山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
6/4~9の4泊6日でハワイに行ってきました。
人生初ハワイです。

思い出の画像(覚書)
行きの飛行機は4日の23時20分。
羽田発なので仕事上がりでも十分に時間があるところがラッキーでした(うちから羽田まで1時間だし)

出発時間はラッキーだったけど、しっかり機内の中で具合を悪くします。いつものことですが、つらい。
眠れないのが一番の原因かも。あと、酒か?・・・・

6時間半~7時間くらいかけてオワフ島ホノルルへ

常夏の島に上陸
ワイキキビーチ
ホテルはワイキキビーチから1ブロック中に入った場所だったのですぐにビーチに来れました



定期的に開催される無料のフラダンスショーがハワイムードを盛り上げてくれます。
ワイキキでフラダンス
一緒に踊っちゃったりしました。

日中は日差しがきついくて、日陰を探す感じですが、夕方は潮風が調度良く湿度も高くはないので快適です。



翌朝、ダイヤモンドヘッドへ
ダイヤモンドヘッドからのホノルル
ダイヤモンドヘッドからの眺めです。この山も遠くから見るとしっかり火山の形をしていました。火口の崩れてた形^^

日差しが暑くて・・・・この登りはやはり朝に限ります^^;



ハナウマ湾
ハナウマ湾
エメラルドグリーンの色が涼しさを感じさせてくれました(日が照ると暑いのよ・・)


そしてモアナルア・ガーデンにある有名な日立の木
この木なんの木
モンキーポッドというそうです。アメリカネムノキ。
太陽を浴びようと横へ横へ延びる姿がこの形を作るんですね。


調度開花時期でした
ねむの木の花

このネムノキ、ハワイでは至る所にありました。
それも大木で^^
ずーっとあったかいもんね。そりゃ、成長も早いはず…



ロイヤルハワイアンセンターの中にあるアイランドビンテージコーヒーの店で食べた
アサイーボール
アサイーボール
アサイーはフルーツの下にあります。
あんこみたいな色です^^;
味は少しだけ甘いベリー系
若返りの素なので、がっつり食べました。

街の中をぷらぷらしてたら、ROSS見つけちゃいました。洋服、掘り出し物をGET!

私の好きなターゲットは遠かったので行けなった。残念。


ホノルルのワイキキビーチホテルに2泊でした。

次の日は午前中、パンチボールの丘やイオラニ宮殿、官庁街などなど見学しまして


いよいよ念願のハワイ島へ!

火山の島ハワイですよ^^

大昔(←この表現がアバウトですが)ハワイの島々は北のカウアイ島から噴火が始まってだんだん南へ移ってきてるんですって。
なので、今一番活発なのがこのハワイ島。

ハワイ島の南の海底ではまた噴火が起こってるんだって。

そんな島に行こうとしたホノルル空港での出来事。

危うく乗り損ねるところでした。

ゲートナンバー57の場所で待ってますが、人が集まってくる気配がありません。
あれ?と思い掲示版で確認しますが、変更はされてない様子。

ということは、、搭乗口が違うってこと?

もう、そこからダッシュです。搭乗口を探します。


やっといたハワイアン航空の人を捕まえ、どこーっ??!!と聞きますと、、、

あっちだよ、、と連れてってくれます。

場所は先ほどの57ゲートの壁裏。。。

それもお店と壁で仕切られた場所で
1度100mくらい歩いて回り込んで裏に行く感じ。
あ~、、こんなのわからんよ~。むずかしい。。


もう搭乗開始になっていて、ぎりぎりだでした。

待ってくれるのは日本の会社だけだよね。海外は待ってくれない・・・

時間がある時は周りを一通り歩いて様子観察しなければ。と思った出来事でした。

悪夢の57番。かなり思い出に残りそうです^^;



機内の中では福岡からホノルルで乗り継ぎでやってきたおにーさんとおしゃべりします。

独り旅だそうで。ハワイは2回目でマウナケアのサンセットと星空を見るそうです。

お宿はワイコロナだそうで、のんびりするんだとか(コナより少し北)

後で調べてみたら、ワイコロナ周辺のリゾート地はバブル時代に日本の建築業者がほとんど施工したんだって。

溶岩を切り開くのはたいへんだったでしょうね~(お金が^^;)

モールもあってのんびりするにはいい雰囲気でした。次回はココだな^^



真っ黒な大地の中にコナ国際空港がぽつん。

地面の黒さに興奮しつつ、溶岩大地の島なんだと改めて実感しました。

コナの街を散策
プルメリアの花
大木のプルメリアの木

白だけじゃなくて、いろんな色があるんですよ
いろんな色のプルメリア
いい香りです。

ホテルの部屋に帰って水盤に浮かべたら部屋がほのかなプルメリアの香につつまれました。


ラナイからの眺め コナリゾートホテル
ラナイからの眺め ハワイ島
周りは溶岩の岩岩なので波の音がざっぱ~ん!と聞こえます。


眺めはサイコーです。
ホノルルのホテルは、窓からの景色が隣のマンションだったし、朝に晩に真向いのおっちゃんと顔合わせてたし^^;(おっちゃんも涼んでたんだけどね)


夕食はホテルのルアウショーでディナー

「ルアウ」ハワイ語で「宴」という意味だそうです。

ホラ貝がなり、まずはハワイの伝統料理の蒸焼きの発掘・・・
伝統料理 豚の蒸し焼き
この葉っぱの中に豚ちゃんの開きが・・・・周りはこんがり焼けて見るからにおいしそうでした^^

細かく裂いて塩コショウで味がついて出てきました。実際、美味しかった!


マイタイも5~6杯のんだかな。
こんな風景がテーブル席で見られるんだからお酒も進むでしょ^^
ハワイ島のサンセットです

そして、ごはんが終わるとショーの時間。
フラダンスやポリネシアンダンスなど。。。。(グアムと同じです)


このヤシの木のシルエット。
私が思い描いていたハワイの風景です(ハワイで見るんだったらこの風景的な感じ)
ヤシの木のシルエット
海風が心地よいです。
もう、大満足してハワイ島の夜を迎えました。


お部屋に帰り2次会。

コナの街散策の時、ABCストアーで買ってきたワイン。
ハワイで初めてIDを求められました!(ホノルルや本土では求められたことないのに)
ということは、、、21歳未満に見られたってこと!!きゃー!

パスポートを提示した時のレジのおねーさんの顔。
ほんとかよー。って顔してた。(←ほんとに○○歳よ 偽造パスじゃないわよ)


次の日はハワイ島一周観光

100%コナコーヒー飲んで、果実の中に1粒という豆だけを使ったピーベリーという貴重なコーヒー買って(普通は2粒入っている)


プナルウ黒砂海岸へ

ここは溶岩が急激に冷えた為に砕けてできた黒砂のビーチ
こんな海岸にあがってきます


ここの名物は、、アオウミガメが甲羅干しに上がる場所です
がんばって泳いできたカメさん
やっと泳いできたウミガメさんたち。疲れた~と言っているかのよう。陸に這い上がる姿が重そうでした。

ここで休んだ後また何千キロの海を泳いでいくんですね。。ごくろうさま。



ボルケーノロードを進んでいくと雨が降りやすい地帯に入ります。

いよいよキラウエア火山です。

雨が降ると火口も見えなくなるので、どーぞ晴れてください。。。どーぞ火口を見せて下さいと。

火の女神ペレにお願い。

国立公園内に入ると雨もやみジャガー博物館からハレマウマウという火口が見られました
キラウエア火山
この外側にも火口があります。そして写真を撮っている場所も一段固い場所。
大きすぎて説明できない・・・


アップしてこんな感じ
アップの火口です。大きさがわからん。
暗くなると白い煙のところが赤くなるが見えるそうです。これも見てみたい景色です。

このジャガー博物館にはペレの涙やペレの髪の毛といった溶岩の展示があり入場料が無料の博物館とは思えないほど展示物が充実しています。


そして周りにはその火の女神のペレと切ってもきれない伝説の花 オヒアレフア がたくさんありました
オヒアレヒア
けっこう大きな木になります

オヒアレフアの話はこちら

木はオヒア、花はレフアといい、有名な伝説があります。
キラウエア火山の女神として有名なペレは、オヒアというとても魅力的な人間の男性に恋をしました。結婚するように言いますが、オヒアは拒否しました。そうすると、ペレは怒って彼を醜い木に変えてしまいました。それを知ったオヒアの恋人レフアは毎日その木の横で泣いていました。それをかわいそうに思ったほかの神々がオヒアとレフアがずっと一緒にいられるように、レフアをとてもかわいい赤い花に変えてレフアの木に咲かせました。そのため、オヒアレフアという名前になったそうです。レフアの花を摘むと雨がふるそうです。それは、オヒアと離れたくないと悲しむレフアの涙だそうです。



火の女神っていうから、火山のように気性が激しいのね。。と思ってたらやっぱり、、、ここまで激しいとは。。

レフアの花のアップ
オヒアレヒアの花のアップ


レフアが涙を見せなかった為か、、、後ろには4000m級の山 マウナ・ロアも見えてきましした
4000m級の山がうしろにあるんです
こんな穏やかな山並みで4000mもあるんだ。。。不思議。ハワイ島、やっぱりビッグアイランド!


ハレマウマウは活動中なので、一周する道路は閉鎖中。

お隣の古い火口ではトレイルする人の姿もみられました
次の火口です。向こうにもくもく火山が
ちょっとモクモクと煙が出ている場所がありますが、その遠くを人が歩いていました
写真にはハレマウマウの火口があります



そして、これ!溶岩のトンネル
溶岩トンネル
ものすごい速さで通過した溶岩は周りが固まってトンネルになったもの。

ここ、ハワイの中で一番のパワースポットだって!

この場所からちょっと行った場所が最も強いパワースポットなんだけど(溶岩が進んだ跡が壁にくっきりついた場所)なぜか、ここでのシャッターが切れませんでした。おかしいの。
で、少し進むとまた切れて・・・
こんなことでもパワースポットなんだわ~と感激していまう私。


この後はレインボーホール、ヒロの街、パーカー牧場など行きましてぐるっと一周。

途中マウナ・ケアの山頂4000mにある日本の国立展望台「すばる」も見えました。

世界有数の星空観測地、次回は絶対ここ!星空を見るんだ!と心に決めます(絶対実行!いつになるかわからないけど^^;)

曇りが多いせいか、マウナケア、マウナロアはめったに見ることができないそうです。

ちょこっとでも見れてラッキー。太平洋上の最高峰だもんね。




一日かけてハワイ島を一周しホテルに帰ってきました
旅は体力勝負。
毎日よく寝ました。8時間はベッドにいたかも。


ホテルは朝食付き
海を見ながらの朝食です
二日間は海を見ながらの朝食でした


午前中はホテルでゆっくり、コナの街をぶらぶら(でも暑いのですぐにホテルに戻ってきましたが)

午後、コナ空港からホノルルで乗り継ぎ、羽田に到着しました。


オアフ島も北は行ってないので、行ってみたいな~と思いましたが、やっぱり、私にはハワイ島の自然が魅力的に感じました。なので、次、もし行けるとしたらまたハワイ島(マウナケアね^^)
他の島も自然が豊かなのでそちらにも足を延ばしてみたい。。(よくばりです)

今回は母と一緒の旅で、初ハワイに親子共々大満足な旅にまりました。

今後は誰と行けるかな~・・・・

おしまい。


追記を閉じる▲
行きの飛行機は4日の23時20分。
羽田発なので仕事上がりでも十分に時間があるところがラッキーでした(うちから羽田まで1時間だし)

出発時間はラッキーだったけど、しっかり機内の中で具合を悪くします。いつものことですが、つらい。
眠れないのが一番の原因かも。あと、酒か?・・・・

6時間半~7時間くらいかけてオワフ島ホノルルへ

常夏の島に上陸
ワイキキビーチ
ホテルはワイキキビーチから1ブロック中に入った場所だったのですぐにビーチに来れました



定期的に開催される無料のフラダンスショーがハワイムードを盛り上げてくれます。
ワイキキでフラダンス
一緒に踊っちゃったりしました。

日中は日差しがきついくて、日陰を探す感じですが、夕方は潮風が調度良く湿度も高くはないので快適です。



翌朝、ダイヤモンドヘッドへ
ダイヤモンドヘッドからのホノルル
ダイヤモンドヘッドからの眺めです。この山も遠くから見るとしっかり火山の形をしていました。火口の崩れてた形^^

日差しが暑くて・・・・この登りはやはり朝に限ります^^;



ハナウマ湾
ハナウマ湾
エメラルドグリーンの色が涼しさを感じさせてくれました(日が照ると暑いのよ・・)


そしてモアナルア・ガーデンにある有名な日立の木
この木なんの木
モンキーポッドというそうです。アメリカネムノキ。
太陽を浴びようと横へ横へ延びる姿がこの形を作るんですね。


調度開花時期でした
ねむの木の花

このネムノキ、ハワイでは至る所にありました。
それも大木で^^
ずーっとあったかいもんね。そりゃ、成長も早いはず…



ロイヤルハワイアンセンターの中にあるアイランドビンテージコーヒーの店で食べた
アサイーボール
アサイーボール
アサイーはフルーツの下にあります。
あんこみたいな色です^^;
味は少しだけ甘いベリー系
若返りの素なので、がっつり食べました。

街の中をぷらぷらしてたら、ROSS見つけちゃいました。洋服、掘り出し物をGET!

私の好きなターゲットは遠かったので行けなった。残念。


ホノルルのワイキキビーチホテルに2泊でした。

次の日は午前中、パンチボールの丘やイオラニ宮殿、官庁街などなど見学しまして


いよいよ念願のハワイ島へ!

火山の島ハワイですよ^^

大昔(←この表現がアバウトですが)ハワイの島々は北のカウアイ島から噴火が始まってだんだん南へ移ってきてるんですって。
なので、今一番活発なのがこのハワイ島。

ハワイ島の南の海底ではまた噴火が起こってるんだって。

そんな島に行こうとしたホノルル空港での出来事。

危うく乗り損ねるところでした。

ゲートナンバー57の場所で待ってますが、人が集まってくる気配がありません。
あれ?と思い掲示版で確認しますが、変更はされてない様子。

ということは、、搭乗口が違うってこと?

もう、そこからダッシュです。搭乗口を探します。


やっといたハワイアン航空の人を捕まえ、どこーっ??!!と聞きますと、、、

あっちだよ、、と連れてってくれます。

場所は先ほどの57ゲートの壁裏。。。

それもお店と壁で仕切られた場所で
1度100mくらい歩いて回り込んで裏に行く感じ。
あ~、、こんなのわからんよ~。むずかしい。。


もう搭乗開始になっていて、ぎりぎりだでした。

待ってくれるのは日本の会社だけだよね。海外は待ってくれない・・・

時間がある時は周りを一通り歩いて様子観察しなければ。と思った出来事でした。

悪夢の57番。かなり思い出に残りそうです^^;



機内の中では福岡からホノルルで乗り継ぎでやってきたおにーさんとおしゃべりします。

独り旅だそうで。ハワイは2回目でマウナケアのサンセットと星空を見るそうです。

お宿はワイコロナだそうで、のんびりするんだとか(コナより少し北)

後で調べてみたら、ワイコロナ周辺のリゾート地はバブル時代に日本の建築業者がほとんど施工したんだって。

溶岩を切り開くのはたいへんだったでしょうね~(お金が^^;)

モールもあってのんびりするにはいい雰囲気でした。次回はココだな^^



真っ黒な大地の中にコナ国際空港がぽつん。

地面の黒さに興奮しつつ、溶岩大地の島なんだと改めて実感しました。

コナの街を散策
プルメリアの花
大木のプルメリアの木

白だけじゃなくて、いろんな色があるんですよ
いろんな色のプルメリア
いい香りです。

ホテルの部屋に帰って水盤に浮かべたら部屋がほのかなプルメリアの香につつまれました。


ラナイからの眺め コナリゾートホテル
ラナイからの眺め ハワイ島
周りは溶岩の岩岩なので波の音がざっぱ~ん!と聞こえます。


眺めはサイコーです。
ホノルルのホテルは、窓からの景色が隣のマンションだったし、朝に晩に真向いのおっちゃんと顔合わせてたし^^;(おっちゃんも涼んでたんだけどね)


夕食はホテルのルアウショーでディナー

「ルアウ」ハワイ語で「宴」という意味だそうです。

ホラ貝がなり、まずはハワイの伝統料理の蒸焼きの発掘・・・
伝統料理 豚の蒸し焼き
この葉っぱの中に豚ちゃんの開きが・・・・周りはこんがり焼けて見るからにおいしそうでした^^

細かく裂いて塩コショウで味がついて出てきました。実際、美味しかった!


マイタイも5~6杯のんだかな。
こんな風景がテーブル席で見られるんだからお酒も進むでしょ^^
ハワイ島のサンセットです

そして、ごはんが終わるとショーの時間。
フラダンスやポリネシアンダンスなど。。。。(グアムと同じです)


このヤシの木のシルエット。
私が思い描いていたハワイの風景です(ハワイで見るんだったらこの風景的な感じ)
ヤシの木のシルエット
海風が心地よいです。
もう、大満足してハワイ島の夜を迎えました。


お部屋に帰り2次会。

コナの街散策の時、ABCストアーで買ってきたワイン。
ハワイで初めてIDを求められました!(ホノルルや本土では求められたことないのに)
ということは、、、21歳未満に見られたってこと!!きゃー!

パスポートを提示した時のレジのおねーさんの顔。
ほんとかよー。って顔してた。(←ほんとに○○歳よ 偽造パスじゃないわよ)


次の日はハワイ島一周観光

100%コナコーヒー飲んで、果実の中に1粒という豆だけを使ったピーベリーという貴重なコーヒー買って(普通は2粒入っている)


プナルウ黒砂海岸へ

ここは溶岩が急激に冷えた為に砕けてできた黒砂のビーチ
こんな海岸にあがってきます


ここの名物は、、アオウミガメが甲羅干しに上がる場所です
がんばって泳いできたカメさん
やっと泳いできたウミガメさんたち。疲れた~と言っているかのよう。陸に這い上がる姿が重そうでした。

ここで休んだ後また何千キロの海を泳いでいくんですね。。ごくろうさま。



ボルケーノロードを進んでいくと雨が降りやすい地帯に入ります。

いよいよキラウエア火山です。

雨が降ると火口も見えなくなるので、どーぞ晴れてください。。。どーぞ火口を見せて下さいと。

火の女神ペレにお願い。

国立公園内に入ると雨もやみジャガー博物館からハレマウマウという火口が見られました
キラウエア火山
この外側にも火口があります。そして写真を撮っている場所も一段固い場所。
大きすぎて説明できない・・・


アップしてこんな感じ
アップの火口です。大きさがわからん。
暗くなると白い煙のところが赤くなるが見えるそうです。これも見てみたい景色です。

このジャガー博物館にはペレの涙やペレの髪の毛といった溶岩の展示があり入場料が無料の博物館とは思えないほど展示物が充実しています。


そして周りにはその火の女神のペレと切ってもきれない伝説の花 オヒアレフア がたくさんありました
オヒアレヒア
けっこう大きな木になります

オヒアレフアの話はこちら

木はオヒア、花はレフアといい、有名な伝説があります。
キラウエア火山の女神として有名なペレは、オヒアというとても魅力的な人間の男性に恋をしました。結婚するように言いますが、オヒアは拒否しました。そうすると、ペレは怒って彼を醜い木に変えてしまいました。それを知ったオヒアの恋人レフアは毎日その木の横で泣いていました。それをかわいそうに思ったほかの神々がオヒアとレフアがずっと一緒にいられるように、レフアをとてもかわいい赤い花に変えてレフアの木に咲かせました。そのため、オヒアレフアという名前になったそうです。レフアの花を摘むと雨がふるそうです。それは、オヒアと離れたくないと悲しむレフアの涙だそうです。



火の女神っていうから、火山のように気性が激しいのね。。と思ってたらやっぱり、、、ここまで激しいとは。。

レフアの花のアップ
オヒアレヒアの花のアップ


レフアが涙を見せなかった為か、、、後ろには4000m級の山 マウナ・ロアも見えてきましした
4000m級の山がうしろにあるんです
こんな穏やかな山並みで4000mもあるんだ。。。不思議。ハワイ島、やっぱりビッグアイランド!


ハレマウマウは活動中なので、一周する道路は閉鎖中。

お隣の古い火口ではトレイルする人の姿もみられました
次の火口です。向こうにもくもく火山が
ちょっとモクモクと煙が出ている場所がありますが、その遠くを人が歩いていました
写真にはハレマウマウの火口があります



そして、これ!溶岩のトンネル
溶岩トンネル
ものすごい速さで通過した溶岩は周りが固まってトンネルになったもの。

ここ、ハワイの中で一番のパワースポットだって!

この場所からちょっと行った場所が最も強いパワースポットなんだけど(溶岩が進んだ跡が壁にくっきりついた場所)なぜか、ここでのシャッターが切れませんでした。おかしいの。
で、少し進むとまた切れて・・・
こんなことでもパワースポットなんだわ~と感激していまう私。


この後はレインボーホール、ヒロの街、パーカー牧場など行きましてぐるっと一周。

途中マウナ・ケアの山頂4000mにある日本の国立展望台「すばる」も見えました。

世界有数の星空観測地、次回は絶対ここ!星空を見るんだ!と心に決めます(絶対実行!いつになるかわからないけど^^;)

曇りが多いせいか、マウナケア、マウナロアはめったに見ることができないそうです。

ちょこっとでも見れてラッキー。太平洋上の最高峰だもんね。




一日かけてハワイ島を一周しホテルに帰ってきました
旅は体力勝負。
毎日よく寝ました。8時間はベッドにいたかも。


ホテルは朝食付き
海を見ながらの朝食です
二日間は海を見ながらの朝食でした


午前中はホテルでゆっくり、コナの街をぶらぶら(でも暑いのですぐにホテルに戻ってきましたが)

午後、コナ空港からホノルルで乗り継ぎ、羽田に到着しました。


オアフ島も北は行ってないので、行ってみたいな~と思いましたが、やっぱり、私にはハワイ島の自然が魅力的に感じました。なので、次、もし行けるとしたらまたハワイ島(マウナケアね^^)
他の島も自然が豊かなのでそちらにも足を延ばしてみたい。。(よくばりです)

今回は母と一緒の旅で、初ハワイに親子共々大満足な旅にまりました。

今後は誰と行けるかな~・・・・

おしまい。

【2014/06/20 09:46】 |
トラックバック(0) |


ROCKY
ハワイ満喫の親子旅だったんだぁ・・・
ヨッ! 親孝行娘ーッ!!

日立の木・・・ボクも見た見た。
あの頃は あの木のある公園(?)みたいな所で
毎朝 コダックのフラダンスショー(無料)をやっていたのを憶えてるよ。

ボクは ワイキキでマリンスポーツしたり拳銃撃ったりしただけだったけど
ハワイ島 楽しそうですね。
行ってみたいな・・・・いつの日か。

P.S.
熱海のビーチとどっちがよかった?


hiro
ROCKYさま
>親孝行娘ーッ!!

いや~照れますがな~(爆)

コダック・・・
時代を感じます^^;
日立の木の公園は閑散としてましたよ。ココ日本人しか来ないみたいね。日立が管理してるって。

山が好きならハワイ島の方が魅力的かしら…
自然を満喫できそうです。

PS
熱海のビーチとどっこいどっこいかな^^;
って、、
どっちも泳いだことないけど・・


ぜいぜい
ハワイってリゾートの認識しかない海外音痴だけど、
自然もいいね~
お花も丁度いい時期なの?それともしょっちゅう咲いてるのかな。
楽しそうな様子がバリバリ伝わりますね~


hiro
ぜいぜいさま
そうなの。ワイキキの観光イメージしか私もなかったけど、ハワイ島とかその他の島は自然がいっぱいなのね。
花はだいたい6月頃からドンドン咲くみたいです。やっぱり冬は冬眠みたいですが、南国は成長が速いから何回も咲く花もあるらしい・・
プルメリアのドぎつい香水の匂いは嫌だけど、ほのかに香る自然の甘い香りは思い出になってます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ハワイ満喫の親子旅だったんだぁ・・・
ヨッ! 親孝行娘ーッ!!

日立の木・・・ボクも見た見た。
あの頃は あの木のある公園(?)みたいな所で
毎朝 コダックのフラダンスショー(無料)をやっていたのを憶えてるよ。

ボクは ワイキキでマリンスポーツしたり拳銃撃ったりしただけだったけど
ハワイ島 楽しそうですね。
行ってみたいな・・・・いつの日か。

P.S.
熱海のビーチとどっちがよかった?
2014/06/23(Mon) 22:06 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
ROCKYさま
>親孝行娘ーッ!!

いや~照れますがな~(爆)

コダック・・・
時代を感じます^^;
日立の木の公園は閑散としてましたよ。ココ日本人しか来ないみたいね。日立が管理してるって。

山が好きならハワイ島の方が魅力的かしら…
自然を満喫できそうです。

PS
熱海のビーチとどっこいどっこいかな^^;
って、、
どっちも泳いだことないけど・・
2014/06/24(Tue) 12:17 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
ハワイってリゾートの認識しかない海外音痴だけど、
自然もいいね~
お花も丁度いい時期なの?それともしょっちゅう咲いてるのかな。
楽しそうな様子がバリバリ伝わりますね~
2014/06/25(Wed) 09:08 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
ぜいぜいさま
そうなの。ワイキキの観光イメージしか私もなかったけど、ハワイ島とかその他の島は自然がいっぱいなのね。
花はだいたい6月頃からドンドン咲くみたいです。やっぱり冬は冬眠みたいですが、南国は成長が速いから何回も咲く花もあるらしい・・
プルメリアのドぎつい香水の匂いは嫌だけど、ほのかに香る自然の甘い香りは思い出になってます。
2014/06/25(Wed) 10:42 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック