山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
ちょっと前までは男体山行きたーい!

と、かなり私の中で盛り上がっていたのですが、、今ではその熱も無くなって

関東圏内の山はいつでも行ける・・・
と思っていたら、いつの間にか行きそびれてしまいました

よし、ここでもう一度、あのころの熱を取り戻して^^



レッツゴーです!

二荒山神社中宮祠から出発
男体山 003
山頂には奥宮があります
奥宮に行くには受付で500円(かる~く登山道の説明をうけました)
安全登拝と交通安全のお札をいただきました


朱塗りの門
男体山 004
登拝門 は男体山の登頂ができる5月5日~10月25日まで開いているそうです
ここから出発


門の向こうは階段が続き
男体山 075クリックで拡大します
登拝の心得がありました

心得を習得したかは別として・・・


ここからが登山道の一合目
男体山 006
ブナの森を登っていきます

そうきつくは無い道でした

二合目をすぎ(←わからないまま通りすぎていた)

三合目に出ました
男体山 007
三合目からは工事用の舗装林道を歩きます

綴ら折れの舗装路
すぐ上に道が見えるのにえらい遠回りさせられます


たいして面白くない舗装路を歩いて四合目に到着
男体山 009
ここからまた山道です


どんどん登っていくと
紅葉!
男体山 011


紅葉の下をくぐって
男体山 015


シロヤシオでしょうか
男体山 012
ここら辺はかなりの大木でした


五合目に到着
男体山 017



五合目の上も紅葉できれいです
男体山 020
中禅寺湖も見えてきました


五合目を過ぎると岩が多くなりかなり歩きにくい道となりました

一時間半くらい歩いたので疲れた・・・
男体山 021
ちょうどいい岩があったので、その上に座って休憩


六合目はまだかな・・・と思って前を見ると

あった
六合目男体山 023
休憩してた場所が六合目だった
岩の文字がぜんぜん目に入りませんでした


七合目
七合目男体山 025
まだまだ岩ゴロゴロの道は続きます



八合目
男体山 029

清滝神社
男体山 031


ここら辺から下山者とすれ違います

「もう、この少し先で岩場が終わるよ」

と教えてもらい、多少元気がでました(実はもうこの岩に飽きていた・・・)
男体山 033
登りはいいけど、下りは神経を使いそうな・・・


急な岩の昇りを終えたら

比較的なだらかな道になりました 針葉樹の森
男体山 037
なだらかなんだけど、距離が長いのよね
こういう山道は大倉尾根を思い出してしまう(-_-;)


日陰は霜柱でした
男体山 036
シーズン初!


ちょっと明るい木漏れ日の中は
男体山 039
スギゴケの胞子のう


九合目の樹林帯を抜けると
男体山 040
赤い土がお目見え 弥陀ヶ原

ここも急なんです


でも左を向けば戦場ヶ原 車が走っているのも見える^^
男体山 042
紅葉もきれい
調度、竜頭の滝の付近の森が色づいているのがわかりました


後は中禅寺湖 あれ?一番右は皇海山じゃありません?
男体山 045
つらい最後の昇りだけど、この移り変わる景色に辛さも忘れる!


山頂はまだかな~・・と歩みをすすめると


誰かいた!
男体山 048
なんか見える!


鳥居をくぐって奥宮山頂到着
男体山 049


山頂標識もあった
男体山 052
奥宮は天応2(782)年、勝道上人が山頂に小さな祠を創建したことが由来とされる・・・と事前調べ


山頂はだいぶ広そう
男体山 051


で、さっきの「誰かいる」さんは
男体山 055
ご祭神の二荒山大神でした


カメラを持って山頂をうろうろします

風はあるものの、時折吹く程度で着込めば大丈夫な感じ ほっ


中央左のどっしり山は「太郎山」
男体山 056
その右の小さなとんがりが「小真名子山」
すぐ隣の手前どっしりが「大真名子山」
一番右端が「帝釈山」 あ、、女峰山が切れちゃった

雲の辺りが会津駒だっていうけど、、見えないな


後姿も凛々しいわ
男体山 057


また奥宮の方へ戻り前を通っていくと
男体山 058
ご神剣


私も岩によじ登ってみました
これは2012年に奉納されたものだそうです(近くでよーく見たら書いてあった)
どうりでピッカピカ
男体山 060
以前のは1880年に奉納されたものだって


ご神剣の向こうに三角点
男体山 065
帝釈山と女峰山をバックに


それにしても、二荒山神社は日光三山を含む日光連山8峰(男体山・女峰山・太郎山・奥白根山・前白根山・大真名子山・小真名子山・赤薙山)が境内だというから、、、ひろい・・・広すぎ


一通り歩き回ったらこの方面を見て休憩(風の当りが弱かっただけなの)
男体山 066
良く見えているのは日光白根山
至仏山とか見えるはずなんだけど、雲の中


白根山をよ~く見ると
男体山 067
霧氷?雪?
ちょっと白くなっているのがわかりました


~休憩中~
おにぎり、、紅茶、、、

身体は温かいけど、手袋を外すとあっという間にかじかんでしまいました



下山です

途中、また右膝が痛くなってしまいました
五合目付近から急いでサポーターつけて(用心の為に最初からつけておくべきでした)
岩手山の時はなんともなかったのにな・・・


最後は一合目への森がえらい長く感じました
男体山 073


無事到着
男体山 077

二荒山神社6:50―7:22三合目―7:44四合目―8:05五合目―8:22六合目8:32―8:57七合目―八合目9:23―10:11山頂10:55―12:27四合目―12:42三合目―12:59一合目―13:07二荒山神社




下山後は戦場ヶ原とか紅葉の場所へ行こうかな。。。

なんで考えてたけど

竜頭の滝の入り口の混雑っぷりを見て、あっさり諦め


戦場ヶ原もがっかりな混雑で^^;
(そうだよね~美しいものはみんな、見たい)



温泉でゆっくりすることにしました

湯ノ湖のほとり
奥日光高原ホテル
1DSC_0274.jpg
びっくり!光線のかげんだと思うけど、緑なんだよ~
源泉かけ流し乳白色・硫黄温泉ですって
勝道上人が修行をしてた時に見つけたと

ここは人も少なくてゆっくり浸かれました

湯上りの空気が心地よい奥日光の気候

温泉シーズン到来^^(夏は暑くてね~・・・)



金精峠付近から
男体山 079
いい景色をありがとう 男体山


自宅着19:00

おしまい


追記を閉じる▲

レッツゴーです!

二荒山神社中宮祠から出発
男体山 003
山頂には奥宮があります
奥宮に行くには受付で500円(かる~く登山道の説明をうけました)
安全登拝と交通安全のお札をいただきました


朱塗りの門
男体山 004
登拝門 は男体山の登頂ができる5月5日~10月25日まで開いているそうです
ここから出発


門の向こうは階段が続き
男体山 075クリックで拡大します
登拝の心得がありました

心得を習得したかは別として・・・


ここからが登山道の一合目
男体山 006
ブナの森を登っていきます

そうきつくは無い道でした

二合目をすぎ(←わからないまま通りすぎていた)

三合目に出ました
男体山 007
三合目からは工事用の舗装林道を歩きます

綴ら折れの舗装路
すぐ上に道が見えるのにえらい遠回りさせられます


たいして面白くない舗装路を歩いて四合目に到着
男体山 009
ここからまた山道です


どんどん登っていくと
紅葉!
男体山 011


紅葉の下をくぐって
男体山 015


シロヤシオでしょうか
男体山 012
ここら辺はかなりの大木でした


五合目に到着
男体山 017



五合目の上も紅葉できれいです
男体山 020
中禅寺湖も見えてきました


五合目を過ぎると岩が多くなりかなり歩きにくい道となりました

一時間半くらい歩いたので疲れた・・・
男体山 021
ちょうどいい岩があったので、その上に座って休憩


六合目はまだかな・・・と思って前を見ると

あった
六合目男体山 023
休憩してた場所が六合目だった
岩の文字がぜんぜん目に入りませんでした


七合目
七合目男体山 025
まだまだ岩ゴロゴロの道は続きます



八合目
男体山 029

清滝神社
男体山 031


ここら辺から下山者とすれ違います

「もう、この少し先で岩場が終わるよ」

と教えてもらい、多少元気がでました(実はもうこの岩に飽きていた・・・)
男体山 033
登りはいいけど、下りは神経を使いそうな・・・


急な岩の昇りを終えたら

比較的なだらかな道になりました 針葉樹の森
男体山 037
なだらかなんだけど、距離が長いのよね
こういう山道は大倉尾根を思い出してしまう(-_-;)


日陰は霜柱でした
男体山 036
シーズン初!


ちょっと明るい木漏れ日の中は
男体山 039
スギゴケの胞子のう


九合目の樹林帯を抜けると
男体山 040
赤い土がお目見え 弥陀ヶ原

ここも急なんです


でも左を向けば戦場ヶ原 車が走っているのも見える^^
男体山 042
紅葉もきれい
調度、竜頭の滝の付近の森が色づいているのがわかりました


後は中禅寺湖 あれ?一番右は皇海山じゃありません?
男体山 045
つらい最後の昇りだけど、この移り変わる景色に辛さも忘れる!


山頂はまだかな~・・と歩みをすすめると


誰かいた!
男体山 048
なんか見える!


鳥居をくぐって奥宮山頂到着
男体山 049


山頂標識もあった
男体山 052
奥宮は天応2(782)年、勝道上人が山頂に小さな祠を創建したことが由来とされる・・・と事前調べ


山頂はだいぶ広そう
男体山 051


で、さっきの「誰かいる」さんは
男体山 055
ご祭神の二荒山大神でした


カメラを持って山頂をうろうろします

風はあるものの、時折吹く程度で着込めば大丈夫な感じ ほっ


中央左のどっしり山は「太郎山」
男体山 056
その右の小さなとんがりが「小真名子山」
すぐ隣の手前どっしりが「大真名子山」
一番右端が「帝釈山」 あ、、女峰山が切れちゃった

雲の辺りが会津駒だっていうけど、、見えないな


後姿も凛々しいわ
男体山 057


また奥宮の方へ戻り前を通っていくと
男体山 058
ご神剣


私も岩によじ登ってみました
これは2012年に奉納されたものだそうです(近くでよーく見たら書いてあった)
どうりでピッカピカ
男体山 060
以前のは1880年に奉納されたものだって


ご神剣の向こうに三角点
男体山 065
帝釈山と女峰山をバックに


それにしても、二荒山神社は日光三山を含む日光連山8峰(男体山・女峰山・太郎山・奥白根山・前白根山・大真名子山・小真名子山・赤薙山)が境内だというから、、、ひろい・・・広すぎ


一通り歩き回ったらこの方面を見て休憩(風の当りが弱かっただけなの)
男体山 066
良く見えているのは日光白根山
至仏山とか見えるはずなんだけど、雲の中


白根山をよ~く見ると
男体山 067
霧氷?雪?
ちょっと白くなっているのがわかりました


~休憩中~
おにぎり、、紅茶、、、

身体は温かいけど、手袋を外すとあっという間にかじかんでしまいました



下山です

途中、また右膝が痛くなってしまいました
五合目付近から急いでサポーターつけて(用心の為に最初からつけておくべきでした)
岩手山の時はなんともなかったのにな・・・


最後は一合目への森がえらい長く感じました
男体山 073


無事到着
男体山 077

二荒山神社6:50―7:22三合目―7:44四合目―8:05五合目―8:22六合目8:32―8:57七合目―八合目9:23―10:11山頂10:55―12:27四合目―12:42三合目―12:59一合目―13:07二荒山神社




下山後は戦場ヶ原とか紅葉の場所へ行こうかな。。。

なんで考えてたけど

竜頭の滝の入り口の混雑っぷりを見て、あっさり諦め


戦場ヶ原もがっかりな混雑で^^;
(そうだよね~美しいものはみんな、見たい)



温泉でゆっくりすることにしました

湯ノ湖のほとり
奥日光高原ホテル
1DSC_0274.jpg
びっくり!光線のかげんだと思うけど、緑なんだよ~
源泉かけ流し乳白色・硫黄温泉ですって
勝道上人が修行をしてた時に見つけたと

ここは人も少なくてゆっくり浸かれました

湯上りの空気が心地よい奥日光の気候

温泉シーズン到来^^(夏は暑くてね~・・・)



金精峠付近から
男体山 079
いい景色をありがとう 男体山


自宅着19:00

おしまい

【2015/10/11 14:03】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ROCKY
関東の山 いつでも行けるという感覚が 超うらやましいよ~!
紅葉 キレイだね・・・・ボク 今年は紅葉の山 行けないかも・・・。



hiro
ROCKYさま
一応、関東の一番はしっこ。なんで^^;
圏央道が繋がったから便利になりましたよ~

紅葉、調度ここだけでした
山肌一面のゴージャスさはないけど、ほっこりしました
紅葉の山に行けないのは悲しい・・・
なんとか時間ができるといいですね




ぜいぜい
男体山展望のお山だね~
でも風当たりも強そう
この時期紅葉ばっちりなお山は登山者だけでなく、
観光の人出もあるから激混みじゃなかった?
私は裏磐梯から安達太良方面だったけど、R115が大混雑だったよ。


hiro
ぜいぜいさま
今回は平日だったのでお山は空いてラッキー(山頂も5~6人くらい)
でも下山したら竜頭の滝とかの駐車場街で入口がごったがいしてました。
道路はスイスイでしたけどね。
休日は・・・たいへんなことだったでしょう・・

裏磐梯~安達太良なんてゴールデンコース!^^
紅葉の時期はあっちもこっちも気になりますわ^^

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
関東の山 いつでも行けるという感覚が 超うらやましいよ~!
紅葉 キレイだね・・・・ボク 今年は紅葉の山 行けないかも・・・。
2015/10/11(Sun) 18:01 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
ROCKYさま
一応、関東の一番はしっこ。なんで^^;
圏央道が繋がったから便利になりましたよ~

紅葉、調度ここだけでした
山肌一面のゴージャスさはないけど、ほっこりしました
紅葉の山に行けないのは悲しい・・・
なんとか時間ができるといいですね

2015/10/11(Sun) 22:10 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
男体山展望のお山だね~
でも風当たりも強そう
この時期紅葉ばっちりなお山は登山者だけでなく、
観光の人出もあるから激混みじゃなかった?
私は裏磐梯から安達太良方面だったけど、R115が大混雑だったよ。
2015/10/14(Wed) 09:20 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
ぜいぜいさま
今回は平日だったのでお山は空いてラッキー(山頂も5~6人くらい)
でも下山したら竜頭の滝とかの駐車場街で入口がごったがいしてました。
道路はスイスイでしたけどね。
休日は・・・たいへんなことだったでしょう・・

裏磐梯~安達太良なんてゴールデンコース!^^
紅葉の時期はあっちもこっちも気になりますわ^^
2015/10/14(Wed) 14:51 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック