山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
8/25(火)~北アルプスを歩いてきた。

同行者は やまやなぶろぐの輝子さん
8/24(月)午後、買物を済ませ、新穂高温泉へ向けて出発。

近くの上宝村の「道の駅」で仮眠をとる。

翌朝、新穂高の深山荘付近の無料駐車場に車を停め、7:00出発。

4泊5日の山旅が始まった。


今回の旅では私の中でいくつかの目的があった。

鷲羽~水晶の稜線を歩いてみたい。
鷲羽岳をバックにした双六キャンプ場の風景を見る。
双六岳のまんまるさとだだっぴろさを体験。
雲ノ平に行く。
高天原温泉に入る。
ステキな星空を見る。

と、まぁ贅沢かつ、私の体力、脚力じゃルートどりに苦労しそうな目的の山旅だった。(私が何時間も歩ければ全部達成できるのですが・・・)

天候にも左右されることなので、まずはさておき今日の目的地、双六キャンプ場へ向けて林道をとことこ歩く。わさび平への道

わさび平山荘には木の水槽の中に、トマト、スイカ、きゅうり。。お酒^^等が冷やしてあった。
うう・・・・ここでテント泊もいいかも。。。
ワサビ平小屋

わさび平山荘の少し先から、山道に入り、
沢の音を聞きながら、登ると秩父沢(水をがぶ飲み)
秩父沢


その先はシシウドガ原。
名前の通り、シシウドがいっぱい。今は枯れ枯れだけど。
17.jpg

ここで左足の内側のくるぶしが靴にあたって、どうにもこうにも、我慢が出来なくなった。
輝子さんからテーピングをもらう。
持っていたスポンジをくるぶしにあて、テーピング。
このテーピングとスポンジ、今回の山旅では最後までお世話になることに・・・
16.jpg
ず~っとこんな感じの道で登ります・・


鏡平で大休止。
あいにく、雲のカーテンが西鎌を覆い、槍の姿は見ることができなかった。
湿原の中のウッドデッキ。周りの池は淀んでいた。
24.jpg

鏡平小屋のベンチで行動食を食べまくり、ピーチネクターをイッキ飲み。ぷっは~。。うまかった。
この時食べた、きゅうりの1本食い(練梅つき)←この旅、1番のお気に入りになるのでした。
1.jpg


鏡平を抜け、トラバース道に入り
2.jpg

弓折乗越。
稜線に到着。やっとだよ~。ここまで急な登りはなし。だけど、長かったな~・・
ここにザックをデポして弓折岳山頂へ向かう。
37.jpg

天気は曇り。雲がカーテンのように覆っている。
途中、双六の中腹と鷲羽の姿が見えたので少しはテンションがあがった

弓折岳山頂
山頂の道標がパッカリ割れていたので、二人で繋ぎ合わせて・・・
3.jpg


分岐まで戻り、そこから稜線沿いにいくつかのUP DOWNをくりかえし、
ここが最後のピークかとだませること数回。




私が見たかった風景が目に飛び込んできた。
70.jpg

う~ん!これだよ!コレ!

運良く、さっきまでかかっていたガスも晴れ、双六岳と樅岳に挟まれた双六池、テン場。
その後ろにババーンと鷲羽の姿。
73.jpg

神様ありがとう。
この景色が見たかったの。
と、一人、コーフン状態。


この景色を見てからテン場までが遠く感じられた。
(目的を達成するとテンションは下がるのである)
木道をとことこ。身体はくたくた。。。



お盆を過ぎた夏の平日。
テントの数は少なかった。
75.jpg

平の場所を見つけ、テントを張り、小屋でビールを調達(平な場所は池の近くで小屋から1番遠い)
テン場と小屋、水場、トイレは離れている。
そして、この地形だもの。
風が強い。
夜中のトイレがおっくうだな、、と思いながら、夕食の準備。

この日の晩餐は手巻き寿司。
7.jpg

今回の食料担当は輝子さんがすすめてくれた。
山で手巻き寿司だって!山でなんて初めてです(ちゃんと、海苔まで・・・よく、バリバリにならずに、持ってこれたな~と感心)
具は鮭、かんぴょう、きゅうり、納豆、大葉、玉子、ツナマヨ、練り梅、アボカドなどなど。。。
4.jpg
お酢の酸味が疲れた身体にしみわたり、おいしくて、なんともいえない・・・二人で大口開けて無言でたべまくり。
う、、、うますぎる(涙)


夜はなかなか寝付けなかった。
いつもなら、シュラフに入るとすぐに、Zzzzzz・・・・・
なのに、頭が冴えて眠れない。身体は疲れてるのに。
妙にコーフン状態だった。


翌朝、日の出前。
意を決して(外は寒いのである)小屋の近くのトイレへ行く。
空を見上げると、思った通りの星空が広がっていた。
オリオンもくっきり。東の空に金星。南北に天の川
寒さを我慢できれば、ずっと見ていたい風景だった。


東の山の稜線がだんだんと黒く浮かんできた。
樅岳にはヘッデンをつけて登る集団の姿。
快晴な一日の始まりである。
96.jpg





この日の行程
【8/25(火)】
無料駐車場(7:00)-バスターミナル(7:10/7:20)-中崎橋(8:15)-秩父沢(10:00/10:10)-イタドリヶ原(10:50)-シシウドガ原(11:15/11:30)-鏡平山荘(12:20/12:50)-弓折乗越(13:40/13:45)-弓折岳山頂-弓折乗越(14:45発)-双六キャンプ場(15:20)








追記を閉じる▲
8/24(月)午後、買物を済ませ、新穂高温泉へ向けて出発。

近くの上宝村の「道の駅」で仮眠をとる。

翌朝、新穂高の深山荘付近の無料駐車場に車を停め、7:00出発。

4泊5日の山旅が始まった。


今回の旅では私の中でいくつかの目的があった。

鷲羽~水晶の稜線を歩いてみたい。
鷲羽岳をバックにした双六キャンプ場の風景を見る。
双六岳のまんまるさとだだっぴろさを体験。
雲ノ平に行く。
高天原温泉に入る。
ステキな星空を見る。

と、まぁ贅沢かつ、私の体力、脚力じゃルートどりに苦労しそうな目的の山旅だった。(私が何時間も歩ければ全部達成できるのですが・・・)

天候にも左右されることなので、まずはさておき今日の目的地、双六キャンプ場へ向けて林道をとことこ歩く。わさび平への道

わさび平山荘には木の水槽の中に、トマト、スイカ、きゅうり。。お酒^^等が冷やしてあった。
うう・・・・ここでテント泊もいいかも。。。
ワサビ平小屋

わさび平山荘の少し先から、山道に入り、
沢の音を聞きながら、登ると秩父沢(水をがぶ飲み)
秩父沢


その先はシシウドガ原。
名前の通り、シシウドがいっぱい。今は枯れ枯れだけど。
17.jpg

ここで左足の内側のくるぶしが靴にあたって、どうにもこうにも、我慢が出来なくなった。
輝子さんからテーピングをもらう。
持っていたスポンジをくるぶしにあて、テーピング。
このテーピングとスポンジ、今回の山旅では最後までお世話になることに・・・
16.jpg
ず~っとこんな感じの道で登ります・・


鏡平で大休止。
あいにく、雲のカーテンが西鎌を覆い、槍の姿は見ることができなかった。
湿原の中のウッドデッキ。周りの池は淀んでいた。
24.jpg

鏡平小屋のベンチで行動食を食べまくり、ピーチネクターをイッキ飲み。ぷっは~。。うまかった。
この時食べた、きゅうりの1本食い(練梅つき)←この旅、1番のお気に入りになるのでした。
1.jpg


鏡平を抜け、トラバース道に入り
2.jpg

弓折乗越。
稜線に到着。やっとだよ~。ここまで急な登りはなし。だけど、長かったな~・・
ここにザックをデポして弓折岳山頂へ向かう。
37.jpg

天気は曇り。雲がカーテンのように覆っている。
途中、双六の中腹と鷲羽の姿が見えたので少しはテンションがあがった

弓折岳山頂
山頂の道標がパッカリ割れていたので、二人で繋ぎ合わせて・・・
3.jpg


分岐まで戻り、そこから稜線沿いにいくつかのUP DOWNをくりかえし、
ここが最後のピークかとだませること数回。




私が見たかった風景が目に飛び込んできた。
70.jpg

う~ん!これだよ!コレ!

運良く、さっきまでかかっていたガスも晴れ、双六岳と樅岳に挟まれた双六池、テン場。
その後ろにババーンと鷲羽の姿。
73.jpg

神様ありがとう。
この景色が見たかったの。
と、一人、コーフン状態。


この景色を見てからテン場までが遠く感じられた。
(目的を達成するとテンションは下がるのである)
木道をとことこ。身体はくたくた。。。



お盆を過ぎた夏の平日。
テントの数は少なかった。
75.jpg

平の場所を見つけ、テントを張り、小屋でビールを調達(平な場所は池の近くで小屋から1番遠い)
テン場と小屋、水場、トイレは離れている。
そして、この地形だもの。
風が強い。
夜中のトイレがおっくうだな、、と思いながら、夕食の準備。

この日の晩餐は手巻き寿司。
7.jpg

今回の食料担当は輝子さんがすすめてくれた。
山で手巻き寿司だって!山でなんて初めてです(ちゃんと、海苔まで・・・よく、バリバリにならずに、持ってこれたな~と感心)
具は鮭、かんぴょう、きゅうり、納豆、大葉、玉子、ツナマヨ、練り梅、アボカドなどなど。。。
4.jpg
お酢の酸味が疲れた身体にしみわたり、おいしくて、なんともいえない・・・二人で大口開けて無言でたべまくり。
う、、、うますぎる(涙)


夜はなかなか寝付けなかった。
いつもなら、シュラフに入るとすぐに、Zzzzzz・・・・・
なのに、頭が冴えて眠れない。身体は疲れてるのに。
妙にコーフン状態だった。


翌朝、日の出前。
意を決して(外は寒いのである)小屋の近くのトイレへ行く。
空を見上げると、思った通りの星空が広がっていた。
オリオンもくっきり。東の空に金星。南北に天の川
寒さを我慢できれば、ずっと見ていたい風景だった。


東の山の稜線がだんだんと黒く浮かんできた。
樅岳にはヘッデンをつけて登る集団の姿。
快晴な一日の始まりである。
96.jpg





この日の行程
【8/25(火)】
無料駐車場(7:00)-バスターミナル(7:10/7:20)-中崎橋(8:15)-秩父沢(10:00/10:10)-イタドリヶ原(10:50)-シシウドガ原(11:15/11:30)-鏡平山荘(12:20/12:50)-弓折乗越(13:40/13:45)-弓折岳山頂-弓折乗越(14:45発)-双六キャンプ場(15:20)







【2009/09/02 17:04】 | 山の記録
トラックバック(1) |


ROCKY
(゜-^*)ノちーす!
半月 更新がなかったので・・・どこかで遭難しちゃったかと・・・
なんちゃって・・。

久々のブログは・・・
素晴らしい山行ネタですね~♪
ボクも毎年 今年こそと思いながら 未踏のトレイル。
続きが・・・楽しみだなぁ♪


輝子
あ、はじまった。
私も5連休過ぎたらちゃんと書きたいと思ってます。
この山行はこの夏ベスト3に入るから^^

鏡平では槍穂が見えなかったけど、
そのほかは要所要所ではだいたい見たいもの見れたよね。
私達って運がいい? (笑

梅Q、気に入っていただけてよかった^^
今度hiroさんと一緒のときは、きゅうりを10本、
凍らせたピーチネクターを3本ぐらいボッカすることにいたします。

えと、バスターミナル(7:20)となってるけど、
たぶん(7:10/7:20)が正解なんじゃないかな。
hiroさんがトイレ行って、私が登山届出して、
あとそこらへんにいた人に写真も撮ってあげたから。
たぶんそれくらいでしょう。

あ~、読んでたら、自分も早々に書きたくなっちゃったよ~
でも、この後、この夏一番の山行を予定しているのでやめときます。
ほかのことに気をとられるとモチが下がっちゃうので。

お邪魔します
岐阜ペンギン(^^)v
初コメです
僕の地元ネタ でしたので 思わず乱入したくなりました m(_ _)m
半月余り 更新が無かったので 少し心配していました
羨ましい 飯ですね
山で 手巻き寿司 なんて あり得ません
いつも レトルト&インスタント&10秒メシ…お盆前後の双六テント場の上(空)は 午前0時頃は 真上に 大きなお月様が 見えまして トイレに行くのに ヘッデン要らずですよ~
自分の今年の雲ノ平は 暴風雨で 写真が有りません
hiroさん達の時は 天候は いかがでしたか?
続きの レポ 楽しみにしていますよ


木曽駒
始まったねぇ。
何だかしっかり山行き報告を聞いてなかったので、楽しみにしていました。
(って、私が一人でしゃべっていたからね。。。ゴメン)

山飯も楽しみにしています。
疲れた体にやはりお酢はいいですよね。
次回、私もやってみよ~~~。


hiro
ROCKY さま
>半月 更新がなかったので・・・どこかで遭難しちゃったかと・・・
あら~^^捜索願出してくれたらうれしかったのに^^vなんてネ。
やっと、こっち方面の山に行けました。
やっぱり、山深い!もう、熊さんに会うんじゃないかと思ってドキドキでしたよ。
人も少ない時期だったので、展望目的ならお盆過ぎがいいですね。
いい山旅でした。
続き、楽しみにしてください^^


hiro
輝子さま
もう、ピーチジュースと梅きゅうのとりこです。
ほんとに、今回はいい景色が見られましたね。お天気にも感謝だし、私のわがままで、あっち行きたい、こっち行きたいとおつきあい頂いて、輝子さんにも感謝です。
こんな贅沢な景色を一回の山行で見られた私って・・・
やっぱ、幸せ*^^*
輝子さん目線のレポも楽しみです。
早く、お書きになって^^

あ、、時間、ありがとうです。


hiro
岐阜ペンギンさま
ご訪問、ありがとうございます^^
この夏は遊びすぎたようなので、半月ばかり、静かにしてました^^;

山めしに手巻きなんて、すごいですねよ。私もびっくりしちゃいました。いつも丼もので済ますので・・やはり、一人と二人の山飯って違いますね。
お盆の時期はまん丸のお月さまですか!それもいいですね~。。青白いお月さまもステキですもんね。月明かりの中か~・・・

雲ノ平、お盆の時期はお花がいっぱいあったのでは?
お天気は^^後のレポで・・・・



hiro
木曽駒さま
木曽駒さん、急な呼び出しでも来てくれてありがとね~☆
やっぱり、〆は木曽駒さんのおしゃべりじゃなきゃ!^^
私も楽しかったし!
報告?
私達がどんな山旅をしたかは・・・
この続きのレポで!


http://zeizei.fc2web.com/
ぜいぜい
双六までが長いよね~うちの時は台風通過で、鷲羽見えなかったよ。かっこいいな。
弓折岳も行ったんだけど、山頂見つけられなくて、藪にはいっちゃったんだけど、いったい我家はどこに行ったんだろう?謎だ。


hiro
ぜいぜいさま
>双六までが長いよね
もう、ほんと、、、バテてたんだけど、あの見たい景色で救われたって感じです。
うーん、、ぜいぜい家もこの景色を見に、も一回行かなきゃですよ。。

弓折岳はそういわれるとガスだとわっかりにくな~・・・・山頂までは道がついてるけど、ちょっとそこから高台に上りました。。。と今更ですね・・^^;

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
(゜-^*)ノちーす!
半月 更新がなかったので・・・どこかで遭難しちゃったかと・・・
なんちゃって・・。

久々のブログは・・・
素晴らしい山行ネタですね~♪
ボクも毎年 今年こそと思いながら 未踏のトレイル。
続きが・・・楽しみだなぁ♪
2009/09/02(Wed) 18:35 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
あ、はじまった。
私も5連休過ぎたらちゃんと書きたいと思ってます。
この山行はこの夏ベスト3に入るから^^

鏡平では槍穂が見えなかったけど、
そのほかは要所要所ではだいたい見たいもの見れたよね。
私達って運がいい? (笑

梅Q、気に入っていただけてよかった^^
今度hiroさんと一緒のときは、きゅうりを10本、
凍らせたピーチネクターを3本ぐらいボッカすることにいたします。

えと、バスターミナル(7:20)となってるけど、
たぶん(7:10/7:20)が正解なんじゃないかな。
hiroさんがトイレ行って、私が登山届出して、
あとそこらへんにいた人に写真も撮ってあげたから。
たぶんそれくらいでしょう。

あ~、読んでたら、自分も早々に書きたくなっちゃったよ~
でも、この後、この夏一番の山行を予定しているのでやめときます。
ほかのことに気をとられるとモチが下がっちゃうので。
2009/09/02(Wed) 19:49 | URL  | 輝子 #juZz/cEU[ 編集]
お邪魔します
初コメです
僕の地元ネタ でしたので 思わず乱入したくなりました m(_ _)m
半月余り 更新が無かったので 少し心配していました
羨ましい 飯ですね
山で 手巻き寿司 なんて あり得ません
いつも レトルト&インスタント&10秒メシ…お盆前後の双六テント場の上(空)は 午前0時頃は 真上に 大きなお月様が 見えまして トイレに行くのに ヘッデン要らずですよ~
自分の今年の雲ノ平は 暴風雨で 写真が有りません
hiroさん達の時は 天候は いかがでしたか?
続きの レポ 楽しみにしていますよ
2009/09/02(Wed) 23:08 | URL  | 岐阜ペンギン(^^)v #-[ 編集]
始まったねぇ。
何だかしっかり山行き報告を聞いてなかったので、楽しみにしていました。
(って、私が一人でしゃべっていたからね。。。ゴメン)

山飯も楽しみにしています。
疲れた体にやはりお酢はいいですよね。
次回、私もやってみよ~~~。
2009/09/02(Wed) 23:39 | URL  | 木曽駒 #6wH.DH8I[ 編集]
ROCKY さま
>半月 更新がなかったので・・・どこかで遭難しちゃったかと・・・
あら~^^捜索願出してくれたらうれしかったのに^^vなんてネ。
やっと、こっち方面の山に行けました。
やっぱり、山深い!もう、熊さんに会うんじゃないかと思ってドキドキでしたよ。
人も少ない時期だったので、展望目的ならお盆過ぎがいいですね。
いい山旅でした。
続き、楽しみにしてください^^
2009/09/03(Thu) 17:32 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
輝子さま
もう、ピーチジュースと梅きゅうのとりこです。
ほんとに、今回はいい景色が見られましたね。お天気にも感謝だし、私のわがままで、あっち行きたい、こっち行きたいとおつきあい頂いて、輝子さんにも感謝です。
こんな贅沢な景色を一回の山行で見られた私って・・・
やっぱ、幸せ*^^*
輝子さん目線のレポも楽しみです。
早く、お書きになって^^

あ、、時間、ありがとうです。
2009/09/03(Thu) 17:41 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
岐阜ペンギンさま
ご訪問、ありがとうございます^^
この夏は遊びすぎたようなので、半月ばかり、静かにしてました^^;

山めしに手巻きなんて、すごいですねよ。私もびっくりしちゃいました。いつも丼もので済ますので・・やはり、一人と二人の山飯って違いますね。
お盆の時期はまん丸のお月さまですか!それもいいですね~。。青白いお月さまもステキですもんね。月明かりの中か~・・・

雲ノ平、お盆の時期はお花がいっぱいあったのでは?
お天気は^^後のレポで・・・・
2009/09/03(Thu) 18:17 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
木曽駒さま
木曽駒さん、急な呼び出しでも来てくれてありがとね~☆
やっぱり、〆は木曽駒さんのおしゃべりじゃなきゃ!^^
私も楽しかったし!
報告?
私達がどんな山旅をしたかは・・・
この続きのレポで!
2009/09/03(Thu) 18:32 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
http://zeizei.fc2web.com/
双六までが長いよね~うちの時は台風通過で、鷲羽見えなかったよ。かっこいいな。
弓折岳も行ったんだけど、山頂見つけられなくて、藪にはいっちゃったんだけど、いったい我家はどこに行ったんだろう?謎だ。
2009/09/08(Tue) 18:30 | URL  | ぜいぜい #RmVAfd/w[ 編集]
ぜいぜいさま
>双六までが長いよね
もう、ほんと、、、バテてたんだけど、あの見たい景色で救われたって感じです。
うーん、、ぜいぜい家もこの景色を見に、も一回行かなきゃですよ。。

弓折岳はそういわれるとガスだとわっかりにくな~・・・・山頂までは道がついてるけど、ちょっとそこから高台に上りました。。。と今更ですね・・^^;
2009/09/08(Tue) 23:29 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今年の夏は縦走付いてるようで、tmbに引き続き、8月の最終週、北アルプスの縦走に行ってきた。パートナーは、7月にも鳥海山・月山をご一緒した...
2009/09/03(Thu) 20:50:00 |  やまやなぶろぐ