山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
今週も花崗岩つながりの山。

別に花崗岩が好きというわけではないのですが、偶然です。
岩がニョキニョキ2
山頂から見た金峰山方面のニョキニョキ岩
そして、ガスじゃなかった!^^;

大展望でした。

ホントは常念岳or五竜へ行きたいけど、さすがに二週続けて向こうは体力がもたない・・・・

ということで、関東から比較的近くな(近くといってもうちは海沿いなので、どこへ行くにも遠いのですが・・・)山梨に決定。

さ、早起きして出発よ。



自宅4:10発


瑞牆山荘7:30―富士見平小屋8:05―天鳥川8:27―瑞牆山山頂9:20―山頂発10:00―天鳥川10:47―富士見平小屋11:10―瑞牆山荘11:35


増富のクリスタルラインをどんどん奥へ。

増富温泉を超えると、渓流沿いの細い道をこれまた、山奥へ。

瑞牆山荘の前を右に入ると駐車場。
瑞垣山荘

早朝の駐車場は比較的空いていた
駐車場


そして、登山口は山ガール。山ボーイの姿。
出発

比較的、山ボーイの姿(黒スパッツに短パン。そしてカラフルなTシャツ)が多く見られました。

最初は平らな静かな林の中をとこととこ進み

しばらく行くと急な坂をぐぐっとのぼり、林道へでますが、その先の登山道を上がります

ここからは少し急な道でした

しばらく我慢して登っていると富士見平の水場に到着
水場

この水は冷たくて3秒も触ってられないほど
つめた~い
うわ~・・ひゃっこい


そして、この上には富士見平小屋。
富士見平

何人もの人が休憩していました。金峰山への分岐でもあります

ここまでで、けっこういい汗、かいてます^^;

小屋からは苔むした平らな道。
コケコケ

機嫌良くあるいていると、左には瑞牆山が見えて、、
見えた!

岩がニョキニョキでたおもしろい山だな。。。。と思いました。

なだらかな道が終わり、急な坂を谷へ下りると天鳥川。

ここも、休憩ポイント。
天鳥川

そして、ここからの道は今までの道と違い

大きな岩がゴロゴロ。
ゴロゴロしたい岩

その石の間をぬうようにして山頂へ上がります。

手を使い、体を使い、山頂までの急坂をよっこらしょ!と登っていきます

なんだか久々に手を使って足を踏ん張って登る山にきました。

しばらく登ると大ヤスリ岩が見えて、ここら辺までくると富士山も見えて
大ヤスリ岩
この岩の右をぐるっとすすみ、尾根にでます。


尾根を右に進み、最後のひと登り
最後のヒトノボリ


山頂です!
ついたー

山頂は大きな岩の上。

やったぜ^^
山頂イエーイ!

八ヶ岳が見渡せる方面に座り、おやつのぶどうパンをパクパク。
展望その1

いいね~!いいね~!と心の中で。

甲斐駒も仙丈も白峰三山もきれいに見えた。
展望その2

反対側は五丈岩が見える金峰山。
展望その3


大きな岩の下は絶壁で山から岩がニョキニョキ生えているように見えました。
岩がニョキニョキ1

40分くらいゆっくりしてると、次々に人が到着するので山頂も大賑わい。



また、来た道を戻り、手足をフルに使って下山です。


そして、富士見平小屋をすぎたあたりから、お、、おなかが・・・・

2~3日前からお腹こわした?感じがあったのですが、きちゃいましたよ^^;こんな山道で。

しかも、小屋のトイレをだいぶ過ぎた所で。もう、戻れません

もう、ここからはダッシュです(気分だけ、足はついてこない・・)

急な滑りそうな坂道を転げ落ちるように・・・・・

最後の平坦な道はほんとにかけ足。

そして、車道に出て、トイレへゴール!!

いや~、、、

今回も素晴らしい山歩きが出来ましたとさ^^




下山後の温泉は増富のラジウム鉱泉です。

ここ、好きな温泉のひとつなんですよね~。新潟の栃尾又もいいけど、ここも、いいお湯でした^^




追記を閉じる▲
そして、ガスじゃなかった!^^;

大展望でした。

ホントは常念岳or五竜へ行きたいけど、さすがに二週続けて向こうは体力がもたない・・・・

ということで、関東から比較的近くな(近くといってもうちは海沿いなので、どこへ行くにも遠いのですが・・・)山梨に決定。

さ、早起きして出発よ。



自宅4:10発


瑞牆山荘7:30―富士見平小屋8:05―天鳥川8:27―瑞牆山山頂9:20―山頂発10:00―天鳥川10:47―富士見平小屋11:10―瑞牆山荘11:35


増富のクリスタルラインをどんどん奥へ。

増富温泉を超えると、渓流沿いの細い道をこれまた、山奥へ。

瑞牆山荘の前を右に入ると駐車場。
瑞垣山荘

早朝の駐車場は比較的空いていた
駐車場


そして、登山口は山ガール。山ボーイの姿。
出発

比較的、山ボーイの姿(黒スパッツに短パン。そしてカラフルなTシャツ)が多く見られました。

最初は平らな静かな林の中をとこととこ進み

しばらく行くと急な坂をぐぐっとのぼり、林道へでますが、その先の登山道を上がります

ここからは少し急な道でした

しばらく我慢して登っていると富士見平の水場に到着
水場

この水は冷たくて3秒も触ってられないほど
つめた~い
うわ~・・ひゃっこい


そして、この上には富士見平小屋。
富士見平

何人もの人が休憩していました。金峰山への分岐でもあります

ここまでで、けっこういい汗、かいてます^^;

小屋からは苔むした平らな道。
コケコケ

機嫌良くあるいていると、左には瑞牆山が見えて、、
見えた!

岩がニョキニョキでたおもしろい山だな。。。。と思いました。

なだらかな道が終わり、急な坂を谷へ下りると天鳥川。

ここも、休憩ポイント。
天鳥川

そして、ここからの道は今までの道と違い

大きな岩がゴロゴロ。
ゴロゴロしたい岩

その石の間をぬうようにして山頂へ上がります。

手を使い、体を使い、山頂までの急坂をよっこらしょ!と登っていきます

なんだか久々に手を使って足を踏ん張って登る山にきました。

しばらく登ると大ヤスリ岩が見えて、ここら辺までくると富士山も見えて
大ヤスリ岩
この岩の右をぐるっとすすみ、尾根にでます。


尾根を右に進み、最後のひと登り
最後のヒトノボリ


山頂です!
ついたー

山頂は大きな岩の上。

やったぜ^^
山頂イエーイ!

八ヶ岳が見渡せる方面に座り、おやつのぶどうパンをパクパク。
展望その1

いいね~!いいね~!と心の中で。

甲斐駒も仙丈も白峰三山もきれいに見えた。
展望その2

反対側は五丈岩が見える金峰山。
展望その3


大きな岩の下は絶壁で山から岩がニョキニョキ生えているように見えました。
岩がニョキニョキ1

40分くらいゆっくりしてると、次々に人が到着するので山頂も大賑わい。



また、来た道を戻り、手足をフルに使って下山です。


そして、富士見平小屋をすぎたあたりから、お、、おなかが・・・・

2~3日前からお腹こわした?感じがあったのですが、きちゃいましたよ^^;こんな山道で。

しかも、小屋のトイレをだいぶ過ぎた所で。もう、戻れません

もう、ここからはダッシュです(気分だけ、足はついてこない・・)

急な滑りそうな坂道を転げ落ちるように・・・・・

最後の平坦な道はほんとにかけ足。

そして、車道に出て、トイレへゴール!!

いや~、、、

今回も素晴らしい山歩きが出来ましたとさ^^




下山後の温泉は増富のラジウム鉱泉です。

ここ、好きな温泉のひとつなんですよね~。新潟の栃尾又もいいけど、ここも、いいお湯でした^^



【2010/09/06 15:43】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ROCKY
なるほど~
瑞牆山から招待状が届いたんだね。
じゃあしょうがないね・・・・。
瑞牆山も 最高の天気に恵まれて
素晴らしい眺望を得ることが出来たようで
ガスガス地獄から開放されたようですなぁ。
(*’-’*)アハハ♪
最後は・・・ハラハラ?
間に合って良かったね~
( ^_^)/□☆□\(^_^ ) ルネッサ~ンス~♪

増富温泉
K林@zzzZZZ..
ここ、お気に入りの温泉です。泊まってみるのもいいですよ。
で、泉水飲んだんかい?
お腹にも効くんだよ...(錆びが混じった水に味の素を入れたような味だけど)。



hiro
ROCKYさま
ROCKYさんもいい山歩きが出来たようですね!宿題完璧じゃないですか!もう、うらやましくなっちゃうな~。私ももちょっと高い所へ行きたいです。
瑞牆山、変化にとんだコースですね。最後の最後まである意味気が抜けない山でした^^;


hiro
K林さま
温泉水?ちょっと飲めませんでした。だって茶色っぽい^^;
>錆びが混じった水に味の素を入れたような味だけど
うわ~、、なんという例え^^おもしろすぎです。湯船につかりながら効能を見て、おや?お腹に効くな~と思ってたんですけどね。
低温でじ~っくり入っていると、じんわり温まって、これが効く~!っていう温泉ですよねv-48

蘇って来た
岐阜ぺんぎん
やっと?
ガス から解放されたみたいですね~(笑)
ソコは 昨年秋に 行ったばかりなので 蘇ってきました
ありがとう!
落葉松に浮かぶ 山 一段と大きく見えました
今週末はやっと3連休なので 湧き水&お湯の有る 八ヶ岳へ
ピークはあまり興味が無いので 森の中を さまよいに行きます


hiro
岐阜ぺんぎんさま
ほんと、やっとですよ^^ガス無。
岐阜ぺんぎんさんは今週末、八ツですか!
>湧き水&お湯の有る
どこざんしょ?^^
これから八ツはいい時期になりますね~。落葉松の紅葉はしっとり落ち着いていて好きです。山小屋泊もしてみたいし・・三連休、山にどっぷりつかってきて下さい^^


ぜいぜい
瑞牆山も時々無性にいきたくなるお山だなあ。
沢がきれいなお山はポイント高いです。
ここ秋の紅葉もすばらしいよね。
取りあえず、ガスからも開放されてめでたしだったね~


hiro
ぜいぜいさま
ほんと晴れてよかった^^
空も秋の雲が浮かんで、澄んでました!

>沢がきれいなお山はポイント高いです。
ぜぜさんらしいです^^

>ここ秋の紅葉もすばらしいよね。
私もできれば秋の紅葉で行きたかったの。でも、距離と今後の山予定の関係でこの時期に。
手足、フルに使って、、、、
背中がまだ痛いの^^;

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
なるほど~
瑞牆山から招待状が届いたんだね。
じゃあしょうがないね・・・・。
瑞牆山も 最高の天気に恵まれて
素晴らしい眺望を得ることが出来たようで
ガスガス地獄から開放されたようですなぁ。
(*’-’*)アハハ♪
最後は・・・ハラハラ?
間に合って良かったね~
( ^_^)/□☆□\(^_^ ) ルネッサ~ンス~♪
2010/09/06(Mon) 18:40 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
増富温泉
ここ、お気に入りの温泉です。泊まってみるのもいいですよ。
で、泉水飲んだんかい?
お腹にも効くんだよ...(錆びが混じった水に味の素を入れたような味だけど)。
2010/09/06(Mon) 22:52 | URL  | K林@zzzZZZ.. #W0p.A8Zs[ 編集]
ROCKYさま
ROCKYさんもいい山歩きが出来たようですね!宿題完璧じゃないですか!もう、うらやましくなっちゃうな~。私ももちょっと高い所へ行きたいです。
瑞牆山、変化にとんだコースですね。最後の最後まである意味気が抜けない山でした^^;
2010/09/06(Mon) 22:54 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
K林さま
温泉水?ちょっと飲めませんでした。だって茶色っぽい^^;
>錆びが混じった水に味の素を入れたような味だけど
うわ~、、なんという例え^^おもしろすぎです。湯船につかりながら効能を見て、おや?お腹に効くな~と思ってたんですけどね。
低温でじ~っくり入っていると、じんわり温まって、これが効く~!っていう温泉ですよねv-48
2010/09/06(Mon) 23:00 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
蘇って来た
やっと?
ガス から解放されたみたいですね~(笑)
ソコは 昨年秋に 行ったばかりなので 蘇ってきました
ありがとう!
落葉松に浮かぶ 山 一段と大きく見えました
今週末はやっと3連休なので 湧き水&お湯の有る 八ヶ岳へ
ピークはあまり興味が無いので 森の中を さまよいに行きます
2010/09/08(Wed) 07:33 | URL  | 岐阜ぺんぎん #-[ 編集]
岐阜ぺんぎんさま
ほんと、やっとですよ^^ガス無。
岐阜ぺんぎんさんは今週末、八ツですか!
>湧き水&お湯の有る
どこざんしょ?^^
これから八ツはいい時期になりますね~。落葉松の紅葉はしっとり落ち着いていて好きです。山小屋泊もしてみたいし・・三連休、山にどっぷりつかってきて下さい^^
2010/09/08(Wed) 11:41 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
瑞牆山も時々無性にいきたくなるお山だなあ。
沢がきれいなお山はポイント高いです。
ここ秋の紅葉もすばらしいよね。
取りあえず、ガスからも開放されてめでたしだったね~
2010/09/17(Fri) 22:41 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
ぜいぜいさま
ほんと晴れてよかった^^
空も秋の雲が浮かんで、澄んでました!

>沢がきれいなお山はポイント高いです。
ぜぜさんらしいです^^

>ここ秋の紅葉もすばらしいよね。
私もできれば秋の紅葉で行きたかったの。でも、距離と今後の山予定の関係でこの時期に。
手足、フルに使って、、、、
背中がまだ痛いの^^;
2010/09/19(Sun) 19:05 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック