山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
野沢温泉の朝は曇りでした
あれ?今日は鍋倉山の予定じゃなかったかしら・・・
タイトルが違う・・

外は山からのガスで霧雨も降ってる様子

とりあえず、朝6時からの朝市に行って
27 飯縄山 28飯山 063-COLLAGE
朝食を頂いて出発します


今日は鍋倉山の予定でしたが、、、

昨夜の作戦会議の結果、時間的に厳しいことと、天気がぁ~・・ということで

野沢温泉近くの小菅神社に行くことになりました

信越トレイルの関田山脈も雲の中だし・・・・



神社の参拝なので楽々~と思いきや・・・

本格的なトレッキングの始まりですよ!

軽装は×

ザックに登山靴で出発です


北竜湖を過ぎ、駐車場は参道の下100mくらい?に砂利駐がありました


まずは鳥居をくぐりますが
27 飯縄山 28飯山 068
うわ!先が見えない・・・
まーっすぐの杉並木に吸い込まれそう


ずーっと杉並木 800mも続きます
27 飯縄山 28飯山 071
この不規則な石段が歴史を感じさせるんだけど。。。
雨の後なので滑る!!
苔生しているので余計です


結構な大木です
27 飯縄山 28飯山 072
江戸時代の造営で、大きなものでは高さ45m、樹齢は300年と言われているそうです


奥社までのカウントダウン標識があって
27 飯縄山 28飯山 073
道中、苔生した大岩にはいろいろ言われがあります
弘法大師が座った岩とか
川中島の合戦で上杉謙信が隠れた石とか


ここからは結構な登山道です
雨水を含んだ土は滑るし、岩も滑るし^^;
手を使っての登りとなります


岩壁が立ちはだかる
27 飯縄山 28飯山 074


もう一個岩壁
27 飯縄山 28飯山 075
ここは鎖もあります(周り道もあるようです)
足をかける場所も滑るし~・・・

戸隠、飯縄と北信濃三大修験場としてその名を馳せただけに修行の道でした



手足をフルに使っての登山道を進み、やっと見えた奥社
27 飯縄山 28飯山 077
あんな高いところに・・・(これは一段下の社務所から)


標高900m付近、奥社である小菅神社の本殿に着きました・・・・
27 飯縄山 28飯山 078
天正19(1592)年の修復記録があり、小菅神社の祭神8柱を祀る
本殿と附属宮殿は室町時代中期のものであり、昭和39(1964)年に国の重要文化財に指定された


本殿はしっかり閉まっていまして中は見えませんでした

裏手には岩清水が湧いていました


神社の歴史
修験道の祖・役小角(えんのおづの)が小菅山に出合い、白鳳8(680)年に小菅山を開山し、大同年間(806~810年)に坂上田村麻呂がこの地を訪れ、八所権現本宮や加耶吉利堂を再建したほか、修験寺院・小菅山元隆寺を創建。これが小菅神社の起源とされています。
・・・・と言われています


本殿の一段下の社務所
そこからの眺めが良かったです
27 飯縄山 28飯山 080
全体的に神社は山に埋もれている感じ
木々の間から・・・

一時間かけてようやく辿り着きましたが・・・
下りはもっと怖い
滑らないように慎重に下りました



下山後は道の駅千曲川で立派なアスパラを買って^^←安のよ!
(飯山はアスパラの生産地 今日はアスパラ祭りだって)

おやまぼくちの蕎麦を食べて
おやまぼくちDSC_0582
帰ってきました


夕食は買ってきたアスパラをシンプルに茹でたのとベーコン炒めにしたので
食べました(アスパラキン酸たくさん摂れたかな^^)


おしまい


今日の一言:
今度、こっちに来るときは絶対に鍋倉山^^


追記を閉じる▲

外は山からのガスで霧雨も降ってる様子

とりあえず、朝6時からの朝市に行って
27 飯縄山 28飯山 063-COLLAGE
朝食を頂いて出発します


今日は鍋倉山の予定でしたが、、、

昨夜の作戦会議の結果、時間的に厳しいことと、天気がぁ~・・ということで

野沢温泉近くの小菅神社に行くことになりました

信越トレイルの関田山脈も雲の中だし・・・・



神社の参拝なので楽々~と思いきや・・・

本格的なトレッキングの始まりですよ!

軽装は×

ザックに登山靴で出発です


北竜湖を過ぎ、駐車場は参道の下100mくらい?に砂利駐がありました


まずは鳥居をくぐりますが
27 飯縄山 28飯山 068
うわ!先が見えない・・・
まーっすぐの杉並木に吸い込まれそう


ずーっと杉並木 800mも続きます
27 飯縄山 28飯山 071
この不規則な石段が歴史を感じさせるんだけど。。。
雨の後なので滑る!!
苔生しているので余計です


結構な大木です
27 飯縄山 28飯山 072
江戸時代の造営で、大きなものでは高さ45m、樹齢は300年と言われているそうです


奥社までのカウントダウン標識があって
27 飯縄山 28飯山 073
道中、苔生した大岩にはいろいろ言われがあります
弘法大師が座った岩とか
川中島の合戦で上杉謙信が隠れた石とか


ここからは結構な登山道です
雨水を含んだ土は滑るし、岩も滑るし^^;
手を使っての登りとなります


岩壁が立ちはだかる
27 飯縄山 28飯山 074


もう一個岩壁
27 飯縄山 28飯山 075
ここは鎖もあります(周り道もあるようです)
足をかける場所も滑るし~・・・

戸隠、飯縄と北信濃三大修験場としてその名を馳せただけに修行の道でした



手足をフルに使っての登山道を進み、やっと見えた奥社
27 飯縄山 28飯山 077
あんな高いところに・・・(これは一段下の社務所から)


標高900m付近、奥社である小菅神社の本殿に着きました・・・・
27 飯縄山 28飯山 078
天正19(1592)年の修復記録があり、小菅神社の祭神8柱を祀る
本殿と附属宮殿は室町時代中期のものであり、昭和39(1964)年に国の重要文化財に指定された


本殿はしっかり閉まっていまして中は見えませんでした

裏手には岩清水が湧いていました


神社の歴史
修験道の祖・役小角(えんのおづの)が小菅山に出合い、白鳳8(680)年に小菅山を開山し、大同年間(806~810年)に坂上田村麻呂がこの地を訪れ、八所権現本宮や加耶吉利堂を再建したほか、修験寺院・小菅山元隆寺を創建。これが小菅神社の起源とされています。
・・・・と言われています


本殿の一段下の社務所
そこからの眺めが良かったです
27 飯縄山 28飯山 080
全体的に神社は山に埋もれている感じ
木々の間から・・・

一時間かけてようやく辿り着きましたが・・・
下りはもっと怖い
滑らないように慎重に下りました



下山後は道の駅千曲川で立派なアスパラを買って^^←安のよ!
(飯山はアスパラの生産地 今日はアスパラ祭りだって)

おやまぼくちの蕎麦を食べて
おやまぼくちDSC_0582
帰ってきました


夕食は買ってきたアスパラをシンプルに茹でたのとベーコン炒めにしたので
食べました(アスパラキン酸たくさん摂れたかな^^)


おしまい


今日の一言:
今度、こっちに来るときは絶対に鍋倉山^^

【2017/05/31 10:31】 | 山の記録
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック