山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
唐沢鉱泉までの道は途中から砂利道
日陰には雪がのって凍結状態の部分がありました
ここまでの道すがら、左右の林間には雪がまったくありません
雪が少ないとは聞きますが・・・
ここまで少ないとは


唐沢鉱泉の駐車場に着いたのは7時すぎ

駐車場は残り2台のスペースでした
(後は路駐でしょうか・・・)
登山口に近い坂の上の駐車場に止めた人達はぞくぞくと出発していきました

私達も準備をして出発です
西天狗岳 001
でも上を見ると雲がかかって、イマイチな天気


唐沢鉱泉の前を過ぎ
西天狗岳 002
前日宿泊した方でしょうか ここからの出発も多い様子でした


橋を渡って樹林帯に入っていきます
西天狗岳 004


登山道はちょこちょこ雪が出てきたり消えたりな道

凍った雪の上に土がのっている状態

しっかり雪があると登りやすいんですがまだら雪に神経を使います


一時間ほど歩いて分岐に到着
西天狗岳 005
尾根に出たらすーっと風が吹いてきました
ちょっと休憩しまして・・・


ここから尾根をぐんぐん上がっていきます

路面はさっきと一緒な感じ 
多少雪が出てきたかな・・・
西天狗岳 007
まだノーアイゼンで大丈夫^^(←でもホントは付けたいと思っていた)


霧氷地帯に突入~
西天狗岳 008
きれいだわ~

森林限界の山も綺麗だけど、、、
樹林帯の霧氷とか、モコモコ雪が付く木々もいいな~と思います
むしろ、そっちの方が好きかも


もくもくと歩くこと一時間ほど・・・
やった~^^展望が見え始めてきました
西天狗岳 013
ここは第一展望台の手前
左の山頂部にはまだ雲がかかっていました
ガスも多く風が強そう(><)
私もあの中に突入か・・・

できるだけ風は避けたい
今回の選択も風が極力無い場所はどこだ~と
(↑まったく無いのがベストですがね森林限界でそれは皆無でしょう)


なんとも贅沢な眺めです
南アルプス、中央アルプス その右に御嶽山でしょうか・・・
西天狗岳 017-PANO
クリックで拡大します


やはり稜線は風が多少あり、すぐにオーバージャケットを着ます


ここからはいくらか平坦になりました

第一展望台
西天狗岳 021
ちょっと登山道も広くなっていましてここでアイゼンを付けました(たしか・・)


森林の中のアップダウンを繰り返し


第二展望台
西天狗岳 022
だいぶ山頂が近づいてきました
中腹を登る人のカラフルなジャケットが見えています

調度、雲も無い!思ったほど風も無い!



森林の中を鞍部までぐぐっと下って

いよいよ最後の登りです
西天狗岳 025
雪の中に岩がちょこちょこ出ている急登です


やはりここは多少風が強く吹くときもありました
でも厳しいという感じではありません
(キビシイのは体力の方・・・)


中腹くらいまできて振り返ると
西天狗岳 026
北斜面だけ霧氷地帯 ふたつのピークは第一、第二展望台でしょうか
この尾根を登ってきました
周りの山には雪が無い あるのはスキー場の部分だけ



かな~りキツイ・・・
地面にピッケルを差してぜいぜい、はあはあ・・・息を整え整え
西天狗岳 029
ゆっくりゆっくり進みまして(これ山頂直下くらい)
いい加減、やんなった・・・と思った頃


到着~!
西天狗岳 034
やっと着いたよ~

山頂には10人以上いたと思う 賑わっていました
皆、道標をバックに思い思いの格好で記念撮影をしています

しばらく写真を撮ったり景色を眺めたりして


どっかり座って休憩です
西天狗岳 036
多少風が避けられそう・・・(いや・・・風で吹きだまりの雪が舞って・・・)

お茶とおやつにしまして(パンと紅茶と煮玉子と)


ちょっとカッコつけちゃいます
西天狗岳 037
久しぶりに・・
題名「東天狗に行くどー!」(行かないけど)

ホントは東に行って周回する予定だったけど、、下山する予定時間に遅れそうだったので今回は往復となりました
(往復ったって、結構時間はかかるよ)


遠く浅間山と外輪山
西天狗岳 039
あ~。。。あっちも雪無いね 多少シマシマが見えるか?!
その向こうは北アルプス


蓼科山と北横、縞枯山、茶臼そして白駒池
西天狗岳 040


雲もガスもすっかり晴れて
西天狗岳 044
おやつを終える頃には人も数人になっていました

もっと風が厳しいと思っていた山頂
実際には私の許容範囲でほっとしました(風速5m/s位の穏やかさ)


下山も慎重に・・・
むしろ、山頂直下の岩の下りの方が風が強いんじゃないか?と思うくらいでした


最後の展望台でアイゼンを脱いで


2回ほどコケながら凍った道を下山です
周りのオジサマ達も豪快にすっ転んでおりました
西天狗岳 050
こんな道を下ってきました(これは登山口付近)


最後の沢
西天狗岳 051
沢の水も凍っていますが、溶けている場所もありました


さ!!
温泉じゃ~!!

おしまい

登山口7:47―8:39分岐8:46―9:39最初の展望9:51―9:55第一展望台―10:28第二展望台―11:29山頂12:09―12:45第二展望台12:50―13:18第一展望台―14:05分岐14:15―14:55登山口
(至る所で休憩あり)



今日は蓼科温泉の親湯ホテルに宿泊
今、長野県はふるさと割のおかげでお得に泊まることができます
西天狗岳 057


翌日は縞枯山とか散策なんて・・・と思っていましたが、天気が今ひとつ良くない
寒波で強風の予報

そして、肝心な雪も・・・少なっ


なのでビーナスラインへドライブ

途中の富士見台で
西天狗岳 063
富士見台。。。と言いつつ、中央アルプスを撮ってみる^^
あ、、もちろん、富士山はスラリとしたいつものお姿

蓼科山からず~っと八ヶ岳まで山頂は雲の中


八島ヶ原湿原へ来ました
西天狗岳 064-PANO
クリックで拡大します

ココからは道路も冬期閉鎖

な~んにも無い冬枯れの湿原です

雪もありません

こんな所に人が来るのか?と思いきや、、先着車が2台ほど

私達が散策を終えて車に戻るころ、車もちらほら入ってきました


戻って車山肩
西天狗岳 068
登っていく人がちらほら・・・
(ここでやっと空いているトイレを発見!バイオトイレ 冬季はどこも閉鎖なのよね・・・ はぁ~。。空いててよかった)


今日は風が強く寒いです・・・



ビーナスラインを下りて蓼科で昼食
西天狗岳 070

渋滞を避けて帰宅しました


追記を閉じる▲
登山口に近い坂の上の駐車場に止めた人達はぞくぞくと出発していきました

私達も準備をして出発です
西天狗岳 001
でも上を見ると雲がかかって、イマイチな天気


唐沢鉱泉の前を過ぎ
西天狗岳 002
前日宿泊した方でしょうか ここからの出発も多い様子でした


橋を渡って樹林帯に入っていきます
西天狗岳 004


登山道はちょこちょこ雪が出てきたり消えたりな道

凍った雪の上に土がのっている状態

しっかり雪があると登りやすいんですがまだら雪に神経を使います


一時間ほど歩いて分岐に到着
西天狗岳 005
尾根に出たらすーっと風が吹いてきました
ちょっと休憩しまして・・・


ここから尾根をぐんぐん上がっていきます

路面はさっきと一緒な感じ 
多少雪が出てきたかな・・・
西天狗岳 007
まだノーアイゼンで大丈夫^^(←でもホントは付けたいと思っていた)


霧氷地帯に突入~
西天狗岳 008
きれいだわ~

森林限界の山も綺麗だけど、、、
樹林帯の霧氷とか、モコモコ雪が付く木々もいいな~と思います
むしろ、そっちの方が好きかも


もくもくと歩くこと一時間ほど・・・
やった~^^展望が見え始めてきました
西天狗岳 013
ここは第一展望台の手前
左の山頂部にはまだ雲がかかっていました
ガスも多く風が強そう(><)
私もあの中に突入か・・・

できるだけ風は避けたい
今回の選択も風が極力無い場所はどこだ~と
(↑まったく無いのがベストですがね森林限界でそれは皆無でしょう)


なんとも贅沢な眺めです
南アルプス、中央アルプス その右に御嶽山でしょうか・・・
西天狗岳 017-PANO
クリックで拡大します


やはり稜線は風が多少あり、すぐにオーバージャケットを着ます


ここからはいくらか平坦になりました

第一展望台
西天狗岳 021
ちょっと登山道も広くなっていましてここでアイゼンを付けました(たしか・・)


森林の中のアップダウンを繰り返し


第二展望台
西天狗岳 022
だいぶ山頂が近づいてきました
中腹を登る人のカラフルなジャケットが見えています

調度、雲も無い!思ったほど風も無い!



森林の中を鞍部までぐぐっと下って

いよいよ最後の登りです
西天狗岳 025
雪の中に岩がちょこちょこ出ている急登です


やはりここは多少風が強く吹くときもありました
でも厳しいという感じではありません
(キビシイのは体力の方・・・)


中腹くらいまできて振り返ると
西天狗岳 026
北斜面だけ霧氷地帯 ふたつのピークは第一、第二展望台でしょうか
この尾根を登ってきました
周りの山には雪が無い あるのはスキー場の部分だけ



かな~りキツイ・・・
地面にピッケルを差してぜいぜい、はあはあ・・・息を整え整え
西天狗岳 029
ゆっくりゆっくり進みまして(これ山頂直下くらい)
いい加減、やんなった・・・と思った頃


到着~!
西天狗岳 034
やっと着いたよ~

山頂には10人以上いたと思う 賑わっていました
皆、道標をバックに思い思いの格好で記念撮影をしています

しばらく写真を撮ったり景色を眺めたりして


どっかり座って休憩です
西天狗岳 036
多少風が避けられそう・・・(いや・・・風で吹きだまりの雪が舞って・・・)

お茶とおやつにしまして(パンと紅茶と煮玉子と)


ちょっとカッコつけちゃいます
西天狗岳 037
久しぶりに・・
題名「東天狗に行くどー!」(行かないけど)

ホントは東に行って周回する予定だったけど、、下山する予定時間に遅れそうだったので今回は往復となりました
(往復ったって、結構時間はかかるよ)


遠く浅間山と外輪山
西天狗岳 039
あ~。。。あっちも雪無いね 多少シマシマが見えるか?!
その向こうは北アルプス


蓼科山と北横、縞枯山、茶臼そして白駒池
西天狗岳 040


雲もガスもすっかり晴れて
西天狗岳 044
おやつを終える頃には人も数人になっていました

もっと風が厳しいと思っていた山頂
実際には私の許容範囲でほっとしました(風速5m/s位の穏やかさ)


下山も慎重に・・・
むしろ、山頂直下の岩の下りの方が風が強いんじゃないか?と思うくらいでした


最後の展望台でアイゼンを脱いで


2回ほどコケながら凍った道を下山です
周りのオジサマ達も豪快にすっ転んでおりました
西天狗岳 050
こんな道を下ってきました(これは登山口付近)


最後の沢
西天狗岳 051
沢の水も凍っていますが、溶けている場所もありました


さ!!
温泉じゃ~!!

おしまい

登山口7:47―8:39分岐8:46―9:39最初の展望9:51―9:55第一展望台―10:28第二展望台―11:29山頂12:09―12:45第二展望台12:50―13:18第一展望台―14:05分岐14:15―14:55登山口
(至る所で休憩あり)



今日は蓼科温泉の親湯ホテルに宿泊
今、長野県はふるさと割のおかげでお得に泊まることができます
西天狗岳 057


翌日は縞枯山とか散策なんて・・・と思っていましたが、天気が今ひとつ良くない
寒波で強風の予報

そして、肝心な雪も・・・少なっ


なのでビーナスラインへドライブ

途中の富士見台で
西天狗岳 063
富士見台。。。と言いつつ、中央アルプスを撮ってみる^^
あ、、もちろん、富士山はスラリとしたいつものお姿

蓼科山からず~っと八ヶ岳まで山頂は雲の中


八島ヶ原湿原へ来ました
西天狗岳 064-PANO
クリックで拡大します

ココからは道路も冬期閉鎖

な~んにも無い冬枯れの湿原です

雪もありません

こんな所に人が来るのか?と思いきや、、先着車が2台ほど

私達が散策を終えて車に戻るころ、車もちらほら入ってきました


戻って車山肩
西天狗岳 068
登っていく人がちらほら・・・
(ここでやっと空いているトイレを発見!バイオトイレ 冬季はどこも閉鎖なのよね・・・ はぁ~。。空いててよかった)


今日は風が強く寒いです・・・



ビーナスラインを下りて蓼科で昼食
西天狗岳 070

渋滞を避けて帰宅しました

【2016/01/12 22:41】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
西天狗の登りってキツイよね~
私も途中でへこたれそうだったよ~
今年は雪が少なくてどうなのな雰囲気だけど、これから降るんでしょうかね。。。


ろび
ふーむ 西天狗から降りたことはあるけど
登りには使ったことないわ。
確かに枝に掴まりながらな急降下だったような

今年もバリバリとばしてるなー
実は年末、城山でチラリ
おぉー おぉー あれが噂の○○かぁーと
近くに寄って挨拶しようかと思いましたが
私も会社の後輩つれてましたんで、我慢すました。
残念ーーーーーー やっぱ声かければいかったなり

今年もよろしく♪


hiro
ぜいぜいさま
去年と比べてもだいぶ雪が少なかったです 八ヶ岳

降るのかな~。。またドカ雪だったりして・・・(←宿の人が言ってたの)
ぜぜ家の雪があるとこセレクトいいですね。参考にします。

西天狗の最後の登りの前に、すんごい下り坂があるんだもん。ここで心が萎えますがな~・・・でした。


hiro
ろびさま
え~!!えー!えー!
声かけてくれればよかったのに~!
会いたかったよ~
結構人がいたから、知ってる人居ないかな・・・なんて周りを見渡したのに、気付かなかった~。ぐやじい・・見られてたのねん^^

こちらこそ、今年もよろしくお願いします
また、山旅しましょう~✩



ROCKY
唐沢鉱泉からむ無雪期に2度ほど登ったことがあるけど(岩登りの印象が強いな)
冬も登れるんだ・・・・
例年 唐沢鉱泉と桜平との分岐の所から
通行止めになっているから 冬は登る人いないと思ってました。
唐沢鉱泉 なんか小奇麗になってるような気がするけど気のせいかな?・・・どうなんだろう?

今度 冬にこのコース登ってみようっと!


西天狗は風が弱かったのかなぁ?
それとも やっぱり時間帯で 弱くなったのかなぁ・・・?


hiro
ROCKYさま
小屋が営業していると、そこまでの道はある程度除雪するから通行可能じゃないかしら。11日で唐沢鉱泉も終了だから、、、それ以降は・・・自力で行ってねって感じでしょうか。
小屋も建て替えがあったみたいですよ。

西天狗の最後の登りが岩でした。。あとは樹林帯の尾根って感じ。
風は・・・たぶん時間帯で違ったんだと思います。
樹林帯の中で山頂付近を見たとき、、ガスが渦のように巻いてたもん。あれは、、風が強いな・・と。その後ガスが取れてきました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
西天狗の登りってキツイよね~
私も途中でへこたれそうだったよ~
今年は雪が少なくてどうなのな雰囲気だけど、これから降るんでしょうかね。。。
2016/01/13(Wed) 10:26 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
ふーむ 西天狗から降りたことはあるけど
登りには使ったことないわ。
確かに枝に掴まりながらな急降下だったような

今年もバリバリとばしてるなー
実は年末、城山でチラリ
おぉー おぉー あれが噂の○○かぁーと
近くに寄って挨拶しようかと思いましたが
私も会社の後輩つれてましたんで、我慢すました。
残念ーーーーーー やっぱ声かければいかったなり

今年もよろしく♪
2016/01/13(Wed) 12:46 | URL  | ろび #qIFa0De.[ 編集]
ぜいぜいさま
去年と比べてもだいぶ雪が少なかったです 八ヶ岳

降るのかな~。。またドカ雪だったりして・・・(←宿の人が言ってたの)
ぜぜ家の雪があるとこセレクトいいですね。参考にします。

西天狗の最後の登りの前に、すんごい下り坂があるんだもん。ここで心が萎えますがな~・・・でした。
2016/01/13(Wed) 17:21 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
ろびさま
え~!!えー!えー!
声かけてくれればよかったのに~!
会いたかったよ~
結構人がいたから、知ってる人居ないかな・・・なんて周りを見渡したのに、気付かなかった~。ぐやじい・・見られてたのねん^^

こちらこそ、今年もよろしくお願いします
また、山旅しましょう~✩
2016/01/13(Wed) 17:29 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
唐沢鉱泉からむ無雪期に2度ほど登ったことがあるけど(岩登りの印象が強いな)
冬も登れるんだ・・・・
例年 唐沢鉱泉と桜平との分岐の所から
通行止めになっているから 冬は登る人いないと思ってました。
唐沢鉱泉 なんか小奇麗になってるような気がするけど気のせいかな?・・・どうなんだろう?

今度 冬にこのコース登ってみようっと!


西天狗は風が弱かったのかなぁ?
それとも やっぱり時間帯で 弱くなったのかなぁ・・・?
2016/01/13(Wed) 22:05 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
ROCKYさま
小屋が営業していると、そこまでの道はある程度除雪するから通行可能じゃないかしら。11日で唐沢鉱泉も終了だから、、、それ以降は・・・自力で行ってねって感じでしょうか。
小屋も建て替えがあったみたいですよ。

西天狗の最後の登りが岩でした。。あとは樹林帯の尾根って感じ。
風は・・・たぶん時間帯で違ったんだと思います。
樹林帯の中で山頂付近を見たとき、、ガスが渦のように巻いてたもん。あれは、、風が強いな・・と。その後ガスが取れてきました。
2016/01/14(Thu) 09:32 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック