山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
中央線沿線の百蔵山に行ってきました
今日は電車で移動です
半分は観光客、半分は登山客といった車内

車窓から見る山肌は萌木色が一面に
まるでこの瞬間を待っていたかのように一斉に芽吹いた感じです
なんとも美しいこと!


ちょっと肌寒い猿橋駅に降り立ちました

同行者のTさんが迎えに来ているはずですが・・・



いません

やっぱりな・・・


もしや…登山口の駐車場で待ってるんじゃないでしょうね~と電話してみますと


案の定そのとおり


駐車場までは猿橋駅から30分以上歩く・・・・歩くわけないので、迎えにきてもらいます
(Tさんは駅から駐車場まで歩いてくるのか~たいへんね~なんて思っていたらしい)


大月総合グラウンドの駐車場に車を置かせてもらって出発します

アスファルトの道
百蔵山最初の分岐
分岐を左へ 調度見えているのが百蔵山

標識が出ているので迷うことはありません(さすが秀麗富嶽の山 しっかり看板)

民家の軒先を通り
すぐに
百蔵山 スミレその1
スミレその1

いつものように名前がわかりません
調べてもわかりません(もうどうやったらわかるのかしら)


薄暗い杉林の登山道に入りました

エイザンスミレ
百蔵山のエイザンスミレ
ちょっと薄い色でした


しばらく行くと水場があり
百蔵山の水場
「また百蔵山にきてネ」とあたたかいお言葉が添えられた札があります


咲き始めのヒトリシズカ
百蔵山のヒトリシズカ


木漏れ日がまるでスポットライトのようで、本当に舞を舞っているかのように見えました
スポットライトのヒトリシズカ百蔵山


杉林を抜けると調度新緑の真っ最中
杉林を抜けました百蔵山



イカリソウ
百蔵山のイカリソウ
あちこちに咲いていました


こ、これって、アケボノスミレ?
ko,
ちょっと薄ピンクなんだけど。。。よくわからないぁ~


しばらく行くと眺めがいい展望台にでました
眺めがいい展望台にでました百蔵山


こっちは東京方面
中央道が見えます百蔵山
中央道が下に


こっちは大月方面
富士山がみえます百蔵山
黄砂の影響で霞んでいます 右肩に富士山


それにしも、中央道の車の音が山々に反響してすごい音です

ここまでするんだ~・・・音 ちょっとびっくりしました

少しここで休憩しまして進みますとすぐに尾根にでました
タチツボスミレかな尾根にでました
スミレその2 タチツボだと思うんだけど、、

もう、何がなんだか、わからんようになってきました


尾根沿いはこんな感じ
尾根道です百蔵山
比較的傾らかにすすんでいきます

山頂直下付近では伐採作業をされていました


山頂です
百蔵山の山頂です
広々です


秀麗富嶽の道標
百蔵山の山頂の道標
富士山は霞んでますが、、しっかり看板と入るようになっています
さすが、、大月市


いつものように、まったり休憩

ここも中央道の反響音が耳につきました
(ゴーっという音が谷に渦を巻いてる感じ)



休憩しながらこの先のルートを考えます
ホントは扇山まで縦走しようかと思ってたけど、扇山の上りを見て、、やめました

まだ時間も早いのでこの後の予定を岩殿山にします


帰路は東側から下山(上りは西側から)

下りで使ったこのルート
スミレがいっぱいだけど、急な斜面でザレていて滑りそうでした
2百蔵山スミレその
そしてまたまたわからないスミレその3


スミレその4
百蔵山スミレその3
色はその3と同じだけど、ぜったい 違う名前だ!(・・と思う^^;)

う~ん。。。。

と頭を悩ませての下山となりました

スミレその5
百蔵山スミレその4
もうここまでくると、名前はわからないのに写真だけは撮る人になってます


フデリンドウ
百蔵山フデリンドウ

ミツバツチグリ
百蔵山ミツバツチグリ
お花がいたるところにあって飽きない道でした


明るい新緑の中にでました
百蔵山新緑に


これは東側の登山口です
百蔵山 登山下山口
ここから車道で駐車場までアスファルト歩き


名前がわからないスミレの山旅でした


猿橋駅7:36着(車移動)8:11大月総合グラウンド―9:23 907地点―9:37百蔵山10:21―大月総合グラウンド11:23




途中、猿橋に寄ってみました
猿橋
いつも通過ばかりの土地なので初めて来ました


橋から下をみると高いの!(向こうの赤は国道20号)
猿橋からの眺め
そして、もみじの新緑が美しいこと!


おしまい


岩殿山は駐車場が無くて今回は断念

また機会があればいつか


勝沼に行ってワインを買って帰りましたとさ


追記:
ワインを買ったあとは、都留のリニア実験センターでリニア走行を見ました!
先週見れなかったリニアですよ!
一瞬でビュンと視界から消えてゆきました


今日の一言:
新緑とお花が咲き乱れるいい時期になりました
そして、4時間行動で筋肉痛です(>_<)
今後の山登り、、、だいじょぶかな~心配


追記を閉じる▲


ちょっと肌寒い猿橋駅に降り立ちました

同行者のTさんが迎えに来ているはずですが・・・



いません

やっぱりな・・・


もしや…登山口の駐車場で待ってるんじゃないでしょうね~と電話してみますと


案の定そのとおり


駐車場までは猿橋駅から30分以上歩く・・・・歩くわけないので、迎えにきてもらいます
(Tさんは駅から駐車場まで歩いてくるのか~たいへんね~なんて思っていたらしい)


大月総合グラウンドの駐車場に車を置かせてもらって出発します

アスファルトの道
百蔵山最初の分岐
分岐を左へ 調度見えているのが百蔵山

標識が出ているので迷うことはありません(さすが秀麗富嶽の山 しっかり看板)

民家の軒先を通り
すぐに
百蔵山 スミレその1
スミレその1

いつものように名前がわかりません
調べてもわかりません(もうどうやったらわかるのかしら)


薄暗い杉林の登山道に入りました

エイザンスミレ
百蔵山のエイザンスミレ
ちょっと薄い色でした


しばらく行くと水場があり
百蔵山の水場
「また百蔵山にきてネ」とあたたかいお言葉が添えられた札があります


咲き始めのヒトリシズカ
百蔵山のヒトリシズカ


木漏れ日がまるでスポットライトのようで、本当に舞を舞っているかのように見えました
スポットライトのヒトリシズカ百蔵山


杉林を抜けると調度新緑の真っ最中
杉林を抜けました百蔵山



イカリソウ
百蔵山のイカリソウ
あちこちに咲いていました


こ、これって、アケボノスミレ?
ko,
ちょっと薄ピンクなんだけど。。。よくわからないぁ~


しばらく行くと眺めがいい展望台にでました
眺めがいい展望台にでました百蔵山


こっちは東京方面
中央道が見えます百蔵山
中央道が下に


こっちは大月方面
富士山がみえます百蔵山
黄砂の影響で霞んでいます 右肩に富士山


それにしも、中央道の車の音が山々に反響してすごい音です

ここまでするんだ~・・・音 ちょっとびっくりしました

少しここで休憩しまして進みますとすぐに尾根にでました
タチツボスミレかな尾根にでました
スミレその2 タチツボだと思うんだけど、、

もう、何がなんだか、わからんようになってきました


尾根沿いはこんな感じ
尾根道です百蔵山
比較的傾らかにすすんでいきます

山頂直下付近では伐採作業をされていました


山頂です
百蔵山の山頂です
広々です


秀麗富嶽の道標
百蔵山の山頂の道標
富士山は霞んでますが、、しっかり看板と入るようになっています
さすが、、大月市


いつものように、まったり休憩

ここも中央道の反響音が耳につきました
(ゴーっという音が谷に渦を巻いてる感じ)



休憩しながらこの先のルートを考えます
ホントは扇山まで縦走しようかと思ってたけど、扇山の上りを見て、、やめました

まだ時間も早いのでこの後の予定を岩殿山にします


帰路は東側から下山(上りは西側から)

下りで使ったこのルート
スミレがいっぱいだけど、急な斜面でザレていて滑りそうでした
2百蔵山スミレその
そしてまたまたわからないスミレその3


スミレその4
百蔵山スミレその3
色はその3と同じだけど、ぜったい 違う名前だ!(・・と思う^^;)

う~ん。。。。

と頭を悩ませての下山となりました

スミレその5
百蔵山スミレその4
もうここまでくると、名前はわからないのに写真だけは撮る人になってます


フデリンドウ
百蔵山フデリンドウ

ミツバツチグリ
百蔵山ミツバツチグリ
お花がいたるところにあって飽きない道でした


明るい新緑の中にでました
百蔵山新緑に


これは東側の登山口です
百蔵山 登山下山口
ここから車道で駐車場までアスファルト歩き


名前がわからないスミレの山旅でした


猿橋駅7:36着(車移動)8:11大月総合グラウンド―9:23 907地点―9:37百蔵山10:21―大月総合グラウンド11:23




途中、猿橋に寄ってみました
猿橋
いつも通過ばかりの土地なので初めて来ました


橋から下をみると高いの!(向こうの赤は国道20号)
猿橋からの眺め
そして、もみじの新緑が美しいこと!


おしまい


岩殿山は駐車場が無くて今回は断念

また機会があればいつか


勝沼に行ってワインを買って帰りましたとさ


追記:
ワインを買ったあとは、都留のリニア実験センターでリニア走行を見ました!
先週見れなかったリニアですよ!
一瞬でビュンと視界から消えてゆきました


今日の一言:
新緑とお花が咲き乱れるいい時期になりました
そして、4時間行動で筋肉痛です(>_<)
今後の山登り、、、だいじょぶかな~心配

【2015/04/20 11:23】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ROCKY
可愛らしい花がたくさん咲いてる山なんだぁ・・・
百蔵山って 初めて知った山江だけど
けっこうポピュラーな山なんですか?

hiro姫 最後はやっぱり・・・酒なんだぁ(^^♪


ぜいぜい
スミレわかんないよね~
写真だと色忠実にでないしね。。。
私は「日本のスミレ」っていう本とあとはたけさんのHPで同定だなあ。


hiro
ROCKYさま
大月市が選定した秀麗富嶽ってのがあるんです。その中の一つの山なので、けっこう知っている人は多いかも。電車でアクセスできるし、都内の人には重宝してるんじゃないかな~と。扇山にも縦走できるし。
百蔵山は花の百名山だそうです(数ある花の百名山のうちの一つね)

買わないつもりが、やっぱり買ってしまった。。。。
もう、あたしってば不甲斐ない


hiro
ぜいぜいさま
ふむふむ、、、なるほど。日本のスミレね。
私もスミレ本持ってるんだけど、、、色で区別はつかないし、、難しなっと。
そして、スミレシーズンが終わってまた来年、同じことの繰り返しなんだな~これが。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
可愛らしい花がたくさん咲いてる山なんだぁ・・・
百蔵山って 初めて知った山江だけど
けっこうポピュラーな山なんですか?

hiro姫 最後はやっぱり・・・酒なんだぁ(^^♪
2015/04/20(Mon) 20:55 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
スミレわかんないよね~
写真だと色忠実にでないしね。。。
私は「日本のスミレ」っていう本とあとはたけさんのHPで同定だなあ。
2015/04/21(Tue) 09:10 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
ROCKYさま
大月市が選定した秀麗富嶽ってのがあるんです。その中の一つの山なので、けっこう知っている人は多いかも。電車でアクセスできるし、都内の人には重宝してるんじゃないかな~と。扇山にも縦走できるし。
百蔵山は花の百名山だそうです(数ある花の百名山のうちの一つね)

買わないつもりが、やっぱり買ってしまった。。。。
もう、あたしってば不甲斐ない
2015/04/21(Tue) 17:52 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
ぜいぜいさま
ふむふむ、、、なるほど。日本のスミレね。
私もスミレ本持ってるんだけど、、、色で区別はつかないし、、難しなっと。
そして、スミレシーズンが終わってまた来年、同じことの繰り返しなんだな~これが。
2015/04/21(Tue) 17:55 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック