山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
今日は昨日よりも早出すると決めていた。

天気予報は下り坂・・・と聞いていたからである。
簡単な朝ごはんをすませ・・(って何を食べたか、覚えてない。輝子さん、おしえて・・)

身支度を整え、小屋一番で出発した。


外はガス。




今日の目的地は双六キャンプ場。

hiroさんが歩けたら、そのまま下山。だって、これから雨の予定だし。
雨の中のテントも嫌だし・・

賛成!

その先も山小屋はあるので、心持、安心である。

という計画を昨晩に立てていた。

なので、できるだけ時間を稼いで先に進みたいのである。




朝日は左手から。
337-2.jpg

少し、染めただけで、何も見えず・・・・

あいにく、ガスの中なので、写真も撮らず、遊ばず?!稜線を黙々とまじめに歩く。
341-2.jpg


いくつかのピークを越え、ワリモ岳をすぎ
343-2.jpg



下を向いてもくもくと登っていると鷲羽の山頂。
347-2.jpg


そこはやはりガスの中^^;
345-2.jpg


展望が無いのは残念だったが
今、山頂にいることが最高に幸せだった。

快晴の日の鷲羽の姿を想像し、、あのかっこいい山に登ったんだ!と満たされた気持ちだった。


山頂は私達二人だけ。さっさと写真をとりあう。
(後日、写真を見たが、満面の笑みだった私。でも、このときの浮腫みっぷりは半端なかった・・)

風は少し、強かった。

まあ、鷲羽の姿も、展望も快晴の日に見ることができたので、よしとしよう・・・・と思い、下山を開始した。


そして、なが~い、下り。
358-2.jpg

転ばないように、ゆっくり、慎重に行った。でも、ズリっ・・・・1回コケた

ザックがクッション代わりになったので、お尻はつかなかった。


ガスの切れ間にさしかかって、登山道からまっすぐ下にみえる三俣山荘。
366-2.jpg

近いようで遠い。


三俣山荘は今日のお客さんを見送って静まりかえっていた。
従業員が忙しく片付けをしているようである。

山荘前で大休止。

山あり、谷あり・・・・・
ぐるっと一周回ってきたよ・・・と、今日の行動食で輝子さんオススメのどら焼きをパクっ・・・・・

ファイト一発、ピーチネクターをゴクゴク・・・・・

風が吹くと寒い、お腹が冷えた・・・


ここからは双六岳の巻き道を利用した。
376-2.jpg


巻き道は花畑だった(タデの・・)
375-2.jpg

他にもたくさんの花があったが・・・・
369-2.jpg

タデが一番えばっているように見えた。



時より、双六が顔をだす中、岩ゴロの急な登りを越えると、山頂への分岐にあたり、そこから、山荘方面へ下山。


双六山荘前でまた、残りのどら焼きを食べる。
どら焼きが終了。少し、さみしい・・・・

ここはやはり風が吹くと寒かった。輝子さんはもっと寒そうだった・・

一雨ごとに、空気がひんやり。

秋を感じさせる天候だった。



よし!まだまだ歩けるぞ!


ということで、双六小屋を後にした。

峠にさしかかり、最後の見納めの景色。双六岳。
378-2.jpg


双六岳を眺め、稜線からはずれた。


その後、鏡平山荘を無事通過し、

シシウドガ原、秩父沢と休憩し、林道へ降りてきた。


さすがに、わさび平小屋付近では足の裏が鉄板のようだった。

輝子さんも、肩が痛そうだった・・・・


予定通り下山。

8時間行動の私が、いつもより多く行動できた。

無事、怪我もなく、新穂高の駐車場まで来たとき、雨がポツリときた。





この日の行程
【8/28(金)】
水晶小屋(4:55)-ワリモ北分岐(5:20)-鷲羽岳山頂(6:10/6:20)-三俣山荘(7:10/7:35)-三俣分岐(8:15)-巻道ルート-双六小屋(9:45/10:05)-鏡平山荘(11:45/12:05)-わさび平小屋(14:35着)-バスターミナル(15:50着)




新穂高の駐車場から木曽駒さんを呼び出した。

「駒ちゃ~ん、松本で一緒に飲まない?」

縦走の報告と下山の喜びを聞いてもらいたくて、ビジネスホテルもとった。

いろいろ聞いてもらおうと、木曽駒さんに負けないように、いっぱいしゃべるんだ!と思ったが、

いつものように、木曽駒さんのマシンガントークが炸裂した夜になり、やっぱり、負けた

でも、木曽駒さんのおしゃべりは心地よかった。



こうして松本で十分栄養補給をし、今回、私達の山行を無事終えた。

念願かなったこの界隈に行けたこと、天候にも恵まれたこと、見たい景色が見れて感動できたこと。

どれをとっても・・・

一生の思い出^^!の夏となった。






追記を閉じる▲
簡単な朝ごはんをすませ・・(って何を食べたか、覚えてない。輝子さん、おしえて・・)

身支度を整え、小屋一番で出発した。


外はガス。




今日の目的地は双六キャンプ場。

hiroさんが歩けたら、そのまま下山。だって、これから雨の予定だし。
雨の中のテントも嫌だし・・

賛成!

その先も山小屋はあるので、心持、安心である。

という計画を昨晩に立てていた。

なので、できるだけ時間を稼いで先に進みたいのである。




朝日は左手から。
337-2.jpg

少し、染めただけで、何も見えず・・・・

あいにく、ガスの中なので、写真も撮らず、遊ばず?!稜線を黙々とまじめに歩く。
341-2.jpg


いくつかのピークを越え、ワリモ岳をすぎ
343-2.jpg



下を向いてもくもくと登っていると鷲羽の山頂。
347-2.jpg


そこはやはりガスの中^^;
345-2.jpg


展望が無いのは残念だったが
今、山頂にいることが最高に幸せだった。

快晴の日の鷲羽の姿を想像し、、あのかっこいい山に登ったんだ!と満たされた気持ちだった。


山頂は私達二人だけ。さっさと写真をとりあう。
(後日、写真を見たが、満面の笑みだった私。でも、このときの浮腫みっぷりは半端なかった・・)

風は少し、強かった。

まあ、鷲羽の姿も、展望も快晴の日に見ることができたので、よしとしよう・・・・と思い、下山を開始した。


そして、なが~い、下り。
358-2.jpg

転ばないように、ゆっくり、慎重に行った。でも、ズリっ・・・・1回コケた

ザックがクッション代わりになったので、お尻はつかなかった。


ガスの切れ間にさしかかって、登山道からまっすぐ下にみえる三俣山荘。
366-2.jpg

近いようで遠い。


三俣山荘は今日のお客さんを見送って静まりかえっていた。
従業員が忙しく片付けをしているようである。

山荘前で大休止。

山あり、谷あり・・・・・
ぐるっと一周回ってきたよ・・・と、今日の行動食で輝子さんオススメのどら焼きをパクっ・・・・・

ファイト一発、ピーチネクターをゴクゴク・・・・・

風が吹くと寒い、お腹が冷えた・・・


ここからは双六岳の巻き道を利用した。
376-2.jpg


巻き道は花畑だった(タデの・・)
375-2.jpg

他にもたくさんの花があったが・・・・
369-2.jpg

タデが一番えばっているように見えた。



時より、双六が顔をだす中、岩ゴロの急な登りを越えると、山頂への分岐にあたり、そこから、山荘方面へ下山。


双六山荘前でまた、残りのどら焼きを食べる。
どら焼きが終了。少し、さみしい・・・・

ここはやはり風が吹くと寒かった。輝子さんはもっと寒そうだった・・

一雨ごとに、空気がひんやり。

秋を感じさせる天候だった。



よし!まだまだ歩けるぞ!


ということで、双六小屋を後にした。

峠にさしかかり、最後の見納めの景色。双六岳。
378-2.jpg


双六岳を眺め、稜線からはずれた。


その後、鏡平山荘を無事通過し、

シシウドガ原、秩父沢と休憩し、林道へ降りてきた。


さすがに、わさび平小屋付近では足の裏が鉄板のようだった。

輝子さんも、肩が痛そうだった・・・・


予定通り下山。

8時間行動の私が、いつもより多く行動できた。

無事、怪我もなく、新穂高の駐車場まで来たとき、雨がポツリときた。





この日の行程
【8/28(金)】
水晶小屋(4:55)-ワリモ北分岐(5:20)-鷲羽岳山頂(6:10/6:20)-三俣山荘(7:10/7:35)-三俣分岐(8:15)-巻道ルート-双六小屋(9:45/10:05)-鏡平山荘(11:45/12:05)-わさび平小屋(14:35着)-バスターミナル(15:50着)




新穂高の駐車場から木曽駒さんを呼び出した。

「駒ちゃ~ん、松本で一緒に飲まない?」

縦走の報告と下山の喜びを聞いてもらいたくて、ビジネスホテルもとった。

いろいろ聞いてもらおうと、木曽駒さんに負けないように、いっぱいしゃべるんだ!と思ったが、

いつものように、木曽駒さんのマシンガントークが炸裂した夜になり、やっぱり、負けた

でも、木曽駒さんのおしゃべりは心地よかった。



こうして松本で十分栄養補給をし、今回、私達の山行を無事終えた。

念願かなったこの界隈に行けたこと、天候にも恵まれたこと、見たい景色が見れて感動できたこと。

どれをとっても・・・

一生の思い出^^!の夏となった。





【2009/09/07 13:45】 | 山の記録
トラックバック(1) |

お疲れ~っす
岐阜ペンギン
もう 二度と 来ない トコが 多く 有りましたが 天候 季節 相棒 もしくは 単独 で 訪れる と また 違った 山行に なる でしょう から 又 来て 下さい ね
お疲れさんでした


輝子
うわっ、私が使おうと思ってた写真ばっか使ってる!
ってか、この日、あんまり写真ないから、限られちゃうよね。

そうそう、浮腫み、お互いすごい(笑
私もまぶたがかなり腫れぼったくなってたよね。

どら焼きはあと一個残ってたんですが…
家に帰ってからおやつに一人で食べました。さびしい…

私もこの山行は一生の思い出です。
一緒に行ってくれてどうもありがとうございました。


ロビン
山頂の浮腫んだ顔の写真プリーズ(笑

あのさ、私も今回キューリのお世話になりました。
毎日たべたもんねー
それも 梅チューブと共に。

そして、水晶小屋から一気に下山。
がんばったにゃー お見事。

http://zeizei.fc2web.com/
ぜいぜい
また、タデ…
これからhiroちゃんをタデ子にします。
長い道のりを下ってきたんだね~
なんか、いいレポで一気読みでした。お疲れ様でした。


hiro
岐阜ペンギン さま
心に風景を焼き付けてきました。。
北アルプスのど真ん中。めったなことじゃ来られないし・・・
 
>天候 季節 相棒 もしくは 単独 で 訪れる と また 違った 山行に なる でしょう

そうですね。山旅を終えて、また、いつか訪れたい!と強く思いました。
読んでくださってありがとうございました^^


hiro
輝子さま
コメント書いていると、あの時のあの斜面、あの時の、こんな景色・・いろいろ思い出します。ほんと、いい思い出。。。
また、機会があれば、ご一緒して下さい。
もう、あっちの山も行きたい、こっちの山も行きたい。。。とわがまま、言いませんから~^^;
こちらこそ、いろいろ助けていただいてありがとうございました。


hiro
ロビンさま
いや~ん。最終日はイッキに浮腫みましたぞ。。顔なんか1.5倍くらい(うそ)
梅きゅうも、これからの縦走には欠かせない一品になったし、楽しかったな。。。ロビンさんはこのルート、晴天だったね^^
画像、きれいだったよ~。
うふ♪
がんばって下山しちゃった。梅きゅうが効いたみたい^^


hiro
ぜいぜいさま
え?~!、、タデ子?^^;
他の花も、いっぱい見たもん!
えっと、はくさんふうろでしょ。イワギキョウでしょ。トウヤクリンドウでしょ。アキノキリンソウ。。。。でも、タデが一番多かった・・
やばっ・・・
今年のタデ子の称号はあたひ?^^;

最後は長かったけど、旅の終わりに胸がいっぱいで心の中はうるうるだったんです。実は^^



輝子

>旅の終わりに胸がいっぱいで心の中はうるうるだったんです。実は^^
そ、そうだったんだ!!!
私は、旅の終わりにはもう温泉と肉のことしか頭になかった…(爆

わがままはお互いにじゃんじゃん言い合いましょう!!!
その方が楽しかったりもするし^^

あ、写真どうもありがとう。
無事撮影時のサイズのままダウンロードできました。


K林@一休み
「良かったね!」と読み手が素直に思える良いレポでした。このレポもまた「一生の思い出」として残しておかないとね。
梅キュウ、今度試してみます。

身の程知らず
監督@ヒマラヤの麓
>いつものように、木曽駒さんのマシンガントークが炸裂した夜になり、やっぱり、負けた。

ははは、そりゃ勝てるわけないっしょ。



hiro
輝子さま
実はね^^;
いい旅こそ、感動の波が心の中でうずうずするのです^^



hiro
K林さま
読んで頂いて、ありがとうございます。
感情も書き留めておくといいかと思って随所にちりばめてみました。
そうそう、「一生の思い出」ね^^
梅きゅう、試して見て下さい!登り返しもなんのその!最後のパワーが出ます^^


hiro
監督さま
>ははは、そりゃ勝てるわけないっしょ。
やっぱり?^^


よんだ~~?
木曽駒
もう、監督もhiro姫も!!!!!

でも確かにしゃべりすぎ!反省しています。
なんだか心のもやもやが皆さんのおかげで晴れてきそうです。
で、翌日仕入れた大信州。ちょっとやばいですね。
先日地元の秋祭りで飲ませ方々は皆つぶれてました(笑

そちらはどうでしたか?

今回の山旅のレポ。
輝ちゃんのと同時進行に呼んだけど、それぞれの個性が発揮されて面白く読みましたよ~~。

またお山から降りてきたら、一緒に飲みましょう!
次はちゃんとお話伺います(爆




hiro
木曽駒さま
こちらこそ、来てくれてうれしかったですよ!
なので、マシンガントークは気にしてませんよ!むしろ、いろいろ話すことで気持ちもだんだんと整理がつく方向にいけば。。。と思ってますので^^
大信州もありがとね!うまうまでした!
さすがに一升は多かったので、たけさんが今頃おいしく頂いてることでしょう(・・ってもうないか^^;)
また、おつきあい下さい~☆

おお~完結~!!
たここ
力作のレポ、楽しんで読んじゃいましたよ~^^
双六岳での展望がぴかいちですね。私は2度通って2度とも巻いています。悪天で・・。
素直な気持ちが綴られていて、レポ自体もいい思い出ですね!

>翌日仕入れた大信州。ちょっとやばいですね。
駒ちゃん、ごめん、なぜがわたくしが、半升ほど飲んでしまいました。あれはやばいね、ほんと。

そっか、タデ子の襲名披露しなきゃですね、どっか飲み屋で(笑

輝ちんも早く完結しないかなぁ~


上松 B作
高天原の温泉は行ってみたいっすねぇ~
でも、休みが取れないから老後の楽しみに・・・


悲しい…


hiro
たここさま
あれ?大信州、もう、飲んじゃった?

読んでいただいてどうも^^です!
輝子さん目線とhiro目線でなかなか楽しいでしょ?^^
私が見たかった景色の一つに「双六テン場の向こうに鷲羽の姿」あれ、たここさんのレポで見て行きたくなったの。影響力大きいよ!ホント、外国みたいな景色。
双六山頂の晴天はいい!すんごくいい!あそこはいい!もう、感動でしたよ^^

タデ子ね・・・・^^;
襲名披露いいから!ほら、、ぜいぜいさんの称号だし・・悪いし^^
でも、どっかで飲もー!^^


hiro
B作さま
>悲しい
老後の楽しみにしておくんでしょ?
いいじゃないですか~!楽しみで^^
私も老後の山はとってありますよ。。
でも、そお思って山登りしてたけど、、、なかなか山に行ける機会がなくて。。。
やっぱり、私の場合、無理しないと行けないみたい。。だから、思いきって休みをとりました。
Bさんも、忙しいでしょうけど。。いい山登りが出来るといいですね!
*温泉、よかったどー!^^

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お疲れ~っす
もう 二度と 来ない トコが 多く 有りましたが 天候 季節 相棒 もしくは 単独 で 訪れる と また 違った 山行に なる でしょう から 又 来て 下さい ね
お疲れさんでした
2009/09/08(Tue) 00:31 | URL  | 岐阜ペンギン #-[ 編集]
うわっ、私が使おうと思ってた写真ばっか使ってる!
ってか、この日、あんまり写真ないから、限られちゃうよね。

そうそう、浮腫み、お互いすごい(笑
私もまぶたがかなり腫れぼったくなってたよね。

どら焼きはあと一個残ってたんですが…
家に帰ってからおやつに一人で食べました。さびしい…

私もこの山行は一生の思い出です。
一緒に行ってくれてどうもありがとうございました。
2009/09/08(Tue) 07:28 | URL  | 輝子 #juZz/cEU[ 編集]
山頂の浮腫んだ顔の写真プリーズ(笑

あのさ、私も今回キューリのお世話になりました。
毎日たべたもんねー
それも 梅チューブと共に。

そして、水晶小屋から一気に下山。
がんばったにゃー お見事。
2009/09/08(Tue) 08:52 | URL  | ロビン #qIFa0De.[ 編集]
http://zeizei.fc2web.com/
また、タデ…
これからhiroちゃんをタデ子にします。
長い道のりを下ってきたんだね~
なんか、いいレポで一気読みでした。お疲れ様でした。
2009/09/08(Tue) 18:48 | URL  | ぜいぜい #RmVAfd/w[ 編集]
岐阜ペンギン さま
心に風景を焼き付けてきました。。
北アルプスのど真ん中。めったなことじゃ来られないし・・・
 
>天候 季節 相棒 もしくは 単独 で 訪れる と また 違った 山行に なる でしょう

そうですね。山旅を終えて、また、いつか訪れたい!と強く思いました。
読んでくださってありがとうございました^^
2009/09/08(Tue) 23:13 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
輝子さま
コメント書いていると、あの時のあの斜面、あの時の、こんな景色・・いろいろ思い出します。ほんと、いい思い出。。。
また、機会があれば、ご一緒して下さい。
もう、あっちの山も行きたい、こっちの山も行きたい。。。とわがまま、言いませんから~^^;
こちらこそ、いろいろ助けていただいてありがとうございました。
2009/09/08(Tue) 23:18 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
ロビンさま
いや~ん。最終日はイッキに浮腫みましたぞ。。顔なんか1.5倍くらい(うそ)
梅きゅうも、これからの縦走には欠かせない一品になったし、楽しかったな。。。ロビンさんはこのルート、晴天だったね^^
画像、きれいだったよ~。
うふ♪
がんばって下山しちゃった。梅きゅうが効いたみたい^^
2009/09/08(Tue) 23:22 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
ぜいぜいさま
え?~!、、タデ子?^^;
他の花も、いっぱい見たもん!
えっと、はくさんふうろでしょ。イワギキョウでしょ。トウヤクリンドウでしょ。アキノキリンソウ。。。。でも、タデが一番多かった・・
やばっ・・・
今年のタデ子の称号はあたひ?^^;

最後は長かったけど、旅の終わりに胸がいっぱいで心の中はうるうるだったんです。実は^^
2009/09/08(Tue) 23:48 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]

>旅の終わりに胸がいっぱいで心の中はうるうるだったんです。実は^^
そ、そうだったんだ!!!
私は、旅の終わりにはもう温泉と肉のことしか頭になかった…(爆

わがままはお互いにじゃんじゃん言い合いましょう!!!
その方が楽しかったりもするし^^

あ、写真どうもありがとう。
無事撮影時のサイズのままダウンロードできました。
2009/09/09(Wed) 09:43 | URL  | 輝子 #juZz/cEU[ 編集]
「良かったね!」と読み手が素直に思える良いレポでした。このレポもまた「一生の思い出」として残しておかないとね。
梅キュウ、今度試してみます。
2009/09/09(Wed) 17:34 | URL  | K林@一休み #W0p.A8Zs[ 編集]
身の程知らず
>いつものように、木曽駒さんのマシンガントークが炸裂した夜になり、やっぱり、負けた。

ははは、そりゃ勝てるわけないっしょ。
2009/09/09(Wed) 17:48 | URL  | 監督@ヒマラヤの麓 #yZfxqMi2[ 編集]
輝子さま
実はね^^;
いい旅こそ、感動の波が心の中でうずうずするのです^^
2009/09/10(Thu) 10:40 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
K林さま
読んで頂いて、ありがとうございます。
感情も書き留めておくといいかと思って随所にちりばめてみました。
そうそう、「一生の思い出」ね^^
梅きゅう、試して見て下さい!登り返しもなんのその!最後のパワーが出ます^^
2009/09/10(Thu) 10:44 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
監督さま
>ははは、そりゃ勝てるわけないっしょ。
やっぱり?^^
2009/09/10(Thu) 10:45 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
よんだ~~?
もう、監督もhiro姫も!!!!!

でも確かにしゃべりすぎ!反省しています。
なんだか心のもやもやが皆さんのおかげで晴れてきそうです。
で、翌日仕入れた大信州。ちょっとやばいですね。
先日地元の秋祭りで飲ませ方々は皆つぶれてました(笑

そちらはどうでしたか?

今回の山旅のレポ。
輝ちゃんのと同時進行に呼んだけど、それぞれの個性が発揮されて面白く読みましたよ~~。

またお山から降りてきたら、一緒に飲みましょう!
次はちゃんとお話伺います(爆

2009/09/10(Thu) 12:42 | URL  | 木曽駒 #6wH.DH8I[ 編集]
木曽駒さま
こちらこそ、来てくれてうれしかったですよ!
なので、マシンガントークは気にしてませんよ!むしろ、いろいろ話すことで気持ちもだんだんと整理がつく方向にいけば。。。と思ってますので^^
大信州もありがとね!うまうまでした!
さすがに一升は多かったので、たけさんが今頃おいしく頂いてることでしょう(・・ってもうないか^^;)
また、おつきあい下さい~☆
2009/09/10(Thu) 16:24 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
おお~完結~!!
力作のレポ、楽しんで読んじゃいましたよ~^^
双六岳での展望がぴかいちですね。私は2度通って2度とも巻いています。悪天で・・。
素直な気持ちが綴られていて、レポ自体もいい思い出ですね!

>翌日仕入れた大信州。ちょっとやばいですね。
駒ちゃん、ごめん、なぜがわたくしが、半升ほど飲んでしまいました。あれはやばいね、ほんと。

そっか、タデ子の襲名披露しなきゃですね、どっか飲み屋で(笑

輝ちんも早く完結しないかなぁ~
2009/09/10(Thu) 19:22 | URL  | たここ #USldnCAg[ 編集]
高天原の温泉は行ってみたいっすねぇ~
でも、休みが取れないから老後の楽しみに・・・


悲しい…
2009/09/10(Thu) 21:46 | URL  | 上松 B作 #-[ 編集]
たここさま
あれ?大信州、もう、飲んじゃった?

読んでいただいてどうも^^です!
輝子さん目線とhiro目線でなかなか楽しいでしょ?^^
私が見たかった景色の一つに「双六テン場の向こうに鷲羽の姿」あれ、たここさんのレポで見て行きたくなったの。影響力大きいよ!ホント、外国みたいな景色。
双六山頂の晴天はいい!すんごくいい!あそこはいい!もう、感動でしたよ^^

タデ子ね・・・・^^;
襲名披露いいから!ほら、、ぜいぜいさんの称号だし・・悪いし^^
でも、どっかで飲もー!^^
2009/09/11(Fri) 11:59 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
B作さま
>悲しい
老後の楽しみにしておくんでしょ?
いいじゃないですか~!楽しみで^^
私も老後の山はとってありますよ。。
でも、そお思って山登りしてたけど、、、なかなか山に行ける機会がなくて。。。
やっぱり、私の場合、無理しないと行けないみたい。。だから、思いきって休みをとりました。
Bさんも、忙しいでしょうけど。。いい山登りが出来るといいですね!
*温泉、よかったどー!^^
2009/09/11(Fri) 12:04 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
やばい、やばい。 この 「日本最後の秘境をめぐる山旅」 のレポを終わらせないと。 北鎌~焼岳縦走、そしてツール・ド・モンブランの記録に...
2009/09/29(Tue) 21:42:59 |  やまやなぶろぐ