山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
14(金)の出かける直前まで、行き先を決め兼ねていたhiroです。
その訳は天気と、足の問題。。。ガンガン歩くにはちょっと心配。でも、八ツも(桜平~)行きた~い。
と、金曜は会社で仕事もしないで、、、う~ん・・・・と考えていたのでした。

でも、やはり、尾瀬へ向けて出発^^

今回のルート
鳩待峠ー山の鼻ー研究見本園(ミニマムコース一週)ー牛首分岐ー竜宮ー見晴(幕営)復路も同じ

生れて初めての尾瀬を満喫するにあたって、下調べをしていたhiroですが、今回は足が不調なので、いろいろと歩き回ることが出来ませんでした。。

が、、、、

鳩待峠から入り、山の鼻につくと、どうでしょう!!!!
湿原のダイナミックさに「うんわ~!!広い!」の一言。。。
20060718223003.jpg


足の痛みも忘れるくらい、興奮!!ここからの木道歩きにますます期待が膨らみます。。。

山の鼻についた時はちょこっと青空も覗かせる天気
20060718223030.jpg


そして研究見本園の中をミニマムコースで一週。。。。
人が少なくて静かで、、、カッコウなんかも遠くで鳴いていて、、、高原の避暑地だね、こりゃ。。。。
いいね~いいね~と思いながら、写真撮影。。。あっちとり、こっちとり。。。。なかなか進みません。。
20060718223042.jpg


なんといっても、ワタスゲの群落にはうっとり・・・・
あの、ふわふわポンポンがかわい~!!
20060718223100.jpg
 あっちとり、こっちとりした写真20060718223042.jpg



キスゲは三分咲きくらいカナ。。来週中には満開?(hiroの予想)尾瀬は初めてなのでどのくらい咲くのかイマイチ、わかりませんが、遠くにつぼみもいっぱいありました。
近くで見るとバターを溶かしたような、おいしそうな色です。やわらか~い、やさし~色です。


木道には巨大化した水芭蕉の葉がぎっしり。


で、、、ここまでは曇りで、涼しく、清々しくてよかった!!

山の鼻から牛首に向かう途中にて、 に遭遇。
結局、見晴に着くまでずっと雨の木道歩きとなるのでした。

けっこうたくさんいた木道歩きの人達も、いつのまにか、まばらになって。。。。(たぶん、小屋に避難したんだな)

尾瀬の木道をひとりじめ。
こんなしずか~な状態が見晴まで続きます。
86717102554qz1-2.jpg


途中バケツをひっくり返したような雨と、、、


ぎゃ~!!かみなり~!!! 

も、真上で鳴ってます。。。。


で、見晴に到着した時には雨も小ぶりになって、少し、休憩していたら、日差しがでてきました。。。
95717102554qz10-2.jpg


この間にテントを設営。

この後は日差しも出てきて、ビールが美味しい!といえるほどのジリジリとした日差も、、(尾瀬は曇りがいいかも・・・あつい・・・)
87717104237qz2-2.jpg


付近を散策したりして、スローな時間が流れます。
スローの時の図
90717104237qz5-2.jpg

またまた、焼酎の登場。タンタカタンは行きのコンビニで偶然見つけた品物。
自然の中で飲む、しそフレーバーがさわやかで、なかなか合うのです。

スローの時に撮った写真たち
20060718223810.jpg
ピンク?

20060718223826.jpg


20060718223842.jpg


20060718225611.jpg


20060718225624.jpg




そして、色とりどりの、テント村。
20060718223855.jpg



夕方六時を回り、またもや雨。。。これが一晩中降ったり止んだりの天気で翌朝まで続きます。hiroは早々にぐっすり就寝。夜中、暑いくらい。。。何回か目を覚まします。
20060718223908.jpg


食う寝るさんはタンタカタンを飲みつづけ、翌朝にはカラッポ・・・・軽量化だそうです。(別に軽量化しなくても、、私が担いできたんだから、帰りも私が・・・)
20060718225641.jpg


そして翌朝、テント撤収の時は雨も上がり、復路の竜宮の先まではなんとか、天気がもってくれました。
20060718223922.jpg


が、再び雨が降り始め、名物尾瀬の木道渋滞にもはまりながら、山の鼻を目指すのでした。雨だけど、三連休の中日。木道も大混雑です。

ワタスゲもすっかりしぼんで、やる気なし状態。

山の鼻からは一気に鳩待峠まで登り、無事到着。


下山後は、「わたすげの湯」にて、ほっと一息。
お昼頃で時間が早かったせいか、ひとり。。。。貸切です。うれし~!
雨にうたれ、濡れ雑巾のようにボロボロになった体には最高に満足でした。


今回初めて尾瀬を訪れて、想像以上の風景に出会えました。花も、木も、山も、風景全体の雰囲気、どれをとっても、尾瀬に何度も通う人の気持ちに改めて納得した瞬間でした。
そして、雨、晴、霧、雷といった色々な天気も体験できて、ちょっと得した気分です。どの天候とっても良さがある場所でした。

また、訪れたい場所が一つ増えた気がします^^





  




追記を閉じる▲
でも、やはり、尾瀬へ向けて出発^^

今回のルート
鳩待峠ー山の鼻ー研究見本園(ミニマムコース一週)ー牛首分岐ー竜宮ー見晴(幕営)復路も同じ

生れて初めての尾瀬を満喫するにあたって、下調べをしていたhiroですが、今回は足が不調なので、いろいろと歩き回ることが出来ませんでした。。

が、、、、

鳩待峠から入り、山の鼻につくと、どうでしょう!!!!
湿原のダイナミックさに「うんわ~!!広い!」の一言。。。
20060718223003.jpg


足の痛みも忘れるくらい、興奮!!ここからの木道歩きにますます期待が膨らみます。。。

山の鼻についた時はちょこっと青空も覗かせる天気
20060718223030.jpg


そして研究見本園の中をミニマムコースで一週。。。。
人が少なくて静かで、、、カッコウなんかも遠くで鳴いていて、、、高原の避暑地だね、こりゃ。。。。
いいね~いいね~と思いながら、写真撮影。。。あっちとり、こっちとり。。。。なかなか進みません。。
20060718223042.jpg


なんといっても、ワタスゲの群落にはうっとり・・・・
あの、ふわふわポンポンがかわい~!!
20060718223100.jpg
 あっちとり、こっちとりした写真20060718223042.jpg



キスゲは三分咲きくらいカナ。。来週中には満開?(hiroの予想)尾瀬は初めてなのでどのくらい咲くのかイマイチ、わかりませんが、遠くにつぼみもいっぱいありました。
近くで見るとバターを溶かしたような、おいしそうな色です。やわらか~い、やさし~色です。


木道には巨大化した水芭蕉の葉がぎっしり。


で、、、ここまでは曇りで、涼しく、清々しくてよかった!!

山の鼻から牛首に向かう途中にて、 に遭遇。
結局、見晴に着くまでずっと雨の木道歩きとなるのでした。

けっこうたくさんいた木道歩きの人達も、いつのまにか、まばらになって。。。。(たぶん、小屋に避難したんだな)

尾瀬の木道をひとりじめ。
こんなしずか~な状態が見晴まで続きます。
86717102554qz1-2.jpg


途中バケツをひっくり返したような雨と、、、


ぎゃ~!!かみなり~!!! 

も、真上で鳴ってます。。。。


で、見晴に到着した時には雨も小ぶりになって、少し、休憩していたら、日差しがでてきました。。。
95717102554qz10-2.jpg


この間にテントを設営。

この後は日差しも出てきて、ビールが美味しい!といえるほどのジリジリとした日差も、、(尾瀬は曇りがいいかも・・・あつい・・・)
87717104237qz2-2.jpg


付近を散策したりして、スローな時間が流れます。
スローの時の図
90717104237qz5-2.jpg

またまた、焼酎の登場。タンタカタンは行きのコンビニで偶然見つけた品物。
自然の中で飲む、しそフレーバーがさわやかで、なかなか合うのです。

スローの時に撮った写真たち
20060718223810.jpg
ピンク?

20060718223826.jpg


20060718223842.jpg


20060718225611.jpg


20060718225624.jpg




そして、色とりどりの、テント村。
20060718223855.jpg



夕方六時を回り、またもや雨。。。これが一晩中降ったり止んだりの天気で翌朝まで続きます。hiroは早々にぐっすり就寝。夜中、暑いくらい。。。何回か目を覚まします。
20060718223908.jpg


食う寝るさんはタンタカタンを飲みつづけ、翌朝にはカラッポ・・・・軽量化だそうです。(別に軽量化しなくても、、私が担いできたんだから、帰りも私が・・・)
20060718225641.jpg


そして翌朝、テント撤収の時は雨も上がり、復路の竜宮の先まではなんとか、天気がもってくれました。
20060718223922.jpg


が、再び雨が降り始め、名物尾瀬の木道渋滞にもはまりながら、山の鼻を目指すのでした。雨だけど、三連休の中日。木道も大混雑です。

ワタスゲもすっかりしぼんで、やる気なし状態。

山の鼻からは一気に鳩待峠まで登り、無事到着。


下山後は、「わたすげの湯」にて、ほっと一息。
お昼頃で時間が早かったせいか、ひとり。。。。貸切です。うれし~!
雨にうたれ、濡れ雑巾のようにボロボロになった体には最高に満足でした。


今回初めて尾瀬を訪れて、想像以上の風景に出会えました。花も、木も、山も、風景全体の雰囲気、どれをとっても、尾瀬に何度も通う人の気持ちに改めて納得した瞬間でした。
そして、雨、晴、霧、雷といった色々な天気も体験できて、ちょっと得した気分です。どの天候とっても良さがある場所でした。

また、訪れたい場所が一つ増えた気がします^^





  



【2006/07/19 13:32】 | 山の記録
トラックバック(0) |


木曽駒
テント泊デビューおめでとう。
それと、潤平テントの対雨・対風・対露テストも無事合格おめでとう。

ゆっくり&まったり尾瀬。いいなぁ~~。
ビールもうまそ・・・・


たここ
尾瀬、なんとか良い天気で良かったですね。
今度は尾瀬に行かれた時は原をグルグルと回るのも良いですよ。
これからも色んな尾瀬の景色を見てほしいです!

尾瀬いいですね!
hiroyuki
何年も前に、同じ時期に行ったことがあります。
その時は晴れで本当に気持ちよく、朝から8時間ぐらい歩き回ってました。この頃はどこかに行きたくて5万円のハイウェーカードなど買って、少ない休みを頑張って楽しんでました。
懐かしいですね。

さすがhiroさんの足、丈夫でなによりです。(深い意味はありません)


hiro
木曽駒さま
テントの耐久テストみたい~(笑)

尾瀬、いかった~!!最高でした。あんな景色、日本にあるのか!と久々に思った所でした。

それよか、、、、じゅうぶん、注意して下さいね。大雨。
前線が南下してまた上がってくるらしいですから。。。。


たここさま
はい!そうします。ぐるぐるまわりたいです。
それにしても、尾瀬は広いですね。びっくりしました。
今回はワタスゲの群落が尾瀬の良さを引き出していた感じがします。お花の種類は、たここさんが行った時と早々変わらなかったですよ。今年はお花は遅れがち。


hiroyukiさま
>さすがhiroさんの足、丈夫でなによりです。(深い意味はありません)
え~!!それって、ぜったい深い意味があるって!
私のかぼそ~い足は今、静養中なのデス。(言っとこ)
もう少しだけ丈夫な足になりますんで、また、そしたら山レポ書きま~す。





ロビン@会社なりよ
遅くなりましたが おめでとぉ~とうとう尾瀬に進出ですね。v-82

マッタリと歩いて テント張って 夕暮れに一杯。
まぁ スカットした夕焼けに会えずとも
自然の風や匂いを満喫したことでしょう。

あの タンタカタンのツマミは・・・・
厚切りベーコンでしょか? むむ・・・網焼きか・・
メモメモ・・・私もやりたいっす!!


hiro
ロビンさま
はい。ついに、尾瀬を制覇しました^^
今度は違うルートを目指してみようかと。

ビールにベーコン。合いますよね!今回は焼酎でしたが。網焼きは今度、焼肉でも、しようかな~と・・・(出来るのか?)
いろいろ試行錯誤してみます~。


まゆ太
コメントおくれちゃったっ。
hiroさん、こんばんわ~。
尾瀬レポ、楽しみにしておりましたっ。
タンタカタン、hiroさんが担いでいったんですか?!
で、それを飲み干す食う寝るさん、やさしいですね~♪(って、まさか飲みたかっただけとか・・・そんなわけはない!)
ベーコン!丹沢のときにも食う寝るさん、もってきてくださってました。時間がなくて食べられなかったけど、おいしかったですか?今度食べさせてくださ~い♪
やっぱり、ワタスゲ、いいですね~♪
hiroさんが写真撮るの上手だからかもしれないけど。
キスゲはまだまだでした?
見晴のテント場、よかったでしょう?
いつか、尾瀬で乾杯したいですね~!



hiro
まゆ太さま
コメント、ありがとうございます!
>それを飲み干す食う寝るさん、やさしいですね~♪
え~・・・・そんなに飲まなくても。。。←貧乏性。あまったら、持ってかえるのに、、、、と私は思ってたんだけどね^^;一泊なのでビンにしちゃいました。ビールは必ず持参しちゃいます(凍らせて。でも、350mlは平気なのに、500mlは冷凍庫の中で破裂するんだよ。なぜ?)
キスゲの満開はまだだろうね~、、、ワタスゲハはヨカッタ!!です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
テント泊デビューおめでとう。
それと、潤平テントの対雨・対風・対露テストも無事合格おめでとう。

ゆっくり&まったり尾瀬。いいなぁ~~。
ビールもうまそ・・・・
2006/07/19(Wed) 20:45 | URL  | 木曽駒 #6wH.DH8I[ 編集]
尾瀬、なんとか良い天気で良かったですね。
今度は尾瀬に行かれた時は原をグルグルと回るのも良いですよ。
これからも色んな尾瀬の景色を見てほしいです!
2006/07/19(Wed) 21:57 | URL  | たここ #USldnCAg[ 編集]
尾瀬いいですね!
何年も前に、同じ時期に行ったことがあります。
その時は晴れで本当に気持ちよく、朝から8時間ぐらい歩き回ってました。この頃はどこかに行きたくて5万円のハイウェーカードなど買って、少ない休みを頑張って楽しんでました。
懐かしいですね。

さすがhiroさんの足、丈夫でなによりです。(深い意味はありません)
2006/07/19(Wed) 23:53 | URL  | hiroyuki #RSx9Hk0E[ 編集]
木曽駒さま
テントの耐久テストみたい~(笑)

尾瀬、いかった~!!最高でした。あんな景色、日本にあるのか!と久々に思った所でした。

それよか、、、、じゅうぶん、注意して下さいね。大雨。
前線が南下してまた上がってくるらしいですから。。。。


たここさま
はい!そうします。ぐるぐるまわりたいです。
それにしても、尾瀬は広いですね。びっくりしました。
今回はワタスゲの群落が尾瀬の良さを引き出していた感じがします。お花の種類は、たここさんが行った時と早々変わらなかったですよ。今年はお花は遅れがち。


hiroyukiさま
>さすがhiroさんの足、丈夫でなによりです。(深い意味はありません)
え~!!それって、ぜったい深い意味があるって!
私のかぼそ~い足は今、静養中なのデス。(言っとこ)
もう少しだけ丈夫な足になりますんで、また、そしたら山レポ書きま~す。


2006/07/20(Thu) 01:06 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
遅くなりましたが おめでとぉ~とうとう尾瀬に進出ですね。v-82

マッタリと歩いて テント張って 夕暮れに一杯。
まぁ スカットした夕焼けに会えずとも
自然の風や匂いを満喫したことでしょう。

あの タンタカタンのツマミは・・・・
厚切りベーコンでしょか? むむ・・・網焼きか・・
メモメモ・・・私もやりたいっす!!
2006/07/20(Thu) 12:25 | URL  | ロビン@会社なりよ #qIFa0De.[ 編集]
ロビンさま
はい。ついに、尾瀬を制覇しました^^
今度は違うルートを目指してみようかと。

ビールにベーコン。合いますよね!今回は焼酎でしたが。網焼きは今度、焼肉でも、しようかな~と・・・(出来るのか?)
いろいろ試行錯誤してみます~。
2006/07/20(Thu) 17:13 | URL  | hiro #-[ 編集]
コメントおくれちゃったっ。
hiroさん、こんばんわ~。
尾瀬レポ、楽しみにしておりましたっ。
タンタカタン、hiroさんが担いでいったんですか?!
で、それを飲み干す食う寝るさん、やさしいですね~♪(って、まさか飲みたかっただけとか・・・そんなわけはない!)
ベーコン!丹沢のときにも食う寝るさん、もってきてくださってました。時間がなくて食べられなかったけど、おいしかったですか?今度食べさせてくださ~い♪
やっぱり、ワタスゲ、いいですね~♪
hiroさんが写真撮るの上手だからかもしれないけど。
キスゲはまだまだでした?
見晴のテント場、よかったでしょう?
いつか、尾瀬で乾杯したいですね~!
2006/07/20(Thu) 23:21 | URL  | まゆ太 #-[ 編集]
まゆ太さま
コメント、ありがとうございます!
>それを飲み干す食う寝るさん、やさしいですね~♪
え~・・・・そんなに飲まなくても。。。←貧乏性。あまったら、持ってかえるのに、、、、と私は思ってたんだけどね^^;一泊なのでビンにしちゃいました。ビールは必ず持参しちゃいます(凍らせて。でも、350mlは平気なのに、500mlは冷凍庫の中で破裂するんだよ。なぜ?)
キスゲの満開はまだだろうね~、、、ワタスゲハはヨカッタ!!です。
2006/07/21(Fri) 09:21 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック