山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
上信越道の下仁田ICから下仁田町へ向かいます
鹿岳かな?と思う岩峰がニョキッと目に入ってきました

アカヤシオが有名な西上州の山

下仁田町と南牧村の堺にある山です


下仁田から県道45
そし県道202へ
大塩沢沿いに民家の路地のような道を上がっていくと駐車場がありました


一番乗り~♪
四ツ又山 鹿岳 001
この下にもう一段平らな土地がありました

一ヶ月もこもっていると、、、季節は巡って・・・
周りは新緑です
山桜がまだ茶色の山肌にポツポツと咲いていました


身支度を整え出発です

まずは来た道を戻ります

民家を抜けて
四ツ又山 鹿岳 004


左側に登山の案内看板
四ツ又山 鹿岳 006クリックで拡大します
今日は四ツ又山と鹿岳を周回するのです

ちょっと薄曇りな天気が気にまりますが・・・・

民家の畑を抜け、杉林に入ります

ミツバツツジが満開で咲いていました

足元には
四ツ又山 鹿岳 008
これだけ・・・・
もうスミレの時期は終わった様子です
寂しい山登りとなってます

道は急坂です
杉林を抜けると雑木林に
四ツ又山 鹿岳 011
全然花がないよー・・・・つまんない~と言いながら歩いてます

ジグザク・・・・ジグザク・・・
↑稜線はもう峠

大天狗の峠に到着
四ツ又山 鹿岳 013
下郷にはバッテン×通行止めのようです


一時間近く歩いたので休憩にします
四ツ又山 鹿岳 014
峠で追いついた先行者の二人はすぐに出発していきました


看板は公道並に立派!
四ツ又山 鹿岳 015


大天狗からもつづら折れの急坂
四ツ又山 鹿岳 018
ここら辺からミツバツツジがポロポロ咲いています
(実はね。。。これがアカヤシオだと思ってたの爆 遠目だからね~^^;)


大天狗までもしんどかったけど、、ここもしんどい坂でした

アカヤシオだと思ってたけど、、葉っぱが三つ
四ツ又山 鹿岳 020
それに枝にはいくつもの花

ここら辺の西上州ではアカヤシオのことを"ひとつばな"とも言うそうです
細い1つの枝先に1輪の花を咲かせることからそのように呼ばれると


右手には四ツ又山かな?どっしりしたのが見えてきました
四ツ又山 鹿岳 021


だいぶ平になってきました
四ツ又山 鹿岳 022
ミツバツツジはあれど。。。
アカヤシオがありません
どこら辺から見れるのかしら周りの森の中を探しながら歩いてます


尾根を歩いていると左に鹿岳の岩峰が見えてきました
四ツ又山 鹿岳 023
あれに登るの?登れる気がしれん


北向きに歩いていたのを今度は東向きに尾根を歩くと
四ツ又山 鹿岳 028
山頂分岐に到着 左は鹿岳方面


ここの分岐付近の森の中にアカヤシオがチラホラ見えてきました
(え?なんで分かったかって?だってミツバツツジより花が少し大きくてピンクが可愛らしいんだもん もう違いは遠目でもわかるの)

歩くとどんどんアカヤシオが増えて道いっぱいに!

急坂を登って山頂に到着
四ツ又山 鹿岳 045
こじんまりした山頂です


山頂の周りもアカヤシオに囲まれて
四ツ又山 鹿岳 036
鹿岳とアカヤシオ けっこう大木です


こっちは下仁田の町とか
四ツ又山 鹿岳 039


妙義山とアカヤシオ
四ツ又山 鹿岳 041


撮影大会
四ツ又山 鹿岳 043
展望を楽しむのと休憩を同時にとって次のピークへ向かいます

四ツ又山というからには四つのピークがありまして、石像・石祠があるのです


山頂分岐まで下りまして、次のピークはこれ
四ツ又山 鹿岳 049
烏天狗さんがいらっしゃいます

二つ目のピークから一番最初のピークが見えました
四ツ又山 鹿岳 051
山肌と山頂にアカヤシオが綺麗に見えています

このピークで靴擦れを治していると・・・
Tさんは次のP3ピークへ行った様子


P2ピークを降りるとP3が見えていました
四ツ又山 鹿岳 052
もう、登っとるし^^;

すごく高い岩峰のようだけどP1以外はあっという間に次のピークに到着できます
四ツ又山 鹿岳 053
石像の後ろ姿からP2を振り返る


ここも周りはアカヤシオ
四ツ又山 鹿岳 055


可愛いピンクです
四ツ又山 鹿岳 057
ひとつの枝にひとつの花


最後のピークへはロープとか使っての下り登り
四ツ又山 鹿岳 059


到着です
四ツ又山 鹿岳 060
すご~く展望がいい!はずが
Tさんのお尻が


最後のピークなので鹿岳が近くなってきました
四ッ又山DSC_0517
クリックで拡大します


P4からはかなり急な道を下ります
四ツ又山 鹿岳 068
そこかしこに、ロープありです


そして、悲しいほど下る・・・

足を踏ん張っての下りが続き
一時間ほど下るとようやくマメガタ峠
四ツ又山 鹿岳 069
休憩しました

靴ズレが痛い・・・・久々の山歩きだったからか。。。靴下がいつもと違うからか・・・・
豆の出来損ないが発生

手当をしながら休憩して
ビタミン補給に苺を食べて


急坂を登り始めました

左に杉林を見ながら登って雑木林のつづら折れの急坂を登ると

ミツバツツジが群落になっていました
四ツ又山 鹿岳 072
ミツバツツジもいいね!

そして平坦になった鞍部付近にさしかかると


ここからがすごかった!アカヤシオ
四ツ又山 鹿岳 075

トンネル!
四ツ又山 鹿岳 076

道は楽だし
四ツ又山 鹿岳 077
撮影に夢中です


うわ~!まだまだ続くの~?
四ツ又山 鹿岳 081


右を見ても
鹿岳DSC_0519


左を見ても
鹿岳DSC_0520


アカヤシオ!

そして色が濃い!
周りの木々も見てみると、ようやく咲きそろった感じでした
咲きたては濃いピンク
経過すると徐々に色が薄れてきて、白くなって散る

鹿岳DSC_0521
柔らかいピンクの色に和みます
ね~、、ここはもう通らないよね・・・・

ほんじゃ、思う存分撮らなきゃ!


蜂さんもブンブン♪いってます
四ツ又山 鹿岳 083


歩きながらアカヤシオを追いかけていると

鹿岳の岸峰が迫ってきました
四ツ又山 鹿岳 082
どうやって登るんだろう・・・
ますますもって登れる気がしない・・・


岸峰の下にきました
どうやらぐるっと岩の後ろに回るらしい
四ツ又山 鹿岳 084
先行者がロープにつかまって歩いています

ぐるっと岩をまわると鹿岳の一ノ岳と二ノ岳のコルに到着です
人が一人歩けるほどの尾根でした

そのコルからはロープを使っての登り
反対側の岩肌はけっこう木々が生えているんですね
結構登れるもんだね^^


急坂を上がりきると山頂です
四ツ又山 鹿岳 087
きつかったぜぃ

この山頂の奥にちょっと平坦な場所があったので、そこで休憩にしました

今日のごはんはパンとドライカレーです
四ツ又山 鹿岳 089-COLLAGE
あと凍らせてきたゼリーに水筒には氷水

もうね、、、日差しがあっついの


麓の民家が見えています
四ツ又山 鹿岳 088
荒船山も右側に

のんびりしたいところだけど、、、(実際にはのんびりしましたが^^;)

二ノ岳にも行ってみなくてはなりません


一ノ岳の下り
四ツ又山 鹿岳 092
全体的にこの斜面です 落ちたら真っ逆さま


コルに戻って二ノ岳に続く道も


ロープのお世話になります
四ツ又山 鹿岳 093-COLLAGE
反対側は切れ落ちているので三点支持が必須


途中からさっきの一ノ岳がはっきりと見えてきます
登山道も見えてるし・・・・あんなとこ登ったんだ・・・
四ツ又山 鹿岳 095
クリックで拡大します 赤線の右側が登山道


登りきると山頂です
四ツ又山 鹿岳 099
浅間山が見えています
アカヤシオはチラホラ・・・これからなのかな


山頂は団体さんが多かったので尾根伝にある岩棚に行ってみました
四ツ又山 鹿岳 103


岩は平で休憩スペースがありました
四ツ又山 鹿岳 108
ここでコーヒータイムですわ  ↑高いとこイヤなのに下覗いてるわ


こっちは二ノ岳の山頂
四ツ又山 鹿岳 111


後ろを向くとさっきの一ノ岳と四ツ又山
四ツ又山 鹿岳 113
こう見ると、、、面白い形よね・・・・


岩棚から足をおろして浅間山の方向を見ています
四ツ又山 鹿岳 114
前にはアカヤシオ
同じ木なのに、咲いているものと散っているもの
蕾のものと芽がまだ茶色のもの・・といろいろです
数週間かけてダラダラと咲くのでしょうか


遠くは西上州の山々
四ツ又山 鹿岳 120
細い尾根にさっきの団体さんがいます
おーい!とこちらに手を振ってきますの振り返します^^
ヤッホー!と言われたのでヤッホー!と返します^^

拡大して
四ツ又山 鹿岳 119
どうやらここが高原への降下点らしく、尾根の向こうに団体さんが消えて行きました


私達も下山します

山頂直下ではクラブツーリズムの団体さんがヘルメット被ってハーネス付けて登っています

そこを通してもらって慎重にコルまで降りました


一ノ岳と二ノ岳のコル
四ツ又山 鹿岳 124
ここから下山します

ここも急坂でしたよ
ずーっとつづら折れ

まだあんまり踏み固められてないから、フカフカなのね
もうこの下りでやられましたわ 太腿痛い・・・・


この小屋の間から降りてきました
四ツ又山 鹿岳 127
駐車場まではほんの200mくらいかな
すぐに着きました

駐車場7:00―大久保登山口7:18―分岐7:31―7:58大天狗8:04―8:34四ツ又山山頂8:47―9:37マメガタ峠9:51―コル10:36―10:45一ノ岳山頂11:31―11:53ニノ岳山頂12:31―12:47コル―13:38鹿岳登山口

おしまい

帰りは妙義山のさくらの里に行ったけど駐車場が大混雑で諦め
走る車からのお花見になりました
たくさんの種類が咲いていましたよ
高速にのって「ららん藤岡」の肉の駅で上州牛買って帰ってきました
(ここはお値段も安いし、豚も美味しい なによりフレッシュだからね~)




GW前にどっか歩いておかないとヤバくない?が的中
もう筋繊維ボロボロズタズタでこんなに激しい筋肉痛は久しぶりでした
(だって普通に歩けないのよー階段なんてもってのほか)

歩いておいてよかったです
西上州はあんまり歩いたことがないので、見えている山も?ですが
アカヤシオは可愛らしく綺麗でした(去年は鳴神山で不発でしたからなおさらです)
特徴的な形の四ツ又山と鹿岳、もう遠くからみてもわかるわね


追記を閉じる▲
下仁田から県道45
そし県道202へ
大塩沢沿いに民家の路地のような道を上がっていくと駐車場がありました


一番乗り~♪
四ツ又山 鹿岳 001
この下にもう一段平らな土地がありました

一ヶ月もこもっていると、、、季節は巡って・・・
周りは新緑です
山桜がまだ茶色の山肌にポツポツと咲いていました


身支度を整え出発です

まずは来た道を戻ります

民家を抜けて
四ツ又山 鹿岳 004


左側に登山の案内看板
四ツ又山 鹿岳 006クリックで拡大します
今日は四ツ又山と鹿岳を周回するのです

ちょっと薄曇りな天気が気にまりますが・・・・

民家の畑を抜け、杉林に入ります

ミツバツツジが満開で咲いていました

足元には
四ツ又山 鹿岳 008
これだけ・・・・
もうスミレの時期は終わった様子です
寂しい山登りとなってます

道は急坂です
杉林を抜けると雑木林に
四ツ又山 鹿岳 011
全然花がないよー・・・・つまんない~と言いながら歩いてます

ジグザク・・・・ジグザク・・・
↑稜線はもう峠

大天狗の峠に到着
四ツ又山 鹿岳 013
下郷にはバッテン×通行止めのようです


一時間近く歩いたので休憩にします
四ツ又山 鹿岳 014
峠で追いついた先行者の二人はすぐに出発していきました


看板は公道並に立派!
四ツ又山 鹿岳 015


大天狗からもつづら折れの急坂
四ツ又山 鹿岳 018
ここら辺からミツバツツジがポロポロ咲いています
(実はね。。。これがアカヤシオだと思ってたの爆 遠目だからね~^^;)


大天狗までもしんどかったけど、、ここもしんどい坂でした

アカヤシオだと思ってたけど、、葉っぱが三つ
四ツ又山 鹿岳 020
それに枝にはいくつもの花

ここら辺の西上州ではアカヤシオのことを"ひとつばな"とも言うそうです
細い1つの枝先に1輪の花を咲かせることからそのように呼ばれると


右手には四ツ又山かな?どっしりしたのが見えてきました
四ツ又山 鹿岳 021


だいぶ平になってきました
四ツ又山 鹿岳 022
ミツバツツジはあれど。。。
アカヤシオがありません
どこら辺から見れるのかしら周りの森の中を探しながら歩いてます


尾根を歩いていると左に鹿岳の岩峰が見えてきました
四ツ又山 鹿岳 023
あれに登るの?登れる気がしれん


北向きに歩いていたのを今度は東向きに尾根を歩くと
四ツ又山 鹿岳 028
山頂分岐に到着 左は鹿岳方面


ここの分岐付近の森の中にアカヤシオがチラホラ見えてきました
(え?なんで分かったかって?だってミツバツツジより花が少し大きくてピンクが可愛らしいんだもん もう違いは遠目でもわかるの)

歩くとどんどんアカヤシオが増えて道いっぱいに!

急坂を登って山頂に到着
四ツ又山 鹿岳 045
こじんまりした山頂です


山頂の周りもアカヤシオに囲まれて
四ツ又山 鹿岳 036
鹿岳とアカヤシオ けっこう大木です


こっちは下仁田の町とか
四ツ又山 鹿岳 039


妙義山とアカヤシオ
四ツ又山 鹿岳 041


撮影大会
四ツ又山 鹿岳 043
展望を楽しむのと休憩を同時にとって次のピークへ向かいます

四ツ又山というからには四つのピークがありまして、石像・石祠があるのです


山頂分岐まで下りまして、次のピークはこれ
四ツ又山 鹿岳 049
烏天狗さんがいらっしゃいます

二つ目のピークから一番最初のピークが見えました
四ツ又山 鹿岳 051
山肌と山頂にアカヤシオが綺麗に見えています

このピークで靴擦れを治していると・・・
Tさんは次のP3ピークへ行った様子


P2ピークを降りるとP3が見えていました
四ツ又山 鹿岳 052
もう、登っとるし^^;

すごく高い岩峰のようだけどP1以外はあっという間に次のピークに到着できます
四ツ又山 鹿岳 053
石像の後ろ姿からP2を振り返る


ここも周りはアカヤシオ
四ツ又山 鹿岳 055


可愛いピンクです
四ツ又山 鹿岳 057
ひとつの枝にひとつの花


最後のピークへはロープとか使っての下り登り
四ツ又山 鹿岳 059


到着です
四ツ又山 鹿岳 060
すご~く展望がいい!はずが
Tさんのお尻が


最後のピークなので鹿岳が近くなってきました
四ッ又山DSC_0517
クリックで拡大します


P4からはかなり急な道を下ります
四ツ又山 鹿岳 068
そこかしこに、ロープありです


そして、悲しいほど下る・・・

足を踏ん張っての下りが続き
一時間ほど下るとようやくマメガタ峠
四ツ又山 鹿岳 069
休憩しました

靴ズレが痛い・・・・久々の山歩きだったからか。。。靴下がいつもと違うからか・・・・
豆の出来損ないが発生

手当をしながら休憩して
ビタミン補給に苺を食べて


急坂を登り始めました

左に杉林を見ながら登って雑木林のつづら折れの急坂を登ると

ミツバツツジが群落になっていました
四ツ又山 鹿岳 072
ミツバツツジもいいね!

そして平坦になった鞍部付近にさしかかると


ここからがすごかった!アカヤシオ
四ツ又山 鹿岳 075

トンネル!
四ツ又山 鹿岳 076

道は楽だし
四ツ又山 鹿岳 077
撮影に夢中です


うわ~!まだまだ続くの~?
四ツ又山 鹿岳 081


右を見ても
鹿岳DSC_0519


左を見ても
鹿岳DSC_0520


アカヤシオ!

そして色が濃い!
周りの木々も見てみると、ようやく咲きそろった感じでした
咲きたては濃いピンク
経過すると徐々に色が薄れてきて、白くなって散る

鹿岳DSC_0521
柔らかいピンクの色に和みます
ね~、、ここはもう通らないよね・・・・

ほんじゃ、思う存分撮らなきゃ!


蜂さんもブンブン♪いってます
四ツ又山 鹿岳 083


歩きながらアカヤシオを追いかけていると

鹿岳の岸峰が迫ってきました
四ツ又山 鹿岳 082
どうやって登るんだろう・・・
ますますもって登れる気がしない・・・


岸峰の下にきました
どうやらぐるっと岩の後ろに回るらしい
四ツ又山 鹿岳 084
先行者がロープにつかまって歩いています

ぐるっと岩をまわると鹿岳の一ノ岳と二ノ岳のコルに到着です
人が一人歩けるほどの尾根でした

そのコルからはロープを使っての登り
反対側の岩肌はけっこう木々が生えているんですね
結構登れるもんだね^^


急坂を上がりきると山頂です
四ツ又山 鹿岳 087
きつかったぜぃ

この山頂の奥にちょっと平坦な場所があったので、そこで休憩にしました

今日のごはんはパンとドライカレーです
四ツ又山 鹿岳 089-COLLAGE
あと凍らせてきたゼリーに水筒には氷水

もうね、、、日差しがあっついの


麓の民家が見えています
四ツ又山 鹿岳 088
荒船山も右側に

のんびりしたいところだけど、、、(実際にはのんびりしましたが^^;)

二ノ岳にも行ってみなくてはなりません


一ノ岳の下り
四ツ又山 鹿岳 092
全体的にこの斜面です 落ちたら真っ逆さま


コルに戻って二ノ岳に続く道も


ロープのお世話になります
四ツ又山 鹿岳 093-COLLAGE
反対側は切れ落ちているので三点支持が必須


途中からさっきの一ノ岳がはっきりと見えてきます
登山道も見えてるし・・・・あんなとこ登ったんだ・・・
四ツ又山 鹿岳 095
クリックで拡大します 赤線の右側が登山道


登りきると山頂です
四ツ又山 鹿岳 099
浅間山が見えています
アカヤシオはチラホラ・・・これからなのかな


山頂は団体さんが多かったので尾根伝にある岩棚に行ってみました
四ツ又山 鹿岳 103


岩は平で休憩スペースがありました
四ツ又山 鹿岳 108
ここでコーヒータイムですわ  ↑高いとこイヤなのに下覗いてるわ


こっちは二ノ岳の山頂
四ツ又山 鹿岳 111


後ろを向くとさっきの一ノ岳と四ツ又山
四ツ又山 鹿岳 113
こう見ると、、、面白い形よね・・・・


岩棚から足をおろして浅間山の方向を見ています
四ツ又山 鹿岳 114
前にはアカヤシオ
同じ木なのに、咲いているものと散っているもの
蕾のものと芽がまだ茶色のもの・・といろいろです
数週間かけてダラダラと咲くのでしょうか


遠くは西上州の山々
四ツ又山 鹿岳 120
細い尾根にさっきの団体さんがいます
おーい!とこちらに手を振ってきますの振り返します^^
ヤッホー!と言われたのでヤッホー!と返します^^

拡大して
四ツ又山 鹿岳 119
どうやらここが高原への降下点らしく、尾根の向こうに団体さんが消えて行きました


私達も下山します

山頂直下ではクラブツーリズムの団体さんがヘルメット被ってハーネス付けて登っています

そこを通してもらって慎重にコルまで降りました


一ノ岳と二ノ岳のコル
四ツ又山 鹿岳 124
ここから下山します

ここも急坂でしたよ
ずーっとつづら折れ

まだあんまり踏み固められてないから、フカフカなのね
もうこの下りでやられましたわ 太腿痛い・・・・


この小屋の間から降りてきました
四ツ又山 鹿岳 127
駐車場まではほんの200mくらいかな
すぐに着きました

駐車場7:00―大久保登山口7:18―分岐7:31―7:58大天狗8:04―8:34四ツ又山山頂8:47―9:37マメガタ峠9:51―コル10:36―10:45一ノ岳山頂11:31―11:53ニノ岳山頂12:31―12:47コル―13:38鹿岳登山口

おしまい

帰りは妙義山のさくらの里に行ったけど駐車場が大混雑で諦め
走る車からのお花見になりました
たくさんの種類が咲いていましたよ
高速にのって「ららん藤岡」の肉の駅で上州牛買って帰ってきました
(ここはお値段も安いし、豚も美味しい なによりフレッシュだからね~)




GW前にどっか歩いておかないとヤバくない?が的中
もう筋繊維ボロボロズタズタでこんなに激しい筋肉痛は久しぶりでした
(だって普通に歩けないのよー階段なんてもってのほか)

歩いておいてよかったです
西上州はあんまり歩いたことがないので、見えている山も?ですが
アカヤシオは可愛らしく綺麗でした(去年は鳴神山で不発でしたからなおさらです)
特徴的な形の四ツ又山と鹿岳、もう遠くからみてもわかるわね

【2017/04/25 12:08】 | 山の記録
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック