FC2ブログ

ひろ’S Bar

山登りと自然と温泉と…おいしいもの!

4

5/23 安達太良山

岳温泉、3回も入っちゃった

ガッツリ朝ごはんを食べて宿を出発~♫
(納豆と温泉玉子の組み合わせってサイコー)
温泉街から山へ向けてどんどん高度を上げていきますと風が強くなってきました

周りの木々がユッサユサと揺れているのがわかります

これは、、もしや。。。

ここでこんなに風が強いんじゃ。。。ゴンドラの運転は・・・・・

と、心配しながらの駐車場到着 8時ちょいすぎ

一番上のスペースに止めました

駐車場にはもう、既にかなりの車の数がとまっていまして、登山客が右の方へ歩いていきます

ん?右?ゴンドラの建物は左じゃ・・・


案の定、「強風の為ゴンドラ運休」と車のウインドウに貼ってあります
安達太良山 135
は~(>_<)ここはゴンドラで楽々山頂へ。。なんて考えてたのにガッカリ


仕方なく、歩きます


つづら折れの林道をてくてく歩きます

福島の陽射しは暑く、木陰を探しながら
安達太良山137

日陰はまだスミレがわんさか大群でした
安達太良山 139
これが一番多かったかな タチツボ?・・・

ニョイスミレ 小さくてかわいい~
安達太良山 140


そして、マイヅルソウの葉っぱも両側に群落でありました
咲く頃は可愛らしい小径になりそうです


清楚な感じのツマトリソウ
安達太良山143
木陰に澄まして咲いていました


たくさんの登山者がいましたが花の写真を撮ったりしていると周りにはだ~れもいない時間ができます

時折、涼し風がさ~っと吹いて清々しい



林道の木陰でひと呼吸おいていると、鉄山の避難小屋を確認しにそして箕輪山まで行くという地元の兄ちゃんが話しかけてきます(この子たぶん20代かな、眉に剃り込み入ってるし^^;)

福島の山の話や飯豊山をしきりに勧められます
この子、飯豊に登れる人は恐れ入りました~的な感覚だそうで・・・(まだ山を始めたばかりかな)

飯豊はね、縦走で楽しみにとってあるのよ♪とおしゃべりして先に進みました


ここまでくると、周りの登山客と抜きつ抜かれつ、顔見知りとなります



今回の私の予定は林道からゴンドラの山頂駅へ向かうルート(五葉松平コース)

が!!

歩いてもその分岐がいっこうに出てきません

地図を見て、歩いた時間を確認すると、とっくに通り過ぎた様子

注意深く分岐を探していたのに、私は気が付くことができませんでした


それが決定的になったのが、勢至平(あーあ・・こんなところまで来ちゃったよ

同じように分岐を探しながら歩いていたご夫婦と地図をみながら現在地の確認をしました
(地図上と実際の分岐点にある標識が違っているような・・・)


もうここまで来たらくろがね小屋経由しかないのでそのまま進みます
安達太良山145

岳温泉はここら辺から湧いてるのね・・・
安達太良山147
くろがね小屋 入浴料は410円ですって


小屋の前ではここからの登りに備えて休憩している人がたくさにました

小屋でトイレを借りて、本格的な登山道へ
安達太良山 153
白い部分は火山性のガス発生地

途中、ミニ雪渓を二つ越え

ひと登りすると

峰ノ辻の分岐点
安達太良山 160
今までどれだろう?と思っていた安達太良山の山頂も確認でしました(真ん中のぽっこりね)


ここでこの風景を見てルート選択に迷います
安達太良山 162
このまま一旦下って、左へトラバースしながら登るルートか、、
そのまま右方向牛ノ背へ向かうルートか、、

心は最初に安達太良山、そして周回ルートにしたい、でも帰りがまた同じルートになってしまう

ん~・・・と5分くらい悩んで^^;

安達太良山は後にして先に鉄山方面の牛首に向かいました
(あ~あ、最初のルートミスが影響だよな。。)



もうすぐ牛ノ背
安達太良山 163
あの砂漠色の三角みたいな地形が気になる・・・

前方をみながら進みますが、風が強い!

岩もゴロゴロしてまして、風でよろけながらの歩みとなります

牛ノ背の分岐まで行ったらどうなっちゃうの?この風!というくらい風の通り道


牛ノ背に到着の風景
安達太良山 170
うわ!すごい!

何がすごいって、火星か金星か?!と表現したくなるような地形

ここは沼ノ平 立入禁止区域

そして、もうひとつすごいのが風!

あのえぐれた部分に風が集まって力を増して吹き付けてくるんだもん

すごいわけだ^^;↑上の写真はやっとカメラを向けて撮った一枚^^;


この強風に負けそう、よろけながら右の鉄山へ歩き出しますが、10歩進んだ所で躊躇します

こ、、、こわい・・・

1回引き返し、それでも意を決してまた歩みを進めました

それでも10mくらい進むと風が弱くなり・・・あれ?

いくらかシャッターをきる余裕もできました

どうやら、強風は牛ノ背分岐だけだったようです

それでも風は強く、鉄山へ行く人もいましたが、私は少し行った小高い丘までにしました
安達太良山 177
小高い丘から 左から西大嶺 西吾妻 中吾妻山


強風の牛ノ背に向かって下山
安達太良山 181
左の峰ノ辻からはひっきりなしに登山客が上がってきます


馬ノ背、牛ノ背の尾根をあるいていると右手には磐梯山もしっかり見えてきました
安達太良山・ 184
ここら辺は強風ではない


もうすぐ山頂
安達太良山 186
山頂へは左に回り込んで


直下まできました
安達太良山 187
もう、ここまででいいや・・

と、思いましが、他の登山者も登ってますし、、、私も。。。


岩の上まで
安達太良山 193


鉄山方面
安達太良山191
遮るものがありません

岩の上は狭く風もある為、景色を見てすぐに降りました


この下で休憩
朝食をしっかり食べたので、あまりお腹がすいてないけど・・・
おやつタイム
安達太良山195
そして、今回新しくしたカメラバック
今まではウエストポーチだったけど、背面のバックルが背中に当たって違和感あるし、腰にも負担があるしで・・・・
新しいのを探してたところ・・・
これを紹介され本日投入

うん!使い勝手よし^^ザックにも固定できるけど、肩から下げると楽ちん

この山旅ではたいへん重宝しました



下山はゴンドラの山頂駅経由で
安達太良山 197
最後の見納め


下山開始
安達太良山 200


ヤシオツツジがチラホラ咲く中
安達太良山 201
快調に下ります


さらに下るとシャクナゲの道
安達太良山 205
蕾が大きく・・・この一輪が咲いていました

満開の頃はさぞかしゴージャスな道になるでしょうね~


歩いてくると、木道の湿原になり、この時間から登り始める人とすれ違います


もしや?・・・・

山頂駅との分岐点でかすかにゴンドラの音

そちらのほうに行ってみると、動いてました~♪

駐車場まで歩くのを覚悟してたけど、動いてるのがわかったので、もちろんゴンドラ利用へ
(係員に聞いたら12時頃から動き始めたんだって)

快適~^^
安達太良山 209
左側の斜面を登山客が降りているのがわかりました(けっこう急な下り)

もちろん、空中から今朝、道間違いをした分岐も確認して
(え!ゲレンデの入口付近に分岐があるじゃん!)


安達太良山を後にしました


駐車場8:20―勢至平分岐9:30―10:05くろがね小屋10:15―10:46峰ノ辻10:50―11:05牛ノ背11:18―11:32安達太良山12:06―仙女平分岐12:35―12:56ゴンドラ山頂駅




下山後の温泉はもちろん、岳温泉

二日間、岳温泉三昧でした^^


時間は15時 
調度いい時間かも


この山旅、まだまだ続きます・・・

コメント

安達太良山も昇ってきたんだぁ・・・・
そして・・・・まだまだ続くの?
超ウルトラデラックスな山行だったんだぁ・・・今回。
すごいなぁ・・。

ところで・・・
>時間は15時 
>調度いい時間かも
    ・・・って なにが調度いい時間なんだろう?
hiro姫のことだから・・・ 
 「飲み出す時間」に 1000点!!

ROCKYさま
そうなの。超スペシャルデラックス?な旅なのですよ。

時間はね、大当たり~!!!v-315
ホントは風呂上りビールv-307今日はここまで~!と言いたいところだけど・・・・

行かなきゃ~・・・ならんのです!
ならぬものはならぬのですよ^^;

お~3日連続登山ですかあ~すごいなあ
ほんとがんばってるよね。
そしてすばらしい展望、行いがいいなあ。

ぜいぜいさま
三日間、天気に恵まれたから、登れたのかも。
これで、天気が悪かったら、たぶん、、もーやめたなんて言って帰ってきちゃう

今年の夏山も晴天をつかまえたいところ・・・
非公開コメント
My profile

Author : hiro

ひろ’S Barへようこそ!
山と自然と温泉と!
おいしいものをこよなく愛す、管理栄養士の日記です。
日々健康!そして・・・
感動する景色にいっぱい出会いたいです!

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

プロフィール

hiro

Author:hiro
ひろ’S Barへようこそ!
山と自然と温泉と!
おいしいものをこよなく愛す、管理栄養士の日記です。
日々健康!そして・・・
感動する景色にいっぱい出会いたいです!