山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
鹿俣山です
鹿俣山 053

お花か。。。雪か・・・・・迷う季節ではありますが・・・
もう少しスノーシューがしたいのです
天気は晴れの予報

早朝の関越道はいつも以上に混んでいました
(いまにも渋滞が起こりそうな感じ)

久々の休日の晴れだもんね。みんなスキーに行くよね・・・


空が白み始め、周りの景色が見え始めると、ガスが立ち込めていました

あらら。。。天気はどうなっちゃうのかしら・・・と思いましたが

今日は気温が上がる予報

陽が上ればこの水蒸気も消えるでしょう!
(と、勝手な判断)



たんばらのスキー場の駐車場には7時着

駐車場の誘導係にこっちゃ来いと手招きされ、運良くリゾートセンターの前に案内されました(土日は1000円)

まだ営業前なのに、どんどん車が入ってきます(リフトは8:00から)
(登山客なんでいませんてー)


このところ、リフトやら、ロープウエイやらで楽をしていたので今日は下から歩いて登ります

リフトを乗り継ぐと鹿俣山まで30分とかからないようですし、それじゃつまらないのでね・・



まずはゲレンデ横の林道をてくてく・・・・
鹿俣山 002
右手の土手の上にはペンションが立っています


この道、ゲレンデの様に整備されていました
鹿俣山 003
シマシマ 今日一番のりで踏み跡をつけます


右手はキャンプ場でしょうか。。。
鹿俣山 005
朝日が上がってきました



ここは第一リフトの終点 レストハウスがあるところ ここまでは非常に傾らかな斜面
鹿俣山 006
見えているのは第三リフト



ここでスノーシューをつけまして、ブナの森に突入

ひろ~い^^あれ?
鹿俣山 010
と、おもったら、ここはまだゲレンデでした
人もまだいないので、ゲレンデを歩く・・・


振り返るとリフトが動いていて・・・
鹿俣山 012
谷川岳と仙ノ倉へ続く稜線☆彡
その屏風のような稜線に圧倒されます

おお~!!!と、テンションUP!

天気もよく視界も抜群^^


ほどなくして第三リフトの終点地点
鹿俣山 018
この先は林の中に入るのだけど。。。
この坂をみて、これホントに登るの?と・・・・

意地悪そうな尾根だったので、ゲレンデを歩きたい感が満々^^


第三リフト終点のおじ様にルートを聞きに行くと
鹿俣山 019
わざわざ案内してくれました ありがとうございます^^

この右上がシャクナゲ平だそうです
おじさん、「シャクナゲはもう芽が出てますよー」だって
やっぱりこの尾根を上がるのね・・・


夏道の標識はありますが、この時期はあってないような物
鹿俣山 022
雪の状態と相談して自分の行きたい方向に修正します

少しゲレンデを歩いて、登れそうなところからトラバースして登っていきました


これ、登ってきた斜面
鹿俣山 023
下はゲレンデ


ここからの尾根の登りはきつかったけど


登りきった平な場所がステキ!!
鹿俣山 025
でっかいブナに囲まれました
ブナと同化したTさん 青のヒップソリが目印
(いや~、この木はデカかった)


疲れた~・・・このデカブナの下で休憩
鹿俣山 029





ここから登ることしばし・・・・
シャクナゲ平から一旦降りるルートが急で迂回が必要・・・

とネットで調べていたので、迂回しなきゃ・・・と思っていたけど、、


思っていたけど



着いちゃった



シャクナゲ平(もぅ・・あれほど、予習してきたのに)
鹿俣山 035
平坦な雪の先はもうドボン尾根がきれた感じの場所
誰も降りてないみたい・・・・踏み跡無しでした

とても私には降りれそうになかったので、迂回ルートを探しますが、右斜面は谷のトラバースで×

結局、少し戻ってゲレンデに降ります
(迂回トレースを探したんだけど、、、踏み跡も無かったな~・・・)



これ、ゲレンデに出て迂回して振り返ったところ 
鹿俣山 039
このこんもり山がシャクナゲ平  →がゲレンデから迂回してきたルート


ここまで来ると鹿俣山の稜線がすぐそこに見えます
鹿俣山 040
そして、第二リフトトップもすぐ左にあります



急でしたわ・・・
鹿俣山 044
直下はスノーシューだとキツイ

もう、雪も重いのですよ

トレース通りに歩いて最後は斜めに稜線に出ます
鹿俣山 045


稜線到着
鹿俣山 046


稜線からの展望
鹿俣山 047
たんばら湖と駐車場も見えました


右へいきます
鹿俣山 049
坂を2個ほど登り


ここ急だった~・・・ヒップっそりの跡でツルリン
鹿俣山 050
(下りはヘッピリ腰でした スノーシューじゃなくてアイゼンで下った方が良かった・・・)


登りきって山頂です
鹿俣山 051
たぶん、本日一番だな


ちょっと先まで行ってみました
鹿俣山 066
上州武尊の展望です


手前の稜線の雪庇UP
鹿俣山 063
今にも溢れんばかりの雪

この先のピークまで行ってもよかったのですが稜線だし、休憩できそうな場所もなさそうなので・・・
武尊も見たし、山頂へ戻ります


山頂万歳の図
鹿俣山 075
↑スノーシューつけてますが、ほぼ用を成しません


山頂で写真を撮っていると5~6人のグループが到着
リフトで楽々だそうで
この先、行ける所まで進むそうです(この次は先まで進むんだったら体力温存してリフトでもいいかも)


山頂が空いたので
鹿俣山 078
南を向いて 地図を見ながら寝そべります どれが、どの山かしらん・・・


北側は木々に覆われて展望がありませんが

その木々の間から上越国境の山がチラチラ見えるんです

チラ見せはもう、我慢なりません。。。


ランチはあの屏風のような稜線を見ながら食べるー!と私 
鹿俣山 081
が、、、ここは稜線の上で場所がイマイチ・・・


景色は抜群なのにね
鹿俣山 082



結局、稜線を下り、第四リフトの上の稜線が途切れるところまで行って、ここで落ち着きます
鹿俣山 087
あ~、、やっぱチラ見せだ
(カッコよくスノーシューを立てますが、用を成すのはブナの林の中だけ・・・それもあまり沈まない^^;)

ゲレンデがすぐ後ろなので、うるさいくらいBGM付きの環境♪


今日は白湯うどん
鹿俣山 088
きしめん2玉は重かったぜぃ
野菜たっぷりサイコーのランチになりました

食べていると、だんだん山が霞んできます

ブナ平を抜けて下山しようと思ったけど、上空も雲が所々に出てきました


下りはゲレンデの中の森を通って
ゲレンデもまたいだりして
鹿俣山 090
駐車場に到着しました


たぶん、こんな感じで歩いたとおもう。。。
1img03.jpg
地図はたんばらスキーパークより


駐車場7:43―第三リフト始(レストハウス)8:16―8:55大きいブナ9:01―9:21シャクナゲ平―10:04山頂10:43―11:15第四リフト上ランチ12:25―12:57レストハウス13:16駐車場




帰りは川場の道の駅で買い物

これ、ライブ山賊焼き 500-
鹿俣山 092
ベーコンとハムに埋まってるけど、、、ウインナーが5本も入ってかなりお得な商品
お味も抜群です 16:00までの販売
ビール欲しっ


おしまい





追記を閉じる▲
天気は晴れの予報

早朝の関越道はいつも以上に混んでいました
(いまにも渋滞が起こりそうな感じ)

久々の休日の晴れだもんね。みんなスキーに行くよね・・・


空が白み始め、周りの景色が見え始めると、ガスが立ち込めていました

あらら。。。天気はどうなっちゃうのかしら・・・と思いましたが

今日は気温が上がる予報

陽が上ればこの水蒸気も消えるでしょう!
(と、勝手な判断)



たんばらのスキー場の駐車場には7時着

駐車場の誘導係にこっちゃ来いと手招きされ、運良くリゾートセンターの前に案内されました(土日は1000円)

まだ営業前なのに、どんどん車が入ってきます(リフトは8:00から)
(登山客なんでいませんてー)


このところ、リフトやら、ロープウエイやらで楽をしていたので今日は下から歩いて登ります

リフトを乗り継ぐと鹿俣山まで30分とかからないようですし、それじゃつまらないのでね・・



まずはゲレンデ横の林道をてくてく・・・・
鹿俣山 002
右手の土手の上にはペンションが立っています


この道、ゲレンデの様に整備されていました
鹿俣山 003
シマシマ 今日一番のりで踏み跡をつけます


右手はキャンプ場でしょうか。。。
鹿俣山 005
朝日が上がってきました



ここは第一リフトの終点 レストハウスがあるところ ここまでは非常に傾らかな斜面
鹿俣山 006
見えているのは第三リフト



ここでスノーシューをつけまして、ブナの森に突入

ひろ~い^^あれ?
鹿俣山 010
と、おもったら、ここはまだゲレンデでした
人もまだいないので、ゲレンデを歩く・・・


振り返るとリフトが動いていて・・・
鹿俣山 012
谷川岳と仙ノ倉へ続く稜線☆彡
その屏風のような稜線に圧倒されます

おお~!!!と、テンションUP!

天気もよく視界も抜群^^


ほどなくして第三リフトの終点地点
鹿俣山 018
この先は林の中に入るのだけど。。。
この坂をみて、これホントに登るの?と・・・・

意地悪そうな尾根だったので、ゲレンデを歩きたい感が満々^^


第三リフト終点のおじ様にルートを聞きに行くと
鹿俣山 019
わざわざ案内してくれました ありがとうございます^^

この右上がシャクナゲ平だそうです
おじさん、「シャクナゲはもう芽が出てますよー」だって
やっぱりこの尾根を上がるのね・・・


夏道の標識はありますが、この時期はあってないような物
鹿俣山 022
雪の状態と相談して自分の行きたい方向に修正します

少しゲレンデを歩いて、登れそうなところからトラバースして登っていきました


これ、登ってきた斜面
鹿俣山 023
下はゲレンデ


ここからの尾根の登りはきつかったけど


登りきった平な場所がステキ!!
鹿俣山 025
でっかいブナに囲まれました
ブナと同化したTさん 青のヒップソリが目印
(いや~、この木はデカかった)


疲れた~・・・このデカブナの下で休憩
鹿俣山 029





ここから登ることしばし・・・・
シャクナゲ平から一旦降りるルートが急で迂回が必要・・・

とネットで調べていたので、迂回しなきゃ・・・と思っていたけど、、


思っていたけど



着いちゃった



シャクナゲ平(もぅ・・あれほど、予習してきたのに)
鹿俣山 035
平坦な雪の先はもうドボン尾根がきれた感じの場所
誰も降りてないみたい・・・・踏み跡無しでした

とても私には降りれそうになかったので、迂回ルートを探しますが、右斜面は谷のトラバースで×

結局、少し戻ってゲレンデに降ります
(迂回トレースを探したんだけど、、、踏み跡も無かったな~・・・)



これ、ゲレンデに出て迂回して振り返ったところ 
鹿俣山 039
このこんもり山がシャクナゲ平  →がゲレンデから迂回してきたルート


ここまで来ると鹿俣山の稜線がすぐそこに見えます
鹿俣山 040
そして、第二リフトトップもすぐ左にあります



急でしたわ・・・
鹿俣山 044
直下はスノーシューだとキツイ

もう、雪も重いのですよ

トレース通りに歩いて最後は斜めに稜線に出ます
鹿俣山 045


稜線到着
鹿俣山 046


稜線からの展望
鹿俣山 047
たんばら湖と駐車場も見えました


右へいきます
鹿俣山 049
坂を2個ほど登り


ここ急だった~・・・ヒップっそりの跡でツルリン
鹿俣山 050
(下りはヘッピリ腰でした スノーシューじゃなくてアイゼンで下った方が良かった・・・)


登りきって山頂です
鹿俣山 051
たぶん、本日一番だな


ちょっと先まで行ってみました
鹿俣山 066
上州武尊の展望です


手前の稜線の雪庇UP
鹿俣山 063
今にも溢れんばかりの雪

この先のピークまで行ってもよかったのですが稜線だし、休憩できそうな場所もなさそうなので・・・
武尊も見たし、山頂へ戻ります


山頂万歳の図
鹿俣山 075
↑スノーシューつけてますが、ほぼ用を成しません


山頂で写真を撮っていると5~6人のグループが到着
リフトで楽々だそうで
この先、行ける所まで進むそうです(この次は先まで進むんだったら体力温存してリフトでもいいかも)


山頂が空いたので
鹿俣山 078
南を向いて 地図を見ながら寝そべります どれが、どの山かしらん・・・


北側は木々に覆われて展望がありませんが

その木々の間から上越国境の山がチラチラ見えるんです

チラ見せはもう、我慢なりません。。。


ランチはあの屏風のような稜線を見ながら食べるー!と私 
鹿俣山 081
が、、、ここは稜線の上で場所がイマイチ・・・


景色は抜群なのにね
鹿俣山 082



結局、稜線を下り、第四リフトの上の稜線が途切れるところまで行って、ここで落ち着きます
鹿俣山 087
あ~、、やっぱチラ見せだ
(カッコよくスノーシューを立てますが、用を成すのはブナの林の中だけ・・・それもあまり沈まない^^;)

ゲレンデがすぐ後ろなので、うるさいくらいBGM付きの環境♪


今日は白湯うどん
鹿俣山 088
きしめん2玉は重かったぜぃ
野菜たっぷりサイコーのランチになりました

食べていると、だんだん山が霞んできます

ブナ平を抜けて下山しようと思ったけど、上空も雲が所々に出てきました


下りはゲレンデの中の森を通って
ゲレンデもまたいだりして
鹿俣山 090
駐車場に到着しました


たぶん、こんな感じで歩いたとおもう。。。
1img03.jpg
地図はたんばらスキーパークより


駐車場7:43―第三リフト始(レストハウス)8:16―8:55大きいブナ9:01―9:21シャクナゲ平―10:04山頂10:43―11:15第四リフト上ランチ12:25―12:57レストハウス13:16駐車場




帰りは川場の道の駅で買い物

これ、ライブ山賊焼き 500-
鹿俣山 092
ベーコンとハムに埋まってるけど、、、ウインナーが5本も入ってかなりお得な商品
お味も抜群です 16:00までの販売
ビール欲しっ


おしまい




【2016/03/08 08:55】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
ここって標高の割には意外と雪が多いんだよね。
ブナの雪原はやっぱいいね~
でもってライブ山賊焼き、今度買ってみよう!


hiro
ぜいぜいさま
ここのブナは大きいですね。私もブナ林は好きです。芽吹きもきれいですよね。
雪が軽ければもっとよかったけど。またいつかに期待ですわ。
山賊焼き、ぜひ試してみて下さい(^^)
一つをシェアで十分な量!これにビール…(*^^*)


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ここって標高の割には意外と雪が多いんだよね。
ブナの雪原はやっぱいいね~
でもってライブ山賊焼き、今度買ってみよう!
2016/03/10(Thu) 09:53 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
ぜいぜいさま
ここのブナは大きいですね。私もブナ林は好きです。芽吹きもきれいですよね。
雪が軽ければもっとよかったけど。またいつかに期待ですわ。
山賊焼き、ぜひ試してみて下さい(^^)
一つをシェアで十分な量!これにビール…(*^^*)
2016/03/10(Thu) 22:21 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック