山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
ウイリアムズの朝は曇りでした。

ルート66の街からこんにちは。
旅も10日目にさしかかると、さすがに着替えがなくなりますので、朝からコインランドリーへ直行です(昨晩に見つけておいた)

モーテルに戻り、急いで荷物をパッキング。

グランドキャニオンを目指します!


が、、、先に、



お土産ショップを見て、ビジターセンターによって、道路状況や資料を確認。

グランドキャニオンへの道は除雪完了のことでした。

なんせ、ここから北へまだ100Kmも行くんですから、雪の情報は大切です(←今回はしっかり学習した)

ビジターセンターには、さすが世界のグランドキャニオン。日本語パンフレットもおかれてあり、便利でした。



ガスを入れて出発です。
ウイリアムズの朝
↑ガスを入れたコンビニ


今回、目指すのはサウスリムです(ノースリムは冬季閉鎖)

グランドキャニオンまでの道はこれまた、高原風な道。

植生もコロコロ変わりました。

こんな風景だったり、
短い草木の風景


こんな景色だったり。
モミの木みたいなのが植わってた


またまた、はてしなく まっすぐ・・・・



途中、お昼には早かったけど、マックでビックマックを買い(観光地価格だった)時間がないので車内で食べながら、国立公園のゲートをくぐりました。

グランドキャニオンにはいくつか見るポイントがありますが、全部が離れているので、車で移動です。

夏はシャトルバスでの移動だそうです。


駐車場からまっさきに、渓谷が見えるところへ直行!
駐車場は雪かきが終わったところでした。
駐車場の向こうは崖です
この向こうが崖です^^;

はやく、はやくぅ~と足早に崖方面に行くと・・・・



雪をかぶったグランドキャニオン
「おお~!!!!!」
雪がちょっとのグランドキャニオン


拡大して
「おお~!!!!!」
拡大すると・・・

左を向いて
「おおお~!!!!!」
左の方を向くと・・

もう、その言葉しかありませんでした。


カメラにも収まりきれないし、180度以上渓谷です。

ザイオン渓谷は下からだけど、グランドキャニオンは上から見るんです。

あまりに、遠すぎて、大きすぎて、これまた距離感がわかりません。

肉眼では人の姿は発見できないでしょう(双眼鏡でやっと谷底の建物が発見できるくらい・・)

トレッキングルートが所々に線のようにあるのがわかりました。


ちゃんと、案内板もあります。
案内板
ひとつひとつの頂に名前がついてるんですね~。。。
○○寺院とか^^;


縞々模様の地層はチョコ生地を練りこんだパンのようだな~。。
バームクーヘンだよ~
バームクーヘンのチョコバージョンにも見える^^

その上に、白い粉糖をふりまいたような雪。

また、食べ物の発想になってしまいましたが、それだけスケールが大きくて、距離感がわからない!ってことです(←無理やりな、いいわけに聞こえますが・・・)


国立公園内にはホテルも点在し、古い建物は保存し、それをホテルにしている宿泊施設もありました。
建物

他には食べ物やさん、レストラン、医療機関、キャンプ地、銀行・・一通りそろっています。


次のポイントに行くと、今度は、コロラド河がみえました。
コロラド河が見えた~!

拡大すると、こんな感じ
土の色が水にしみ出て赤い水です
クローズUP!

冬なので、観光客もまばらで、静かでなーんにも音が聞こえません。
しばしの静寂でした。


今考えると、今回の旅のメインイベントだった場所が晴れてくれてよかった~と思います。

これが、雨、雪だったらねぇ~・・渓谷は全然見えないし、何しに100Kmも来たのよ~って感じですもん。
ほんと、安堵しましたよ^^



また、いつか訪れる機会があるかしら?・・・・グランドキャニオン

と思いながら、車に乗り込みました。






ウイリアムズに戻って、フリーウエイで東に移動(ここも少し、雪交じりでした)


フラッグスタッフを過ぎ、今度はウォールナットキャニオンです。
ウォールナットキャニオンの全景なんです
写真で見ても何?って感じの画像ですが、渓谷です。
下方面に河が流れています(画像よりももっと下)

大昔の人は外的から身を守る為、雨風をしのぐため、渓谷の途中の壁に穴?を掘ってそこで、生活していたという遺跡の跡です。
振り返るとこんな壁
ぽこぽこ穴があいているのが、住居跡

渓谷の上にはビジターセンターと展望台。

そこを渓谷の中腹まで降りて行きました(冬季閉鎖の箇所がある)
途中の道はこんな感じ
こんな道が続いていますが、雪の為、行き止まり。



渓谷には私達とメタボのおっちゃんグループの二組だけ。
もちろん、メタボなおっちゃん達は私達が降りた半分も行かない所で引き換えして行きました。
かなり階段が多かったですもん。


周りには観光客はだ~れもいませんでした。

ここはマイナーな場所なのか?






この先の行程も考えて移動です。

今日はフェニックスまで行くのですから。

フラッグスタッフに戻り、ここからはルート17で南下。

渓谷沿いの道をどんどん高度を下げて下って行きます。

今までの雪の中の高原地帯から脱出です。

標高的にはあの岩のてっぺんくらいから下ってきました。
こんなん高い所からおりてきました



途中セドナに立ち寄ります。

セドナに近づくにつれ、だんだんとその赤い土がよくわかるようになりました。

セドナロックと呼ばれる赤い岩。
イメージ石 セドナロック

地球のパワースポットだそうで、私もちょっとパワーをもらいに・・・
セドナパワーよ~やせたまえ~・・
↑一応、全身でパワーをもらってる図です


これがセドナのメインストリート。
お店通り
自然の風景を損なわないように、赤土メインの色で統一された街づくりです。

ちょっと小じゃれた観光地でした。

芸術家さん達が多い街なんですって。

そんな街中をぶらぶら・・・・買い物。

ジュエリーショップでお店の人に、「セドナのパワーがある石ってどれのこと?」って聞くと、

「赤い石」だと言う。

要するに、セドナ全体がパワーがある街ってことみたいです。

ペンダントには小さいセドナロックがついていました。

記念にひとつ購入し街を後にしました。


セドナにはたくさんの見どころが多いみたいです(ツアーもありました)

街の雰囲気も、のんびり滞在するにはもってこいな感じです。

今回は滞在約、1時間半でしたが、またぜひ、ここに来たいと思った場所の一つです(ステキな彼とね・・・←これを書かなきゃ・・・^^;)


セドナを夕方出発。

ルート89をコットンウッドの街へ。ガス補給。

そこからルート260でルート17へ戻り、南下。

フェニックスへ向けてどんどん南下します。

それと同時にどんどん高度も下がります。

中央道みたいな山の中の道でした。

山を越えここまでくると、もう、雪の心配はいりませんでした。

ひたすら、南下です。もう、あたりは真っ暗です。

その時、ふと空を見上げると、星空がちらちら見えて・・・・
一番近くのサービスエリアにより、星空を眺めました。

日本で見るより、多くの星が見えました。

アメリカに来て初めての星空でした。




さて、今宵の宿は?と探しながら走りますが、なかなか看板が出てきません。

出来れば明日の日程も考慮してフェニックスまで行きたいんです。


ポツポツと町の明かりが増え、そろそろ出てくるんじゃないかしら?看板。

と思っていたら、看板はなくなり、ネオンキラキラ・・・・そこそこの大きな町に入っちゃいました^^;


道も二車線から三車線へ、、、カープールなんか出てきちゃって、渋滞もある大きな町に突入。


町に入ると、フリーウエイのホテルの看板はもう出てきません。自力で探さなきゃ行けないけど、これがまた大変。

ホテルのネオンを見つけたー!

と思ったら、出口を行き過ぎた^^;とか・・・

出口から出ても、日本と違う交通事情なので、なかなかたどり着けず・・・とか。

30分以上は探し続け。。。ホテルの金額交渉で何件か回っているうちに、午後9時を過ぎていました。
フェニックスの町、なかなかお高い。



そして、食事。これにも参りました。

ぐるぐる探し回ったけど、、私たちの宿泊施設の周には何にもない!フェニックスは大きい町だと思うんだけどな~・・・ここまで何も無いとは・・・・

お店が無いもの苦労したけど、探したお店が、みんな午後10時で閉店で入れず・・・(LAでは考えられない!)


仕方がなく、カーナビで検索した「デニーズ」へ。

ここは24時間営業だもんね。

友人曰くアメリカのデニーズはまずいそうで。。。。そのまずさの体験もいいかもね~

なんて言ってましたが、案の定、そうでした^^;

ちなみに、ステーキを頼んだのですが×でした。これにチップなんて払いたくない!っていう評価です。

もう、これは明日にリベンジしなきゃ気がすみません!!

それと、もうアメリカのデニーズには二度と行かない。

そう二つのことを心に誓い、ホテルに戻るのでした・・・

でも、今日はグランドキャニオンも見たし、セドナも見たし、、まっ・・いっか!!

と、心満たされる気分が何倍にも膨らむ一日だったのです。

明日へつづく・・・・











追記を閉じる▲
旅も10日目にさしかかると、さすがに着替えがなくなりますので、朝からコインランドリーへ直行です(昨晩に見つけておいた)

モーテルに戻り、急いで荷物をパッキング。

グランドキャニオンを目指します!


が、、、先に、



お土産ショップを見て、ビジターセンターによって、道路状況や資料を確認。

グランドキャニオンへの道は除雪完了のことでした。

なんせ、ここから北へまだ100Kmも行くんですから、雪の情報は大切です(←今回はしっかり学習した)

ビジターセンターには、さすが世界のグランドキャニオン。日本語パンフレットもおかれてあり、便利でした。



ガスを入れて出発です。
ウイリアムズの朝
↑ガスを入れたコンビニ


今回、目指すのはサウスリムです(ノースリムは冬季閉鎖)

グランドキャニオンまでの道はこれまた、高原風な道。

植生もコロコロ変わりました。

こんな風景だったり、
短い草木の風景


こんな景色だったり。
モミの木みたいなのが植わってた


またまた、はてしなく まっすぐ・・・・



途中、お昼には早かったけど、マックでビックマックを買い(観光地価格だった)時間がないので車内で食べながら、国立公園のゲートをくぐりました。

グランドキャニオンにはいくつか見るポイントがありますが、全部が離れているので、車で移動です。

夏はシャトルバスでの移動だそうです。


駐車場からまっさきに、渓谷が見えるところへ直行!
駐車場は雪かきが終わったところでした。
駐車場の向こうは崖です
この向こうが崖です^^;

はやく、はやくぅ~と足早に崖方面に行くと・・・・



雪をかぶったグランドキャニオン
「おお~!!!!!」
雪がちょっとのグランドキャニオン


拡大して
「おお~!!!!!」
拡大すると・・・

左を向いて
「おおお~!!!!!」
左の方を向くと・・

もう、その言葉しかありませんでした。


カメラにも収まりきれないし、180度以上渓谷です。

ザイオン渓谷は下からだけど、グランドキャニオンは上から見るんです。

あまりに、遠すぎて、大きすぎて、これまた距離感がわかりません。

肉眼では人の姿は発見できないでしょう(双眼鏡でやっと谷底の建物が発見できるくらい・・)

トレッキングルートが所々に線のようにあるのがわかりました。


ちゃんと、案内板もあります。
案内板
ひとつひとつの頂に名前がついてるんですね~。。。
○○寺院とか^^;


縞々模様の地層はチョコ生地を練りこんだパンのようだな~。。
バームクーヘンだよ~
バームクーヘンのチョコバージョンにも見える^^

その上に、白い粉糖をふりまいたような雪。

また、食べ物の発想になってしまいましたが、それだけスケールが大きくて、距離感がわからない!ってことです(←無理やりな、いいわけに聞こえますが・・・)


国立公園内にはホテルも点在し、古い建物は保存し、それをホテルにしている宿泊施設もありました。
建物

他には食べ物やさん、レストラン、医療機関、キャンプ地、銀行・・一通りそろっています。


次のポイントに行くと、今度は、コロラド河がみえました。
コロラド河が見えた~!

拡大すると、こんな感じ
土の色が水にしみ出て赤い水です
クローズUP!

冬なので、観光客もまばらで、静かでなーんにも音が聞こえません。
しばしの静寂でした。


今考えると、今回の旅のメインイベントだった場所が晴れてくれてよかった~と思います。

これが、雨、雪だったらねぇ~・・渓谷は全然見えないし、何しに100Kmも来たのよ~って感じですもん。
ほんと、安堵しましたよ^^



また、いつか訪れる機会があるかしら?・・・・グランドキャニオン

と思いながら、車に乗り込みました。






ウイリアムズに戻って、フリーウエイで東に移動(ここも少し、雪交じりでした)


フラッグスタッフを過ぎ、今度はウォールナットキャニオンです。
ウォールナットキャニオンの全景なんです
写真で見ても何?って感じの画像ですが、渓谷です。
下方面に河が流れています(画像よりももっと下)

大昔の人は外的から身を守る為、雨風をしのぐため、渓谷の途中の壁に穴?を掘ってそこで、生活していたという遺跡の跡です。
振り返るとこんな壁
ぽこぽこ穴があいているのが、住居跡

渓谷の上にはビジターセンターと展望台。

そこを渓谷の中腹まで降りて行きました(冬季閉鎖の箇所がある)
途中の道はこんな感じ
こんな道が続いていますが、雪の為、行き止まり。



渓谷には私達とメタボのおっちゃんグループの二組だけ。
もちろん、メタボなおっちゃん達は私達が降りた半分も行かない所で引き換えして行きました。
かなり階段が多かったですもん。


周りには観光客はだ~れもいませんでした。

ここはマイナーな場所なのか?






この先の行程も考えて移動です。

今日はフェニックスまで行くのですから。

フラッグスタッフに戻り、ここからはルート17で南下。

渓谷沿いの道をどんどん高度を下げて下って行きます。

今までの雪の中の高原地帯から脱出です。

標高的にはあの岩のてっぺんくらいから下ってきました。
こんなん高い所からおりてきました



途中セドナに立ち寄ります。

セドナに近づくにつれ、だんだんとその赤い土がよくわかるようになりました。

セドナロックと呼ばれる赤い岩。
イメージ石 セドナロック

地球のパワースポットだそうで、私もちょっとパワーをもらいに・・・
セドナパワーよ~やせたまえ~・・
↑一応、全身でパワーをもらってる図です


これがセドナのメインストリート。
お店通り
自然の風景を損なわないように、赤土メインの色で統一された街づくりです。

ちょっと小じゃれた観光地でした。

芸術家さん達が多い街なんですって。

そんな街中をぶらぶら・・・・買い物。

ジュエリーショップでお店の人に、「セドナのパワーがある石ってどれのこと?」って聞くと、

「赤い石」だと言う。

要するに、セドナ全体がパワーがある街ってことみたいです。

ペンダントには小さいセドナロックがついていました。

記念にひとつ購入し街を後にしました。


セドナにはたくさんの見どころが多いみたいです(ツアーもありました)

街の雰囲気も、のんびり滞在するにはもってこいな感じです。

今回は滞在約、1時間半でしたが、またぜひ、ここに来たいと思った場所の一つです(ステキな彼とね・・・←これを書かなきゃ・・・^^;)


セドナを夕方出発。

ルート89をコットンウッドの街へ。ガス補給。

そこからルート260でルート17へ戻り、南下。

フェニックスへ向けてどんどん南下します。

それと同時にどんどん高度も下がります。

中央道みたいな山の中の道でした。

山を越えここまでくると、もう、雪の心配はいりませんでした。

ひたすら、南下です。もう、あたりは真っ暗です。

その時、ふと空を見上げると、星空がちらちら見えて・・・・
一番近くのサービスエリアにより、星空を眺めました。

日本で見るより、多くの星が見えました。

アメリカに来て初めての星空でした。




さて、今宵の宿は?と探しながら走りますが、なかなか看板が出てきません。

出来れば明日の日程も考慮してフェニックスまで行きたいんです。


ポツポツと町の明かりが増え、そろそろ出てくるんじゃないかしら?看板。

と思っていたら、看板はなくなり、ネオンキラキラ・・・・そこそこの大きな町に入っちゃいました^^;


道も二車線から三車線へ、、、カープールなんか出てきちゃって、渋滞もある大きな町に突入。


町に入ると、フリーウエイのホテルの看板はもう出てきません。自力で探さなきゃ行けないけど、これがまた大変。

ホテルのネオンを見つけたー!

と思ったら、出口を行き過ぎた^^;とか・・・

出口から出ても、日本と違う交通事情なので、なかなかたどり着けず・・・とか。

30分以上は探し続け。。。ホテルの金額交渉で何件か回っているうちに、午後9時を過ぎていました。
フェニックスの町、なかなかお高い。



そして、食事。これにも参りました。

ぐるぐる探し回ったけど、、私たちの宿泊施設の周には何にもない!フェニックスは大きい町だと思うんだけどな~・・・ここまで何も無いとは・・・・

お店が無いもの苦労したけど、探したお店が、みんな午後10時で閉店で入れず・・・(LAでは考えられない!)


仕方がなく、カーナビで検索した「デニーズ」へ。

ここは24時間営業だもんね。

友人曰くアメリカのデニーズはまずいそうで。。。。そのまずさの体験もいいかもね~

なんて言ってましたが、案の定、そうでした^^;

ちなみに、ステーキを頼んだのですが×でした。これにチップなんて払いたくない!っていう評価です。

もう、これは明日にリベンジしなきゃ気がすみません!!

それと、もうアメリカのデニーズには二度と行かない。

そう二つのことを心に誓い、ホテルに戻るのでした・・・

でも、今日はグランドキャニオンも見たし、セドナも見たし、、まっ・・いっか!!

と、心満たされる気分が何倍にも膨らむ一日だったのです。

明日へつづく・・・・










【2010/03/19 16:45】 |
トラックバック(0) |


輝子
アメリカにもデニーズがあるんだ!

じゃなくって…

グランドキャニオン!
いつかは行ってみたいとこの一つですね~
ここって登れるの?


ROCKY
そうかぁ!
アメリカにもデニーズがあるんだ!
φ(..)メモメモ

セドナロックの前でYMCA踊ってきたんだぁ?
(踊ってる写真・・いいね♪)
   (*’-’*)アハハ♪


hiro
輝子さま
デニーズってもともとアメリカのもんなんだって。私も聞いて、へ~、、そうなんだ~って感じでした。

グランドキャニオン登るには?^^
下に行くだけでもたいへんらしい。
サウスリムからだと何百キロも移動して降りるらしいですよ。。
てっぺんに登れるのか?それらしいルートは出てませんでしたが、土がめっちゃもろいことだけ、わかりました・・・


hiro
ROCKYさま
そうなんです。デニーズあるんです。あと、セブンイレブンも(あ、、あたりまえか^^;)
で、、
踊ってるんじゃなくて^^;
セドナパワーを全身で浴びてるんです。
万歳でもありませんよ^^

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
アメリカにもデニーズがあるんだ!

じゃなくって…

グランドキャニオン!
いつかは行ってみたいとこの一つですね~
ここって登れるの?
2010/03/19(Fri) 20:26 | URL  | 輝子 #juZz/cEU[ 編集]
そうかぁ!
アメリカにもデニーズがあるんだ!
φ(..)メモメモ

セドナロックの前でYMCA踊ってきたんだぁ?
(踊ってる写真・・いいね♪)
   (*’-’*)アハハ♪
2010/03/20(Sat) 21:26 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
輝子さま
デニーズってもともとアメリカのもんなんだって。私も聞いて、へ~、、そうなんだ~って感じでした。

グランドキャニオン登るには?^^
下に行くだけでもたいへんらしい。
サウスリムからだと何百キロも移動して降りるらしいですよ。。
てっぺんに登れるのか?それらしいルートは出てませんでしたが、土がめっちゃもろいことだけ、わかりました・・・
2010/03/22(Mon) 12:23 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
ROCKYさま
そうなんです。デニーズあるんです。あと、セブンイレブンも(あ、、あたりまえか^^;)
で、、
踊ってるんじゃなくて^^;
セドナパワーを全身で浴びてるんです。
万歳でもありませんよ^^
2010/03/22(Mon) 12:25 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック