山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
深夜に起床

朝ごはんはおでんと雑炊

おでん、腹持ちが良くていいかも!

和佐又山キャンプ場から行者還トンネルまで1時間もかからないかな・・・
深夜の山道をぐるぐると

大変狭く気を使う道でした(私は運転してませんけどね・・)

5時すぎに着きました

駐車場1000円 トイレは1回100円
行者還トンネル
このトンネルを抜けてきまた



出発~!
弥山登山口



沢沿いの道を歩き、すぐに、急登になりました
弥山ネコノメソウ
ネコノメソウ発見


まだ日が差し込む前の山を登ってゆきます
弥山急登を
かなり急でつづら折れの道です


左手には奥駈道の山稜が見えていてコの字型に囲まれている感じです


一時間ほど我慢して登ると大峯奥駈道と合流します
奥崖道出合
切り株の椅子で休憩 しんどい道でした


ここからは比較的なだらかな尾根を進みます
なだらかな道を弁天のもりへ


左手には雲海
左手には雲海 弥山へ
幻想的・・・修験者が出てきそう


ここは弁天の森
ここは弁天の森


弁天の森を越え少し下がった場所から弥山の山頂建物の屋根が見えました
弥山の小屋の屋根がみえます
うわっ・・・まだまだあるよ あの山の麓まで歩くのね
ここから見上げる弥山の標高にがっくりきます


またまたなだらかな道
またまたなだらかな道弥山へ
多少のUPダウンがつらくなってきました


つらいな。。。と思ってたら理源大師像と聖宝の宿に到着
やっと理源大師
休憩してここからの上りにエネルギー補給します



さぁ!最後の上り!標高をどんどんあげます
途中雪もありました弥山への上り
今、気づいた・・・Tさん、緑のザックに緑のシャツって・・
周りと同化して、遭難した時に絶対助からない色だよ^^;


左手には奈良から和歌山へ続く山並みがきれいでした
標高を上げると展望が弥山へののぼり
ここの急登もしんどいけど、展望がある場所は風が通って涼しい~



そして、ようやく弥山小屋に到着
づぎましたー弥山小屋
山頂はこの奥



山頂です
弥山の山頂はこの先

山頂からは八経ヶ岳が見えました
弥山の山頂から八経ヶ岳が見えました
あ、、、また下がって登るタイプだ


小屋の前はベンチとテーブルがいくつかあって快適でした
もちろん、トイレも開いていて快適^^(もう、そっこーで行ったもんね)
あ、、でも小屋開けはしてない


しばらく休憩して八経ヶ岳へ向かいました


これは下がった一番下の部分
1回下がってまた上り 弥山
この先にオオヤマレンゲの群生地があって鹿の食害を防ぐために柵で囲ってありあます
(扉の開け閉めは必須!)


近畿の最高峰 八経ヶ岳です
着きました八経ヶ岳


山頂から見る大嶺奥駈道 その先の山です
大嶺奥崖道 その先の山
この景色を見ながら休憩しました(Tさんはなんか食べてます・・・)

山深い印象です

昨年行った四国の山を思い出しました

幾重にも重なる山は東日本の山とはちょっと違う山の深さを感じます



風が強く寒くなったので下山


弥山小屋前で休憩、記念写真
弥山へ戻りピース
うわっ・・とおっ!


来た道を下山しました
登山口付近で
弥山かわいいスミレ
すみれ

なんて名前だろう・・・


5:45駐車場―6:45奥駈道出合6:56―7:17弁天の森―7:44理源大師像7:45―8:45弥山小屋 弥山山頂9:10―9:34八経ヶ岳10:03―10:25弥山小屋11:00―11:35理源大師像―11:57弁天の森―12:14奥駈道出合12:25―13:00駐車場




帰路はまた行者還トンネルを抜けて
今朝来た道 弥山
行く時はまだ真っ暗だったから景色が見られませんでした
山桜がほのかに染まっていて緑が優しくて
この山深い景色に見とれてしまいましたが・・・

この先、この画像の下の道あたりで、、まさかの!!出来事がありました



今日はまだまだ続くのです・・・


追記を閉じる▲
深夜の山道をぐるぐると

大変狭く気を使う道でした(私は運転してませんけどね・・)

5時すぎに着きました

駐車場1000円 トイレは1回100円
行者還トンネル
このトンネルを抜けてきまた



出発~!
弥山登山口



沢沿いの道を歩き、すぐに、急登になりました
弥山ネコノメソウ
ネコノメソウ発見


まだ日が差し込む前の山を登ってゆきます
弥山急登を
かなり急でつづら折れの道です


左手には奥駈道の山稜が見えていてコの字型に囲まれている感じです


一時間ほど我慢して登ると大峯奥駈道と合流します
奥崖道出合
切り株の椅子で休憩 しんどい道でした


ここからは比較的なだらかな尾根を進みます
なだらかな道を弁天のもりへ


左手には雲海
左手には雲海 弥山へ
幻想的・・・修験者が出てきそう


ここは弁天の森
ここは弁天の森


弁天の森を越え少し下がった場所から弥山の山頂建物の屋根が見えました
弥山の小屋の屋根がみえます
うわっ・・・まだまだあるよ あの山の麓まで歩くのね
ここから見上げる弥山の標高にがっくりきます


またまたなだらかな道
またまたなだらかな道弥山へ
多少のUPダウンがつらくなってきました


つらいな。。。と思ってたら理源大師像と聖宝の宿に到着
やっと理源大師
休憩してここからの上りにエネルギー補給します



さぁ!最後の上り!標高をどんどんあげます
途中雪もありました弥山への上り
今、気づいた・・・Tさん、緑のザックに緑のシャツって・・
周りと同化して、遭難した時に絶対助からない色だよ^^;


左手には奈良から和歌山へ続く山並みがきれいでした
標高を上げると展望が弥山へののぼり
ここの急登もしんどいけど、展望がある場所は風が通って涼しい~



そして、ようやく弥山小屋に到着
づぎましたー弥山小屋
山頂はこの奥



山頂です
弥山の山頂はこの先

山頂からは八経ヶ岳が見えました
弥山の山頂から八経ヶ岳が見えました
あ、、、また下がって登るタイプだ


小屋の前はベンチとテーブルがいくつかあって快適でした
もちろん、トイレも開いていて快適^^(もう、そっこーで行ったもんね)
あ、、でも小屋開けはしてない


しばらく休憩して八経ヶ岳へ向かいました


これは下がった一番下の部分
1回下がってまた上り 弥山
この先にオオヤマレンゲの群生地があって鹿の食害を防ぐために柵で囲ってありあます
(扉の開け閉めは必須!)


近畿の最高峰 八経ヶ岳です
着きました八経ヶ岳


山頂から見る大嶺奥駈道 その先の山です
大嶺奥崖道 その先の山
この景色を見ながら休憩しました(Tさんはなんか食べてます・・・)

山深い印象です

昨年行った四国の山を思い出しました

幾重にも重なる山は東日本の山とはちょっと違う山の深さを感じます



風が強く寒くなったので下山


弥山小屋前で休憩、記念写真
弥山へ戻りピース
うわっ・・とおっ!


来た道を下山しました
登山口付近で
弥山かわいいスミレ
すみれ

なんて名前だろう・・・


5:45駐車場―6:45奥駈道出合6:56―7:17弁天の森―7:44理源大師像7:45―8:45弥山小屋 弥山山頂9:10―9:34八経ヶ岳10:03―10:25弥山小屋11:00―11:35理源大師像―11:57弁天の森―12:14奥駈道出合12:25―13:00駐車場




帰路はまた行者還トンネルを抜けて
今朝来た道 弥山
行く時はまだ真っ暗だったから景色が見られませんでした
山桜がほのかに染まっていて緑が優しくて
この山深い景色に見とれてしまいましたが・・・

この先、この画像の下の道あたりで、、まさかの!!出来事がありました



今日はまだまだ続くのです・・・

【2015/05/05 15:53】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ROCKY
すごいね・・・・今回の山行は。
ジプシーみたいに移動して・・・
山行のハシゴだぁ・・・・。
荒島岳・八経ヶ岳は たぶん ボクは行けない山だと思うので・・・・(根拠はないけど)
hiro姫のレポートで しっかりチェックしておきます。
   (*’-’*)エヘヘ♪


hiro
ROCKYさま
ま~そう言わず・・
荒島岳、登ったらよかった!!残雪のこの時期、オススメ!夏は暑いからね。お花がいいし、ブナ林もいいし!
八経ヶ岳は、、遠いですね、奈良観光と兼ねてなら・・・

毎日の登り返しが、いがいとキツイ。縦走の方がそんなにUPダウンが無くていいかも。

弥山・八経ヶ岳
K林@一休み
おおっ、弥山に八経ヶ岳、懐かしいです!!
弥山の登り、結構キツかったでしょ? (^.^)
雪は無かったのかな? 丁度同じ時期だったけど去年は山頂付近にかなりありました。

それにしても凄い駈け廻りようですな…



hiro
K林さま
K林さんもこの道を歩いたんだな~と思って登ってましたよ。
雪は弥山、八経の下2-3mくらいの幅しかありませんでした。雪解けが早かったみたいです。

平な所を歩いて行ってからの弥山への標高を見たとき、愕然としましたわ^^;


ぜいぜい
お~バリバリ登ってますね~
芽吹きの緑はほんとにいいね。
そこにぽっと染まる山桜ですかあ。
風景も心もうきうきですね。


hiro
ぜいぜいさま
バリバリというか、、だらだらでしたーー;

山桜は優しいピンクv-252染井吉野よりすきかな~
緑もまたよくてね~。。。
この画像の下まで下っていくまでは、心ウキウキだったんですけどね~^^;

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
すごいね・・・・今回の山行は。
ジプシーみたいに移動して・・・
山行のハシゴだぁ・・・・。
荒島岳・八経ヶ岳は たぶん ボクは行けない山だと思うので・・・・(根拠はないけど)
hiro姫のレポートで しっかりチェックしておきます。
   (*’-’*)エヘヘ♪
2015/05/05(Tue) 19:16 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
ROCKYさま
ま~そう言わず・・
荒島岳、登ったらよかった!!残雪のこの時期、オススメ!夏は暑いからね。お花がいいし、ブナ林もいいし!
八経ヶ岳は、、遠いですね、奈良観光と兼ねてなら・・・

毎日の登り返しが、いがいとキツイ。縦走の方がそんなにUPダウンが無くていいかも。
2015/05/06(Wed) 08:53 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
弥山・八経ヶ岳
おおっ、弥山に八経ヶ岳、懐かしいです!!
弥山の登り、結構キツかったでしょ? (^.^)
雪は無かったのかな? 丁度同じ時期だったけど去年は山頂付近にかなりありました。

それにしても凄い駈け廻りようですな…
2015/05/06(Wed) 21:05 | URL  | K林@一休み #W0p.A8Zs[ 編集]
K林さま
K林さんもこの道を歩いたんだな~と思って登ってましたよ。
雪は弥山、八経の下2-3mくらいの幅しかありませんでした。雪解けが早かったみたいです。

平な所を歩いて行ってからの弥山への標高を見たとき、愕然としましたわ^^;
2015/05/07(Thu) 08:47 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
お~バリバリ登ってますね~
芽吹きの緑はほんとにいいね。
そこにぽっと染まる山桜ですかあ。
風景も心もうきうきですね。
2015/05/07(Thu) 09:15 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
ぜいぜいさま
バリバリというか、、だらだらでしたーー;

山桜は優しいピンクv-252染井吉野よりすきかな~
緑もまたよくてね~。。。
この画像の下まで下っていくまでは、心ウキウキだったんですけどね~^^;
2015/05/08(Fri) 09:16 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック