山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
斜里駅を出発し、登山口の清岳荘まで車を走らせます
周りのじゃがいも畑は白い花が満開
畑によって咲いているところと、これからのところとで、そのコントラストがパッチワークのようでした

遠かった斜里岳が清里町に入ってくるとドンっと大きくなりました

清里町から道標に従っていくと、山道は途中からダート
北海道のスーパーフラットダートになりました
(こんなダート道はラリー車で走らせたら楽しそうです^^)

斜里駅から1Hくらいでしょうか
清岳荘に着きました
駐車場はまだ余裕がありました(20台は無かったな・・・)
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 121

清岳荘でトイレを借りて、携帯トイレも買って、トイレブースも確認して
(清岳荘の中はとても綺麗な感じでした フローリングみたいな)

建物の前から森に入り、出発しました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 122

森の中の歩きはすぐに終わり、林道に出て歩いてくと広場になっていまして、そこからが本格的な登山道のようです
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 123
奥が登山口

ここにも熊看板あり

今日もダブル熊鈴で準備万端です


しばらくいくとすぐに、渡渉があります
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 124

岩も調度良い位置にあるので難なくクリア

浅いところは石の上を行かずに水に入る事にしました

赤テープを追って何回か渡渉すると下二股

ここで旧道と新道に分岐します

しばらく休憩していると昨日羅臼岳の下山途中で見かけたお父さんチーム4人組が到着(このグループとは下山でも一緒に・・・)
私達のことを覚えていて話しかけてきました

このグループは新道を行くようです


私達は旧道を進むことにします

雪が残っているので旧道が解放されたのは7/16と清岳荘の情報版に書いてあったので慎重にすすみます


地図を見ると沢を上り詰めていく感じなので、相当急なんじゃないかな・・・と思っていたら、まさしくその通り

沢を巻く高道は急で両手いっぱい使って登ります

しばらく我慢して登っていると滝がいくつもでてきました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 131
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 132

その後も、滝の横を通ったりナメを歩いたりと変化に富んだコースです
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 133
これは滝の横を通る


万丈の滝 急な登りにはロープもあります
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 136

滑りそうですが、鉄分が含まれた岩なので滑りません
(岩が赤いもんね。。。でも、赤くない岩もあります。滑ってしまいましたドボンしなくてよかったよ
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 137

一つ滝を登っては安堵
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 140

見晴の滝からの眺望は本当に見晴らしが良かった
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 141


ここは滝の上部
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 143
調度座れそうな平な岩だったので
ここで休憩
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 142
畑と海が見える

やっと登りきった感でお花を撮る余裕もでてきました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 145羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 146
?と色が薄いからトカチフウロかしら・・・

もうひといき
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 147
これは竜神の滝 左側にすすみます

霊華の滝が見えたらコレが最後
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 152
沢の中をジャバジャバ歩き やっと滝を通過した~と安堵しました

登りきって斜面が緩やかに 
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 153
相変わらず沢の中を歩きまして


上二股に到着
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 157

ここにはトイレブースがあって、新道との分岐もあるところ
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 158
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 154羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 163
ちょっとお花畑タイム
このシロバナエンレイソウのでっかいこと!びっくりしました
エゾカンゾウもちらほら・・・

道は緩やかになり、水がちょろちょろ流れている沢を歩きます

いつしか水がなくなり、斜面も急登になって

途中、桜が咲いていたのにはびっくりでした
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 170
これはチシマザクラだそうです

ウコンウツギ、ナナカマドの花の中の道をすすみ
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 168

ザレた胸突き八丁を登ります
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 172

ここは、ホントにしんどかった
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 175
つづら折れの道 くだりは滑りそう


しっかり汗を絞られまして、馬の背に到着

は~・・・着いた・・・

向こうに昨日登った羅臼岳も見えていました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 179
ちょっと休憩

山頂を確認すると随分遠い気がするけど、すれ違った下山者曰く20分くらいで着くらしい

ザレザレをお花の写真を撮りながら登って
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 188羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 206
ミヤマダイコンソウ アズマギク?とミヤマオダマキ

羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 209羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 210
チングルマ ハクサンチドリ

北海道の花って、、なんだか全体的に大きい気がする(栄養がいいのかしら)


馬の背を振り返り
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 187
結構登ってきたじゃん!と嬉しくなりました


斜里岳神社を過ぎたら
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 193


山頂
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 194
海岸線と畑が綺麗でした

摩周湖もみえました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 203

高曇りだけど、それなりに展望があり大満足


休憩にしますが、虫が多くて困ります

風が吹いてくれればいいけど、無風にちかい^^;

そんな中、今日のお昼は焼きそば!
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 199
セイコーマートで仕入れた地元の味^^
(絶対、虫も飛び込んでるだろうな
それと、甘味あっさりフルーツ

三角点は一段下った場所でした


またまた山頂に1H近くもいたので下山します
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 201
真ん中の茶色部分が馬の背


トイレブースがある上二股まで下ってきて帰路は新道です(旧道の下りは危険なので禁止だそうです)


新道は熊見峠までUPDOWNがありますが、その途中、振り返るとどっしり山頂
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 217
三個の真ん中ポッコリが山頂


そして、行く手はステキな稜線
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 215
↓まで行きます

↓は熊見峠 熊見って・・・熊さんがいたんだろうね~^^;


ここで休憩
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 218
最後の激下りに備えます

沢の音は聞こえてるけど、なかなか下二股に着かないのが辛かった^^;
急だしドロドロな場所もあるし

下二股に着いて安堵


下二股から登山口までの沢で行に気がつかなかった仙人洞
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 220
渡渉と赤テを追うので一生懸命ですっかりスルーしてました



ドボンすることなく無事、清岳荘に着きました

清岳荘5:30-6:30下二股6:40-8:26上二股8:35-9:10馬の背9:23-9:43山頂10:35-馬の背10:55-11:20上二股11:29-12:11熊見峠12:24-13:13下二股13:21-14:08清岳荘






清岳荘をあとにして弟子屈ラーメンを食べ
3DSC_0209.jpg魚介スープなのよ

その後は摩周湖へ

摩周湖からは登った斜里岳が見えました^^
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 225
霧がまったくかかってない摩周湖は2回目 霧もまた幻想的なんだけどね・・・

屈斜路湖と硫黄山
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 221

向こうは阿寒の山
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 226
雄阿寒岳ぽっこり


途中、双湖台により

日が暮れる阿寒湖に到着しました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 232
今日はテントの予定でしたが夜に雨が降るとの予報だったでの観光協会に電話して阿寒湖湖畔の宿を紹介してもらいました


今日の一言:
沢登りは急だし、神経を使うしで、とても疲れました。登り下りの標高差もあるし長時間だしで体力を要する山だと・・
でも山頂では展望があってよかった~♪


追記を閉じる▲
駐車場はまだ余裕がありました(20台は無かったな・・・)
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 121

清岳荘でトイレを借りて、携帯トイレも買って、トイレブースも確認して
(清岳荘の中はとても綺麗な感じでした フローリングみたいな)

建物の前から森に入り、出発しました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 122

森の中の歩きはすぐに終わり、林道に出て歩いてくと広場になっていまして、そこからが本格的な登山道のようです
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 123
奥が登山口

ここにも熊看板あり

今日もダブル熊鈴で準備万端です


しばらくいくとすぐに、渡渉があります
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 124

岩も調度良い位置にあるので難なくクリア

浅いところは石の上を行かずに水に入る事にしました

赤テープを追って何回か渡渉すると下二股

ここで旧道と新道に分岐します

しばらく休憩していると昨日羅臼岳の下山途中で見かけたお父さんチーム4人組が到着(このグループとは下山でも一緒に・・・)
私達のことを覚えていて話しかけてきました

このグループは新道を行くようです


私達は旧道を進むことにします

雪が残っているので旧道が解放されたのは7/16と清岳荘の情報版に書いてあったので慎重にすすみます


地図を見ると沢を上り詰めていく感じなので、相当急なんじゃないかな・・・と思っていたら、まさしくその通り

沢を巻く高道は急で両手いっぱい使って登ります

しばらく我慢して登っていると滝がいくつもでてきました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 131
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 132

その後も、滝の横を通ったりナメを歩いたりと変化に富んだコースです
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 133
これは滝の横を通る


万丈の滝 急な登りにはロープもあります
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 136

滑りそうですが、鉄分が含まれた岩なので滑りません
(岩が赤いもんね。。。でも、赤くない岩もあります。滑ってしまいましたドボンしなくてよかったよ
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 137

一つ滝を登っては安堵
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 140

見晴の滝からの眺望は本当に見晴らしが良かった
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 141


ここは滝の上部
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 143
調度座れそうな平な岩だったので
ここで休憩
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 142
畑と海が見える

やっと登りきった感でお花を撮る余裕もでてきました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 145羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 146
?と色が薄いからトカチフウロかしら・・・

もうひといき
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 147
これは竜神の滝 左側にすすみます

霊華の滝が見えたらコレが最後
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 152
沢の中をジャバジャバ歩き やっと滝を通過した~と安堵しました

登りきって斜面が緩やかに 
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 153
相変わらず沢の中を歩きまして


上二股に到着
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 157

ここにはトイレブースがあって、新道との分岐もあるところ
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 158
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 154羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 163
ちょっとお花畑タイム
このシロバナエンレイソウのでっかいこと!びっくりしました
エゾカンゾウもちらほら・・・

道は緩やかになり、水がちょろちょろ流れている沢を歩きます

いつしか水がなくなり、斜面も急登になって

途中、桜が咲いていたのにはびっくりでした
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 170
これはチシマザクラだそうです

ウコンウツギ、ナナカマドの花の中の道をすすみ
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 168

ザレた胸突き八丁を登ります
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 172

ここは、ホントにしんどかった
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 175
つづら折れの道 くだりは滑りそう


しっかり汗を絞られまして、馬の背に到着

は~・・・着いた・・・

向こうに昨日登った羅臼岳も見えていました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 179
ちょっと休憩

山頂を確認すると随分遠い気がするけど、すれ違った下山者曰く20分くらいで着くらしい

ザレザレをお花の写真を撮りながら登って
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 188羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 206
ミヤマダイコンソウ アズマギク?とミヤマオダマキ

羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 209羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 210
チングルマ ハクサンチドリ

北海道の花って、、なんだか全体的に大きい気がする(栄養がいいのかしら)


馬の背を振り返り
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 187
結構登ってきたじゃん!と嬉しくなりました


斜里岳神社を過ぎたら
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 193


山頂
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 194
海岸線と畑が綺麗でした

摩周湖もみえました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 203

高曇りだけど、それなりに展望があり大満足


休憩にしますが、虫が多くて困ります

風が吹いてくれればいいけど、無風にちかい^^;

そんな中、今日のお昼は焼きそば!
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 199
セイコーマートで仕入れた地元の味^^
(絶対、虫も飛び込んでるだろうな
それと、甘味あっさりフルーツ

三角点は一段下った場所でした


またまた山頂に1H近くもいたので下山します
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 201
真ん中の茶色部分が馬の背


トイレブースがある上二股まで下ってきて帰路は新道です(旧道の下りは危険なので禁止だそうです)


新道は熊見峠までUPDOWNがありますが、その途中、振り返るとどっしり山頂
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 217
三個の真ん中ポッコリが山頂


そして、行く手はステキな稜線
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 215
↓まで行きます

↓は熊見峠 熊見って・・・熊さんがいたんだろうね~^^;


ここで休憩
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 218
最後の激下りに備えます

沢の音は聞こえてるけど、なかなか下二股に着かないのが辛かった^^;
急だしドロドロな場所もあるし

下二股に着いて安堵


下二股から登山口までの沢で行に気がつかなかった仙人洞
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 220
渡渉と赤テを追うので一生懸命ですっかりスルーしてました



ドボンすることなく無事、清岳荘に着きました

清岳荘5:30-6:30下二股6:40-8:26上二股8:35-9:10馬の背9:23-9:43山頂10:35-馬の背10:55-11:20上二股11:29-12:11熊見峠12:24-13:13下二股13:21-14:08清岳荘






清岳荘をあとにして弟子屈ラーメンを食べ
3DSC_0209.jpg魚介スープなのよ

その後は摩周湖へ

摩周湖からは登った斜里岳が見えました^^
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 225
霧がまったくかかってない摩周湖は2回目 霧もまた幻想的なんだけどね・・・

屈斜路湖と硫黄山
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 221

向こうは阿寒の山
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 226
雄阿寒岳ぽっこり


途中、双湖台により

日が暮れる阿寒湖に到着しました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 232
今日はテントの予定でしたが夜に雨が降るとの予報だったでの観光協会に電話して阿寒湖湖畔の宿を紹介してもらいました


今日の一言:
沢登りは急だし、神経を使うしで、とても疲れました。登り下りの標高差もあるし長時間だしで体力を要する山だと・・
でも山頂では展望があってよかった~♪

【2015/07/22 10:06】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
楽しかったでしょう沢から山頂!
体全体を使ってって感じでしょう。
ほんとますます行きたくなるなあ。


hiro
ぜいぜいさま
沢から山頂をつめるってこういうこと?ってぜぜさんがやってるのが少しわかった感じ^^
体全体を使うから山登りしてるって気になりました
ナメの中を歩いていくのも楽しかったし!
ここはぜぜさん好きそうだな~なんて考えながら登ってましたん♪
どですか?~タッキーさんも楽しめるかしら斜里^^



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
楽しかったでしょう沢から山頂!
体全体を使ってって感じでしょう。
ほんとますます行きたくなるなあ。
2015/07/24(Fri) 09:34 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
ぜいぜいさま
沢から山頂をつめるってこういうこと?ってぜぜさんがやってるのが少しわかった感じ^^
体全体を使うから山登りしてるって気になりました
ナメの中を歩いていくのも楽しかったし!
ここはぜぜさん好きそうだな~なんて考えながら登ってましたん♪
どですか?~タッキーさんも楽しめるかしら斜里^^

2015/07/24(Fri) 11:39 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック