山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
台風接近の中、7/16のお昼に蒸し暑~い関東を脱出
ヒンヤリ空気の釧路空港に着きました
釧路のホームセンターで水やらガス缶やらを買い出し、そこからレンタカーで3H程のドライブ

今日は知床国営野営場でテント泊です
テントを張ってウトロで食事して(もちろん、ウニイクラ^^)近くの夕陽台の湯でお風呂(調度日没でした)
2DSC_0185.jpg

夜中は鹿さん達がテントの周りをウロつき、草をブチブチちぎる音が・・・・・^^;

テン場は芝生で平で快適でした(バイオトイレもきれいでした)
キャンプ場の敷地内は高台なので夕陽が見られます
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 001
翌朝 キャンプ場から登山口がある木下小屋(岩尾別温泉 ホテル地の涯)までは30分程

ホテルの草地の登山者駐車場にはもう車がいっぱいでしたが、ホテル脇の道を通り木下小屋まで進んでいくと3台分くらいは空いてたので、駐車できました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 004
小屋の前にはトイレも完備(安心^^)

登山には不安はないけど、熊に出会ってしまうのが不安
もし、そうなったら登山もそこで中止しなくてはならないし・・・・
熊撃退スプレーが無いことに不安を感じますが、、(知床自然センター等でレンタルできるけど、時間に間に合わなかった・・・)

熊鈴ダブル付けで長丁場の羅臼岳登山の開始です
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 006
ひたすら登る

オホーツク展望台まできました 展望がでてきたので一息つきます
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 007

オホーツク海と知床5湖も見えてきました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 010

そしてあれが山頂でしょうか・・・
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 011
とおっ!


ずっーと急登
この先の650m岩峰付近から熊出没ゾーン
蟻を食べに登山道まで出てくるそうですが、地面には本当に蟻が多かった
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 013


かすかな獣臭もしました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 015
いかにも熊がいそうな森です

大声で「しりとり」をしながらすすみます^^;

弥三吉水です
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 018

冷たい水で手を洗ってリフレッシュ
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 019


進むと極楽平
ずっと平坦で歩きやすいですが
周りが見ずらく、うっそうとした道でした
常に熊に怯えて歩いていました


仙人坂付近
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 021
つづら折れの道を登ったトラバース付近で下山者第一号の方とすれ違い、ずいぶん早い下山だな~と思ったら
山旅のワッキーさんだった!
北海道に入っていたことは知っていたけど、こんなところで会うとは
あまりにもびっくりしたので、聞きたいことも聞けず・・・(熊いましたか?^^;)


ミニ雪渓をトラバースしたら銀冷水
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 023

立派な携帯トイレブースがあります(携帯トイレは小屋等で販売)
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 025
山にトイレがあると安心よね~


ここからも熊出没頻度が高い道になります
常にしりとり^^;熊鈴ジャラジャラ・・・・


大沢雪渓の入口にきました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 028
上部はかなり急登に見えます
アイゼンつけて登ります

下を見れば知床木道と海
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 032
バテバテで、少し登っては振り返るの繰り返し、眺めがいい~♪


雪渓を抜けるとなだらかな道で羅臼平に到着
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 037

右手には羅臼岳
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 038

目の前には国後島
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 042

平で雰囲気はいいけど、、ここは鞍部なので風が強い

HNKと書いてあるテントも何張かありました(昨日の夕方、山頂から生中継してたのを食事中にテレビで見たのよね・・ちなみに、昨日はガッスガスの山頂)
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 040

その先には熊よけのフードロッカー
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 041
ここら辺も熊出没頻度が多いらしい

周りはお花がたくさん見られるようになりました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 047羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 051羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 052
(イソツツジ コケモモ イワブクロ)クリックで拡大

羅臼平から東に回り込んでハイマツの中を上がっていきます

風がひっきりなしにウトロ側から吹き付けます

岩清水分岐をすぎると岩清水
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 055

岩からポタポタ
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 057

岩に張り付くようにイワウメもたくさん咲いていました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 059

下を見るとだいぶ上がってきたのがわかります
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 063

山頂が見えてきました(まだまだあるけど・・・)
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 064

岩清水をすぎるとガレガレな道
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 070

その中にもお花畑が広がります
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 074
エゾツガザクラはあちこちにいっぱい チングルマも至るところに


シマリス発見!

声を出したら逃げてしまいました



最後は大きな岩をぐんぐん登ってきます
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 078


かなり疲れてますが、周りにはお花がたくさん^^お花を見ると元気になる気が・・・
エゾコザクラ
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 075

イワヒゲ?
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 080


山頂道標までは大きな岩を越えていきますが、風が強くバランスに注意が必要でした


山頂!
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 081
向こうは知床連山

ウトロの街
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 084

国後島と羅臼の街
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 088

羅臼湖
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 085

知床5湖方面
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 086

そして、、、

山頂ジンギスカン
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 090



思う存分山頂を堪能しまして下山しました(堪能しすぎ!1H近くも居たし)
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 092


帰路も熊鈴ジャラジャラ

そして、歌うのはもちろん、「森のくまさん♪」大声で^^;

でも歌詞を忘れてしまった部分もあるので同じフレーズばっか


歌のおかげか、熊に会うことも無く無事下山できました

同行者のTさんは熊が見れなくてガッカリしたようですが、私としては登頂の喜びよりも、熊に会わなかった喜びの方が大きかったかな

久しぶりに緊張、そしてドキドキした山登りでした


木下小屋5:00-5:41オホーツク展望台-6:39弥三吉水-7:35銀冷水7:50-8:47羅臼平8:57-10:03山頂10:55-11:48羅臼平11:56-12:23銀冷水12:33-13:11弥三吉水-13:45オホーツク展望台13:51-14:15木下小屋





下山後は高架木道を通って知床1湖まで
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 114

知床連山がきれいです 一番右が羅臼岳 縦走したいな~な山並
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 109
さっきまであの山頂にいたと思うと・・・・ちょっと感動
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 108
ここでもHNKが取材をしていました(世界自然遺産10周年だそうでイベントがたくさんあるようです)


知床とお別れ

移動中の景色
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 115
斜里の「天に続く道」

高台からじゃがいもと麦畑
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 118


斜里岳
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 120
でっかいな~!


今夜の宿は斜里駅の前のビジネスホテルに宿泊

隣が道の駅でその中の居酒屋で羅臼岳登頂乾杯をしました



今日の一言
天気が良かったので知床連山がすばらしかった!
熊の心配が無ければ、また行きたい山です
知床5湖もじっくりまわってみたいし。。。(ガイド付きでね)
熊がたくさんいる山は他の山域とはやはり違う!


追記を閉じる▲
翌朝 キャンプ場から登山口がある木下小屋(岩尾別温泉 ホテル地の涯)までは30分程

ホテルの草地の登山者駐車場にはもう車がいっぱいでしたが、ホテル脇の道を通り木下小屋まで進んでいくと3台分くらいは空いてたので、駐車できました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 004
小屋の前にはトイレも完備(安心^^)

登山には不安はないけど、熊に出会ってしまうのが不安
もし、そうなったら登山もそこで中止しなくてはならないし・・・・
熊撃退スプレーが無いことに不安を感じますが、、(知床自然センター等でレンタルできるけど、時間に間に合わなかった・・・)

熊鈴ダブル付けで長丁場の羅臼岳登山の開始です
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 006
ひたすら登る

オホーツク展望台まできました 展望がでてきたので一息つきます
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 007

オホーツク海と知床5湖も見えてきました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 010

そしてあれが山頂でしょうか・・・
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 011
とおっ!


ずっーと急登
この先の650m岩峰付近から熊出没ゾーン
蟻を食べに登山道まで出てくるそうですが、地面には本当に蟻が多かった
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 013


かすかな獣臭もしました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 015
いかにも熊がいそうな森です

大声で「しりとり」をしながらすすみます^^;

弥三吉水です
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 018

冷たい水で手を洗ってリフレッシュ
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 019


進むと極楽平
ずっと平坦で歩きやすいですが
周りが見ずらく、うっそうとした道でした
常に熊に怯えて歩いていました


仙人坂付近
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 021
つづら折れの道を登ったトラバース付近で下山者第一号の方とすれ違い、ずいぶん早い下山だな~と思ったら
山旅のワッキーさんだった!
北海道に入っていたことは知っていたけど、こんなところで会うとは
あまりにもびっくりしたので、聞きたいことも聞けず・・・(熊いましたか?^^;)


ミニ雪渓をトラバースしたら銀冷水
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 023

立派な携帯トイレブースがあります(携帯トイレは小屋等で販売)
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 025
山にトイレがあると安心よね~


ここからも熊出没頻度が高い道になります
常にしりとり^^;熊鈴ジャラジャラ・・・・


大沢雪渓の入口にきました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 028
上部はかなり急登に見えます
アイゼンつけて登ります

下を見れば知床木道と海
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 032
バテバテで、少し登っては振り返るの繰り返し、眺めがいい~♪


雪渓を抜けるとなだらかな道で羅臼平に到着
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 037

右手には羅臼岳
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 038

目の前には国後島
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 042

平で雰囲気はいいけど、、ここは鞍部なので風が強い

HNKと書いてあるテントも何張かありました(昨日の夕方、山頂から生中継してたのを食事中にテレビで見たのよね・・ちなみに、昨日はガッスガスの山頂)
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 040

その先には熊よけのフードロッカー
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 041
ここら辺も熊出没頻度が多いらしい

周りはお花がたくさん見られるようになりました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 047羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 051羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 052
(イソツツジ コケモモ イワブクロ)クリックで拡大

羅臼平から東に回り込んでハイマツの中を上がっていきます

風がひっきりなしにウトロ側から吹き付けます

岩清水分岐をすぎると岩清水
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 055

岩からポタポタ
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 057

岩に張り付くようにイワウメもたくさん咲いていました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 059

下を見るとだいぶ上がってきたのがわかります
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 063

山頂が見えてきました(まだまだあるけど・・・)
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 064

岩清水をすぎるとガレガレな道
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 070

その中にもお花畑が広がります
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 074
エゾツガザクラはあちこちにいっぱい チングルマも至るところに


シマリス発見!

声を出したら逃げてしまいました



最後は大きな岩をぐんぐん登ってきます
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 078


かなり疲れてますが、周りにはお花がたくさん^^お花を見ると元気になる気が・・・
エゾコザクラ
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 075

イワヒゲ?
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 080


山頂道標までは大きな岩を越えていきますが、風が強くバランスに注意が必要でした


山頂!
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 081
向こうは知床連山

ウトロの街
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 084

国後島と羅臼の街
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 088

羅臼湖
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 085

知床5湖方面
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 086

そして、、、

山頂ジンギスカン
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 090



思う存分山頂を堪能しまして下山しました(堪能しすぎ!1H近くも居たし)
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 092


帰路も熊鈴ジャラジャラ

そして、歌うのはもちろん、「森のくまさん♪」大声で^^;

でも歌詞を忘れてしまった部分もあるので同じフレーズばっか


歌のおかげか、熊に会うことも無く無事下山できました

同行者のTさんは熊が見れなくてガッカリしたようですが、私としては登頂の喜びよりも、熊に会わなかった喜びの方が大きかったかな

久しぶりに緊張、そしてドキドキした山登りでした


木下小屋5:00-5:41オホーツク展望台-6:39弥三吉水-7:35銀冷水7:50-8:47羅臼平8:57-10:03山頂10:55-11:48羅臼平11:56-12:23銀冷水12:33-13:11弥三吉水-13:45オホーツク展望台13:51-14:15木下小屋





下山後は高架木道を通って知床1湖まで
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 114

知床連山がきれいです 一番右が羅臼岳 縦走したいな~な山並
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 109
さっきまであの山頂にいたと思うと・・・・ちょっと感動
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 108
ここでもHNKが取材をしていました(世界自然遺産10周年だそうでイベントがたくさんあるようです)


知床とお別れ

移動中の景色
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 115
斜里の「天に続く道」

高台からじゃがいもと麦畑
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 118


斜里岳
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 120
でっかいな~!


今夜の宿は斜里駅の前のビジネスホテルに宿泊

隣が道の駅でその中の居酒屋で羅臼岳登頂乾杯をしました



今日の一言
天気が良かったので知床連山がすばらしかった!
熊の心配が無ければ、また行きたい山です
知床5湖もじっくりまわってみたいし。。。(ガイド付きでね)
熊がたくさんいる山は他の山域とはやはり違う!

【2015/07/21 10:18】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ROCKY
行きたくなちゃうなぁ・・・・北海道
こんな写真をたくさん見せられちゃうと・・・


hiro
ROCKYさま
ぜひぜひ、観光と登山を兼ねて^^
食もいいし、空気もいいし、、、
なにより、朝晩が涼しい~♪


ぜいぜい
ひろちゃん、北海道だったんだあ
うらやましい~
山頂から眺める風景が雄大だね。
行ってみたいけど、一人じゃやっぱり熊怖いんで、いつになることやらです。


hiro
ぜいぜいさま
知床連山雄大でしょ。
熊密度が濃いから怖いけど歩きたくなる稜線ですよね

調べれば調べるほど、熊に合う頻度が多いんだな~と実感して、最初は避けたいな~と思ってたけど、先行者が見え隠れしていると心なしか安心だったり~^^

こんにちは
ゆたか
素晴らしい景色ですね☆
昨年の秋に同じコースを歩いたのですが、
あいにく雨で、何も見えずただただ寒さと
ヒグマ遭遇の恐怖におびえる登山でしたので
あんな景色だったんだ~と
うらやましく拝見しました(^^)
きれいな景色の写真を見てるとまた行きたくなりましたよ。
下山後は夕陽台の湯、ウトロで海鮮丼で、
そこも同じでした(笑)
ところで百名山は何座登られたんですか?


hiro
ゆたかさま
羅臼、あいにくの天気でそれは残念でしたね。
知床連山もステキでしたし、国後も見えて・・・
ここ、熊の心配さえしなければ私もぜひまた行きたい山です。
食もいいですしね☆


今までは山で見て気になった山を次に登る山に決める程度でしたから。。。百名山なんてまだまだ、、と思っていたけど、結構登っていたことに気づいて最近意識し始めました。。70くらいはいってるはず
ゆたかさんはそろそろカウントダウンですか^^


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
行きたくなちゃうなぁ・・・・北海道
こんな写真をたくさん見せられちゃうと・・・
2015/07/21(Tue) 20:38 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
ROCKYさま
ぜひぜひ、観光と登山を兼ねて^^
食もいいし、空気もいいし、、、
なにより、朝晩が涼しい~♪
2015/07/22(Wed) 08:40 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
ひろちゃん、北海道だったんだあ
うらやましい~
山頂から眺める風景が雄大だね。
行ってみたいけど、一人じゃやっぱり熊怖いんで、いつになることやらです。
2015/07/23(Thu) 10:04 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
ぜいぜいさま
知床連山雄大でしょ。
熊密度が濃いから怖いけど歩きたくなる稜線ですよね

調べれば調べるほど、熊に合う頻度が多いんだな~と実感して、最初は避けたいな~と思ってたけど、先行者が見え隠れしていると心なしか安心だったり~^^
2015/07/24(Fri) 09:14 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
こんにちは
素晴らしい景色ですね☆
昨年の秋に同じコースを歩いたのですが、
あいにく雨で、何も見えずただただ寒さと
ヒグマ遭遇の恐怖におびえる登山でしたので
あんな景色だったんだ~と
うらやましく拝見しました(^^)
きれいな景色の写真を見てるとまた行きたくなりましたよ。
下山後は夕陽台の湯、ウトロで海鮮丼で、
そこも同じでした(笑)
ところで百名山は何座登られたんですか?
2015/08/15(Sat) 12:54 | URL  | ゆたか #xw27v.Lk[ 編集]
ゆたかさま
羅臼、あいにくの天気でそれは残念でしたね。
知床連山もステキでしたし、国後も見えて・・・
ここ、熊の心配さえしなければ私もぜひまた行きたい山です。
食もいいですしね☆


今までは山で見て気になった山を次に登る山に決める程度でしたから。。。百名山なんてまだまだ、、と思っていたけど、結構登っていたことに気づいて最近意識し始めました。。70くらいはいってるはず
ゆたかさんはそろそろカウントダウンですか^^
2015/08/16(Sun) 23:14 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック