山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
槍ヶ岳に一泊二日で行きました
前回は槍沢からだったので、今度は飛騨沢から

今年初のアルプスだー!

新穂高の無料駐車場に着き、仮眠して出発する頃は霧雨でした

合羽を着るか迷いましたが、そのまま登山届を出して出発

右俣林道を進ます

穂高平山荘の前には牛が放牧されていました

さっそくトイレ休憩(このトイレ、ペーパー無しの底なしトイレだけど、きれいなのよね~使う人がいないのかしら)

林道をひたすら歩いて

ここは白出沢出合 奥穂への分岐
槍ヶ岳 005
この少し先に沢があります


沢の休憩ポイント
槍ヶ岳 008
工事現場で仮設トイレがありました(きれいです) 奥には水も出ています
いや~、、ここのトイレの綺麗さったら・・・
工事現場の人に感謝です(普通仮設トイレって水少なくない?ここはポンプを踏むと水がガボガボ出てくる。そしてトイレの中に虫コナーズも!)

沢だけど渡渉ポイントには水無しでした 

ここで林道歩きとはお別れ

山道に入っていきます

だらだらと沢沿いを登っていく感じ

チビ谷を越え

これは滝谷
槍ヶ岳 滝谷011
増水が心配でしたが、なんの問題は無し


上流をよく見ると滝が見えていまいた
槍ヶ岳 013
ガス!

ここには水量を映すライブカメラが設置されてました



まだまだ緩やかな登り道が続きます

木道が見え始め平になったら

熊さんがお出迎えの槍平小屋
槍ヶ岳 018
滝谷からここまでが長かった気がする


ここまでで、調度時間半分

まだまだ道は長い 

長丁場の為、要所要所で必ず休憩を取りました(片道12km以上はあるしね)

ここの外トイレは現在建設中(仮設トイレでしたがあまり綺麗ではない→水ポンプ壊れている)


テント指定地を通り越し山道に入ると最終水場


槍平からようやく登り坂になって足腰に効いてきました(長距離林道の疲れだと思う)


相変わらず視界不良の霧の中


ここら辺はちょっと辛かった・・・寝不足が効いているのか??

分岐はまだか~・・・と進んでいくと、ようやく!


救急箱が置いてある千丈分岐に到着
槍ヶ岳 029
なんだか安堵しました

上はガスっていて見えないけど、ようやく山荘に近づいたて先が見えた感じ

おやつを食べて休憩していると

小雨が降ってきます

急いで合羽、ザックカバー


付けると雨が止む法則です



分岐を西鎌尾根に向かって歩き出しますが、ここからがえらい急登!

そして、道が崩れている箇所もあります



風が吹いているので途中天気がコロコロ変わります

視界がさーっと開けたら陽がさしてきて暑い・・・・

と思ったらまたガスの中

標高が上がると合羽もいらなくなり・・・(雨で濡れることなく、ここまで来ました)
槍ヶ岳 036
お隣の飛騨乗越へのジグザク道も見えていました


千丈乗越はまだか~・・・・まだか~・・と歩き、ようやく乗越に到着
槍ヶ岳 041


虹!
槍ヶ岳 038

久しぶりに見る大きい虹でした

分岐からの急登が効いてので、この景色には大感動^^

どうやら、ガスは飛騨側だけのようです


しばらく休憩
槍ヶ岳 043
槍が見えそうで見えない・・・

そう簡単には見せてくれないらしい


あともう少しだね!

ようやくゴールが見えて、元気に出発してみたものの

ここからがホントに辛かった


こんな近くに山荘が見える!
槍ヶ岳 047


でも実際はこんな豆粒
槍ヶ岳 050
3000mってこんなに辛かったっけ?と思うほど

心身共に疲れきっていましたが歩幅を小さくして・・・・

ワンピッチ落として歩きます
槍ヶ岳 051
飛騨側もガスが取れ始め草紅葉もうっすら


何回も足を止め、息を整え


槍の直下にでました
槍ヶ岳 054
槍と小槍を見上げて・・・・


しっかり所定の時間かかって山荘に到着
槍ヶ岳 056
心の中はガッツポーズ

辛かった~。。長かった~。。


受付をして、寝床を確認して、ちょっと休憩して早々に山頂アタックです


渋滞も無くスイスイ登れました
槍ヶ岳 059
以前登ったのに、全然覚えてなかったな~
覚えていたのはハシゴだけ^^;)


到着!
槍ヶ岳 061
ガスなのでこのまま下山時間まで待つことにしました

晴れろー晴れろーと念じて^^

そしたら、だんだんと陽も出てきて・・・・(←ウソ偶然ね^^)
DSC_0243.jpg
散々ブロッケン現象で遊びました


山頂は入れ替わりでも5~6人くらいで静かでした


あら?晴れてきた~
槍ヶ岳 075

北鎌も
槍ヶ岳 077

雲枠く中に山が見わたせました

ガスがかかったり、晴れたり・・・・

雲の動きを見ていると飽きませんでしたが

もう、タイムリミット


下山です
槍ヶ岳 081
やっぱり、下りの方がたいへん
落石させないように

下りも空いてスイスイでした


そして、緊張の糸が途切れた図
槍ヶ岳 083
メットを取って一安心(メットは小屋で500円レンタル)


丁度いい時間に夕食タイム17:00~
槍ヶ岳 089
酢豚です
味は・・・・・言わない


夕食後の散歩
槍ヶ岳 095
この頃くらいから常念も見えていました


これは夕暮れ時
槍ヶ岳 098
雲海の上に常念の山頂

遅いけど、今年初のアルプス

雲海を見ると高い山に来たんだな~と実感します


これは鷲羽の方
槍ヶ岳 103
小屋から外れて撮ってみました

強風が吹きつけて寒い
この小屋があるおかげで風が遮られているのがよくわかります


最後は夕焼けに染まった槍の穂先
夕焼け槍ヶ岳 099
は~、、いいもん見させていただきました


夕暮れタイムが終わったら、そっこー就寝

横に6人並びの蚕棚を、4人で使用

金曜だからか?空いていてよかった~

消灯が20:30だけど、ほとんどの人が19:00には寝てました(私もそうだけど)し~ん・・・Zzzz・・・

灯だけが煌々とついていました




夜中2時頃、同行者のTさんが星空を見に行ったようです

すごい星空だったと

私も見たかったけど、元気と気力がなかった・・・


そこからの眠りが深かった

まだ寝足りない、、、という頃に起床



支度を整え外に出ると日の出まじか
asayake 槍ヶ岳 106

今日は富士山も見えている~!!
槍ヶ岳 108



そして、ご来光です
槍ヶ岳 112


そして、私です(爆)
IMG_04422.jpg
左下のオレンジでちゃっかり写ってる  山荘ブログから拝借 



日の出が山荘の受付玄関を明るくしました
槍ヶ岳 113



日の出を見終わると朝食の時間
槍ヶ岳 114
メインはカレイの煮付け(骨なしの大量調理に使うやつ)


泊まった場所は受付左手の南館
槍ヶ岳 115


南館の案内図
槍ヶ岳 116
クリックで拡大します


お部屋は山鳩Aの上段でした(毎回上がるのに一苦労・・・・)
槍ヶ岳 117
部屋の窓からは槍沢が一望


個室とかは階段を上がった場所
トイレもそっちだったので、行くのが遠い感じ(オガクズバイオトイレ)
飲料水は受付横の蛇口から




ゆっく~り支度をして下山開始です
写真を撮ったり、景色を見たりしていたらすっかり時間が過ぎてしまいました


来た道を戻ります
槍ヶ岳 119
笠ヶ岳が雄大です

西鎌尾根の途中まで進みます
槍ヶ岳 121


その西鎌尾根の向こうに鷲羽、雲ノ平、薬師岳
槍ヶ岳 122
薬師、でっかーい!!また行きたーい!



今日は天気がよく展望も良い
槍ヶ岳 124
どんどん高度を下げていきます

ここは昨日はガスの中だった

が、、しかし、天気とは正反対で
今日は若干頭痛・・・・


西鎌尾根とも北側の展望ともお別れ
槍ヶ岳 125


頭痛も標高が下がれば治るはず!
槍ヶ岳 133
あのてっぺんから下がってきました
ここはアザミのお花畑


ナナカマドの実が緑の中で鮮やか
槍ヶ岳 138



千丈分岐で休憩

キッチン槍でTさんがパンを買っていたので、それをもらってお茶にします

こんだけ下がったら頭痛も治るのに今日は治らないな・・・



それに膝も痛くなってきた
槍ヶ岳 139
ここは最終水場 ここでも休憩


膝は痛くなってくるし、頭痛はいっこうに治らない


荷物をTさんに少し持ってもらって
膝テーピングももらって


ようやく槍平小屋に到着

お腹が空いたので、お昼休憩です 10:00

小屋で軽食でも・・と思っていたけど開始は10:30でタイミング合わず

小屋の前のウッドデッキに座ってしばしボケっとします

私は食欲もなかったので行動食で済ませました

Tさんはしっかりラーメン食べてましたが・・・・

小屋の中
槍ヶ岳 143

普段ならコレに飛びつくのに・・・
槍ヶ岳 142
水分はもういいかな・・・


膝をかばいながらようやく白出沢
槍ヶ岳 144
ここの工事現場でも休憩

膝にエアーサロンパスをかけつつ

ここからは林道歩きなのでかなり楽でした


やーっと穂高平山荘
槍ヶ岳 150
昨日はガスの中だったけど

穂高と槍がバックに見えるのね


槍発見!
槍ヶ岳 147


屋根のところに白出のコル
槍ヶ岳 148



おおー!穂高山荘
槍ヶ岳 149

ここでも休憩をとって

最後の林道あるき

ゴールの新穂高では思わずガッツポーズでした
やったー!歩き通せた!


9/11 新穂高5:10―6:03穂高平小屋6:15―6:56白出沢出合7:15―8:25滝谷出合8:40―9:32槍平小屋9:56―10:48最終水場11:00―11:53千丈分岐12:12―12:49千丈乗越13:05―14:24槍ヶ岳山荘15:02―15:23山頂15:57―16:21槍ヶ岳山荘

9/12 槍ヶ岳山荘7:00―7:44千丈乗越7:52―8:15千丈分岐8:46―9:22最終水場―9:57槍平小屋10:50―11:28滝谷出合11:45―12:56白出沢出合13:23―13:56穂高平山荘14:07―14:50新穂高





ゴールを迎えた後は西穂のロープウエイへそのまま向かいました
槍ヶ岳 155
笠ヶ岳


ホントは明日にあがろうと思っていたけど、天気が今ひとつよくない(やはり翌日はガスの中でした)

今日は午後も快晴だし、今、上がった方が展望があるよね


西穂
槍ヶ岳 159


最後は槍も見て
槍ヶ岳 160




これで槍も見納めだろう~・・・と思っていたら、、宿の露天風呂からはこれまた槍が見えて

お湯に浸かりながら

今回の登山が無事に終了したことに安堵の気持ちでいっぱいになりました


追記を閉じる▲

新穂高の無料駐車場に着き、仮眠して出発する頃は霧雨でした

合羽を着るか迷いましたが、そのまま登山届を出して出発

右俣林道を進ます

穂高平山荘の前には牛が放牧されていました

さっそくトイレ休憩(このトイレ、ペーパー無しの底なしトイレだけど、きれいなのよね~使う人がいないのかしら)

林道をひたすら歩いて

ここは白出沢出合 奥穂への分岐
槍ヶ岳 005
この少し先に沢があります


沢の休憩ポイント
槍ヶ岳 008
工事現場で仮設トイレがありました(きれいです) 奥には水も出ています
いや~、、ここのトイレの綺麗さったら・・・
工事現場の人に感謝です(普通仮設トイレって水少なくない?ここはポンプを踏むと水がガボガボ出てくる。そしてトイレの中に虫コナーズも!)

沢だけど渡渉ポイントには水無しでした 

ここで林道歩きとはお別れ

山道に入っていきます

だらだらと沢沿いを登っていく感じ

チビ谷を越え

これは滝谷
槍ヶ岳 滝谷011
増水が心配でしたが、なんの問題は無し


上流をよく見ると滝が見えていまいた
槍ヶ岳 013
ガス!

ここには水量を映すライブカメラが設置されてました



まだまだ緩やかな登り道が続きます

木道が見え始め平になったら

熊さんがお出迎えの槍平小屋
槍ヶ岳 018
滝谷からここまでが長かった気がする


ここまでで、調度時間半分

まだまだ道は長い 

長丁場の為、要所要所で必ず休憩を取りました(片道12km以上はあるしね)

ここの外トイレは現在建設中(仮設トイレでしたがあまり綺麗ではない→水ポンプ壊れている)


テント指定地を通り越し山道に入ると最終水場


槍平からようやく登り坂になって足腰に効いてきました(長距離林道の疲れだと思う)


相変わらず視界不良の霧の中


ここら辺はちょっと辛かった・・・寝不足が効いているのか??

分岐はまだか~・・・と進んでいくと、ようやく!


救急箱が置いてある千丈分岐に到着
槍ヶ岳 029
なんだか安堵しました

上はガスっていて見えないけど、ようやく山荘に近づいたて先が見えた感じ

おやつを食べて休憩していると

小雨が降ってきます

急いで合羽、ザックカバー


付けると雨が止む法則です



分岐を西鎌尾根に向かって歩き出しますが、ここからがえらい急登!

そして、道が崩れている箇所もあります



風が吹いているので途中天気がコロコロ変わります

視界がさーっと開けたら陽がさしてきて暑い・・・・

と思ったらまたガスの中

標高が上がると合羽もいらなくなり・・・(雨で濡れることなく、ここまで来ました)
槍ヶ岳 036
お隣の飛騨乗越へのジグザク道も見えていました


千丈乗越はまだか~・・・・まだか~・・と歩き、ようやく乗越に到着
槍ヶ岳 041


虹!
槍ヶ岳 038

久しぶりに見る大きい虹でした

分岐からの急登が効いてので、この景色には大感動^^

どうやら、ガスは飛騨側だけのようです


しばらく休憩
槍ヶ岳 043
槍が見えそうで見えない・・・

そう簡単には見せてくれないらしい


あともう少しだね!

ようやくゴールが見えて、元気に出発してみたものの

ここからがホントに辛かった


こんな近くに山荘が見える!
槍ヶ岳 047


でも実際はこんな豆粒
槍ヶ岳 050
3000mってこんなに辛かったっけ?と思うほど

心身共に疲れきっていましたが歩幅を小さくして・・・・

ワンピッチ落として歩きます
槍ヶ岳 051
飛騨側もガスが取れ始め草紅葉もうっすら


何回も足を止め、息を整え


槍の直下にでました
槍ヶ岳 054
槍と小槍を見上げて・・・・


しっかり所定の時間かかって山荘に到着
槍ヶ岳 056
心の中はガッツポーズ

辛かった~。。長かった~。。


受付をして、寝床を確認して、ちょっと休憩して早々に山頂アタックです


渋滞も無くスイスイ登れました
槍ヶ岳 059
以前登ったのに、全然覚えてなかったな~
覚えていたのはハシゴだけ^^;)


到着!
槍ヶ岳 061
ガスなのでこのまま下山時間まで待つことにしました

晴れろー晴れろーと念じて^^

そしたら、だんだんと陽も出てきて・・・・(←ウソ偶然ね^^)
DSC_0243.jpg
散々ブロッケン現象で遊びました


山頂は入れ替わりでも5~6人くらいで静かでした


あら?晴れてきた~
槍ヶ岳 075

北鎌も
槍ヶ岳 077

雲枠く中に山が見わたせました

ガスがかかったり、晴れたり・・・・

雲の動きを見ていると飽きませんでしたが

もう、タイムリミット


下山です
槍ヶ岳 081
やっぱり、下りの方がたいへん
落石させないように

下りも空いてスイスイでした


そして、緊張の糸が途切れた図
槍ヶ岳 083
メットを取って一安心(メットは小屋で500円レンタル)


丁度いい時間に夕食タイム17:00~
槍ヶ岳 089
酢豚です
味は・・・・・言わない


夕食後の散歩
槍ヶ岳 095
この頃くらいから常念も見えていました


これは夕暮れ時
槍ヶ岳 098
雲海の上に常念の山頂

遅いけど、今年初のアルプス

雲海を見ると高い山に来たんだな~と実感します


これは鷲羽の方
槍ヶ岳 103
小屋から外れて撮ってみました

強風が吹きつけて寒い
この小屋があるおかげで風が遮られているのがよくわかります


最後は夕焼けに染まった槍の穂先
夕焼け槍ヶ岳 099
は~、、いいもん見させていただきました


夕暮れタイムが終わったら、そっこー就寝

横に6人並びの蚕棚を、4人で使用

金曜だからか?空いていてよかった~

消灯が20:30だけど、ほとんどの人が19:00には寝てました(私もそうだけど)し~ん・・・Zzzz・・・

灯だけが煌々とついていました




夜中2時頃、同行者のTさんが星空を見に行ったようです

すごい星空だったと

私も見たかったけど、元気と気力がなかった・・・


そこからの眠りが深かった

まだ寝足りない、、、という頃に起床



支度を整え外に出ると日の出まじか
asayake 槍ヶ岳 106

今日は富士山も見えている~!!
槍ヶ岳 108



そして、ご来光です
槍ヶ岳 112


そして、私です(爆)
IMG_04422.jpg
左下のオレンジでちゃっかり写ってる  山荘ブログから拝借 



日の出が山荘の受付玄関を明るくしました
槍ヶ岳 113



日の出を見終わると朝食の時間
槍ヶ岳 114
メインはカレイの煮付け(骨なしの大量調理に使うやつ)


泊まった場所は受付左手の南館
槍ヶ岳 115


南館の案内図
槍ヶ岳 116
クリックで拡大します


お部屋は山鳩Aの上段でした(毎回上がるのに一苦労・・・・)
槍ヶ岳 117
部屋の窓からは槍沢が一望


個室とかは階段を上がった場所
トイレもそっちだったので、行くのが遠い感じ(オガクズバイオトイレ)
飲料水は受付横の蛇口から




ゆっく~り支度をして下山開始です
写真を撮ったり、景色を見たりしていたらすっかり時間が過ぎてしまいました


来た道を戻ります
槍ヶ岳 119
笠ヶ岳が雄大です

西鎌尾根の途中まで進みます
槍ヶ岳 121


その西鎌尾根の向こうに鷲羽、雲ノ平、薬師岳
槍ヶ岳 122
薬師、でっかーい!!また行きたーい!



今日は天気がよく展望も良い
槍ヶ岳 124
どんどん高度を下げていきます

ここは昨日はガスの中だった

が、、しかし、天気とは正反対で
今日は若干頭痛・・・・


西鎌尾根とも北側の展望ともお別れ
槍ヶ岳 125


頭痛も標高が下がれば治るはず!
槍ヶ岳 133
あのてっぺんから下がってきました
ここはアザミのお花畑


ナナカマドの実が緑の中で鮮やか
槍ヶ岳 138



千丈分岐で休憩

キッチン槍でTさんがパンを買っていたので、それをもらってお茶にします

こんだけ下がったら頭痛も治るのに今日は治らないな・・・



それに膝も痛くなってきた
槍ヶ岳 139
ここは最終水場 ここでも休憩


膝は痛くなってくるし、頭痛はいっこうに治らない


荷物をTさんに少し持ってもらって
膝テーピングももらって


ようやく槍平小屋に到着

お腹が空いたので、お昼休憩です 10:00

小屋で軽食でも・・と思っていたけど開始は10:30でタイミング合わず

小屋の前のウッドデッキに座ってしばしボケっとします

私は食欲もなかったので行動食で済ませました

Tさんはしっかりラーメン食べてましたが・・・・

小屋の中
槍ヶ岳 143

普段ならコレに飛びつくのに・・・
槍ヶ岳 142
水分はもういいかな・・・


膝をかばいながらようやく白出沢
槍ヶ岳 144
ここの工事現場でも休憩

膝にエアーサロンパスをかけつつ

ここからは林道歩きなのでかなり楽でした


やーっと穂高平山荘
槍ヶ岳 150
昨日はガスの中だったけど

穂高と槍がバックに見えるのね


槍発見!
槍ヶ岳 147


屋根のところに白出のコル
槍ヶ岳 148



おおー!穂高山荘
槍ヶ岳 149

ここでも休憩をとって

最後の林道あるき

ゴールの新穂高では思わずガッツポーズでした
やったー!歩き通せた!


9/11 新穂高5:10―6:03穂高平小屋6:15―6:56白出沢出合7:15―8:25滝谷出合8:40―9:32槍平小屋9:56―10:48最終水場11:00―11:53千丈分岐12:12―12:49千丈乗越13:05―14:24槍ヶ岳山荘15:02―15:23山頂15:57―16:21槍ヶ岳山荘

9/12 槍ヶ岳山荘7:00―7:44千丈乗越7:52―8:15千丈分岐8:46―9:22最終水場―9:57槍平小屋10:50―11:28滝谷出合11:45―12:56白出沢出合13:23―13:56穂高平山荘14:07―14:50新穂高





ゴールを迎えた後は西穂のロープウエイへそのまま向かいました
槍ヶ岳 155
笠ヶ岳


ホントは明日にあがろうと思っていたけど、天気が今ひとつよくない(やはり翌日はガスの中でした)

今日は午後も快晴だし、今、上がった方が展望があるよね


西穂
槍ヶ岳 159


最後は槍も見て
槍ヶ岳 160




これで槍も見納めだろう~・・・と思っていたら、、宿の露天風呂からはこれまた槍が見えて

お湯に浸かりながら

今回の登山が無事に終了したことに安堵の気持ちでいっぱいになりました

【2015/09/15 10:55】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ROCKY
かなりハードだったようだけど 充実した山行だったようだね。
おめでとー!
飛騨沢で ボクが思い出すのは・・・
穂高平山荘の前の黒い牛を遠くから見て
クマだと思い足がすくんだことと
やっぱりハードで ボクが唯一脱水症状を起こしダウンし
山荘でのビールも夕飯も喉を通らなかったこと・・・。

やっぱ ハードだよね~


木曽駒
おぉ~~、がんばりましたね。
お疲れ様~~!!

私が隊長と登ったときもやはりガス&小雨の槍ヶ岳でしたが、何故か夕方から晴れてすっごい星空。
そして、最高のご来光!!

暗い中槍の天辺に登ってみたご来光は人生でもベスト3に入るご来光でした。

槍はやはり特別な場所だね。


hiro
ROCKYさま
穂高平の牛!
やはり熊っぽいですよね^^;私も見たときはそお思っちゃいました。

槍沢より距離が短い飛騨沢だけど、このルートもそれなりにたいへん。長丁場だと緊張するし、アクシデントも心配ですし、山荘に着いた時は感慨もひとしおでした^^
登りはガスだから、涼しかったけど、、(だから登れたのかも)ここを陽がさしていたら大変ですよね
最終水場で水を口に含んだら、えぐみがあって^^;


hiro
木曽駒さま
槍まで一日で行けるとは思わなかったけど行ってきました^^
なんだかあの穂先はね、空気が違う感じ。別の空気が流れてるみたいな感覚になるのよね。
朝と夕のドラマチックな展開に私も今回は「いい景色を見たな~」と思いました。駒ちゃんも最高のご来光見たんだね^^
やっぱ天気が回復するとテンションi-184


アルプスだねー
まゆた
hiroちゃん、ども^ ^
良い山、たくさん入ってるねー
うらやまし〜

槍ヶ岳、飛騨沢からのルートは歩いたことないです。こちらも良さげですね。いつか歩いてみたい、、って、いつになることやらですが^^;

槍ヶ岳の山頂往復、ヘルメット貸し出ししてるんだー。確かにその方が安全だね。

綺麗な朝景色だね。素晴らしい!
北アルプスの爽快な空気を久しぶりに思い出しました。ありがとう!



hiro
まゆたさま
遅いけど今年初のアルプスでしたのよ
アルプスの空気が届いたみたいでよかった^^
そのうち、まゆた家もアルプスデビューかな。待ち遠しいね!

もうね~、どこもみんなヘルメットだったよ。まあ、かぶってれば軽い落石、転倒くらいは守れそうだよね^^;

ちなみに、飛騨沢ルート、人が少ないから静かでいいけど地味でした。やっとアルプスっぽくなってくるのが千丈分岐から^^;


ぜいぜい
ガスガスはやだけど、雲があると山頂からの風景はかっこいいよね。
このコースは夏に二男が脱水症になっちゃって、えらい大変だった記憶が。。。
白出沢の休憩ポイントで頭から水かぶって、休ませました。
地味だけど、稜線に出た時の感動は大きいよね。


hiro
ぜいぜいさま
雲海の中に峰々が見えるのも、これまた絵にまりますよね。
やはり、、、
このコース、大変なんですね。高度がずっと低い沢沿い歩きだから、あっついんですよね~。今回、長丁場だから覚悟はしていきましたけど、やはりシンドかったですわ。
なので稜線に出たときは、思わずゴールのガッツポーズをしそうになりましたよ^^;

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
かなりハードだったようだけど 充実した山行だったようだね。
おめでとー!
飛騨沢で ボクが思い出すのは・・・
穂高平山荘の前の黒い牛を遠くから見て
クマだと思い足がすくんだことと
やっぱりハードで ボクが唯一脱水症状を起こしダウンし
山荘でのビールも夕飯も喉を通らなかったこと・・・。

やっぱ ハードだよね~
2015/09/15(Tue) 20:17 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
おぉ~~、がんばりましたね。
お疲れ様~~!!

私が隊長と登ったときもやはりガス&小雨の槍ヶ岳でしたが、何故か夕方から晴れてすっごい星空。
そして、最高のご来光!!

暗い中槍の天辺に登ってみたご来光は人生でもベスト3に入るご来光でした。

槍はやはり特別な場所だね。
2015/09/15(Tue) 20:55 | URL  | 木曽駒 #6wH.DH8I[ 編集]
ROCKYさま
穂高平の牛!
やはり熊っぽいですよね^^;私も見たときはそお思っちゃいました。

槍沢より距離が短い飛騨沢だけど、このルートもそれなりにたいへん。長丁場だと緊張するし、アクシデントも心配ですし、山荘に着いた時は感慨もひとしおでした^^
登りはガスだから、涼しかったけど、、(だから登れたのかも)ここを陽がさしていたら大変ですよね
最終水場で水を口に含んだら、えぐみがあって^^;
2015/09/16(Wed) 08:59 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
木曽駒さま
槍まで一日で行けるとは思わなかったけど行ってきました^^
なんだかあの穂先はね、空気が違う感じ。別の空気が流れてるみたいな感覚になるのよね。
朝と夕のドラマチックな展開に私も今回は「いい景色を見たな~」と思いました。駒ちゃんも最高のご来光見たんだね^^
やっぱ天気が回復するとテンションi-184
2015/09/16(Wed) 09:17 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
アルプスだねー
hiroちゃん、ども^ ^
良い山、たくさん入ってるねー
うらやまし〜

槍ヶ岳、飛騨沢からのルートは歩いたことないです。こちらも良さげですね。いつか歩いてみたい、、って、いつになることやらですが^^;

槍ヶ岳の山頂往復、ヘルメット貸し出ししてるんだー。確かにその方が安全だね。

綺麗な朝景色だね。素晴らしい!
北アルプスの爽快な空気を久しぶりに思い出しました。ありがとう!
2015/09/16(Wed) 15:09 | URL  | まゆた #Uc1kfBME[ 編集]
まゆたさま
遅いけど今年初のアルプスでしたのよ
アルプスの空気が届いたみたいでよかった^^
そのうち、まゆた家もアルプスデビューかな。待ち遠しいね!

もうね~、どこもみんなヘルメットだったよ。まあ、かぶってれば軽い落石、転倒くらいは守れそうだよね^^;

ちなみに、飛騨沢ルート、人が少ないから静かでいいけど地味でした。やっとアルプスっぽくなってくるのが千丈分岐から^^;
2015/09/17(Thu) 09:34 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
ガスガスはやだけど、雲があると山頂からの風景はかっこいいよね。
このコースは夏に二男が脱水症になっちゃって、えらい大変だった記憶が。。。
白出沢の休憩ポイントで頭から水かぶって、休ませました。
地味だけど、稜線に出た時の感動は大きいよね。
2015/09/25(Fri) 09:13 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
ぜいぜいさま
雲海の中に峰々が見えるのも、これまた絵にまりますよね。
やはり、、、
このコース、大変なんですね。高度がずっと低い沢沿い歩きだから、あっついんですよね~。今回、長丁場だから覚悟はしていきましたけど、やはりシンドかったですわ。
なので稜線に出たときは、思わずゴールのガッツポーズをしそうになりましたよ^^;
2015/09/25(Fri) 17:02 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック