山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
シラネアオイを見に野反湖にやってきました
野反湖034
クリックで拡大します
今週末はのんびりしよう~という事になっていましたが、またまた早出(はて、どうしてかしら

8時くらいに野反湖に到着しました うわぁ~30年ぶりだよ!
野反湖001

富士見峠の駐車場は登山者専用の大きな駐車場がありまして、トイレもあります
まだ車はまばら・・・


準備をしてシラネアオイを見に行きます
調度見頃の情報があったもんだから。。。。(いや~、、いつか見たいと思ってたのよね)


道路を渡ったところが登山口
野反湖002


看板地図 クリックで拡大します
野反湖 003
シラネアオイの群生は八間山に登る登山口付近にあります



お、、Tさんさっそく何か見つけたようです
野反湖005
見たことがある花があったのでしょうか・・・


足元にはイワカガミ?コイワカガミ?がたくさん
野反湖 006
まだ蕾も多くこれからバンバン咲きそうです



振り返ると
野反湖009
富士見峠(駐車場は左ね)


5分ほど進みますと
野反湖008
さっそく案内版が


そして5分くらいまた進みますと
野反湖014
山の斜面に群生地です


林の奥まで続いており
野反湖020
ロープに沿って歩けます こんなにたくさんあるとは思わなかった~


素敵な色合い
野反湖027
もうね、この日は強風吹き荒れてまして。。
撮るのに一苦労 みんなあっちこっち向いちゃって・・・


この群落は地元の方がボランティアで苗を育て、子供達が植えたものなんですって
8万株もあるそうで・・・
地元の方の活動でこんなに素敵な花が見れてありがたい^^
野反湖028


欲が出てくると・・・
はぁ~。。山の中で天然のやつが見たいな~となるわけです
野反湖 031
日本固有種ってやっぱり魅力だわ^^


鑑賞を済ませ、来た道を分岐まで戻りました

まだ時間も早いので、八間山に行こうか、、
でも風強いし、、、
だるいし。。。
眠いし。。。
などと、いろいろ思い浮かべますが


いつもの通り出発します
野反湖045
登山道の左右にはナエバキスミレがあちこちに群落になっています


思わぬ出会いに得した気分♪
野反湖 042

歩いては足を止め、写真を撮りながらの歩でした

時折強風が吹いていきますが

陽射しが強く、汗だくなので、私達には心地よい風になってます


登山口から400m 坂道を登るとイカイワの肩
野反湖047


肩と名の付くところは比較的傾らか
野反湖049
ちょっと平らになってますがまだ道は尾根つたいに続いてます


振り返って 一番左に草津の温泉街が見えていました
のぞりこ048
白根山の山並みと横手山(去年、パンを買ったっけ・・・)


途中、シャクナゲが咲いていました
野反湖052
まだ蕾もありそう(ちょとー!お尻ジャマだって せっかくのシャクナゲにピントが合ってない)


ぐぐっと登ってイカイワの頭
野反湖055
薄いけど、イカイワの頭って書いてある


お!あそこらへんが山頂か?(イカイワの頭より)
野反湖 054
笹原の道で傾らかそうに見えるけど、、、あれ、けっこう急じゃない?


見た目は気持ちよさそうな道ですが
野反湖057
これが最後、急坂になるのよ
それに、暑いのなんのって!
下界は30度くらいになるって言ってたしね


半ばバテぎみの自分に、ガンバレ!あたしー!(心の中で)
野反湖058
フモトスミレは他の草にまみれても元気いっぱい
キジムシロは可愛らしい黄色で、この二つの花がずーっと続いています(ホント、花が絶えることがない道です)


ずーっと下を向きっぱなし^^;
野反湖062
暑いので


登りきるとちょっと平ら
野反湖064


木陰に
野反湖 063
ヒメイチゲ
これもいっぱい咲いてました

なんだか、、この山、花の百名山にしたいくらい(大袈裟かしら^^;)
時期的なのか登山道に花が絶えません
暑い中、登れたのはお花達のおかげ


そして、着きましたー!
野反湖075


本日も私、登場します
野反湖081
今日はシラネアオイに合わせてピンクで


山頂は笹に覆われていまして、立たないと展望が望めません

しばらくすると2~3組のグループが到着しましたが、これから白砂~とか、もう下山~とかで、静かな山頂になりました


これ、岩菅山かしら
野反湖084
大きな山で気になりました


真ん中の一番高い山が白砂山
野反湖085
あれ~、、すんごい遠いよ いくつもUPDOWNしてるし・・・・
もし登るなら、野反湖の北側登山口からだな・・・・


暑いので、遠くの山並みもモヤ~っとしています
うっすらって感じ


一通り展望を見たら休憩
のぞりこ  086
(後ろの建物は避難小屋みたいだけど、、、朽ちてます)


おやつで休憩するも、、、暑い^^;(フルーツゼリーの凍らせたの持ってくれば良かった)

山頂は登山口付近の稜線より風が無いみたい


もう少しゆっくりしたかったけど、暑いので下ります
のぞりこ089
下りも元気いっぱいに?!

富士見峠登山口7:50―シラネアオイ鑑賞―分岐8:35―(休憩)―9:21イカイワの頭―9:50山頂10:43―11:21登山口

八間山、思っていた以上にたくさんのお花があって、山頂に行ってよかったな



下山後は野反湖のキャンプ場があるビジターセンターの方に行ってみました

小さい頃、ここで親戚達とキャンプをしたことがあって(ある夏の日)

バンガローに泊まった覚えが・・・・ クリックで拡大します
のぞりこ090-PANO
湖側を向いた右側のバンガローなんか、と~っても景色がよさそう


フリーサイトのテン場もあって品物、貸出もビジターセンターに一通りあるし
のぞりこ093
静かだったらいいかもね^^なにより、星がきれいだよね☆彡



野反湖を後にしまして・・・

今日はゆ~っくり四万温泉のお湯に浸かります
積善館102
そう!今日はのんびりゆっくりしようはコレなのです

赤い橋と湯屋造りが目印の積善館


四万温泉は湯量が豊富なのでどこも源泉かけ流し
積善館101
温泉三昧してきました

湯船からドバ~っと溢れるお湯を見て贅沢~♪と一言

風呂あがりの一杯
あたし、この為に生きてる~^^


↓元禄風呂に繋がる廊下 壁からも温泉が滲み出てるのよ
  夜になると、ピチャンと音が響く雰囲気のあるトンネル
積善館 099
                 国の登録有形文化財本館の建物から赤い橋を↑



お酒が進む(いや、、進んだ・・・)お料理たち
sekizennkann107.jpg
なぜに、ローソク5本?
お祝いしてもらいました^^


次の日につづく


追記を閉じる▲
今週末はのんびりしよう~という事になっていましたが、またまた早出(はて、どうしてかしら

8時くらいに野反湖に到着しました うわぁ~30年ぶりだよ!
野反湖001

富士見峠の駐車場は登山者専用の大きな駐車場がありまして、トイレもあります
まだ車はまばら・・・


準備をしてシラネアオイを見に行きます
調度見頃の情報があったもんだから。。。。(いや~、、いつか見たいと思ってたのよね)


道路を渡ったところが登山口
野反湖002


看板地図 クリックで拡大します
野反湖 003
シラネアオイの群生は八間山に登る登山口付近にあります



お、、Tさんさっそく何か見つけたようです
野反湖005
見たことがある花があったのでしょうか・・・


足元にはイワカガミ?コイワカガミ?がたくさん
野反湖 006
まだ蕾も多くこれからバンバン咲きそうです



振り返ると
野反湖009
富士見峠(駐車場は左ね)


5分ほど進みますと
野反湖008
さっそく案内版が


そして5分くらいまた進みますと
野反湖014
山の斜面に群生地です


林の奥まで続いており
野反湖020
ロープに沿って歩けます こんなにたくさんあるとは思わなかった~


素敵な色合い
野反湖027
もうね、この日は強風吹き荒れてまして。。
撮るのに一苦労 みんなあっちこっち向いちゃって・・・


この群落は地元の方がボランティアで苗を育て、子供達が植えたものなんですって
8万株もあるそうで・・・
地元の方の活動でこんなに素敵な花が見れてありがたい^^
野反湖028


欲が出てくると・・・
はぁ~。。山の中で天然のやつが見たいな~となるわけです
野反湖 031
日本固有種ってやっぱり魅力だわ^^


鑑賞を済ませ、来た道を分岐まで戻りました

まだ時間も早いので、八間山に行こうか、、
でも風強いし、、、
だるいし。。。
眠いし。。。
などと、いろいろ思い浮かべますが


いつもの通り出発します
野反湖045
登山道の左右にはナエバキスミレがあちこちに群落になっています


思わぬ出会いに得した気分♪
野反湖 042

歩いては足を止め、写真を撮りながらの歩でした

時折強風が吹いていきますが

陽射しが強く、汗だくなので、私達には心地よい風になってます


登山口から400m 坂道を登るとイカイワの肩
野反湖047


肩と名の付くところは比較的傾らか
野反湖049
ちょっと平らになってますがまだ道は尾根つたいに続いてます


振り返って 一番左に草津の温泉街が見えていました
のぞりこ048
白根山の山並みと横手山(去年、パンを買ったっけ・・・)


途中、シャクナゲが咲いていました
野反湖052
まだ蕾もありそう(ちょとー!お尻ジャマだって せっかくのシャクナゲにピントが合ってない)


ぐぐっと登ってイカイワの頭
野反湖055
薄いけど、イカイワの頭って書いてある


お!あそこらへんが山頂か?(イカイワの頭より)
野反湖 054
笹原の道で傾らかそうに見えるけど、、、あれ、けっこう急じゃない?


見た目は気持ちよさそうな道ですが
野反湖057
これが最後、急坂になるのよ
それに、暑いのなんのって!
下界は30度くらいになるって言ってたしね


半ばバテぎみの自分に、ガンバレ!あたしー!(心の中で)
野反湖058
フモトスミレは他の草にまみれても元気いっぱい
キジムシロは可愛らしい黄色で、この二つの花がずーっと続いています(ホント、花が絶えることがない道です)


ずーっと下を向きっぱなし^^;
野反湖062
暑いので


登りきるとちょっと平ら
野反湖064


木陰に
野反湖 063
ヒメイチゲ
これもいっぱい咲いてました

なんだか、、この山、花の百名山にしたいくらい(大袈裟かしら^^;)
時期的なのか登山道に花が絶えません
暑い中、登れたのはお花達のおかげ


そして、着きましたー!
野反湖075


本日も私、登場します
野反湖081
今日はシラネアオイに合わせてピンクで


山頂は笹に覆われていまして、立たないと展望が望めません

しばらくすると2~3組のグループが到着しましたが、これから白砂~とか、もう下山~とかで、静かな山頂になりました


これ、岩菅山かしら
野反湖084
大きな山で気になりました


真ん中の一番高い山が白砂山
野反湖085
あれ~、、すんごい遠いよ いくつもUPDOWNしてるし・・・・
もし登るなら、野反湖の北側登山口からだな・・・・


暑いので、遠くの山並みもモヤ~っとしています
うっすらって感じ


一通り展望を見たら休憩
のぞりこ  086
(後ろの建物は避難小屋みたいだけど、、、朽ちてます)


おやつで休憩するも、、、暑い^^;(フルーツゼリーの凍らせたの持ってくれば良かった)

山頂は登山口付近の稜線より風が無いみたい


もう少しゆっくりしたかったけど、暑いので下ります
のぞりこ089
下りも元気いっぱいに?!

富士見峠登山口7:50―シラネアオイ鑑賞―分岐8:35―(休憩)―9:21イカイワの頭―9:50山頂10:43―11:21登山口

八間山、思っていた以上にたくさんのお花があって、山頂に行ってよかったな



下山後は野反湖のキャンプ場があるビジターセンターの方に行ってみました

小さい頃、ここで親戚達とキャンプをしたことがあって(ある夏の日)

バンガローに泊まった覚えが・・・・ クリックで拡大します
のぞりこ090-PANO
湖側を向いた右側のバンガローなんか、と~っても景色がよさそう


フリーサイトのテン場もあって品物、貸出もビジターセンターに一通りあるし
のぞりこ093
静かだったらいいかもね^^なにより、星がきれいだよね☆彡



野反湖を後にしまして・・・

今日はゆ~っくり四万温泉のお湯に浸かります
積善館102
そう!今日はのんびりゆっくりしようはコレなのです

赤い橋と湯屋造りが目印の積善館


四万温泉は湯量が豊富なのでどこも源泉かけ流し
積善館101
温泉三昧してきました

湯船からドバ~っと溢れるお湯を見て贅沢~♪と一言

風呂あがりの一杯
あたし、この為に生きてる~^^


↓元禄風呂に繋がる廊下 壁からも温泉が滲み出てるのよ
  夜になると、ピチャンと音が響く雰囲気のあるトンネル
積善館 099
                 国の登録有形文化財本館の建物から赤い橋を↑



お酒が進む(いや、、進んだ・・・)お料理たち
sekizennkann107.jpg
なぜに、ローソク5本?
お祝いしてもらいました^^


次の日につづく

【2016/05/24 09:28】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
八間山のシラネアオイは知らなかったよ~
白砂山の方かと思ってた。
いいタイミングで会えたね~スミレもかわいいし。

ひろちゃんのレポチェックしとけば、素敵な温泉もワンセットだから、
とっても参考になるよ~老後の楽しみにしておきます。


hiro
ぜいぜいさま
シラネアオイ、何年か前に知っていつかは!と思ってたんのですよ。でも花の命は短くて・・・なかなかタイミングがね^^;
白砂山に行けば、天然も見れるけど、、それもまたタイミングですもんね。そう考えると、お山での花との出会いは偶然という一言に尽きます
ここは登山口から10分程度で行けるから、お得感がありました^^
ぜぜさん、足大丈夫でしょうか・・温泉療養かな~・・・

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
八間山のシラネアオイは知らなかったよ~
白砂山の方かと思ってた。
いいタイミングで会えたね~スミレもかわいいし。

ひろちゃんのレポチェックしとけば、素敵な温泉もワンセットだから、
とっても参考になるよ~老後の楽しみにしておきます。
2016/05/25(Wed) 09:12 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
ぜいぜいさま
シラネアオイ、何年か前に知っていつかは!と思ってたんのですよ。でも花の命は短くて・・・なかなかタイミングがね^^;
白砂山に行けば、天然も見れるけど、、それもまたタイミングですもんね。そう考えると、お山での花との出会いは偶然という一言に尽きます
ここは登山口から10分程度で行けるから、お得感がありました^^
ぜぜさん、足大丈夫でしょうか・・温泉療養かな~・・・
2016/05/25(Wed) 10:00 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック