押手川に到着。
画像 017-2

雲っているので、涼しい。体力は消耗しません。
黙々と歩きつづけます。
このへんから急な山道となり


周りの木々も低くなり始めた所で、空を仰ぐと、青空!
画像 018-2
そして、急な路^^;

がんばって歩きます。
けっこう、気持ちよく歩けます。
実は、ここのちょっと下まで、うるさいグループがいまして、早く、そのグループから離れたかったのです。なので、ぶちぬきました。


森林限界付近のこの看板にも励まされ、ちょっと歩くと、山頂までほんとにわずかでした。
画像 021-2


で、セルフをやってみると、、、



あら~^^;
足しか移ってないよ・・・・・
画像 023-2
こんなことして、行ったり来たりしてると、



山頂らしき場所にでます
画像 025-2


なんか、ガスってますね~。
画像 027-2
まわりはな~んにも見えませんでした。


ここで、「ちんすこう」とチョコをパクリ。

最近山で食べやすいのは、ちんすこう。
口の中でさっと溶けて、糖分ばっちりなので扱いやすい。
そして、今日の朝ごはんはバナナで摂ってみた(いつもはおにぎり)
そしたら、腹持ちのいいの!なんのって!
ここまでシャリバテにならず歩けた。バナナ1本分の効果です。
すごいです。

そんなことを考えながら、編笠山の山頂で休憩。


青年小屋へ向けて下ります。
岩のゴロゴロした場所を下っていると、ガスの間から、ギボシ、青年小屋が見え隠れします。
画像 031-2


そして、小屋に到着するころは晴れ^^
画像 034-2

権現へ向けて出発です。

また、登ります。

画像 039-2
振り返ると、編笠と青年小屋。
ふ~ん、あんな形してるんだね。かわいい。

よ~く見ると、山頂に人がいるのも見えました。


森林帯をぬけ、ギボシの登り。
うわ~、、、あんなとこを登るんだ。
のぼりはいいけど、下りは滑って転びそう。
画像 045-2
何人か登っている人の姿も見えました。


下界を見れば、雲も取れ始め、街並みも望めました。
画像 046-2
黄色の田んぼ・・・
秋だな~と感じる色です。



画像 051-2
やっぱり、急です。

でも、けっこう、足取りかるく登れたと思います。疲れは感じませんでした。


こ~んな鎖ルートもあるからでしょうね。あきさせません。
画像 053-2



セルフって行ったり来たりが大変。
人のいない所を見計らって・・・
画像 055-2


ギボシを越えると権現岳と小屋もみえます。
画像 058-2
おお!あそこまで歩くんだな。もうひといき。
画像 064-2

そして、山頂直下。これをよじ登って・・・・
画像 067-2

写真をぱちり。
画像 070-2

山頂には長居はできないので、そうそうに降ります。

そして、少し戻った所で、お昼にしました。
編笠からの稜線も見えて、うれしい^^
画像 076-2

赤岳方面を向きながらおにぎりを食べます。
画像 084-2
硫黄から阿弥陀、いい気分です。
ヘリの音がひっきりなしでした。三連休ですもんね。


そして、権現小屋の前でまたまたセルフ。
南側は雲が多く展望、望めず。
画像 083-2


あとは、慎重に下りを歩き、青年小屋から駐車場へまっすぐ向かいました。
青年小屋からの苔むした登山道
画像 096-2

下山は膝の調子をみながら、ちょこちょこ休憩をとります。
今回も膝の痛みはでませんでした。よかった。


全体的に運動した~!!
という感じの山でした。


追記を閉じる▲
でもでも、せっかく来たし、登山口の駐車場まででも、行ってみよう!

そこで登るか否か、、決定しよう!


観音平駐車場7:25―遊歩道―展望台7:45―雲海8:10―押手川8:35―編笠山9:30―青年小屋10:00―権現小屋11:10―権現岳11:20―青年小屋12:35―押手川13:35―雲海14:00―駐車場14:35(休憩含む)


結局、登った。
駐車場に到着すると、雲は厚いが、雨は降っていない。

駐車場はもう、満車状態なので、路肩につける。
準備の間も続々と、車が到着する。

登山口から雲海へイッキに登ろうと思っていたが、いきなりのルートミス。

遊歩道と書かれた方面へ足が行ってしまった。
このルートは展望台を経て雲海で本来の登山道と合流するが、地図上のコースタイムを見ると、一時間ちかく、余計に歩くことになる。

どおりで、一人も登山客がいないわけだ^^;

静かな静かな山道。

画像 004-2
展望台

雲も、ちょっとだけとれてきた。
画像 009-2
甲斐駒が見えたと・・・・思う。。たぶん。セルフ撮り

人がいないので、静かなんですよ。
私が今日朝一で通った登山客だと思う。
だって、顔に、くもの巣がいっぱいかかるんだもん^^;

画像 010-2

こんな斜面をのんびり登っていると、テン泊者の単独男性とすれ違う。

ほ^^

これで、くもの巣にはひっかからないぞ^^


きのこも生えてる。モコモコでかわいい。マッシュルームみたい。
画像 012-2


そして、雲海で登山道と合流。

賑やかな登山道となります。

何組か追い越し、調子よく、歩けます。

押手川に到着。
画像 017-2

雲っているので、涼しい。体力は消耗しません。
黙々と歩きつづけます。
このへんから急な山道となり


周りの木々も低くなり始めた所で、空を仰ぐと、青空!
画像 018-2
そして、急な路^^;

がんばって歩きます。
けっこう、気持ちよく歩けます。
実は、ここのちょっと下まで、うるさいグループがいまして、早く、そのグループから離れたかったのです。なので、ぶちぬきました。


森林限界付近のこの看板にも励まされ、ちょっと歩くと、山頂までほんとにわずかでした。
画像 021-2


で、セルフをやってみると、、、



あら~^^;
足しか移ってないよ・・・・・
画像 023-2
こんなことして、行ったり来たりしてると、



山頂らしき場所にでます
画像 025-2


なんか、ガスってますね~。
画像 027-2
まわりはな~んにも見えませんでした。


ここで、「ちんすこう」とチョコをパクリ。

最近山で食べやすいのは、ちんすこう。
口の中でさっと溶けて、糖分ばっちりなので扱いやすい。
そして、今日の朝ごはんはバナナで摂ってみた(いつもはおにぎり)
そしたら、腹持ちのいいの!なんのって!
ここまでシャリバテにならず歩けた。バナナ1本分の効果です。
すごいです。

そんなことを考えながら、編笠山の山頂で休憩。


青年小屋へ向けて下ります。
岩のゴロゴロした場所を下っていると、ガスの間から、ギボシ、青年小屋が見え隠れします。
画像 031-2


そして、小屋に到着するころは晴れ^^
画像 034-2

権現へ向けて出発です。

また、登ります。

画像 039-2
振り返ると、編笠と青年小屋。
ふ~ん、あんな形してるんだね。かわいい。

よ~く見ると、山頂に人がいるのも見えました。


森林帯をぬけ、ギボシの登り。
うわ~、、、あんなとこを登るんだ。
のぼりはいいけど、下りは滑って転びそう。
画像 045-2
何人か登っている人の姿も見えました。


下界を見れば、雲も取れ始め、街並みも望めました。
画像 046-2
黄色の田んぼ・・・
秋だな~と感じる色です。



画像 051-2
やっぱり、急です。

でも、けっこう、足取りかるく登れたと思います。疲れは感じませんでした。


こ~んな鎖ルートもあるからでしょうね。あきさせません。
画像 053-2



セルフって行ったり来たりが大変。
人のいない所を見計らって・・・
画像 055-2


ギボシを越えると権現岳と小屋もみえます。
画像 058-2
おお!あそこまで歩くんだな。もうひといき。
画像 064-2

そして、山頂直下。これをよじ登って・・・・
画像 067-2

写真をぱちり。
画像 070-2

山頂には長居はできないので、そうそうに降ります。

そして、少し戻った所で、お昼にしました。
編笠からの稜線も見えて、うれしい^^
画像 076-2

赤岳方面を向きながらおにぎりを食べます。
画像 084-2
硫黄から阿弥陀、いい気分です。
ヘリの音がひっきりなしでした。三連休ですもんね。


そして、権現小屋の前でまたまたセルフ。
南側は雲が多く展望、望めず。
画像 083-2


あとは、慎重に下りを歩き、青年小屋から駐車場へまっすぐ向かいました。
青年小屋からの苔むした登山道
画像 096-2

下山は膝の調子をみながら、ちょこちょこ休憩をとります。
今回も膝の痛みはでませんでした。よかった。


全体的に運動した~!!
という感じの山でした。

【2008/09/17 10:32】 | 山の記録
トラックバック(0) |


監督
わ、わ!すごい健脚!「ガラスの膝のhiro」さては国民の目を欺く偽装だったんだなあ。
それに、編み笠から権現って、かなり怖いとこですよね?(←尊敬の眼差し)


ROCKY
ホントに凄いなあ!
直登コースで編笠登って 権現へ
すごい・・・

青年小屋から権現のコースって
バリエーションに富んで 楽しいコースだよね。
眺望もいいし・・・・・。
権現小屋のトイレ・・・みた?
入口に「赤岳展望小屋」って 書いてあったでしょ?
(*’-’*)アハハ♪

観音平 アブが多くなかったですか?


輝子
昔、青年小屋の前の標識に汗で濡れたシャツを乾かしてたら
案の定忘れて、青年小屋の人に送ってもらったことがあった…(爆

一昨年だったかな?
青年小屋に皇太子の浩宮さんが行ったらしく、小屋とかトイレとかきれいになってました。

膝が痛まないのは筋肉がついたからとみた!
私も筋肉がつく前は、山に登ると必ず痛んだもん。
もう下山は脚が曲がらなくて。


食う寝るさんだ-す 
ありゃ~、いい天気だったんだ・・・

こっちは予定変更して損したかな。
権現から編笠直下は怖くなかった?
下りは天女山に回らずピストンだったんね。


カモシカ
毎度お馴染みの私の困った時の八ヶ岳コース。 14日に行ったんだ。
去年の9月15日、権現から三ッ岳経由のラウンド。K林さん親子と一緒だったなぁ。
直ぐ後ろからは、しげぞうさんが来ていたなぁ。
「ちんすこう」いいよね!私もよく持ってきます。
それにしても上手いこと雨をかわして登ったね!


hiro
監督さま
まぁ~^^
欺くなんて人聞きの悪い!^^
ガラスの膝の称号を次のお方に譲る時が来たような感じです・・(←誰にだ?)

>編み笠から権現って、かなり怖いとこですよね
鎖場はありましたけど、路も肩幅以上はあるし、大丈夫でしたよ。
逆に、私はガラガラした石の下り路が苦手です。だって、、尻持ちつきそうになるんですもん^^;


hiro
ROCKYさま
観音平でアブと何かあったのですか?^^
う~ん、、、虫も見かけませんでしたけど・・・

最初は編笠だけ。と思ってましたが、二時間で着いたので、権現にも足をのばしてみた次第です^^
ほんと、青年小屋からのコースって楽しいですね。時間があっというまに過ぎた感じです。
>権現小屋のトイレ・・・みた?
見ましたよ~^^
たしかに、展望・・・^^;




hiro
輝子さま
輝子さんも、一回の山行で何か一つ忘れ物してるんだね~v-411でも、シャツって高いから、手元に戻ってきてよかったね^^で、、他に、どんな忘れ物事件があるの?^^
膝、復活の兆しです。
でも、荷物、軽いんだよ。。。日帰り装備だからな~。。。

青年小屋の中に写真が飾ってありました。
浩宮さまのお写真。


hiro
食う寝るさんだ-すさま
怖くはなかったよ。鎖はしっかりしてるし、地に足着く?登山道って感じだったしね。
天女山?
駐車場は観音平、だってばさー。
日帰りでそんなに歩けません。
でも、登りも下りも違ったコースで楽しかったですよ(道間違えたから・・・)


hiro
カモシカさま
ちんすこう、いいですよね。さっと口の中で溶けて、後味もいいし。見直しました^^
天気は八ヶ岳の南で境目?だったように思えます。それより、南は雲が厚かったようです。とりあえず、雨にあわずに済んで、よかったな~っと。。。。


はっしー@昨日も飲んでしもた・・・
日帰るんだ・・・
最近、すごいなあ。

ボクももう1回行きたいけど、
車じゃないとダメなんで難しいんだよなあ。
編笠の山頂は気分のいいところなんだけど。

ボクも丹沢じゃない山へ行かなきゃv-263


まゆ太
ほーんと、hiroさん、膝だいじょうぶになったのだね。よかったねー、がんばったですものね。やっぱり努力は大切!
わたしも運動しなくちゃなぁ。もー、最近太っちゃって、太っちゃって。やばいっす。。

って、レポの内容コメントしてないじゃん、わたし(^^;
このコース、とっても歩いてみたいコースなの。1人でも怖くなかった?わたしも行ってみよっかなー。


輝子
レッグマジックで鍛えれば、
さらに荷物も担げる脚に・・・
(ボソッ)


木曽駒@おひさ~~。
>モコモコでかわいい。マッシュルームみたい。
             ↑
どうぞ、食べてみてください。
って・・・・・・、食べちゃダメ!!!
テングダケの子供ちゃんですよ。
でも本当においしそうなんだよねぇ~~~。

それにしても恐るべし!
軽々とこの道を日帰るんだから!!
ジョギングと日々の積み重ねの賜物でしょうか?
お疲れ様でした


ROCKY
観音平って
数年前は いつ行っても・・
アブが多くて 完全にアブ帝国化してたんだけどなあ・・・・。


まきくま
すごい健脚さんに変身だねー。
たいしたもんだ。
観音平からのこのコース、むかしへろへろになりながらあるいたなあ。
はじめてテン泊縦走を企画していたときに、みんなでテント張る訓練ででかけた山行でした。6月のはじめだったかなあ。寒くてほとんど寝られなかったのが思い出。超なつかしー。


上松 B作
数年前青年小屋にテントはって赤岳めざしましたよ、みなさんの言われるとおり、権現岳までの崖っぷちは怖かったなぁ~(雨降ってたし・・・)

ん?コースタイム・・・

わたし・・・あなたに・・・ぶち抜かれそうです(笑)


井上ウッド
膝がまだ怖いウッドです。
ジョギングしてません・・・。
10月に八つ行く予定なんですけど、無理かな・・・。
セルフやりまくりな余裕っぷりじゃないすかー!


hiro
はっしーさま
編笠山頂ではな~んも見えなかった。ほんとはいろんな景色が見えるんでしょうね。
山行回数は少ないから、だからこそ鍛えるのです^^山に行ってもバテナイ体作り^^
日帰る?みんなも大丈夫だと思うけどな~。。でも、ここまで来て日帰りも、もったないか!



まゆ太さま
だいぶよくなってきましたー。膝。でも、まだ、様子見ながらですけどね^^
>このコース、とっても歩いてみたいコースなの。1人でも怖くなかった?
私は一人で行くときはなるべく、人通りの多い?というか賑わった山をチョイスしています。やっぱり、単独だと静~かな寂しい山中では熊さんとか、まれに人?にも警戒しなきゃならないしね。なので、休日というのもあったかもしれないけど、このコースは大丈夫でした。鎖といっても足の確保は確実ですしね。あ、、雨の時は???ですけど^^;
まゆ太さんの尾瀬一人旅のほうが私には怖いよ~^^;



輝子さま
腿の内側の筋肉ってところに惚れました^^ぽっ。。。v-402
ますます筋肉フェチになりそうです。



木曽駒おねえさま
>テングダケの子供ちゃんですよ。
ぎゃあぁぁぁぁ~~っ!!
こうやって、毒キノコ死亡者がでるんだな・・・・
木曽駒さんお久しぶりです~!
この日はね、睡眠時間もた~っぷりで調子がよかったのですよ。だから、体もかる~く感じられたの。
基本的にはジョギングしかやってないけど、自分でもこの変化には驚きです。



ROCKYさま
そんな多いんですか!アブどころか虫さえも見なかったですよ。。。
だいぶ、気温も下がって活動が鈍くなったかな・・・・
虫といえばhiroがくもの巣にはまりまくっただけ。。もう!



まきくまさま
ここまで戻すのに一年かかりました。やっぱ、戻さないとね、歩けなくなっちゃうし、hiroのこれからの山人生にかかわることですもん。そりゃ~必死でした♪
あとは重たい荷物だけ^^;
こりゃ~、、堪えるかな。。
まきくまさんにとって思い出の山なんですね~。テン場も平で心地よく使えそうな場所でした^^



上松 B作さま
いや~、、、日帰り装備ってなんて楽なんでしょ!うっほほー!
と思うくらい、ぶちぬき?ましたよ。
あ、、やっぱ、濡れた岩は嫌ですね~。。。雨の時は要注意です^^;
>わたし・・・あなたに・・・ぶち抜かれそうです(笑)
だ~か~ら~^^
うっほほーの日帰り装備なんだって!
まだまだ私の修行は続きます・・



井上ウッドさま
おおー!セルフのせんせー!
セルフって行ったり来たり・・・たいへんなんだね~っと改めて実感。人が来ないところも見つけるのも大変。あと、人に見られると恥ずかしい!!!でもおもろい^^
ウッドさんも膝の痛みがあるのなら、やはり、膝に負担をかけないような工夫が必要ですね。
やはり、筋肉ですよー!筋トレ!
サポーターしてがんばってみて下さい。あ、、、まずはウォーキングからね^^;
私は今回初めてサポーター無しの登山に挑戦しました。私もまだまだがんばりますよー!



監督
>ガラスの膝の称号を次のお方に譲る時が来たような感じです・・(←誰にだ?)
私めが謹んで頂戴いたしますです。



hiro
監督さま
あらら・・・・
膝痛、もってらっしゃるのですか?
「ガラスの膝」の響きってなんだか、繊細な雰囲気がぷんぷん。でも膝痛は嫌ですよね・・・

あたし、ガラスの膝から脱皮して鋼の膝・・・あ、、でもこんな表現はなんだかな~。。。普通の膝になります!(宣言 きっぱり!)


膝痛
K林@そろそろzzzZZZ...
直って本当に良かったですね!
どの程度回復したのかは知るべくもありませんが、まぁ、無理せず徐々に筋肉を鍛えてあげてください。
そのうち、待ってますよぉ...、むふふ


hiro
K林さま
いやーん!
なんですかー!その「むふふ」ってのはー!
骨太コース、期待しちゃうじゃないですかー!
でも、登っただけ、歩いただけ、自分にとっての感動する景色が見れますものね。
は~、、晩秋の丹沢、行きたいデス!!v-36v-35
もちょっと鍛えたいと思います^^


たここ
そっか、観音平からのピストンでしたかぁ。三つ頭らぐるっとコースで観音平戻ったのかと思ってましたよ。
前は観音平よく行きました。編笠の頂が好きでね^^


hiro@これから仕事なの。。。とほほ
たここさま
編笠くもってたーv-406
たここさんがスキっていうんだから、いい景色なんだろなー。。。
三つ頭方面も考えたけど、麓から観音平まで戻る道が不明瞭?なことも書いてあった山行記録もみたので、ちょっと躊躇しちゃいました。でも、そんなにいっぱい歩けませんよー^^;


かいねこ
うわ~、強化ガラスになっていますね(笑)。
最近自分も自重からガラスの膝になりつつあるので、日帰りはちと厳しいですねぇ・・・前回も1泊しましたし。
あの界隈、下りると天気になるような気がして、不思議ですよね。編笠山頂からの360度はいいっすよ。ふふふっ。


hiro
かいねこさま
へ~、、いいんだ、、編笠。
ふーん、、そんなにすごいんだ、編笠。
えーん!><
展望なしだったもん。編笠。

ねっこっちさんの雁坂のほうが、精神的につらい気がする・・・
ね~、、ほら・・・
一人だけのテン泊ってさ~、いろいろあるよね~、、
ぎゃ~っ!ってやつが!^^;

>最近自分も自重からガラスの膝になりつつあるので
あれ?ねこっちさんもガラスの膝の称号ほしい?^^
んじゃ、分けてあげよーか?
え?いらない?^^


ぜいぜい
骨太コースをすいすいですね。
日頃の鍛錬のたまもの、見習わなきゃですが、
ねっからの不精ものなので、だめだめちゃんですよ。
バナナ、うちも定番です、すぐチャージだよね!


輝子
> 一人だけのテン泊ってさ~、いろいろあるよね~、、
> ぎゃ~っ!ってやつが!^^;

単独のオヤジにしつこく話しかけられて困るとか?(苦笑



hiro
ぜいぜいさま
ジョグのおかげと、私の努力と忍耐の賜物です(←そこまでいうか。。。あたし)^^;
でもでも、最近食べすぎで体重の一キロ減が定着しませんー!そろそろ、本格的に禁酒日をまた設けることになりそうです・・・・
それはさておき、、、
バナナ、見直しましたぞー!カリウムも取れるし、一石二鳥ですね。。。これからは持参しなきゃ・・・^^



輝子さま
そ、、それは・・・・
「ぎゃー!!」
じゃなくて。。
「・・・・・・ったくもう~!
いい加減にしてよ!」
でしょ?i-236


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
わ、わ!すごい健脚!「ガラスの膝のhiro」さては国民の目を欺く偽装だったんだなあ。
それに、編み笠から権現って、かなり怖いとこですよね?(←尊敬の眼差し)
2008/09/17(Wed) 18:19 | URL  | 監督 #yZfxqMi2[ 編集]
ホントに凄いなあ!
直登コースで編笠登って 権現へ
すごい・・・

青年小屋から権現のコースって
バリエーションに富んで 楽しいコースだよね。
眺望もいいし・・・・・。
権現小屋のトイレ・・・みた?
入口に「赤岳展望小屋」って 書いてあったでしょ?
(*’-’*)アハハ♪

観音平 アブが多くなかったですか?
2008/09/17(Wed) 18:44 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
昔、青年小屋の前の標識に汗で濡れたシャツを乾かしてたら
案の定忘れて、青年小屋の人に送ってもらったことがあった…(爆

一昨年だったかな?
青年小屋に皇太子の浩宮さんが行ったらしく、小屋とかトイレとかきれいになってました。

膝が痛まないのは筋肉がついたからとみた!
私も筋肉がつく前は、山に登ると必ず痛んだもん。
もう下山は脚が曲がらなくて。
2008/09/17(Wed) 21:24 | URL  | 輝子 #juZz/cEU[ 編集]
ありゃ~、いい天気だったんだ・・・

こっちは予定変更して損したかな。
権現から編笠直下は怖くなかった?
下りは天女山に回らずピストンだったんね。
2008/09/17(Wed) 21:30 | URL  | 食う寝るさんだ-す  #EBUSheBA[ 編集]
毎度お馴染みの私の困った時の八ヶ岳コース。 14日に行ったんだ。
去年の9月15日、権現から三ッ岳経由のラウンド。K林さん親子と一緒だったなぁ。
直ぐ後ろからは、しげぞうさんが来ていたなぁ。
「ちんすこう」いいよね!私もよく持ってきます。
それにしても上手いこと雨をかわして登ったね!
2008/09/17(Wed) 22:40 | URL  | カモシカ #-[ 編集]
監督さま
まぁ~^^
欺くなんて人聞きの悪い!^^
ガラスの膝の称号を次のお方に譲る時が来たような感じです・・(←誰にだ?)

>編み笠から権現って、かなり怖いとこですよね
鎖場はありましたけど、路も肩幅以上はあるし、大丈夫でしたよ。
逆に、私はガラガラした石の下り路が苦手です。だって、、尻持ちつきそうになるんですもん^^;
2008/09/18(Thu) 09:26 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
ROCKYさま
観音平でアブと何かあったのですか?^^
う~ん、、、虫も見かけませんでしたけど・・・

最初は編笠だけ。と思ってましたが、二時間で着いたので、権現にも足をのばしてみた次第です^^
ほんと、青年小屋からのコースって楽しいですね。時間があっというまに過ぎた感じです。
>権現小屋のトイレ・・・みた?
見ましたよ~^^
たしかに、展望・・・^^;

2008/09/18(Thu) 09:34 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
輝子さま
輝子さんも、一回の山行で何か一つ忘れ物してるんだね~v-411でも、シャツって高いから、手元に戻ってきてよかったね^^で、、他に、どんな忘れ物事件があるの?^^
膝、復活の兆しです。
でも、荷物、軽いんだよ。。。日帰り装備だからな~。。。

青年小屋の中に写真が飾ってありました。
浩宮さまのお写真。
2008/09/18(Thu) 09:39 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
食う寝るさんだ-すさま
怖くはなかったよ。鎖はしっかりしてるし、地に足着く?登山道って感じだったしね。
天女山?
駐車場は観音平、だってばさー。
日帰りでそんなに歩けません。
でも、登りも下りも違ったコースで楽しかったですよ(道間違えたから・・・)
2008/09/18(Thu) 10:19 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
カモシカさま
ちんすこう、いいですよね。さっと口の中で溶けて、後味もいいし。見直しました^^
天気は八ヶ岳の南で境目?だったように思えます。それより、南は雲が厚かったようです。とりあえず、雨にあわずに済んで、よかったな~っと。。。。
2008/09/18(Thu) 10:22 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
日帰るんだ・・・
最近、すごいなあ。

ボクももう1回行きたいけど、
車じゃないとダメなんで難しいんだよなあ。
編笠の山頂は気分のいいところなんだけど。

ボクも丹沢じゃない山へ行かなきゃv-263
2008/09/18(Thu) 12:41 | URL  | はっしー@昨日も飲んでしもた・・・ #u5ZknUJo[ 編集]
ほーんと、hiroさん、膝だいじょうぶになったのだね。よかったねー、がんばったですものね。やっぱり努力は大切!
わたしも運動しなくちゃなぁ。もー、最近太っちゃって、太っちゃって。やばいっす。。

って、レポの内容コメントしてないじゃん、わたし(^^;
このコース、とっても歩いてみたいコースなの。1人でも怖くなかった?わたしも行ってみよっかなー。
2008/09/18(Thu) 12:45 | URL  | まゆ太 #Uc1kfBME[ 編集]
レッグマジックで鍛えれば、
さらに荷物も担げる脚に・・・
(ボソッ)
2008/09/18(Thu) 14:17 | URL  | 輝子 #juZz/cEU[ 編集]
>モコモコでかわいい。マッシュルームみたい。
             ↑
どうぞ、食べてみてください。
って・・・・・・、食べちゃダメ!!!
テングダケの子供ちゃんですよ。
でも本当においしそうなんだよねぇ~~~。

それにしても恐るべし!
軽々とこの道を日帰るんだから!!
ジョギングと日々の積み重ねの賜物でしょうか?
お疲れ様でした
2008/09/18(Thu) 16:02 | URL  | 木曽駒@おひさ~~。 #6wH.DH8I[ 編集]
観音平って
数年前は いつ行っても・・
アブが多くて 完全にアブ帝国化してたんだけどなあ・・・・。
2008/09/18(Thu) 18:37 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
すごい健脚さんに変身だねー。
たいしたもんだ。
観音平からのこのコース、むかしへろへろになりながらあるいたなあ。
はじめてテン泊縦走を企画していたときに、みんなでテント張る訓練ででかけた山行でした。6月のはじめだったかなあ。寒くてほとんど寝られなかったのが思い出。超なつかしー。
2008/09/18(Thu) 21:41 | URL  | まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
数年前青年小屋にテントはって赤岳めざしましたよ、みなさんの言われるとおり、権現岳までの崖っぷちは怖かったなぁ~(雨降ってたし・・・)

ん?コースタイム・・・

わたし・・・あなたに・・・ぶち抜かれそうです(笑)
2008/09/18(Thu) 23:06 | URL  | 上松 B作 #-[ 編集]
膝がまだ怖いウッドです。
ジョギングしてません・・・。
10月に八つ行く予定なんですけど、無理かな・・・。
セルフやりまくりな余裕っぷりじゃないすかー!
2008/09/19(Fri) 01:17 | URL  | 井上ウッド #-[ 編集]
はっしーさま
編笠山頂ではな~んも見えなかった。ほんとはいろんな景色が見えるんでしょうね。
山行回数は少ないから、だからこそ鍛えるのです^^山に行ってもバテナイ体作り^^
日帰る?みんなも大丈夫だと思うけどな~。。でも、ここまで来て日帰りも、もったないか!



まゆ太さま
だいぶよくなってきましたー。膝。でも、まだ、様子見ながらですけどね^^
>このコース、とっても歩いてみたいコースなの。1人でも怖くなかった?
私は一人で行くときはなるべく、人通りの多い?というか賑わった山をチョイスしています。やっぱり、単独だと静~かな寂しい山中では熊さんとか、まれに人?にも警戒しなきゃならないしね。なので、休日というのもあったかもしれないけど、このコースは大丈夫でした。鎖といっても足の確保は確実ですしね。あ、、雨の時は???ですけど^^;
まゆ太さんの尾瀬一人旅のほうが私には怖いよ~^^;



輝子さま
腿の内側の筋肉ってところに惚れました^^ぽっ。。。v-402
ますます筋肉フェチになりそうです。



木曽駒おねえさま
>テングダケの子供ちゃんですよ。
ぎゃあぁぁぁぁ~~っ!!
こうやって、毒キノコ死亡者がでるんだな・・・・
木曽駒さんお久しぶりです~!
この日はね、睡眠時間もた~っぷりで調子がよかったのですよ。だから、体もかる~く感じられたの。
基本的にはジョギングしかやってないけど、自分でもこの変化には驚きです。



ROCKYさま
そんな多いんですか!アブどころか虫さえも見なかったですよ。。。
だいぶ、気温も下がって活動が鈍くなったかな・・・・
虫といえばhiroがくもの巣にはまりまくっただけ。。もう!



まきくまさま
ここまで戻すのに一年かかりました。やっぱ、戻さないとね、歩けなくなっちゃうし、hiroのこれからの山人生にかかわることですもん。そりゃ~必死でした♪
あとは重たい荷物だけ^^;
こりゃ~、、堪えるかな。。
まきくまさんにとって思い出の山なんですね~。テン場も平で心地よく使えそうな場所でした^^



上松 B作さま
いや~、、、日帰り装備ってなんて楽なんでしょ!うっほほー!
と思うくらい、ぶちぬき?ましたよ。
あ、、やっぱ、濡れた岩は嫌ですね~。。。雨の時は要注意です^^;
>わたし・・・あなたに・・・ぶち抜かれそうです(笑)
だ~か~ら~^^
うっほほーの日帰り装備なんだって!
まだまだ私の修行は続きます・・



井上ウッドさま
おおー!セルフのせんせー!
セルフって行ったり来たり・・・たいへんなんだね~っと改めて実感。人が来ないところも見つけるのも大変。あと、人に見られると恥ずかしい!!!でもおもろい^^
ウッドさんも膝の痛みがあるのなら、やはり、膝に負担をかけないような工夫が必要ですね。
やはり、筋肉ですよー!筋トレ!
サポーターしてがんばってみて下さい。あ、、、まずはウォーキングからね^^;
私は今回初めてサポーター無しの登山に挑戦しました。私もまだまだがんばりますよー!
2008/09/19(Fri) 10:27 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
>ガラスの膝の称号を次のお方に譲る時が来たような感じです・・(←誰にだ?)
私めが謹んで頂戴いたしますです。
2008/09/19(Fri) 13:53 | URL  | 監督 #yZfxqMi2[ 編集]
監督さま
あらら・・・・
膝痛、もってらっしゃるのですか?
「ガラスの膝」の響きってなんだか、繊細な雰囲気がぷんぷん。でも膝痛は嫌ですよね・・・

あたし、ガラスの膝から脱皮して鋼の膝・・・あ、、でもこんな表現はなんだかな~。。。普通の膝になります!(宣言 きっぱり!)
2008/09/19(Fri) 18:08 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
膝痛
直って本当に良かったですね!
どの程度回復したのかは知るべくもありませんが、まぁ、無理せず徐々に筋肉を鍛えてあげてください。
そのうち、待ってますよぉ...、むふふ
2008/09/19(Fri) 23:20 | URL  | K林@そろそろzzzZZZ... #W0p.A8Zs[ 編集]
K林さま
いやーん!
なんですかー!その「むふふ」ってのはー!
骨太コース、期待しちゃうじゃないですかー!
でも、登っただけ、歩いただけ、自分にとっての感動する景色が見れますものね。
は~、、晩秋の丹沢、行きたいデス!!v-36v-35
もちょっと鍛えたいと思います^^
2008/09/20(Sat) 00:57 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
そっか、観音平からのピストンでしたかぁ。三つ頭らぐるっとコースで観音平戻ったのかと思ってましたよ。
前は観音平よく行きました。編笠の頂が好きでね^^
2008/09/20(Sat) 01:23 | URL  | たここ #USldnCAg[ 編集]
たここさま
編笠くもってたーv-406
たここさんがスキっていうんだから、いい景色なんだろなー。。。
三つ頭方面も考えたけど、麓から観音平まで戻る道が不明瞭?なことも書いてあった山行記録もみたので、ちょっと躊躇しちゃいました。でも、そんなにいっぱい歩けませんよー^^;
2008/09/20(Sat) 12:00 | URL  | hiro@これから仕事なの。。。とほほ #SFo5/nok[ 編集]
うわ~、強化ガラスになっていますね(笑)。
最近自分も自重からガラスの膝になりつつあるので、日帰りはちと厳しいですねぇ・・・前回も1泊しましたし。
あの界隈、下りると天気になるような気がして、不思議ですよね。編笠山頂からの360度はいいっすよ。ふふふっ。
2008/09/21(Sun) 23:17 | URL  | かいねこ #-[ 編集]
かいねこさま
へ~、、いいんだ、、編笠。
ふーん、、そんなにすごいんだ、編笠。
えーん!><
展望なしだったもん。編笠。

ねっこっちさんの雁坂のほうが、精神的につらい気がする・・・
ね~、、ほら・・・
一人だけのテン泊ってさ~、いろいろあるよね~、、
ぎゃ~っ!ってやつが!^^;

>最近自分も自重からガラスの膝になりつつあるので
あれ?ねこっちさんもガラスの膝の称号ほしい?^^
んじゃ、分けてあげよーか?
え?いらない?^^
2008/09/22(Mon) 00:22 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
骨太コースをすいすいですね。
日頃の鍛錬のたまもの、見習わなきゃですが、
ねっからの不精ものなので、だめだめちゃんですよ。
バナナ、うちも定番です、すぐチャージだよね!
2008/09/22(Mon) 11:11 | URL  | ぜいぜい #RmVAfd/w[ 編集]
> 一人だけのテン泊ってさ~、いろいろあるよね~、、
> ぎゃ~っ!ってやつが!^^;

単独のオヤジにしつこく話しかけられて困るとか?(苦笑
2008/09/22(Mon) 11:19 | URL  | 輝子 #juZz/cEU[ 編集]
ぜいぜいさま
ジョグのおかげと、私の努力と忍耐の賜物です(←そこまでいうか。。。あたし)^^;
でもでも、最近食べすぎで体重の一キロ減が定着しませんー!そろそろ、本格的に禁酒日をまた設けることになりそうです・・・・
それはさておき、、、
バナナ、見直しましたぞー!カリウムも取れるし、一石二鳥ですね。。。これからは持参しなきゃ・・・^^



輝子さま
そ、、それは・・・・
「ぎゃー!!」
じゃなくて。。
「・・・・・・ったくもう~!
いい加減にしてよ!」
でしょ?i-236
2008/09/22(Mon) 12:39 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック