山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
雪が降ったので今日は丹沢へ~♪なんて思っていたけど・・
金曜の午後、職場の屋上から丹沢方面をみると、、

雪が溶けてる

西丹の方はまだ積もっているっぽいけど
(駐車場がすぐ埋まるしな~・・・)

塔ノ岳辺りは花立山荘くらいまで溶けてるんじゃ?という感じでした

なので、丹沢はヤメにして

向かうは赤城山


ちょうど高速の駒寄スマートを降りて下道を走ったところで日出

大沼へ向けてぐんぐん登っていくと、アスファルトと雪の交互になりました

もちろん、日陰はアイスバーン


大沼付近は路面にも雪が
おのこ駐車場は雪かきしてありまして

赤城神社は(登山口に近い駐車場は)雪かきなし
26 赤城山 001
こんなんでっせー 今から登る赤城山も見えている
駐車場は一番乗りよ


300mくらい歩いて登山口
26 赤城山 002
しょっぱなから雪だわ

ここから山頂まで急な登りなのよね。。。。
アイゼン無しで行けるところまで行ってみよう~


滑らないように そろりそろりと・・・・今シーズン初の雪山じゃ
26 赤城山 004
足が調度おけるくらいのスペースがあるので案外楽に登れました


息を整えるポイント
26 赤城山 005
うわ~・・・逆さ地蔵岳^^
風がないので、湖面に波なし!
鏡のようです


息を整え、出発し、見上げるような急登を一時間

今度は休憩にしました (黒檜山NO,3)

地蔵岳の左肩には富士山
26 赤城山 008


右肩には南アルプス
26 赤城山 010


八ヶ岳も見えています
26 赤城山 009

雪をかぶった頂きがこんなにいっぱい!
これにはビックリでした(前は見えなかったような・・・・)
以前→http://yamabiyori.blog49.fc2.com/blog-entry-481.html

山頂からの景色に期待が持てます!
よーし、今日も山座同定がんばっちゃうぞ
と、、意気込みます(ホントはあたりをつけて家で確認してんの^^;)

ここまではアイゼンをつけなくても大丈夫でした
この先もつけなくても大丈夫そう・・・
(道の斜度はあんまり変わらないしと勝手な予想)

ですが、明らかに歩くスピードが違います
(後ろから歩いてきたグループはアイゼン付けてガシガシ登ってきて追い越していったし・・・)

結局、私達もここでアイゼン付けました


稜線にでれば・・・あとはこっちのもん♪
26 赤城山 011
楽チン平坦


到着ー!
26 赤城山 012
予想以上に雪があった^^


山頂標識の下に絶景スポットだって!
26 赤城山 013
3年前に来たときはこんな案内は無かったぞー
ということは、、そっち方面は行ってないってことね
赤城山の山頂のイメージは木々に囲まれて視界が無い・・・・なんだけど


同じような平坦な道を進み、右を見ると雲海
26 赤城山 015
霧氷もできていました


更に進むとこの景色
26 赤城山 017
いや~!!!すんごい^^
谷川の山々がバーンと目に入ってきました
やっぱこんな所、知らないわ
初めての景色で感激してます、あたし

景色を堪能しつつ、、カメラにおさめつつ・・・

よ~し、やっちゃいますか~

苗場山から当たりをつけまして・・・・
26 赤城山 024


右へ・・
26 赤城山 025


ちょっとUP
26 赤城山 021
(クリックで拡大します)


そしてこっちは浅間山に当たりをつけ
26 赤城山 030
(クリックで拡大します)
へ~北アルプスが見えるんだ!


その右
26 赤城山 031


猫耳はすぐわかるので
26 赤城山 023

もうね、、雲が無いのよ
この時間に来てラッキーでした



一通り展望を楽しんだら
26 赤城山 037
あたしも撮ってよー!と催促 この景色はあたしの物


そして、今日のランチは(全然時間的には早いけど・・・・)

白湯鍋です 今年初の鍋だねー

材料も白湯鍋に合うように、準備♪

でも、出来上がったのは


キムチ鍋
26 赤城山 039
はて・・・どうちてかしらん
(それは昨夜、白湯鍋の素の袋の中にキムチの素が入ってたのだー
個数だけ確認して肝心な種類は見てなかったの なぜ白湯の袋にキムチが入ってたかは謎???)


もひとつ、、モヤシも忘れた


思わぬ失敗と忘れ物でガッカリしますが、美味しさは上出来^^
たまにはキムチもおいしいわよ
綺麗な景色を見ながらのランチです


このあと稲庭うどんを投入
汁がまだ余っているので、炊き込みご飯のおにぎりやら、、、コンビニのツナマヨおにぎり等を投入
(これがまたマヨネースがキムチの辛さをマイルドにするのよ・・・)

と、、、、後半は景色そっちのけで食べまくったのでした(もう、周りの登山者はちゃっちゃとラーメンすすって下山してるのに)
もう、、お腹いっぱい


そんなこんなで
雲が出てきちゃいました(先に撮っておけばよかった)
26 赤城山 041


あっという間に下からガスが湧いてきました

下山します


下山途中から
26 赤城山 045
ガスの中へ突入


赤城神社駐車場7:35―8:30NO,3 8:41―9:21黒檜山頂10:48―11:55赤城神社駐車場






・・・・山を下って温泉で体を温めることにしました

赤城温泉の湯之沢館へ
赤城温泉は3~4件の小さな集落の集まりで小じんまりとしていました

開湯は1400年とも1600年とも言われ、古い温泉です

湯之沢館も年季が入った感じ^^;湯治宿な雰囲気もあります

内湯と露天がありますが、日帰り時間は内湯が女性用になってました

露天は男性(混浴)

600円で一時間以内でと
(混浴で女性を何時間も待つとんでもない輩がいるんですよねー)

私も露天に入りたいー!と思ったけど(だって、露天の方が景色いいし、泉質もね)

やめときました


内湯で貸切~♪
20161127182533COLLAGE.jpg
左上:なんぞじゃ?ってん感じだけど温泉の投入口です
左下:駐車場から100mくらい歩いて更に下に下りますと玄関
右上:内湯に続く2Fの廊下(みしみし・・・・)
右下:まんまる名月風呂を独り占め~にごりの薄緑

は~、、ここは地元の人くらいしか来なさそうな気がする・・・



まだまだ時間があるので、ちょっと気になっていた藤岡市にある桜山公園の冬桜を見に行きました
26 赤城山 059


もうほとんど秩父に近いのね(こっちの地域に疎いもんで^^;)
26 赤城山 053
コバザクラという種類で冬と春の二度咲きだそうです
幹は梅に似てるかな・・・・


紅葉と冬桜を楽しむことができる公園
26 赤城山 057-COLLAGE
山頂をてっぺんに輪を書くように遊歩道が設けられていてそこに冬桜が植わっていました


桜を見つつ、ほんの20分くらいで山頂へ到着
26 赤城山 065


もう、日没が迫ってきて暗いんです・・・
26 赤城山 068-COLLAGE
もう少し陽があれば紅葉も素晴らしかったでしょう
もみじの絨毯がステキな山頂でした


ちょっと斜面を下ってベンチでおやつタイム
26 赤城山 074
雪と紅葉と・・・・三段染めですわ


いよいよ辺りが薄暗くなってきましたので下山です
26 赤城山 075
ライトアップ開始~
ソメイヨシノの華やかさはないものの、ちょこちょこっと咲く感じはなんとも可愛らしいのです


遊歩道の途中から
26 赤城山 077


麓にある日本庭園
26 赤城山 081


日本庭園のもみじ
26 赤城山 079


この時期に夜桜ですよ
26 赤城山 080-COLLAGE


おしまい


追記を閉じる▲
金曜の午後、職場の屋上から丹沢方面をみると、、

雪が溶けてる

西丹の方はまだ積もっているっぽいけど
(駐車場がすぐ埋まるしな~・・・)

塔ノ岳辺りは花立山荘くらいまで溶けてるんじゃ?という感じでした

なので、丹沢はヤメにして

向かうは赤城山


ちょうど高速の駒寄スマートを降りて下道を走ったところで日出

大沼へ向けてぐんぐん登っていくと、アスファルトと雪の交互になりました

もちろん、日陰はアイスバーン


大沼付近は路面にも雪が
おのこ駐車場は雪かきしてありまして

赤城神社は(登山口に近い駐車場は)雪かきなし
26 赤城山 001
こんなんでっせー 今から登る赤城山も見えている
駐車場は一番乗りよ


300mくらい歩いて登山口
26 赤城山 002
しょっぱなから雪だわ

ここから山頂まで急な登りなのよね。。。。
アイゼン無しで行けるところまで行ってみよう~


滑らないように そろりそろりと・・・・今シーズン初の雪山じゃ
26 赤城山 004
足が調度おけるくらいのスペースがあるので案外楽に登れました


息を整えるポイント
26 赤城山 005
うわ~・・・逆さ地蔵岳^^
風がないので、湖面に波なし!
鏡のようです


息を整え、出発し、見上げるような急登を一時間

今度は休憩にしました (黒檜山NO,3)

地蔵岳の左肩には富士山
26 赤城山 008


右肩には南アルプス
26 赤城山 010


八ヶ岳も見えています
26 赤城山 009

雪をかぶった頂きがこんなにいっぱい!
これにはビックリでした(前は見えなかったような・・・・)
以前→http://yamabiyori.blog49.fc2.com/blog-entry-481.html

山頂からの景色に期待が持てます!
よーし、今日も山座同定がんばっちゃうぞ
と、、意気込みます(ホントはあたりをつけて家で確認してんの^^;)

ここまではアイゼンをつけなくても大丈夫でした
この先もつけなくても大丈夫そう・・・
(道の斜度はあんまり変わらないしと勝手な予想)

ですが、明らかに歩くスピードが違います
(後ろから歩いてきたグループはアイゼン付けてガシガシ登ってきて追い越していったし・・・)

結局、私達もここでアイゼン付けました


稜線にでれば・・・あとはこっちのもん♪
26 赤城山 011
楽チン平坦


到着ー!
26 赤城山 012
予想以上に雪があった^^


山頂標識の下に絶景スポットだって!
26 赤城山 013
3年前に来たときはこんな案内は無かったぞー
ということは、、そっち方面は行ってないってことね
赤城山の山頂のイメージは木々に囲まれて視界が無い・・・・なんだけど


同じような平坦な道を進み、右を見ると雲海
26 赤城山 015
霧氷もできていました


更に進むとこの景色
26 赤城山 017
いや~!!!すんごい^^
谷川の山々がバーンと目に入ってきました
やっぱこんな所、知らないわ
初めての景色で感激してます、あたし

景色を堪能しつつ、、カメラにおさめつつ・・・

よ~し、やっちゃいますか~

苗場山から当たりをつけまして・・・・
26 赤城山 024


右へ・・
26 赤城山 025


ちょっとUP
26 赤城山 021
(クリックで拡大します)


そしてこっちは浅間山に当たりをつけ
26 赤城山 030
(クリックで拡大します)
へ~北アルプスが見えるんだ!


その右
26 赤城山 031


猫耳はすぐわかるので
26 赤城山 023

もうね、、雲が無いのよ
この時間に来てラッキーでした



一通り展望を楽しんだら
26 赤城山 037
あたしも撮ってよー!と催促 この景色はあたしの物


そして、今日のランチは(全然時間的には早いけど・・・・)

白湯鍋です 今年初の鍋だねー

材料も白湯鍋に合うように、準備♪

でも、出来上がったのは


キムチ鍋
26 赤城山 039
はて・・・どうちてかしらん
(それは昨夜、白湯鍋の素の袋の中にキムチの素が入ってたのだー
個数だけ確認して肝心な種類は見てなかったの なぜ白湯の袋にキムチが入ってたかは謎???)


もひとつ、、モヤシも忘れた


思わぬ失敗と忘れ物でガッカリしますが、美味しさは上出来^^
たまにはキムチもおいしいわよ
綺麗な景色を見ながらのランチです


このあと稲庭うどんを投入
汁がまだ余っているので、炊き込みご飯のおにぎりやら、、、コンビニのツナマヨおにぎり等を投入
(これがまたマヨネースがキムチの辛さをマイルドにするのよ・・・)

と、、、、後半は景色そっちのけで食べまくったのでした(もう、周りの登山者はちゃっちゃとラーメンすすって下山してるのに)
もう、、お腹いっぱい


そんなこんなで
雲が出てきちゃいました(先に撮っておけばよかった)
26 赤城山 041


あっという間に下からガスが湧いてきました

下山します


下山途中から
26 赤城山 045
ガスの中へ突入


赤城神社駐車場7:35―8:30NO,3 8:41―9:21黒檜山頂10:48―11:55赤城神社駐車場






・・・・山を下って温泉で体を温めることにしました

赤城温泉の湯之沢館へ
赤城温泉は3~4件の小さな集落の集まりで小じんまりとしていました

開湯は1400年とも1600年とも言われ、古い温泉です

湯之沢館も年季が入った感じ^^;湯治宿な雰囲気もあります

内湯と露天がありますが、日帰り時間は内湯が女性用になってました

露天は男性(混浴)

600円で一時間以内でと
(混浴で女性を何時間も待つとんでもない輩がいるんですよねー)

私も露天に入りたいー!と思ったけど(だって、露天の方が景色いいし、泉質もね)

やめときました


内湯で貸切~♪
20161127182533COLLAGE.jpg
左上:なんぞじゃ?ってん感じだけど温泉の投入口です
左下:駐車場から100mくらい歩いて更に下に下りますと玄関
右上:内湯に続く2Fの廊下(みしみし・・・・)
右下:まんまる名月風呂を独り占め~にごりの薄緑

は~、、ここは地元の人くらいしか来なさそうな気がする・・・



まだまだ時間があるので、ちょっと気になっていた藤岡市にある桜山公園の冬桜を見に行きました
26 赤城山 059


もうほとんど秩父に近いのね(こっちの地域に疎いもんで^^;)
26 赤城山 053
コバザクラという種類で冬と春の二度咲きだそうです
幹は梅に似てるかな・・・・


紅葉と冬桜を楽しむことができる公園
26 赤城山 057-COLLAGE
山頂をてっぺんに輪を書くように遊歩道が設けられていてそこに冬桜が植わっていました


桜を見つつ、ほんの20分くらいで山頂へ到着
26 赤城山 065


もう、日没が迫ってきて暗いんです・・・
26 赤城山 068-COLLAGE
もう少し陽があれば紅葉も素晴らしかったでしょう
もみじの絨毯がステキな山頂でした


ちょっと斜面を下ってベンチでおやつタイム
26 赤城山 074
雪と紅葉と・・・・三段染めですわ


いよいよ辺りが薄暗くなってきましたので下山です
26 赤城山 075
ライトアップ開始~
ソメイヨシノの華やかさはないものの、ちょこちょこっと咲く感じはなんとも可愛らしいのです


遊歩道の途中から
26 赤城山 077


麓にある日本庭園
26 赤城山 081


日本庭園のもみじ
26 赤城山 079


この時期に夜桜ですよ
26 赤城山 080-COLLAGE


おしまい

【2016/11/28 17:24】 | 山の記録
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック