山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
避難小屋があるしらさ峠から石鎚山の登山口の土小屋へ移動
ここは土小屋駐車場(クリックで大きくなります)

霧も晴れてきた感じ!


ロビンさん、準備はいい~?出発するよ~。
語呂がいい1492m「いよのくに」ゴロがいい!
周りの山はまだ霧の中。もちろん、石鎚も。

なだらかな道をてくてく歩いていくと、登山道の脇にはスミレがいっぱい^^
菫ちゃん その2菫ちゃん その1

そしてミツバツツジも鮮やかな色!
これはミツバツツジちゃん

ワチガイソウもたくさんあってきれいだったな~
名前がわからない花


だんだんと日も照りだし、ほんわか新緑の中に包まれました
緑の中のほんわか道

徐々に上がっていくと木々の間から石鎚山が見えて、、

ちょっと登ると、ばばーんと、でっかく見えます。
ばばーんと石鎚山

おお~!!

皆で歓声を上げます。

ベンチが三か所くらいあってこんな感じでなだらかなんですけど・・
ベンチもあります 石鎚山


山頂を見る限りには直下が急にみえます^^;最後は急なのか?!

登山道は中腹を右側にトラバースして裏から登る感じ。

あそこを登るのかー・・・・

なんて思ったけど、案外楽に登れた感じ。楽しい仲間がいるからかな・・



ガスはどんどん晴れて右方向を見れば、、

あ、、瓶が森!
瓶が森

次回はあそこだな^^

左を見れば、幾重にも重なる山々が見え、山に囲まれているよ・・私。
石鎚山左の風景
なんて、言葉少なくなっちゃったりして。。

あ~。。こんないい天気に山登りができるなんて、最高の幸せかも。

これ以上の幸せってどこにあるのかしら、、(お酒か?)

こんな感じでなだらかな登山道を上がっていきます
石鎚山 こんな感じで登って行きます

いくつかこんな雪渓をトラバースして
雪渓が残っている石鎚山


着いたところは成就からの登山道の合流点。二の鎖。
ここで小休止。
二の鎖前

見上げるほどの絶壁に鎖ですよ^^;

あ、、人が登ってる。

ここで鎖コースを行くか巻道コースを行くかちょこっとだけ迷います。

鎖コースがちらっと頭をよぎりますが、、いやいや、巻道コースをまきまきします。

ロビさんは、はーい!鎖いくー。


巻道は愛媛の街並みと瀬戸内海を見ながら、じぐざくに登って、鎖道と合流。
瀬戸内海見える!
瀬戸内海見えたー!

調度、ロビンさんと同じ時間で会えました(あら?なんだか、ぜいぜいはあはあ言っちゃってますが^^;)
(後で聞いたら怖い思いをした所が一か所あったそうです)

そして、最後に山頂直下で石鎚桜がお出迎えみんなで山頂へ
山頂直下 石鎚桜




うわ~!!来ちゃったよ!

西日本の最高峰

あ、この景色は写真でよく見る風景だ!
石鎚山山頂から天狗を見る


みんな無言で夢中で写真を撮りまくります。
夢中になって写真を撮ってしまいます

そして

あっちの方向は何~?、こっちの方向の山は~?。

と河童ちゃんに聞きまくり。

自分で地図広げろよ!という感じでですが、聞いたほうが早い!

それだけ景色に夢中になっていたのかしら。。

四国の山のこと、石鎚山が脆くなっていてること。。。。いろいろ聞いて

無事に来れたことを感謝して
石鎚山の神社


満足いくまで景色を堪能したら・・・・・
何枚もあるよこの写真 石鎚
何枚も撮ってたよこの写真


しばらく、山頂に煮上げをするヘリコプターを見て、またまた景色をぼ~っと。
石鎚荷揚げのヘリ 


さ、、下山しよ。

下にいいお昼ポイントがあるから。と河童ちゃん。
こんな眺めの場所でお昼です
アケボノツツジが山の岩肌に咲いているのを見ながら。。。

ついて行ったその先には、、

「ああああーーーーっ!」

かずひろさん!!??

いるはずのない人が・・・・

かずひろさんは夜からの合流になると聞いていたから、ここにいることに、そりゃ~もう、びっくり!
(そういや、かずひろさんは~?の問いに河童ちゃんは、なんだか言葉を濁していたような・・・・)

もう、完全に夜から合流と信じきっていたので、思わぬハプニングに、うれしいやら、うれしいやら^^

河童マジックにしてやられました^^

そして、豪華なお昼まで用意していただき、、、、
天ぷらだよ!それも揚げたて^^
お山で天ぷらですよ!キスとこしあぶらとはちくとしいたけ。揚げたてですもん。

そして、花にら炒めとイタドリのお浸し^^
花にらとイタドリ

豆ごはんも炊いてもらっていました。

着いたとたんこのおもてなし。
丸くなって石鎚山

かずひろさんのおもてなしに、気持ちのほうが先にいっぱいになりました
(もちろん、いつもの通り、ひろはお腹もいっぱいに^^)




お腹も気持ちもいっぱいに、山の景色の思い出もしっかりしまって、下山です。

やっぱりかわいい色だわ~ アケボノツツジ
アケボノツツジ 石鎚山


最後の石鎚山の見納めをして。
最後の見納め 石鎚山
山肌いっぱいのアケボノツツジも見納めして。

土小屋7:40―第1ベンチ8:30―第2ベンチ8:50―二の鎖10:00―山頂11:00―土小屋15:00




ここから高知の市街へ移動です。

途中、お風呂でさっぱりして、向かった先は
いい味だしてます。きたじ
働く大人の寄合所。響きがすき^^


そして、ここで、最後の合流

とちちゃ~ん!!

お仕事を早々に切り上げたとちちゃんと久々の?再会^^

お山に一緒に行けなかった分、会った時から、うれしさがはちきれんばかり!

そして、こんなおいしい高知の地の食材が揃えば。。。
天然のうなぎとあゆ
天然アユですよ!向こう側は天然ウナギですよ。
こんなの食べたことない!どれも味が濃いんです。鰻の脂がおいしい~。鮎の香がいい~♪


お酒もすすみますって!


そして、私のビックリはまだまだ続きました。

昨夜、避難小屋で誕生日を迎えた私に「天然アユの骨酒」がぁ~

もう、これにはオドロキ!!もう、うれしさ、通り越して、踊りだしたいくらい^^
5匹も泳いでいます 鮎
だって、5匹も泳いでるんだもん。

おりがたや~
一気のみ爆(By 河童ちゃんが撮ってくれた)
満面の笑みで頂いちゃいました^^
もうね、お酒を通り越して、スープだよ、スープ!ごくごく・・・・・・


まだまだお料理は続きます
かつおの刺身 ぶあつーい
カツオの分厚いこと!もうお口の中でとろけます。お刺身。


いわしのお寿司
うるめいわし
シャリが関東の1.5倍はあるかな。これも口の中でとろけて、あっという間にお腹の中へ・・・・


きた~!!!!!
ぴかぴかに光ってます。かつお
なんてきれいな色なんでしょう~^^土佐ルビーですよ。
私のこの旅の目的、石鎚山とカツオ。
この二つの目的が達成された瞬間でした(爆)

これ、生のニンニクと食べるんです。塩とカツオとニンニクと。。。

なんたって、カツオが絶品。もう、関東じゃ食べれん。。。どうしてくれるー!(爆)

大きいカツオがゴロンと入った
鰹巻
カツオ巻


最後の〆は
〆のだし茶漬け
だし茶漬け!
ずるずるっと、お腹におさまりました^^V

あ、やば、書いてる瞬間に生ツバゴックンだって。


山にも登れて、仲間にも祝ってもらって、おいしいものと、お酒と。。。。

あ~、、ブログのサブタイトルと一緒!

これだよ、コレー!



河童ちゃん、とちちゃん、和宏さん、ロビンさん、ぜいぜいさん、きたじの大将、おかみさん。

みなさま、幸せな時間をありがとう。


この晩はニンニクとカツオの風味が心地よい眠りを誘いましたとさ。。。。


追記を閉じる▲
周りの山はまだ霧の中。もちろん、石鎚も。

なだらかな道をてくてく歩いていくと、登山道の脇にはスミレがいっぱい^^
菫ちゃん その2菫ちゃん その1

そしてミツバツツジも鮮やかな色!
これはミツバツツジちゃん

ワチガイソウもたくさんあってきれいだったな~
名前がわからない花


だんだんと日も照りだし、ほんわか新緑の中に包まれました
緑の中のほんわか道

徐々に上がっていくと木々の間から石鎚山が見えて、、

ちょっと登ると、ばばーんと、でっかく見えます。
ばばーんと石鎚山

おお~!!

皆で歓声を上げます。

ベンチが三か所くらいあってこんな感じでなだらかなんですけど・・
ベンチもあります 石鎚山


山頂を見る限りには直下が急にみえます^^;最後は急なのか?!

登山道は中腹を右側にトラバースして裏から登る感じ。

あそこを登るのかー・・・・

なんて思ったけど、案外楽に登れた感じ。楽しい仲間がいるからかな・・



ガスはどんどん晴れて右方向を見れば、、

あ、、瓶が森!
瓶が森

次回はあそこだな^^

左を見れば、幾重にも重なる山々が見え、山に囲まれているよ・・私。
石鎚山左の風景
なんて、言葉少なくなっちゃったりして。。

あ~。。こんないい天気に山登りができるなんて、最高の幸せかも。

これ以上の幸せってどこにあるのかしら、、(お酒か?)

こんな感じでなだらかな登山道を上がっていきます
石鎚山 こんな感じで登って行きます

いくつかこんな雪渓をトラバースして
雪渓が残っている石鎚山


着いたところは成就からの登山道の合流点。二の鎖。
ここで小休止。
二の鎖前

見上げるほどの絶壁に鎖ですよ^^;

あ、、人が登ってる。

ここで鎖コースを行くか巻道コースを行くかちょこっとだけ迷います。

鎖コースがちらっと頭をよぎりますが、、いやいや、巻道コースをまきまきします。

ロビさんは、はーい!鎖いくー。


巻道は愛媛の街並みと瀬戸内海を見ながら、じぐざくに登って、鎖道と合流。
瀬戸内海見える!
瀬戸内海見えたー!

調度、ロビンさんと同じ時間で会えました(あら?なんだか、ぜいぜいはあはあ言っちゃってますが^^;)
(後で聞いたら怖い思いをした所が一か所あったそうです)

そして、最後に山頂直下で石鎚桜がお出迎えみんなで山頂へ
山頂直下 石鎚桜




うわ~!!来ちゃったよ!

西日本の最高峰

あ、この景色は写真でよく見る風景だ!
石鎚山山頂から天狗を見る


みんな無言で夢中で写真を撮りまくります。
夢中になって写真を撮ってしまいます

そして

あっちの方向は何~?、こっちの方向の山は~?。

と河童ちゃんに聞きまくり。

自分で地図広げろよ!という感じでですが、聞いたほうが早い!

それだけ景色に夢中になっていたのかしら。。

四国の山のこと、石鎚山が脆くなっていてること。。。。いろいろ聞いて

無事に来れたことを感謝して
石鎚山の神社


満足いくまで景色を堪能したら・・・・・
何枚もあるよこの写真 石鎚
何枚も撮ってたよこの写真


しばらく、山頂に煮上げをするヘリコプターを見て、またまた景色をぼ~っと。
石鎚荷揚げのヘリ 


さ、、下山しよ。

下にいいお昼ポイントがあるから。と河童ちゃん。
こんな眺めの場所でお昼です
アケボノツツジが山の岩肌に咲いているのを見ながら。。。

ついて行ったその先には、、

「ああああーーーーっ!」

かずひろさん!!??

いるはずのない人が・・・・

かずひろさんは夜からの合流になると聞いていたから、ここにいることに、そりゃ~もう、びっくり!
(そういや、かずひろさんは~?の問いに河童ちゃんは、なんだか言葉を濁していたような・・・・)

もう、完全に夜から合流と信じきっていたので、思わぬハプニングに、うれしいやら、うれしいやら^^

河童マジックにしてやられました^^

そして、豪華なお昼まで用意していただき、、、、
天ぷらだよ!それも揚げたて^^
お山で天ぷらですよ!キスとこしあぶらとはちくとしいたけ。揚げたてですもん。

そして、花にら炒めとイタドリのお浸し^^
花にらとイタドリ

豆ごはんも炊いてもらっていました。

着いたとたんこのおもてなし。
丸くなって石鎚山

かずひろさんのおもてなしに、気持ちのほうが先にいっぱいになりました
(もちろん、いつもの通り、ひろはお腹もいっぱいに^^)




お腹も気持ちもいっぱいに、山の景色の思い出もしっかりしまって、下山です。

やっぱりかわいい色だわ~ アケボノツツジ
アケボノツツジ 石鎚山


最後の石鎚山の見納めをして。
最後の見納め 石鎚山
山肌いっぱいのアケボノツツジも見納めして。

土小屋7:40―第1ベンチ8:30―第2ベンチ8:50―二の鎖10:00―山頂11:00―土小屋15:00




ここから高知の市街へ移動です。

途中、お風呂でさっぱりして、向かった先は
いい味だしてます。きたじ
働く大人の寄合所。響きがすき^^


そして、ここで、最後の合流

とちちゃ~ん!!

お仕事を早々に切り上げたとちちゃんと久々の?再会^^

お山に一緒に行けなかった分、会った時から、うれしさがはちきれんばかり!

そして、こんなおいしい高知の地の食材が揃えば。。。
天然のうなぎとあゆ
天然アユですよ!向こう側は天然ウナギですよ。
こんなの食べたことない!どれも味が濃いんです。鰻の脂がおいしい~。鮎の香がいい~♪


お酒もすすみますって!


そして、私のビックリはまだまだ続きました。

昨夜、避難小屋で誕生日を迎えた私に「天然アユの骨酒」がぁ~

もう、これにはオドロキ!!もう、うれしさ、通り越して、踊りだしたいくらい^^
5匹も泳いでいます 鮎
だって、5匹も泳いでるんだもん。

おりがたや~
一気のみ爆(By 河童ちゃんが撮ってくれた)
満面の笑みで頂いちゃいました^^
もうね、お酒を通り越して、スープだよ、スープ!ごくごく・・・・・・


まだまだお料理は続きます
かつおの刺身 ぶあつーい
カツオの分厚いこと!もうお口の中でとろけます。お刺身。


いわしのお寿司
うるめいわし
シャリが関東の1.5倍はあるかな。これも口の中でとろけて、あっという間にお腹の中へ・・・・


きた~!!!!!
ぴかぴかに光ってます。かつお
なんてきれいな色なんでしょう~^^土佐ルビーですよ。
私のこの旅の目的、石鎚山とカツオ。
この二つの目的が達成された瞬間でした(爆)

これ、生のニンニクと食べるんです。塩とカツオとニンニクと。。。

なんたって、カツオが絶品。もう、関東じゃ食べれん。。。どうしてくれるー!(爆)

大きいカツオがゴロンと入った
鰹巻
カツオ巻


最後の〆は
〆のだし茶漬け
だし茶漬け!
ずるずるっと、お腹におさまりました^^V

あ、やば、書いてる瞬間に生ツバゴックンだって。


山にも登れて、仲間にも祝ってもらって、おいしいものと、お酒と。。。。

あ~、、ブログのサブタイトルと一緒!

これだよ、コレー!



河童ちゃん、とちちゃん、和宏さん、ロビンさん、ぜいぜいさん、きたじの大将、おかみさん。

みなさま、幸せな時間をありがとう。


この晩はニンニクとカツオの風味が心地よい眠りを誘いましたとさ。。。。

【2014/05/27 11:03】 | 山の記録
トラックバック(0) |


食う寝る@副業中
こりゃ最高の旅だったね
おもてなしは最高、石鎚山も快晴で、かずひろさんのサプライズ!
そんで「きたじ」で鮎酒か~!
おめでとさん^^
うらやましか~


ROCKY
凄いなあ・・・・
いい天気に当たりましたね。
いいな~
ボクもいつかは行ってみたい山です。
テレビとかで いろいろ石鎚山のこと観るけど・・・・
やっぱ 登った人のレポートは 楽しさが伝わってくるねー。
いつかは・・・行くぞーッ!!  ボクも
(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!


hiro
食う寝るさま
山登りの快晴だったこと!
この上ない、天気でした。しあわせ^^

高知の方のおもてなし、しっかり心に受け止めておかなければいけませんね、いえいえ、忘れることなんて、できませんって。


ぜいぜい
石槌山、ほんとかっこよかったね~
本物見れた~って感激と山頂に立った感激と!
土佐グルメはもう言うに及ばずだね。
なんて美味しいんだろううって、あの味を求めてまたいきたくなっちゃうね。
土佐のおもてなし、深く心に刻んだいい旅でした。


hiro
ROCKYさま
剣山もよかったけど、石鎚山の形がかっこいいこと!
土小屋からの道のりは急な登りもなくて、短時間であの景色が見れました。私たちはおしゃべりしながらだから、もっと早く登れるはず^^;
山頂からの有名な景色をぜひ、見て下さい。
そして、高知の美味しい物も忘れずに^^


hiro
ぜいぜいさま
アケボノツツジのいい時期に登れたよね~。
ほんと、花とのコラボは山登りに無なくてはならない存在になってます^^
ぜぜさんは剣~三嶺も、含めてめっちゃ豪華版!!天候に恵まれて、美味し物にも恵まれて、、

>あの味を求めてまたいきたくなっちゃうね。

毎日写真見てるよ(食べ物の^^;)
お口が高知を恋しがってるかも。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こりゃ最高の旅だったね
おもてなしは最高、石鎚山も快晴で、かずひろさんのサプライズ!
そんで「きたじ」で鮎酒か~!
おめでとさん^^
うらやましか~
2014/05/29(Thu) 19:15 | URL  | 食う寝る@副業中 #EBUSheBA[ 編集]
凄いなあ・・・・
いい天気に当たりましたね。
いいな~
ボクもいつかは行ってみたい山です。
テレビとかで いろいろ石鎚山のこと観るけど・・・・
やっぱ 登った人のレポートは 楽しさが伝わってくるねー。
いつかは・・・行くぞーッ!!  ボクも
(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!
2014/05/29(Thu) 20:02 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
食う寝るさま
山登りの快晴だったこと!
この上ない、天気でした。しあわせ^^

高知の方のおもてなし、しっかり心に受け止めておかなければいけませんね、いえいえ、忘れることなんて、できませんって。
2014/05/30(Fri) 08:55 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
石槌山、ほんとかっこよかったね~
本物見れた~って感激と山頂に立った感激と!
土佐グルメはもう言うに及ばずだね。
なんて美味しいんだろううって、あの味を求めてまたいきたくなっちゃうね。
土佐のおもてなし、深く心に刻んだいい旅でした。
2014/05/30(Fri) 09:07 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
ROCKYさま
剣山もよかったけど、石鎚山の形がかっこいいこと!
土小屋からの道のりは急な登りもなくて、短時間であの景色が見れました。私たちはおしゃべりしながらだから、もっと早く登れるはず^^;
山頂からの有名な景色をぜひ、見て下さい。
そして、高知の美味しい物も忘れずに^^
2014/05/30(Fri) 09:19 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
ぜいぜいさま
アケボノツツジのいい時期に登れたよね~。
ほんと、花とのコラボは山登りに無なくてはならない存在になってます^^
ぜぜさんは剣~三嶺も、含めてめっちゃ豪華版!!天候に恵まれて、美味し物にも恵まれて、、

>あの味を求めてまたいきたくなっちゃうね。

毎日写真見てるよ(食べ物の^^;)
お口が高知を恋しがってるかも。
2014/05/30(Fri) 09:23 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック