山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
阿寒湖半の温泉は源泉かけ流しで斜里岳の疲れが取れるようないいお湯でした
アイヌのお祭りなのか、夜までお店が開いていたようです

寝ていると雨の音

それでも翌朝出発の時にはすでに雨も止み薄日もでてきました
宿から登山口のある雌阿寒温泉までは1Hもかかりませんでした(コンビニは無いので阿寒湖畔で)

駐車場は登山口の付近に砂利駐、野中温泉の宿の駐車場、トイレの建物の向こうにアスファルトの駐車場がありました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 234
駐車場付近はこんな感じ とにかくいっぱい止められる

駐車場で準備をしていると、オンネトー側から来た登山客がきました。きっと周回するのでしょう
オンネトーから雌阿寒口までは1Hくらいですから(この人、昨日、斜里でも見たな~)

駐車場からは阿寒湖側へ少し戻ります
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 237
その途中の側溝には温泉が流れていました


登山届を書いてまずは樹林帯を進みます
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 238

最初は緩やかですが、どんどん急坂になってきました

一合目、二合目と標識を越して
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 242

三合目をすぎると森林限界
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 247
ここまではかなりの急坂で展望なしだった為、ちょっとうれしい


下は雲海が見えていました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 248

ここら辺からメアカンフスマやイワグクロがちらほら見られ気分も
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 250

五合目で休憩をします
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 255
結構疲れてます あたし

オンネトーを見ながらボーっと
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 256
(でも虫がうるさいの。ミツバチかしら)

六合目、七合目
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 257
さすがに1000m以上の登りを2日続けると3日目は疲労も溜まり、この急斜面は足に堪えました
足元はお花がモコモコっと群落を作っているのでそれだけが心の支え^^;
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 264
マルバシモツケ
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 265
メアカンキンバイ

少し、硫黄の香りがただよっていました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 262
ちょっと紫色の岩肌


七合目からはちょこっと平になりましてそこにもお花がいっぱい
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 275
メアカンフスマがたくさんの群落をつくります
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 279
チョウカイフスマより少し花が大きいかしら・・・・・


振り返って
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 277
だいぶ登ってきました~

ここら辺で下山者ともすれ違います

よく見ると羅臼岳から一緒だった4人組のおとうさん達
やはり^^;お互い顔見知りなので、挨拶して・・・



八~九合目が頑張りどころの急登

九合目がみえたら、稜線まではもう少し
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 284


稜線に出ると火口が見えました 下は赤沼
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 286
でっかい!!ガバッと口を開けた火口
この景色にもちろん興奮

右側火口壁の噴気孔からは水蒸気が大きな音で立ち上っていました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 287


山頂まではもう少し
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 292


到着
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 293
剣ヶ峰の向こうに阿寒湖
こちらも大きな火口です


後ろは火口壁の向こうに阿寒富士
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 296


火口壁が荒々しい
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 297


山頂はこんな感じ
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 299


今日はお昼なし 行動食で休憩しています
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 298
阿寒湖の向こうに雄阿寒岳がうっすらと

山頂からは見えませんが、少し先へ行くと青沼が見えました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 301

もう少し山頂からのこの風景を見ていたいけど時間もありませんので
後ろ髪を引かれる思いで下山です(火山の壮大な風景は見ていて飽きません)


雌阿寒岳温泉登山口7:14-二合目7:42-8:25五合目8:34-9:11八合目-9:30九号目-9:44山頂10:20-10:38八合目-11:03五合目11:10-登山口11:56



下山後の温泉は登山口の野中温泉


源泉かけ流しだけど(ちょっと白濁)、蛇口も無ければ、石鹸も無しの登山帰りにはきびしーお風呂(もちろん、ドライヤーなんてありませんて)

ちょこっと来てドボンと温泉を楽しむだけだったら、サイコーのお風呂です

トドマツ造りの内湯と露天風呂がありますが、硫黄泉なので内湯もあけっぱ 

開放感抜群なんだけど内湯から露天の扉付近は男性浴場から見えたり、露天から登山者の駐車場が丸見えだったりと、別の意味で開放感満点



釧路空港へ

釧路湿原の展望台からちょこっと歩いて湿原を眺め
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 306
湿原のツアーにも行ってみたいな~っと・・・


鶴居村でタンチョウヅルを探し・・・・(今回は遠くに3~4羽しか見れなかった)


ステキなガーデンの場所で
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 309

ジャガバターを食し^^
2DSC_0216.jpg


最後は空港で


ウニに始まり、ウニに終わり・・・・
2DSC_0217.jpg

北海道の山旅を終えたのでした



今日の感想:
三山登ってみて、どれも趣が違う山で新鮮でした
お天気にも恵まれ、北海道の山を満喫できたと思います
とくに雌阿寒岳は事前に下調べが間に合わず、どんな山なのか?と思っていましたがこんなに大きい火山で迫力があるとは思いませんでした。それだけに強烈に印象に残っています(最終日の山だったしね)

山は計画の段階から旅が始まっています
どこのルートを通ろうか、雨だったらどうしようか、、、危険は?食べるところは?温泉は?といった感じでワクワクしながらの準備
今回はその準備がギリギリでチケットも10日前と慌ただしくはありましたが、結果、楽しく過ごせ、また無事帰ってこれましたので良しとしています

今度の北海道は中日を入れてゆったり周りたいな~ナンテ^^
次の山旅がすでに始まっている私です


追記を閉じる▲
宿から登山口のある雌阿寒温泉までは1Hもかかりませんでした(コンビニは無いので阿寒湖畔で)

駐車場は登山口の付近に砂利駐、野中温泉の宿の駐車場、トイレの建物の向こうにアスファルトの駐車場がありました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 234
駐車場付近はこんな感じ とにかくいっぱい止められる

駐車場で準備をしていると、オンネトー側から来た登山客がきました。きっと周回するのでしょう
オンネトーから雌阿寒口までは1Hくらいですから(この人、昨日、斜里でも見たな~)

駐車場からは阿寒湖側へ少し戻ります
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 237
その途中の側溝には温泉が流れていました


登山届を書いてまずは樹林帯を進みます
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 238

最初は緩やかですが、どんどん急坂になってきました

一合目、二合目と標識を越して
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 242

三合目をすぎると森林限界
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 247
ここまではかなりの急坂で展望なしだった為、ちょっとうれしい


下は雲海が見えていました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 248

ここら辺からメアカンフスマやイワグクロがちらほら見られ気分も
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 250

五合目で休憩をします
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 255
結構疲れてます あたし

オンネトーを見ながらボーっと
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 256
(でも虫がうるさいの。ミツバチかしら)

六合目、七合目
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 257
さすがに1000m以上の登りを2日続けると3日目は疲労も溜まり、この急斜面は足に堪えました
足元はお花がモコモコっと群落を作っているのでそれだけが心の支え^^;
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 264
マルバシモツケ
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 265
メアカンキンバイ

少し、硫黄の香りがただよっていました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 262
ちょっと紫色の岩肌


七合目からはちょこっと平になりましてそこにもお花がいっぱい
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 275
メアカンフスマがたくさんの群落をつくります
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 279
チョウカイフスマより少し花が大きいかしら・・・・・


振り返って
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 277
だいぶ登ってきました~

ここら辺で下山者ともすれ違います

よく見ると羅臼岳から一緒だった4人組のおとうさん達
やはり^^;お互い顔見知りなので、挨拶して・・・



八~九合目が頑張りどころの急登

九合目がみえたら、稜線まではもう少し
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 284


稜線に出ると火口が見えました 下は赤沼
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 286
でっかい!!ガバッと口を開けた火口
この景色にもちろん興奮

右側火口壁の噴気孔からは水蒸気が大きな音で立ち上っていました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 287


山頂まではもう少し
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 292


到着
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 293
剣ヶ峰の向こうに阿寒湖
こちらも大きな火口です


後ろは火口壁の向こうに阿寒富士
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 296


火口壁が荒々しい
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 297


山頂はこんな感じ
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 299


今日はお昼なし 行動食で休憩しています
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 298
阿寒湖の向こうに雄阿寒岳がうっすらと

山頂からは見えませんが、少し先へ行くと青沼が見えました
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 301

もう少し山頂からのこの風景を見ていたいけど時間もありませんので
後ろ髪を引かれる思いで下山です(火山の壮大な風景は見ていて飽きません)


雌阿寒岳温泉登山口7:14-二合目7:42-8:25五合目8:34-9:11八合目-9:30九号目-9:44山頂10:20-10:38八合目-11:03五合目11:10-登山口11:56



下山後の温泉は登山口の野中温泉


源泉かけ流しだけど(ちょっと白濁)、蛇口も無ければ、石鹸も無しの登山帰りにはきびしーお風呂(もちろん、ドライヤーなんてありませんて)

ちょこっと来てドボンと温泉を楽しむだけだったら、サイコーのお風呂です

トドマツ造りの内湯と露天風呂がありますが、硫黄泉なので内湯もあけっぱ 

開放感抜群なんだけど内湯から露天の扉付近は男性浴場から見えたり、露天から登山者の駐車場が丸見えだったりと、別の意味で開放感満点



釧路空港へ

釧路湿原の展望台からちょこっと歩いて湿原を眺め
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 306
湿原のツアーにも行ってみたいな~っと・・・


鶴居村でタンチョウヅルを探し・・・・(今回は遠くに3~4羽しか見れなかった)


ステキなガーデンの場所で
羅臼岳 斜里岳 雌阿寒岳 309

ジャガバターを食し^^
2DSC_0216.jpg


最後は空港で


ウニに始まり、ウニに終わり・・・・
2DSC_0217.jpg

北海道の山旅を終えたのでした



今日の感想:
三山登ってみて、どれも趣が違う山で新鮮でした
お天気にも恵まれ、北海道の山を満喫できたと思います
とくに雌阿寒岳は事前に下調べが間に合わず、どんな山なのか?と思っていましたがこんなに大きい火山で迫力があるとは思いませんでした。それだけに強烈に印象に残っています(最終日の山だったしね)

山は計画の段階から旅が始まっています
どこのルートを通ろうか、雨だったらどうしようか、、、危険は?食べるところは?温泉は?といった感じでワクワクしながらの準備
今回はその準備がギリギリでチケットも10日前と慌ただしくはありましたが、結果、楽しく過ごせ、また無事帰ってこれましたので良しとしています

今度の北海道は中日を入れてゆったり周りたいな~ナンテ^^
次の山旅がすでに始まっている私です

【2015/07/23 16:14】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
三山ともお天気に恵まれてよかったね~
雄大な北海道のお山、なんだか行きたくなっちゃったよ。


hiro
ぜいぜいさま
ほんと、お天気には恵まれました。カッパ着ること無かったし!展望もあったし!
中日を入れると、疲れも軽減されていいかもですよ。ぜひ計画してください〜。オモムキノ違う山があじわえます(^^)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
三山ともお天気に恵まれてよかったね~
雄大な北海道のお山、なんだか行きたくなっちゃったよ。
2015/07/25(Sat) 09:00 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
ぜいぜいさま
ほんと、お天気には恵まれました。カッパ着ること無かったし!展望もあったし!
中日を入れると、疲れも軽減されていいかもですよ。ぜひ計画してください〜。オモムキノ違う山があじわえます(^^)
2015/07/27(Mon) 18:40 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック