山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
今年もあとわずかになりました

大掃除もろくにしないまま、お山に出かけます

今回は道了尊からの往復
最乗寺のパーキングに車を止めて出発です

明神ヶ岳に行くのなら、外輪山を縦走したいよな~と思うところですが、、

ここは距離も長いし、途中トイレもなし(金時からは無いものね・・・)

ということで、、駐車場がある道了尊からの往復となりました


出発は境内の中のこの赤い大下駄から
明神ヶ岳 002
向こうの明神橋を渡って尾根に取り付きます


急坂をぐぐっと登り
尾根に着くとすぐに12体の石仏がありました

ずっと杉林の道が続きます
明神ヶ岳 005
最近はポーズをとるようになりましたTさん


だ~れもいない静かな道です

山の中に法螺貝の音が響いてきます(なんだか静かさが際立つ音色ですね)

なだらかに尾根を進みまして林道を2本横切ります


そして一時間程で明神岳見晴小屋に到着
明神ヶ岳 011


一息いれます
明神ヶ岳 010
ベンチに座るとこの景色 小田原とモヤに浮かぶ丹沢



ここまで来る間、何人かに抜かされます

一人の女性はスゴイ速さ!
(もしや、、最乗寺の天狗かな。。。と思うほど)あっという間に見えなくなりました


のんびり登っていくと

杉林を抜けて笹原の防火帯の道
明神ヶ岳 013
明るい道となります


全体的に穏やかに登っていきます(大きな山姿なので緩やかな道が多い)


この先は神明水
明神ヶ岳 014


チョロチョロ出ています
明神ヶ岳 015


ここを登っていくと展望が開けましした
明神ヶ岳 016
相模湾と小田原

笹原の開けた道は陽の光が届いて暖かい(というか、、暑い


笹原を抜けると森林の中を巻くように稜線へ近づきます
明神ヶ岳 018
横は霜柱の壁


明星への分岐を過ぎると最後の急登

いくら穏やかな斜度といっても、やはり山頂直下は急なのよね・・


稜線です
明神ヶ岳 020
ありゃ~、、神山は見えないな


道はぬかるみ
明神ヶ岳 021
滑るので慎重に進んでいきます


山頂に到着
明神ヶ岳 024
賑わう山頂も今日は閑散としています


お目当ての富士山も雲の中
明神ヶ岳 027
ポッコリ金時山と外輪山稜線が見えています
稜線の上を笹ルートがのびていました


ここでお昼にでも、、、と見渡しますが、地面がぬかるんでいたり、風を避けられなかったり、あと展望がイマイチだったりといい場所がなく、稜線を戻ることにしました


適当なお昼場所を求めて・・・・

稜線を明星ヶ岳方面へ分岐よりも少し歩いた所でこれより先も展望は望めないとふみ引きかえします


結局、また明神ヶ岳の山頂まで戻ってきました^^;


で、少しの芝生と風避けが出来る場所でお昼にします


おでん♪だしの味見をした瞬間
「あ”ーっ!」っと
おばさん通り越しておっさんの声になってました
旨み塩気が染みる感じ^^
明神ヶ岳 028
白いのは「はんぺん」なんだけど、ナント中に明太子入ってましてびっくり
(具材はTさんが準備 箱根といえば、おでんなんだってー・・・・そういえば、去年金時山でじーっとニャンコに見られたのを思い出した)→コレ


海苔巻きといなり寿司
明神ヶ岳 029


おでんの暖かさに身体全体も暖かくなりました


人もまばらで、山頂には私達だけの時もありました

何人ものトレランの人が通過していきます(もちろん、足元は見るも無残な・・・・ドロドロ)


笹の影で風が比較的当たらない場所なので陽がさすとほんわか・・

横を見ると

あ、、雲が取れた
明神ヶ岳 032
神山、駒ヶ岳 

大湧谷からの水蒸気はモクモク

そういや、、登ってくる途中で硫黄の香りが微かにしたんだよね

強羅の温泉はどうなったかしら・・・配管のメンテができないから供給量が減っていると言ってたけど(強羅はよく行ってたのでまた以前のように行きたいな)


結局稜線に出てから2時間、富士山は雲に隠れたまま



下山路は霜柱も溶けてドロドロ・・・

滑らないように慎重に下りました



下山後は最乗寺の奥の院まで
明神ヶ岳 033
結界門をくぐって最後の階段

この階段を見たとき、唖然としました

こんなん、長かったかしら・・・(Tさんには、もすこしだから・・・ナンテ言っておいて^^;)

階段左右の小天狗と大天狗が自然の中に溶け込んでいる感じでなんともリアル



最乗寺と言えば天狗の大下駄
明神ヶ岳 034


おしまい



最乗寺パーキング7:26―8:35見晴小屋8:44―9:07神明水―10:15明神ヶ岳12:00―12:50神明水―12:50明神橋(最乗寺)


今日の一言:
おでんおいしかった♪

以前のここら辺のレポ


追記を閉じる▲
最乗寺のパーキングに車を止めて出発です

明神ヶ岳に行くのなら、外輪山を縦走したいよな~と思うところですが、、

ここは距離も長いし、途中トイレもなし(金時からは無いものね・・・)

ということで、、駐車場がある道了尊からの往復となりました


出発は境内の中のこの赤い大下駄から
明神ヶ岳 002
向こうの明神橋を渡って尾根に取り付きます


急坂をぐぐっと登り
尾根に着くとすぐに12体の石仏がありました

ずっと杉林の道が続きます
明神ヶ岳 005
最近はポーズをとるようになりましたTさん


だ~れもいない静かな道です

山の中に法螺貝の音が響いてきます(なんだか静かさが際立つ音色ですね)

なだらかに尾根を進みまして林道を2本横切ります


そして一時間程で明神岳見晴小屋に到着
明神ヶ岳 011


一息いれます
明神ヶ岳 010
ベンチに座るとこの景色 小田原とモヤに浮かぶ丹沢



ここまで来る間、何人かに抜かされます

一人の女性はスゴイ速さ!
(もしや、、最乗寺の天狗かな。。。と思うほど)あっという間に見えなくなりました


のんびり登っていくと

杉林を抜けて笹原の防火帯の道
明神ヶ岳 013
明るい道となります


全体的に穏やかに登っていきます(大きな山姿なので緩やかな道が多い)


この先は神明水
明神ヶ岳 014


チョロチョロ出ています
明神ヶ岳 015


ここを登っていくと展望が開けましした
明神ヶ岳 016
相模湾と小田原

笹原の開けた道は陽の光が届いて暖かい(というか、、暑い


笹原を抜けると森林の中を巻くように稜線へ近づきます
明神ヶ岳 018
横は霜柱の壁


明星への分岐を過ぎると最後の急登

いくら穏やかな斜度といっても、やはり山頂直下は急なのよね・・


稜線です
明神ヶ岳 020
ありゃ~、、神山は見えないな


道はぬかるみ
明神ヶ岳 021
滑るので慎重に進んでいきます


山頂に到着
明神ヶ岳 024
賑わう山頂も今日は閑散としています


お目当ての富士山も雲の中
明神ヶ岳 027
ポッコリ金時山と外輪山稜線が見えています
稜線の上を笹ルートがのびていました


ここでお昼にでも、、、と見渡しますが、地面がぬかるんでいたり、風を避けられなかったり、あと展望がイマイチだったりといい場所がなく、稜線を戻ることにしました


適当なお昼場所を求めて・・・・

稜線を明星ヶ岳方面へ分岐よりも少し歩いた所でこれより先も展望は望めないとふみ引きかえします


結局、また明神ヶ岳の山頂まで戻ってきました^^;


で、少しの芝生と風避けが出来る場所でお昼にします


おでん♪だしの味見をした瞬間
「あ”ーっ!」っと
おばさん通り越しておっさんの声になってました
旨み塩気が染みる感じ^^
明神ヶ岳 028
白いのは「はんぺん」なんだけど、ナント中に明太子入ってましてびっくり
(具材はTさんが準備 箱根といえば、おでんなんだってー・・・・そういえば、去年金時山でじーっとニャンコに見られたのを思い出した)→コレ


海苔巻きといなり寿司
明神ヶ岳 029


おでんの暖かさに身体全体も暖かくなりました


人もまばらで、山頂には私達だけの時もありました

何人ものトレランの人が通過していきます(もちろん、足元は見るも無残な・・・・ドロドロ)


笹の影で風が比較的当たらない場所なので陽がさすとほんわか・・

横を見ると

あ、、雲が取れた
明神ヶ岳 032
神山、駒ヶ岳 

大湧谷からの水蒸気はモクモク

そういや、、登ってくる途中で硫黄の香りが微かにしたんだよね

強羅の温泉はどうなったかしら・・・配管のメンテができないから供給量が減っていると言ってたけど(強羅はよく行ってたのでまた以前のように行きたいな)


結局稜線に出てから2時間、富士山は雲に隠れたまま



下山路は霜柱も溶けてドロドロ・・・

滑らないように慎重に下りました



下山後は最乗寺の奥の院まで
明神ヶ岳 033
結界門をくぐって最後の階段

この階段を見たとき、唖然としました

こんなん、長かったかしら・・・(Tさんには、もすこしだから・・・ナンテ言っておいて^^;)

階段左右の小天狗と大天狗が自然の中に溶け込んでいる感じでなんともリアル



最乗寺と言えば天狗の大下駄
明神ヶ岳 034


おしまい



最乗寺パーキング7:26―8:35見晴小屋8:44―9:07神明水―10:15明神ヶ岳12:00―12:50神明水―12:50明神橋(最乗寺)


今日の一言:
おでんおいしかった♪

以前のここら辺のレポ

【2015/12/29 10:15】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
相方が11/1に一人で登った時は、山頂はアジア系外国人が多数で、
ごった返していたと言っていたよ。
明神までとはってびっくりだね~
明神は奥の院からも登れるんだよ~
明神から金時に向かう縦走路の途中に出るよ。
こっちのルートは静かで、あっちほどぬかるみも少ないかな。
周回するといいからぜひまた!


hiro
ぜいぜいさま
今日は高尾山に行ってきたらアジア系の人達ばっかりだったです。どこも外国人は多いね。箱根は世界の箱根だからね~、、余計・・・
奥の院から登るルート、帰ってきたらぜぜさんのレポを思い出したの。。。聞いたとけばよかったですわ。
周回ルート、、いいですね!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
相方が11/1に一人で登った時は、山頂はアジア系外国人が多数で、
ごった返していたと言っていたよ。
明神までとはってびっくりだね~
明神は奥の院からも登れるんだよ~
明神から金時に向かう縦走路の途中に出るよ。
こっちのルートは静かで、あっちほどぬかるみも少ないかな。
周回するといいからぜひまた!
2015/12/30(Wed) 09:35 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
ぜいぜいさま
今日は高尾山に行ってきたらアジア系の人達ばっかりだったです。どこも外国人は多いね。箱根は世界の箱根だからね~、、余計・・・
奥の院から登るルート、帰ってきたらぜぜさんのレポを思い出したの。。。聞いたとけばよかったですわ。
周回ルート、、いいですね!
2015/12/30(Wed) 22:37 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック