山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
木曜の夜、よなよな出発です

今年初のアルプスへの山旅
道の駅 松川にて車中泊(涼しくてよく眠れたわ~関東と大違い)

そのまま扇沢へGO!

扇沢の舗装駐車場は全部有料になったのね(1日1000円)

道路を挟んだその下の砂利駐が無料になってました

そして、立山黒部アルペンルートの料金、JAF割が無くなってたー
(もう残念の二連発ですわ)


雨は上がったけど、いまいちな天気の中、トロリーバスに乗って黒部ダムへ
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 001
山の景色はガスのなか・・・

いつものように、ケーブルカー、ロープウエイ、トロリーバスと乗り継いで

室堂に到着するもやはり、周りはガスの中

雷鳥さん居ないかな~・・・見たいな~と歩いて(←でもいなかった・・・・)

黒部~雷鳥沢~奥大日岳 015
みくりが池もどんより色です


てくてく歩いて雷鳥平が見えてきた!
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 021
いつもながら・・・上からの景色は眺めがいいけど、、
これを帰りに登るかと思うと気が重い・・・・
けど、今は考えるのをやめよう~^^;


こちらもどんより雷鳥平
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 024-PANO
クリックで拡大します


私の今日の宿泊地

ここでテント泊です

同行者Tさんは剱岳に登る為に剱沢にテント泊!

いってらっしゃーい!気をつけるのだよー!この先は雷鳥坂のモーレツな登り
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 028
手~離しちゃダメだぞー

私も剱岳行きたい・・・
けど、今日はガマン
剱沢までテントを担いで行く自信がないわ・・・


・・・・・・


Tさんを見送った後、私もテント張ってポツン

平日なのでガラガラ
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 034
時折、日差しもあって青空もありますが、稜線は見えない感じ


まだお昼すぎなので、時間が十分あります

のんびり、まったり・・・・

てくてく歩いて「ロッジ立山」の温泉に浸かりにいきます
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 038
激登りになる手前から分岐するので、この道もいい散策路♪


一番風呂かしら

ロッジの中にお客は居ない感じ

脱衣所から内湯と露天の扉が二つ

内湯は透明

露天は地獄谷の灰色がかったお湯(掻き回すとドロ浮いてくる感じ^^;)

両方源泉かけ流しでダバダバ出てました

内湯から網戸越しにパシャリ↓
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 040-COLLAGE
左下は露天
一人しか入れないバスタブ設置しただけの浴槽^^;

この景色を見ながらお風呂貸切でのんびりです

冷たい秋風がこれまた気持いいのよ~

温泉のシーズン到来ですわ^^


気持ちいいけど、30分も入れば、もうお腹いっぱい(けっこう熱い温度なのよね)



お風呂上がりは
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 044
スーパードライってとこが・・・だけど、喉を潤す!

これまたここで30分くらい風に当たりクールダウン

散策路を写真を取りながら、とぼとぼ・・・テン場へ
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 046-COLLAGE
お花は無いのよ~もう秋色

テン場に帰り、周辺を散策したり(すぐ終了しちゃったけどね)、お昼寝したり、ごはんを食べたりしてゴロゴロ過ごしました


夕方18:30くらい山にかかっていたガスが上がり、稜線まで見える
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 056
明日は晴れてね~

夜中、満点の星空

あ~・・・久々だ~!

Zzzzz・・・・


テントの一晩はとても寒く、背中からゾクゾクくる感じでした(銀マットも敷いているのにね)
ダウン、合羽等、全部着込んで寝るけど寒い!(今回に限ってシュラフカバーを持ってこなかった事に後悔)
もう寝れん(>_<)
夜中からは頭痛も出てきて最悪な朝を迎えました

それでも、朝食はがんばって摂って頭痛薬を飲んでしばらく寝たみたい・・・・・

起きた時は頭痛も治まり、外を見ると大快晴!

こりゃ~私も行動をしないと
(いや~。。頭痛が続いてたら今日もダラダラかしら・・・なんて・・こんな快晴にもったいない)



アタックザックにおやつと水を詰めて元気よく出発!
 
昨日Tさんが渡った橋を私も渡り

雷鳥坂への分岐を真っすぐすすむと

木道トコトコ ↓の新室堂乗越まで登ります
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 057
お花の頃は楽園だろうね~
最後はジグザクの岩ころを登って稜線に出ると


ババーンと目指す奥大日岳(ちょっと遠いなぁ・・・^^;)
奥大日DSC_0230
テン場からも見えるけど、ここからの奥大日の景色もいい~^^


振り返るとババーンと立山
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 068-PANO
クリックで拡大します

いいね~!!いいね~!めちゃくちゃテンションあがりました!

そして・・

ちょこっと剱!
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 073
剱が稜線を歩いているとどんどん見えてくるのよ!


稜線に出ると多少のUPDOWNはあるものの歩きやすい道
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 076
道が見える 最後の登りはきつそうだけど・・・


これ道標だけど黒文字が消えて見えない・・・
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 077
室堂乗越って書いてある(よ~く見なきゃホントわからんよ)
この稜線の道標、すべて字が消えてました
よ~く見なきゃ見えない物ばかり^^;


ここら辺から剱岳の姿が美しく見えてきます

どこで休憩とってもバッチリなベストポジションがいっぱい


あ、、リンドウ
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 079
今までお花が無かったのに、この株だけ妙に美しく咲いていました
(チングルマなんかフワフワの果穂を通り越してホネホネだしさー)


道はピークを巻いてトラバース
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 088


左を向くと立山高原道路
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 089
その向こうに薬師!でっかい!
あれ?笠に槍も見えてるんじゃないの~

もうね、右見て左見て、バックの剱見て忙しい!

登山客のあいさつは「今日はいい景色ですね」がほとんど!


なかなか、奥大日岳には着かないな・・・と歩いて

途中、下山の人にどこが山頂?と尋ねると

ここからだと、山頂はまだ見えないらしい

でも、この稜線から見る剱岳と奥大日岳から見る剱岳は断然違いますよ!だって!

なんたって、剱の真正面

楽しみにしてくださいと言われました


ホント楽しみだよ~^^

↓の白山も見えて
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 090
左の中大日岳 右の大日岳も見え始め
もうね、、この最後の坂がきっついの!だけど、山頂からの景色を楽しみに・・・


登りきって平になったら、いよいよ山頂へ
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 094
あの先か?


ばんざーい^^(山頂にいたトレランさんに撮ってもらいました)
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 103
ね、、剱が真正面でしょ


剱の左後ろには白馬岳 右後ろは五竜岳?
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 111
真正面に剱を見ておやつタイム

Tさんも無事登頂できたかな・・今登ってるかな(この時はもうとっくに下山路だったらしい


トレランさんも居なくなり、山頂は私一人になりました


左を向くと日本海と稲穂が黄色に色づいた平野が見えました
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 112


大日岳方面
奥大日DSC_0242
中大日と大日岳の間に大日小屋も見えています
ここからの景色は初めて~


薬師岳に乗鞍、笠ヶ岳に水晶、槍、雲の平
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 113

写真を撮ったり、ボケっとしたりして

やっぱり、剱の写真が一番多い
奥大日DSC_0245



時間なので下山です(もう少し居たかったけど、なんせ出発が遅かったもんで^^;)
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 124


剱を見ながら
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 133
この辺の稜線は平坦で楽ちん
トコトコ雷鳥平に戻りました



雷鳥平ではコーヒー飲んで余り物のおやつを食べてまったりしながら・・・・
テントの片付けもして剱から帰ってくるTさんを待って


扇沢へと向かいました

駐車場では「ハサイダー」で剱登頂おめでとー!の乾杯

無事今回の山旅を終えたのでした




9/9 室堂10:11―10:57雷鳥平(泊)

9/10 雷鳥平7:43―8:10新室堂乗越―8:28室堂乗越8:30―9:01休憩眺めがいいところ9:07―9:38奥大日岳10:04―10:36室堂乗越10:46―11:25新室堂乗越―11:45雷鳥平14:30―15:24室堂





追記を閉じる▲
道の駅 松川にて車中泊(涼しくてよく眠れたわ~関東と大違い)

そのまま扇沢へGO!

扇沢の舗装駐車場は全部有料になったのね(1日1000円)

道路を挟んだその下の砂利駐が無料になってました

そして、立山黒部アルペンルートの料金、JAF割が無くなってたー
(もう残念の二連発ですわ)


雨は上がったけど、いまいちな天気の中、トロリーバスに乗って黒部ダムへ
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 001
山の景色はガスのなか・・・

いつものように、ケーブルカー、ロープウエイ、トロリーバスと乗り継いで

室堂に到着するもやはり、周りはガスの中

雷鳥さん居ないかな~・・・見たいな~と歩いて(←でもいなかった・・・・)

黒部~雷鳥沢~奥大日岳 015
みくりが池もどんより色です


てくてく歩いて雷鳥平が見えてきた!
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 021
いつもながら・・・上からの景色は眺めがいいけど、、
これを帰りに登るかと思うと気が重い・・・・
けど、今は考えるのをやめよう~^^;


こちらもどんより雷鳥平
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 024-PANO
クリックで拡大します


私の今日の宿泊地

ここでテント泊です

同行者Tさんは剱岳に登る為に剱沢にテント泊!

いってらっしゃーい!気をつけるのだよー!この先は雷鳥坂のモーレツな登り
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 028
手~離しちゃダメだぞー

私も剱岳行きたい・・・
けど、今日はガマン
剱沢までテントを担いで行く自信がないわ・・・


・・・・・・


Tさんを見送った後、私もテント張ってポツン

平日なのでガラガラ
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 034
時折、日差しもあって青空もありますが、稜線は見えない感じ


まだお昼すぎなので、時間が十分あります

のんびり、まったり・・・・

てくてく歩いて「ロッジ立山」の温泉に浸かりにいきます
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 038
激登りになる手前から分岐するので、この道もいい散策路♪


一番風呂かしら

ロッジの中にお客は居ない感じ

脱衣所から内湯と露天の扉が二つ

内湯は透明

露天は地獄谷の灰色がかったお湯(掻き回すとドロ浮いてくる感じ^^;)

両方源泉かけ流しでダバダバ出てました

内湯から網戸越しにパシャリ↓
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 040-COLLAGE
左下は露天
一人しか入れないバスタブ設置しただけの浴槽^^;

この景色を見ながらお風呂貸切でのんびりです

冷たい秋風がこれまた気持いいのよ~

温泉のシーズン到来ですわ^^


気持ちいいけど、30分も入れば、もうお腹いっぱい(けっこう熱い温度なのよね)



お風呂上がりは
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 044
スーパードライってとこが・・・だけど、喉を潤す!

これまたここで30分くらい風に当たりクールダウン

散策路を写真を取りながら、とぼとぼ・・・テン場へ
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 046-COLLAGE
お花は無いのよ~もう秋色

テン場に帰り、周辺を散策したり(すぐ終了しちゃったけどね)、お昼寝したり、ごはんを食べたりしてゴロゴロ過ごしました


夕方18:30くらい山にかかっていたガスが上がり、稜線まで見える
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 056
明日は晴れてね~

夜中、満点の星空

あ~・・・久々だ~!

Zzzzz・・・・


テントの一晩はとても寒く、背中からゾクゾクくる感じでした(銀マットも敷いているのにね)
ダウン、合羽等、全部着込んで寝るけど寒い!(今回に限ってシュラフカバーを持ってこなかった事に後悔)
もう寝れん(>_<)
夜中からは頭痛も出てきて最悪な朝を迎えました

それでも、朝食はがんばって摂って頭痛薬を飲んでしばらく寝たみたい・・・・・

起きた時は頭痛も治まり、外を見ると大快晴!

こりゃ~私も行動をしないと
(いや~。。頭痛が続いてたら今日もダラダラかしら・・・なんて・・こんな快晴にもったいない)



アタックザックにおやつと水を詰めて元気よく出発!
 
昨日Tさんが渡った橋を私も渡り

雷鳥坂への分岐を真っすぐすすむと

木道トコトコ ↓の新室堂乗越まで登ります
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 057
お花の頃は楽園だろうね~
最後はジグザクの岩ころを登って稜線に出ると


ババーンと目指す奥大日岳(ちょっと遠いなぁ・・・^^;)
奥大日DSC_0230
テン場からも見えるけど、ここからの奥大日の景色もいい~^^


振り返るとババーンと立山
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 068-PANO
クリックで拡大します

いいね~!!いいね~!めちゃくちゃテンションあがりました!

そして・・

ちょこっと剱!
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 073
剱が稜線を歩いているとどんどん見えてくるのよ!


稜線に出ると多少のUPDOWNはあるものの歩きやすい道
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 076
道が見える 最後の登りはきつそうだけど・・・


これ道標だけど黒文字が消えて見えない・・・
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 077
室堂乗越って書いてある(よ~く見なきゃホントわからんよ)
この稜線の道標、すべて字が消えてました
よ~く見なきゃ見えない物ばかり^^;


ここら辺から剱岳の姿が美しく見えてきます

どこで休憩とってもバッチリなベストポジションがいっぱい


あ、、リンドウ
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 079
今までお花が無かったのに、この株だけ妙に美しく咲いていました
(チングルマなんかフワフワの果穂を通り越してホネホネだしさー)


道はピークを巻いてトラバース
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 088


左を向くと立山高原道路
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 089
その向こうに薬師!でっかい!
あれ?笠に槍も見えてるんじゃないの~

もうね、右見て左見て、バックの剱見て忙しい!

登山客のあいさつは「今日はいい景色ですね」がほとんど!


なかなか、奥大日岳には着かないな・・・と歩いて

途中、下山の人にどこが山頂?と尋ねると

ここからだと、山頂はまだ見えないらしい

でも、この稜線から見る剱岳と奥大日岳から見る剱岳は断然違いますよ!だって!

なんたって、剱の真正面

楽しみにしてくださいと言われました


ホント楽しみだよ~^^

↓の白山も見えて
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 090
左の中大日岳 右の大日岳も見え始め
もうね、、この最後の坂がきっついの!だけど、山頂からの景色を楽しみに・・・


登りきって平になったら、いよいよ山頂へ
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 094
あの先か?


ばんざーい^^(山頂にいたトレランさんに撮ってもらいました)
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 103
ね、、剱が真正面でしょ


剱の左後ろには白馬岳 右後ろは五竜岳?
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 111
真正面に剱を見ておやつタイム

Tさんも無事登頂できたかな・・今登ってるかな(この時はもうとっくに下山路だったらしい


トレランさんも居なくなり、山頂は私一人になりました


左を向くと日本海と稲穂が黄色に色づいた平野が見えました
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 112


大日岳方面
奥大日DSC_0242
中大日と大日岳の間に大日小屋も見えています
ここからの景色は初めて~


薬師岳に乗鞍、笠ヶ岳に水晶、槍、雲の平
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 113

写真を撮ったり、ボケっとしたりして

やっぱり、剱の写真が一番多い
奥大日DSC_0245



時間なので下山です(もう少し居たかったけど、なんせ出発が遅かったもんで^^;)
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 124


剱を見ながら
黒部~雷鳥沢~奥大日岳 133
この辺の稜線は平坦で楽ちん
トコトコ雷鳥平に戻りました



雷鳥平ではコーヒー飲んで余り物のおやつを食べてまったりしながら・・・・
テントの片付けもして剱から帰ってくるTさんを待って


扇沢へと向かいました

駐車場では「ハサイダー」で剱登頂おめでとー!の乾杯

無事今回の山旅を終えたのでした




9/9 室堂10:11―10:57雷鳥平(泊)

9/10 雷鳥平7:43―8:10新室堂乗越―8:28室堂乗越8:30―9:01休憩眺めがいいところ9:07―9:38奥大日岳10:04―10:36室堂乗越10:46―11:25新室堂乗越―11:45雷鳥平14:30―15:24室堂




【2016/09/13 11:28】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ROCKY
この時期でも 平日なら・・・・空き空きなんだ?
φ(..)メモメモ
来年 トライしてみようかな・・・・。
こんないいトコ独り占めに近いなんて・・・
うらやまし過ぎる~


ぜいぜい
奥大日、私もいつかは登りたい~と思ってのびのびのお山だよ~
すごい展望ゲットだったね~うらやましすぎるよ。
道の駅松川、うちもよくお世話になります。
朝晩はさすがに長野は涼しいのね。


hiro
ROCKYさま
夏休みが終わったこの時期は紅葉には早すぎる~お花無し~で中途半端だけど、晴れれば空気も澄んで大展望ですよね。
平日はどこも激混みは無いから、最近では泊まりで山に入る時はテン泊でも平日にしてます・・・
今回も50張りくらいだったかな~(←数えてみた^^)


hiro
ぜいぜいさま
ほんとは大日三山の縦走したかったけどね、、、またいつか。
ここの稜線、気持ちよかったよ~。そしてだんだんと見えてくる剱の姿は堂々として格別。

奥大日岳、ちょっとオーバーペースになって今の私には頑張りすぎちゃっていけなかったけど、無事登れました。

松川、静かでいいよね^^夜は20度きってたよ。
私も度々、ここら辺で運転が撃沈しますので利用します。
ようやく関東も朝晩、涼しくなりましたね~

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
この時期でも 平日なら・・・・空き空きなんだ?
φ(..)メモメモ
来年 トライしてみようかな・・・・。
こんないいトコ独り占めに近いなんて・・・
うらやまし過ぎる~
2016/09/13(Tue) 20:14 | URL  | ROCKY #-[ 編集]
奥大日、私もいつかは登りたい~と思ってのびのびのお山だよ~
すごい展望ゲットだったね~うらやましすぎるよ。
道の駅松川、うちもよくお世話になります。
朝晩はさすがに長野は涼しいのね。
2016/09/14(Wed) 08:58 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
ROCKYさま
夏休みが終わったこの時期は紅葉には早すぎる~お花無し~で中途半端だけど、晴れれば空気も澄んで大展望ですよね。
平日はどこも激混みは無いから、最近では泊まりで山に入る時はテン泊でも平日にしてます・・・
今回も50張りくらいだったかな~(←数えてみた^^)
2016/09/14(Wed) 09:11 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
ぜいぜいさま
ほんとは大日三山の縦走したかったけどね、、、またいつか。
ここの稜線、気持ちよかったよ~。そしてだんだんと見えてくる剱の姿は堂々として格別。

奥大日岳、ちょっとオーバーペースになって今の私には頑張りすぎちゃっていけなかったけど、無事登れました。

松川、静かでいいよね^^夜は20度きってたよ。
私も度々、ここら辺で運転が撃沈しますので利用します。
ようやく関東も朝晩、涼しくなりましたね~
2016/09/14(Wed) 09:18 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック