山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
赤城山から次の目的地に移動してきました。

明日は越後駒ヶ岳です。

これまた私の念願だった山で、以前、八海山からの眺めた時の印象があまりに強いものだったので、いつかは!と思っていたのでした。
シルバーラインを通り銀山平から細い山道を進むと枝折峠の登山口。

駐車場合戦がすごいと各方面のレポには書いてあったので(トイレはあるが、水がないとか・・・)早めに駐車場に着いて大正解。

天気もよく天の川までばっちり。明日の展望が期待できる予感の中、就寝しました。


この行程は長丁場なのでいつもより気合がはいります。。
ほんとにかなり気合をいれました。。気持ちだけは^^;

その気合をいれた行程
5:18枝折峠-5:56明神峠-5:18休憩5:23-6:50道行山-7:18休憩7:28-7:41小倉山-8:23百草ノ池-9:03前駒9:20-9:45駒ノ小屋9:50-10:13山頂

10:45山頂-11:00駒ノ小屋11:12-11:34前駒-11:56百草ノ池-12:27小倉山-12:38休憩12:41-13:14道行山-14:05明神峠-14:30枝折峠


枝折峠から歩きだすとすぐに銀山平方面、会津駒方面でしょうか。
朝日が上がります。
雲が山から滝のようにこぼれています。何回見ても幻想的な風景です。
朝日があがる瞬間
道はずっと尾根沿いを歩きます。


朝日があたってくると進む方面もよくわかり、だいぶ距離があることがわかります。
まだまだ遠い越駒
どっしりとした山姿。
あ~きれだな~。。あの肩のへんがステキ^^

道はよく整備されており、木道、階段等、新しいものばかりです。
現在も整備されているようです。
この日も荷揚げのヘリが何度も往復していました。


樹林の中に入るものの、この気候からか、暑くもなく、寒くもなく。。。
秋の風がここちよい快適な山歩きです。

前駒まで登ると標高が高くなりましてナナカマドの実が重たいほど実っていました。

もうじきここも本格的な秋です。


ようやく小屋につきました。息を整えて山頂へ向かいます。
小屋前より山頂
あ、ここのトイレ、帰りによったけど、自転車のペダルを漕ぐやつよ。


振り返ると飯豊連峰や荒沢岳、只見湖がみえました。
稜線より振り返って
なんとも空がきれいです。


燧ケ岳も!猫耳だからよくわかる^^
燧ケ岳も見える



稜線に目をやればうっすらと黄色?・・・早く稜線に出て向こうの景色が見たい!
緑から黄色にかわる



稜線に出ると八海山!
その向こうに、妙高・火打山。
そして、そのまた向こうに白馬!
今日はなんて澄んだ空気なのかしら・・
目の前に八海山


右へ向けば山頂。左へ向けば中ノ岳の分岐地点
赤だ!
この木だけ早めの秋



山頂からは巻機山の向こうにうっすらと富士山も見えて、360度ぐるっとたくさんの山がみえました。
稲狩りが終わった魚沼
稲刈りが終わった魚沼の平野を見ながら秋本番を感じる山行でした。



天気がよすぎちゃって^^;帰りの道は汗だくでした。
急斜面もすくなく、ほぼ平な道をもくもくと・・・

秋の日は柔らかですが、14時をすぎるといっそう陽も細くなる気がしてなんだか寂しくなるのです。
その中を歩くものまた秋の山行の楽しみでもあるんですけどね。


追記を閉じる▲
シルバーラインを通り銀山平から細い山道を進むと枝折峠の登山口。

駐車場合戦がすごいと各方面のレポには書いてあったので(トイレはあるが、水がないとか・・・)早めに駐車場に着いて大正解。

天気もよく天の川までばっちり。明日の展望が期待できる予感の中、就寝しました。


この行程は長丁場なのでいつもより気合がはいります。。
ほんとにかなり気合をいれました。。気持ちだけは^^;

その気合をいれた行程
5:18枝折峠-5:56明神峠-5:18休憩5:23-6:50道行山-7:18休憩7:28-7:41小倉山-8:23百草ノ池-9:03前駒9:20-9:45駒ノ小屋9:50-10:13山頂

10:45山頂-11:00駒ノ小屋11:12-11:34前駒-11:56百草ノ池-12:27小倉山-12:38休憩12:41-13:14道行山-14:05明神峠-14:30枝折峠


枝折峠から歩きだすとすぐに銀山平方面、会津駒方面でしょうか。
朝日が上がります。
雲が山から滝のようにこぼれています。何回見ても幻想的な風景です。
朝日があがる瞬間
道はずっと尾根沿いを歩きます。


朝日があたってくると進む方面もよくわかり、だいぶ距離があることがわかります。
まだまだ遠い越駒
どっしりとした山姿。
あ~きれだな~。。あの肩のへんがステキ^^

道はよく整備されており、木道、階段等、新しいものばかりです。
現在も整備されているようです。
この日も荷揚げのヘリが何度も往復していました。


樹林の中に入るものの、この気候からか、暑くもなく、寒くもなく。。。
秋の風がここちよい快適な山歩きです。

前駒まで登ると標高が高くなりましてナナカマドの実が重たいほど実っていました。

もうじきここも本格的な秋です。


ようやく小屋につきました。息を整えて山頂へ向かいます。
小屋前より山頂
あ、ここのトイレ、帰りによったけど、自転車のペダルを漕ぐやつよ。


振り返ると飯豊連峰や荒沢岳、只見湖がみえました。
稜線より振り返って
なんとも空がきれいです。


燧ケ岳も!猫耳だからよくわかる^^
燧ケ岳も見える



稜線に目をやればうっすらと黄色?・・・早く稜線に出て向こうの景色が見たい!
緑から黄色にかわる



稜線に出ると八海山!
その向こうに、妙高・火打山。
そして、そのまた向こうに白馬!
今日はなんて澄んだ空気なのかしら・・
目の前に八海山


右へ向けば山頂。左へ向けば中ノ岳の分岐地点
赤だ!
この木だけ早めの秋



山頂からは巻機山の向こうにうっすらと富士山も見えて、360度ぐるっとたくさんの山がみえました。
稲狩りが終わった魚沼
稲刈りが終わった魚沼の平野を見ながら秋本番を感じる山行でした。



天気がよすぎちゃって^^;帰りの道は汗だくでした。
急斜面もすくなく、ほぼ平な道をもくもくと・・・

秋の日は柔らかですが、14時をすぎるといっそう陽も細くなる気がしてなんだか寂しくなるのです。
その中を歩くものまた秋の山行の楽しみでもあるんですけどね。

【2013/10/06 15:29】 | 山の記録
トラックバック(0) |

良いね~
岐阜ぺんぎん
しっかし良い天気だね~

真夏の暑さと違って気持ち良いですよね

最近の僕は 以前にも増してピークに拘らない遊山にはまっております
10月5日~7日は 山小屋の手伝いでしたよ

No title
ろび
懐かしいなぁ~
また行きたくなってきた。

登山口から結構遠くに見えて力が抜けた記憶が(笑
でもさ、草原みたいなのびやかな感じ
向う側の八海山の眺めや遠い山々の眺め
頂上から小屋を見下ろす感じ
ぜーんぶ素敵だよね。

そうそう、小屋まで戻ったところでMさんが
頂上にペットボトル忘れて取りに戻っていくトボトボ後姿。
一緒に付き合わなかった自分が情けなかった思い出
よみがえりまする~

No title
hiro
岐阜ぺんぎんさま
そう、すごい天気が良かったのですよ。
富士山まで見えちゃったもんだから・・・・
小屋の人が年に3回くらいしか富士山は見えない。と言ってたのに、次の日も見えたんだって。それって貴重な年3回がこの時期?^^
山頂に行かないと向こうの景色が見えないので私はやっぱり山頂を踏みたい派かな。。めったに行けない山だとなおさらです。

No title
hiro
ろびさま
もちろん!!ロビ様のレポで予習したんだから^^ばっちりさ!トボトボ事件もね^^;

もうね、ほんと、山頂までの尾根が見えるのi-229
行けるの?って思ったよ。
でもね、あの越駒様の肩を見たらぴゅーっと飛んで行って抱きつきたくなる気分で歩いてたら思いのほか、あっという間。
魚沼の平野を見下ろす山頂からの風景は清々しい気分をいっそう盛り上げてくれました。

こんにちは
友遊クラブ
今日のブログランキング見て訪問しました。
”お隣さんなのでご挨拶よろしくお願いします”

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
良いね~
しっかし良い天気だね~

真夏の暑さと違って気持ち良いですよね

最近の僕は 以前にも増してピークに拘らない遊山にはまっております
10月5日~7日は 山小屋の手伝いでしたよ
2013/10/09(Wed) 13:03 | URL  | 岐阜ぺんぎん #-[ 編集]
No title
懐かしいなぁ~
また行きたくなってきた。

登山口から結構遠くに見えて力が抜けた記憶が(笑
でもさ、草原みたいなのびやかな感じ
向う側の八海山の眺めや遠い山々の眺め
頂上から小屋を見下ろす感じ
ぜーんぶ素敵だよね。

そうそう、小屋まで戻ったところでMさんが
頂上にペットボトル忘れて取りに戻っていくトボトボ後姿。
一緒に付き合わなかった自分が情けなかった思い出
よみがえりまする~
2013/10/10(Thu) 12:40 | URL  | ろび #qIFa0De.[ 編集]
No title
岐阜ぺんぎんさま
そう、すごい天気が良かったのですよ。
富士山まで見えちゃったもんだから・・・・
小屋の人が年に3回くらいしか富士山は見えない。と言ってたのに、次の日も見えたんだって。それって貴重な年3回がこの時期?^^
山頂に行かないと向こうの景色が見えないので私はやっぱり山頂を踏みたい派かな。。めったに行けない山だとなおさらです。
2013/10/11(Fri) 08:38 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
No title
ろびさま
もちろん!!ロビ様のレポで予習したんだから^^ばっちりさ!トボトボ事件もね^^;

もうね、ほんと、山頂までの尾根が見えるのi-229
行けるの?って思ったよ。
でもね、あの越駒様の肩を見たらぴゅーっと飛んで行って抱きつきたくなる気分で歩いてたら思いのほか、あっという間。
魚沼の平野を見下ろす山頂からの風景は清々しい気分をいっそう盛り上げてくれました。
2013/10/11(Fri) 08:45 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
こんにちは
今日のブログランキング見て訪問しました。
”お隣さんなのでご挨拶よろしくお願いします”
2013/10/15(Tue) 16:23 | URL  | 友遊クラブ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック