山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
今年もまた樹氷を見に山形へ
三年連続の樹氷見物です

茅ヶ崎を三時半頃出発
またまた寒波の週末です

東北道をひた走り、栃木に入ると雪が降ってきました

路面はシャーベット状(こわかったよ~)

安達太良SAで運転手交代(撃沈しました


山形道に入ると雪も本格的に深くなります
この光景も三回目
ここで雪の量がだいぶ変わるのを今年も感じます


予定通り9時には山形蔵王に到着

インターからすぐの西蔵王高原ラインに入りまして西蔵王牧場を目指し

ゲート前に車を止めます

5~6台でいっぱいだと思う
蔵王~霧降高原 001
先行者は仙台ナンバーの4人組
(うれしい~トレースを期待しちゃいます)



最初からスノーシューつけてスタート!
蔵王~霧降高原 002


牧場の中をてくてく
蔵王~霧降高原 003
ここは道路の上なのでしょうか・・・両際に杭がうってあります


小雪がチラチラ舞うグレーの世界
蔵王~霧降高原 007
でも今日のあたしはカラフルよん♪
ヒップソリを買いましたの


左側に入っていくと乳母神コースの分岐がありました(うがい場)
蔵王~霧降高原 012
でも乳母神コースには行きません(トレース無でした)
赤→の方の沢へ


ここから牧場を離れ山に入っていきます

左手は沢です
蔵王~霧降高原 014
こんな堤防を右から越えます(H26度産だそうです 書いてありました)


もう一つ堤防を越えたら平になっていました
ここで休憩していた先行者に追いつきます
私達も休憩


ここから山道が急になりました
蔵王~霧降高原 016
谷も深くなっています 雪も深い・・・・

まもなくすると先行者に追いつき、先を行くことになりました
(今まで楽させてもらいましたー)

踏み跡らしき窪みはあるものの、新雪なので難儀です
(Tさんがね・・・・私はまたまた楽させてもらいました)
蔵王~霧降高原 018
ちょっとスノーシューだときつい場所も

雪が更に深くなったら・・・・

前方に見えた?!
蔵王~霧降高原 020



おお~!着いたで~!
蔵王~霧降高原 022


さっそく滝壺の下へ
蔵王~霧降高原 024


Tさんは滝の左からアプローチ

私は右からアプローチするも

最後の2mが急で進めません
蔵王~霧降高原 025
あと少しで滝の裏に周れるのにー!↑あと2mを残して断念

ここはスノーシューを外してツボ足でよかった^^;

登れないーと急坂でジタバタしているとTさんが左ルートを開拓した模様

降りて私も左に階段を付けていきます

最後、滝が凍った上に雪がうっすら乗っているので怖いですがスノーシューの歯がよく効きました


登って滝の横
蔵王~霧降高原 028


滝の裏から上を見る^^
蔵王~霧降高原 029


天井から剣のように下がった氷柱
蔵王~霧降高原 031
ここまで鋭いのは初めて見たわ


お不動さまがいらっしゃいます
蔵王~霧降高原 034
氷瀑にまじって氷筍も見えていました

滝の裏から撮ってますが、ここの足場、2人もいればいっぱい

ましてスノーシューなんてデカ足なもんだから、身動きが取れなくて^^;


そうこうしているうちに、仙台の4人組も到着
蔵王~霧降高原 033

尻セードで滝を一回降りて交代します

このころには雪も止んで明るくなってきました

開拓したルートです
蔵王~霧降高原 040
しばらく休憩してもう一回挑戦^^


最後はコレ
蔵王~霧降高原 042
キャッホー!(←怪我するってばさ・・・)


仙台組もエアーボードみたいなので谷の斜面で滑って遊んでいます

後着は地元の方でしょうか(山形弁でしたので)おじ様二人組

おじ様二人組曰く、今年は滝が小さいと

もっと大きくなると言っていました


しばらく休憩して下山

下りは早い!早い!15分くらいで乳母神コースとの分岐まで降りてきました
(行きは50分くらいかかったのにぃ


帰りは牧場の中を突っ切ります
蔵王~霧降高原 053
晴れてきて山形市内の街が見えてます


振り向くと新雪が木々を覆っていました
蔵王~霧降高原 056

お昼休憩して(今日はコンビニパン)
牧場の急斜面を探して~^^;


滑り台づくりです

《新雪の滑り台のつくり方》
①急斜面を探す
②スノーシューで小刻みにルート付け
*必ず、直線にルートをつけること!(少しでも曲がると後々引っかかって滑らなくなる)
③お尻の大きい人が滑る(圧雪して更に滑るようにする)
④何回か滑って完成させる

何回か作っているけど、、、ルートから外れて横に曲がって滑らなくなったり・・・と難しいのです^^;


やっぱり、ルートが曲がってるし・・・・
蔵王~霧降高原 062
せっかく買ったヒップソリも数回しか使わず
いつもの銀マットで(だってこっちの方が滑るんだもん)


滑る~
蔵王~霧降高原 059
あーた。。。これじゃ横溝正史の世界だわ^^;


どんどん距離が伸びていき・・・・
蔵王~霧降高原 065
豆粒・・・・


散々汗を掻いたので帰ることにします

遊んだ牧場の雪原
蔵王~霧降高原 075
後ろは瀧山


陽も出てきて雪原とモノトーン
蔵王~霧降高原 076
こういう景色も好きです


新雪を踏んで帰ります
蔵王~霧降高原 077


お疲れ様でしたー
蔵王~霧降高原 078


西蔵王牧場ゲート9:30―10:05うがい場―堤防休憩―10:56大滝11:30―11:46うがい場―11:55牧場の中で休憩12:55―13:10駐車場ゲート


この後は蔵王のメインストリートでお土産やら明日の食材調達して

かみのやま温泉に向かいました


お部屋からは蔵王の山並み
雲の中に熊野岳 瀧山はもっと左かな・・・
蔵王~霧降高原 080-COLLAGE

二年続けてかみのやま温泉


メタケイ酸も豊富で美肌の湯です

調度お風呂から上がったら雲も取れて山並みがはっきりしてきました
蔵王~霧降高原 087


お月様もまん丸
蔵王~霧降高原 092
樹氷のライトアップが始まったようです
山頂駅にも灯がともりました


今日はTさんの誕生会も兼ねて
蔵王~霧降高原 094-COLLAGE
美味しかったです


さて、、明日の天気はどうでしょうか・・・・・・
おやすみなさいZzzz・・爆睡



後日、帰宅して母にかみのやま温泉に泊まったよ~と話したら、昔、職場の旅行で母も、かみのやま温泉に行ったことを聞きました。いいお風呂だったわよ~・・・と(たぶんバブルの頃だな・・・サクランボ狩りだったらしい)
旅館の名前まで覚えていて、、、なんと、偶然にも同じ旅館に泊まったみたい
年数は違えど、こんな遠方で偶然にも同じ所に泊まるなんて・・・ちょっと驚きでした^^


追記を閉じる▲
またまた寒波の週末です

東北道をひた走り、栃木に入ると雪が降ってきました

路面はシャーベット状(こわかったよ~)

安達太良SAで運転手交代(撃沈しました


山形道に入ると雪も本格的に深くなります
この光景も三回目
ここで雪の量がだいぶ変わるのを今年も感じます


予定通り9時には山形蔵王に到着

インターからすぐの西蔵王高原ラインに入りまして西蔵王牧場を目指し

ゲート前に車を止めます

5~6台でいっぱいだと思う
蔵王~霧降高原 001
先行者は仙台ナンバーの4人組
(うれしい~トレースを期待しちゃいます)



最初からスノーシューつけてスタート!
蔵王~霧降高原 002


牧場の中をてくてく
蔵王~霧降高原 003
ここは道路の上なのでしょうか・・・両際に杭がうってあります


小雪がチラチラ舞うグレーの世界
蔵王~霧降高原 007
でも今日のあたしはカラフルよん♪
ヒップソリを買いましたの


左側に入っていくと乳母神コースの分岐がありました(うがい場)
蔵王~霧降高原 012
でも乳母神コースには行きません(トレース無でした)
赤→の方の沢へ


ここから牧場を離れ山に入っていきます

左手は沢です
蔵王~霧降高原 014
こんな堤防を右から越えます(H26度産だそうです 書いてありました)


もう一つ堤防を越えたら平になっていました
ここで休憩していた先行者に追いつきます
私達も休憩


ここから山道が急になりました
蔵王~霧降高原 016
谷も深くなっています 雪も深い・・・・

まもなくすると先行者に追いつき、先を行くことになりました
(今まで楽させてもらいましたー)

踏み跡らしき窪みはあるものの、新雪なので難儀です
(Tさんがね・・・・私はまたまた楽させてもらいました)
蔵王~霧降高原 018
ちょっとスノーシューだときつい場所も

雪が更に深くなったら・・・・

前方に見えた?!
蔵王~霧降高原 020



おお~!着いたで~!
蔵王~霧降高原 022


さっそく滝壺の下へ
蔵王~霧降高原 024


Tさんは滝の左からアプローチ

私は右からアプローチするも

最後の2mが急で進めません
蔵王~霧降高原 025
あと少しで滝の裏に周れるのにー!↑あと2mを残して断念

ここはスノーシューを外してツボ足でよかった^^;

登れないーと急坂でジタバタしているとTさんが左ルートを開拓した模様

降りて私も左に階段を付けていきます

最後、滝が凍った上に雪がうっすら乗っているので怖いですがスノーシューの歯がよく効きました


登って滝の横
蔵王~霧降高原 028


滝の裏から上を見る^^
蔵王~霧降高原 029


天井から剣のように下がった氷柱
蔵王~霧降高原 031
ここまで鋭いのは初めて見たわ


お不動さまがいらっしゃいます
蔵王~霧降高原 034
氷瀑にまじって氷筍も見えていました

滝の裏から撮ってますが、ここの足場、2人もいればいっぱい

ましてスノーシューなんてデカ足なもんだから、身動きが取れなくて^^;


そうこうしているうちに、仙台の4人組も到着
蔵王~霧降高原 033

尻セードで滝を一回降りて交代します

このころには雪も止んで明るくなってきました

開拓したルートです
蔵王~霧降高原 040
しばらく休憩してもう一回挑戦^^


最後はコレ
蔵王~霧降高原 042
キャッホー!(←怪我するってばさ・・・)


仙台組もエアーボードみたいなので谷の斜面で滑って遊んでいます

後着は地元の方でしょうか(山形弁でしたので)おじ様二人組

おじ様二人組曰く、今年は滝が小さいと

もっと大きくなると言っていました


しばらく休憩して下山

下りは早い!早い!15分くらいで乳母神コースとの分岐まで降りてきました
(行きは50分くらいかかったのにぃ


帰りは牧場の中を突っ切ります
蔵王~霧降高原 053
晴れてきて山形市内の街が見えてます


振り向くと新雪が木々を覆っていました
蔵王~霧降高原 056

お昼休憩して(今日はコンビニパン)
牧場の急斜面を探して~^^;


滑り台づくりです

《新雪の滑り台のつくり方》
①急斜面を探す
②スノーシューで小刻みにルート付け
*必ず、直線にルートをつけること!(少しでも曲がると後々引っかかって滑らなくなる)
③お尻の大きい人が滑る(圧雪して更に滑るようにする)
④何回か滑って完成させる

何回か作っているけど、、、ルートから外れて横に曲がって滑らなくなったり・・・と難しいのです^^;


やっぱり、ルートが曲がってるし・・・・
蔵王~霧降高原 062
せっかく買ったヒップソリも数回しか使わず
いつもの銀マットで(だってこっちの方が滑るんだもん)


滑る~
蔵王~霧降高原 059
あーた。。。これじゃ横溝正史の世界だわ^^;


どんどん距離が伸びていき・・・・
蔵王~霧降高原 065
豆粒・・・・


散々汗を掻いたので帰ることにします

遊んだ牧場の雪原
蔵王~霧降高原 075
後ろは瀧山


陽も出てきて雪原とモノトーン
蔵王~霧降高原 076
こういう景色も好きです


新雪を踏んで帰ります
蔵王~霧降高原 077


お疲れ様でしたー
蔵王~霧降高原 078


西蔵王牧場ゲート9:30―10:05うがい場―堤防休憩―10:56大滝11:30―11:46うがい場―11:55牧場の中で休憩12:55―13:10駐車場ゲート


この後は蔵王のメインストリートでお土産やら明日の食材調達して

かみのやま温泉に向かいました


お部屋からは蔵王の山並み
雲の中に熊野岳 瀧山はもっと左かな・・・
蔵王~霧降高原 080-COLLAGE

二年続けてかみのやま温泉


メタケイ酸も豊富で美肌の湯です

調度お風呂から上がったら雲も取れて山並みがはっきりしてきました
蔵王~霧降高原 087


お月様もまん丸
蔵王~霧降高原 092
樹氷のライトアップが始まったようです
山頂駅にも灯がともりました


今日はTさんの誕生会も兼ねて
蔵王~霧降高原 094-COLLAGE
美味しかったです


さて、、明日の天気はどうでしょうか・・・・・・
おやすみなさいZzzz・・爆睡



後日、帰宅して母にかみのやま温泉に泊まったよ~と話したら、昔、職場の旅行で母も、かみのやま温泉に行ったことを聞きました。いいお風呂だったわよ~・・・と(たぶんバブルの頃だな・・・サクランボ狩りだったらしい)
旅館の名前まで覚えていて、、、なんと、偶然にも同じ旅館に泊まったみたい
年数は違えど、こんな遠方で偶然にも同じ所に泊まるなんて・・・ちょっと驚きでした^^

【2017/02/14 10:31】 | 山の記録
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック