山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
秀麗富嶽の9番山頂 倉岳山と高畑山に行ってきました

ここは二つで一セットなんですね・・・9番
秀麗富嶽は中央線等の公共交通機関を使った方が便利

駐車場の心配もあるしで、車移動の私にとってはルート取りに悩むところ

でも今日も車で出発です

電車だったら北側の鳥沢駅とか梁川駅が便利みたい(縦走できるしね)


駐車場検索がイマイチだった為、多少不安はありましたが倉岳山・高畑山の南側から登ります

県道35の穴路沢から細~い民家に通じる道を入り民家を抜けるとすぐに杉林の林道になります

前から車が来たらアウトー!な砂利道(林業関係の道かな)
脇には側溝もあるし脱輪したらJAFも呼べなさそう・・・

林道はすぐ終わり、どん突きに車一台分の空き地を発見!

やっとこさUターンできるくらいのスペース
倉岳山・高畑山 002
コンパクトカーだったら2台はいけそう

ここから出発です


杉林に囲まれた沢沿いを渡渉すること数回
(しっかり赤テがありました)


あたりは杉林の中
倉岳山・高畑山 004
スギ花粉発射準備完了・・・な道


つづら折れに登っていくと雑木林 クヌギ、楢の木かな・・・実が落ちていました
倉岳山・高畑山 005
明るく気分よい道です

南斜面なので先日の雪も無し

そしてすぐに、穴路峠の十字路に到着
倉岳山・高畑山 006


右左、どっちから行こうか・・・
倉岳山・高畑山 007
ちょっと休憩していると右の倉岳山から2名下りてきました

この峠道、昔は鳥沢からの集落と秋山村を行き来していた峠道だったと看板に書かれていました


右の倉岳山からスタートします

左の北側斜面には雪が広範囲に渡って残っていました


ふた登りくらいすると平坦な道になりまして、この突き当たりが山頂
倉岳山・高畑山 008


到着~
倉岳山・高畑山 011
富士山も綺麗


綺麗なベンチもあります
倉岳山・高畑山 017
富士山が見えるように木は伐採されているのです


反対の北側はこの前登った扇山とか
倉岳山・高畑山 020クリックで拡大します


白くなった雲取山もみえました
倉岳山・高畑山 019
雲取山拡大


左を見ると大蔵高丸とハマイバ丸とかの大菩薩の方
倉岳山・高畑山 016クリックで拡大します

でも大菩薩がどれなのか、、わからない

木々の間から大月の街も見えていました


ベンチが日陰なので、富士山側の丸太があるところで少し休憩しまして、次に進むことにしました

テルモスの紅茶を飲んで・・・・

いつものように、「忘れ物な~し!」と指差し点検



穴路峠まで下りまして、高畑山へ


この縦走路、富士山を見ながら歩くんだったら、絶対倉岳山→高畑山、この順番だと思うけどな・・

でも木々が邪魔して富士山は望めませんでした


峠から少し登ったピークが天神山


縦走路にはこんな標識が至るところにあります
倉岳山・高畑山 021
セミがマイクを持って歌ってます
他にはカブト虫とクワガタを青虫・・・


最後、大きく登って
倉岳山・高畑山 023
つづら折れの道

平坦になるとすぐに・・・


高畑山の山頂です
倉岳山・高畑山 029
こっちは北側看板 木々があるので展望はイマイチ


南は富士山
DSC_0156.jpg
やっぱり伐採してあります


ここで大休止


今日のお昼はコレ(・・・まだ9時半過ぎだけどね^^;)
倉岳山・高畑山 032
他に、「しじみおにぎり」も食す


誰もいない山頂だったけど、鳥沢方面からポツポツと人が来まして通りすぎます


だいぶ陽も当たってきまして霜柱が溶け始めてきました


秀麗富嶽ではまったり2時間は過ごす!と言うTさん
倉岳山・高畑山 035
昼寝してますが・・・もう、かれこれ一時間半もココにいます


飽きてきました。あたし


催促して下山します


最初の下りから
倉岳山・高畑山 037
お隣の倉岳山が見えています

峠から各起点まで30~40分くらいで着いてしまうので、たいしたことは無いな。。なんて考えていましたが

へ~、、けっこう登ったんだ・・・


穴路峠より下山

朝は無風にちかかったのに、風が出てきました

杉林の中より雑木林の風通しの良い方が、より花粉を感じます・・・


林道終点の近くで
倉岳山・高畑山 039
80mで一号天然記念物だと言うので行ってみました

倉岳山・高畑山 038
杉林の中に巨木が一本

杉林になる前はたくさんの楢の木があったのでしょうか


おしまい


穴路沢林道終点7:00―7:41穴路峠7:50―8:14倉岳山8:35―8:53穴路峠―9:29高畑山11:04―11:28穴路峠―11:54林道終点


今日の一言:
指差し点検も虚しく・・・・
倉岳山にテルモス忘れたー!
丸太に立て掛けたのがいけなかった
山を汚してごめんなさい




時間もまだ早いので梅を見にいきました


都立小峰公園
倉岳山・高畑山 046
静か~^^
梅はあと一声で満開・・といったところでしょうか

久々にここら辺にきました(学生の頃はよく~^^)


次は高尾の木下沢梅林(こげさわばいりん)
DSC_0157.jpg
満開に近いのに、園内には入れません残念
園内開放日程が決まっているようです

下から見上げたり、林道を挟んで反対側の土手に登ったりで写真撮影

ここ、中央道の山間を抜けると一瞬だけ見える梅林
倉岳山・高畑山 056
いつも気になっていたけど、いいタイミングで来れて良かった~

白梅の中に紅梅がチラホラ

その加減がなんとも絶妙

春霞も合わさって全体的にモワッとするあたりが春の暖かさを感じました



そろそろ、、、雪もおしまい・・・・お花の時期^^


追記を閉じる▲
秀麗富嶽は中央線等の公共交通機関を使った方が便利

駐車場の心配もあるしで、車移動の私にとってはルート取りに悩むところ

でも今日も車で出発です

電車だったら北側の鳥沢駅とか梁川駅が便利みたい(縦走できるしね)


駐車場検索がイマイチだった為、多少不安はありましたが倉岳山・高畑山の南側から登ります

県道35の穴路沢から細~い民家に通じる道を入り民家を抜けるとすぐに杉林の林道になります

前から車が来たらアウトー!な砂利道(林業関係の道かな)
脇には側溝もあるし脱輪したらJAFも呼べなさそう・・・

林道はすぐ終わり、どん突きに車一台分の空き地を発見!

やっとこさUターンできるくらいのスペース
倉岳山・高畑山 002
コンパクトカーだったら2台はいけそう

ここから出発です


杉林に囲まれた沢沿いを渡渉すること数回
(しっかり赤テがありました)


あたりは杉林の中
倉岳山・高畑山 004
スギ花粉発射準備完了・・・な道


つづら折れに登っていくと雑木林 クヌギ、楢の木かな・・・実が落ちていました
倉岳山・高畑山 005
明るく気分よい道です

南斜面なので先日の雪も無し

そしてすぐに、穴路峠の十字路に到着
倉岳山・高畑山 006


右左、どっちから行こうか・・・
倉岳山・高畑山 007
ちょっと休憩していると右の倉岳山から2名下りてきました

この峠道、昔は鳥沢からの集落と秋山村を行き来していた峠道だったと看板に書かれていました


右の倉岳山からスタートします

左の北側斜面には雪が広範囲に渡って残っていました


ふた登りくらいすると平坦な道になりまして、この突き当たりが山頂
倉岳山・高畑山 008


到着~
倉岳山・高畑山 011
富士山も綺麗


綺麗なベンチもあります
倉岳山・高畑山 017
富士山が見えるように木は伐採されているのです


反対の北側はこの前登った扇山とか
倉岳山・高畑山 020クリックで拡大します


白くなった雲取山もみえました
倉岳山・高畑山 019
雲取山拡大


左を見ると大蔵高丸とハマイバ丸とかの大菩薩の方
倉岳山・高畑山 016クリックで拡大します

でも大菩薩がどれなのか、、わからない

木々の間から大月の街も見えていました


ベンチが日陰なので、富士山側の丸太があるところで少し休憩しまして、次に進むことにしました

テルモスの紅茶を飲んで・・・・

いつものように、「忘れ物な~し!」と指差し点検



穴路峠まで下りまして、高畑山へ


この縦走路、富士山を見ながら歩くんだったら、絶対倉岳山→高畑山、この順番だと思うけどな・・

でも木々が邪魔して富士山は望めませんでした


峠から少し登ったピークが天神山


縦走路にはこんな標識が至るところにあります
倉岳山・高畑山 021
セミがマイクを持って歌ってます
他にはカブト虫とクワガタを青虫・・・


最後、大きく登って
倉岳山・高畑山 023
つづら折れの道

平坦になるとすぐに・・・


高畑山の山頂です
倉岳山・高畑山 029
こっちは北側看板 木々があるので展望はイマイチ


南は富士山
DSC_0156.jpg
やっぱり伐採してあります


ここで大休止


今日のお昼はコレ(・・・まだ9時半過ぎだけどね^^;)
倉岳山・高畑山 032
他に、「しじみおにぎり」も食す


誰もいない山頂だったけど、鳥沢方面からポツポツと人が来まして通りすぎます


だいぶ陽も当たってきまして霜柱が溶け始めてきました


秀麗富嶽ではまったり2時間は過ごす!と言うTさん
倉岳山・高畑山 035
昼寝してますが・・・もう、かれこれ一時間半もココにいます


飽きてきました。あたし


催促して下山します


最初の下りから
倉岳山・高畑山 037
お隣の倉岳山が見えています

峠から各起点まで30~40分くらいで着いてしまうので、たいしたことは無いな。。なんて考えていましたが

へ~、、けっこう登ったんだ・・・


穴路峠より下山

朝は無風にちかかったのに、風が出てきました

杉林の中より雑木林の風通しの良い方が、より花粉を感じます・・・


林道終点の近くで
倉岳山・高畑山 039
80mで一号天然記念物だと言うので行ってみました

倉岳山・高畑山 038
杉林の中に巨木が一本

杉林になる前はたくさんの楢の木があったのでしょうか


おしまい


穴路沢林道終点7:00―7:41穴路峠7:50―8:14倉岳山8:35―8:53穴路峠―9:29高畑山11:04―11:28穴路峠―11:54林道終点


今日の一言:
指差し点検も虚しく・・・・
倉岳山にテルモス忘れたー!
丸太に立て掛けたのがいけなかった
山を汚してごめんなさい




時間もまだ早いので梅を見にいきました


都立小峰公園
倉岳山・高畑山 046
静か~^^
梅はあと一声で満開・・といったところでしょうか

久々にここら辺にきました(学生の頃はよく~^^)


次は高尾の木下沢梅林(こげさわばいりん)
DSC_0157.jpg
満開に近いのに、園内には入れません残念
園内開放日程が決まっているようです

下から見上げたり、林道を挟んで反対側の土手に登ったりで写真撮影

ここ、中央道の山間を抜けると一瞬だけ見える梅林
倉岳山・高畑山 056
いつも気になっていたけど、いいタイミングで来れて良かった~

白梅の中に紅梅がチラホラ

その加減がなんとも絶妙

春霞も合わさって全体的にモワッとするあたりが春の暖かさを感じました



そろそろ、、、雪もおしまい・・・・お花の時期^^

【2016/02/29 16:04】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
うちは山頂滞在時間短いよ~
もう少し暖かくなったらまったりだけどねえ。
中央線界隈は中々行かないけど、これからお花の時期いいだろうね。


ろび
中央線沿線の山 倉岳山と高畑山っていえば
セットですよねぇ
って、一人で登って どえらく道を間違えた覚えあり。
それにしても、あの界隈に車で出かけることって
思いつかなかったけど、それんりに駐車場が
あるんですね。へー 
里山風ののんびりしたポカポカ陽気の山ハイク
そんな季節になってきましたね、
ただし、花粉がぁぁぁv-12


hiro
ぜいぜいさま
私も滅多なことじゃ中央線沿線は行かないんだけども・・・近くの山も登っとこ的な感覚で困った時の秀麗富嶽…なのですわ。
そうそう、お花。スミレが綺麗なとこ行きたいんですよ。相変わらず名前はわからないけどね。


hiro
ろびさま
駅から登ると登山口までがわかりにくいのかな~、、間違えると心細いよね~。。

駐車場も半信半疑で行ったらあった!って感じで。ほとんどが電車組みのグループでした。

もうもう!!花粉、すごかったですよ。ここら界隈はうちの方よりもすごいね!ロビさんはもう少しお山、我慢かしら^^;

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
うちは山頂滞在時間短いよ~
もう少し暖かくなったらまったりだけどねえ。
中央線界隈は中々行かないけど、これからお花の時期いいだろうね。
2016/03/03(Thu) 09:28 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
中央線沿線の山 倉岳山と高畑山っていえば
セットですよねぇ
って、一人で登って どえらく道を間違えた覚えあり。
それにしても、あの界隈に車で出かけることって
思いつかなかったけど、それんりに駐車場が
あるんですね。へー 
里山風ののんびりしたポカポカ陽気の山ハイク
そんな季節になってきましたね、
ただし、花粉がぁぁぁv-12
2016/03/03(Thu) 12:48 | URL  | ろび #qIFa0De.[ 編集]
ぜいぜいさま
私も滅多なことじゃ中央線沿線は行かないんだけども・・・近くの山も登っとこ的な感覚で困った時の秀麗富嶽…なのですわ。
そうそう、お花。スミレが綺麗なとこ行きたいんですよ。相変わらず名前はわからないけどね。
2016/03/03(Thu) 14:10 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
ろびさま
駅から登ると登山口までがわかりにくいのかな~、、間違えると心細いよね~。。

駐車場も半信半疑で行ったらあった!って感じで。ほとんどが電車組みのグループでした。

もうもう!!花粉、すごかったですよ。ここら界隈はうちの方よりもすごいね!ロビさんはもう少しお山、我慢かしら^^;
2016/03/03(Thu) 14:18 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック