山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
今シーズン初の雪山です

もちろん、冬靴の幸せ効果を試しに
自宅を4時出発

菅の台バスセンターに到着が7時前くらい

高速が繋がったおかげでこんなに短時間で行けました(お高いけどねー

山を見ると晴れあがってきそうな気配

展望が期待できるかしら


駐車場600円
バス・ロープウエイ往復3900円

臨時バスのに乗り込み(二台目だったか?)

ロープウエイのしらび平まで向かいます
木曽駒ヶ岳 003

この時期のロープウエイは1台で往復運航

運よくか悪くか?私達の前で定員になり次のロープウエイを待ちます(片道7分乗車ですから往復だと15~20分待ち)



ループウエイの眼下には何段にもなったいくつもの滝

これは見ごたえがありました(窓側じゃないと外の風景は見えません)

だんだんと中央アルププスの峰々が見えてきます

ガスが風にのっているようですが展望はありそうです



千畳敷に到着してまずは外の景色を見にいきます
木曽駒ヶ岳 005-PANO
(クリックで拡大します)

おお~!晴天でまずまず

一番最初のロープウエイで着いた人でしょうか

山肌に人がぽつぽつ歩いているのが見えます


私達も準備をして出発です
曽駒ヶ岳 008
こないだの千畳敷は極楽平から下りてきたっけ


カールの底(下)に一旦下りてから登りが始まります(観光ポスターでお馴染みのカットだわ)
木曽駒ヶ岳 009
左斜面には長野県警遭対協訓練の集団がたくさんいました 雪崩訓練、ビーコンを使った捜索訓練
(菅の台からの人は半数がこの集団じゃないかと思うくらい大勢)


ちょっと歩いただけで、もうこの時点で暑い・・・・
木曽駒ヶ岳 010
風がないのですよ
春みたいな穏やかさです

急斜面に備えて脱ぎます


なだらかに進み、いよいよ乗越までの急な斜面
木曽駒ヶ岳 014
ゆっくり一歩一歩慎重に進みます


この先、先行している集団に追いつきます

えらいもたついたその足元はノーアイゼンでダブルストック

まだまだ雪が少ないせいか、かなり上部まで直登です

なんかあったら下まで止まらないよ・・・(おじさん、滑ってたし


早く、でも確実にこの斜面を通過したい

一時間で乗越浄土に到着
木曽駒ヶ岳 015
ちょっと雲がかかっている

風が強いかな。。と思っていたけど、ぜーんぜんありません

残念な事にガスで周りの山が見えませんでした


ここでちょっと休憩しまして中岳へ進みます 見えているのは天狗荘
木曽駒ヶ岳 017
同行者のTさんは暑い暑いと申しまして腕まくり 


あれだけ乗越への登りでは人がいたのに。。私達の前後にはほとんど人がいなくなりました


中岳への登り
木曽駒ヶ岳 025
時折ガスが抜けて青空が見えるんですが乗越を超えたら天気があまり・・・・

風は1~2m/sくらいでしょうか・・・暑い~

もう、夏の帽子被って。。それでも耳は寒いのでネックウーマーで隠しての、とんでもないカッコになって歩いていました


中岳到着
木曽駒ヶ岳 028
休憩もそこそこに通過します

ロープウエイの待ち時間やら準備やら渋滞やらで、かなり時間を取ってしまいました

最終のロープウエイ時間には戻ってこないといけないのでリミット13:30を目標に歩きます


中岳を超えると急斜面の下り

ここは吹きっさらしになるのか、雪が少なく凍った道でした

慎重に下ります

周りはガスの中で視界不良

中岳と木曽駒ヶ岳の鞍部に立つ駒ヶ岳頂上山荘が見え隠れしますがガスが溜まっている感じで標識が頼り



駒ヶ岳山頂への最後の登り
木曽駒ヶ岳 030
時折薄日もさします


到着
木曽駒ヶ岳 038
ガスの中ですが近くの方に写真を撮ってもらった時は青空が見えていました


木曽側の風がこなさそうな場所で休憩
木曽駒ヶ岳 045
お茶しました 

二つ祠があるうちの木曽のほうね


こちら側、、後ろから日が差してブロッケンが時々現れているんです
木曽駒ヶ岳 044


ガスの上からは北アルプスでしょうか

山並みがちょこっと見えていましたが


こんな感じでずっとガスに包まれていました
木曽駒ヶ岳 046


40分くらい休憩して出発します
DSC_0068.jpg
Tさん、最後に山頂を歩き回っています


バイバイ山頂
木曽駒ヶ岳 049


鞍部の駒ヶ岳頂上山荘
木曽駒ヶ岳 051
なんだか、、中岳の登りがきつそう・・・


山荘前に着くとテントがポツリとありました


中岳への登りは岩がゴロゴロ出ていて周りは凍ってます
木曽駒ヶ岳 054
寝不足で風邪が振替しになった感じのTさん、、かなりきつそうです

晴れていたのにあっという間にガスの中


中岳頂上付近の岩には氷のウロコ
木曽駒ヶ岳 057
こんなのがあたり一面にあって・・・ちょっと気持ち悪い感じ


なかなか展望が望めなくて・・・中岳からの下り
木曽駒ヶ岳 063
あの鞍部が乗越


乗越からの下り 最後の難関
木曽駒ヶ岳 065
足元の斜面が見えないんだよね~


ここまで順調に降りてきました

冬靴のおかげで暖かいのですが、左の足首に痛みを感じます(捻挫のような・・)

靴の重みと締めつけで捻った感じのようです

さほど酷くはなかったので、最後の急斜面を慎重におります

雪はこの暖かさでぐずぐずで、途中、膝までの踏み抜きも数回(誰とは言いませんが・・・)

駒ヶ根の町を見ながらの下山
DSC_0069.jpg
怖いので遠~く見ときます


急斜面の終わった所でホッと安堵するのでした

振り返ると、行きと同じ青空の中に宝剣岳が格好良くそびえていました


ロープウエイは14:55の一本前に乗れました

おしまい



千畳敷ロープウエイ駅10:20―11:27乗越浄土11:33―11:51中岳―12:22木曽駒ヶ岳山頂13:04―13:25中岳―13:37乗越浄土―14:18千畳敷ロープウエイ駅




下山後はこぶしの湯を利用

かつ丼を食べて帰路へ
木曽駒ヶ岳 069


まだスキー場がオープンしていないせいか、混雑なく中央道はスイスイで運転しやすかったです

冬靴の効果?
今日は暖かくて効果発揮せず・・・


追記を閉じる▲
自宅を4時出発

菅の台バスセンターに到着が7時前くらい

高速が繋がったおかげでこんなに短時間で行けました(お高いけどねー

山を見ると晴れあがってきそうな気配

展望が期待できるかしら


駐車場600円
バス・ロープウエイ往復3900円

臨時バスのに乗り込み(二台目だったか?)

ロープウエイのしらび平まで向かいます
木曽駒ヶ岳 003

この時期のロープウエイは1台で往復運航

運よくか悪くか?私達の前で定員になり次のロープウエイを待ちます(片道7分乗車ですから往復だと15~20分待ち)



ループウエイの眼下には何段にもなったいくつもの滝

これは見ごたえがありました(窓側じゃないと外の風景は見えません)

だんだんと中央アルププスの峰々が見えてきます

ガスが風にのっているようですが展望はありそうです



千畳敷に到着してまずは外の景色を見にいきます
木曽駒ヶ岳 005-PANO
(クリックで拡大します)

おお~!晴天でまずまず

一番最初のロープウエイで着いた人でしょうか

山肌に人がぽつぽつ歩いているのが見えます


私達も準備をして出発です
曽駒ヶ岳 008
こないだの千畳敷は極楽平から下りてきたっけ


カールの底(下)に一旦下りてから登りが始まります(観光ポスターでお馴染みのカットだわ)
木曽駒ヶ岳 009
左斜面には長野県警遭対協訓練の集団がたくさんいました 雪崩訓練、ビーコンを使った捜索訓練
(菅の台からの人は半数がこの集団じゃないかと思うくらい大勢)


ちょっと歩いただけで、もうこの時点で暑い・・・・
木曽駒ヶ岳 010
風がないのですよ
春みたいな穏やかさです

急斜面に備えて脱ぎます


なだらかに進み、いよいよ乗越までの急な斜面
木曽駒ヶ岳 014
ゆっくり一歩一歩慎重に進みます


この先、先行している集団に追いつきます

えらいもたついたその足元はノーアイゼンでダブルストック

まだまだ雪が少ないせいか、かなり上部まで直登です

なんかあったら下まで止まらないよ・・・(おじさん、滑ってたし


早く、でも確実にこの斜面を通過したい

一時間で乗越浄土に到着
木曽駒ヶ岳 015
ちょっと雲がかかっている

風が強いかな。。と思っていたけど、ぜーんぜんありません

残念な事にガスで周りの山が見えませんでした


ここでちょっと休憩しまして中岳へ進みます 見えているのは天狗荘
木曽駒ヶ岳 017
同行者のTさんは暑い暑いと申しまして腕まくり 


あれだけ乗越への登りでは人がいたのに。。私達の前後にはほとんど人がいなくなりました


中岳への登り
木曽駒ヶ岳 025
時折ガスが抜けて青空が見えるんですが乗越を超えたら天気があまり・・・・

風は1~2m/sくらいでしょうか・・・暑い~

もう、夏の帽子被って。。それでも耳は寒いのでネックウーマーで隠しての、とんでもないカッコになって歩いていました


中岳到着
木曽駒ヶ岳 028
休憩もそこそこに通過します

ロープウエイの待ち時間やら準備やら渋滞やらで、かなり時間を取ってしまいました

最終のロープウエイ時間には戻ってこないといけないのでリミット13:30を目標に歩きます


中岳を超えると急斜面の下り

ここは吹きっさらしになるのか、雪が少なく凍った道でした

慎重に下ります

周りはガスの中で視界不良

中岳と木曽駒ヶ岳の鞍部に立つ駒ヶ岳頂上山荘が見え隠れしますがガスが溜まっている感じで標識が頼り



駒ヶ岳山頂への最後の登り
木曽駒ヶ岳 030
時折薄日もさします


到着
木曽駒ヶ岳 038
ガスの中ですが近くの方に写真を撮ってもらった時は青空が見えていました


木曽側の風がこなさそうな場所で休憩
木曽駒ヶ岳 045
お茶しました 

二つ祠があるうちの木曽のほうね


こちら側、、後ろから日が差してブロッケンが時々現れているんです
木曽駒ヶ岳 044


ガスの上からは北アルプスでしょうか

山並みがちょこっと見えていましたが


こんな感じでずっとガスに包まれていました
木曽駒ヶ岳 046


40分くらい休憩して出発します
DSC_0068.jpg
Tさん、最後に山頂を歩き回っています


バイバイ山頂
木曽駒ヶ岳 049


鞍部の駒ヶ岳頂上山荘
木曽駒ヶ岳 051
なんだか、、中岳の登りがきつそう・・・


山荘前に着くとテントがポツリとありました


中岳への登りは岩がゴロゴロ出ていて周りは凍ってます
木曽駒ヶ岳 054
寝不足で風邪が振替しになった感じのTさん、、かなりきつそうです

晴れていたのにあっという間にガスの中


中岳頂上付近の岩には氷のウロコ
木曽駒ヶ岳 057
こんなのがあたり一面にあって・・・ちょっと気持ち悪い感じ


なかなか展望が望めなくて・・・中岳からの下り
木曽駒ヶ岳 063
あの鞍部が乗越


乗越からの下り 最後の難関
木曽駒ヶ岳 065
足元の斜面が見えないんだよね~


ここまで順調に降りてきました

冬靴のおかげで暖かいのですが、左の足首に痛みを感じます(捻挫のような・・)

靴の重みと締めつけで捻った感じのようです

さほど酷くはなかったので、最後の急斜面を慎重におります

雪はこの暖かさでぐずぐずで、途中、膝までの踏み抜きも数回(誰とは言いませんが・・・)

駒ヶ根の町を見ながらの下山
DSC_0069.jpg
怖いので遠~く見ときます


急斜面の終わった所でホッと安堵するのでした

振り返ると、行きと同じ青空の中に宝剣岳が格好良くそびえていました


ロープウエイは14:55の一本前に乗れました

おしまい



千畳敷ロープウエイ駅10:20―11:27乗越浄土11:33―11:51中岳―12:22木曽駒ヶ岳山頂13:04―13:25中岳―13:37乗越浄土―14:18千畳敷ロープウエイ駅




下山後はこぶしの湯を利用

かつ丼を食べて帰路へ
木曽駒ヶ岳 069


まだスキー場がオープンしていないせいか、混雑なく中央道はスイスイで運転しやすかったです

冬靴の効果?
今日は暖かくて効果発揮せず・・・

【2015/12/14 11:30】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ROCKY
いいな・・いいなぁ~ 雪山歩き。
ボクは 26日まで山へ行けません・・・
  ┓(´_`)┏
でも・・・
26日は1泊で行くんだ・・・            ワクワクo(^ー^)o

冬靴デビュー おめでとう!


hiro
ROCKYさま
ありがとうございます。
お忙しいんですね。それならなおのこと一泊山行が楽しみですね。どこだろ?(^^)

木曽駒、まだまだ雪が少なくモッフモフの雪ではありませんでしたが、まあ、初めはこんなもんかと…。


ROCKY
忙し~いんです! 週末は 忘年会で♪
西穂山荘へ行ってきます・・・
クリスマスイベント最終日になるので
楽しいかも・・・ワクワクo(^ー^)o


hiro
ROCKYさま
忘年会だと次の日のお山は厳しい~・・というか、早起きしたら飲酒運転ですもんね。それはガマンだわ。

西穂山荘、雪景色楽しんでくださいね~



ぜいぜい
おお、冬靴デビューだね。
冬靴ってなんか窮屈で足に合うのを探すのが中々大変だよね。
私は買った1足が合わなくて、結局子供のお下がりのゴローだけど、
ちょー重いんだよ。でも幅広に作られているから楽ちんです。
木曽駒吹きさらしで風が強いとこだから、中々しんどかったでしょ。
乗越まではやっぱ緊張するよね。
登頂おめでと~


hiro
ぜいぜいさま
さっそく行ってきました。そして日焼けしてパンダになってきましたi-230

靴の綿分、重いから負担がかかるのかしら。。ちょっと幅もキツイ感じがするし、、、私が慣れるか、靴が私に慣れるか?ぜぜさんはゴローの靴か~。。。うん、見た目も重そうだけど雪だとしっかりした靴じゃないとね

今回は風がぜんぜん無くて幸せでした
でも風の通り道はガチガチで凍っていて厳しさも感じました
10年ブリ?くらいの木曽駒だったけど、、
ぜんぜん忘れてたので新鮮でした^^

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
いいな・・いいなぁ~ 雪山歩き。
ボクは 26日まで山へ行けません・・・
  ┓(´_`)┏
でも・・・
26日は1泊で行くんだ・・・            ワクワクo(^ー^)o

冬靴デビュー おめでとう!
2015/12/14(Mon) 20:23 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
ROCKYさま
ありがとうございます。
お忙しいんですね。それならなおのこと一泊山行が楽しみですね。どこだろ?(^^)

木曽駒、まだまだ雪が少なくモッフモフの雪ではありませんでしたが、まあ、初めはこんなもんかと…。
2015/12/15(Tue) 08:43 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
忙し~いんです! 週末は 忘年会で♪
西穂山荘へ行ってきます・・・
クリスマスイベント最終日になるので
楽しいかも・・・ワクワクo(^ー^)o
2015/12/15(Tue) 18:47 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
ROCKYさま
忘年会だと次の日のお山は厳しい~・・というか、早起きしたら飲酒運転ですもんね。それはガマンだわ。

西穂山荘、雪景色楽しんでくださいね~
2015/12/15(Tue) 22:47 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
おお、冬靴デビューだね。
冬靴ってなんか窮屈で足に合うのを探すのが中々大変だよね。
私は買った1足が合わなくて、結局子供のお下がりのゴローだけど、
ちょー重いんだよ。でも幅広に作られているから楽ちんです。
木曽駒吹きさらしで風が強いとこだから、中々しんどかったでしょ。
乗越まではやっぱ緊張するよね。
登頂おめでと~
2015/12/16(Wed) 09:02 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
ぜいぜいさま
さっそく行ってきました。そして日焼けしてパンダになってきましたi-230

靴の綿分、重いから負担がかかるのかしら。。ちょっと幅もキツイ感じがするし、、、私が慣れるか、靴が私に慣れるか?ぜぜさんはゴローの靴か~。。。うん、見た目も重そうだけど雪だとしっかりした靴じゃないとね

今回は風がぜんぜん無くて幸せでした
でも風の通り道はガチガチで凍っていて厳しさも感じました
10年ブリ?くらいの木曽駒だったけど、、
ぜんぜん忘れてたので新鮮でした^^
2015/12/16(Wed) 12:49 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック