山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
朝起きると、青空が見えました
♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
このまま晴れててね~!と願いつつ・・・


朝からガッツリ!(あ~、、こりゃ帰ったらダイエットのやり直しだわ)
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷料理 039
朝から山菜うどんもあります
山形の日常で食べるお料理を昨晩と朝食で満喫しました



今日は蔵王ライザワールドから刈田岳を一応目指して樹氷群を堪能するコース

かみのやま温泉からは車で30分程で到着

駐車場は昨日の混雑がウソのように閑散としていました(まあ、平日だしね・・・)

ちなみに、ライザの駐車場は無料

なんといっても蔵王ロープウエイよりこっちのライザの方が樹氷群がすごい!

と、聞いていたもんだから期待は大なのです


そして、この晴天!
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 041
気分はもうUPですよ

空いてるからスキースノボ客も伸び伸び滑れるでしょうね
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 042
↑リフトより ホント人少なっ!


リフト2本乗り継ぎ(合わせて640円)上まで向かいますが、2本目の途中から樹氷がお目見えします
まだまだ未熟ですが、それでも見ごたえ十分!(やっぱ天気だよね天気・・・)

昨日の蔵王ロープウエイは上まで行かないと見れないけど、ここはお手軽リフトで見れる!

なんてステキなの~^^ライザ(駐車場もタダだし)←しつこい・・・でもポイント高いよね



リフト降り場に到着
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 043

リフトを降りて右にいきます(ゲレンデは更に右に折れます)
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 044
そこはもう、樹氷群の中

やっぱりステキ~ライザ!

これまで雪が少なかったせいか、未熟物ではありますが上に行けば大丈夫!と変な確信をもって
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 046


しばらく行くと
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷waido 052
(クリックで拡大します)

登山道は蛇行した蔵王エコーラインを横切ってまっすく進むような感じで上がってきます

なので車道に出るときはちょっと急斜面を登らなきゃいけないけど(これ帰りにはソリ遊びできそ)

スノーシューで十分登れます

全体的にはずっとなだらか

車道を一個一個超えるたびに標高も高くなるので、展望が開けてきます
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 059
これは道路を登ったとこから
後ろは吾妻連峰~飯豊~朝日~月山と大展望です


そして、風が無いので暑い

最高のコンデションに恵まれています
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 066
Tさんなんか、もう脱ぐ物がない~と腕まくり


平らな場所にでると
遠くに刈田岳の山頂神社が見え始めました
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 071
右のツンが山頂


避難小屋に到着です
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 076
前方は馬の背(あ~、、あれを超えなきゃならんのか・・・)



右手は綺麗な樹氷群
ここら辺から立派な木々が目立ちます
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 078

Tさんは右手の樹氷群の中に入っていきました
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 079
私は疲れるので下りで樹氷群の中に行ってみよう・・・・


その間、ゆっくり歩きながら振り返り
DSC_0117-PANO.jpg
(クリックで拡大します)


近くの樹氷を撮ったり
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 082
これはミニミニ樹氷150cmくらい


あら、、Tさんあんな方まで行っちゃった
DSC_0123.jpg
今年は雪が少なかったせいか、樹氷の育ちが悪いらしいけど、これでも十分


県境です
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 086

向こうは宮城県
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 087
ちょうどエコーライン道路の上にいます


刈田リフトの建物が見えました
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 088


遠くに支柱も
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 089
登りは支柱左の↑の坂をあがりました

けっこうしんどそう・・・

と思ってたら、かなりしんどかった^^;

途中風も出てきました

馬の背は風が強いかな・・

ぜいぜい・・・はあはあ・・・・
早くつかないかな・・・・それだけを思って


バテバテになり馬の背に到着
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 090
馬の背のポールのところまで行って

左は熊野岳への道
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 091

刈田岳は右へ
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 093
見えている建物はレストハウス(夏はここまで楽々車できたっけ・・・)


ここから山頂まではもう少し

徐々にお釜が見え始めます


鳥居も立派になって
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 095
二倍以上の太さだわ

山頂到着
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 097


神社裏手にまわると
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 101

絶景!
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 102
南蔵王方面


遠くに吾妻連山
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 105
去年は西大嶺の樹氷を満喫したっけ・・・
そっちも育ってるかな?


飯豊連峰
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 106

飯豊~朝日連峰
DSC_0125.jpg
平野を眼下にした山の連なりがなんとも!
言葉にできないほど見事です

ずーっと見ていたいけど、風が強い^^;



あ、、忘れちゃならない
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 112
真っ白なお釜と熊野岳


熊野岳に登っていく人もおりまして人のツブツブがたくさんいました
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 116
(クリックで拡大します)




神社の影でちょこっと休憩して
下山します

馬の背から下がると風がピタッと無くなりました


朝日連峰を見ながら楽チンな下りです
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 123
足元気にせずに、ずーっと山に見とれちゃって、途中でハッとなるのよね・・・
足元、足元


全体的にここの斜面はだだっ広い!
トレース外れているけど、今日は視界があるから大丈夫


帰りは支柱の下を通りそのまま樹氷の中へ突入
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 126-PANO(クリックで拡大します)
ここは雪の形状がホイップクリームを泡立てた感じに波打ってましたぞ
方向を確認して歩いていきます
(樹氷に夢中になっちゃうと、いつの間にか囲まれちゃって方向わかんなくなるのよね)



しばらく進み今日のお昼処は道路の上!
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 131
宮城県の県境看板前で


ウインナーとチーズとワインと・・・・^^♪゜・*:.。. .。.:*・♪
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 133


風も無いし、こんな景色を見ながら、ぽかぽか陽気の中でのランチは最高です
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 134
(横でTさんはラーメン食べてた・・・)



一時間程ゆっくりしてまた樹氷の中へ
DSC_0130.jpg


12月の雪に降りが少なかったせいか・・・多少ツンツンと枝が出ていますが
DSC_0132.jpg
モコモコした群落に和みます


誰も足跡をつけていない樹氷の中
DSC_0134.jpg


やっぱり楽しい~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
DSC_0136.jpg
(あ~、、楽しいけど、日焼けも気になるのよね・・・と心の声)


誰かさんの足跡
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 142


どこまでも続く・・
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 144


私達も最後に足跡を残して
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 141
ほんと、音がバフバフ言ってましたよ


刈田岳バイバイとなります
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 154


周りの樹氷群ともお別れ
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 153


ちびっこくなってきた樹氷
DSC_0141.jpg
あの下はもうゲレンデが間近


道路を横断して下る場所はソリ遊び^^


下りのリフトは使えないのでゲレンデ脇を歩いていきます
(後で調べたら森を抜けるスノーシュールートがライザのパンフに載ってた・・・)

平日のゲレンデ上部は人がいないので、滑りたい放題だけど
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 155
滑りすぎて止まらないので怖い^^;(いや、マジでスピード出るから止まるのに大変よ)

十二分に楽しんだ山行でした
ライザ、やっぱりいいわ~
もう山頂なんか行かなくていいよって感じ

山形樹氷ありがとう~!
晴天もありがとう~!


ライザワールドリフト終点10:20―10:46避難小屋―11:46刈田岳12:05―12:39県境付近13:42―14:58ゲレンデ下




樹氷を堪能した後は米沢へ

去年も寄った上杉城史苑でお土産を買って(この日は上杉雪灯篭まつりで灯篭がたくさんありました)


米沢ラーメンを食べ
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 160
ラーメン ど~ん!澄んだスープの旨みがしみわたる~^^(カツオかな)


裏磐梯へ向かいました


続く・・・


追記を閉じる▲
このまま晴れててね~!と願いつつ・・・


朝からガッツリ!(あ~、、こりゃ帰ったらダイエットのやり直しだわ)
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷料理 039
朝から山菜うどんもあります
山形の日常で食べるお料理を昨晩と朝食で満喫しました



今日は蔵王ライザワールドから刈田岳を一応目指して樹氷群を堪能するコース

かみのやま温泉からは車で30分程で到着

駐車場は昨日の混雑がウソのように閑散としていました(まあ、平日だしね・・・)

ちなみに、ライザの駐車場は無料

なんといっても蔵王ロープウエイよりこっちのライザの方が樹氷群がすごい!

と、聞いていたもんだから期待は大なのです


そして、この晴天!
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 041
気分はもうUPですよ

空いてるからスキースノボ客も伸び伸び滑れるでしょうね
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 042
↑リフトより ホント人少なっ!


リフト2本乗り継ぎ(合わせて640円)上まで向かいますが、2本目の途中から樹氷がお目見えします
まだまだ未熟ですが、それでも見ごたえ十分!(やっぱ天気だよね天気・・・)

昨日の蔵王ロープウエイは上まで行かないと見れないけど、ここはお手軽リフトで見れる!

なんてステキなの~^^ライザ(駐車場もタダだし)←しつこい・・・でもポイント高いよね



リフト降り場に到着
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 043

リフトを降りて右にいきます(ゲレンデは更に右に折れます)
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 044
そこはもう、樹氷群の中

やっぱりステキ~ライザ!

これまで雪が少なかったせいか、未熟物ではありますが上に行けば大丈夫!と変な確信をもって
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 046


しばらく行くと
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷waido 052
(クリックで拡大します)

登山道は蛇行した蔵王エコーラインを横切ってまっすく進むような感じで上がってきます

なので車道に出るときはちょっと急斜面を登らなきゃいけないけど(これ帰りにはソリ遊びできそ)

スノーシューで十分登れます

全体的にはずっとなだらか

車道を一個一個超えるたびに標高も高くなるので、展望が開けてきます
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 059
これは道路を登ったとこから
後ろは吾妻連峰~飯豊~朝日~月山と大展望です


そして、風が無いので暑い

最高のコンデションに恵まれています
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 066
Tさんなんか、もう脱ぐ物がない~と腕まくり


平らな場所にでると
遠くに刈田岳の山頂神社が見え始めました
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 071
右のツンが山頂


避難小屋に到着です
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 076
前方は馬の背(あ~、、あれを超えなきゃならんのか・・・)



右手は綺麗な樹氷群
ここら辺から立派な木々が目立ちます
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 078

Tさんは右手の樹氷群の中に入っていきました
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 079
私は疲れるので下りで樹氷群の中に行ってみよう・・・・


その間、ゆっくり歩きながら振り返り
DSC_0117-PANO.jpg
(クリックで拡大します)


近くの樹氷を撮ったり
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 082
これはミニミニ樹氷150cmくらい


あら、、Tさんあんな方まで行っちゃった
DSC_0123.jpg
今年は雪が少なかったせいか、樹氷の育ちが悪いらしいけど、これでも十分


県境です
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 086

向こうは宮城県
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 087
ちょうどエコーライン道路の上にいます


刈田リフトの建物が見えました
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 088


遠くに支柱も
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 089
登りは支柱左の↑の坂をあがりました

けっこうしんどそう・・・

と思ってたら、かなりしんどかった^^;

途中風も出てきました

馬の背は風が強いかな・・

ぜいぜい・・・はあはあ・・・・
早くつかないかな・・・・それだけを思って


バテバテになり馬の背に到着
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 090
馬の背のポールのところまで行って

左は熊野岳への道
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 091

刈田岳は右へ
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 093
見えている建物はレストハウス(夏はここまで楽々車できたっけ・・・)


ここから山頂まではもう少し

徐々にお釜が見え始めます


鳥居も立派になって
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 095
二倍以上の太さだわ

山頂到着
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 097


神社裏手にまわると
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 101

絶景!
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 102
南蔵王方面


遠くに吾妻連山
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 105
去年は西大嶺の樹氷を満喫したっけ・・・
そっちも育ってるかな?


飯豊連峰
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 106

飯豊~朝日連峰
DSC_0125.jpg
平野を眼下にした山の連なりがなんとも!
言葉にできないほど見事です

ずーっと見ていたいけど、風が強い^^;



あ、、忘れちゃならない
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 112
真っ白なお釜と熊野岳


熊野岳に登っていく人もおりまして人のツブツブがたくさんいました
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 116
(クリックで拡大します)




神社の影でちょこっと休憩して
下山します

馬の背から下がると風がピタッと無くなりました


朝日連峰を見ながら楽チンな下りです
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 123
足元気にせずに、ずーっと山に見とれちゃって、途中でハッとなるのよね・・・
足元、足元


全体的にここの斜面はだだっ広い!
トレース外れているけど、今日は視界があるから大丈夫


帰りは支柱の下を通りそのまま樹氷の中へ突入
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 126-PANO(クリックで拡大します)
ここは雪の形状がホイップクリームを泡立てた感じに波打ってましたぞ
方向を確認して歩いていきます
(樹氷に夢中になっちゃうと、いつの間にか囲まれちゃって方向わかんなくなるのよね)



しばらく進み今日のお昼処は道路の上!
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 131
宮城県の県境看板前で


ウインナーとチーズとワインと・・・・^^♪゜・*:.。. .。.:*・♪
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 133


風も無いし、こんな景色を見ながら、ぽかぽか陽気の中でのランチは最高です
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 134
(横でTさんはラーメン食べてた・・・)



一時間程ゆっくりしてまた樹氷の中へ
DSC_0130.jpg


12月の雪に降りが少なかったせいか・・・多少ツンツンと枝が出ていますが
DSC_0132.jpg
モコモコした群落に和みます


誰も足跡をつけていない樹氷の中
DSC_0134.jpg


やっぱり楽しい~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
DSC_0136.jpg
(あ~、、楽しいけど、日焼けも気になるのよね・・・と心の声)


誰かさんの足跡
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 142


どこまでも続く・・
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 144


私達も最後に足跡を残して
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 141
ほんと、音がバフバフ言ってましたよ


刈田岳バイバイとなります
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 154


周りの樹氷群ともお別れ
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 153


ちびっこくなってきた樹氷
DSC_0141.jpg
あの下はもうゲレンデが間近


道路を横断して下る場所はソリ遊び^^


下りのリフトは使えないのでゲレンデ脇を歩いていきます
(後で調べたら森を抜けるスノーシュールートがライザのパンフに載ってた・・・)

平日のゲレンデ上部は人がいないので、滑りたい放題だけど
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 155
滑りすぎて止まらないので怖い^^;(いや、マジでスピード出るから止まるのに大変よ)

十二分に楽しんだ山行でした
ライザ、やっぱりいいわ~
もう山頂なんか行かなくていいよって感じ

山形樹氷ありがとう~!
晴天もありがとう~!


ライザワールドリフト終点10:20―10:46避難小屋―11:46刈田岳12:05―12:39県境付近13:42―14:58ゲレンデ下




樹氷を堪能した後は米沢へ

去年も寄った上杉城史苑でお土産を買って(この日は上杉雪灯篭まつりで灯篭がたくさんありました)


米沢ラーメンを食べ
蔵王熊野岳・刈田岳 樹氷 160
ラーメン ど~ん!澄んだスープの旨みがしみわたる~^^(カツオかな)


裏磐梯へ向かいました


続く・・・

【2016/02/16 16:06】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ROCKY
樹氷って やっぱりキレイだね。
青空の下だと 最高だね。


hiro
ROCKYさま
樹氷と青空はセットですね
もう~天気が悪いと、写真を撮ってもどこに樹氷があるんだか・・・
やっぱり、山は青空の下じゃなきゃ・・・・^^
この日は気温も上がって春の山の陽気でした


ぜいぜい
すご~い!
やっぱお山は晴天だよね~
私もライザ行きたい~


hiro
ぜいぜいさま
ロープウエイの方が木が大きいからビッグモンスターだけど、、、
やっぱライザよかったです
すごく得した気分♪


まだまだ樹氷のチャンスはあるから、ぜひぜひ~晴れを狙ってね^^


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
樹氷って やっぱりキレイだね。
青空の下だと 最高だね。
2016/02/16(Tue) 19:57 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
ROCKYさま
樹氷と青空はセットですね
もう~天気が悪いと、写真を撮ってもどこに樹氷があるんだか・・・
やっぱり、山は青空の下じゃなきゃ・・・・^^
この日は気温も上がって春の山の陽気でした
2016/02/16(Tue) 22:53 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
すご~い!
やっぱお山は晴天だよね~
私もライザ行きたい~
2016/02/17(Wed) 10:46 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
ぜいぜいさま
ロープウエイの方が木が大きいからビッグモンスターだけど、、、
やっぱライザよかったです
すごく得した気分♪


まだまだ樹氷のチャンスはあるから、ぜひぜひ~晴れを狙ってね^^
2016/02/17(Wed) 12:30 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック