山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
日光の雲竜渓谷に行ってきましたが

行く前から事件勃発です
同行者のTさんが待ち合わせの時間になっても現れません

連絡をして様子を伺ってみると、「今起きた」の返事

あ~。。。

これは今日の雲竜瀑は無いな(爆)



とりあえず日光を目指し、1時間半遅れでの出発(私は予定より30分も前からスタンバッてたのに)





駐車場を確保するのが苦労するということを承知の上で東照宮の東側の道を上がっていきます

案の定 予定していた滝尾神社はいっぱい

その上に行こうとしますが、タクシーが5~6台連なって下って来たため道路状況を聞くと、もう止めれるところは無いとの返事

ここでタクシーに会わなければ上まで進めたのにと後で後悔することに(タクシーの運転手の言うことを素直に聞いた私がいけなかったのだけど)


結局、東照宮の裏手付近の駐車スペースに止めます



ここからの林道歩き、かなりの覚悟と気合がいります

ましてや1時間半の遅れがどこまでひびくのか?!

時間をみて行けるところまで行ってみようということで出発(私達が最後の出発じゃないかしら・・・)
林道歩き 雲竜
こんな景色を見ながら・・・歩きだしました


林道を歩いていくと、あれ?ここも止められる。あ、、あそこにも止められる。。。

と駐車スペースを確保出来る場所が沢山あります

また道も回避スペースがあるので安心

ゲート前は転回もできないくらい狭い・・・・という情報がありましたが、ぜんぜんそんな事はない・・・十分な広さもあるし、まずはゲート前までくれば良かったと(ま、、ここでタクシーが5~6台も来られたらいっぱいだよな)


駐車場から洞門岩まで林道歩き

もくもくと進みます


途中、稲荷川展望台
稲荷川展望台


展望台から見る景色
展望台からの風景 雲竜
向こうはモノトーン でもあの先に滝があるのね・・・とワクワクします


私にしてはかなりのスピードで歩きました(なんたって、、、氷瀑が見れるかどうかが、ここからは私の歩にかかっているし)



洞門岩から沢沿いにいくか、そのまま林道へ行くか・・・
洞門岩
ここはちょっとした広場になっていました


もちろん、林道(渡渉は避けたいので…でもこの林道選択が大きな時間を要するのでした)


綴ら折れの林道の雪は登るに連れてどんどん深くなっていきます
もくもく歩き 雲竜
(修行のようでした(ー_ー)!!)

もう、林道歩きはやだ~と心折れそうになっているところでやっと渓谷入口

やっときたよ・・・はぁ~・・・・


渓谷入口の展望からもその氷柱の様子が見えています

さらに階段を下っていき渡渉を7~8回繰り返しながら進むと(凍って雪がのって怖かった~私にとって一番の核心部でした)
振り返って雲竜
これは振り返っての図 こんな感じで渡渉です
落ちたらドボンですよ


氷柱のカーテンが見えてテンションUPする光景になりました
雲竜1
川を挟んで左右に氷柱

まさに氷の神殿というに相応しい

途中クライミングする人も
雲竜2


一番奥にある雲竜瀑を間近で見るためには登って下って滝壺へのルートになります
雲竜3
→の方向に上がっていきます


滝壺に降りると・・・



でっかい!!
雲竜4

氷柱もいいですが、このようなモリモリ感もいいです
モリモリ感の雲竜


これは人気がでるはずだわ


山の友達何人かがこの雲竜渓谷を訪れており、画像と行程は見ていましたが、ここまですごいとは!

時間が遅かったのが良かったのか(ホントはいけない)

団体さんもいなくなって静かな氷瀑見学となりました



でもそんなにゆっくりはしていられません

もっといたいー!というTさんに2時半には出発しますから。。。と告げて帰る支度をします(いや~、、、私の歩だと着くのは真っ暗だよ^^;)

今日のランチはパンとテルモス紅茶でした。。キムチ鍋持ってきたけど、、、時間切れ



少し下ってクライミングをしていた場所で氷柱を後ろから見てみます
雲竜7
氷柱が落ちてこない岩の下に隠れながら

青い^^
雲竜8


ここから最後の雲竜爆全景
雲竜6


帰路は渓谷入口から洞門岩ま沢沿いを行ってみます

そしたら、行きは45分もかかって林道歩きしたのに帰りは20分くらい

渡渉は1~2回だけだし、、、道もそんなに急な箇所も少ないし

行きも渓谷沿いを進んだ方が時間に余裕ができたのに・・・と後悔



あとは果てしない林道歩きをして無事駐車場に到着しました
帰ってきました雲竜



10:30日光東照宮裏手 開山堂付近―11:20ゲート―12:06稲荷川展望台―12:29洞門岩12:37―13:17(林道経由)渓谷入口―13:48雲竜瀑14:22―14:52(川沿い経由)渓谷入口―15:15洞門岩―16:04ゲート―16:45日光東照宮裏手 開山堂付近

16.6kmも歩いたそうです

どおりで、膝裏が伸びたわけだ^^;



今日の一言:
氷瀑見物って何年ぶりだろ?!
氷瀑を見た時その素晴らしさに久々に興奮しました
今日、雲竜瀑が見れたのは私のガンバリが・・・^^


追記を閉じる▲
同行者のTさんが待ち合わせの時間になっても現れません

連絡をして様子を伺ってみると、「今起きた」の返事

あ~。。。

これは今日の雲竜瀑は無いな(爆)



とりあえず日光を目指し、1時間半遅れでの出発(私は予定より30分も前からスタンバッてたのに)





駐車場を確保するのが苦労するということを承知の上で東照宮の東側の道を上がっていきます

案の定 予定していた滝尾神社はいっぱい

その上に行こうとしますが、タクシーが5~6台連なって下って来たため道路状況を聞くと、もう止めれるところは無いとの返事

ここでタクシーに会わなければ上まで進めたのにと後で後悔することに(タクシーの運転手の言うことを素直に聞いた私がいけなかったのだけど)


結局、東照宮の裏手付近の駐車スペースに止めます



ここからの林道歩き、かなりの覚悟と気合がいります

ましてや1時間半の遅れがどこまでひびくのか?!

時間をみて行けるところまで行ってみようということで出発(私達が最後の出発じゃないかしら・・・)
林道歩き 雲竜
こんな景色を見ながら・・・歩きだしました


林道を歩いていくと、あれ?ここも止められる。あ、、あそこにも止められる。。。

と駐車スペースを確保出来る場所が沢山あります

また道も回避スペースがあるので安心

ゲート前は転回もできないくらい狭い・・・・という情報がありましたが、ぜんぜんそんな事はない・・・十分な広さもあるし、まずはゲート前までくれば良かったと(ま、、ここでタクシーが5~6台も来られたらいっぱいだよな)


駐車場から洞門岩まで林道歩き

もくもくと進みます


途中、稲荷川展望台
稲荷川展望台


展望台から見る景色
展望台からの風景 雲竜
向こうはモノトーン でもあの先に滝があるのね・・・とワクワクします


私にしてはかなりのスピードで歩きました(なんたって、、、氷瀑が見れるかどうかが、ここからは私の歩にかかっているし)



洞門岩から沢沿いにいくか、そのまま林道へ行くか・・・
洞門岩
ここはちょっとした広場になっていました


もちろん、林道(渡渉は避けたいので…でもこの林道選択が大きな時間を要するのでした)


綴ら折れの林道の雪は登るに連れてどんどん深くなっていきます
もくもく歩き 雲竜
(修行のようでした(ー_ー)!!)

もう、林道歩きはやだ~と心折れそうになっているところでやっと渓谷入口

やっときたよ・・・はぁ~・・・・


渓谷入口の展望からもその氷柱の様子が見えています

さらに階段を下っていき渡渉を7~8回繰り返しながら進むと(凍って雪がのって怖かった~私にとって一番の核心部でした)
振り返って雲竜
これは振り返っての図 こんな感じで渡渉です
落ちたらドボンですよ


氷柱のカーテンが見えてテンションUPする光景になりました
雲竜1
川を挟んで左右に氷柱

まさに氷の神殿というに相応しい

途中クライミングする人も
雲竜2


一番奥にある雲竜瀑を間近で見るためには登って下って滝壺へのルートになります
雲竜3
→の方向に上がっていきます


滝壺に降りると・・・



でっかい!!
雲竜4

氷柱もいいですが、このようなモリモリ感もいいです
モリモリ感の雲竜


これは人気がでるはずだわ


山の友達何人かがこの雲竜渓谷を訪れており、画像と行程は見ていましたが、ここまですごいとは!

時間が遅かったのが良かったのか(ホントはいけない)

団体さんもいなくなって静かな氷瀑見学となりました



でもそんなにゆっくりはしていられません

もっといたいー!というTさんに2時半には出発しますから。。。と告げて帰る支度をします(いや~、、、私の歩だと着くのは真っ暗だよ^^;)

今日のランチはパンとテルモス紅茶でした。。キムチ鍋持ってきたけど、、、時間切れ



少し下ってクライミングをしていた場所で氷柱を後ろから見てみます
雲竜7
氷柱が落ちてこない岩の下に隠れながら

青い^^
雲竜8


ここから最後の雲竜爆全景
雲竜6


帰路は渓谷入口から洞門岩ま沢沿いを行ってみます

そしたら、行きは45分もかかって林道歩きしたのに帰りは20分くらい

渡渉は1~2回だけだし、、、道もそんなに急な箇所も少ないし

行きも渓谷沿いを進んだ方が時間に余裕ができたのに・・・と後悔



あとは果てしない林道歩きをして無事駐車場に到着しました
帰ってきました雲竜



10:30日光東照宮裏手 開山堂付近―11:20ゲート―12:06稲荷川展望台―12:29洞門岩12:37―13:17(林道経由)渓谷入口―13:48雲竜瀑14:22―14:52(川沿い経由)渓谷入口―15:15洞門岩―16:04ゲート―16:45日光東照宮裏手 開山堂付近

16.6kmも歩いたそうです

どおりで、膝裏が伸びたわけだ^^;



今日の一言:
氷瀑見物って何年ぶりだろ?!
氷瀑を見た時その素晴らしさに久々に興奮しました
今日、雲竜瀑が見れたのは私のガンバリが・・・^^

【2015/01/31 11:02】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
うわあ、行ったんだあ。
うちが行った時は雲竜瀑完全に凍ってなかったから、いい時行けたね。
さすが、すばらしい光景をありがとう。


えいじ
私も以前から行きたいと思っていましたが、実現していません。
以外と簡単に行けそうですね。
今年こそ行って見たいと思いました。



hiro
ぜいぜいさま
ぜぜさんが行ったのを覚えていまして、レポで予習させてもらいました^^V
いや~、、思ってた以上に大きくてビックリ。
渓谷に入ってからの両側の氷柱も見事で、だんだんテンションUPする気持ちが自分でもわかりました^^
滝、完全に凍ってましたね。毎年違う表情なんでしょうね・・・


hiro
えいじさま
スペイン楽しんでますでしょうか~さぞがし、、美味しいことでしょうね~^^

滝、たけ小屋の方なら簡単に行けると思いますよ。
最後の滝壺までの上がって下がってもその年の雪の状態によって変わるとは思いますが、私は大丈夫でしたので。。えいじさんの所からだと日光へのアクセスはいいですもんね。お早めに~

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
うわあ、行ったんだあ。
うちが行った時は雲竜瀑完全に凍ってなかったから、いい時行けたね。
さすが、すばらしい光景をありがとう。
2015/02/03(Tue) 10:41 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
私も以前から行きたいと思っていましたが、実現していません。
以外と簡単に行けそうですね。
今年こそ行って見たいと思いました。
2015/02/03(Tue) 14:25 | URL  | えいじ #-[ 編集]
ぜいぜいさま
ぜぜさんが行ったのを覚えていまして、レポで予習させてもらいました^^V
いや~、、思ってた以上に大きくてビックリ。
渓谷に入ってからの両側の氷柱も見事で、だんだんテンションUPする気持ちが自分でもわかりました^^
滝、完全に凍ってましたね。毎年違う表情なんでしょうね・・・
2015/02/04(Wed) 08:40 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
えいじさま
スペイン楽しんでますでしょうか~さぞがし、、美味しいことでしょうね~^^

滝、たけ小屋の方なら簡単に行けると思いますよ。
最後の滝壺までの上がって下がってもその年の雪の状態によって変わるとは思いますが、私は大丈夫でしたので。。えいじさんの所からだと日光へのアクセスはいいですもんね。お早めに~
2015/02/04(Wed) 08:44 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック