山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
三刀屋から一時間半くらいでしょうか・・・・

石見銀山の世界遺産センターに着きました
車が数台

車中泊の車のようです

トイレも開放なのでここも車中泊にはもってこい(7時はまだガラ~ン)
三瓶山 大山 191
石見銀山はこの山の反対側

8時から大森地区方面にシャトルバスが出ていますが、今回はこの山を越えて行く計画です

また人が多くならない朝方の時間を狙って出発です

しっかし。。

風が強い!暴風並ですわ


センター建物の横を通り
三瓶山 大山 192
山道に入ります(遊歩道的な感じです)


今回の道はコレ
三瓶山 大山 193
クリックで拡大します
道の詳細が入手できなかったので多少不安はありますが、この地図でなるほど・・・と


道は山道となり登りきった場所に展望台があります
三瓶山 大山 207
観光客はここら辺まで来るのでしょうか



山吹城がある要害山
三瓶山 大山 200


大森の町並み
三瓶山 大山 203


そして三瓶山!
三瓶山 大山 205
下の建物はセンターです


そして、展望台からは舗装路 石銀集落の方へ向かいますが
三瓶山 大山 206
もう、風が強くて・・・

木々の音がすごいのです

雲の流れも早く今にも雨が降りそう

一人だったら心細そうというか、絶対来ない雰囲気の道(Tさんはどんどこ先に行ってしまったので実際は一人でしたが)


と思って、歩いていたら・・・雨ポツポツ

30分くらい歩いて(コレがきつい・・・・景色は変わらないし、雨が本降りになったらやだな~とか思いながら歩くとつらい)


平坦な土地に出ました
三瓶山 大山 208
ここは仙ノ山に登る分岐ですが、それらしい目印は赤テだけ(その先はもっさーとした竹林でした)

今回は行きません


次へ進みます(だってー雨が~)
三瓶山 大山 209
舗装路からこんな道になりました


間歩もありました(まぶって鉱山の堀口のことだそうです)
三瓶山 大山 210


ここは石銀千畳敷跡だそうです
三瓶山 大山 212
クリックで拡大します


小雨ポツポツでやんなっちゃうけど。。。
三瓶山 大山 215
平らな道でほっとしている私です


ここは集落跡だそうです
三瓶山 大山 216


クリックで拡大します
三瓶山 大山 217
ここも江戸時代は賑わった集落だったんでしょうね・・・
ゆっくり読みたいけど、、、雨が~私を急がせる


この平らな土地を抜け笹薮を過ぎると佐毘売山神社(さひめやまじんじゃ)まで急降下です
山道に入ります 木々で雨風も凌げます
三瓶山 大山 219
途中 米カミ岩


登山道脇に間歩もあります 
三瓶山 大山 220
うもれちゃってるけど、あちこちで採掘していたんですね
間歩番号○○番と書いてありました


山を下りると佐毘売山神社の裏手に出ました
三瓶山 大山 221
これは正面


鉱山を守る神社だそうです
三瓶山 大山 223
ここまで下りてくると道は観光道路で舗装路です


龍源寺間歩へ向かって
三瓶山 大山 225


舗装路を歩いていると間歩が左右にありました
三瓶山 大山 224
あっちこっち掘ってたんだね~
たくさん銀鉱石がでたのかな


やっと目的地の龍源寺間歩にきました
三瓶山 大山 226
世界遺産・石見銀山遺跡の中で、唯一公開されている坑道です


これが入り口
三瓶山 大山 230
龍源寺間歩は、御直山(おじきやま)五ヶ山のひとつ、江戸時代の中頃に開発された代官所直営の坑道で、大久保間歩に次いで長く、約600mあります。そのうち一般に公開されているのは273m(新坑道含む)で、坑道の壁面 には当時のノミの跡がそのまま残っています。 また、排水のため垂直に100mも掘られた竪坑も見ることができ、石見銀山絵巻等の展示もあります。
石見銀山の間歩群では、「龍源寺間歩」をはじめ、「釜屋間歩」、「新切間歩」、「大久保間歩」、「福神山間歩」、「本間歩」、「新横相間歩」の7つの間歩が国の史跡として登録されています。
このほかにも石見銀山には600を越える間歩があり、龍源寺間歩よりも規模の大きい間歩や、露頭掘り跡がたくさん残されています。
(太田市観光サイトより)



なるほど~・・・・パンフを読んで間歩に入ります
三瓶山 大山 231


進んでいくと、左右あちこちに横穴が掘ってあります
三瓶山 大山 236


三瓶山 大山 239

三瓶山 大山 241


天井にも縦抗があったり、たくさん掘ってありました

龍源寺間歩を通り抜けたところの東屋でちょいと休憩

お腹が空いたので栄養補給


雨も本格的になってきたので、合羽もかぶり、傘の出番となりました
予報より早く降ってきたようです
(はぁ~・・・・山の中じゃなくてよかったよ)


あとは大森地区まで歩いていきます

レンタサイクルの人もたくさんいました
(あれ?龍源寺間歩では閑散としていたのに、いつのまに人が増えたんでしょう)



途中にあった東屋
三瓶山 大山 243


この右横にはまた間歩が
三瓶山 大山 244
新切間歩


え~っと、、これは誰さんちだったかな・・・
三瓶山 大山 245
渡辺さんちだったかな・・・・
石の土台なんかは当時のまんまだそうで、、、見るからに!という感じでした


大森地区の街並み
三瓶山 大山 247
上から


運よく代官所跡のバス停にバスが止まっていたのでそっこー乗り込みます

まだこの時間の帰りのバスはガラガラ

これから向かうバスは一杯でした

センター7:02―石銀集落跡―8:34佐毘売山神社(さひめやまじんじゃ)―龍源寺間歩―10:11代官所跡―バスにてセンターへ



いや~、、すごい風でした

車の中でほっと一息


次は150kmくらい下道を移動

道すがらの温泉で体を温め
DSC_0187.jpg
潮温泉 源泉かけ流し~♪含二酸化炭素・ナトリウム・炭酸水素・塩化物泉だそうです
島根って魅力的な温泉がいっぱい^^選ぶのに困っちゃう~


道の駅グリーンロードでお昼ご飯

高速も使って

ここまで来たからには・・・行っときましょうか



備中松山城

全国には天守が残っているお城が12城(現存天守12城)あり、備中松山城はその一つの山城です

事前調べもしてないので、うっそうとした山の上にあるのにもビックリ

シャトルバスが中腹まで出ていますが、そこからまたバスに乗り換え、最終舗装路で下ろされます
(けっこう急な斜面でした)


天守に行くのにも山道で

そりゃ~歩くわけです

観光気分のお城見物のイメージじゃないな・・・・

三瓶山 大山 251
山道くねくねなので石垣が見えたときは圧倒されるわけです


天守まではこんな感じ
三瓶山 大山 250
現在地にくるまでも20分くらい山道を登ります


大河の真田丸のオープニングのお城、ここだそうです

どうりで、、、なんとなーくそんな雰囲気があったな~


やっと天守
三瓶山 大山 254
いや~ん、、また雨降ってきたよ


シャトルバスに乗って駐車場に着く頃は雨も本降り

風もそこそこ


今日の観光終了


鳥取市内へ大移動します

毎日アミノバイタルとコラーゲンペプチドの栄養ドリンクを飲んでがんばってます!あたし


追記を閉じる▲
車が数台

車中泊の車のようです

トイレも開放なのでここも車中泊にはもってこい(7時はまだガラ~ン)
三瓶山 大山 191
石見銀山はこの山の反対側

8時から大森地区方面にシャトルバスが出ていますが、今回はこの山を越えて行く計画です

また人が多くならない朝方の時間を狙って出発です

しっかし。。

風が強い!暴風並ですわ


センター建物の横を通り
三瓶山 大山 192
山道に入ります(遊歩道的な感じです)


今回の道はコレ
三瓶山 大山 193
クリックで拡大します
道の詳細が入手できなかったので多少不安はありますが、この地図でなるほど・・・と


道は山道となり登りきった場所に展望台があります
三瓶山 大山 207
観光客はここら辺まで来るのでしょうか



山吹城がある要害山
三瓶山 大山 200


大森の町並み
三瓶山 大山 203


そして三瓶山!
三瓶山 大山 205
下の建物はセンターです


そして、展望台からは舗装路 石銀集落の方へ向かいますが
三瓶山 大山 206
もう、風が強くて・・・

木々の音がすごいのです

雲の流れも早く今にも雨が降りそう

一人だったら心細そうというか、絶対来ない雰囲気の道(Tさんはどんどこ先に行ってしまったので実際は一人でしたが)


と思って、歩いていたら・・・雨ポツポツ

30分くらい歩いて(コレがきつい・・・・景色は変わらないし、雨が本降りになったらやだな~とか思いながら歩くとつらい)


平坦な土地に出ました
三瓶山 大山 208
ここは仙ノ山に登る分岐ですが、それらしい目印は赤テだけ(その先はもっさーとした竹林でした)

今回は行きません


次へ進みます(だってー雨が~)
三瓶山 大山 209
舗装路からこんな道になりました


間歩もありました(まぶって鉱山の堀口のことだそうです)
三瓶山 大山 210


ここは石銀千畳敷跡だそうです
三瓶山 大山 212
クリックで拡大します


小雨ポツポツでやんなっちゃうけど。。。
三瓶山 大山 215
平らな道でほっとしている私です


ここは集落跡だそうです
三瓶山 大山 216


クリックで拡大します
三瓶山 大山 217
ここも江戸時代は賑わった集落だったんでしょうね・・・
ゆっくり読みたいけど、、、雨が~私を急がせる


この平らな土地を抜け笹薮を過ぎると佐毘売山神社(さひめやまじんじゃ)まで急降下です
山道に入ります 木々で雨風も凌げます
三瓶山 大山 219
途中 米カミ岩


登山道脇に間歩もあります 
三瓶山 大山 220
うもれちゃってるけど、あちこちで採掘していたんですね
間歩番号○○番と書いてありました


山を下りると佐毘売山神社の裏手に出ました
三瓶山 大山 221
これは正面


鉱山を守る神社だそうです
三瓶山 大山 223
ここまで下りてくると道は観光道路で舗装路です


龍源寺間歩へ向かって
三瓶山 大山 225


舗装路を歩いていると間歩が左右にありました
三瓶山 大山 224
あっちこっち掘ってたんだね~
たくさん銀鉱石がでたのかな


やっと目的地の龍源寺間歩にきました
三瓶山 大山 226
世界遺産・石見銀山遺跡の中で、唯一公開されている坑道です


これが入り口
三瓶山 大山 230
龍源寺間歩は、御直山(おじきやま)五ヶ山のひとつ、江戸時代の中頃に開発された代官所直営の坑道で、大久保間歩に次いで長く、約600mあります。そのうち一般に公開されているのは273m(新坑道含む)で、坑道の壁面 には当時のノミの跡がそのまま残っています。 また、排水のため垂直に100mも掘られた竪坑も見ることができ、石見銀山絵巻等の展示もあります。
石見銀山の間歩群では、「龍源寺間歩」をはじめ、「釜屋間歩」、「新切間歩」、「大久保間歩」、「福神山間歩」、「本間歩」、「新横相間歩」の7つの間歩が国の史跡として登録されています。
このほかにも石見銀山には600を越える間歩があり、龍源寺間歩よりも規模の大きい間歩や、露頭掘り跡がたくさん残されています。
(太田市観光サイトより)



なるほど~・・・・パンフを読んで間歩に入ります
三瓶山 大山 231


進んでいくと、左右あちこちに横穴が掘ってあります
三瓶山 大山 236


三瓶山 大山 239

三瓶山 大山 241


天井にも縦抗があったり、たくさん掘ってありました

龍源寺間歩を通り抜けたところの東屋でちょいと休憩

お腹が空いたので栄養補給


雨も本格的になってきたので、合羽もかぶり、傘の出番となりました
予報より早く降ってきたようです
(はぁ~・・・・山の中じゃなくてよかったよ)


あとは大森地区まで歩いていきます

レンタサイクルの人もたくさんいました
(あれ?龍源寺間歩では閑散としていたのに、いつのまに人が増えたんでしょう)



途中にあった東屋
三瓶山 大山 243


この右横にはまた間歩が
三瓶山 大山 244
新切間歩


え~っと、、これは誰さんちだったかな・・・
三瓶山 大山 245
渡辺さんちだったかな・・・・
石の土台なんかは当時のまんまだそうで、、、見るからに!という感じでした


大森地区の街並み
三瓶山 大山 247
上から


運よく代官所跡のバス停にバスが止まっていたのでそっこー乗り込みます

まだこの時間の帰りのバスはガラガラ

これから向かうバスは一杯でした

センター7:02―石銀集落跡―8:34佐毘売山神社(さひめやまじんじゃ)―龍源寺間歩―10:11代官所跡―バスにてセンターへ



いや~、、すごい風でした

車の中でほっと一息


次は150kmくらい下道を移動

道すがらの温泉で体を温め
DSC_0187.jpg
潮温泉 源泉かけ流し~♪含二酸化炭素・ナトリウム・炭酸水素・塩化物泉だそうです
島根って魅力的な温泉がいっぱい^^選ぶのに困っちゃう~


道の駅グリーンロードでお昼ご飯

高速も使って

ここまで来たからには・・・行っときましょうか



備中松山城

全国には天守が残っているお城が12城(現存天守12城)あり、備中松山城はその一つの山城です

事前調べもしてないので、うっそうとした山の上にあるのにもビックリ

シャトルバスが中腹まで出ていますが、そこからまたバスに乗り換え、最終舗装路で下ろされます
(けっこう急な斜面でした)


天守に行くのにも山道で

そりゃ~歩くわけです

観光気分のお城見物のイメージじゃないな・・・・

三瓶山 大山 251
山道くねくねなので石垣が見えたときは圧倒されるわけです


天守まではこんな感じ
三瓶山 大山 250
現在地にくるまでも20分くらい山道を登ります


大河の真田丸のオープニングのお城、ここだそうです

どうりで、、、なんとなーくそんな雰囲気があったな~


やっと天守
三瓶山 大山 254
いや~ん、、また雨降ってきたよ


シャトルバスに乗って駐車場に着く頃は雨も本降り

風もそこそこ


今日の観光終了


鳥取市内へ大移動します

毎日アミノバイタルとコラーゲンペプチドの栄養ドリンクを飲んでがんばってます!あたし

【2016/05/10 10:28】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ろび
行った 行った。
去年、出雲大社から萩への途中で寄りましたがね。
って そこまで行きながら・・・・
大山に登らず! (T_T)
必ず また行きます。 山陰へ


hiro
ろびさま
行った行った~?^^銀山
いがいに駐車場から遠かった・・・

そして、、、惜しかったですね。大山
あの形を見たら登りたくなる山ですわ
ぜひ、晴れの日を狙ってください♪

私も萩津和野、もう一回行きたいなと思ってますん
なんせ、遠いよね。山陰。
そう簡単に何回も行けないから欲張っちゃう


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
行った 行った。
去年、出雲大社から萩への途中で寄りましたがね。
って そこまで行きながら・・・・
大山に登らず! (T_T)
必ず また行きます。 山陰へ
2016/05/10(Tue) 12:59 | URL  | ろび #qIFa0De.[ 編集]
ろびさま
行った行った~?^^銀山
いがいに駐車場から遠かった・・・

そして、、、惜しかったですね。大山
あの形を見たら登りたくなる山ですわ
ぜひ、晴れの日を狙ってください♪

私も萩津和野、もう一回行きたいなと思ってますん
なんせ、遠いよね。山陰。
そう簡単に何回も行けないから欲張っちゃう
2016/05/11(Wed) 08:46 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック