山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
今日は、私がやっている栄養教室について、思っていることを書きたいと思います。


もう、完璧に、親戚を意識したレポです。

私もちゃんと仕事してんだー!仕事中にブログばっか書いてるわけではない

長いので、読む気力のある方だけ、そうぞ^^;
栄養教室を開いて四年。
国の施作で始まったこの事業は、市からの委託事業で65歳以上の高齢者が対象です。
市の健康診断で栄養状態等々で現在問題がある方、もしくは健康状態がよろしくない方を中心とした教室で、
要支援、要介護にならないように、老化防止!今から予防しましょう!ということで実施しています。

なので、栄養教室の他に、口腔機能の向上、運動機能の向上、認知予防といった教室もありまして、検診でひっかかった?予防した方がいい患者さんはいくつも掛け持ち~という方もおられるようです。(あくまでも、任意の参加ですが)

この栄養教室は、低栄養の方を健康にしよう。という目的で行っています。
肥満でもやせでも栄養状態が悪い人は悪いし(肥満だからといって栄養状態がいいわけではない。血液の栄養データが悪い人もいる)、それプラス疾病を抱えている人も多いので、個人にあった栄養相談を実施しています。
やはり、健康の源は食べることから。食べることによって体だけではなく、脳や神経の細部までにも栄養が行きわたり、それが活力に変わる。そして、生きて生活する意欲につながる。当たり前のことだけど、食べるということの重要性はこの事業を通して、私も改めて実感しています。
食に対する知識を少しでも持っていただき、毎日を元気に過ごしていただく。この教室がご本人にとって生活習慣を見直すきっかけとなり、プラスの作用になるまで・・・・そんな思いで栄養相談を受けています。
もちろん、進んで栄養のことを学びたい。高齢者の食事を考えてみたい。自身の自己実現の為にも、健康でいたい。という意欲的な方もおられるので、多くの情報を提供していかなくてはなりません。


・・・・・・・とずらずら書きましたが、何をやっているかというと・・・

まず、栄養の話。これがメイン。
いかに、バランスよく食べるか。食品の選び方。メニューの決め方。吸収がよい食品の組み合わせ等などをお話しますが、多くの人たちが、昔の動物性脂肪は体に悪い!というブームを未だに覚えていて、動物性脂肪を取らない人が多い。そうすると、タンパク質が必然と不足してきて→低栄養。。という方達が多いのが現状です。いい物を選んでるつもりが量が足りないので(高齢者はやっぱり、魚がいいと思っている。それに量も取れていない)逆に栄養不足に・・・個人の状態によって動物性脂肪の制限は違うので個人個人に指導はしますが、主食となるものと(ごはんとか、麺とか、パンとか)メインのおかずになる主菜(肉・魚・たまご・大豆)はしっかりとるように考えを修正していただいています。豚肉なんかはビタミンも豊富なので、たんぱく質も吸収しやすいのにね~・・・・


あとは、効率のよい間食の取り方。体重を下げたい人、上げたい人、どちらにも有効、かつ納得いく方法で栄養状態を改善する説明をします。間食は敵!なんて、古い古い!人それぞれに合った摂取の仕方をリーフレットを見ながら分かりやすく指導します(←みんなが好きなおやつですもの。好評です)



個人の指導でよく伺うのが、疾病に関して病院から食事指導がなされていないこと。
高血圧でも、脂肪肝でも病院からはな~んにも言われて無いらしく、薬だけ。そして、いよいよ悪くなってから栄養指導。。
悪くなってからじゃ~、代謝や免疫や再生力といった機能が落ちている高齢者は回復が遅い。。傷の浅いうちに食事のことを勉強しておけば・・・・悪くならなくてすむ臓器も大丈夫だったのに。もったいない!!もっと早く指導する機会があれば・・・と思いながら栄養指導。やはり、予防の大切さが身にしみます・・・・



この個人指導の場でもいろいろ考えさせられることはいっぱいあります。生活のリズムのこと、好きな食べ物、嫌いな食べ物のこと、病気のこと、家族のこと、ご近所のこと、ありとあらゆることを聞いて、その人に合った指導をするわけですが、時に、患者さんが話に熱中し、興奮しすぎて血圧が異様に高くなる方がいます^^;聴診器をあてると、すっごい鼓動なんです。こちらも相槌をうって話しやすいようにうながしますが、変にエキサイトして興奮されては困るので話の方向性も重要です。興奮するほど?患者さんは、話を聞いてもらいたいんだな~、、、といつも思いながら指導にあたってます。。自分の親とだぶらせながら^^;・・・
利用者さんは私の親と同じか、それ以上の方。(以前は90歳くらいの方が来ていました)人生の大先輩ですから。いつもその心を忘れずに接したいと思っています。


その他には~・・・・
食事を出すときもあります(昼食)個人の生活状態を事前に調査済みですので、個々の活動や消費にあった量を出します。あと、標準体重、下限の体重、上限の体重も認識していただきます。
この食事の提供は好評です。もちろん、食事はおいしいですよ~^^
それに、プラス。
個々の活動や消費にあった量や理想の量を提示することで、いつも食べてる量が比較できる!それによって、自分の体重とみくらべっこ。量が多くて食べれレない人、足りない人^^;さまざまですが、胃をもって(身をもって)体験できるわけです。高齢者はことのほか、塩分摂取が多い方たちばかり。自宅での味付けの違いも知っていただき、減塩のススメを提案。酸味や香辛料、香り、だしの濃さなど、塩分が低くても食べられる料理法はたくさんあるんですね~。。。と。



そして、食べることだけじゃありません!
これが私の栄養教室のいいところ!(←だと思っている・・・・)
体全体が健康になるように、(精神面もそうですが)
口腔機能についての話も設けちゃいます。これだけの教室もあるのですが、食べものと咀嚼と嚥下・・・・
切ってもきりはなせません!だって、食べものが一番最初に私たちの体に触れるのが口ですもの!ということで、嚥下のメカニズム、飲み込みずらい時の調理法は?など、、、口の体操も含めて、歯科衛生士さんと一緒にタッグを組みます。


もぅひとつ・・・・
健康づくりのための食生活・・・運動もして、眠っている内臓機能を活発に・・・
やはり、体づくりも大切です!筋肉をつけて、そこに栄養・水分を貯めて・・・免疫力をUPさせましょう!
椅子に座ってもできる筋トレ、畳一畳からできる筋トレ、無理なく、効率よい筋肉のつけかた・・・
転倒防止にもなって、高齢者の方は一番関心がありそうです^^;なんたって、健康ブームですものね。
実際に、保健師さんの指導のもと運動を行います。これも、運動の教室のみはあるのですが、うちはやります!
何才になっても筋肉はつきます!と食べ物との関係もお話して、あ~ら・・この次の食事がおいしく食べられるわ~^^・・・・


まだまだ続きます。
体は冷えていませんか?体の冷えは食欲減退、消化不良、消費エネルギーの低下などなど。。様々な悪い要因につながります。手軽にでき方法で、体を温め、基礎代謝をUPさせましょう~。
ということで、針灸師のセンセと。
実際に施主も行ってもらってますが、(針はやりませんよ^^;)高齢者のみなさん、あっちが痛い、こっちが痛いと痛いとこだらけ。最後の回に設けていますが、和気あいあいと、いつも好評です。私も便乗して、会の後に施術してもらってます^^



・・・・・とこんな感じの内容です。
一月からはじまり、六月まで。季節はめぐる~って感じで半年間、利用者さんの様子をみていきます。半年間あると、ある程度栄養状態や体調もよくなってきて(気候がよくなるせいもある)その変化も読み取れます。最後の会に近づくにつれて、参加するのを楽しみにしていらっしゃる様子も伺えます。
たとえ、栄養状態の変化が見えなくとも、高齢者の方が外へ積極的に出向く機会が多くなり、顔の色つやが良くなり、はつらつとした表情になる。そのことだけでも、、この教室を開く意味があると思います。それが、次の健康のステップへと繋がるからです。

栄養って、その日に食べた物が即、体に変化をもたらす・・・・というわけではないので、良くも悪くも、継続は力なり?^^;っていう学問です。成果が表れるまでに根気が必要ですね。
そして、食べることは死ぬまで一生!!生きている限り食べ続けなくてはならない。だから、食べることを苦にしてもらいたくないし、ずっとおいしく食べてもらいたいのです。
この想いは私だけでなく、多くの方が思っていることではないでしょうか?そのお手伝いが少しでもできれば。。。と考えています。





PS  
ウソつきました。
やっぱり、仕事中に書きました。
ごめんなさい


追記を閉じる▲
栄養教室を開いて四年。
国の施作で始まったこの事業は、市からの委託事業で65歳以上の高齢者が対象です。
市の健康診断で栄養状態等々で現在問題がある方、もしくは健康状態がよろしくない方を中心とした教室で、
要支援、要介護にならないように、老化防止!今から予防しましょう!ということで実施しています。

なので、栄養教室の他に、口腔機能の向上、運動機能の向上、認知予防といった教室もありまして、検診でひっかかった?予防した方がいい患者さんはいくつも掛け持ち~という方もおられるようです。(あくまでも、任意の参加ですが)

この栄養教室は、低栄養の方を健康にしよう。という目的で行っています。
肥満でもやせでも栄養状態が悪い人は悪いし(肥満だからといって栄養状態がいいわけではない。血液の栄養データが悪い人もいる)、それプラス疾病を抱えている人も多いので、個人にあった栄養相談を実施しています。
やはり、健康の源は食べることから。食べることによって体だけではなく、脳や神経の細部までにも栄養が行きわたり、それが活力に変わる。そして、生きて生活する意欲につながる。当たり前のことだけど、食べるということの重要性はこの事業を通して、私も改めて実感しています。
食に対する知識を少しでも持っていただき、毎日を元気に過ごしていただく。この教室がご本人にとって生活習慣を見直すきっかけとなり、プラスの作用になるまで・・・・そんな思いで栄養相談を受けています。
もちろん、進んで栄養のことを学びたい。高齢者の食事を考えてみたい。自身の自己実現の為にも、健康でいたい。という意欲的な方もおられるので、多くの情報を提供していかなくてはなりません。


・・・・・・・とずらずら書きましたが、何をやっているかというと・・・

まず、栄養の話。これがメイン。
いかに、バランスよく食べるか。食品の選び方。メニューの決め方。吸収がよい食品の組み合わせ等などをお話しますが、多くの人たちが、昔の動物性脂肪は体に悪い!というブームを未だに覚えていて、動物性脂肪を取らない人が多い。そうすると、タンパク質が必然と不足してきて→低栄養。。という方達が多いのが現状です。いい物を選んでるつもりが量が足りないので(高齢者はやっぱり、魚がいいと思っている。それに量も取れていない)逆に栄養不足に・・・個人の状態によって動物性脂肪の制限は違うので個人個人に指導はしますが、主食となるものと(ごはんとか、麺とか、パンとか)メインのおかずになる主菜(肉・魚・たまご・大豆)はしっかりとるように考えを修正していただいています。豚肉なんかはビタミンも豊富なので、たんぱく質も吸収しやすいのにね~・・・・


あとは、効率のよい間食の取り方。体重を下げたい人、上げたい人、どちらにも有効、かつ納得いく方法で栄養状態を改善する説明をします。間食は敵!なんて、古い古い!人それぞれに合った摂取の仕方をリーフレットを見ながら分かりやすく指導します(←みんなが好きなおやつですもの。好評です)



個人の指導でよく伺うのが、疾病に関して病院から食事指導がなされていないこと。
高血圧でも、脂肪肝でも病院からはな~んにも言われて無いらしく、薬だけ。そして、いよいよ悪くなってから栄養指導。。
悪くなってからじゃ~、代謝や免疫や再生力といった機能が落ちている高齢者は回復が遅い。。傷の浅いうちに食事のことを勉強しておけば・・・・悪くならなくてすむ臓器も大丈夫だったのに。もったいない!!もっと早く指導する機会があれば・・・と思いながら栄養指導。やはり、予防の大切さが身にしみます・・・・



この個人指導の場でもいろいろ考えさせられることはいっぱいあります。生活のリズムのこと、好きな食べ物、嫌いな食べ物のこと、病気のこと、家族のこと、ご近所のこと、ありとあらゆることを聞いて、その人に合った指導をするわけですが、時に、患者さんが話に熱中し、興奮しすぎて血圧が異様に高くなる方がいます^^;聴診器をあてると、すっごい鼓動なんです。こちらも相槌をうって話しやすいようにうながしますが、変にエキサイトして興奮されては困るので話の方向性も重要です。興奮するほど?患者さんは、話を聞いてもらいたいんだな~、、、といつも思いながら指導にあたってます。。自分の親とだぶらせながら^^;・・・
利用者さんは私の親と同じか、それ以上の方。(以前は90歳くらいの方が来ていました)人生の大先輩ですから。いつもその心を忘れずに接したいと思っています。


その他には~・・・・
食事を出すときもあります(昼食)個人の生活状態を事前に調査済みですので、個々の活動や消費にあった量を出します。あと、標準体重、下限の体重、上限の体重も認識していただきます。
この食事の提供は好評です。もちろん、食事はおいしいですよ~^^
それに、プラス。
個々の活動や消費にあった量や理想の量を提示することで、いつも食べてる量が比較できる!それによって、自分の体重とみくらべっこ。量が多くて食べれレない人、足りない人^^;さまざまですが、胃をもって(身をもって)体験できるわけです。高齢者はことのほか、塩分摂取が多い方たちばかり。自宅での味付けの違いも知っていただき、減塩のススメを提案。酸味や香辛料、香り、だしの濃さなど、塩分が低くても食べられる料理法はたくさんあるんですね~。。。と。



そして、食べることだけじゃありません!
これが私の栄養教室のいいところ!(←だと思っている・・・・)
体全体が健康になるように、(精神面もそうですが)
口腔機能についての話も設けちゃいます。これだけの教室もあるのですが、食べものと咀嚼と嚥下・・・・
切ってもきりはなせません!だって、食べものが一番最初に私たちの体に触れるのが口ですもの!ということで、嚥下のメカニズム、飲み込みずらい時の調理法は?など、、、口の体操も含めて、歯科衛生士さんと一緒にタッグを組みます。


もぅひとつ・・・・
健康づくりのための食生活・・・運動もして、眠っている内臓機能を活発に・・・
やはり、体づくりも大切です!筋肉をつけて、そこに栄養・水分を貯めて・・・免疫力をUPさせましょう!
椅子に座ってもできる筋トレ、畳一畳からできる筋トレ、無理なく、効率よい筋肉のつけかた・・・
転倒防止にもなって、高齢者の方は一番関心がありそうです^^;なんたって、健康ブームですものね。
実際に、保健師さんの指導のもと運動を行います。これも、運動の教室のみはあるのですが、うちはやります!
何才になっても筋肉はつきます!と食べ物との関係もお話して、あ~ら・・この次の食事がおいしく食べられるわ~^^・・・・


まだまだ続きます。
体は冷えていませんか?体の冷えは食欲減退、消化不良、消費エネルギーの低下などなど。。様々な悪い要因につながります。手軽にでき方法で、体を温め、基礎代謝をUPさせましょう~。
ということで、針灸師のセンセと。
実際に施主も行ってもらってますが、(針はやりませんよ^^;)高齢者のみなさん、あっちが痛い、こっちが痛いと痛いとこだらけ。最後の回に設けていますが、和気あいあいと、いつも好評です。私も便乗して、会の後に施術してもらってます^^



・・・・・とこんな感じの内容です。
一月からはじまり、六月まで。季節はめぐる~って感じで半年間、利用者さんの様子をみていきます。半年間あると、ある程度栄養状態や体調もよくなってきて(気候がよくなるせいもある)その変化も読み取れます。最後の会に近づくにつれて、参加するのを楽しみにしていらっしゃる様子も伺えます。
たとえ、栄養状態の変化が見えなくとも、高齢者の方が外へ積極的に出向く機会が多くなり、顔の色つやが良くなり、はつらつとした表情になる。そのことだけでも、、この教室を開く意味があると思います。それが、次の健康のステップへと繋がるからです。

栄養って、その日に食べた物が即、体に変化をもたらす・・・・というわけではないので、良くも悪くも、継続は力なり?^^;っていう学問です。成果が表れるまでに根気が必要ですね。
そして、食べることは死ぬまで一生!!生きている限り食べ続けなくてはならない。だから、食べることを苦にしてもらいたくないし、ずっとおいしく食べてもらいたいのです。
この想いは私だけでなく、多くの方が思っていることではないでしょうか?そのお手伝いが少しでもできれば。。。と考えています。





PS  
ウソつきました。
やっぱり、仕事中に書きました。
ごめんなさい

【2010/01/28 17:12】 | 仕事のこと
トラックバック(0) |


ROCKY
う~ん・・・
hiro姫
ブログを書く仕事なんだぁ・・・・


              εεεεεεεεεε┏( ・_・)┛    




輝子
長いけど読んだ。
長文は知り合いのでもスルーする人なのに読んだ。
大変勉強になりました。

うちの母もその栄養教室に通わせたいです。
でも、筋トレがいかに必要かとか、
口を酸っぱくして言っても全然やろうとしないんだよね。
もうあきらめてます。
でも寝た切りになったらこっちが困るんだけど。


hiro
ROCKYさま
>hiro姫
ブログを書く仕事なんだぁ・・・・

うんv-392たまにね。(←オオウソ)^^;


hiro
輝子さま
ほんと、親が寝たきりになったらどうしよ?とか思うよ。まあ、そうなったら行政の機関を使うと思うけど、寝たきりになったら、親子共倒れだよー。と、うちも口すっぱく言っているので、うちの親は「フラダンス」をはじめちゃいました。
簡単な筋トレで継続してやってくれればいいんだけど、、なかなかできないみたい。
最後までおつきあいくださってありがとうございます。


頭が下がります
岐阜ペンギン
全部読みました
大変?そうな仕事ですなぁ
けど これだけの長編 仕事中に…(笑)
こんな人に『食』を管理されたら 恋人や旦那さんは幸せ者ですね
立候補したいなぁ!?
それか 仕事でやっているから 家では 全くやらないとか?
もしもの時 少しでも役にたつかな と思って
『ヘルパー2級』とりましたよ


hiro
岐阜ペンギン さま
最後まで読んで下さってありがとうございます。
>けど これだけの長編 仕事中に…(笑)
あ、、そこにはふれないで^^;
やっぱり、食事は美味しく食べれた方がいいし、自分の大切な人や近くにいる人の栄養状態が診れなかったら、何の為に栄養士になったか?考えちゃいますもん。いつもそんな気でいます。

ヘルパー2級ですか!講義を受けるだけでも、お勉強になるでしょ?

>それか 仕事でやっているから 家では 全くやらないとか?
旦那さんは家事全般が出来る人がいい^^(爆)


まきくま
遅ればせながら
すごーい、ひろっち。尊敬のまなざし~
いい企画だねえ。
こういうの近所にもあったらいいなあ。母に教えてあげたい。
肥満なのに低栄養ってまさに彼女のことだと思う。ほんと食べないもん。
で、私も通いたいかも。
どんなもの食べればいいのかって、あんまりちゃんと聞いたことないかもだねえ。ほんとひろっちすごいわああ


hiro
まきくまさま
いえいえ。。。そんな尊敬だなんて。。。そんなこと言われると照れちゃう^^;けど、私の持ってる知識をちょっとでも活用していただいて、やる気をだしてもらうきっかけを作ることも私の仕事だな~と思って、、
私もこんな教室を近所で開きたいな~と思って・・(市からの委託じゃなくてね^^;)
自分の親とか、身内に当てはめて考えると、これって必要なことだよね~・・て私も思います。。。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
う~ん・・・
hiro姫
ブログを書く仕事なんだぁ・・・・


              εεεεεεεεεε┏( ・_・)┛    

2010/01/28(Thu) 18:41 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
長いけど読んだ。
長文は知り合いのでもスルーする人なのに読んだ。
大変勉強になりました。

うちの母もその栄養教室に通わせたいです。
でも、筋トレがいかに必要かとか、
口を酸っぱくして言っても全然やろうとしないんだよね。
もうあきらめてます。
でも寝た切りになったらこっちが困るんだけど。
2010/01/28(Thu) 20:45 | URL  | 輝子 #juZz/cEU[ 編集]
ROCKYさま
>hiro姫
ブログを書く仕事なんだぁ・・・・

うんv-392たまにね。(←オオウソ)^^;
2010/01/29(Fri) 09:20 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
輝子さま
ほんと、親が寝たきりになったらどうしよ?とか思うよ。まあ、そうなったら行政の機関を使うと思うけど、寝たきりになったら、親子共倒れだよー。と、うちも口すっぱく言っているので、うちの親は「フラダンス」をはじめちゃいました。
簡単な筋トレで継続してやってくれればいいんだけど、、なかなかできないみたい。
最後までおつきあいくださってありがとうございます。
2010/01/29(Fri) 09:27 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
頭が下がります
全部読みました
大変?そうな仕事ですなぁ
けど これだけの長編 仕事中に…(笑)
こんな人に『食』を管理されたら 恋人や旦那さんは幸せ者ですね
立候補したいなぁ!?
それか 仕事でやっているから 家では 全くやらないとか?
もしもの時 少しでも役にたつかな と思って
『ヘルパー2級』とりましたよ
2010/01/29(Fri) 10:39 | URL  | 岐阜ペンギン #-[ 編集]
岐阜ペンギン さま
最後まで読んで下さってありがとうございます。
>けど これだけの長編 仕事中に…(笑)
あ、、そこにはふれないで^^;
やっぱり、食事は美味しく食べれた方がいいし、自分の大切な人や近くにいる人の栄養状態が診れなかったら、何の為に栄養士になったか?考えちゃいますもん。いつもそんな気でいます。

ヘルパー2級ですか!講義を受けるだけでも、お勉強になるでしょ?

>それか 仕事でやっているから 家では 全くやらないとか?
旦那さんは家事全般が出来る人がいい^^(爆)
2010/01/29(Fri) 11:49 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
遅ればせながら
すごーい、ひろっち。尊敬のまなざし~
いい企画だねえ。
こういうの近所にもあったらいいなあ。母に教えてあげたい。
肥満なのに低栄養ってまさに彼女のことだと思う。ほんと食べないもん。
で、私も通いたいかも。
どんなもの食べればいいのかって、あんまりちゃんと聞いたことないかもだねえ。ほんとひろっちすごいわああ
2010/02/03(Wed) 16:57 | URL  | まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
まきくまさま
いえいえ。。。そんな尊敬だなんて。。。そんなこと言われると照れちゃう^^;けど、私の持ってる知識をちょっとでも活用していただいて、やる気をだしてもらうきっかけを作ることも私の仕事だな~と思って、、
私もこんな教室を近所で開きたいな~と思って・・(市からの委託じゃなくてね^^;)
自分の親とか、身内に当てはめて考えると、これって必要なことだよね~・・て私も思います。。。
2010/02/07(Sun) 14:46 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック