山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
ネバタ州のラスバガスからルート15を東へ。

アリゾナ州のバージンリバーに泊まった朝、今日はその名のバージンリバーの川沿いをまた北上。

ユタ州のセントジョージに着く頃は雪が舞い始めていました。
昨日の長距離運転に多少疲れが残ったので、今日の出発は少し遅らせて10:00くらいだったか?

途中、フリーウエイをおり、ショッピングモールでお昼をとりました。

もちろん、メキシカン^^

ガスも満タンにして、今日はザイオン国立公園へ向かいます。

ルート15をセントジョージからはずれまして、ザイオンキャニオンへ向かいますがずーっと雨です。
ザイオン1
ここの地形もおもしろく、雨風で浸食された地形が遠くに霞んで見えていました。

あ~、、雨で残念。天気がよかったら、もっとくっきり見えてたのに。。

移動距離はこれまた何十キロもあるので、曇ったり、雨が降ったりの天気した。
ザイオン2

その雨の中、ザイオン国立公園の入口の町、スプリングデールに着いたのは午後2時くらい。

ここはちょっといい感じのリゾート地でした。

広大な敷地にホテル、モーテルが点在し、建物が土の色に合わせて美観を損なわない作りになっていました。

ガソリンスタンド、お土産ショッピング、コンビニ、スーパー。一通りそろっています。

国立公園のゲート入口で料金を支払、車で中へ入ります。
ザイオン5

夏は一般車の通行は禁止ですが、冬はOKです。




壮大なスケールでバージン川渓谷に沿ってそそり立つ大岩壁がザイオン国立公園の特徴です。

道はその渓谷沿いにあり、下から眺めるように進みます。


が、、



雨です。ちょっと霧も出てます(泣)
ザイオン3

ニッサンのXトレイルのCMで「ザイオンの壁を駆け下りろ!」ってのがあったけど、とてもそんな壮大な気分にはなれない、CMのイメージとはかけ離れた景色でした。

雨だもんな~・・・・


それでも、ザイオンの壁を見たときは、もう、そのケタはずれに高い壁に「うわーっ!」とか「すっごーい!」とか、そんな言葉しか出ず・・
ザイオン7

下から見上げてお口あんぐりでした^^;

岩のてっぺんには雪。
ザイオン4

それもそのはず、てっぺんは標高2000mくらい。

これまた、距離感がわかりません。

渓谷を上から見下ろすのではなく、下から見上げるのもザイオンの特徴。

上から見るルートもありますが、これまたぐるっと回って入口はべつの方面からのアプローチになるそうです。

トレッキングなどのルートもありまして(もちろん、こんな岩壁ですもん。クライミングも?)お土産ショップには靴や、ザック、水分補給のボトル等おいてありました。



国立公園は行き止まりなので、また来た道を引き返して、次の目的地に移動です。
ザイオン6
行き止まり付近には半分に割れたような岩も・・・




時間は夕方4時半すぎ。あたりはうす暗い感じです。

ここから、山越え。ルート9を向けて東へ行く計画です。

だんだんと標高が上り、雨が雪に。

さっきの岩の先端より、完全に上になりました。ということは2000m。


路肩にも雪が積もってます。
ザイオン8
ブレブレですけど、、除雪したあとも。。


対向車は4駆か、でっかいピックアップトラックで数台、すれ違うのみ。

セダンタイプの車は対向車にはありません(今回のレンタカーはヒュンダイでした)

車道はだんだん雪が積もってシャーベット状に。

なんか、すんごく、イヤな予感^^;


そんな車と路面の状況を見て、「先に、進めるかな~・・」

「もうじき、峠後えなんだけど・・・」なんて写真を撮り話ながら進むけど、ホントはすごく、怖かった。

あたりはだんだん暗くなるし、雪はひどくなるし。

と、峠をこえたあたりから、路面がいよいよ怪しくなって・・・・・

これは、、ちょっと・・・・・

動くに動けなくなったらどーしよ!ということになりまして。先に進むのを断念。

来た道をまた引き返し、スプリングデールに戻りました。



スーパーの駐車場にて、これからの予定を作戦会議。

まだ、諦めたわけではありません!グランドサークルの旅。


ルート15を北上し、もう一つ別のルートで行こう。ということになりました。

そう決まったからには膳は急げです。

そのスーパーで毎度のヨーグルトの買出しをして(観光地価格で高かった 1個100円)

ルート15に戻りました(スプリングデールから60Kmはある)

そして、フリーウエイを北上。

北に行くということは雪も降りやすいってこと。

わかっちゃ~いるけど、諦めきれないので、先を進みます。

案の定、山越えフリーウエイの路肩には雪がびっしり。

周りの風景も本格的な雪景色になっていました。

近くに、モーテルや食べ物があるインターはあるけど、こんなところで下りたら、雪で動けなくなりそうだし、大きな町まで行った方が安全と考え、あとはもう進むのみです!

この先、雪と天気と路面は大丈夫だろうか?

そのことばかり考えて、やっともう一つのルートの分岐点の街、シーダーシティに到着でした。

フリーウエイを降りると、街の路面は除雪がされていて大丈夫そうです。

スダッドレスタイヤが無いらしく、雪が降ると、朝一ですぐに除雪が入るそうです。そういうところはアメリカ。さすが、車社会です。感心。

今宵の宿が決まり、ビールとピザで乾杯をしたのが9時をまわっていました。



さて今回の旅、毎日の日課となったのが、ヨーグルトの購入とガソリンスタンド(朝晩二回は入れてました)と、TVの天気予報。

たくさんのチャンネルがあるアメリカのTV。

その中で唯一英語がわかるのが、天気予報の番組。その専用チャンネルを(ずーっと繰り返し、天気予報をやっている)ホテルに着いて、ビールを飲みながら毎日情報収集です。

明日からの予報もチェックすると、シダーシティとグランドサークルの方面は雪、、、曇りの予報。

その後、月曜までこんな感じの天気だとわかりました。

それもそのはず。。。。

アメリカ全土、寒波の到来でした。東部では大雪の模様がニュースで流れ。。。

もしかしたら、明日、このシダーシティから出られないで、停滞かも?!という状況でした。

そうなれば、予定変更です。悪天にはかないませんし、グランドサークルどころじゃありません。

この先の予定を諦めざる負えません。

明日の朝の天候を見てラスベガス方面に戻るか、決めることになりました。

今日は、雪にドキドキさせられた一日となりました。

明日につづく・・・



追記を閉じる▲
昨日の長距離運転に多少疲れが残ったので、今日の出発は少し遅らせて10:00くらいだったか?

途中、フリーウエイをおり、ショッピングモールでお昼をとりました。

もちろん、メキシカン^^

ガスも満タンにして、今日はザイオン国立公園へ向かいます。

ルート15をセントジョージからはずれまして、ザイオンキャニオンへ向かいますがずーっと雨です。
ザイオン1
ここの地形もおもしろく、雨風で浸食された地形が遠くに霞んで見えていました。

あ~、、雨で残念。天気がよかったら、もっとくっきり見えてたのに。。

移動距離はこれまた何十キロもあるので、曇ったり、雨が降ったりの天気した。
ザイオン2

その雨の中、ザイオン国立公園の入口の町、スプリングデールに着いたのは午後2時くらい。

ここはちょっといい感じのリゾート地でした。

広大な敷地にホテル、モーテルが点在し、建物が土の色に合わせて美観を損なわない作りになっていました。

ガソリンスタンド、お土産ショッピング、コンビニ、スーパー。一通りそろっています。

国立公園のゲート入口で料金を支払、車で中へ入ります。
ザイオン5

夏は一般車の通行は禁止ですが、冬はOKです。




壮大なスケールでバージン川渓谷に沿ってそそり立つ大岩壁がザイオン国立公園の特徴です。

道はその渓谷沿いにあり、下から眺めるように進みます。


が、、



雨です。ちょっと霧も出てます(泣)
ザイオン3

ニッサンのXトレイルのCMで「ザイオンの壁を駆け下りろ!」ってのがあったけど、とてもそんな壮大な気分にはなれない、CMのイメージとはかけ離れた景色でした。

雨だもんな~・・・・


それでも、ザイオンの壁を見たときは、もう、そのケタはずれに高い壁に「うわーっ!」とか「すっごーい!」とか、そんな言葉しか出ず・・
ザイオン7

下から見上げてお口あんぐりでした^^;

岩のてっぺんには雪。
ザイオン4

それもそのはず、てっぺんは標高2000mくらい。

これまた、距離感がわかりません。

渓谷を上から見下ろすのではなく、下から見上げるのもザイオンの特徴。

上から見るルートもありますが、これまたぐるっと回って入口はべつの方面からのアプローチになるそうです。

トレッキングなどのルートもありまして(もちろん、こんな岩壁ですもん。クライミングも?)お土産ショップには靴や、ザック、水分補給のボトル等おいてありました。



国立公園は行き止まりなので、また来た道を引き返して、次の目的地に移動です。
ザイオン6
行き止まり付近には半分に割れたような岩も・・・




時間は夕方4時半すぎ。あたりはうす暗い感じです。

ここから、山越え。ルート9を向けて東へ行く計画です。

だんだんと標高が上り、雨が雪に。

さっきの岩の先端より、完全に上になりました。ということは2000m。


路肩にも雪が積もってます。
ザイオン8
ブレブレですけど、、除雪したあとも。。


対向車は4駆か、でっかいピックアップトラックで数台、すれ違うのみ。

セダンタイプの車は対向車にはありません(今回のレンタカーはヒュンダイでした)

車道はだんだん雪が積もってシャーベット状に。

なんか、すんごく、イヤな予感^^;


そんな車と路面の状況を見て、「先に、進めるかな~・・」

「もうじき、峠後えなんだけど・・・」なんて写真を撮り話ながら進むけど、ホントはすごく、怖かった。

あたりはだんだん暗くなるし、雪はひどくなるし。

と、峠をこえたあたりから、路面がいよいよ怪しくなって・・・・・

これは、、ちょっと・・・・・

動くに動けなくなったらどーしよ!ということになりまして。先に進むのを断念。

来た道をまた引き返し、スプリングデールに戻りました。



スーパーの駐車場にて、これからの予定を作戦会議。

まだ、諦めたわけではありません!グランドサークルの旅。


ルート15を北上し、もう一つ別のルートで行こう。ということになりました。

そう決まったからには膳は急げです。

そのスーパーで毎度のヨーグルトの買出しをして(観光地価格で高かった 1個100円)

ルート15に戻りました(スプリングデールから60Kmはある)

そして、フリーウエイを北上。

北に行くということは雪も降りやすいってこと。

わかっちゃ~いるけど、諦めきれないので、先を進みます。

案の定、山越えフリーウエイの路肩には雪がびっしり。

周りの風景も本格的な雪景色になっていました。

近くに、モーテルや食べ物があるインターはあるけど、こんなところで下りたら、雪で動けなくなりそうだし、大きな町まで行った方が安全と考え、あとはもう進むのみです!

この先、雪と天気と路面は大丈夫だろうか?

そのことばかり考えて、やっともう一つのルートの分岐点の街、シーダーシティに到着でした。

フリーウエイを降りると、街の路面は除雪がされていて大丈夫そうです。

スダッドレスタイヤが無いらしく、雪が降ると、朝一ですぐに除雪が入るそうです。そういうところはアメリカ。さすが、車社会です。感心。

今宵の宿が決まり、ビールとピザで乾杯をしたのが9時をまわっていました。



さて今回の旅、毎日の日課となったのが、ヨーグルトの購入とガソリンスタンド(朝晩二回は入れてました)と、TVの天気予報。

たくさんのチャンネルがあるアメリカのTV。

その中で唯一英語がわかるのが、天気予報の番組。その専用チャンネルを(ずーっと繰り返し、天気予報をやっている)ホテルに着いて、ビールを飲みながら毎日情報収集です。

明日からの予報もチェックすると、シダーシティとグランドサークルの方面は雪、、、曇りの予報。

その後、月曜までこんな感じの天気だとわかりました。

それもそのはず。。。。

アメリカ全土、寒波の到来でした。東部では大雪の模様がニュースで流れ。。。

もしかしたら、明日、このシダーシティから出られないで、停滞かも?!という状況でした。

そうなれば、予定変更です。悪天にはかないませんし、グランドサークルどころじゃありません。

この先の予定を諦めざる負えません。

明日の朝の天候を見てラスベガス方面に戻るか、決めることになりました。

今日は、雪にドキドキさせられた一日となりました。

明日につづく・・・


【2010/03/02 11:08】 |
トラックバック(0) |


ぜいぜい
ザイオンって聞くと映画マトリックスを思い出してしまうぜいぜいです。
ここの景色はインディアンが良く似合う???
雪ではらはらどきどきの旅でしたね。続きも緊張!!!


hiro
ぜいぜいさま
マトリックス、一個めしか見てなくて、、よくわかんないんですが、ザイオンの名が出てくるんですね。調べてみます。
>ここの景色はインディアンが良く似合う???
そうなのー!
ホントはもっとインディアンぽいところに行きたいと思ってたんだけど、雪で断念です。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ザイオンって聞くと映画マトリックスを思い出してしまうぜいぜいです。
ここの景色はインディアンが良く似合う???
雪ではらはらどきどきの旅でしたね。続きも緊張!!!
2010/03/03(Wed) 21:13 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
ぜいぜいさま
マトリックス、一個めしか見てなくて、、よくわかんないんですが、ザイオンの名が出てくるんですね。調べてみます。
>ここの景色はインディアンが良く似合う???
そうなのー!
ホントはもっとインディアンぽいところに行きたいと思ってたんだけど、雪で断念です。
2010/03/05(Fri) 12:20 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック