山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
コイワザクラの時期です^^v
なんだか今年はお花が早いの?
急いで出かけてみました


文化洞トンネルはロープが張られていたので近くの霊園の路肩スペースに車を止めて出発
文化洞トンネルから出発
バス停看板の後ろ空き地の奥から登山口が


すぐに美林のお出迎え
すぐに緑に包まれます毛無し山
朝の空気が爽やかです 緑も爽やか~^^


ギンラン?
ギンラン?毛無山

チゴユリはあちこちに
チゴユリ 毛無山

まったくもって名前がわからないスミレ
毛無山スミレ1

紫のイカリソウがあちこちに これは多かった
毛無山イカリソウ

アケボノスミレ?かわいい色でした
毛無山アケボノスミレ


と、、足元がとても華やかな登山道でありますが、滑りやすく、急な道でした
つづら折れじゃなくて、、ずっと真っ直ぐ急坂^^;


尾根まであと少しというところから富士山も見え始めて
文化洞トンエルからの尾根道
下の新緑のモコモコの中を登ってきました


カヤトの平原が出てきたら山頂です
毛無山山頂2015
ここで富士山を見ながら休憩
まだ朝早いので私達ともうひと組のグループしかいませんでした



毛無山を出発してほどなく
一ヶ岳からつづく
一ヶ岳

すぐにニヶ岳・・・三ヶ岳・・と

十二ヶ岳までこんな感じの看板が続きます

地味~なUPダウンでこれがまた疲れるの!


九ヶ岳!
九ヶ岳
ここから岩とロープのUPダウンも加わって!


岩を下った所に
九ヶ岳~十ヶ岳にさく
コイワザクラ
九ヶ岳~十ヶ岳の岩場で


岩の斜面に咲いてます
九ヶ岳~十ヶ岳のコイワザクラ
かわいい色ですが、カメラではあまりよく色が出ませんでした


十ヶ岳へは岩を登って、また延々と降ります
十ヶ岳から登って延々と降ります ロープ
ほぼ垂直


ロープを降りたらまたあった!
ロープを降りるとまたコイワザクラ
下からTさんがあったよー!と声をかけてくれますが心は急ぐものの。。。体は^^;


は~、、一眼持ってくればよかった
ロープを降りるとコイワザクラ
花が紫だよ^^;

まあ、なにわともあれ、、岩場のあちこちにたくさん咲いていまして、、、
今日のミッションは終了~ということになりますが、この岩場を通過しなければ・・・・帰れません


きれいな花が咲くところは難儀な場所が多いものですね

お花を堪能したくとも、後続に次のグループがいるので
カメラ片手に立ち往生もね^^;


お花に後ろ髪をひかれつつ。。。。


また岩をのぼり
十二ヶ岳まではこんな岩場
十二ヶ岳へはずっとこんな感じ 登って降りて・・


ものぐごーく揺れる橋をわたって・・・
十一ヶ岳と十二ヶ岳をつなぐ橋
これ、十一~十二へつづく橋 
最後の部分の持ち手が遠くて・・こわい!
橋を渡って、左の岩を登って・・・ようやく岩を抜けたかなと思ったら・・・・

今度は後ろに転がりそうなほどの急な坂!



急な坂をぐいぐいのぼって
スミレの群落 十一ヶ岳~十二ヶ岳
ようやく足場が良くなった場所でスミレに癒されました ほっ

は~、、もうふくらはぎが伸び伸びです


ようやく十二ヶ岳
やっと十二ヶ岳
栄養補給のタケノコおにぎりを食べます

は~、、ほっとしました

朝は一番じゃないか?と思えるくらい早かったのに、後からどんどん人がきまして、山頂はいっぱい


しばらく休憩して出発しました



これから行く金山~鬼ヶ岳の稜線がみえています
金山~鬼ヶ岳
十二ヶ岳はトンガった山だから急坂だったけど、ここからはのんびり尾根歩きができそう


ここはエイザンスミレが多かったな
十二ヶ岳~金山のスミレ


左手には西湖と富士山の展望
十二ヶ岳~金山の富士山


進め進め~
十二ヶ岳~金山の縦走路


白いのも発見したのよね
十二ヶ岳~金谷の白いスミレ


この子は丸い花びらだった
丸い花びらのエイザンスミレ


花を見つけながらののどかな道 さっきの岩場とは大違い
鬼ヶ岳へ平らな道となりました
あれ、、Tさん、今日も緑と同化している 遭難したらまた発見されないタイプの色です


白いエイザンスミレ
白いエイザンスミレ 金山へ

この色はみんなタチツボだと思ってる
金山へスミレ

この子は?
金山へこれはなんだろう
ヒメイチゲ

とにかく、至るところにお花があって飽きません


最後、金山からひとふんばり登りまして
鬼の角が見えてきた
鬼ヶ岳の角と雪頭ヶ岳への稜線も見えてきました



今日の山頂は賑わっていました
鬼ヶ岳山頂2回目
展望をたのしみます


白峰三山
甲府と白峰三山です
その左側に南アルプスの山並がいくつも見えています
山頂にいたグループの方から教えてもらいますが
イマイチどれがどの山だか名前が^^;


鬼の角も忘れずに
鬼の角と富士山のコラボ
ゆっくりできそうもなかったので写真を撮りまして雪頭ヶ岳に移動しました



・・・と思って雪頭ヶ岳に移動したら、、

また混雑

一段下のスペースに移動して

ごはんにします

今日はラーメンと半チャーハン(まるでラーメン屋の定食だな^^;)



と、にっが~いコーヒー
        ↓
にっがーいコーヒーで乾杯雪刀ヶ岳
粉入れすぎだってばさ~


着いた時は綺麗に見えていた富士山もごはんを食べ終わるころは雲が出て


陽射しも暑かったので下山です


それでも一時間はのんびりしていました


下山ではまたお花を見つけ
鬼ヶ岳の下山でこれはなに?
ツルシロガネソウ



緑の中への下山となりました
鬼ヶ岳から緑のブナ
この時期のブナは大好きです


おしまい


5:55文化洞トンネル―7:36毛無山7:50―8:54十一ヶ岳9:05―9:40十二ヶ岳10:02―10:43金山―11:16鬼ヶ岳11:26―11:39雪頭ヶ岳12:46―14:13魚眠荘バス停~毛無山登山口バス停までバス


今日の一言・・
散っていたと思っていたコイワザクラの花が見れてよかった・・・
サクラソウの花探しの旅に出たいな~・・・・


追記を閉じる▲
なんだか今年はお花が早いの?
急いで出かけてみました


文化洞トンネルはロープが張られていたので近くの霊園の路肩スペースに車を止めて出発
文化洞トンネルから出発
バス停看板の後ろ空き地の奥から登山口が


すぐに美林のお出迎え
すぐに緑に包まれます毛無し山
朝の空気が爽やかです 緑も爽やか~^^


ギンラン?
ギンラン?毛無山

チゴユリはあちこちに
チゴユリ 毛無山

まったくもって名前がわからないスミレ
毛無山スミレ1

紫のイカリソウがあちこちに これは多かった
毛無山イカリソウ

アケボノスミレ?かわいい色でした
毛無山アケボノスミレ


と、、足元がとても華やかな登山道でありますが、滑りやすく、急な道でした
つづら折れじゃなくて、、ずっと真っ直ぐ急坂^^;


尾根まであと少しというところから富士山も見え始めて
文化洞トンエルからの尾根道
下の新緑のモコモコの中を登ってきました


カヤトの平原が出てきたら山頂です
毛無山山頂2015
ここで富士山を見ながら休憩
まだ朝早いので私達ともうひと組のグループしかいませんでした



毛無山を出発してほどなく
一ヶ岳からつづく
一ヶ岳

すぐにニヶ岳・・・三ヶ岳・・と

十二ヶ岳までこんな感じの看板が続きます

地味~なUPダウンでこれがまた疲れるの!


九ヶ岳!
九ヶ岳
ここから岩とロープのUPダウンも加わって!


岩を下った所に
九ヶ岳~十ヶ岳にさく
コイワザクラ
九ヶ岳~十ヶ岳の岩場で


岩の斜面に咲いてます
九ヶ岳~十ヶ岳のコイワザクラ
かわいい色ですが、カメラではあまりよく色が出ませんでした


十ヶ岳へは岩を登って、また延々と降ります
十ヶ岳から登って延々と降ります ロープ
ほぼ垂直


ロープを降りたらまたあった!
ロープを降りるとまたコイワザクラ
下からTさんがあったよー!と声をかけてくれますが心は急ぐものの。。。体は^^;


は~、、一眼持ってくればよかった
ロープを降りるとコイワザクラ
花が紫だよ^^;

まあ、なにわともあれ、、岩場のあちこちにたくさん咲いていまして、、、
今日のミッションは終了~ということになりますが、この岩場を通過しなければ・・・・帰れません


きれいな花が咲くところは難儀な場所が多いものですね

お花を堪能したくとも、後続に次のグループがいるので
カメラ片手に立ち往生もね^^;


お花に後ろ髪をひかれつつ。。。。


また岩をのぼり
十二ヶ岳まではこんな岩場
十二ヶ岳へはずっとこんな感じ 登って降りて・・


ものぐごーく揺れる橋をわたって・・・
十一ヶ岳と十二ヶ岳をつなぐ橋
これ、十一~十二へつづく橋 
最後の部分の持ち手が遠くて・・こわい!
橋を渡って、左の岩を登って・・・ようやく岩を抜けたかなと思ったら・・・・

今度は後ろに転がりそうなほどの急な坂!



急な坂をぐいぐいのぼって
スミレの群落 十一ヶ岳~十二ヶ岳
ようやく足場が良くなった場所でスミレに癒されました ほっ

は~、、もうふくらはぎが伸び伸びです


ようやく十二ヶ岳
やっと十二ヶ岳
栄養補給のタケノコおにぎりを食べます

は~、、ほっとしました

朝は一番じゃないか?と思えるくらい早かったのに、後からどんどん人がきまして、山頂はいっぱい


しばらく休憩して出発しました



これから行く金山~鬼ヶ岳の稜線がみえています
金山~鬼ヶ岳
十二ヶ岳はトンガった山だから急坂だったけど、ここからはのんびり尾根歩きができそう


ここはエイザンスミレが多かったな
十二ヶ岳~金山のスミレ


左手には西湖と富士山の展望
十二ヶ岳~金山の富士山


進め進め~
十二ヶ岳~金山の縦走路


白いのも発見したのよね
十二ヶ岳~金谷の白いスミレ


この子は丸い花びらだった
丸い花びらのエイザンスミレ


花を見つけながらののどかな道 さっきの岩場とは大違い
鬼ヶ岳へ平らな道となりました
あれ、、Tさん、今日も緑と同化している 遭難したらまた発見されないタイプの色です


白いエイザンスミレ
白いエイザンスミレ 金山へ

この色はみんなタチツボだと思ってる
金山へスミレ

この子は?
金山へこれはなんだろう
ヒメイチゲ

とにかく、至るところにお花があって飽きません


最後、金山からひとふんばり登りまして
鬼の角が見えてきた
鬼ヶ岳の角と雪頭ヶ岳への稜線も見えてきました



今日の山頂は賑わっていました
鬼ヶ岳山頂2回目
展望をたのしみます


白峰三山
甲府と白峰三山です
その左側に南アルプスの山並がいくつも見えています
山頂にいたグループの方から教えてもらいますが
イマイチどれがどの山だか名前が^^;


鬼の角も忘れずに
鬼の角と富士山のコラボ
ゆっくりできそうもなかったので写真を撮りまして雪頭ヶ岳に移動しました



・・・と思って雪頭ヶ岳に移動したら、、

また混雑

一段下のスペースに移動して

ごはんにします

今日はラーメンと半チャーハン(まるでラーメン屋の定食だな^^;)



と、にっが~いコーヒー
        ↓
にっがーいコーヒーで乾杯雪刀ヶ岳
粉入れすぎだってばさ~


着いた時は綺麗に見えていた富士山もごはんを食べ終わるころは雲が出て


陽射しも暑かったので下山です


それでも一時間はのんびりしていました


下山ではまたお花を見つけ
鬼ヶ岳の下山でこれはなに?
ツルシロガネソウ



緑の中への下山となりました
鬼ヶ岳から緑のブナ
この時期のブナは大好きです


おしまい


5:55文化洞トンネル―7:36毛無山7:50―8:54十一ヶ岳9:05―9:40十二ヶ岳10:02―10:43金山―11:16鬼ヶ岳11:26―11:39雪頭ヶ岳12:46―14:13魚眠荘バス停~毛無山登山口バス停までバス


今日の一言・・
散っていたと思っていたコイワザクラの花が見れてよかった・・・
サクラソウの花探しの旅に出たいな~・・・・

【2015/05/11 11:44】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ROCKY
十二ヶ岳って・・・・面白そうなコースですね。
ず~っと富士山を見ながら歩けるの??

にっが~いコーヒーの入ったカップ
ボクのカップと同じだぁ!



ぜいぜい
何年か前に同じコース歩いたなあ。
歩きであるけど富士山の展望もよくていいコースだよね。
コイワザクラもかわいいね~


hiro
ROCKYさま
一ヶ岳から始まって、だんだんと岩岩がでてきます。岩はほぼ垂直ですよ。危険マークついてますもん^^
そして、あの揺れる橋!試してくださいませ~。
左には始終富士山です。

あら一緒ですかキャプテンスタッグ。
これもう20年以上使ってます^^;


hiro
ぜいぜいさま
垂直岩の途中にもコイワザクラがあって・・・
これはさすがにカメラが取り出せないな~という感じでした。
河口湖を通る時、毎回のようにぜぜさんに聞いていた山に登ることができました^^v

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
十二ヶ岳って・・・・面白そうなコースですね。
ず~っと富士山を見ながら歩けるの??

にっが~いコーヒーの入ったカップ
ボクのカップと同じだぁ!
2015/05/11(Mon) 21:16 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
何年か前に同じコース歩いたなあ。
歩きであるけど富士山の展望もよくていいコースだよね。
コイワザクラもかわいいね~
2015/05/12(Tue) 10:43 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
ROCKYさま
一ヶ岳から始まって、だんだんと岩岩がでてきます。岩はほぼ垂直ですよ。危険マークついてますもん^^
そして、あの揺れる橋!試してくださいませ~。
左には始終富士山です。

あら一緒ですかキャプテンスタッグ。
これもう20年以上使ってます^^;
2015/05/12(Tue) 22:26 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
ぜいぜいさま
垂直岩の途中にもコイワザクラがあって・・・
これはさすがにカメラが取り出せないな~という感じでした。
河口湖を通る時、毎回のようにぜぜさんに聞いていた山に登ることができました^^v
2015/05/12(Tue) 22:29 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック