山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
紅葉狩り山行、本番の山!

やっぱり、新潟の紅葉は美しいわ~の山行となりました
金曜深夜の高速 今回は長野ICを降りまして白馬方面へ向かいました

雨飾山のキャンプ場駐車場に到着したのは土曜3:00過ぎ

車中泊組の車がたくさんあって、最後の最後に第一駐車場に止めることができました
(さすが、紅葉の雨飾山です 混雑)

外に出て空を見上げると満天の星

うわ~^^ここでテント張って星空観察でもいいかも~・・・

なんて考えてしまいますが、眠気にはかないません^^;

そっこー、寝袋に入って車中泊です(ちょっと足が寒かった・・・)



6時ごろ、明るくなり、周りが賑やかになって、どんどん登山客が歩きだした頃、ようやく起床

駐車場周辺の様子も見えてきまして
雨飾山 戸隠 001
すでに駐車場付近が紅葉のピークでした

朝日にあたって葉が輝いています


この先どんな景色、紅葉がまっているんでしょうか



私達も出発です

私は紅葉の期待でテンションなんだけど、同行者のTさんのテンションは
(どうやら渋滞する登山道が嫌みたいよー)



登山口にはきれいなトイレも完備

その建物の後ろ付近から登山道へ入っていきます

少し下りまして平な木道です
雨飾山 戸隠 007

その付近、左右の山も紅葉真っ只中!
雨飾山 戸隠 004

ここでこんな見事な紅葉、、、これから先はどうなっちゃうの?

とかなり期待を持ってしまいます


山頂まではこんな標識あり
雨飾山 戸隠 012
2/11からどんどん登っていきます

けっこう急ですが、周りの紅葉がきれいで何度も足をとめてしまいました
雨飾山 戸隠 013

私の期待を裏切りません 雨飾山
雨飾山 戸隠 014

もうこの辺がピークかも^^
雨飾山 戸隠 015
黄色だけじゃなくてちょっと赤みがかったブナの紅葉がこれまたGood!


少し行くとブナ平
雨飾山 戸隠 018

ここはその名の通りブナ大木があってちょっと広場になっているところ
雨飾山 戸隠 019
休憩タイムの図

もう、ここまででもじゅうぶん!期待以上の紅葉です
(例によって、Tさんからもう帰る?のコール・・いやいや帰りませんって)


ブナ平からさらに登っていくとちょっと平な木道になって

トラバースする感じで進んでいくと荒菅沢と雨飾山の稜線が見えるポイントにでました
雨飾山 戸隠 022
ず~~っと景色が変わらない急登だったので、この景色は新鮮

荒菅沢の紅葉もお見事!


あの下の白い沢へとどんどん下っていきまして
雨飾山 戸隠 023
下って行く途中で標識
やっと半分以上きた!


二回目の休憩
雨飾山 戸隠 024

荒菅沢から見上げるとこんな感じ
雨飾山 戸隠 025
一番三角が頂上


沢からはこれまた急登
けっこういいリズムで登ってきましたが
もう限界
雨飾山 戸隠 026
上を向いて紅葉写真を撮ります(写真を取りながら実は休憩 こんな写真が何枚もあった・・)


またまた紅葉の中
雨飾山 戸隠 029
緩やかな道もあるけど、全体が急でした


どんどん登ると展望も出てきます

右側の山 たぶん焼山が見えると思うんだけど、、雲の中
雨飾山 戸隠 030
金山だけが見えています


振り返れば!
雨飾山 戸隠 032
駐車場が見えた~!!は↓のところ

登ってきたね~


でもここら辺からがきつかった~岩岩でね

何度もまだか~・・・と
稜線見えてるのにね・・・・これまた長いし、しんどいし、、急だし
雨飾山 戸隠 033


そういう時は横を見ます
雨飾山 戸隠 034
一番奥の鉾ヶ岳、権現岳の向こうに日本海が見えているよ~


最後の最後、稜線に出るまで岩が続きます
雨飾山 戸隠 035



息も絶え絶えで稜線に出まして、左方面に少し進むと笹平の手前にシゲクラ尾根と鋸岳からの登山道が当たる場所で広くなっている所がありました

ここで休憩
雨飾山 戸隠 037
ここまで来ると山頂もばっちり見えまして


日本海、糸魚川も見えてきます
雨飾山 戸隠 040
一番右のぽっこりは駒ヶ岳


ちょっとひいて
雨飾山 戸隠 041
鋸山、駒ヶ岳の山肌の紅葉もきれいです



笹の大地を歩いて行いくと雨飾温泉、雨飾山荘からの登山道分岐があります
(半分新潟県の雨飾山 こっちからも登ってみたい~私は神奈川と新潟のハーフです)

ここから、最後の登り

岩もザレ場が多く人も多い為、すれ違いに注意な道でした

振り返ると笹の大地が美しい
雨飾山 戸隠 046
この時一瞬だけ 焼山、火打が見えました 右の二つのぽっこりね

パノラマ(クリックで拡大します)
雨飾山 戸隠 047-PANO
手前に駒ヶ岳、鋸山、
そしてその向こうのギザギザした山、、???

そしてそのまた向こうにコの字型の山塊、鉾ヶ岳と権現岳


山頂は双耳峰

三角点と道標がある南峰は大賑わいでした
雨飾山 戸隠 050
記念撮影もままならないほどだったので

山頂道標から外れて(西側で)お茶にしました
雨飾山 戸隠 053
谷の紅葉もきれいです

雲の中に栂海新道の稜線も見え隠れしてたけど、北アルプス山頂は雲の中


休憩しているとだんだんとガスも出てきました


さすがに、、、

風が冷たく寒くなったので、下山支度

石仏がある北峰へ移動します
雨飾山 戸隠 054


こちらも人がいっぱいでした・・・

この石仏、みんな糸魚川を向いています
石仏たちは、糸魚川地方の羅漢上人という坊さんが刻み、山へ運んだものだといいます
雨飾山 戸隠 056
山の神様たち



下山途中
雨飾山 戸隠 060
山頂直下から荒菅沢を上から見る


行きに休憩した笹平の広場で、あら?と目をとめてしまいました

知っている人によ~く似ている人がいます

思い切ってお声をかけると・・・・

やっぱり!^^

sanaeさんご夫婦でした(ブログを拝見していたのでわかったんですわ)

日本海のこんなところで~!びっくりしましたが、こんな事ってあるんですね

私の人生の中で山中バッタリは2回目かな

とても新鮮な出来事でした


稜線から下った尾根沿いで
雨飾山 戸隠 065
荒菅沢を見ながら下山です



そして、また紅葉の中へ・・・・
雨飾山 戸隠 078
同行者のTさんと2人で膝痛い~・・・と言いながらの下山でしたが

写真と撮ったり、いい色づきの枝を見つけたり・・・

のんびり降りてきました


雨飾高原キャンプ場7:30―(休憩ブナ平)―9:00荒菅沢9:13―10:17シゲクラ尾根分岐休憩ポイント(笹平)10:26―10:54山頂11:39―シゲクラ尾根分岐でバッタリ―12:57荒菅沢13:12―14:30駐車場




下山後は雨飾荘へ~なんて考えていたけど。。

鎌池に行きたい!と分岐直前でわがままを申しまして

池の散策となりました


調度車も空くいい時間だったので、すんなり駐車


湖面に映る紅葉を山があまりにきれいだったので・・・・
雨飾山 戸隠 088


ちょこっと見るだけだったはずが・・・一周することに
雨飾山 戸隠 091
一周中


撮影大会の始まりとなりました
雨飾山 戸隠 095
お!偶然にも雨飾山が入ってるじゃありませんか~^^


湖畔沿いの道も見頃
雨飾山 戸隠 096

堪能したよ~・・紅葉

美しかった~




今日の夕食は肉!

白馬グリンデルで肉三昧だー
雨飾山 戸隠 098
雨飾山 戸隠 100
雨飾山 戸隠 099
雨飾山 戸隠 101
これビールです↑



次の日に続く


追記を閉じる▲
金曜深夜の高速 今回は長野ICを降りまして白馬方面へ向かいました

雨飾山のキャンプ場駐車場に到着したのは土曜3:00過ぎ

車中泊組の車がたくさんあって、最後の最後に第一駐車場に止めることができました
(さすが、紅葉の雨飾山です 混雑)

外に出て空を見上げると満天の星

うわ~^^ここでテント張って星空観察でもいいかも~・・・

なんて考えてしまいますが、眠気にはかないません^^;

そっこー、寝袋に入って車中泊です(ちょっと足が寒かった・・・)



6時ごろ、明るくなり、周りが賑やかになって、どんどん登山客が歩きだした頃、ようやく起床

駐車場周辺の様子も見えてきまして
雨飾山 戸隠 001
すでに駐車場付近が紅葉のピークでした

朝日にあたって葉が輝いています


この先どんな景色、紅葉がまっているんでしょうか



私達も出発です

私は紅葉の期待でテンションなんだけど、同行者のTさんのテンションは
(どうやら渋滞する登山道が嫌みたいよー)



登山口にはきれいなトイレも完備

その建物の後ろ付近から登山道へ入っていきます

少し下りまして平な木道です
雨飾山 戸隠 007

その付近、左右の山も紅葉真っ只中!
雨飾山 戸隠 004

ここでこんな見事な紅葉、、、これから先はどうなっちゃうの?

とかなり期待を持ってしまいます


山頂まではこんな標識あり
雨飾山 戸隠 012
2/11からどんどん登っていきます

けっこう急ですが、周りの紅葉がきれいで何度も足をとめてしまいました
雨飾山 戸隠 013

私の期待を裏切りません 雨飾山
雨飾山 戸隠 014

もうこの辺がピークかも^^
雨飾山 戸隠 015
黄色だけじゃなくてちょっと赤みがかったブナの紅葉がこれまたGood!


少し行くとブナ平
雨飾山 戸隠 018

ここはその名の通りブナ大木があってちょっと広場になっているところ
雨飾山 戸隠 019
休憩タイムの図

もう、ここまででもじゅうぶん!期待以上の紅葉です
(例によって、Tさんからもう帰る?のコール・・いやいや帰りませんって)


ブナ平からさらに登っていくとちょっと平な木道になって

トラバースする感じで進んでいくと荒菅沢と雨飾山の稜線が見えるポイントにでました
雨飾山 戸隠 022
ず~~っと景色が変わらない急登だったので、この景色は新鮮

荒菅沢の紅葉もお見事!


あの下の白い沢へとどんどん下っていきまして
雨飾山 戸隠 023
下って行く途中で標識
やっと半分以上きた!


二回目の休憩
雨飾山 戸隠 024

荒菅沢から見上げるとこんな感じ
雨飾山 戸隠 025
一番三角が頂上


沢からはこれまた急登
けっこういいリズムで登ってきましたが
もう限界
雨飾山 戸隠 026
上を向いて紅葉写真を撮ります(写真を取りながら実は休憩 こんな写真が何枚もあった・・)


またまた紅葉の中
雨飾山 戸隠 029
緩やかな道もあるけど、全体が急でした


どんどん登ると展望も出てきます

右側の山 たぶん焼山が見えると思うんだけど、、雲の中
雨飾山 戸隠 030
金山だけが見えています


振り返れば!
雨飾山 戸隠 032
駐車場が見えた~!!は↓のところ

登ってきたね~


でもここら辺からがきつかった~岩岩でね

何度もまだか~・・・と
稜線見えてるのにね・・・・これまた長いし、しんどいし、、急だし
雨飾山 戸隠 033


そういう時は横を見ます
雨飾山 戸隠 034
一番奥の鉾ヶ岳、権現岳の向こうに日本海が見えているよ~


最後の最後、稜線に出るまで岩が続きます
雨飾山 戸隠 035



息も絶え絶えで稜線に出まして、左方面に少し進むと笹平の手前にシゲクラ尾根と鋸岳からの登山道が当たる場所で広くなっている所がありました

ここで休憩
雨飾山 戸隠 037
ここまで来ると山頂もばっちり見えまして


日本海、糸魚川も見えてきます
雨飾山 戸隠 040
一番右のぽっこりは駒ヶ岳


ちょっとひいて
雨飾山 戸隠 041
鋸山、駒ヶ岳の山肌の紅葉もきれいです



笹の大地を歩いて行いくと雨飾温泉、雨飾山荘からの登山道分岐があります
(半分新潟県の雨飾山 こっちからも登ってみたい~私は神奈川と新潟のハーフです)

ここから、最後の登り

岩もザレ場が多く人も多い為、すれ違いに注意な道でした

振り返ると笹の大地が美しい
雨飾山 戸隠 046
この時一瞬だけ 焼山、火打が見えました 右の二つのぽっこりね

パノラマ(クリックで拡大します)
雨飾山 戸隠 047-PANO
手前に駒ヶ岳、鋸山、
そしてその向こうのギザギザした山、、???

そしてそのまた向こうにコの字型の山塊、鉾ヶ岳と権現岳


山頂は双耳峰

三角点と道標がある南峰は大賑わいでした
雨飾山 戸隠 050
記念撮影もままならないほどだったので

山頂道標から外れて(西側で)お茶にしました
雨飾山 戸隠 053
谷の紅葉もきれいです

雲の中に栂海新道の稜線も見え隠れしてたけど、北アルプス山頂は雲の中


休憩しているとだんだんとガスも出てきました


さすがに、、、

風が冷たく寒くなったので、下山支度

石仏がある北峰へ移動します
雨飾山 戸隠 054


こちらも人がいっぱいでした・・・

この石仏、みんな糸魚川を向いています
石仏たちは、糸魚川地方の羅漢上人という坊さんが刻み、山へ運んだものだといいます
雨飾山 戸隠 056
山の神様たち



下山途中
雨飾山 戸隠 060
山頂直下から荒菅沢を上から見る


行きに休憩した笹平の広場で、あら?と目をとめてしまいました

知っている人によ~く似ている人がいます

思い切ってお声をかけると・・・・

やっぱり!^^

sanaeさんご夫婦でした(ブログを拝見していたのでわかったんですわ)

日本海のこんなところで~!びっくりしましたが、こんな事ってあるんですね

私の人生の中で山中バッタリは2回目かな

とても新鮮な出来事でした


稜線から下った尾根沿いで
雨飾山 戸隠 065
荒菅沢を見ながら下山です



そして、また紅葉の中へ・・・・
雨飾山 戸隠 078
同行者のTさんと2人で膝痛い~・・・と言いながらの下山でしたが

写真と撮ったり、いい色づきの枝を見つけたり・・・

のんびり降りてきました


雨飾高原キャンプ場7:30―(休憩ブナ平)―9:00荒菅沢9:13―10:17シゲクラ尾根分岐休憩ポイント(笹平)10:26―10:54山頂11:39―シゲクラ尾根分岐でバッタリ―12:57荒菅沢13:12―14:30駐車場




下山後は雨飾荘へ~なんて考えていたけど。。

鎌池に行きたい!と分岐直前でわがままを申しまして

池の散策となりました


調度車も空くいい時間だったので、すんなり駐車


湖面に映る紅葉を山があまりにきれいだったので・・・・
雨飾山 戸隠 088


ちょこっと見るだけだったはずが・・・一周することに
雨飾山 戸隠 091
一周中


撮影大会の始まりとなりました
雨飾山 戸隠 095
お!偶然にも雨飾山が入ってるじゃありませんか~^^


湖畔沿いの道も見頃
雨飾山 戸隠 096

堪能したよ~・・紅葉

美しかった~




今日の夕食は肉!

白馬グリンデルで肉三昧だー
雨飾山 戸隠 098
雨飾山 戸隠 100
雨飾山 戸隠 099
雨飾山 戸隠 101
これビールです↑



次の日に続く

【2015/10/20 21:10】 | 山の記録
トラックバック(0) |


sanae
こんばんは。
超混んでいる山だったのに、良いタイミングで出会えることもあるのですね~
しかも新潟の山でだなんて!
同じ日の山でもずいぶんと視点、印象が違うものですね、新鮮です。
hiroさん新潟と神奈川のハーフなんですか!
私は純神奈川産&育ちです(^^ゞ
お顔が分かったので今度バッタリの時はこちらから声をかけられるといいなぁ・・^^
写真とリンク差し支えあったらお知らせください^^;


ぜいぜい
お~見事な紅葉じゃないですかあ
鎌池も美しいですね
雨飾山ってすごく混むイメージがあるから、中々足がむかないけど、やっぱ混む理由がわかりますね~
ほんとにすばらしい
sanaeさんとばったりって、お山はやっぱ狭いね


hiro
sanaeさま
いつも、登っている山に知ってる人がいるわけないよな~なんて~思っているので、ホントびっくりでした^^

同じ山なのに、視点は違いますね~。それが気づきだったりもして、いい刺激になります。今回、花の写真を一枚も撮ってなかったのが残念。sanaeのブログ見て気がつきました。ノコンギクとか綺麗に咲いてたのにな~と。。今思えば^^;

そうそう、ハーフ(爆)なので新潟、長野界隈は小さい頃からよくきてるんですよ



hiro
ぜいぜいさま
私も激混みはよく聞いていたので、遠のく感じだったけど、やっぱり行くなら秋!って心に決めていたので、今回思い切って決行ですわ^^
ちょっと出発時間をずらせば渋滞なく歩けるかしらね。

たぶん、雨飾山だけじゃなくて、この辺はどこも紅葉が綺麗でしょうね。。。地元の人ならいい山たくさん知ってそうです。その辺の山林に入っていけば、ゴージャスな紅葉が見れそうだし^^;


ここ、沢から登れるのかしら?^^

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
超混んでいる山だったのに、良いタイミングで出会えることもあるのですね~
しかも新潟の山でだなんて!
同じ日の山でもずいぶんと視点、印象が違うものですね、新鮮です。
hiroさん新潟と神奈川のハーフなんですか!
私は純神奈川産&育ちです(^^ゞ
お顔が分かったので今度バッタリの時はこちらから声をかけられるといいなぁ・・^^
写真とリンク差し支えあったらお知らせください^^;
2015/10/22(Thu) 23:02 | URL  | sanae #EixCJqAg[ 編集]
お~見事な紅葉じゃないですかあ
鎌池も美しいですね
雨飾山ってすごく混むイメージがあるから、中々足がむかないけど、やっぱ混む理由がわかりますね~
ほんとにすばらしい
sanaeさんとばったりって、お山はやっぱ狭いね
2015/10/23(Fri) 08:57 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
sanaeさま
いつも、登っている山に知ってる人がいるわけないよな~なんて~思っているので、ホントびっくりでした^^

同じ山なのに、視点は違いますね~。それが気づきだったりもして、いい刺激になります。今回、花の写真を一枚も撮ってなかったのが残念。sanaeのブログ見て気がつきました。ノコンギクとか綺麗に咲いてたのにな~と。。今思えば^^;

そうそう、ハーフ(爆)なので新潟、長野界隈は小さい頃からよくきてるんですよ
2015/10/23(Fri) 10:21 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
ぜいぜいさま
私も激混みはよく聞いていたので、遠のく感じだったけど、やっぱり行くなら秋!って心に決めていたので、今回思い切って決行ですわ^^
ちょっと出発時間をずらせば渋滞なく歩けるかしらね。

たぶん、雨飾山だけじゃなくて、この辺はどこも紅葉が綺麗でしょうね。。。地元の人ならいい山たくさん知ってそうです。その辺の山林に入っていけば、ゴージャスな紅葉が見れそうだし^^;


ここ、沢から登れるのかしら?^^
2015/10/23(Fri) 10:29 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック