山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
笠ってでっかい!

登ってみてあらためて実感した山でしたでっかい笠が岳
8/28 6:27新穂高ロープウエイ入口-7:30笠新道入口7:40-9:00休憩9:10-9:25杓子平までの中間地点-10:50休憩11:05-11:30杓子平11:45-13:07稜線分岐13:20-14:40山荘  15:10山荘-15:22笠ヶ岳山頂

8/29 山頂へ   6:00山荘-7:00抜戸分岐7:15-8:03杓子平8:15-9:25休憩9:35-10:26笠新道入口10:35-11:15新穂高ロープウエイ入口


前日、20時に自宅出発、23:30に道の駅に到着してビール飲んで仮眠。



新穂高の駐車場合戦に勝利し、気分よく出発。




久々の晴天です。

晴れ~曇りの笠新道をよいしょ、よいしょと登って行き、やっとついた杓子平。

上をみあげると、「えー!!まだあるよー!」ってな具合で稜線はまだまだ遥かかなた。

でも、ここからの眺めのサイコーなこと。早く稜線歩きをしたいな♪なんて気分にもなるのだけれども、

ここからがつらかった。

これまでに4時間も急登を上がった体には堪えます。


ガスが稜線をかくし、周りを見ると、ライチョウ登場!!

子供たちはうずら大の大きさになっていました。クックッ・・・と泣き声がかわいらしい。


周りの登山者とも顔見知りとなり、お互い励ましながらの歩みになります。

抜戸の分岐からは抜きつ抜かれつ、、さらに顔見知りも増え、ガスが立ち込める中、小屋はまだか、まだかと耐えながら進みます(最後のテン場付近がつらかった^^;)




今日は小屋泊。

ここのテン場はトイレが遠いのでテントは止めました。夕食だけ付けて小屋にお世話になることに。


ザックを置いてとりあえず(ガスだったけど)山頂へ向かいました。片道10分ちょっとかな。

近くにいたおにーさんに写真を撮ってもらいました(もちろん、このおにーさんも途中から顔見知りの人)



部屋は女性単独のみの6人部屋を5人で使用できてとても快適にすごせました。
やっぱり山小屋は天国だわ(あったかいし^^)

外はあいかわらすのガス。


今回もまたダメか・・・・



小屋に戻って

同じ部屋の方達と食堂で乾杯タイム(みんなコレが楽しみなのよね~と

途中から抜きつ抜かれつ一緒に歩いてきた方達も加わって、宴会のはじまり^^

必然と食事の開始時間も小屋の到着時間に合わせなので、そのまま同じメンバーで同じテーブルに。

楽しい一夜を過ごすことができました。

人との出会いや貴重なお話、山って一期一会です。

今宵は満ち足りた気分での就寝になりました。




4時起床


一緒だった部屋の方と玄関の談話コーナーで身支度と朝食。


外は白々と夜が明けていきます。


今日は雲一つない晴天であることが小屋の中からもわかります。



山頂でご来光を迎え朝日をあびまくります。

人も少ないな~。。



やっと晴れの山!
山頂風景笠が岳
笠ヶ岳山頂より乗鞍、御嶽方面



360度の大展望は久しぶり
逆さ笠
円空さんも播隆さんもこの逆さ笠の風景を見たのかな・・・・
(最近本を読んだので感慨深い・・・・円空さんにいたっては飛騨高山で木彫りの仏像を見たのでなおさら)


一時間くらい山頂で景色を楽しんでたかな。山荘に戻り、帰り支度。
お世話になった小屋
薬師、黒部五郎、雲の平方面


テン場を通り越し振り返ると
振り返って笠が岳
昨日はガスだったから・・・
こんな形だったのね。


朝日に向かって稜線をすすみます
朝日に向かって進む
気持ちいいな♪
晴れてよかった^^



稜線ではまだまだチングルマがみられました。
まだチングルマが見られます
いたるところに、モコモコっとお花畑。


朝晩は随分冷え込んだけど(たぶん5度以下)

まだまだ夏山気分。



抜戸の分岐で稜線歩きもおしまい。杓子平に向かってくだります。
雲わく穂高
雲わく穂高の山を見ながらここで今回お世話になった方達とお別れ。

また、いつかどこかの山で会いましょう。と各方面に。


最後に笠を眺めて
でっかい笠が岳
目にやきつけます。なんてりっぱなんだろう。
この風景を見たときに、笠ヶ岳のイメージが変わりました。
地味な山の印象だったけど、大きさとかっこよさの自己主張が強い山に^^




杓子平への下りはコバイケイソウの群落 なんともダイナミクな地形です。
ここもコバイケイソウが大活躍
昨日はこの下あたりで雷鳥の親子を見たっけ。

ここの下りで道間違いをしてしまいました。
どうもダメです。こういう下り。



急な下りをやっとこさ歩き、杓子平。
杓子平から 笠が岳
パンを食べながら最後の見納め笠ヶ岳



そのお隣の抜戸岳
杓子平から 抜戸岳
さっきまで、あの稜線を歩いてたんだもんね。






今回は行くまではなんとか理由をつけて、登のを止めようかと消極的な気分にもなったりしたけど、、

やっぱり来てよかった。

私は山に元気をもらって、癒されてるんだ。と思いながら、笠新道を2時間下りました。




*下山のお風呂はバスターミナルの 中崎山荘 奥飛騨の湯 日帰り温泉施設。白濁、かけ流し。
人もいなくて 贅沢気分♪
















追記を閉じる▲
8/28 6:27新穂高ロープウエイ入口-7:30笠新道入口7:40-9:00休憩9:10-9:25杓子平までの中間地点-10:50休憩11:05-11:30杓子平11:45-13:07稜線分岐13:20-14:40山荘  15:10山荘-15:22笠ヶ岳山頂

8/29 山頂へ   6:00山荘-7:00抜戸分岐7:15-8:03杓子平8:15-9:25休憩9:35-10:26笠新道入口10:35-11:15新穂高ロープウエイ入口


前日、20時に自宅出発、23:30に道の駅に到着してビール飲んで仮眠。



新穂高の駐車場合戦に勝利し、気分よく出発。




久々の晴天です。

晴れ~曇りの笠新道をよいしょ、よいしょと登って行き、やっとついた杓子平。

上をみあげると、「えー!!まだあるよー!」ってな具合で稜線はまだまだ遥かかなた。

でも、ここからの眺めのサイコーなこと。早く稜線歩きをしたいな♪なんて気分にもなるのだけれども、

ここからがつらかった。

これまでに4時間も急登を上がった体には堪えます。


ガスが稜線をかくし、周りを見ると、ライチョウ登場!!

子供たちはうずら大の大きさになっていました。クックッ・・・と泣き声がかわいらしい。


周りの登山者とも顔見知りとなり、お互い励ましながらの歩みになります。

抜戸の分岐からは抜きつ抜かれつ、、さらに顔見知りも増え、ガスが立ち込める中、小屋はまだか、まだかと耐えながら進みます(最後のテン場付近がつらかった^^;)




今日は小屋泊。

ここのテン場はトイレが遠いのでテントは止めました。夕食だけ付けて小屋にお世話になることに。


ザックを置いてとりあえず(ガスだったけど)山頂へ向かいました。片道10分ちょっとかな。

近くにいたおにーさんに写真を撮ってもらいました(もちろん、このおにーさんも途中から顔見知りの人)



部屋は女性単独のみの6人部屋を5人で使用できてとても快適にすごせました。
やっぱり山小屋は天国だわ(あったかいし^^)

外はあいかわらすのガス。


今回もまたダメか・・・・



小屋に戻って

同じ部屋の方達と食堂で乾杯タイム(みんなコレが楽しみなのよね~と

途中から抜きつ抜かれつ一緒に歩いてきた方達も加わって、宴会のはじまり^^

必然と食事の開始時間も小屋の到着時間に合わせなので、そのまま同じメンバーで同じテーブルに。

楽しい一夜を過ごすことができました。

人との出会いや貴重なお話、山って一期一会です。

今宵は満ち足りた気分での就寝になりました。




4時起床


一緒だった部屋の方と玄関の談話コーナーで身支度と朝食。


外は白々と夜が明けていきます。


今日は雲一つない晴天であることが小屋の中からもわかります。



山頂でご来光を迎え朝日をあびまくります。

人も少ないな~。。



やっと晴れの山!
山頂風景笠が岳
笠ヶ岳山頂より乗鞍、御嶽方面



360度の大展望は久しぶり
逆さ笠
円空さんも播隆さんもこの逆さ笠の風景を見たのかな・・・・
(最近本を読んだので感慨深い・・・・円空さんにいたっては飛騨高山で木彫りの仏像を見たのでなおさら)


一時間くらい山頂で景色を楽しんでたかな。山荘に戻り、帰り支度。
お世話になった小屋
薬師、黒部五郎、雲の平方面


テン場を通り越し振り返ると
振り返って笠が岳
昨日はガスだったから・・・
こんな形だったのね。


朝日に向かって稜線をすすみます
朝日に向かって進む
気持ちいいな♪
晴れてよかった^^



稜線ではまだまだチングルマがみられました。
まだチングルマが見られます
いたるところに、モコモコっとお花畑。


朝晩は随分冷え込んだけど(たぶん5度以下)

まだまだ夏山気分。



抜戸の分岐で稜線歩きもおしまい。杓子平に向かってくだります。
雲わく穂高
雲わく穂高の山を見ながらここで今回お世話になった方達とお別れ。

また、いつかどこかの山で会いましょう。と各方面に。


最後に笠を眺めて
でっかい笠が岳
目にやきつけます。なんてりっぱなんだろう。
この風景を見たときに、笠ヶ岳のイメージが変わりました。
地味な山の印象だったけど、大きさとかっこよさの自己主張が強い山に^^




杓子平への下りはコバイケイソウの群落 なんともダイナミクな地形です。
ここもコバイケイソウが大活躍
昨日はこの下あたりで雷鳥の親子を見たっけ。

ここの下りで道間違いをしてしまいました。
どうもダメです。こういう下り。



急な下りをやっとこさ歩き、杓子平。
杓子平から 笠が岳
パンを食べながら最後の見納め笠ヶ岳



そのお隣の抜戸岳
杓子平から 抜戸岳
さっきまで、あの稜線を歩いてたんだもんね。






今回は行くまではなんとか理由をつけて、登のを止めようかと消極的な気分にもなったりしたけど、、

やっぱり来てよかった。

私は山に元気をもらって、癒されてるんだ。と思いながら、笠新道を2時間下りました。




*下山のお風呂はバスターミナルの 中崎山荘 奥飛騨の湯 日帰り温泉施設。白濁、かけ流し。
人もいなくて 贅沢気分♪















【2013/09/04 00:45】 | 山の記録
トラックバック(0) |

いいね~
岐阜ぺんぎん
頑張りましたね 笠新道往復

前半部分 画像が表示されないので 故障かと思いましたよ
稜線歩きいいですね
自分は7月8月山歩き無しで終わりました

黒部五郎からの笠ヶ岳もオススメですよ

No title
ぜいぜい
晴天げちゅう~ですね~
笠ヶ岳いいお山ですね。ここはまだ登ったことないです。
私も登りたい~
お山って登ったり下ったりするだけじゃないよね。
そこに行き交う人とのいろんな交流があって、一人じゃないっていうの実感するよね。

飛騨高山の円空仏、千光寺さんに行ったのかな?
円空仏いいよね~

No title
ROCKY
夏の笠新道の登り・・・
頑張ったね~
お疲れ~らいす♪ (⌒^⌒)b

天気がいい時の笠からの眺望 いいよね~
2日目 こんなにいい天気だったんだから
弓折岳の方を周って下ってくれば良かったのに・・
あっちも 眺望素晴らしいよ。

やっぱ 山へ行くと元気もらえるよね・・・。
ボクも 来週こそは・・・・・レ(゜゜レ) 

3連休に笠に行ってきます♪
amakawaya
ヒロさん こんばんは

笠ヶ岳、良い天気に恵まれて良かったですね。
前から行きたかった笠ヶ岳。
今月の3連休を利用して行こうと思ってます。

素晴らしい出会いもあって充実の山旅。

・・参考にさせていただきます☆☆☆



良い写真だぁ!
K林@一休み
どこから見てもわかる孤高の高峰、笠ヶ岳…
五竜と違い小屋泊まりは正解でしょうね(相変わらず簡易トイレも無いのね…)。

杓子平から見上げる稜線、天気が良いほどはるかに高く見えますよね。

No title
hiro
岐阜ぺんぎんさま
前半はガスなので、、、
ガスの山はいつもお見せしているのでね^^;
今回は後半のみです。
後半の方が濃かったし!

No title
hiro
ぜいぜいさま
まったく人がいないのも最近では不安になってしまうけど、この笠が岳、適度な人で つかず離れず・・・これもまたよかったです。

円空仏は高山の資料館で見ました。
この時からもう、気持ちは笠!で、今年は笠yearなのです^^

No title
hiro
ROCKYさま
しんどい中の展望だったので、、、
来てよかった!と思う実感が倍増しましたよ。
弓折の方も行きたかったけど、、次の日は仕事。。。あ~~~~。下山したくない!と思ったのは言うまでもありません^^;
時間が出来た時にいこうかな。。。。


No title
hiro
amakawayaさま
笠に行かれますか!大遠征ですね。
杓子平まではゆ~っくりペースを守って耐える時。
そこからはアルプスの雰囲気になりました^^

次の日は稜線から能登半島まで見えましたよ。

天気に恵まれるといいですね!

No title
hiro
K林さま
ほんと^^;
行きは杓子平から稜線が見えちゃったもんだから、遠く感じましたよi-195がっくり^^;
最後のテン場付近もつからかったです(><)
で、テン場はトイレないもんだから、ハイマツの付近がトイレになっている模様。。残骸が目立ったそうです(一緒の部屋の方談)

見る角度によってけっこう変わりますよね。笠。。。
杓子からもいいけど、、抜戸からも好きです。

笠はスルー
amakawaya
ヒロさん こんにちは

三連休に北アルプスに行ってきました。
鷲羽・水晶岳と順調に歩きましたが・・
台風18号にやられました。
残念ながら笠ヶ岳には行けませんでした。
次回のお楽しみ♪とします。

ヤマレコにUP済です。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-345075.html

No title
ロビ
お疲れさんでした
頑張ったね 凄いねー
満足感テンコモリでしょうね。

笠はね、師匠もマッキーも、もちろん私も
みーんな行きたいと思ってるのにナカナカア行けないとこなんだ。
双六からの降りで笠を眺めて溜息ついたものです。
おめでとーーっv-300

No title
hiro
amakawayaさま
見ましたよ~レポ。
出だしは順調。いい景色でしたね。
私ももう一回、水晶に行きたいです^^
笠はこの次ですね。
すっごくいいですから!笠。
期待を裏切らないと思いますよ。
お疲れさまでした。

No title
hiro
ロビンさま
もうね、すんごくよかったです!
何が良いかとい言うと、何もかも^^;
北アルプスの山並みが終わって最後の山。というところもいいし、山姿もいいし・・・

連続して休みが取れなさそうだったので、もう、今年は絶対、笠!と気合を入れて行きました^^
ロビさんもぜひ、笠でいい思いでを作って下さい♪

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
いいね~
頑張りましたね 笠新道往復

前半部分 画像が表示されないので 故障かと思いましたよ
稜線歩きいいですね
自分は7月8月山歩き無しで終わりました

黒部五郎からの笠ヶ岳もオススメですよ
2013/09/04(Wed) 08:06 | URL  | 岐阜ぺんぎん #-[ 編集]
No title
晴天げちゅう~ですね~
笠ヶ岳いいお山ですね。ここはまだ登ったことないです。
私も登りたい~
お山って登ったり下ったりするだけじゃないよね。
そこに行き交う人とのいろんな交流があって、一人じゃないっていうの実感するよね。

飛騨高山の円空仏、千光寺さんに行ったのかな?
円空仏いいよね~
2013/09/04(Wed) 09:18 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
No title
夏の笠新道の登り・・・
頑張ったね~
お疲れ~らいす♪ (⌒^⌒)b

天気がいい時の笠からの眺望 いいよね~
2日目 こんなにいい天気だったんだから
弓折岳の方を周って下ってくれば良かったのに・・
あっちも 眺望素晴らしいよ。

やっぱ 山へ行くと元気もらえるよね・・・。
ボクも 来週こそは・・・・・レ(゜゜レ) 
2013/09/04(Wed) 20:14 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
3連休に笠に行ってきます♪
ヒロさん こんばんは

笠ヶ岳、良い天気に恵まれて良かったですね。
前から行きたかった笠ヶ岳。
今月の3連休を利用して行こうと思ってます。

素晴らしい出会いもあって充実の山旅。

・・参考にさせていただきます☆☆☆

2013/09/04(Wed) 21:35 | URL  | amakawaya #-[ 編集]
良い写真だぁ!
どこから見てもわかる孤高の高峰、笠ヶ岳…
五竜と違い小屋泊まりは正解でしょうね(相変わらず簡易トイレも無いのね…)。

杓子平から見上げる稜線、天気が良いほどはるかに高く見えますよね。
2013/09/04(Wed) 23:06 | URL  | K林@一休み #W0p.A8Zs[ 編集]
No title
岐阜ぺんぎんさま
前半はガスなので、、、
ガスの山はいつもお見せしているのでね^^;
今回は後半のみです。
後半の方が濃かったし!
2013/09/05(Thu) 08:50 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
No title
ぜいぜいさま
まったく人がいないのも最近では不安になってしまうけど、この笠が岳、適度な人で つかず離れず・・・これもまたよかったです。

円空仏は高山の資料館で見ました。
この時からもう、気持ちは笠!で、今年は笠yearなのです^^
2013/09/05(Thu) 08:54 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
No title
ROCKYさま
しんどい中の展望だったので、、、
来てよかった!と思う実感が倍増しましたよ。
弓折の方も行きたかったけど、、次の日は仕事。。。あ~~~~。下山したくない!と思ったのは言うまでもありません^^;
時間が出来た時にいこうかな。。。。
2013/09/05(Thu) 08:59 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
No title
amakawayaさま
笠に行かれますか!大遠征ですね。
杓子平まではゆ~っくりペースを守って耐える時。
そこからはアルプスの雰囲気になりました^^

次の日は稜線から能登半島まで見えましたよ。

天気に恵まれるといいですね!
2013/09/05(Thu) 09:22 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
No title
K林さま
ほんと^^;
行きは杓子平から稜線が見えちゃったもんだから、遠く感じましたよi-195がっくり^^;
最後のテン場付近もつからかったです(><)
で、テン場はトイレないもんだから、ハイマツの付近がトイレになっている模様。。残骸が目立ったそうです(一緒の部屋の方談)

見る角度によってけっこう変わりますよね。笠。。。
杓子からもいいけど、、抜戸からも好きです。
2013/09/05(Thu) 09:30 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
笠はスルー
ヒロさん こんにちは

三連休に北アルプスに行ってきました。
鷲羽・水晶岳と順調に歩きましたが・・
台風18号にやられました。
残念ながら笠ヶ岳には行けませんでした。
次回のお楽しみ♪とします。

ヤマレコにUP済です。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-345075.html
2013/09/18(Wed) 14:55 | URL  | amakawaya #-[ 編集]
No title
お疲れさんでした
頑張ったね 凄いねー
満足感テンコモリでしょうね。

笠はね、師匠もマッキーも、もちろん私も
みーんな行きたいと思ってるのにナカナカア行けないとこなんだ。
双六からの降りで笠を眺めて溜息ついたものです。
おめでとーーっv-300
2013/09/18(Wed) 20:05 | URL  | ロビ #qIFa0De.[ 編集]
No title
amakawayaさま
見ましたよ~レポ。
出だしは順調。いい景色でしたね。
私ももう一回、水晶に行きたいです^^
笠はこの次ですね。
すっごくいいですから!笠。
期待を裏切らないと思いますよ。
お疲れさまでした。
2013/09/20(Fri) 13:06 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
No title
ロビンさま
もうね、すんごくよかったです!
何が良いかとい言うと、何もかも^^;
北アルプスの山並みが終わって最後の山。というところもいいし、山姿もいいし・・・

連続して休みが取れなさそうだったので、もう、今年は絶対、笠!と気合を入れて行きました^^
ロビさんもぜひ、笠でいい思いでを作って下さい♪
2013/09/20(Fri) 13:10 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック